FC2ブログ

刹那的虹色世界

アニメ・ゲームのあらすじを主体とした感想や批評のブログ。時折、日記・声優・コミック・スポーツなど幅広くレビューしています。リンクフリー、相互リンク大歓迎♪

Entries

偽物語 総評

偽物語 総評

阿良々木暦(あららぎ・こよみ)を中心に起こっていた“怪異”は、その専門家で暦にとって先達でもあった忍野メメ(おしの・めめ)が街を去ったことで一つの区切りがついた。“猫”の怪異を抱えていた羽川翼(はねかわ・つばさ)の想いを知りながらそれでも二人の関係は変わらず、“蛇”の怪異に取りつかれた千石撫子(せんごく・なでこ)とは途絶えていた交流が再開。

“猿”の右手を二十歳まで抱えなければいけない神原駿河(かんばる・するが)はそれを隠しながらも前と変わらず、むしろパワーアップして生活し、今も“蝸牛”として徘徊している八九寺真宵(はちくじ・まよい)は出逢う度に暦のセクハラを受け、

“蟹”の怪異を背負っていた戦場ヶ原ひたぎ(せんじょうがはら・ひたぎ)とは恋人同士として着実にその絆を育んでいた。

そして始まる新しい物語。

本物と偽物を巡る物語の主人公は、暦が愛する二人の妹である火憐(かれん)月火(つきひ)を巡る物語。正義そのものを自称する彼女たちに降りかかる本物と偽物を考え直させる物語とは? そして暦の影に住まいながら半ば絶縁状態の吸血鬼の残りカスにして、いまや暦の半身・忍野忍(おしの・しのぶ)との関係は?



そんな『偽物語』の私の評価ですが...

A+

です。(SS、S、A~Dの評価)


では、詳細は続きをどうぞ。

※あくまで評価は、私的主観によるものですのでご了承下さい。

偽物語 総評
放映日:2012年01月~2012年03月(全11話) 
私が視聴した放映局:TOKYO MX、テレビ埼玉

総評
※評価についてはこちらからどうぞ→評価について。


シナリオ構成 評価:S
前作よりも哲学的に『本物と偽物の違い』を考えさせられる良い話だった。

しっかりとこの全11話と向き合う中で、本物とは何なのか、偽物とは何なのか、善悪とは、その精神とは……いろいろなことを考えさせる話だろう。

アニメはエンターテイメントであるので何も考えず楽しめる作品も良いが、30分と言う時間を費やして観るものであり、そこには原作者やアニメスタッフの意図やメッセージ性のある芸術でもあるので、こうしてアレコレ考えて、そして自分の糧に出来るかもしれない内容も悪くない。むしろ、それがいい。

エンターテイメントとしても悪くなく、その部分を両立している希有な作品だと言える。


演出 評価:A
相変わらずのシャフトポーズと独特の色彩感、場面切り替えの手法はさすが。より洗練され、数を抑えながらさらに効果的に使っている気がする(実際に少ないらしい)。

ただ、この手法はもうこの作品以外では使えないだろうなとも思っている。この作品であり、シャフトだから許容している部分があり、この色彩や手法を他の作品でやられるとまるで出鱈目に感じてしまうことだろう。
優秀だが、汎用性のない手法に見えて来た……。


作画 評価:A
全11話と言うことを考えた時にこれがどこまで妥当なのかどうか、というのはちょっと難しい。作画と言っても、画質や背景だけでなくて、本作の場合は独特のポーズやバース、モーションがあるためそこに対する労力がどれくらいに判断していいかが分からないのだ。

ただまぁ、場面的にクライマックスなシーンよりもエロさ(例えばハミガキシーンとか)に作画クオリティを重視している印象があるw 果たしてこれは良いのか悪いのか……。そりゃあ、視聴者として見ればサービスシーンが高クオリティで描かれているわけだから良いのだろうが、作品として観た時は……。


CAST 評価:A
キャストには大きな変更はなく、新キャラとして貝木、余弦、余接が加わったくらいか。

あとはアニメ化としては忍の声が代わったくらいか。もともとCDか何かで別のひとが演じていたため、アニメ用に別途選び直すのは不思議ではない。まぁでも代わる前があの人だったので、声優のイメージにキャラの心象が引っ張られないよう配慮したようにも見えなくもないが……。

