FC2ブログ

刹那的虹色世界

アニメ・ゲームのあらすじを主体とした感想や批評のブログ。時折、日記・声優・コミック・スポーツなど幅広くレビューしています。リンクフリー、相互リンク大歓迎♪

Entries

ペルソナ4 #25(終)

ペルソナ4 #25(終)
『We Can Change The World』


≪あらすじ≫
テレビの中に逃げ込んだ足立との勝負に挑む悠たち。思い通りにいかない、厳しいばかりの現実を批難し否定する足立は、霧に包まれ人間全てがシャドウになり、本能のまま過ごせることこそが理想だと語り悠たちを追い詰める。

だが、悠はそれに決して屈しなかった。

友と出逢え、仲間と戦い、育んで絆は決して悪いものではなかったと語る悠は、現実も悪いものではないと反論。悠たちが追い求めて来た真実は所詮人の興味の移り変わりに過ぎないと口にする足立に、悠はそんなことを言ったとしても足立の罪は消えないのだと厳しく言及する。

想いの力で足立に打ち勝つ悠たち。だが、倒れたはずの足立は黒い霧に包まれる。そして彼を核として出現したのは、巨大な目玉の形をしたアメノザギリ
アメノザギリは、このテレビの中の世界が人間たちの欲望の世界であり、その欲望によって際限なく拡大し、そして本来の世界と一つになるのだと語る。

マヨナカテレビが映るのは、「観たい」と願う人々の欲求だから。

テレビの中に入れるのは、アメノザギリが力を与えたから。

次々と語られる真相の中で、アメノザギリは「(悠たちを)試さなくてはいけない」と口にする。本来は自分自身を殺す内なる自分であるシャドウを乗り越え、打倒し、逆に制御し己の力とした。それはアメノザギリですら想定していなかった事態。

悠たちの見せた可能性は、人々の新たなる可能性なのか否か。

現実を霧の世界に閉ざそうとするアメノザギリに、悠もまた足立のように取り込まれてしまう。そんな彼を前にして、陽介が、千枝が、雪子が、完二が、りせが、直斗が、クマが、その育んできた絆を示すように新たな力を発現させる。

仲間たちを救い、そして救われてここまで来た悠。彼もまた、その絆を一つに束ね、今、悪魔の王ルシファーのペルソナを呼び出す――



≪感想≫
ひとまずは無事終わったなー、と言う印象。

マヨナカテレビ、ペルソナの力、そこに隠された意味と言うものもアメノザギリが懇切丁寧に語ってくれたわけで、そういう意味ではとても満足した終わり方だった。
バトルシーンも熱い。足立の口にしていたこと全てが間違っていたとは思わないが、だからこそそんな足立と戦いながらも論破すると言う形が、ベタな流れと展開ではあるがとても燃えるシチュエーションだった。


◆足立の指摘
彼の指摘が全て間違っていたわけではないのだと思っている。人が持つ興味や関心。それは彼の言うように移り変わるものだし、彼の言うように彼が逮捕されたとしても生田目から足立へと興味関心が移るだけだ。マスコミが真実を報道してくれるように私たちは錯覚しているが、実際にはそうではない部分もある。端的に第三者の目線から公平に報道されることが理想だが、そこにはテレビ局各局の視聴率争いやら何やらによって、より視聴者の興味と関心を掴むようセンセーショナルに、オーバーに表現され、そのためならば正直モラルや倫理観を疑うような取材を時として平気に行う。そして、それに私たちは惑わされてしまうのだ。
(まぁ、それについて語り始めたら止まらないので割愛するが、3.11の報道の仕方だってそうだろうし、一昔前なら某地下鉄事件での誤報道とか)

だから、彼の指摘はある意味でとても正しかったのだけど、それを知りながらとった行動がこれ以上なく自分本位で子供っぽかったと言うのが、勿体ないなぁと思ってしまう。まぁ、これで言動まで完璧だったら悠たちとしては成す術なくなってしまうから、きっとそれはダメなんだろうけど(苦笑


