刹那的虹色世界

アニメ・ゲームのあらすじを主体とした感想や批評のブログ。時折、日記・声優・コミック・スポーツなど幅広くレビューしています。リンクフリー、相互リンク大歓迎♪

Entries

偽物語(終) 『つきひフェニックス 其ノ肆』

偽物語(終)
『つきひフェニックス 其ノ肆』


≪あらすじ≫
阿良々木月火。彼女の正体は怪異“しでの鳥”。ホトトギスの怪異で、現実にいるホトトギスが托卵と言う別の鳥の卵と自分の卵をすり替えて育てさせると言う生き方をしているのと同じように、“しでの鳥”は人間でそれを行うのだと言う。

つまり、阿良々木月火は彼女の母親が身籠った時にその胎内で宿った。


月火の正体を知った暦。そんな彼の前に駿河の家から帰宅した火憐が姿を見せる。ド派手に破壊された自宅の玄関に驚く彼女を、適当に誤魔化す暦は火憐に「俺や月火の為に死ねるか?」と問う。その問いに火憐は間髪いれず「死ねるよ。笑って死ねる」と返し、そんな返答に暦は「俺もだよ」と満足そうに答えた。

“妹”を殺そうとしている相手がいる。では、何をすべきか。

彼の答えは決まっていたのかもしれない。月火と自分はやっぱり家族で、そして自分にとっては妹なのだと再認識した暦は自転車を飛ばし叡考塾跡地へと自転車を飛ばす。
途中で忍に血を吸わせて力を取り戻させた状態で、暦は影縫余弦斧乃木余接と対峙する。

暦vs余弦、忍vs余接

始まる戦闘。暦はなす術なく何度もなぶり殺されるが、それでも彼は立ち上がり――



≪感想≫
結局のところ、記事+コメントで前回散々考えた通りの流れ(具体的にどんなことを描いて、どんなやり取りをしていたかは実際に読んでもらった方が早いけど、かなりの長文なので別に読まなくていいwww)。正直、今回ばかりは暦に相手を論破するだけの要素がないので、こうなるだろうなと思っていたし、こうなることが妥当だろうなと思った。

余弦が暦に言った「どんな理想を持とうが勝手やけど、それを他人に押し付けんなや」の台詞に代表されるように余弦は客観的な正義感で暦を指摘し、逆に暦は「月火は自分の妹だ」と言う部分と主観的な家族に対する考え方で何とかそれに対抗しようとしていた。客観的に物事を語る人と主観的に物事を語る人が対峙した時、普通は妥協してどちらかが折れるんだけどどちらも折れない場合、この両者は平行線をたどる可能性が高い。そもそも、物事を論じている土俵が決定的に違うのだから、それは必然だろう。

そうなってくると両者は当然、話し合い以外の方法を取らざるを得ない。まぁ、ぶっちゃけ腕力だったり戦闘力だったりするんだけど、その点で暦は余弦に対して勝ち目がない。忍が絡んでどこまでかなーとは思っていたが、前回の言動からするとかなり分が悪い。

つまり、暦はこの一件に関して相手を論破させることで退かせることも出来なければ、腕力に物を言わせて引き下がらせることも出来ない。そうなると、もうこういう結末にはなってくるだろうなぁ、という予想は自然と出てくるものだ。

ただ、ここで余弦が性善説であり、暦が性悪説であると言う観点はなかった。こういうところでも彼らはやっぱり対峙していたわけだ。もちろん、暦が余弦に向かっていく為の強い信念があるとすれば、それは客観的な正義を捨てた主観的な信念でしかないだろうと思っていたので、彼が自らを「悪」としてでも妹を護ると言う決心は予想の範囲内ではあったのだけど。


結局のところ、余弦が引いた意図がアニメを一度観ただけでは分かりづらいかなー、と思う。性善説やら性悪説やら語った後に余弦が「十年越しの学ぶべきこと」と言っていたので、その辺が絡んでいるのだろうとは思うが……。余裕があれば記事を書き終えて睡眠を取った後に何度か観返せればいいなとは思うけど。
表面上余弦は、端的に言ってしまえば「萎えた」から退いてくれたし上記のように「学ぶべきこと」の結果として引いてくれたのだろうけど、私は暦の“家族”と言う概念と思想に負けたのだと思っている。

家族だから理想を押し付け、迷惑もかけ、借りも作り、それらを返すことすら出来ないかもしれないけど、家族だからそれでも良いのだ、と。

ここで重要だったのは、「他人に理想を押し付けんなや」という余弦の台詞に暦が「他人じゃねぇよ」と返したところだろう。
余弦にとって、しでの鳥の怪異である月火は偽物の妹。だから他人。
でも暦とって、月火は生まれた時からの彼の妹。だから家族。

