FC2ブログ

刹那的虹色世界

アニメ・ゲームのあらすじを主体とした感想や批評のブログ。時折、日記・声優・コミック・スポーツなど幅広くレビューしています。リンクフリー、相互リンク大歓迎♪

Entries

アクセル・ワールド 第12話

アクセル・ワールド 第12話
『Absolution ; 容赦』


≪あらすじ≫
黄の王であるイエロー・レディオを背後から襲撃した《クロムディザスター》。そのままハルユキたちは、タクムがおらず、ニコも手負いの状態のままで《クロムディザスター》討伐戦に挑むことに。

撤退するイエロー・レディオたちを無視して攻撃を開始するブラック・ロータスだったが、相手の想像以上の強さと自分に与えられた役目の重さに、ハルユキはシルバー・クロウを動かせなくなってしまう。彼にとっては、「役に立ち続けること」、そうすることによって黒雪姫から必要とされ続けることこそが大事だから……。

そんな彼を一喝する黒雪姫。

「私は絶対に君を見捨てない」「どんな相手であろうと戦うべきだ」と主張する彼女の声に応えて立ちあがるクロウだったが、その時背後からブラック・ロータスごと《クロムディザスター》を撃ち抜く大口径のビームが駆け抜ける。
発射したのは、もちろんスカーレット・レイン

「自分以外の《バースト・リンカー》は全て敵だ」と口にする彼女に、大ダメージを受けた黒雪姫はハルユキに「(彼女は)拗ねてるだけだ」と告げ、《クロムディザスター》を装着したチェリー・ルークは彼女の《ブレイン・バースト》上の親であると断言する。

先輩に背中を押され、スカーレット・レインの“仲間”として加勢に入るハルユキ。逃亡を図る《クロムディザスター》に対し、そうはさせまいと飛行アビリティで追いかける。相手がワイヤーを巧みに使って移動していることを見抜いた彼は、自分の背中に相手のワイヤーの先端を取り付けることで動きを封じる。

地力を活かしてシルバー・クロウを引き寄せようとする《クロムディザスター》を利用し、ハルユキは彼を上空高くまで引っ張り上げると、今度は一気に落下の加速度を利用したキックを叩きこむ。

「強くなりたいだけなんだ。キミなら分かってくれるだろ」

地面への落下の中、同意を求められる言葉にハルユキは――



≪感想≫
割と王道かな、と思う。途中経過に関しては、物語の進め方(ハルユキのメンタル面とか、展開の雑さとか、結局ハルユキ倒しちゃって「ジャッジメント・ブロー」大して意味ないじゃんとか)や声優さんの演技(というよりも、あれでOKを出したスタッフ)なんかを中心にいろいろと言いたいこともあるのだが、とりあえずは《クロムディザスター》を倒したハルユキの一言や、デレたニコの可愛さに納得して胸にしまっておくとしよう。

ハルユキがトドメを刺した時の一言(「誰だって強くなりたい~」)は、割とサブカルの主人公としては使い古された台詞ではあるが、ハルユキが言う分に関してはとても説得力があって良かったと思う。もちろん、原作にあった台詞なのだろうけれど。
誰にだって弱い部分はあるし、それを補いたいと思って強くなりたいとも考える。けど、そのために手段や過程は間違えてはいけないのだ、と言うのは熱血系の主人公が悪役を改心させるための(時としてお涙ちょうだいの)展開ではあるので、かなり理想論なところが強いのだけどね。

人間ってその点でとても難しい。

だって、過程や手段を重視するからと言って結果を無視するわけでもないからね。ハルユキなんて正にそうだったわけじゃん。結果として先輩の役に立てないと自分は必要とされないのだ、と結果を追っていたわけだからね。

過程も結果も求めているわけだから厳しいよ。過程がダメなら結果を出しても文句を言われ、過程を重視しても結果がダメなら不満を言われる。その両方を満たさないとダメなんだー、って言うハルユキの主張は言われている側が必死にやった行動の結果であればあるほど、机上の空論、理想論にしか聞こえないことも多いはず。

その点、チェリー・ルークにはハルユキの言葉はどう聞こえたのだろうか。

「自分のことなんて何も分かってないくせに理想論ばかり」と口にしたのか、あるいはその言葉に「結果を気にせずゲームを愉しんでた頃の自分」を想いだして改心したのか。
まぁ、そこは彼にしか分からない部分だろうし、まして強制アンインストールされてしまった彼では改心してようが、してまいがそれを行動に移すことはもう出来ないけれど、ちょっとだけ気にはなる。

でも、ある種のプレッシャーからは解放されたのかもね。やっぱりゲームなんだから、愉しまないとね。プレイしていることや周囲に責任感がないのも困りものだけど、気にし過ぎてゲームそのものを愉しめないのはもしかしたら本末転倒なのかもしれない(そう考えると、格闘ゲームとして《クロムディザスター》相手に戦うことを楽しめている黒雪姫は、ある意味でゲームとしての本質が常に存在しているのかもw)。

