FC2ブログ

刹那的虹色世界

アニメ・ゲームのあらすじを主体とした感想や批評のブログ。時折、日記・声優・コミック・スポーツなど幅広くレビューしています。リンクフリー、相互リンク大歓迎♪

Entries

妖狐×僕SS 第12話(終)

妖狐×僕SS 第12話(終)
『二人になった日』


≪あらすじ≫
双熾から、自分が幼少期にやり取りをしていた相手が蜻蛉の代筆として筆を取っていた双熾自身であることを告白され、謝罪された凜々蝶はそれを受け入れる。双熾が大切に保管していた手紙も「それは君に宛てたものだから」ということで、再び双熾の手に戻された。

想いは繋がり、凜々蝶たちには日常が戻ってくる。

そんな折、妖館のラウンジでバーテンダーのような振る舞いをする河住丈太郎の息子・小太郎は、父が先祖返りであることを知り、さらにその先祖返りが生まれ変わった時に、記憶を継承していることもあるのだと言う事実に悩んでいた。

生まれ変わりと先祖返りは違うんですか?

父は母とは違う別の誰かと結婚し、

そして自分とは違う子の父親になるのですか?


玄関前で、同じく帰宅途中だった反ノ塚にそう漏らした小太郎。そんな彼に「じゃあタイムカプセルを埋めよう」とやってきたのは、毎度おなじみの夏目残夏。そんなこんなで将来の自分や、あるいは大切な相手に対してタイムカプセルに手紙として言葉を残しておくことになった面々。

当然凜々蝶も誘われる。いつものようなツンシュンっぷりを最大限に発揮しつつも参加することにした凜々蝶は、その前にここまでの非礼と無礼を詫びるため、改めて双熾に菓子折りを持っていくことにした。そっと添えた手紙を加えて……。


だが、いざタイムカプセルを埋めようとなった時、凜々蝶は反ノ塚に言われて埋めようとしている手紙が双熾に宛てた添え状であり、タイムカプセルに埋めようと思っていた自分の思いの丈を書き綴った手紙を菓子折りと一緒に双熾に渡してしまった痛恨の失敗に気づいて――



≪感想≫
純愛ストーリーって良いよね

……変態要素が強過ぎたけど(ノ∀`*)アイター



そんなわけで、今期『Another』の鳴、『あの夏』の柑菜と並んでいろいろな意味で注目を浴びたヒロイン・凜々蝶の物語も最終話。最後が手紙の誤爆からまさかの告白展開と言う流れはさすがに駆け足というか、驚いた部分も正直ある。本音を言えば、双熾がしてきたことを知った凜々蝶が彼にどういった行動を取っていくのかというのも楽しみだったが、そこは一気にすっ飛ばされてしまった感じ。まぁ、それはそれで良いのだけどw

他人に悪態をついてしまう凜々蝶と、(己が目的の為に)他人に媚びて生きて来た双熾。二人は最初、まるで正反対、対称的なように描かれながらも、話が進むにつれて本質的に二人はとても近しいのだと言うことを少しずつ明かされていき、今回こうしてまたしても凜々蝶と双熾は、本質としてとても似通っているのだと示した上での、ハッピーエンド。連勝 ヽ|´ `*ξ|ノ ~ではないが、二人(おもに凜々蝶)の物語を見守って来た身としては、寂しさを覚える最終話ではあるのだけど、同時にこういうエンディングが迎えられたことがとてもうれしい。文字通り「ハッピー」なエンディングだった。

最後の最後で凜々蝶が、双熾の自室を覗いてしまったのはお約束かw

まぁ、双熾がドのつくほど変態であることなんて今さらだからねwww というか、双熾EDの歌詞通り、マジで凜々蝶からもらった食べ物を防腐処理して永久保存してやがったぞ、この男(爆 本当に歪みないな。まぁ、それも多才で有能なイケメンだから許されることだけど(ノ∀‘*)アイター


◆先祖帰りの特性
ちょっとうろ覚えな部分があるんだけど、先祖返りってつまり「生まれ変わり」と言うよりは、「同位体転生」に近いのかな。同位体転生って言うのは造語だけど、まぁだいたいのニュアンスは察してくれている気もするが、つまり、単純な話、今の凜々蝶が亡くなった、数十年後とか数百年後に生前の凜々蝶様の容姿や能力、性格をそのまま継承し、時に前世の記憶すらも受け継いで再誕するのでは?ってこと。