彼には仲間がいなかったからダメだったのだ、とは思わない。アメノザギリが悠に言ったように、人はどこまで行っても一人なのだ。一個人として一つの肉体で生命体として完結している以上、それもまた真実であり、仲間の有無は真実にたどりつくカギになってはいけないと思う。
でも、一つの肉体で完結した存在だから孤独なのではない。
人はどこまで行っても一人だが、同時に人はだからこそ他人の存在を認め、時に本音でぶつかり合いながらも尊敬し合い、そして社会を形成する。人はどこまで行っても一人だからこそ、自分と同じ者たち同士で絆を築き上げることが出来る。

足立が知らなかったのはこの部分なのだろう、と言うのが私の解釈。

人はどこまで行っても一人。だからこそ、他の人をまた違う一つの個人・個体として認め尊敬することが出来る。足立の周りに、足立が信頼出来る人や尊敬出来る人がいなかったのだとすれば、それは「周りにそういう人がいなかった」わけではない。それは、足立が周りにいる他人を認めることすら出来なかった幼さにあるのだろう。

自分以外を許容出来ない、認められないと言う足立の姿勢は悠たちとの戦いでも顕著にうかがい知ることが出来る。彼は悠たちの言葉を反論すると言うよりは、悠たちの存在や行動の否定に終始していた気がする。相手の意見や言葉を受け止めた上での反論ではなく、そういったモノを全て跳ね除ける否定だ。


◆悠たちの強さは容認
そんな足立を打ち破った悠たち。そんな彼らの強さって絆とか仲間の存在だとかいろいろとあるしいろいろいわれるのだろうけど、上記の論理で言えば足立と紙一重の差が、許容し認める力――「容認」する力だと私は思う。懐の広さというか、度量の広さというか、器の大きさというか……。

悠の決断があったおかげとはいえ、彼らは生田目を殺さなかった。久保も同じだ。そして、悠は足立にも最後まで目上の人としての敬意を払い手を差し伸べた。もちろん「許した」わけではないだろうが、足立と違いその存在を否定したわけではなく、ちゃんと彼らも彼らなのだと認めてはいるのだと思う。

容認と書くと語弊があるのだけど、悠たちが本当に強いのはそうした事件に深くかかわり、法律的にも倫理的にも、あるいは結果的に罪を犯した彼らにも手を差し伸べることが出来る「相手を認める心の強さ」なのだと思う。そして、それは自分の中から現れたもう一人の自分を認め受け入れることが出来る強さがあったからこそ、辿り着けた境地ではないだろうか。

一個人として完結した自分の中から出てくるもう一人。それはある意味、究極の同族嫌悪だ。だってそれは同族嫌悪も何も自分自身。故に、相手は自分以上に自分を知り、自分の観たくない部分を突きつけてくる。
それを乗り越えて、そんな自分もまた自分なのだと認め、もう一度完結した自分の中へ受け入れると言うことは、その「認め受け止める」と言うこと自体が、もはや究極の強さのように見えたのだ。

一番自分が観たくない自分自身を認め受け入れられる彼らが、他人を認め受け入れられないわけがないのである。


◆残った幾つかの疑問はTrue endへ持ち越し?
どうやらパッケージ版ではディレクターズカット版の25話のほかに、TV未放送の『True End Episode「No One is Alone」』が収録されるらしい。

残った疑問は、これくらいだろうか?

・悠はなぜシャドウを出さなかったのか?
・悠のペルソナ(イザナギ)は進化(?)しないの?

⇒総じて「悠はなぜ特別だったのか?」
・マヨナカテレビの噂は誰が広めたのか?

悠がシャドウを出さなかった疑問は当初から多くの視聴者の間にあったものだ。まぁ、これは原作ゲームを考えれば主人公的な設定の処理だけな気もしないでもないが。

二つ目は単純な疑問なんだけどね。陽介たちのペルソナが進化した。それは公式HPによれば絆による進化らしいが、絆とは一方通行のものではないだろう。例えば悠と陽介なら、二人の間に絆が高まって陽介のペルソナが進化するなら悠のペルソナにも進化とまで言わなくても変化くらいあっていいものである。まぁ、陽介たちのペルソナが進化した絆の対価として悠は、各個のペルソナの力を自在に使い、時に融合までしてしまうのかもしれないけれど。

