FC2ブログ

刹那的虹色世界

アニメ・ゲームのあらすじを主体とした感想や批評のブログ。時折、日記・声優・コミック・スポーツなど幅広くレビューしています。リンクフリー、相互リンク大歓迎♪

Entries

LUPIN the Third -峰不二子という女- 第3話

LUPIN the Third -峰不二子という女- 第3話
『淑女とサムライ』


≪あらすじ≫
かつて“サムライ”と呼ばれる人たちのいた国・日本。しかし、いまや欧米化が進むその国に、そんな古風な存在はいるはずがなかった。その中において、一人の青年は和装をし、白鞘に収めたひと振りの刀・斬鉄剣を手に、自らが継承した先祖代々の名前の彫られた墓を参っていた。

その名は、石川五エ門(いしかわ・ごえもん)。

闇稼業としてその名を轟かすため、暗殺業を始めることした五エ門が受けた依頼は、アストリア公国国王・トランクの暗殺。十二分の報酬と、ヨーロッパの小国とはいえ国王暗殺という偉業に五エ門はその依頼を受け、旅芸人としてトランクが乗る列車へと潜入する。

一方、自国の国宝級の宝を美術展示して回り外交をこなしていたトランクは、アストリアへの帰路の途中の列車にいた。今回の外交には事故で亡くした皇太子である息子の子供たち――彼から見れば目に入れても痛くないほどの孫・三人を連れていた。そんな孫三人の家庭教師・マリアとして忍び込んだ峰不二子

国宝級の宝ばかりがある中で、彼女の本当の狙いとは?

そして、不二子も、五エ門も知らずに進む真の国王暗殺計画とは――。



≪感想≫
前回は次元だったので、今回は五エ門かなと思ったら、五エ門回だったwww

五エ門の声は実はTVSPの頃から最も違和感がないと、私は思っていた。今回、改めてこうしてTVシリーズが新キャストでスタートしたわけだけど、やっぱり五エ門の声をやられている浪川さんが、先代・井上真樹夫さんを意識されているのか、視聴している側からすると凄く聞き易い。

さて、お話自体は次元とは別の意味で五エ門らしいなぁ、と言うエピソード。堅物で、銃弾すら見切って斬りおとす剣士唯一の弱点である女難っぷりがこの段階から出ていると言うのは、ルパンファンとしてはなかなかニヤリと出来る良いエピソードだ。

前回が次元で、その次元が不二子にたぶらかされなかった分だけ、その反動がまた面白い。この過去のエピソードがどこまで公式化され、監修されているかは不明だが、いずれ五エ門は不二子に何か手痛い痛打をもらって、女に甘いのに不二子にだけはいつも通り冷静で対処できると言う事態になるのだろう。そういったエピソードも、いずれ出てくるのだと期待。


あとはもちろん不二子だろうね。真の狙いがドレイク国王がつけていたベルトだったこともあるだろうが、国宝級の宝が水没することよりも子供たちの命を選んだ。
彼女はなんだかんだ言って情に甘いのだ。
そういう意味では、「峰不二子」という女怪盗は目的の為なら手段を選ばない冷徹な泥棒ではないと言うことを示すことが出来たのではないだろうか。

考えれば、不二子が本当に痛打を与えるほどに騙す相手と言うのは、たいてい私欲にまみれた権力者ばかり。彼女の美貌を以ってすれば、それこそ(この年代にそういった発想があるかどうかは知らないが)結婚詐欺やらなにいやらは簡単に出来ただろう。

でも、そうではないと言うことなのだろう。

言いかえるなら彼女の本当の目的は、退屈な日常の否定とスリルある日常の創造であり、実は「怪盗(泥棒)」はその目的を達するための手段でしかないと言うことだ。
ルパンにもそれに近い傾向が見え隠れするが、彼の場合は先祖であるルパン一世をリスペクトしている側面も強い。スリリングな日常か、はたまた先祖代々続くコトの継承か、あるいはその先祖を超えたいと言う野心か。彼の中でそれぞれがどれくらいのウェイトを持っているかは不明だが、まあ昨今のルパン作品を考えると泥棒稼業の継承とリスペクトの側面が頭一つ抜けているような感じがするので、そう考えればルパンと不二子は目的と手段が違うわけだ。