そういう意味では、ニコの口から語られた後日譚は彼女とチェリー・ルークが違うVRゲームの中で、「ゲームとして愉しめる」世界で古いけれど新しく、新しいけれど古い絆を直しながら、また新しく作りながらやっていくのかと思うと、多少の救いがある部分なのかな。


さてさて、そのニコはラスト2分くらいで一気にデレましたwww っていうか、この場面を黒雪姫先輩に見せてやりたい(爆 きっと視聴者がニヤニヤ出来る反応を魅せてすっ飛んできてくれるんだろうなー(マテ

ニコはニコで、今回の一件で少し肩の荷が下りたというか、肩肘張らなくても良くなったと言う感じなのか、「お兄ちゃん♪」な人格と「テメェ!」な人格が融合した感じ? いや、もともと別に多重人格者じゃないけどさwww
まぁ、彼女もLv.9の二代目赤の王。別レギオンのハルユキたちといつも行動を共にすることはないだろうし、いずれは黒雪姫なりハルユキなりLv.10を目指す過程では、強制アンインストールと言うリスクを抱えて戦わないといけない相手でもある。

でも、それと友情は別問題、という形に収まったのかな。

リアル割れしていることもあるのだろうし、ハルユキの《加速世界》と現実世界では違う絆を結ぶことも可能なのだと言う主張もそれなりに効いたのだろう。
そういう意味で、実はハルユキはあの中では一番《ブレイン・バースト》をゲームとして考えているのかもしれない。ゲームとして考えているから、それを汚したりつまらなくしたりする現実論は嫌うし、愉しめないと意味がないと思ってる。

あの中で一番インストールして日が浅いと言うのもあるのだろうけど、これがたぶん彼のスタンスなのだと思う。彼にとって《ブレイン・バースト》は無数にプレイしたVRゲームの一つに過ぎないわけだ。だから彼は、現実世界に対し多大な恩恵のあるプログラムながら、「先輩と戦うくらいなら強制アンインストールします!」と公言出来た。でも、彼は同時に《ブレイン・バースト》を介して知り合えた黒雪姫やニコ、元の関係に戻れたタクムに対して強い絆を持っており、それを否定はしない。

ゲームはゲームでしかない。大切なのは現実の世界。

でも、ゲームで築けた絆はゲーム(バーチャル)ではない。

そんな区切りが、きっとあの中では人一倍出来てるんだよね。《ブレイン・バースト》などを悪用していたタクムに対しても大切な現実世界での友達だから必死だったわけだし、ニコとチェリー・ルーク(のリアル)がこの先も現実世界(と違うゲーム上)では絆が続いていくことに歓喜し涙したのだ。

そんな彼にわずかばかりに魅せられた“布石”。あぁ、背中でワイヤーキャッチなんてしちゃうからwww あれがどうなるのかは、今後の楽しみと言うことにしておこう。



余談。
まさかのスナイパーの、視線追尾機能www 実は今回、あのオチが一番良かった。まぁ、飛行アビリティはともかく記憶操作アビリティまであるようなゲームだから、相手の視線に対して自動追尾する機能の狙撃銃くらいあっても良いね。


次回『Violations ; 侵入』



≪TB先 参照リンク(URLアルファベット順)≫
赤字はTBが現在弾かれてしまっているBlog様です。
現在、nifty系、so-net系はほぼ全滅。livedoorは調子がいいと送れます。

・http://ai-mugi.blog.eonet.jp/aimugi/2012/06/absolution-
0886.html
・http://animedouganews.blog44.fc2.com/blog-entry-2178.html
・http://animumeso.blog101.fc2.com/blog-entry-3154.html
・http://blog.goo.ne.jp/mio793/e/473ef76b9be20acc7389f25c
06f9d265
・http://blog.livedoor.jp/rin20064/archives/52279079.html
・http://blog.livedoor.jp/sumi4460/archives/67586638.html
・http://bluebluesilvermoon.blog38.fc2.com/blog-entry-3838.html
・http://brook0316.blog.fc2.com/blog-entry-2021.html
(http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201206300000)
・http://hibikidgs.blog.fc2.com/blog-entry-1341.html
・http://hyumablog.blog70.fc2.com/blog-entry-2954.html
・http://kakioki60.blog129.fc2.com/blog-entry-1367.html
・http://kira47.blog58.fc2.com/blog-entry-1724.html
・http://kouyanoblog.blog61.fc2.com/blog-entry-4531.html
・http://kyotofan.net/books_anime/accel-world/brainburst2039_12/
・http://maguni.com/index.php/view/1704
・http://maikyodai.blog59.fc2.com/blog-entry-2326.html
・http://mikihara.blog70.fc2.com/blog-entry-2976.html
・http://nanohana0103.blog.fc2.com/blog-entry-456.html
・http://natusola.blog105.fc2.com/blog-entry-165.html
・http://nextsociety.blog102.fc2.com/blog-entry-1919.html
・http://plaza.rakuten.co.jp/oboro1964/diary/201206300000/
・http://riksblog.fool.jp/public_html/mt5/anime/now/2012/
06/aw-12.html
・http://scriptor.blog54.fc2.com/blog-entry-1841.html
・http://sephiroth2012.blog.fc2.com/blog-entry-5036.html
・http://sigerublog.blog137.fc2.com/blog-entry-1060.html
・http://spadea.jugem.jp/?eid=16327
・http://subcul.jugem.jp/?eid=2573
・http://tdragon2000e.blog7.fc2.com/blog-entry-3024.html
・http://timediver2010.blog27.fc2.com/blog-entry-2988.html
・http://waitingfrofresong.blog.fc2.com/blog-entry-212.html
・http://wendykai.blog60.fc2.com/blog-entry-1802.html
・http://wondertime.blog31.fc2.com/blog-entry-1979.html
・http://yamitarou.blog75.fc2.com/blog-entry-3455.html

