FC2ブログ

刹那的虹色世界

アニメ・ゲームのあらすじを主体とした感想や批評のブログ。時折、日記・声優・コミック・スポーツなど幅広くレビューしています。リンクフリー、相互リンク大歓迎♪

Entries

あの夏で待ってる 総評

あの夏で待ってる 総評

両親が他界したため、祖父を頼って姉と共に田舎に移り住んだ霧島海人(きりしま・かいと)はもう高校一年生。頼りにした祖父も亡くなったが遺したくれた8mmのカメラがお気に入りで、暇さえあれば撮影ばかりしていた。

当然撮影に適した場所は無いかとロケハンも欠かさなかったが、ある日の夜、ダムでロケハンをしていた時強烈な光に巻き込まれて――

その時の記憶が曖昧な彼の前に現れたのは、不思議な雰囲気を持った美人の先輩・貴月イチカ(たかつき・-)。一目惚れのように彼女に惹かれていく海人は、親友・石垣哲朗(いしがき・てつろう)の手を借りて自主映画撮影の名目で協力してもらうことになり、お近づきに。さらにさらに、行くところがないと言う彼女に対してふとした偶然から、自分の家で居候をしてもらうことになった。

そんな海人が中学のころに引っ越してきた時から想いを寄せる哲朗の幼馴染・谷川柑菜(たにがわ・かんな)、そんな柑菜を幼馴染の哲朗は密かに想いながらも海人への恋を応援し、そんな哲朗に柑菜の友人・北原美桜(きたはら・みお)は恋をしている。

そして、そんな彼らをまるで傍観者のように映画撮影の主導権を握る友人・山乃檸檬(やまの・れもん)

不思議な体験と不思議な出逢いによって始まるたった一度の忘れなれない夏休み。

「その夏の思い出が、僕達の永遠になる」



そんな『あの夏で待ってる』の私の評価ですが...

S

です。(SS、S、A~Dの評価)


では、詳細は続きをどうぞ。

※あくまで評価は、私的主観によるものですのでご了承下さい。

あの夏で待ってる 総評
放映日:2012年01月~2012年03月(全12話) 
私が視聴した放映局:TOKYO MX、テレビ埼玉

総評
※評価についてはこちらからどうぞ→評価について。


シナリオ構成 評価:A
最後に向けてはかなり駆け足だったと言うか、さすがにMIBネタがマジだったと言うのが予想外過ぎたと言うかwww エンターテイメントとしてはまさかのカーアクション、ロボットアクションがあってとても面白かったのだけど、前述のように駆け足感は否めないだろう。

どういう意図でこうなったのかは分からないのでアレコレ言うのもあれなのだが、私見では「12話で纏めたと言うより、12話なんて尺が足りないんだからいっそハッチャけちゃおうぜ?」的な印象。IFの話をしても仕方がないが、2クールあったらMIBネタは出てこなかったような予感もある(分からないけどね、真相は。ただあくまで私見として)。

もちろんそこには上記のように良い意味もあるんだけどね。


演出 評価:S
一人ひとりの恋心を中心に掘り下げられる心理描写と言うのは、とても丁寧で、とても綺麗。心理描写ってことはキャラクターの内面を描くわけだから、どうしてもこうドロドロとした部分や汚い部分があることがリアルなんだけど、意図的にそういう部分は避けていたように思える。

本当に恋心の綺麗な部分を中心にスポットを当てた感じは、見ていて清涼感があってとてもよかったと思う。


作画 評価:A
とてもいい。特に柑菜が可愛い(マテ まぁ、作画のクオリティとしてはかなり高水準だったと思う。Sに至らないのは、ただ良いだけではなくその上でのプラスアルファがやや感じられなかっただけ。


CAST 評価:S
若手から中堅を中心に固められたキャストは、そうとは思えないほどキャラクターとの一体感があったように思う。イチカ役の戸松遥さんはともかく、海人役の島崎信長さん、そして『ラグランジェ』含め今期一気にその知名度と人気を飛躍的に伸ばした柑菜役の石原夏織さんと言う新人から、メインキャストの中に阿澄佳奈さん、そして田村ゆかりさんがおり、非常にバランスがいいように思えた。


OP/ED/BGM 評価:S
OP・ED共に個人的にかなり好み。EDは入り方に工夫がみられる回も多く、余韻と言うものがとても楽しめる仕様になっていたと思う(まぁ、さすがにEDの余韻では『あの花』ほどではないが)。


総合 評価:S
内訳:S評価(5点)×3+A評価(4点)×2=S(4.6点)
今期における最大の注目を受けたであろう作品。既存の『おねがい』シリーズに通じる部分がある(設定的には結局最終的に繋がってはいない説が有力)こともあって、かつての同シリーズを楽しんでいた方々の食指を見事に動かしたと言うべきだろうか。

「宇宙人」という設定を最大限に生かしつつ、思春期の男女の恋心をとても綺麗な部分で描き切った印象。そういう意味では設定や描きたい心理が両立していた意味では、『輪廻のラグランジェ』よりも出来は良い(もちろん、その部分だけなら、である)。