これら二つから総じて、悠の持つ特別性には「主人公だから」と言う以上の意味があったのかと言うのは、素朴な疑問である。シャドウを生み出さず最初からペルソナとして制御出来ていた点、そのペルソナは最後まで進化をしなかった点、そして他人の絆によって獲得したアルカナの力はどうして悠だけに与えられた力だったのか。

これはアニメであるのでその辺はTrue Endがあるのであれば明かしてほしいなと思う(追加エピソードがTrue Endならなおのこと)。

三番目も疑問なんだよね。仮にマヨナカテレビと言う存在があってもそれを知ってもらわないと意味がない。その仕組みやテレビの中の世界について統治能力があると言うか管理能力があるのはアメノザギリなのだろうし、もしかしたらアメノザギリが全て創造したのかもしれないが、噂っていうのは伝播させないと意味がないわけで。
でもまぁ、これはあのガスマスク男のような輩はどこにでもいるだろうから、人としての特性からわざわざ意図的に伝播させなくても勝手に広まるのかな?(苦笑



アニメ版として一つの綺麗な区切りがついた『ペルソナ4』。おそらく25話のディレクターズカットは本筋として大切なものは本編に際してカットしてないだろうからそこまでの興味は無いのだが、本編未放映話がやはり気になるね。ただの本編未放映話だったら、悠が帰るまでの数日間、仲間たちや菜々子との楽しい日々を描いたおまけエピローグ的なものだろうとも考えたが、「True End」と銘打たれているのが特に……。菜々子は無事生きて退院し、足立はたぶん逮捕出来たのだろうし、これ以上ないエンディングだと思ったが、それは「GOOD END」ということで真相・真実と言う意味での「True End」が別にあるのだとすると気になってしまう。

でもまぁ、気にしていても今すぐその内容が分かるわけではないし、あくまでTVアニメとして観た時にはこの25話までが全てなわけだから、それを考えてもとても充実した内容だったと思う。

まだまだ忙しい作業はありそうだが、まずは監督以下スタッフの皆様方、お疲れさまでした。




≪TB先 参照リンク(URLアルファベット順)≫
赤字はTBが現在弾かれてしまっているBlog様です。
現在、nifty系、so-net系はほぼ全滅。livedoorは調子がいいと送れます。

・http://akihiroblog555.blog.fc2.com/blog-entry-403.html
・http://alicetail904.blog42.fc2.com/blog-entry-1102.html
・http://altria98.blog113.fc2.com/blog-entry-1273.html
・http://ameblo.jp/brook0316/entry-11205423730.html
(http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201203300001/)
・http://ameblo.jp/kanri-syujiro/entry-11209366767.html
・http://ameblo.jp/wv002524/entry-11207867601.html
・http://ameotokops.blog.fc2.com/blog-entry-235.html
・http://animedouganews.blog44.fc2.com/blog-entry-2083.html
・http://animetureduregusa.blog65.fc2.com/blog-entry-1699.html
・http://blog.goo.ne.jp/allen77/e/3e41de4ed692a931739a17014fd3
2505
・http://blog.goo.ne.jp/gurimoe/e/7cd20500a8d1a35313ff2bc557d0
b989
・http://blog.goo.ne.jp/mio793/e/87754d147527db5ddd3875c0646e6
44e
(http://plaza.rakuten.co.jp/blackwidow/diary/201203290002/)
・http://blog.livedoor.jp/mattari_6/archives/51829068.html
・http://blog.livedoor.jp/sumi4460/archives/67409401.html
・http://blog.livedoor.jp/t_cherry398/archives/51654596.html
・http://blog.livedoor.jp/voler/archives/52942197.html
・http://blog.livedoor.jp/youotu-roro/archives/3348652.html
・http://disorellan.blog61.fc2.com/blog-entry-1545.html
・http://hibikidgs.blog.fc2.com/blog-entry-1242.html
・http://hienkyaku.blog50.fc2.com/blog-entry-2643.html
・http://kagura77.blog99.fc2.com/blog-entry-3254.html
・http://kakioki60.blog129.fc2.com/blog-entry-1244.html
・http://kouyanoblog.blog61.fc2.com/blog-entry-4431.html
・http://muhanho.blog40.fc2.com/blog-entry-2572.html
・http://nanohana0103.blog.fc2.com/blog-entry-317.html
・http://originscenery78121.seesaa.net/article/261315791.html
・http://riksblog.fool.jp/public_html/mt5/anime/now/
2012/03/p4-25.html
・http://scriptor.blog54.fc2.com/blog-entry-1653.html
・http://seigenjikan.blog2.fc2.com/blog-entry-2338.html
・http://seraraku2.blog59.fc2.com/blog-entry-6612.html
・http://shino134.blog22.fc2.com/blog-entry-3298.html
・http://shirokuro585.blog109.fc2.com/blog-entry-1002.html
・http://sigerublog.blog137.fc2.com/blog-entry-875.html
・http://soliloquy0503.blog.fc2.com/blog-entry-9116.html
・http://spadea.jugem.jp/?eid=15326
・http://subcul.jugem.jp/?eid=2459
・http://timediver2010.blog27.fc2.com/blog-entry-2744.html
・http://vnr2034.blog133.fc2.com/blog-entry-1620.html
・http://waitingfrofresong.blog.fc2.com/blog-entry-136.html
・http://wondertime.blog31.fc2.com/blog-entry-1914.html
・http://zspecium.blog.fc2.com/blog-entry-390.html