というか、そうじゃないと小太郎の悩みは説明がつかないしね。

そんな小太郎の悩みを吹き飛ばした丈太郎の言葉はなぜか重みがあったw 確かに彼の言う通り、どんなに容姿や能力、あるいは記憶すら継承しようとも人と人との出会いや絆がなければ、そんなものはやっぱり「そっくりさん」でしかないのだろう。
伊達にいつもバーテンダーみたいにしてやたらロマンティックなことばかり口にしているわけではないようだwww


ただ私が本当に興味があるのは、その特性を最終話に出してきたということ。


容姿、能力、あるいは記憶までもし継承して転生することがあるのだとすれば、例えば今のこの妖館のメンツがそのままの能力と容姿のまま、江戸時代とか明治時代に出逢っている可能性もあるし、あるいはこれから先の遠い未来でまた一緒に過ごすこともあるかもしれないと言うことだ。

何とも夢のある設定。まぁ、今の妖館のメンツを見る限り記憶を継承したまま転生した人はいないっぽい(やたら達観している残夏とか、実は前世の記憶あるんじゃないかと思うが、彼の場合見える“目”があるから何とも言えないw)。つまり、転生した時には私たちが知る現代の彼らの人間関係や感情がリセットされている可能性が高いので、そういう意味でパラレルワールド的に展開されることに不安を覚える設定でもあるのだけど。


というか、わざわざ最終話にこんな設定引っ張って来たのなら、続編の可能性もあるってことだよね。そしてその続編は、今のメンツと人間関係を継承したアフターストーリーではなくて、そうしたものがリセットされた現代から転生した後、もしくは転生する前(前世)の話になるんじゃないかって予感もあるので、この作品の続編だけは一気にここまでとはかけ離れた展開になる可能性もあるだけに本当に望んでいいのかどうか微妙w

どうも、原作既読者の感想とか読むと原作だともっとこうエグい展開というか、凄い展開があるそうじゃないか。それはそれで引き込まれる魅力のあるストーリーと設定なんだろうけど、原作未読でアニメからこの作品に触れた者としてはあんまりそういう展開は望んでないと言うか何と言うか(苦笑 まぁ、食わず嫌いなんだろうけど)。

ただまぁ、どうせなら前世の方が興味あるかなw 例えば今彼らが住む妖館は、先祖帰りのコミュニティが妖怪に狙われやすい特性から築き上げられたものだ。つまり、この妖館が設立に至るエピソードがあるわけで、もしかしたらそれは凜々蝶たちの前世が関わっているのではないかと思うと、そういうのを空想するのも楽しいと思う。
(というか、書いていて思い出したが、結局妖怪に襲われて命の危険性があるってことはあんまりなかったねwww)


まぁ、話は尽きないところだが、今期一番予想外に面白かったのは実はこの作品だった。絵を見たり、公式HPのキャラ紹介を読んだりしていると、もっとこう少女漫画的な(原作はガンガン系らしいが)展開や恋愛模様のある、正直あまり私が得意ではない系統の作品かと思った。

ただ、いざ蓋を開けてみれば男女問わず楽しめる作品だった。シリアスなストーリーがベースにあるんだけど、その上に積み重ねられたストーリーと演出は、デフォルメされたキャラが躍動するシーンなど含めてコメディ要素も強く、可愛い女の子たちとカッコいいイケメン男子たちに彩られたこの作品は(いろいろ残念過ぎる要素のあるキャラばかりだがwww)とても魅力的だった。

上記のように本来の原作の凄い展開はなく、そういう意味では原作からやや離れたアニメオリジナルの展開だったようだが、私はそういう展開よりこちらの方が好みだったのでそういう意味でアニメ版『妖狐×僕SS』はとてもあっていた作品だったのだと思う。


まだまだパッケージ版の修正や調整などがあるでしょうが、とりあえず本放送終了、監督以下スタッフの皆様方、お疲れさまでした。

≪TB先 参照リンク(URLアルファベット順)≫
赤字はTBが現在弾かれてしまっているBlog様です。
現在、nifty系、so-net系はほぼ全滅。livedoorは調子がいいと送れます。