もしよろしければ、拍手ボタンをポチッと押して下さいm(_ _)m 管理人のモチベーションが上がります(ぉ 
Web拍手に頂いたコメントは後日『Web拍手レス』にてお返事させていただきます。

Comment

NoTitle 

>結局ハルユキ倒しちゃって「ジャッジメント・ブロー」大して意味ないじゃんとか
あの場でハルユキが倒しても、チェリー・ルークからシルバー・クロウへポイントが幾らか移るだけで、1時間後にまた復活しますからね。
まあ、その場合は強化外装の鎧は破壊された状態で復活するので再び倒すのは容易でしょうけれど。
それでもHPは全快してるし、鎧ではなく本人の能力であろうジャンプとワイヤーは使用可能だし、サンシャインのポータルはすぐ側なので取り逃がす可能性もあります。
そしてポータルからログアウトされると、次に再び加速したときには鎧も修復されている、という。
確実に禍根を断つのであれば、やはりレインの断罪の一撃によって即座に全損させるのが正しい手です。

そもそも、そうでなければ「鎧を破壊されたチェリーを取り囲み、復活する度にリンチして倒すのを全損するまで繰り返す」という、極めて残酷な方法で全損させる必要がありますし。
まあ、四代目までは概ねそんな感じで討伐されたと思われるわけですが。
  • posted by  
  • URL 
  • 2012.06/30 06:23分 
  • [Edit]
  • [Res]

>匿名希望さん 

こんにちは。

>あの場でハルユキが倒しても、チェリー・ルークからシルバー・クロウへポイントが~
あぁ、大丈夫ですよ、そこはちゃんと分かってますから。お気遣い、ありがとうございます。

ただ、ハルユキが感じていた重圧や本来の作戦上の役目、黒雪姫・ニコのここまでの言い方だと、もっと討伐戦における重要な“カギ”として(それこそ再生力が高くてなかなか倒しきれない相手に苦戦しながら、「システムの特性」であるジャッジメント・ブローを使って何とか倒しきるような)期待していたのですが、結局「ジャッジメント・ブロー」が果たした役割って、チェリー・ルークをポイント全損させて強制アンインストールさせただけで、《クロムディザスター》戦そのものでは何の力も発揮しなかったわけでしょ(せいぜい、《クロムディザスター》が“逃げる”という選択をしたくらいで)。

そういう意味で「大した意味がない」と言うことです。「ジャッジメント・ブロー」なんて仰々しい名前を使っている割に本編での大した活躍していない。それならそんな名前使わず単に「レギオンマスターには特定の条件(零距離接触)を満たすことでメンバーを強制アンインストールできる権利がある」程度にしておいて、「相手に触れるため、《クロムディザスター》を倒さないと!」と最初から“倒す”ことを前提に話は進んだ方が良かったかと。

ハルユキの当初の役目と目的は、《クロムディザスター》を捕縛し、動きを封じている間にレインが「ジャッジメント・ブロー」を使って倒し強制アンインストールさせる手筈だったはずなので、結局ハルユキが一人で倒すところまで行ってしまったために余計にそう思います。

せめてブラック・ロータスやシアン・パイルとの協力の結果としてなら3対1と言う都合上良かったのでしょうけどね。仮にも、先代は王たち総出での討伐にあたった相手。代替わりしているとはいえ結局ハルユキで倒してしまったようなものですし、そういう《クロムディザスター》の強さに対する表現の仕方もコロコロ変わってる感じも、余計にそう感じさせるのだと。
  • posted by 月詠 
  • URL 
  • 2012.06/30 10:20分 
  • [Edit]
  • [Res]