視聴者の人気を一身に浴びた(?)であろう、柑菜の結末に対して賛否両論はありそうだが、そういう部分も含めて今期、話題を最も多くかっさらったのは間違いなくこの作品だっただろう。


私は『おねがい』シリーズを視聴していないので、最初はタイトル名のこともあって『あの花』に近いような作品なのかと思ったが、全然違ったw そういう意味で、当初勝手に抱いていたイメージをとても綺麗に壊してくれたすばらしい作品だった。同じようにオカルト要素(宇宙人、幽霊)を使った恋心を描いた作品だが、私は『あの夏』の方が良いなーと思った。もちろん、どちらもとても高水準で素晴らしい作品なのだけどね。






おまけ
ベストキャラTOP3
1位 谷川柑菜
と言うか、このキャラを差し置いてベストキャラっているのか? って思うくらいw 私としては、放映前にチェックしたHPでのビジュアル的にも好きだったし、1話放映した時の性格的にも好きだった。そういうキャラが劇中で報われないと言うのは複雑な心境だけど、最後まで真っ直ぐで真っ直ぐで真っ直ぐなキャラだったからそれはそれでアリかと思った。


2位 りのん
マスコットキャラw 同時期に実は『おねがいティーチャー』の再放送をしていて視聴したのだが、こちらの方が愛嬌があって可愛いね。


3位 山乃檸檬
最後のMIBネタがなかったら選ばなかったなぁwww それくらいインパクトがある。同時に、それが逆に言えば彼女がどれだけイチカを親友として想い、そして先輩として海人たちを心配していてくれたかが分かるシーンだったと思うんだよね。MIBネタが本当に良かったかどうかは賛否両論あると思うのだけど、檸檬の心理描写の暗示と言う意味ではMIBネタは最高にハマったのだと思う。

Comment

ゼロ 

最終回を見てなんかすごくいい作品を見たんだという感覚になりましたね、先輩とは別れたんだけど一緒に過ごした思い出は永遠のものになる、また再会したのかはわかりませんがあのラストーシーンはいろんな解釈ができるから楽しいですね
自分は柑菜が不憫に見えてしまい、主役の二人を応援できないと思ってしまいました、柑菜は昔から海人のことが好きで思いを伝えたいのに、思いを伝えたら海人には本当に好きな人ができた、こんなことされると柑菜を応援したくなりますね、でもそれが柑菜の青春の一ページになったのでしょうね
このような夏を送りたい気持ちになる作品でした、自分もこんな出会いと別れをしてみたいな~
  • posted by  
  • URL 
  • 2012.03/31 02:14分 
  • [Edit]
  • [Res]

>ゼロさん 

こんばんは。

>最終回を見てなんかすごくいい作品を見たんだという感覚になりましたね
そうですね、とても良い作品だったと思いますね。

>また再会したのかはわかりませんがあのラストーシーンはいろんな解釈ができるから楽しいですね
まぁ、あのラストの解釈は結構みんな同じだと思いますけどねw お姉さんの七海がイチカが帰った後で持ってきたお土産の服を着ているわけですから、もうこれは解釈も何もない気もしますがwww

>自分は柑菜が不憫に見えてしまい~
まぁ、そこは私は割り切ってますね。あそこで逆に柑菜が報われるような形になるのも、個人的にはどうかと思ってしまうわけで。

もし柑菜が海人と結ばれるのはやっぱりどうなの?って思っちゃうんですよね。ほとんど一目惚れだけど、帰る・帰らないに関わらず海人が一途に想ってくれていた方がいいと思ったので(割り切って新しい幸せを探すのもいいのだろうけど)。

逆に海人が哲朗と結ばれるのも、それはそれでどうなの?ってなっちゃいそうですしね。そう考えると、柑菜って実は最初から結ばれないことは明白だった気はするんですよね。

凄く可哀想だったけど、それはもしかしたらみんな最初から勘付いていたことなのかも? とも思っちゃいますwww
  • posted by 月詠 
  • URL 
  • 2012.03/31 18:56分 
  • [Edit]
  • [Res]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

Trackback

トラックバック URL
»»この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

同日放送で損をしていた(男子高校生の日常とかあの夏で待ってるとか)

【特命戦隊ゴーバスターズ 第5話】バイクvs自転車、の巻。リュウジさんのウィークポイントが熱暴走なのは知っていましたが、まさか性格まで豹変するとは思いませんでした。しかし ...

左サイドMenu

カウンター

祝2,000,000Hit達成♪ とうとう大台突破。これも皆様のおかげでございます(o ̄∀ ̄)ノ

カレンダー(月別)

10 ≪│2019/11│≫ 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

ガンダムシリーズ

◆新機動戦記ガンダムW◆

新機動戦記ガンダムW BD-BOX1

OVA・続編含め『新機動戦記ガンダムW』全般を応援してます♪
ガンダムW関連 まとめページ
感想、用語、企画など全ページへのリンクがあります。ご利用ください

2016/05/04 12巻分の用語一部更新しました

《用語》
用語集
ア行
カ行
サ行
タ行
ナ行
ハ行
マ行、ヤ行
ラ行、ワ行
英字行
登録キャラクター名一覧
キャラクター詳細
ア行
カ行
サ行
タ行
ナ行
ハ行
マ行、ヤ行
ラ行、ワ行、英字行