・http://akihiroblog555.blog.fc2.com/blog-entry-404.html
・http://ameblo.jp/gintoki-sakata-vol2/entry-11209193364.html
・http://ameblo.jp/kanri-syujiro/entry-11215857849.html
・http://ameblo.jp/wv002524/entry-11207878558.html
・http://ameotokops.blog.fc2.com/blog-entry-236.html
・http://animedouganews.blog44.fc2.com/blog-entry-2120.html
・http://animenikilog.blog38.fc2.com/blog-entry-172.html
・http://animetureduregusa.blog65.fc2.com/blog-entry-1700.html
・http://blog.goo.ne.jp/gurimoe/e/664ae5f402b16d0179b48249ca7d
6d1d
・http://blog.goo.ne.jp/mio793/e/e447f2912ce010d93681a09608b52
d7a
(http://plaza.rakuten.co.jp/blackwidow/diary/201203290003/)
・http://blog.goo.ne.jp/nijigen-complex/e/6dec3cd3333ee551cce5
e91d683f2584
・http://blog.livedoor.jp/rin20064/archives/52260608.html
・http://blog.livedoor.jp/sumi4460/archives/67409403.html
・http://blog.livedoor.jp/t_cherry398/archives/51654598.html
・http://diconoir.blog94.fc2.com/blog-entry-443.html
・http://hibikidgs.blog.fc2.com/blog-entry-1243.html
・http://innamiblog.blog28.fc2.com/blog-entry-794.html
・http://kira47.blog58.fc2.com/blog-entry-1537.html
・http://kudamonobatake2013.blog.fc2.com/blog-entry-137.html
・http://luvnail.blog46.fc2.com/blog-entry-1322.html
・http://magi111p04.blog59.fc2.com/blog-entry-448.html
・http://muhanho.blog40.fc2.com/blog-entry-2571.html
・http://nikkananilog.blog.fc2.com/blog-entry-457.html
・http://originscenery78121.seesaa.net/article/261334722.html
・http://scriptor.blog54.fc2.com/blog-entry-1654.html
・http://sephiroth2012.blog.fc2.com/blog-entry-4804.html
・http://seraraku2.blog59.fc2.com/blog-entry-6613.html
・http://shino134.blog22.fc2.com/blog-entry-3299.html
・http://soliloquy0503.blog.fc2.com/blog-entry-9107.html
・http://soraxcan.blog59.fc2.com/blog-entry-3252.html
・http://strawcat.blog12.fc2.com/blog-entry-3584.html
・http://tdragon2000e.blog7.fc2.com/blog-entry-2833.html
・http://timediver2010.blog27.fc2.com/blog-entry-2745.html
・http://vnr2034.blog133.fc2.com/blog-entry-1632.html
・http://zaregoto2nd.blog95.fc2.com/blog-entry-1651.html

もしよろしければ、拍手ボタンをポチッと押して下さいm(_ _)m 管理人のモチベーションが上がります(ぉ 
Web拍手に頂いたコメントは後日『Web拍手レス』にてお返事させていただきます。

Comment

NoTitle 

>そういう意味では原作からやや離れたアニメオリジナルの展開だったようだが

いや、ほぼ原作通りです。
…ぶっちゃけ、1期はプロローグなんでw

ただ、中だるみとか冗長な部分がとか言われるのは、尺合わせで多少水増ししたため。
10話くらいの方が締まったかも。
  • posted by よしの 
  • URL 
  • 2012.04/01 03:49分 
  • [Edit]
  • [Res]

>よしのさん 

こんにちは。

>…ぶっちゃけ、1期はプロローグなんでw
らしいですね。そこがむしろこの作品の不安要素ではありますよね。もちろんこの作品単体で見た時には全く問題も不安もないのですが、仮にこの先第二期・第三期とシリーズ化したなら(BD・DVDのパッケージ版の初動売上もかなり良いようで)、原作通りの展開をした場合、そうしたショッキングな展開があると言うこと。そうなると、第一期とのズレによって結局以降のシリーズがつまずきかねないという。