「紅の暴風姫」編これにて終幕 

うげ。ブラック・ロータスの活躍シーンがトータル2分もない(泣)。
ええ尺が足りないのはよくわかりますが、ちとシリーズヒロインの扱いがひどくないですかサンライズさん。いやむしろ先輩の立ち位置はヒーロー枠だけども。そこまで出番削らなくてもいいと思うんだ・・・。
気を取り直して。最後のハルユキの泣き笑い顔はいいですね。とても彼らしいと思います。

原作で2巻目にあたるこのエピソードは、単巻読みきりで開始されたアクセル・ワールドをシリーズ化する為に各種設定とキャラクターの再配置が行われた、いわば「シリーズ化準備巻」でもあります。
アニメでは設定を語る部分を大胆にカットし、キャラ立てを中心に王道ストーリーを展開する演出手法になっていました。まあちょっとカット部分が多くなって終盤の話が加速しすぎているようですが。

最後の最後でニコの口から語られた「スカーレット・レインの親」チェリー・ルーク。
これって小学生の初キスならぬ初直結(笑)告白ですよね。原作では「なんでアタシあんな誘い方で直結なんか許したんだろ」的なセリフもあったりして、彼の最期を看取るシーンは何ともせつなく甘酸っぱい感じでした。
そして全てが終わった後、幼い王の淡い初恋を後押しするようにその門出を祝福するハルユキ。いいお兄ちゃんです。ハルユキの主人公属性の根幹って、驚異的な大脳反応速度とかゲームへの熱意とかよりもこういう対応が素でできることだと思います。

余談ですが、「Cherry Rook(桜色の鴉)」と「Silver Crow(銀色の鴉)」はどちらもアバターネームが「カラス」ですね。もしかすると二人は似たような心の傷から「空を自由に飛び回る」願いを抱いてデュエルアバターを生んだのかもしれません。
EDクレジットでキャストが「チェリー・ルーク」でなく「クロム・ディザスター」表記になっていたところを見るに、シルバー・クロウに語りかけた時点で彼はもう自分がかつて何を願ってバーストリンカーになったのかもわからなくなっていたのではないでしょうか。力への渇望から災禍の鎧に食い潰されたもう一人の「カラス」は、自らの子に断罪されアバターを砕かれてようやく解放されたのだと思います。

さらに全く関係ない余談ですが、おそらくハルユキとタクムの初直結はチユリが奪ったものと推測します(笑)。ええ、多分なんかこう有無を言わせない感じに。
  • posted by HHT 
  • URL 
  • 2012.06/30 23:02分 
  • [Edit]
  • [Res]

>HHTさん 

こんばんは。

何やら前回のコメントでのレインの砲弾の雨嵐の回避云々とかもおっしゃってましたが、結局描写されませんでしたね。かなり駆け足だったのは、今後が詰まっているからなのか……。


劇中の登場人物も、いろいろと思うところはあるのでしょうけどね。チェリー・ルーク辺りは、本当に描かれ方が間接的なので特に原作未読としては語るのは難しいところですねw

掘り下げ方によってはもう少しやりようもあったとは感じますが、ハルユキを主人公として立てるための王道的な展開と演出でしょうし、そこはハルユキの方に注目して愚痴は封印ってところでしょうかw

>おそらくハルユキとタクムの初直結はチユリが奪ったものと推測します(笑)。
まぁ、タクムはそうでしょうねw ハルユキは先輩と直結したのが最初でも良いかな―とも思いますけどね。ハルユキはチユリの直結事情を知らなかったし(序盤で直結した際に、「こんな短いのでタクと直結してるのか!?」「そんなわけないでしょ」とやりあってたし)

本音を言うと、たぶん初直結は家族じゃないかと思う(爆

それを言うと元も子もないですが、まぁそこは「家族以外で」ってことでw 
  • posted by 月詠 
  • URL 
  • 2012.07/01 00:00分 
  • [Edit]
  • [Res]

レスありがとうございます 

愚痴を言いだすとキリなさそうなのです、今回は(笑)。

や、対レインの弾幕回避(クロウとの対比)は原作でも過去の伝聞だけで描写はないのであきらめがつくんですけどね。クロウとロータスを囮に無断砲撃で射線上のロータスもろともチェリーをなぎ倒した時点で、もうニコ自身がストレスで精神的に追い詰められててまともに射撃戦どころじゃないでしょうし。
ただちょっとハルユキ主人公補正強すぎ(笑)。原作と同じ決め技とはいえダイブキック一発で伝説の鎧壊すなっての。システム上は高所落下ダメージ補正かな。いろいろ考えるネタにはなるけども(笑)。

ああ、いかん。愚痴って作品をけなしてはいけませんね。
ええと、「変遷」の描写が綺麗でしたね。通常対戦では1800秒間同じステージ属性なんですが、無制限中立フィールドは永続世界なので定期的(3日から10日間隔)にランダムな属性変更が起きます。アニメでやってたのは「魔都」から「原始林(?)」への属性変更のようです。
変遷直後はエネミーの初期配置と建造物及び蘇生待機者のHPステータスがリファインされ、死亡から即時復活した場所がダンジョン内で直後にエネミー遭遇という事態になったり・・・あれ?蘇生待機ルールってアニメでちゃんと説明されてないような。