ちなみに後任(と言っていいのか?)となる坂本真綾さんの声は個人的によく合っていたと思う。どうやら複数段階における大人形態(力を取り戻した状態?)があるようで、最終話で見せたハイティーン姿、さらに劇場版ではさらに大人な本来の“伝説の吸血鬼”キスショット・ハートアンダーブレード(だっけ?)としての姿もあるだろうから、そうした大人Ver.での神々しさや高潔さ、威圧感などを踏まえた上での坂本さんのキャスティングだと考えれば、異論を唱える人は少ないだろう。


OP/ED/BGM 評価:S
話数自体が少なく、またメインとなる話が『かれんビー』『つきひフェニックス』だけだったためOP自体の数は前作よりも少ない。もちろん、前作の意図をくみ取ればこうなるのは必然で、むしろそれに対し火憐と月火が大きく関与しない話用に通常OPを用意してバリエーションを頑張って保たせたと言ったところか。
楽曲のクオリティの高さは問うまでもない。


総合 評価:A+
内訳:S評価(5点)×2+A評価(4点)×3=A+(4.4点)
変わらない面白さを持つ物語シリーズの2012年初頭段階での最新TVシリーズ。

前作では次回予告用キャラと化していた(笑)火憐と月火にスポットが当たった話はバランス良く、また前作でとりあえず何らかの区切りがついたヒロインたちが後日談のように語られ描かれていくさまも良かった。

なにより、思想的・哲学的な要素が多分に盛り込まれていたことが個人的には良かった。30分という貴重な時間をこのアニメを観るためだけに消費するのだ。たかが30分のように思うかもしれないが、1日は24時間しかなく、それを考えればその1/48をこのアニメのために費やす。実際に睡眠時間や食事など生きるために必要不可欠な時間をここから除外すれば、一日に使える時間の1/20とか1/25を使っているわけ。

もちろん、それが終始エンターテイメントな作品で特に何も考えずに笑ったり、泣いたり出来る作品も悪くないし、私もそういう作品が大好きなんだけど、こうして30分画面と向き合って原作者やアニメスタッフがキャラクターやその口から台詞を通して私たちに示す思想や哲学がどんなものであり、そしてそれは私たちにとってどんなふうに糧となり得るのかを考えるのはとても意義のあることだと思っている。

まぁ、前作より評価が低いのはボリューム的な問題かw あともうちょっと月火に出番がwww






おまけ
ベストキャラTOP3
1位 忍野忍
ツンデレ吸血鬼めっ!(違 個人的には和解した入浴シーンも良いんだが、やっぱりハイティーン姿の最終話の堂々としたたち振る舞いや暦を信じるその絆に惚れる。


2位 阿良々木暦
怪異に関わっているのが自分の妹たちと言うことや忍野メメがいないことで今作の暦の立ち位置は、前作とはちょっと違うと思う。兄として、先達として妹たちと接し、そしてそんな妹たちを守るために立ち向かっていく彼の姿はカッコ良い……そこから差し引いて余りあるほどのド変態だけど(ノ∀`*)アイター

3位 阿良々木火憐
今作のメインポジション的存在。本来ならシリーズヒロインであろうひたぎの変わらないところとか評価したかったけど、それでも色んな意味で火憐はハイスペック過ぎたwww

Comment

 

同志Tの文章は何時も真摯に書かれてあるので読んでて感心します、特に簡易的な話しの流れなんて最高、ずっと見てたのに「あーそういうストーリーだったんだ」と思うことが度々(オイ

物語シリーズはまだまだ終わらないと小耳に挟みましたので、今後もTの感想で内容を補完していきたいと思います。
  • posted by ユT・Lキ 
  • URL 
  • 2012.03/22 18:55分 
  • [Edit]
  • [Res]