もちろん原作を知っている方は問題ないんでしょうけど、初動売上が良いなら原作未読者も多数含まれているわけでしょうし、だから私はこの作品が好きなんだけど、この作品の続編にだけはかなり消極的だったり。

>10話くらいの方が締まったかも。
いや、締まっちゃダメだと思いますね。原作は凄い展開があるようですが、あくまでアニメはアニメ。少なくともアニメで描いたのは、凜々蝶と双熾の内面とそれをベースにした純愛(あとコメディw)だったので。

結局引っ張り続けたコーヒーの約束がどうなったのかは、あそこまで引っ張るのなら描写して欲しかったところではありますがw
  • posted by 月詠 
  • URL 
  • 2012.04/01 11:00分 
  • [Edit]
  • [Res]

こんにちは 

ついに最終回でしたね。
私は、原作未読の方の感想ブログを見て回るのが趣味(?)なので、二重の意味で寂しいです。
特にこのブログは、Another然りペルソナ4然り、考察が深く鋭いブログだったので、見ていていつも楽しかったです。

先祖帰りの設定ですが、設定自体は6話で残月が説明していました。(「ボク達は家族という概念が希薄で~」辺り)「同位体転生」という解釈でだいたいあっています。今後その設定が活きてくるだろうという御考察も、その通りですね。しかし、転生設定を活かした展開になっても、作品が別物になるほどの変化はしていません。モノローグにもある「時間は重みだ」という言葉、河住の、「来世の自分とは何か」という考えがヒントになっています。
コーヒーについては、アニメがやや引き伸ばし過ぎてたんです。どうなったか気になるのならば、原作を読むことをオススメします。

偉そうに語ってますが、私はアニメから原作に入りました。原作が欲しくなるほど、アニメが面白いということでしたし、どちらにもそれなりの良さがあると思います。二期があろうとなかろうと、この作品は大好きですね。

感想お疲れ様でした! これからも、他作品の感想を拝読させて頂きます。
  • posted by 沙羅 
  • URL 
  • 2012.04/01 12:03分 
  • [Edit]
  • [Res]

>沙羅さん 

こんにちは。

>Another然りペルソナ4然り、考察が深く鋭いブログだったので、見ていていつも楽しかったです
ありがとうございます。そう言っていただけると励みになります。

>「同位体転生」という解釈でだいたいあっています。
ふむ、なるほど。そうですか。まぁ、そうでないと小太郎の悩みは意味がないですからね。実際にはかなり難しい問題だったように思いますが、丈太郎は普段のロマンティストな部分が今回は上手くハマったなと思いますねw

>どうなったか気になるのならば、原作を読むことをオススメします。
そうですね。ただ、原作の展開は……ほら、なんか凄いっぽいじゃないですかw アニメから入った者からすると、なんかハードルが高いと言うか、何と言うか(苦笑

>原作が欲しくなるほど、アニメが面白いということでしたし、
そうですね。それに関しては同意見です。私はアニメの印象があってそれもあるので、私は原作に手を出すかと言うと微妙なところではありますが、このアニメがとても面白くて魅力的であることに異論はありませんね。
本当に面白い作品で12話があっという間に感じられるほど楽しめた作品だったなと思いますね。

>感想お疲れ様でした! これからも、他作品の感想を拝読させて頂きます。
こちらこそ、このような駄文に最後までお付き合い下さりありがとうございました!
  • posted by 月詠 
  • URL 
  • 2012.04/01 13:30分 
  • [Edit]
  • [Res]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

Trackback

トラックバック URL
»»この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

妖狐×僕SS 第12話「二人になった日」 感想

少しでも君の勇気になるなら今度は僕が傷ついていい 少しの勇気を振り絞って素直になった凜々蝶様の一言が二人の関係を大きく変えた。 自分自身を嫌っていた二人が気持ちを言葉にして伝え合うことが出来て良かった!

妖狐×僕SS(いぬぼくシークレットサービス) 第12話 「二人になった日」

君が自分のことが好きになれなくても――。  手紙のやり取りをしていたのが本当は双熾だったことを知って。 凜々蝶は 決心したのですが…。 タイムカプセルに未来の自分達に手紙を残すって話に誘われてしま...

アニメ感想 妖狐×僕SS 最終話「二人になった日」

「この先何度も思い出す事になる長い長い時間のお話」

妖狐×僕SS 第12話「二人になった日」感想!