アバターの死亡地点でくるくる回ってたタイマー付の立て看板みたいなアレ「死亡マーカー」と言いまして、死亡者はあの周囲で幽霊状態で待機してます。周辺を知覚することは可能ですが、干渉は不可。待機解除条件は60分タイマー表示がゼロになるか変遷が起きてHPステータスがリファインされること。
つまり死んでもログアウトできないので死亡→蘇生→死亡と繰り返すとバーストポイントがひたすら減っていくと。対戦以外での死亡時(エネミーに食われるとか)は一回で大体10ポイントロスするようです。無制限フィールドの怖いところですね。

ブレインバーストの特徴として「ステージ属性によって有効な戦術が変わる」というのがあって、(飛行アビリティだと例えば「暴風雨」属性では高く飛べないとか「水中」属性だとたぶん翼が邪魔とか)そこらを踏まえた戦闘シーンの演出をひそかに楽しみにしていたりします。がんばれサンライズ。絵的には十分イケてるんだ(笑)。

あ、チユリのヒロイン的(?)活躍は次回新章開幕以降で。いろいろと問題になる発言の多い子です(笑)が私は結構気に入ってます。
  • posted by HHT 
  • URL 
  • 2012.07/01 03:38分 
  • [Edit]
  • [Res]

NoTitle 

 どうも、そう言えば誰も指摘していないと思ってちょっとネタバレ気味?などうでもいい話を……

 クロム・ディザスター(≒災禍の鎧)の特殊能力の一つに、喰った相手のHPを自分のHPに出来ると言う能力がありますが……
 そのことに言及する描写は曖昧なままでしたね……
(まぁ、物語の流れからすると、描写する必要性はあんまりない部分であるとも言えますが……)


 ともあれ、原作2巻のエピソードは終幕となりました。
 1巻目の終幕となった部分もそうでしたが、良いエンディングになってましたね……
  • posted by 夜夢 
  • URL 
  • 2012.07/02 18:15分 
  • [Edit]
  • [Res]

>夜夢さん 

こんばんは。

>1巻目の終幕となった部分もそうでしたが、良いエンディングになってましたね……
そうですね。物語の終わり方は、アニメで改変されていない限りは原作の通りの終わり方だと思うので、そこは原作の功績が大きいですね。

本音を言えば、もう少し《クロムディザスター》の存在の危険度が分かるくらいの絶対的な強さが欲しかったかな―、と言うのが本音ですけどねw 結局、ほとんどハルユキ一人で倒しちゃったよ、と(まぁ、あのままだと再生しちゃうんでしょうけど)。先代は王たち総出っていうのもありましたしねw

ただ、そういうのを補って余りあるニコとハルユキの最後の会話だったとは思います。
  • posted by 月詠 
  • URL 
  • 2012.07/02 23:14分 
  • [Edit]
  • [Res]

NoTitle 

>本音を言えば、もう少し《クロムディザスター》の存在の危険度が分かるくらいの絶対的な強さが欲しかったかな―、と言うのが本音ですけどねw 結局、ほとんどハルユキ一人で倒しちゃったよ

 まぁ、《クロム・ディザスター》の危険性や凶悪さは、2巻時点よりも、それより後で開示されていく情報から察せられる部分が多かった気がしますので……原作準拠なら、この程度なのかも……?

 それと、推測の域を出ませんが……
 事前にブラック・ロータスが〈クロム・ディザスター〉と相対することで、〈災禍の鎧〉の力を削ぎ落としていた様な気がします。
(そこら辺も、話の筋としてはあんまり重要ではない個所と言えば言えるのでしょうかね……?)
  • posted by 夜夢 
  • URL 
  • 2012.07/04 19:47分 
  • [Edit]
  • [Res]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

Trackback

トラックバック URL
»»この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

アクセル・ワールド 第12話 感想

 アクセル・ワールド  第12話 『Absolution;容赦』 感想  次のページへ

アクセル・ワールド 第12話「Absolution;容赦」

ディザスター編決着~♪ 戦闘シーンがメインになるとずっとデュアルアバターですね(´・ω・`) 重砲撃な赤の王もカッコイイですが。 やっぱりニコちゃんは、可愛らしい素顔が一番ですね☆

アクセル・ワールド ~  第12話 Absolution;容赦

アクセル・ワールド 第1話  ~ 第12話 Absolution;容赦 川原礫のライトノベル。イラストはHINA。電撃文庫(アスキー・メディアワークス)より刊行中。第15回 電撃大賞 大賞受賞作。アスキー・メディアワークス創立20周年記念として2012年春にアニメ化される。 ...