もちろん暦のこの思想や意見は彼固有の持論であるわけだから、余弦ならそれを突っ撥ねることも出来ただろう。実際「家族」という言葉と関係をどう解釈するかは、人それぞれな部分がある。しかしそれをしなかったのは、暦がその口で吐く台詞は余弦に言うのと同時に彼自身に言っていたからのように見えたからではないか。

余弦が一方的に殴り蹴り言葉を突きとめても、そのたびに回復し回復するたびに余弦の言葉に対する反論でその身を武装してくる暦の姿に、彼女がある種の呆れを感じたようにも見えた。
つまり、余弦は暦の論理も武力も歯牙にはかけなかったが、暦のその姿勢と立ち上がり続ける意思の強さの方に負けた。
それが結果的に彼女の「気が削がれた」と言う部分に繋がるのではないだろうか。

気がつけば、勝負の論点が月火の話から少しずつ暦の話へとシフトしすり替わった部分があったのが、暦にとってはラッキーだったのだろう。


あと“しでの鳥”については結局あやふやだった。まぁ、月火に自覚がないことは分かったけど、結果として托卵と同じことをしたと言うことは、本来“阿良々木月火”になったであろう人としての受精卵を食い殺したなり排除したなりして、“しでの鳥”は人の子になりすましている、と言うことでいいのだろうか。
まぁ、受精卵段階での生命判断やら何やらっていうのは複雑だし宗教問題とか絡みそうだからここじゃ書かないけどさwww



◆本物と、本物と全く同じ偽物の価値
この例えの三者三様の回答はとてもそのキャラクターを現していて良かった。

影縫余弦は本物にこそ価値があると語る。それは『オリジナリティ』であり、“本物”という存在に対する『ブランド』に対することなのかもしれない。
ブランド物のバッグがあった時、それは当然本物であることに価値があると私たちは考える。それと同じだ。それはブランドのある商品としての存在価値や存在意義であり、もしかしたら独自のセンスによるオリジナリティで、総合的に観れば『ブランド』と言う価値観なのだろう。


忍野メメは本物も、本物と全く同じ偽物も同価値だと語る。それは『本質』であり、“本物”だとか“偽物”だとかではなくそれそのものの持つ性能にこそ目を向けるべきだと言うことなのかもしれない。
ブランド物のバッグがあった時、本物だろうが偽物だろうがそもそも“バッグ”としての本質や機能が果たされているかどうかが大切なのであって、それが本物か偽物かと言うものはあくまで付加価値に過ぎないと言うこと。あくまでそのものの本質や機能(性能)でこそ判断すべきであると言う価値観なのだろう。吸血鬼になりながら結果的に人としての心とあり方を捨てなかった暦を人間として扱った彼らしい価値観と言えるのかもしれない。


貝木泥舟は偽物にこそ価値があると語る。それは本物以上に本物を知ると言う『テクニカル』で『スペシャリスト』のようであり、“偽物”だからこそ持つ技術的な部分にこそ実は価値があると言う現れ。
ブランド物のバッグがあった時、もし本物と全く同じ素材・工程・技術によって再現された偽物があったなら、ゼロから本物を完璧に再現した技術力や、本物以上に本物を詳細に突き詰めて分析し解析し自らの血肉とする専門的な部分は、むしろ本物よりも価値があると言う価値観。あるいは、特定の目的の為に本物をそこまで模倣したある種の熱意と言うものも評価しているのかもしれない。


言うまでもないことだが、三者の回答のどれが正しいか、なんてことは書くつもりもないし、そんなことがそもそも分かることも判別し断言することもたぶん出来ないだろうとは感じている。
ただ、貝木や今回の余弦のように言わせてもらうなら、「私たちがこの三人の回答から学ぶべきことは、人の価値観なんて星の数ほどあって、そしてそれを安易に理解することは出来ない」と言うことだろう。忍野メメが、貝木泥舟が、そして影縫余弦が、それぞれ出した答え。それは今の私たちが知る忍野メメであり、貝木泥舟であり、そして影縫余弦のはずだ。

そして、この押し問答(?)をしたのは彼らが大学生の頃。今、彼らが一体いくつなのかは分からないが、十年前後と言ったところが妥当か。この押し問答があった上で、彼らはこの十年前後の月火を経ても本質として何も変わっていない。それだけ彼らが当時から確固たる価値観や本質を持っていたともいえるし、全く違う答えを三人それぞれが耳にしながらそれでも変わらなかったということなのだろう。

それを考えると結局、余弦が折れて暦の一人勝ちみたいな展開だったのは、ちょっともったいないなぁというか何と言うか。分かりあえない相手を前に暦は相手から折れてくれるのを待つと言う感じだったのが、ね。こう妥協するなら相手も折れるけど自分も折れる、って言うのが本質と言うか現実的と言うかそんな感覚があるので、そこにはほんのちょっとだけ違和感があるかもしれない。


ただ物語全体を見た時にはちょっとおもしろいというか、必然的な結果があると思う。

本物と偽物をめぐる物語。

その中で、阿良々木暦が出してきた答えは何だったか? 火憐には「“偽物”が悪いなんて言ってねぇよ」と言い、月火に対しては「怪異だと分かった後も家族だ」と言い続けた。
それって暦の中で出してきた答えはいつだって、本物だとか偽物だとかそんな表面的なものじゃなくて、『本質』やら『内面』やらそういったもので答えを出してきたんじゃなかろうか?