妖狐×僕SS 第12話「二人になった日」 タイムカプセルを埋めよう、ということになりました。 話を聞いた凛々蝶は、やっぱり今までどおり悪態をつきつつ… 自分も参加するといいます。 双熾にも参加を呼...

妖狐×僕SS 第12話「二人になった日」

妖狐×僕SSの最終話を見ました。 第12話 二人になった日 妖館の住人達はタイムカプセルに入れて来世に手紙を残そうとしており、連勝に誘われ、凜々蝶と双熾も参加することになる。 凜々蝶が未来の...

妖狐×僕SS(いぬぼくシークレットサービス) 第12話(最終回)「二人になった日」 感想

君を嫌いな君が好き。 うん・・・甘々でしたね(笑)。なんかもうショートケーキにシロップと練乳を掛けちゃった!みたいな それくらいの甘さだったんですけど、実はこれもまた計算の内といいますかそれが理解出来たから不思議と 嫌味も無く、素直にニヤニヤ出...

妖狐×僕SS 12話(最終回)

殴る壁が足りねーよ。 というわけで、 「妖狐×僕SS」12話(最終回) ラブラブちゅっちゅの巻。 二人は公園で幸せなキスをして終了。 えっ、何これ、美男美女が普通にくっついただけの話? このシ...

妖狐×僕SS 第12話「二人になった日」

『タイムカプセルを埋め、未来の自分達に手紙を残すことにする妖館の住人達。連勝に誘われ、凜々蝶と双熾も参加することに。文通の相手が双熾だったと知った凜々蝶。彼女が未来の自分に宛てた手紙に込めた想い...

妖狐X僕SS #12「二人になった日」(最終回)

中古コミック通販で『遥か』全巻と『4』と『5』の1巻と、 多分トレジャーボックスについてた『3 十六夜記』と『4』原画設定集、 あとはまぁ、『舞一夜』のアニメイト限定版と『5』のトレジャーBOX...

妖狐×僕SS (いぬぼくシークレットサービス) 第12話 「二人になった日」(最終回) 感想

ヒドイ間違いから転ぶ展開に笑って泣いた最終話です。

妖狐×僕SS(いぬぼく) 第12話(最終話)「二人になった日」

あらすじ・・・タイムカプセルを埋め、未来の自分達に手紙を残すことにする妖館の住人達。連勝に誘われ、凜々蝶と双熾も参加することに。文通の相手が双熾だったと知った凜々蝶。 ...

妖狐×僕SS #12

【二人になった日】 妖狐×僕SS 2(完全生産限定版) [Blu-ray]出演:日高里菜アニプレックス(2012-04-25)販売元:Amazon.co.jpクチコミを見る そうして僕は決心したのだ・・・ 

妖狐×僕SS(いぬ×ぼくシークレットサービス) 第12話 二人になった日

先祖返りが前世の記憶まで持って産まれる事もあるという事で、深い話になっていますが、カルタは来世は中華まんになりたいって… 来世の自分にあてて手紙を書いてタイムカプセル ...

妖狐×僕SS  第1話 ~  第12話 二人になった日

妖狐×僕SS  第1話  ~  第12話 二人になった日 最終回 旧家・白鬼院家の令嬢として生まれた少女凜々蝶は大人に守ってもらわないと生きて行けない無力な自分や、常に家名の由緒が優先される環境に息苦...

「妖狐×僕SS」(いぬぼくシークレットサービス)第12話(最終回)『二人になった日』の感想レビュー

果たして、無事にふたりでコーヒーを飲むことは出来るのか?な最終回…と見せかけて、スルーだった罠w 前回で既に両想い同然の状態だったと言えるふたりですが、やっぱり、恋愛ごとにもけじめはあるというか、きっちりとくっついてくれたほうが盛り上がるので期待♪とい?...

「妖狐×僕SS」第12話 最終回

【二人になった日】 二人でつむぐ、永い時間。 Amazon.co.jp ウィジェット

妖狐X僕SS(いぬXぼくシークレットサービス) 最終回

連勝は、妖館の前で気まずそうにしている、ここでコックをしている河住の息子・ 小太郎と出会う。 小太郎の小難しい悩みを聞いていた連勝だが、突然現れた残夏の提案で タイムカプセルを埋め、未来の自分達に手紙を残すことにする。 連勝に誘われ、凜々蝶と双熾も参加...