アクセル・ワールド #12「Absolution;容赦」感想

クロムディザスター登場!負ける事で周りからの目を恐れ動けない自分を悔やむ春雪負ける気で戦う黒雪姫に何故かニコの攻撃が!こいつぁ酷いしかし黒雪姫はその真意を読み取り拗ねているだけだと誰よりも一番絆を信じている証拠だと。クロムディザスター討伐のために春雪動...

「アクセル・ワールド」第12話

ミッション、コンプリート… 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201206300000/ アクセル・ワールド 1(初回限定版) [Blu-ray]ワーナー・ホーム・ビデオ 2012-0...

アクセル・ワールド 第12話

関連リンクhttp://www.accel-world.net/WikiPage#12 Absolution;容赦王同士の対決の最中とうとう現れたクロム・ディザスター果たして春雪達は倒すことができるのか!?ディザスターから逃げるレディオどうやら一応王として仲間想いではあるみたいですしかしディザス...

アクセル・ワールド 12話「デレたリコとなく春雪。今後の伏線もアリ」(感想)

泣きながら、 リコの手作りお菓子を食べる春雪君を リコはどう思ったのでしょうか。 負けることを恐れてはいけない。 戦い抜く意志を貫徹すること。 最後まで己の意思を貫くものはカッコイイ。  

アクセル・ワールド 第12話 あらすじ感想「Absolution;容赦」

チェリー・ルーク、5代目クロム・ディザスターの登場--------!! レインの計算では後1日あったはず。 だが、どうやらクロムは電車の中でバーストリンクをして時間を稼いでいたようで。 突き刺された刀から逃れたイエロー。 だが、クロムは今度はイエローの部...

アクセル・ワールド 第12話「Absolution;容赦」 感想!

チェリー・ルークの憂鬱

『アクセル・ワールド』#12「Absolution;容赦」

「あの小娘こそ誰よりも信じ、求めているんだ。 バーストリンカーの最後の絆を」 親子の絆。 初のレベル9同士の戦い。 と思ったら、イエロー・レディオが背後からクロム・ディザスターに刺された! 災禍の鎧をエサにニコをおびき出したはずなのに、 やつの動向を...

アクセル・ワールド 第12話 感想「Absolution;容赦」

アクセル・ワールドですが、クロム・ディザスターの登場でニコの行動が怪しくなります。黒雪姫と有田春雪は戦いますが、ニコの寝返りにより不利となります。(以下に続きます)

アクセル・ワールド 第12話 「Absolution;容赦」

アクセル・ワールド 第12話 「Absolution;容赦」です。 さて毎週土曜

アクセル・ワールド 第12話 「Absolution;容赦」

「ほう、今のをかわすかよ」 ノリノリの先輩がメルエム戦のネテロ会長風な口調に(゚д゚;) しかしこの人ほど強い口調やら荒ぶる口調などが似合わない人も珍しいな(ノ∀`)

アクセル・ワールド 第12話「Absolution;容赦」

アクセル・ワールド〈2〉紅の暴風姫 (電撃文庫)(2009/06/10)川原 礫商品詳細を見る  イエロー・レディオは逃げちゃいましたか。相当な戦闘能力と、奇怪なスキルを魅せてくれました。ちょくちょくと、強敵と...

アクセル・ワールド 第12話「Absolution;容赦」 感想

あらすじ 突如出現したクロム・ディザスターの圧倒的な力の前に、撤退を始める黄のレギオン。敗北への恐怖から戦いを諦めたシルバー・クロウに、ブラック・ロータスの檄が飛ぶ。一度ダイブしたなら、あとは戦...

アクセル・ワールド第12話感想

記事はこちら(TBもこちらへ) 元記事はhttp://sigerublog.txt-nifty.com/utakata/2012/06/post-b765.html

アクセル・ワールド 第12話 「Absolution;容赦」 感想

絆という大切な繋がり―

アクセル・ワールド 第12章 Absolution;容赦 感想

闘志なきバーストリンカーに デュエルアバターは動かせない 先輩の前でええかっこしいがしたいハルユキ その心を見抜き、叱咤激励する先輩 人からどう見られるではなく、自分がどうしたいか 「...

アクセル・ワールド 第12話 「Absolution;容赦」 感想

「こんなの、もう大戦じゃない!」 災禍の鎧が登場したことによりバトルロワイヤルに発展? というか、災禍の鎧って黄の王の味方じゃなかったんですね。 そこら辺勘違いしていました。 アクセル・ワールド 1(初回限定版) [Blu-ray](2012/07/25)三澤紗千香、梶裕貴 他?...

アクセル・ワールド 12話「Absolution;容赦」感想

アクセル・ワールド 12話「Absolution;容赦」 【あらすじ】 ニコちゃんよかったね!ハルになんか憑依したけど、一件落着ですな! ◆災禍の鎧とスカーレットレイン ふたりは親子関係だった。 お...