先にも挙げたように真の狙いがベルトだったこともあるが、あそこで子供たちの命を選べるのが「峰不二子」という女であり、外見だけでなく中身も含めて“イイ女”だと言わしめる理由だろう。まぁ、こういうエピソードがあったから、あの五エ門でさえ文句を言いながら、ルパンに忠告しながらも、なんだかんだで最後は協力したり、助けあったりと言う不思議な関係に繋がるのだろうな、と思える。



マメ知識であるが、五エ門が持つ刀はアニメファン・オタクならずともいまや誰もが知るであろう斬鉄剣。その設定には諸説あるが、とりあえず本作においては全長約780mm、刀身約630mm、柄約130mmの直刀として描かれている。
直刀とは、一般的に私たちが知っている日本刀がわずかに“反り”があることに対して、それが一切ない真っ直ぐの刀と言うことだ。イメージとしては西洋の剣を片刃にしたような感じ。ちなみに全長780mmに対して刀身(630mm)+柄(130mm)では20mmほど足りない計算だが、おそらく鞘の先端部などがあるため。

さて、マメ知識と言うのは上のことではなくて、その斬鉄剣を納めている鞘のことである。五エ門が使っているのは、真白い鞘でこれを「白鞘」という。柔らかい木で造られたもので、これ、実は本来は保管用・保存用の鞘なのだ。一般的に私たちが刀と聞いて思い浮かべるのは、漆が塗られた黒(あるいは赤など)のもので、こちらは「拵(こしらえ)」と呼ばれ戦闘用・携帯用とされる。

大きな違いは強度。白鞘は柔らかい木を用いているため戦闘には適さないと言われている。現に五エ門は、白鞘を使った打撃を行うシーンをほとんど見かけない(納刀したままでの柄尻での打撃は別として)。もちろんそれは、居合の達人とも言われる五エ門の斬戟に対するプライドであるとも取れるけれど、五エ門自身がそうした鞘の特性を当然知っているからだとも考えられる。

白鞘は保管用として、刀の刀身自体には白鞘の方が良いとされるので、暗殺稼業として世界各地を飛び回る五エ門からすれば、実戦用と保管用で区別して持ち歩くことは不便だし、急な襲撃等に対して即座に付け替える不便さなども踏まえた上で、白鞘に入れて持ち歩いているのかもしれない。

どちらにせよ、本来実戦用ではない白鞘であそこまで立ち回れるわけだから、やっぱり五エ門スゲーってことなんだが(`・ω・´) シャキーン




≪TB先 参照リンク(URLアルファベット順)≫
赤字はTBが現在弾かれてしまっているBlog様です。
現在、nifty系、so-net系はほぼ全滅。livedoorは調子がいいと送れます。

・http://84870.blog13.fc2.com/blog-entry-2355.html
・http://akihiroblog555.blog.fc2.com/blog-entry-527.html
・http://aoimon.blog7.fc2.com/blog-entry-2430.html
・http://blog.livedoor.jp/outside_hill/archives/51864278.html
・http://innamiblog.blog28.fc2.com/blog-entry-874.html
・http://irizasama.blog95.fc2.com/blog-entry-1057.html
・http://merkmals.blog31.fc2.com/blog-entry-1888.html
・http://muhanho.blog40.fc2.com/blog-entry-2634.html
・http://picoro106.blog39.fc2.com/blog-entry-5808.html
・http://riksblog.fool.jp/public_html/mt5/anime/now/2012/
04/fujiko-03.html
・http://seeing04.blog39.fc2.com/blog-entry-3043.html
・http://seigenjikan.blog2.fc2.com/blog-entry-2366.html
・http://seraraku2.blog59.fc2.com/blog-entry-6672.html
・http://shino134.blog22.fc2.com/blog-entry-3441.html
・http://sigerublog.blog137.fc2.com/blog-entry-909.html
・http://spadea.jugem.jp/?eid=15533
・http://subcul.jugem.jp/?eid=2491
・http://timediver2010.blog27.fc2.com/blog-entry-2800.html
・http://tiwaha.cocolog-nifty.com/blog/2012/04/41803-
8356.html
・http://waitingfrofresong.blog.fc2.com/blog-entry-152.html
・http://zspecium.blog.fc2.com/blog-entry-452.html