2012年01クール 新作アニメ あの夏で待ってる 第12話 雑感

[あの夏で待ってる] ブログ村キーワード あの夏で待ってる 第12話 「あの夏で待ってる。」 感想 #Ichika2012 #ep12 ある夜、霧島海人は趣味の8mmカメラで湖周辺の夜景を撮っていたが、突然光り...

妖狐×僕SS 第12話(最終回)

「二人になった日」 放置プレイ S… 前回、蜻さまのよい部分を観てしまったばっかりに 最後の最後での放置プレイが可愛そうに思えて仕方ありませんでした!(´Д`;) 小太郎くんの何気ない疑問からタイムカプセルを埋めようという話になり住人皆で自分...

2012年01クール 新作アニメ 妖狐×僕SS 第12話 雑感

[妖狐×僕SS] ブログ村キーワード 妖狐×僕SS 第12話「二人になった日」  感想 #InuBoku2012#ep12 妖怪の先祖返りの人間たちが集うマンションで、住人とシークレットサービス(SS)の妖しい生活を描...

妖狐×僕SS 第12話(最終話)「二人になった日」

妖狐×僕SS 第12話(最終話)「二人になった日」 「死ぬほど嬉しかったのです」 生き方が下手な2人のお話も今回で最終回。 公式HPより タイムカプセルを埋め、未来の自分達に手紙を残す...

妖狐×僕SS 第12話「二人になった日」 感想

・・・今までの日々とこれから・・・

妖狐×僕SS 最終話「二人になった日」

俺のメンタツ面は豆腐だぜ! でお馴染みのヨペチコです。

妖狐×僕SS   全12話

冬アニメも終わって新しい春アニメがどんどん始まっているのですが とりあえずは見終わったアニメの感想もどんどん書いていきたいですね まずはこちらの作品 最強のセキュリティを誇ると言われている高級...

やっとこさ、2人はいい関係……と思いきや、まだまだSSと主人の関係は当面続きますね。あと、タイムカプセルってフラグあり?? 妖狐×僕SS 最終第12話『二人になった日』

 前話の終わりで、ようやく手紙のやり取りをしていたのが、蜻蛉のフリをしていた双熾だった事がわかった凜々蝶。  あの抱擁劇の後、彼は凜々蝶に届けられた手紙すべてを大切に保管している旨とその証拠を差...

左サイドMenu

カウンター

祝2,000,000Hit達成♪ とうとう大台突破。これも皆様のおかげでございます(o ̄∀ ̄)ノ

カレンダー(月別)

10 ≪│2019/11│≫ 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

ガンダムシリーズ

◆新機動戦記ガンダムW◆

新機動戦記ガンダムW BD-BOX1

OVA・続編含め『新機動戦記ガンダムW』全般を応援してます♪
ガンダムW関連 まとめページ
感想、用語、企画など全ページへのリンクがあります。ご利用ください

2016/05/04 12巻分の用語一部更新しました

《用語》
用語集
ア行
カ行
サ行
タ行
ナ行
ハ行
マ行、ヤ行
ラ行、ワ行
英字行
登録キャラクター名一覧
キャラクター詳細
ア行
カ行
サ行
タ行
ナ行
ハ行
マ行、ヤ行
ラ行、ワ行、英字行

メカニック図鑑
メカニック用語詳細
年表

《企画》
年代考察
勢力図まとめ
AC暦におけるMS史(コラム)

◆ガンダムモビルスーツバイブル◆

GMB001_20190322210057cc3.jpg

まとめページ

◆機動戦士ガンダム00◆

GUNDAM OOQ
用語集などは特にありませんが、劇場版の感想は全十回というボリュームでコラム風に書かせていただきました。よろしければどうぞ。
ガンダム00関連 まとめページ

◆鉄血のオルフェンズ◆

81TuctHvlZL__CR88,0,1536,1536_
各回の感想のまとめだけ。
鉄血のオルフェンズ まとめページ

米山シヲ 応援エリア

◆梅衣堂ひよと旦那様の野望◆

1-2-2

『梅衣堂ひよと旦那様の野望』待望第1巻発売中

月刊少年ガンガンで現在連載中『梅衣堂ひよと旦那様の野望』を応援中。『ブラクロ』と同じように独自用語集も製作中!