>ユT・Lキさん 

ちわっすw

>同志Tの文章は何時も真摯に書かれてあるので読んでて感心します
あざーっすwww まぁ真摯に書いてますが、その分だけダメな時は容赦なく辛辣に記事書いてますけどね(ノ∀`*)アイター

>特に簡易的な話しの流れなんて最高
ま さ かwww まぁ、他は長々と書いてるだけですからw あらすじは簡潔にって言うのが出来ているならそれでいいかとwww

>物語シリーズはまだまだ終わらないと小耳に挟みましたので
そうですねw 次は劇場版らしいですが、見に行くかな?(マテ 次の次のシリーズはTVアニメであることを祈りますw
  • posted by 月詠 
  • URL 
  • 2012.03/22 20:25分 
  • [Edit]
  • [Res]

ゼロ 

偽物語は自分的には少し前作に比べてパワーダウンした印象がありましたが、いつもと変わないキャラとの掛け合いがあり、暦さんの変態ぶりに拍車がかかっているような(笑)でも今の時代偽物と本物の区別がわからない時代にこのような話が見ると気が付くことが多く、テレビで見ているとホントかよと思うこともあるので、自分でそこを見分けることも必要かなと感じます、でもあんな風に語れる自信はありませんが(汗)
次は傷物語が待っていますが、まどかマギカと同時上映だったらいいなと思っていますが、まぁーそんなことしたら見ているこっちが疲れますね
  • posted by  
  • URL 
  • 2012.03/23 00:54分 
  • [Edit]
  • [Res]

>ゼロさん 

こんにちは。

私も化物語以上だったとは思いませんけどね。実際に評価も化物語よりワンランク下ですから。

ただ、そうした化物語が持っていたパワフルな感じは薄れてしまいましたが、その分哲学的な要素が強かったのは個人的に好印象でした。

『まどマギ』と同時上映は私も避けて欲しいですねw たぶん客層が微妙に違うと思うのでやらないとは思いますがw
  • posted by 月詠 
  • URL 
  • 2012.03/23 12:35分 
  • [Edit]
  • [Res]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

Trackback

トラックバック URL
»»この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

偽物語

作品情報ジャンル怪異、青春原作ライトノベル (講談社BOX)原作者西尾維新監督新房昭之制作会社シャフト放送期間2012年1月-3月話数全11話キャスト神谷浩史喜多村英梨井口裕香斎藤千和

左サイドMenu

カウンター

祝2,000,000Hit達成♪ とうとう大台突破。これも皆様のおかげでございます(o ̄∀ ̄)ノ

カレンダー(月別)

07 ≪│2019/08│≫ 09
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

ガンダムシリーズ

◆新機動戦記ガンダムW◆

新機動戦記ガンダムW BD-BOX1

OVA・続編含め『新機動戦記ガンダムW』全般を応援してます♪
ガンダムW関連 まとめページ
感想、用語、企画など全ページへのリンクがあります。ご利用ください

2016/05/04 12巻分の用語一部更新しました

《用語》
用語集
ア行
カ行
サ行
タ行
ナ行
ハ行
マ行、ヤ行
ラ行、ワ行
英字行
登録キャラクター名一覧
キャラクター詳細
ア行
カ行
サ行
タ行
ナ行
ハ行
マ行、ヤ行
ラ行、ワ行、英字行

メカニック図鑑
メカニック用語詳細
年表

《企画》
年代考察
勢力図まとめ
AC暦におけるMS史(コラム)

◆ガンダムモビルスーツバイブル◆

GMB001_20190322210057cc3.jpg

まとめページ

◆機動戦士ガンダム00◆

GUNDAM OOQ
用語集などは特にありませんが、劇場版の感想は全十回というボリュームでコラム風に書かせていただきました。よろしければどうぞ。
ガンダム00関連 まとめページ

◆鉄血のオルフェンズ◆

81TuctHvlZL__CR88,0,1536,1536_
各回の感想のまとめだけ。
鉄血のオルフェンズ まとめページ

米山シヲ 応援エリア

◆梅衣堂ひよと旦那様の野望◆

1-2-2

『梅衣堂ひよと旦那様の野望』待望第1巻発売中

月刊少年ガンガンで現在連載中『梅衣堂ひよと旦那様の野望』を応援中。『ブラクロ』と同じように独自用語集も製作中!