もしよろしければ、拍手ボタンをポチッと押して下さいm(_ _)m 管理人のモチベーションが上がります(ぉ 
Web拍手に頂いたコメントは後日『Web拍手レス』にてお返事させていただきます。

Comment

NoTitle 

こんにちは

アニメ最終回…ノーマルエンディングで一応きれいに終わりましたね。
いつも、鋭い考察、感想を楽しみにしていたの寂しく思います。

原作をプレイしていると「あのイベントも見たかった!」と、いう感想も出てきてしまっていますけれど、見たいイベントTRUEで追加されてほしいなぁ。

おっしゃる通り、P4の裏テーマは情報、メディアリテラシーだそうです。(前期OPが思いっきり主張してて裏?ってかんじですけど。オーディオコメンタリーで岸監督がおっしゃっていましたけどw)

TRUEについては触れません。

半年間お疲れ様でした。
  • posted by 34 
  • URL 
  • 2012.03/31 18:18分 
  • [Edit]
  • [Res]

 

最終話の感想お疲れ様です!
足立も、あそこまで性格がひねくれていなければ、仲間だったかもしれませんねー。(ただ、それだと事件が起こらないですが)


前に書いた話が誤解を招きかけない書き方でしたので、すみません、訂正します(汗)

ペルソナは今回アメノサギリが語ったように、制御できている自分のシャドウですね。

悠がペルソナを使えるようになった原因は、実は頑張ればぎりぎり考察できますので(本当にぎりぎりですが(笑))また考察してみてはいかがでしょうか。

ヒントは悠だけが特別ではないということでしょうか。
他にも悠と同じ能力を持っていた人がいます。
その人との共通点を見つければ、、、もしかしたら何かが見えてくるかもしれません。

本当に今まで素晴らしい考察をしてくださり、ありがとうございました!
  • posted by 通りスガリー 
  • URL 
  • 2012.03/31 18:18分 
  • [Edit]
  • [Res]

>34さん 

こんばんは。

>いつも、鋭い考察、感想を楽しみにしていたの寂しく思います。
ありがとうございます。アニメの方も、未放映話のTRUE ENDがあるようですが、アニメとしては綺麗な形で一区切りついたので良かったなと思いますね。

>見たいイベントTRUEで追加されてほしいなぁ。
まだ原作のイベントもストックがあるようですね。それがどういうものなのか私には分かりませんが、34さんが求めるイベントならきっと私も楽しめそうなので、入ってくれると良いなと思いますw

>おっしゃる通り、P4の裏テーマは情報、メディアリテラシーだそうです。
そうですか。時間を見つけて前期のOPを観返してきたいと思います。

情報が氾濫しているこの時代、正しい情報、必要な情報を受け手側が判断して取捨選択するがあると言われています。そう考えると、いろいろな情報があった中で、正しい情報、必要な情報だけをちゃんと取捨選択出来た結果が、今の悠であり、その成果が菜々子の生存だったり、黒幕・ラスボスの打倒だったりしたのかなと思いますね。