公式特設ページ

独自用語集
第1巻

◆ブラッディ・クロス◆

ブラクロサムネ

月刊少年ガンガンで完結した『ブラッディ・クロス』をプッシュしています♪ 独自用語集あります! 

公式特設ページ

独自用語集
キャラ紹介-混血勢力-
キャラ紹介-天使勢力-
キャラ紹介-堕天使勢力-
キャラ紹介-アルカナ-
キャラ紹介-神葬-
キャラ紹介-その他-


最近の記事

最近のコメント

<>+-

最近のトラックバック

メールフォーム

管理人に何か言いたいことがあれば、ここからどうぞ♪

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード

QR

友達申請フォーム

FC2ブログランキング

FC2のブログランキングに参加中♪ 気に入っていただけたなら、一押しして下さい。

FC2ブログランキング

右サイドメニュー

義援金募集

FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして

検索フォーム

管理人から一言

お知らせ

管理人からのお知らせです。

PS4ゲーム『JUDGE EYES:死神の遺言』プレイ中。

『ガンダムW FT』コンテンツは不定期更新です。現在は11巻分までの感想と用語の更新を完了しました。

『ブラッディクロス』全12巻発売中! 用語集更新は全て無事終了致しました。

文庫・単行本(キャラクターノベル含む、ライトノベル含まず)の著者名別リストに移行しました。さすがに増え過ぎた(笑


今期の週間感想予定
日曜日:-
月曜日:-
火曜日:-
水曜日:-
木曜日:-
金曜日:-
土曜日:-
不定期:ピックアップ感想、ゲーム感想、模型関連など


場合によっては急遽順序等の変更もありますが、ご理解いただけますようよろしくお願いします。

管理人プロフィール

月詠

Author:月詠
埼玉県某所在住の34歳社会人。性別♂。名前は「つくよみ」と読む。

世知辛い世の中で嬉しいことも泣きたいこともサブカルチャーたちに救われています
詳細な自己紹介はこちら(2019版)。それ以前のものはこちら

コメント・TB、相互リンク受付中。下記の運営方針に詳細を記載しております。無条件に大歓迎と言うわけではありませんが、大部分の方は歓迎出来るかと思いますw

以下、ショートカット。
◇閲覧上の注意や規約など
Blogの運営方針・利用規約
他のBlog様と大差ない運営・利用規約ですが、初閲覧の方は簡単でも良いので読んで頂けるとありがたいです。閲覧、コメント等される方は利用規約を了承していると判断させていただきますので、「知りませんでした」は通用致しません。


◇アニメについて
アニメの評価について
歴代アニメ評価一覧
アニメアウォーズ! 受賞一覧


◇ゲームについて
ゲームの評価について
歴代ゲーム評価一覧


◇ブックス(本)について
小説の評価について
ブックレビュー一覧
   あ行の著者
   か行の著者
   さ行の著者
   た行の著者
   な行の著者
   は行の著者
   ま行の著者
   や行の著者
   ら行の著者
   わ行の著者
   複数の著者・その他
 文庫・単行本(キャラノベ含む、ラノベ含まず)は上気の著者名別になっています。

◇プラモデルについて
完成品一覧(グレード別)
完成品一覧(シリーズ別)
完成品一覧(トイ、フィギュア等)

◇その他リスト一覧はこちら
テレビ&シネマ
CD&DVD&BD
TYPE-MOON関連

ツリー式カテゴリー

openclose

アニプレッション!!

アニプレッション!!
アニプレッション!!とは

アニプレッション!!は、アニメブロガー達の合同ブログです。アニメについての問題意識・感想・考察・批評等の諸言説を発表し、アニメを語る事の面白さを伝える事が目標です。自分も末席に加えさせていただいております。
現在活動停止です

以下、アニプレッション!!メンバーのBlogです。

相互リンク(更新停止)

残念ながら一年以上の更新がない相互リンク先の方々です。サイト消滅の場合は消させていただきます。いずれまた復活し、交流が持てることを期待しています……