もしよろしければ、拍手ボタンをポチッと押して下さいm(_ _)m 管理人のモチベーションが上がります(ぉ 
Web拍手に頂いたコメントは後日『Web拍手レス』にてお返事させていただきます。

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

Trackback

トラックバック URL
»»この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

LUPIN the Third ~峰不二子という女~ 第3話 淑女とサムライ 感想

五右衛門さんの「不二子ちゃん」ワロタwwww 五右衛門にもこんな時代があったとはwww つまらないものとそうでないものを斬った後のリアクションの違いもワロタwww 回を増す事に面白くなってますし、ルパンファミリーも全員登場したので、今後がますます楽しみです...

『LUPIN the Third ~峰不二子という女~』第三話

五ェ門回。 テレビスペシャルでは台詞が2,3個ってのもザラだったのでとても新鮮。 浪川大輔になって随分と若返った。 叫びは弱っちくなっちゃったけど仕方ない。 このキャラ ...

LUPIN the Third 峰不二子という女 #3「淑女とサムライ」感想

OPの桃井かおりパート・・・今回は謎多きサムライ五ェ門回国王の跡継ぎ争いを巡ってイザコザがありそうですね早速子供の先生に峰不二子紛れてるやんっ五ェ門の貴重な一張羅にアイスぶつけられてあぁ・・・鼻にアイス付けてもうてアホキャラなのか旅の芸人が電車内で鉄板切...

LUPIN the Third -峰不二子という女- 第03話 『淑女とサムライ』

1stそれも初期の五右衛門だ。ルパン、次元に続き五右衛門が登場する回です。不二子に甘い性格で違和感を覚えた人も居るかもしれない。でも最初のルパン三世で出てきた五右衛門はあんな感じだった。 ルパンが示刀流の秘伝書を盗みに行き、五右衛門とファーストコンタクトし...

LUPIN the Third ~峰不二子という女~ 第3話 感想「淑女とサムライ」 

LUPIN the Third ~峰不二子という女~ですが、石川五ェ門の登場です。 不二子は王家の家庭教師とかやっていますが、どこにでも潜入できるスペックはもっています。 そこそこ子供受けもしていますが、五ェ門は「可憐だ」「不二子ちゃん」と勘違いしています。(以下...

LUPIN the Third ~峰不二子という女~ 第3話「淑女とサムライ」

素敵なサムライフレンドさん――。 やっと五ェ門さんのターンです(笑) 駆け出しの殺し屋だった五ェ門は トランク国王暗殺を引き受ける。 そこには国王の孫マルコの先生となった不二子の姿が…。  ▼ LU...

アニメ感想 LUPIN the Third ~峰不二子という女~ 第3話「淑女とサムライ」

「斬れぬ物など我が斬鉄の剣には無い」

LUPIN the Third 峰不二子という女第3話感想

記事はこちら(TBもこちらへ) 元記事はhttp://sigerublog.txt-nifty.com/utakata/2012/04/lupin-the-thi-2.html

「LUPIN the Third~峰不二子という女~」第3話

【淑女とサムライ】 子供こそが世界の宝だ。

LUPIN the Third 峰不二子という女 3話 「淑女とサムライ」 感想

なんか今までで一番TVSPシリーズのノリに近かったという印象。

LUPIN the Third ~峰不二子という女~ 第3話 『淑女とサムライ』 感想

「謎の女」としての描き方が、見事に考えられていますね。 LUPIN the Third ~峰不二子という女~ 第3話 『淑女とサムライ』 のレビューです。

LUPIN the Third -峰不二子という女- 第3話「淑女とサムライ」

ルパン三世 オリジナル・サウンドトラック2(紙ジャケット仕様)(2007/03/14)TVサントラ、Sandra Hohn 他商品詳細を見る 純情サムライ ルパン→次元 と、スポットが当たれば 当然次に来るのは、この...