メカニック図鑑
メカニック用語詳細
年表

《企画》
年代考察
勢力図まとめ
AC暦におけるMS史(コラム)

◆ガンダムモビルスーツバイブル◆

GMB001_20190322210057cc3.jpg

まとめページ

◆機動戦士ガンダム00◆

GUNDAM OOQ
用語集などは特にありませんが、劇場版の感想は全十回というボリュームでコラム風に書かせていただきました。よろしければどうぞ。
ガンダム00関連 まとめページ

◆鉄血のオルフェンズ◆

81TuctHvlZL__CR88,0,1536,1536_
各回の感想のまとめだけ。
鉄血のオルフェンズ まとめページ

米山シヲ 応援エリア

◆梅衣堂ひよと旦那様の野望◆

1-2-2

『梅衣堂ひよと旦那様の野望』待望第1巻発売中

月刊少年ガンガンで現在連載中『梅衣堂ひよと旦那様の野望』を応援中。『ブラクロ』と同じように独自用語集も製作中!

公式特設ページ

独自用語集
第1巻

◆ブラッディ・クロス◆

ブラクロサムネ

月刊少年ガンガンで完結した『ブラッディ・クロス』をプッシュしています♪ 独自用語集あります! 

公式特設ページ

独自用語集
キャラ紹介-混血勢力-
キャラ紹介-天使勢力-
キャラ紹介-堕天使勢力-
キャラ紹介-アルカナ-
キャラ紹介-神葬-
キャラ紹介-その他-


最近の記事

最近のコメント

<>+-

最近のトラックバック

メールフォーム

管理人に何か言いたいことがあれば、ここからどうぞ♪

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード

QR

友達申請フォーム

FC2ブログランキング

FC2のブログランキングに参加中♪ 気に入っていただけたなら、一押しして下さい。

FC2ブログランキング

右サイドメニュー

義援金募集

FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして

検索フォーム

管理人から一言

お知らせ

管理人からのお知らせです。

PS4ゲーム『JUDGE EYES:死神の遺言』プレイ中。

『ガンダムW FT』コンテンツは不定期更新です。現在は11巻分までの感想と用語の更新を完了しました。

『ブラッディクロス』全12巻発売中! 用語集更新は全て無事終了致しました。

文庫・単行本(キャラクターノベル含む、ライトノベル含まず)の著者名別リストに移行しました。さすがに増え過ぎた(笑


今期の週間感想予定
日曜日:-
月曜日:-
火曜日:-
水曜日:-
木曜日:-
金曜日:-
土曜日:-
不定期:ピックアップ感想、ゲーム感想、模型関連など


場合によっては急遽順序等の変更もありますが、ご理解いただけますようよろしくお願いします。

管理人プロフィール

月詠

Author:月詠
埼玉県某所在住の34歳社会人。性別♂。名前は「つくよみ」と読む。

世知辛い世の中で嬉しいことも泣きたいこともサブカルチャーたちに救われています
詳細な自己紹介はこちら(2019版)。それ以前のものはこちら

コメント・TB、相互リンク受付中。下記の運営方針に詳細を記載しております。無条件に大歓迎と言うわけではありませんが、大部分の方は歓迎出来るかと思いますw

以下、ショートカット。
◇閲覧上の注意や規約など
Blogの運営方針・利用規約
他のBlog様と大差ない運営・利用規約ですが、初閲覧の方は簡単でも良いので読んで頂けるとありがたいです。閲覧、コメント等される方は利用規約を了承していると判断させていただきますので、「知りませんでした」は通用致しません。


◇アニメについて
アニメの評価について
歴代アニメ評価一覧
アニメアウォーズ! 受賞一覧


◇ゲームについて
ゲームの評価について
歴代ゲーム評価一覧


◇ブックス(本)について
小説の評価について
ブックレビュー一覧
   あ行の著者
   か行の著者
   さ行の著者
   た行の著者
   な行の著者
   は行の著者
   ま行の著者
   や行の著者
   ら行の著者
   わ行の著者
   複数の著者・その他
 文庫・単行本(キャラノベ含む、ラノベ含まず)は上気の著者名別になっています。

◇プラモデルについて
完成品一覧(グレード別)
完成品一覧(シリーズ別)
完成品一覧(トイ、フィギュア等)

◇その他リスト一覧はこちら
テレビ&シネマ
CD&DVD&BD
TYPE-MOON関連

ツリー式カテゴリー

openclose

アニプレッション!!

アニプレッション!!
アニプレッション!!とは

アニプレッション!!は、アニメブロガー達の合同ブログです。アニメについての問題意識・感想・考察・批評等の諸言説を発表し、アニメを語る事の面白さを伝える事が目標です。自分も末席に加えさせていただいております。
現在活動停止です

以下、アニプレッション!!メンバーのBlogです。

相互リンク(更新停止)

残念ながら一年以上の更新がない相互リンク先の方々です。サイト消滅の場合は消させていただきます。いずれまた復活し、交流が持てることを期待しています……