それって、暦の出してきた答えはもしかしたら忍野メメが出すだろう答えと一緒なんだろうなってこと。

それが暦が本質的に持っているものでたまたま忍野と近しいだけなのか、はたまた忍野メメと言う存在に強い影響を受けたのかは分からないけれどね。でも、こういう部分で何となく師弟関係っぽい感じがするのは、個人的にはいい感じだなーと思うね。

あぁ、もしかしたら余弦が引いてくれたのはこういう側面があったのかな。暦が忍野のような価値観を持っていたから、それに毒されて昔のことを思い出したり何だったりで気持ちがなえてしまった、と。うーんありそうな、ないような(笑



◆余談
大人……というより美少女形態の忍が可愛い。幼女形態も捨てがたいのだろうし、特殊な方々にとってはそちらの方が良いと言う人もいるのだろうが(笑)、うん、何時でもあの姿でいれば良いと思うよっ! 
って言うか、何となく火憐を意識している感じが見え見え(サイドポニーとか、ジャージではないが快活そうな服装とか)なんだが、これいかに(笑 あれか? 『かれんビー』のラストから『つきひフェニックス』の序盤までイチャイチャラブラブニヤニヤだったことに嫉妬して、「それなら我が主様を振り向かせるため、同じ格好してやろうじゃないか!」って対抗心メラメラな感じなのか? ……ごちそうさまです!!(マテ

そうそう、火憐にも最後の最後でいい感じの出番があって良かった。家族の為なら笑って死ねると言える中学生……真っ直ぐ育ったんだなって思うw 今さらだけどね。でも、そういう真っ直ぐさが火憐の魅力。以前にも書いたけど、結果的にこの火憐の真っ直ぐさがどこまで持続するのか、あるいは死ぬまで真っ直ぐなままでいてくれるのかって言う部分にはやっぱり興味がある。


私は演出やカット割りやらには詳しくないのでその辺の評価とか意図の汲み取りって言うのはぶっちゃけ出来ないのだけど、今回の冒頭とラストの月火の部屋へ向かう暦のカットが意味していたモノだけは理解出来た。
あれはたぶん、変わらない兄としての姿、なのだろうな、と。
あの冒頭とラストの間に暦は何度も死んだほどボコボコにされて文字通り殺されているんだけど、そんなのは関係ないんだよ、って。余弦に立ち向かっていく時も、余弦を何とか退けて帰って来た時も、阿良々木暦は何も変わらないのだ、ということ。

何時だって、どこだって、どんな時だって

阿良々木暦は、阿良々木火憐と阿良々木月火の

兄である


だからこそあのシーンは同じカット割りで月火の部屋に向かう暦を描いたんだろうな、と考えている。



さて、最後になるが何はともあれ、本放送11話終了お疲れ様でした。『傷物語』に続くさらなるシリーズのアニメ化にも期待していますm(_ _)m

……って言うか、同じ日に放送していたはずのテレ玉、来週の同じ時間帯も『偽物語』ってあったんだけど、誤植か?www(MXは『Fate/Zero Rimx I』というたぶん1stシーズンの総集編みたいなのだと思う)




≪TB先 参照リンク(URLアルファベット順)≫
赤字はTBが現在弾かれてしまっているBlog様です。
現在、nifty系、so-net系はほぼ全滅。livedoorは調子がいいと送れます。