LUPIN the Third ~峰不二子という女~ 第3話「淑女とサムライ」

石川五ェ門、一昔前のハリウッド映画に出てきて作品をB級化するようなキャラですね。 次元が渋かったせいか五ェ門の色物扱いに不満の声が見受けられます(´▽`) しかしめちゃくちゃな設定ですよね、こ...

(アニメ感想) LUPIN the Third~峰不二子という女~ 第3話 「淑女とサムライ」

投稿者・フォルテ LUPIN THE THIRD first tv. DVD-BOX(2001/07/04)山田康雄、小林清志 他商品詳細を見る 貴重な美術品がたくさん積まれている列車には、アストリア公国の国王と孫達が乗車していた。孫...

LUPIN the Third 峰不二子という女 第3話「淑女とサムライ」

第3話「淑女とサムライ」 【あらすじ】(公式より) 貴重な美術品がたくさん積まれている列車には、アストリア公国の国王と孫達が乗車していた。孫達の家庭教師マリアとして同乗する不二子の姿もあり、...

LUPIN the Third ~峰不二子という女~ 第3話 4/19 あらすじと感想 #fujiko #lupin3rd #lupin

 五ェ門無双。  冒頭は墓標に立つ五ェ門のシーンから。先祖の墓なのか自らのための墓なのか、ちょっと判らなかったです。  場面変って、豪華な美術品を荷作りをして、列車で移動しようとするトランク...

左サイドMenu

カウンター

祝2,000,000Hit達成♪ とうとう大台突破。これも皆様のおかげでございます(o ̄∀ ̄)ノ

カレンダー(月別)

05 ≪│2020/06│≫ 07
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

ガンダムシリーズ

◆新機動戦記ガンダムW◆

新機動戦記ガンダムW BD-BOX1

OVA・続編含め『新機動戦記ガンダムW』全般を応援してます♪
ガンダムW関連 まとめページ
感想、用語、企画など全ページへのリンクがあります。ご利用ください

2016/05/04 12巻分の用語一部更新しました

《用語》
用語集
ア行
カ行
サ行
タ行
ナ行
ハ行
マ行、ヤ行
ラ行、ワ行
英字行
登録キャラクター名一覧
キャラクター詳細
ア行
カ行
サ行
タ行
ナ行
ハ行
マ行、ヤ行
ラ行、ワ行、英字行

メカニック図鑑
メカニック用語詳細
年表

《企画》
年代考察
勢力図まとめ
AC暦におけるMS史(コラム)

◆Gジェネクロスレイズ◆

GCR119.jpg

まとめページ

◆ガンダムモビルスーツバイブル◆

GMB001_20190322210057cc3.jpg

まとめページ

◆機動戦士ガンダム00◆

GUNDAM OOQ
用語集などは特にありませんが、劇場版の感想は全十回というボリュームでコラム風に書かせていただきました。よろしければどうぞ。
ガンダム00関連 まとめページ

◆鉄血のオルフェンズ◆

81TuctHvlZL__CR88,0,1536,1536_
各回の感想のまとめだけ。
鉄血のオルフェンズ まとめページ

米山シヲ 応援エリア

◆梅衣堂ひよと旦那様の野望◆

1-2-2

『梅衣堂ひよと旦那様の野望』待望第1巻発売中

月刊少年ガンガンで現在連載中『梅衣堂ひよと旦那様の野望』を応援中。『ブラクロ』と同じように独自用語集も製作中!