>半年間お疲れ様でした。
こちらこそ頻繁にコメントいただきましてありがとうございました。原作未プレイなので至らぬ点も多々あったかとは思いますが、最後までお付き合いくださいましてありがとうございました。
  • posted by 月詠 
  • URL 
  • 2012.03/31 18:47分 
  • [Edit]
  • [Res]

>通りスガリーさん 

こんばんは。

>最終話の感想お疲れ様です!
いえいえ、皆様、お疲れさまでした。

>足立も、あそこまで性格がひねくれていなければ、仲間だったかもしれませんねー。
そうですね。彼が悠を中心にコミュニティを築くことによって、捻くれていた性格が矯正されて「現実も悪くないのかもな」って言ってくれるようになったかもしれませんw

そうなると、別の犯人が必要になっちゃうでしょうけど、それはそれで「警察とのパイプ」という重要なポジションが足立にはあるので、そういう展開もアリだったのかもしれませんね。

>悠がペルソナを使えるようになった原因は、実は頑張ればぎりぎり考察できますので
かなりギリギリなんでしょうね、ソレw 何となくそんなオーラを感じます。

実際、彼がペルソナを使えるようになった要因ってのはほとんど分からないんですよね。まぁ、1話から彼が使えるようになるまでの短い数話の間を一気に観返せば何かヒントがあるだとは思いますが。

>他にも悠と同じ能力を持っていた人がいます。
このヒントが実は余計に分からなかったりw 劇中だと当然悠以外に悠と同じ特殊性があったキャラはいなかったんですよね。強いて挙げるなら、入ると同時に自らの分身を生み出し、ペルソナを制御した足立なんでしょうけど……。

でもまぁ、時間は8月までたっぷりありますし、少しずつ観返して考えて観たいですね。

>本当に今まで素晴らしい考察をしてくださり、ありがとうございました!
こちらこそ最後までお付き合い下さり、ありがとうございました。

  • posted by 月詠 
  • URL 
  • 2012.03/31 19:03分 
  • [Edit]
  • [Res]

 

こんばんは
ペルソナ4の「TrueEnd」にあたるエピソード+総集編がいくつかの映画館で上映中ですね
所謂お祭りイベントですけど…
  • posted by  
  • URL 
  • 2012.06/17 02:09分 
  • [Edit]
  • [Res]

>匿名希望さん 

こんにちは。

それは初耳でした。ただ、調べてみたらちょっと身近な場所に上映場所がないかな―と言う感じですかねw もう少し身近な場所だったら行けるんですけど、上映場所も少ないですし、おっしゃられるようにお祭りイベントですかね。
  • posted by 月詠 
  • URL 
  • 2012.06/17 09:37分 
  • [Edit]
  • [Res]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

Trackback

トラックバック URL
»»この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ペルソナ4 第25話 「We Can Change The World」

・・・世界は変えることができる・・・

ペルソナ4 最終回

遂に迎えた真犯人との直接対決だが、相手の圧倒的な力にみんなが押されて いた。 悠は仲間たちとマヨナカテレビの真実に向かって行く。 足立は悠と同じペルソナ・イザナギを持っています。 足立は圧倒的な力で、悠たちを翻弄して行きますが・・・ ベルベットルー...

ペルソナ4 第25話(最終回) 「We Can Change The World」 感想

最後はちょっと駆け足な気もしましたが、綺麗に終わらせましたね。 面白かったですよ。 True END Episodeは約5ヶ月ですが、そちらも楽しみにしています。 ついに迎えた真犯人との直接対決。悠は仲間...

P4(ペルソナ4)第25話(最終回)の感想レビュー

サブタイトルは『We Can Change The World』です。 1対1のガチバトルに突入した鳴上先生ですが、無事に勝利を掴むことは出来るのか?なラスボス戦回でした。 足立のトークショーマジ長い&浸りまくってるなぁwという感じでしたが、言わせるだけ言わせた後で、お前だけ...