アクセル・ワールド 第12話「Absolution;容赦」

「一度戦場にダイブしたなら  相手が誰だろうとひたすら戦闘あるのみだ!」 圧倒的な強さのクロム・ディザスターとの戦い! 恐れを感じるハルユキにバーストリンカーの在り方と親の意地を見せる黒雪姫! ...

[感想] アクセル・ワールド 第12話 「Absolution;容赦」

災禍の鎧討伐編を見ていたと思っていたらいつの間にかニコ可愛いよニコな展開に(*´ω`*) ということで災禍の鎧討伐編があっさり風味で終わってしまったかと思ったらニコ可愛いよニコな展開で締めくくりになったアクセル・ワールド第12話。

アクセル・ワールド 第12話 「Absolution;容赦」

あらすじ・・・突如出現したクロム・ディザスターの圧倒的な力の前に、撤退を始める黄のレギオン。敗北への恐怖から戦いを諦めたシルバー・クロウに、ブラック・ロータスの檄が飛 ...

アクセル・ワールド #12 Absolution;容赦

アクセル・ワールド 第12話。 クロム・ディザスター襲来と親子の絆。 以下感想

アクセル・ワールド #12 「Absolution;容赦」

バーチャルの絆とリアルでの絆  どうも、管理人です。ちょっと寝坊したので、多分記事を上げるのが仕事上がりになるんだろうなぁと思いつつ、文章を認めています。にしても、やること山積み過ぎてやべえす…。 ???:「喰イタイ」  今回の話は、5代目クロムデ...

アクセル・ワールド #12「Absolution;容赦...

信じたい。加速世界だけじゃない、絆を、信頼を!「Absolution;容赦」あらすじは公式からです。突如出現したクロム・ディザスターの圧倒的な力の前に、撤退を始める黄のレギオン。敗...

アクセル・ワールド 12話「Absolution;容赦」

ニコちゃんがデレました!

アクセル・ワールド 第12話 Absolution;容赦

イエロー・レディオの身体を刺し貫く5代目クロム・ディザスター。 加速世界の時間では丸1日異常の余裕があったはずと驚くスカーレット・レイン。 イエロー・レディオは必殺技を ...

アクセル・ワールド 12話 「Absolution ; 容赦」 感想

今更だけどチェリー・ルークってめちゃくちゃいじめられそうな名前ですね。

アクセル・ワールド 第12話「Absolution;容赦」

クロム・ディザスターの乱入を受けて黄のレギオンは撤退。 ブラック・ロータスとシルバー・クロウが奮闘する中、スキを突いてブラック・ロータスごとクロムを撃つスカーレット・レイン。 しかし、ニコは自...

2012年02クール 新作アニメ アクセル・ワールド 第12話 雑感

[アクセルワールド] ブログ村キーワード アクセル・ワールド 第12話 「Absolution:容赦」 #AccelWorld2012 #ep12 第15回電撃小説大賞〈大賞〉受賞作。ラノベ・漫画化・アニメ化・ゲーム化など幅...

アクセル・ワールド 第12話「Absolution;容赦」

五代目クロム・ディザスターを討伐するという原作2巻部分のエピソードは今回で終了。シルバー・クロウの背中の違和感に関しては当分出てこないはずなんですけど・・・もしかして5巻もやるのかしら?どうなんでしょう、終わらせ方が難しい気もしますが・・・う~ん・・・。...

アクセル・ワールド 第12話 『Absolution;容赦』 黄の王とは何だったのか。

自分以外は全て敵。そういうゲームなのは分かりますが、協力を求めながら春雪や黒雪姫ごと砲撃するのは如何なものでしょう。あわよくばクロムディザスターと黒の王を一緒に葬りたい。そんな意図があったと疑われても仕方ありません。 春雪を庇った黒雪姫がダウン。一応や?...

左サイドMenu

カウンター

祝2,000,000Hit達成♪ とうとう大台突破。これも皆様のおかげでございます(o ̄∀ ̄)ノ

カレンダー(月別)

08 ≪│2020/09│≫ 10
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

ガンダムシリーズ

◆新機動戦記ガンダムW◆

新機動戦記ガンダムW BD-BOX1

OVA・続編含め『新機動戦記ガンダムW』全般を応援してます♪
ガンダムW関連 まとめページ
感想、用語、企画など全ページへのリンクがあります。ご利用ください

2016/05/04 12巻分の用語一部更新しました

《用語》
用語集
ア行
カ行
サ行
タ行
ナ行
ハ行
マ行、ヤ行
ラ行、ワ行
英字行
登録キャラクター名一覧
キャラクター詳細
ア行
カ行
サ行
タ行
ナ行
ハ行
マ行、ヤ行
ラ行、ワ行、英字行

メカニック図鑑
メカニック用語詳細
年表

《企画》
年代考察
勢力図まとめ
AC暦におけるMS史(コラム)