公式特設ページ

独自用語集
第1巻

◆ブラッディ・クロス◆

ブラクロサムネ

月刊少年ガンガンで完結した『ブラッディ・クロス』をプッシュしています♪ 独自用語集あります! 

公式特設ページ

独自用語集
キャラ紹介-混血勢力-
キャラ紹介-天使勢力-
キャラ紹介-堕天使勢力-
キャラ紹介-アルカナ-
キャラ紹介-神葬-
キャラ紹介-その他-


最近の記事

最近のコメント

<>+-

最近のトラックバック

メールフォーム

管理人に何か言いたいことがあれば、ここからどうぞ♪

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード

QR

友達申請フォーム

FC2ブログランキング

FC2のブログランキングに参加中♪ 気に入っていただけたなら、一押しして下さい。

FC2ブログランキング

右サイドメニュー

義援金募集

FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして

検索フォーム

管理人から一言

お知らせ

管理人からのお知らせです。

PS4ゲーム『JUDGE EYES:死神の遺言』プレイ中。

『ガンダムW FT』コンテンツは不定期更新です。現在は11巻分までの感想と用語の更新を完了しました。

『ブラッディクロス』全12巻発売中! 用語集更新は全て無事終了致しました。

文庫・単行本(キャラクターノベル含む、ライトノベル含まず)の著者名別リストに移行しました。さすがに増え過ぎた(笑


今期の週間感想予定
日曜日:-
月曜日:-
火曜日:-
水曜日:-
木曜日:-
金曜日:-
土曜日:-
不定期:ピックアップ感想、ゲーム感想、模型関連など


場合によっては急遽順序等の変更もありますが、ご理解いただけますようよろしくお願いします。

管理人プロフィール

月詠

Author:月詠
埼玉県某所在住の34歳社会人。性別♂。名前は「つくよみ」と読む。

世知辛い世の中で嬉しいことも泣きたいこともサブカルチャーたちに救われています
詳細な自己紹介はこちら(2019版)。それ以前のものはこちら

コメント・TB、相互リンク受付中。下記の運営方針に詳細を記載しております。無条件に大歓迎と言うわけではありませんが、大部分の方は歓迎出来るかと思いますw

以下、ショートカット。
◇閲覧上の注意や規約など
Blogの運営方針・利用規約
他のBlog様と大差ない運営・利用規約ですが、初閲覧の方は簡単でも良いので読んで頂けるとありがたいです。閲覧、コメント等される方は利用規約を了承していると判断させていただきますので、「知りませんでした」は通用致しません。


◇アニメについて
アニメの評価について
歴代アニメ評価一覧
アニメアウォーズ! 受賞一覧


◇ゲームについて
ゲームの評価について
歴代ゲーム評価一覧


◇ブックス(本)について
小説の評価について
ブックレビュー一覧
   あ行の著者
   か行の著者
   さ行の著者
   た行の著者
   な行の著者
   は行の著者
   ま行の著者
   や行の著者
   ら行の著者
   わ行の著者
   複数の著者・その他
 文庫・単行本(キャラノベ含む、ラノベ含まず)は上気の著者名別になっています。

◇プラモデルについて
完成品一覧(グレード別)
完成品一覧(シリーズ別)
完成品一覧(トイ、フィギュア等)

◇その他リスト一覧はこちら
テレビ&シネマ
CD&DVD&BD
TYPE-MOON関連

ツリー式カテゴリー

openclose

アニプレッション!!

アニプレッション!!
アニプレッション!!とは

アニプレッション!!は、アニメブロガー達の合同ブログです。アニメについての問題意識・感想・考察・批評等の諸言説を発表し、アニメを語る事の面白さを伝える事が目標です。自分も末席に加えさせていただいております。
現在活動停止です

以下、アニプレッション!!メンバーのBlogです。

相互リンク(更新停止)

残念ながら一年以上の更新がない相互リンク先の方々です。サイト消滅の場合は消させていただきます。いずれまた復活し、交流が持てることを期待しています……