アニメ感想 ペルソナ4 最終話「We Can Change The World」

「皆がいたから、俺はここまで来られたんだ!」

ペルソナ4 第25話 「We Can Change The World」 感想

真犯人を倒したと思ったら、真の敵アメノサギリ 真の敵アメノサギリを倒したと思ったら、続きはブルーレイでね!商法だったでござるw まだまだこれからの展開が楽しみなペルソナ4、第25話、最終回でした

ペルソナ4:25話感想&総括

ペルソナ4の感想です。 仲間の力、いざ結集。

「Persona4 the ANIMATION」第25話(終)

本当のエンディングは、これから… 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201203300001/ ペルソナ4 7【完全生産限定版】 [Blu-ray] アニプレックス 2012-05-23 売り上げランキング : 45 Amazonで詳し...

Persona4 the ANIMATION 第25話(終) 『We Can Change The World』

このロリコンどもめ!!まさかのラスボスにベアード登場。因みにビホルダーという名前は「D&D(ダンジョンズアンドドラゴンズ)」の版権が絡むので言っちゃいけません。昔ジャンプの漫画「BASTARD!! -暗黒の破壊神-」で使って大変なことになりました。 最後にこのモン...

ペルソナ4 第25話・最終回 感想「We Can Change The World」

ペルソナ4ですが、ラスボスの闇も思いのほか深いです。 現実よりも虚構に呑みこまれていきますが、鳴上悠たちも苦戦します。 それでも少女探偵や雪子姫の説教もあり、何とかしのぎますが、更なる黒幕の巨大な目玉が登場します。(以下に続きます)

persona4 the ANIMATION #25

【We Can Change The World】 ペルソナ4 6【完全生産限定版】 [Blu-ray]出演:浪川大輔アニプレックス(2012-04-25)販売元:Amazon.co.jpクチコミを見る 現実はゲームじゃない!(こちらも最終回で ...

ペルソナ4 ♯25 「We Can Change The World 」 感想

ついに真犯人に辿り着いた悠達・・・ この事件の根源に立ち向かう悠だったが、足立のペルソナも悠と同じイザナギタイプだった。 真のイザナギ使いを決める戦いが今始まる!!

アニメ「P4 Persona4 the ANIMATION」 第25(最終)話 We Can Change The World

電撃マ王 2012年 05月号 [雑誌](2012/03/27)不明商品詳細を見る 帰ろう、足立さん。 「P4 Persona4 the ANIMATION」第25話のあらすじと感想です。 現実。 (あらすじ) 頑張って無駄だって、さっさと諦...

ペルソナ4 -Persona4- 第25話(最終話)「We Can Change The World」

あらすじ・・・ついに迎えた真犯人との直接対決。悠は仲間と共に、 様々な謎を秘めた連続殺人事件の真相に迫っていく。

ペルソナ4 最終回 「We Can Change The World」 感想

ちょっ、閣下なにしてはるんですか(笑)

Persona4 the ANIMATION #25「We Can Change The World」

「現実が最低なのはお前だけじゃない、現実と向き合え!」 悠vs足立! そして、霧を統べ 人の意に呼び起こされしもの アメノサギリの登場 マヨナカテレビに隠されていた真実とは――…    【第25話 あら...

P4 -ペルソナ4-  第25話 感想

 P4 -ペルソナ4-  第25話 最終回 『We Can Change The World』 感想  次のページへ

『Persona4 the ANIMATION』#25「We Can Change The World」(最終回)

「俺は一人じゃない。 あいつらと一緒なら、世界だって変えられる。 俺たちは諦めない!!」 足立を追ってテレビの世界に入った鳴上たちは、各々戦闘入り! 本物の足立は鳴上が受け持ったが、なかなか手ごわい上に、 あれやこれやと自論を展開してくるので…正直ウ...

ペルソナ4 第25話 「We Can Change The World」

あいつらと一緒なら、世界だって変えられる――!  真犯人だった足立と対決。 現実が上手くいかず 自分勝手な理屈を並び立てる足立。 悠は 現実と向き合え!と説法返しですw  ▼ ペルソナ4 第25話...

Persona4 the ANIMATION 25話(最終回)

さあ、帰ろう。 というわけで、 「Persona4 the ANIMATION」25話(最終回) そして現実への巻。 お約束という王道。 まさかの真ボス登場には驚きましたが、 仲間たちの絆が導いた奇跡の復活と、 ...