◆Gジェネクロスレイズ◆

GCR119.jpg

まとめページ

◆ガンダムモビルスーツバイブル◆

GMB001_20190322210057cc3.jpg

まとめページ

◆機動戦士ガンダム00◆

GUNDAM OOQ
用語集などは特にありませんが、劇場版の感想は全十回というボリュームでコラム風に書かせていただきました。よろしければどうぞ。
ガンダム00関連 まとめページ

◆鉄血のオルフェンズ◆

81TuctHvlZL__CR88,0,1536,1536_
各回の感想のまとめだけ。
鉄血のオルフェンズ まとめページ

米山シヲ 応援エリア

◆梅衣堂ひよと旦那様の野望◆

1-2-2

『梅衣堂ひよと旦那様の野望』待望第1巻発売中

月刊少年ガンガンで現在連載中『梅衣堂ひよと旦那様の野望』を応援中。『ブラクロ』と同じように独自用語集も製作中!

公式特設ページ

独自用語集
第1巻

◆ブラッディ・クロス◆

ブラクロサムネ

月刊少年ガンガンで完結した『ブラッディ・クロス』をプッシュしています♪ 独自用語集あります! 

公式特設ページ

独自用語集
キャラ紹介-混血勢力-
キャラ紹介-天使勢力-
キャラ紹介-堕天使勢力-
キャラ紹介-アルカナ-
キャラ紹介-神葬-
キャラ紹介-その他-


最近の記事

最近のコメント

<>+-

最近のトラックバック

メールフォーム

管理人に何か言いたいことがあれば、ここからどうぞ♪

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード

QR

友達申請フォーム

FC2ブログランキング

FC2のブログランキングに参加中♪ 気に入っていただけたなら、一押しして下さい。

FC2ブログランキング

右サイドメニュー

義援金募集

FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして

検索フォーム

管理人から一言

お知らせ

管理人からのお知らせです。

PS4ゲーム『JUDGE EYES:死神の遺言』プレイ中。

『ガンダムW FT』コンテンツは不定期更新です。現在は11巻分までの感想と用語の更新を完了しました。

『ブラッディクロス』全12巻発売中! 用語集更新は全て無事終了致しました。

文庫・単行本(キャラクターノベル含む、ライトノベル含まず)の著者名別リストに移行しました。さすがに増え過ぎた(笑


今期の週間感想予定
日曜日:-
月曜日:-
火曜日:-
水曜日:-
木曜日:-
金曜日:-
土曜日:-
不定期:ピックアップ感想、ゲーム感想、模型関連など


場合によっては急遽順序等の変更もありますが、ご理解いただけますようよろしくお願いします。

管理人プロフィール

月詠

Author:月詠
埼玉県某所在住の34歳社会人。性別♂。名前は「つくよみ」と読む。

世知辛い世の中で嬉しいことも泣きたいこともサブカルチャーたちに救われています
詳細な自己紹介はこちら(2019版)。それ以前のものはこちら

コメント・TB、相互リンク受付中。下記の運営方針に詳細を記載しております。無条件に大歓迎と言うわけではありませんが、大部分の方は歓迎出来るかと思いますw

以下、ショートカット。
◇閲覧上の注意や規約など
Blogの運営方針・利用規約
他のBlog様と大差ない運営・利用規約ですが、初閲覧の方は簡単でも良いので読んで頂けるとありがたいです。閲覧、コメント等される方は利用規約を了承していると判断させていただきますので、「知りませんでした」は通用致しません。


◇アニメについて
アニメの評価について
歴代アニメ評価一覧
アニメアウォーズ! 受賞一覧


◇ゲームについて
ゲームの評価について
歴代ゲーム評価一覧


◇ブックス(本)について
小説の評価について
ブックレビュー一覧
   あ行の著者
   か行の著者
   さ行の著者
   た行の著者
   な行の著者
   は行の著者
   ま行の著者
   や行の著者
   ら行の著者
   わ行の著者
   複数の著者・その他
 文庫・単行本(キャラノベ含む、ラノベ含まず)は上気の著者名別になっています。

◇プラモデルについて
完成品一覧(グレード別)
完成品一覧(シリーズ別)
完成品一覧(トイ、フィギュア等)

◇その他リスト一覧はこちら
テレビ&シネマ
CD&DVD&BD
TYPE-MOON関連

ツリー式カテゴリー

openclose

アニプレッション!!

アニプレッション!!
アニプレッション!!とは

アニプレッション!!は、アニメブロガー達の合同ブログです。アニメについての問題意識・感想・考察・批評等の諸言説を発表し、アニメを語る事の面白さを伝える事が目標です。自分も末席に加えさせていただいております。
現在活動停止です

以下、アニプレッション!!メンバーのBlogです。

相互リンク(更新停止)

残念ながら一年以上の更新がない相互リンク先の方々です。サイト消滅の場合は消させていただきます。いずれまた復活し、交流が持てることを期待しています……