公式特設ページ

独自用語集
第1巻

◆ブラッディ・クロス◆

ブラクロサムネ

月刊少年ガンガンで完結した『ブラッディ・クロス』をプッシュしています♪ 独自用語集あります! 

公式特設ページ

独自用語集
キャラ紹介-混血勢力-
キャラ紹介-天使勢力-
キャラ紹介-堕天使勢力-
キャラ紹介-アルカナ-
キャラ紹介-神葬-
キャラ紹介-その他-


最近の記事

最近のコメント

<>+-

最近のトラックバック

メールフォーム

管理人に何か言いたいことがあれば、ここからどうぞ♪

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード

QR

友達申請フォーム

FC2ブログランキング

FC2のブログランキングに参加中♪ 気に入っていただけたなら、一押しして下さい。

FC2ブログランキング

右サイドメニュー

義援金募集

FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして

検索フォーム

管理人から一言

お知らせ

管理人からのお知らせです。

PS4ゲーム『JUDGE EYES:死神の遺言』プレイ中。

『ガンダムW FT』コンテンツは不定期更新です。現在は11巻分までの感想と用語の更新を完了しました。

『ブラッディクロス』全12巻発売中! 用語集更新は全て無事終了致しました。

文庫・単行本(キャラクターノベル含む、ライトノベル含まず)の著者名別リストに移行しました。さすがに増え過ぎた(笑


今期の週間感想予定
日曜日:-
月曜日:-
火曜日:-
水曜日:-
木曜日:-
金曜日:-
土曜日:-
不定期:ピックアップ感想、ゲーム感想、模型関連など


場合によっては急遽順序等の変更もありますが、ご理解いただけますようよろしくお願いします。

管理人プロフィール

月詠

Author:月詠
埼玉県某所在住の34歳社会人。性別♂。名前は「つくよみ」と読む。

世知辛い世の中で嬉しいことも泣きたいこともサブカルチャーたちに救われています
詳細な自己紹介はこちら(2019版)。それ以前のものはこちら

コメント・TB、相互リンク受付中。下記の運営方針に詳細を記載しております。無条件に大歓迎と言うわけではありませんが、大部分の方は歓迎出来るかと思いますw

以下、ショートカット。
◇閲覧上の注意や規約など
Blogの運営方針・利用規約
他のBlog様と大差ない運営・利用規約ですが、初閲覧の方は簡単でも良いので読んで頂けるとありがたいです。閲覧、コメント等される方は利用規約を了承していると判断させていただきますので、「知りませんでした」は通用致しません。


◇アニメについて
アニメの評価について
歴代アニメ評価一覧
アニメアウォーズ! 受賞一覧


◇ゲームについて
ゲームの評価について
歴代ゲーム評価一覧


◇ブックス(本)について
小説の評価について
ブックレビュー一覧
   あ行の著者
   か行の著者
   さ行の著者
   た行の著者
   な行の著者
   は行の著者
   ま行の著者
   や行の著者
   ら行の著者
   わ行の著者
   複数の著者・その他
 文庫・単行本(キャラノベ含む、ラノベ含まず)は上気の著者名別になっています。

◇プラモデルについて
完成品一覧(グレード別)
完成品一覧(シリーズ別)
完成品一覧(トイ、フィギュア等)

◇その他リスト一覧はこちら
テレビ&シネマ
CD&DVD&BD
TYPE-MOON関連

ツリー式カテゴリー

openclose

アニプレッション!!

アニプレッション!!
アニプレッション!!とは

アニプレッション!!は、アニメブロガー達の合同ブログです。アニメについての問題意識・感想・考察・批評等の諸言説を発表し、アニメを語る事の面白さを伝える事が目標です。自分も末席に加えさせていただいております。
現在活動停止です

以下、アニプレッション!!メンバーのBlogです。

相互リンク(更新停止)

残念ながら一年以上の更新がない相互リンク先の方々です。サイト消滅の場合は消させていただきます。いずれまた復活し、交流が持てることを期待しています……