ペルソナ4アニメーション 25話感想

アバン・OPともになし。最終回となる今回は、いきなりテレビ空間にて足立とのバトルから始まります。 嫌な現実なんて見ないで、信じたいものだけ見て生きりゃいい。その方が楽だろ?アヒャヒャ。――…って、...

Persona4 the ANIMATION #25 We Can Change The World

ペルソナ4 最終話。 悠たちは世界を救うことができるのか。 以下感想

一応、地上波版はここで最終回。今やってるAT-X版は、7月31日までなら真ED先行放送確定かな?? ペルソナ4 the ANIMATION 最終第25話『We Can Change The World』

 頑張ったって無駄(×100回)、無駄ァ♪  さっさと、諦めればいいんだよ。  邪悪な表情を浮かべながら、マガツイザナギで悠のイザナギを圧倒する足立。  しかも彼は、現実に目を向けたって嫌な事ばかり...

persona4 the ANIMATION(ペルソナ4・アニメ) 25話感想(終)

ペルソナァァァァーーッッ!!

どんな時もお尻と股間を忘れない(Persona4とかストライクウィッチーズ劇場版とか)

【アマガミSS+ 第13話(最終回)】美也の温泉滞在記の巻。メイン&サブヒロインほぼフル出場のオールスター感謝祭的な温泉回wキャラが登場しすぎて美也さんの主役回とは言い難い ...

「ペルソナ4 the ANIMATION」第25話 最終回

【We Can Change The World.】 鳴上先輩オッス!オッスオッス! Amazon.co.jp ウィジェット

ペルソナ4 the ANIMATION #25 「We Can Change The World」

こんばんは、マサです。 ラストなのに、遅くなりました。 加えて、書きたいことだらけだけど、ちょっとムリ・・・かなと。 また、4月なので「色々」と書きたいことがあるんですけ ...

ペルソナ4 the ANIMATION 第25話 「We Can Change The World」

最初は番長を軽く殺せそうな程押していた足立だが、無駄に口論を始めた結果… リア充番長に非リア充足立の言葉など通じるわけもなく、逆に論破(?)され負けました。 リア充軍団に勝てるわけなかったね、しかたないね。

ペルソナ4 第25話(最終話)「We Can Change The World」

ペルソナ4 第25話(最終話)「We Can Change The World」 「俺は1人じゃない!」 とうとう、足立との決戦に決着。 だが・・・ 公式HPより ついに迎えた真犯人との直接対決。悠は仲...

左サイドMenu

カウンター

祝2,000,000Hit達成♪ とうとう大台突破。これも皆様のおかげでございます(o ̄∀ ̄)ノ

カレンダー(月別)

09 ≪│2019/10│≫ 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

ガンダムシリーズ

◆新機動戦記ガンダムW◆

新機動戦記ガンダムW BD-BOX1

OVA・続編含め『新機動戦記ガンダムW』全般を応援してます♪
ガンダムW関連 まとめページ
感想、用語、企画など全ページへのリンクがあります。ご利用ください

2016/05/04 12巻分の用語一部更新しました

《用語》
用語集
ア行
カ行
サ行
タ行
ナ行
ハ行
マ行、ヤ行
ラ行、ワ行
英字行
登録キャラクター名一覧
キャラクター詳細
ア行
カ行
サ行
タ行
ナ行
ハ行
マ行、ヤ行
ラ行、ワ行、英字行

メカニック図鑑
メカニック用語詳細
年表

《企画》
年代考察
勢力図まとめ
AC暦におけるMS史(コラム)

◆ガンダムモビルスーツバイブル◆

GMB001_20190322210057cc3.jpg

まとめページ

◆機動戦士ガンダム00◆

GUNDAM OOQ
用語集などは特にありませんが、劇場版の感想は全十回というボリュームでコラム風に書かせていただきました。よろしければどうぞ。
ガンダム00関連 まとめページ

◆鉄血のオルフェンズ◆

81TuctHvlZL__CR88,0,1536,1536_
各回の感想のまとめだけ。
鉄血のオルフェンズ まとめページ

米山シヲ 応援エリア

◆梅衣堂ひよと旦那様の野望◆

1-2-2

『梅衣堂ひよと旦那様の野望』待望第1巻発売中

月刊少年ガンガンで現在連載中『梅衣堂ひよと旦那様の野望』を応援中。『ブラクロ』と同じように独自用語集も製作中!

公式特設ページ

独自用語集
第1巻

◆ブラッディ・クロス◆

ブラクロサムネ

月刊少年ガンガンで完結した『ブラッディ・クロス』をプッシュしています♪ 独自用語集あります! 

公式特設ページ

独自用語集
キャラ紹介-混血勢力-
キャラ紹介-天使勢力-
キャラ紹介-堕天使勢力-
キャラ紹介-アルカナ-
キャラ紹介-神葬-
キャラ紹介-その他-


最近の記事

最近のコメント

<>+-

最近のトラックバック

メールフォーム

管理人に何か言いたいことがあれば、ここからどうぞ♪

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード

QR

友達申請フォーム

FC2ブログランキング

FC2のブログランキングに参加中♪ 気に入っていただけたなら、一押しして下さい。

FC2ブログランキング

右サイドメニュー

義援金募集

FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして

検索フォーム

管理人から一言

お知らせ

管理人からのお知らせです。

PS4ゲーム『JUDGE EYES:死神の遺言』プレイ中。

『ガンダムW FT』コンテンツは不定期更新です。現在は11巻分までの感想と用語の更新を完了しました。

『ブラッディクロス』全12巻発売中! 用語集更新は全て無事終了致しました。

文庫・単行本(キャラクターノベル含む、ライトノベル含まず)の著者名別リストに移行しました。さすがに増え過ぎた(笑


今期の週間感想予定
日曜日:-
月曜日:-
火曜日:-
水曜日:-
木曜日:-
金曜日:-
土曜日:-
不定期:ピックアップ感想、ゲーム感想、模型関連など


場合によっては急遽順序等の変更もありますが、ご理解いただけますようよろしくお願いします。

管理人プロフィール

月詠

Author:月詠
埼玉県某所在住の34歳社会人。性別♂。名前は「つくよみ」と読む。

世知辛い世の中で嬉しいことも泣きたいこともサブカルチャーたちに救われています
詳細な自己紹介はこちら(2019版)。それ以前のものはこちら

コメント・TB、相互リンク受付中。下記の運営方針に詳細を記載しております。無条件に大歓迎と言うわけではありませんが、大部分の方は歓迎出来るかと思いますw

以下、ショートカット。
◇閲覧上の注意や規約など
Blogの運営方針・利用規約
他のBlog様と大差ない運営・利用規約ですが、初閲覧の方は簡単でも良いので読んで頂けるとありがたいです。閲覧、コメント等される方は利用規約を了承していると判断させていただきますので、「知りませんでした」は通用致しません。


◇アニメについて
アニメの評価について
歴代アニメ評価一覧
アニメアウォーズ! 受賞一覧


◇ゲームについて
ゲームの評価について
歴代ゲーム評価一覧


◇ブックス(本)について
小説の評価について
ブックレビュー一覧
   あ行の著者
   か行の著者
   さ行の著者
   た行の著者
   な行の著者
   は行の著者
   ま行の著者
   や行の著者
   ら行の著者
   わ行の著者
   複数の著者・その他
 文庫・単行本(キャラノベ含む、ラノベ含まず)は上気の著者名別になっています。

◇プラモデルについて
完成品一覧(グレード別)
完成品一覧(シリーズ別)
完成品一覧(トイ、フィギュア等)

◇その他リスト一覧はこちら
テレビ&シネマ
CD&DVD&BD
TYPE-MOON関連

ツリー式カテゴリー

openclose

アニプレッション!!

アニプレッション!!
アニプレッション!!とは

アニプレッション!!は、アニメブロガー達の合同ブログです。アニメについての問題意識・感想・考察・批評等の諸言説を発表し、アニメを語る事の面白さを伝える事が目標です。自分も末席に加えさせていただいております。
現在活動停止です

以下、アニプレッション!!メンバーのBlogです。

相互リンク(更新停止)

残念ながら一年以上の更新がない相互リンク先の方々です。サイト消滅の場合は消させていただきます。いずれまた復活し、交流が持てることを期待しています……