・http://28903894.at.webry.info/201203/article_16.html
・http://amakuni186.blog136.fc2.com/blog-entry-203.html
・http://ameblo.jp/adam/entry-11196589912.html
・http://ameblo.jp/brook0316/entry-11192433659.html
(http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201203180002/)
・http://ameblo.jp/gintoki-sakata-vol2/entry-11195664583.html
・http://ameotokops.blog.fc2.com/blog-entry-227.html
・http://animedouganews.blog44.fc2.com/blog-entry-2118.html
・http://animetureduregusa.blog65.fc2.com/blog-entry-1665.html
・http://ariaprincipe.blog46.fc2.com/blog-entry-1171.html
・http://arpus.blog121.fc2.com/blog-entry-1964.html
・http://blog.goo.ne.jp/jin-d/e/649cbf449b656ce25cbc9
ce67ea450cb
・http://blog.goo.ne.jp/mio793/e/76ba1beb837a28fede60
df6dffc9c725
(http://plaza.rakuten.co.jp/blackwidow/diary/201203180000/)
・http://blog.goo.ne.jp/sakino-k/e/c33e3eb0dd404f01b5
0b7747375824b8
・http://blog.livedoor.jp/electro_railgun/archives/51874336.html
・http://blog.livedoor.jp/hibino_fumi/archives/51336986.html
・http://blog.livedoor.jp/rin20064/archives/52257835.html
・http://blog.livedoor.jp/s_396n/archives/51826399.html
・http://blog.livedoor.jp/soul_mu/archives/65656638.html
・http://blog.livedoor.jp/sumi4460/archives/67385799.html
・http://blog.livedoor.jp/t_cherry398/archives/51652875.html
・http://blog.livedoor.jp/voler/archives/52938167.html
・http://blogreblog.at.webry.info/201203/article_19.html
・http://blogs.yahoo.co.jp/japantraveler88/8840108.html
・http://blogs.yahoo.co.jp/tebuku/30438887.html

・http://bluebluesilvermoon.blog38.fc2.com/blog-entry-3765.html
・http://boricacid.blog79.fc2.com/blog-entry-405.html
・http://civer.blog122.fc2.com/blog-entry-4457.html
・http://coffeemonster.at.webry.info/201203/article_11.html
・http://diconoir.blog94.fc2.com/blog-entry-421.html
・http://dokuatari.blog137.fc2.com/blog-entry-688.html
・http://e102128.blog54.fc2.com/blog-entry-1939.html
・http://fanblogs.jp/gyobayashi/archive/2656/0
・http://fllayg.com/index.php?e=2239
・http://gomarz.blog.so-net.ne.jp/2012-03-21
・http://hienkyaku.blog50.fc2.com/blog-entry-2620.html
・http://hyumablog.blog70.fc2.com/blog-entry-2805.html
・http://innamiblog.blog28.fc2.com/blog-entry-738.html
・http://kagura77.blog99.fc2.com/blog-entry-3236.html
・http://kakioki60.blog129.fc2.com/blog-entry-1226.html
・http://kate555.blog59.fc2.com/blog-entry-1729.html
・http://kenohito.blog67.fc2.com/blog-entry-1557.html
・http://keycafe.blog27.fc2.com/blog-entry-1562.html
・http://kiokuno2.blog31.fc2.com/blog-entry-1669.html
・http://kira47.blog58.fc2.com/blog-entry-1512.html
・http://kouyanoblog.blog61.fc2.com/blog-entry-4413.html
・http://lvr839.blog39.fc2.com/blog-entry-277.html
・http://maguni.com/index.php/view/1621
・http://manaduru3.blog24.fc2.com/blog-entry-944.html
・http://merkmals.blog31.fc2.com/blog-entry-1854.html
・http://mikihara.blog70.fc2.com/blog-entry-2914.html
・http://najigo.blog31.fc2.com/blog-entry-728.html
・http://nanabachimemory.blog.fc2.com/blog-entry-355.html
・http://nanohana0103.blog.fc2.com/blog-entry-300.html
・http://nextsociety.blog102.fc2.com/blog-entry-1815.html
・http://nikkananilog.blog.fc2.com/blog-entry-436.html
・http://picoro106.blog39.fc2.com/blog-entry-5694.html
・http://pokeseed.exblog.jp/17548779
・http://publicoenemy.blog60.fc2.com/blog-entry-734.html
・http://reilove.blog51.fc2.com/blog-entry-5687.html
・http://riksblog.fool.jp/public_html/mt5/anime/now/2012/
03/nise-11.html
・http://rollingstar77.blog103.fc2.com/blog-entry-925.html
・http://rouzekimono.blog.fc2.com/blog-entry-125.html
・http://sagaturedure.blog31.fc2.com/blog-entry-5389.html
・http://scriptor.blog54.fc2.com/blog-entry-1621.html
・http://seraraku2.blog59.fc2.com/blog-entry-6577.html
・http://setumizu.blog136.fc2.com/blog-entry-473.html
・http://shino134.blog22.fc2.com/blog-entry-3208.html
・http://shinsakuranikki.blog90.fc2.com/blog-entry-4709.html
・http://shirokuro585.blog109.fc2.com/blog-entry-983.html
・http://shittakaanime.blog86.fc2.com/blog-entry-618.html
・http://sigerublog.blog137.fc2.com/blog-entry-851.html
・http://soraxcan.blog59.fc2.com/blog-entry-3231.html
・http://spadea.jugem.jp/?eid=15185
・http://subcul.jugem.jp/?eid=2444
・http://timediver2010.blog27.fc2.com/blog-entry-2702.html
・http://tokkurin.blog109.fc2.com/blog-entry-5131.html
・http://unabaranohikari.blog115.fc2.com/blog-entry-468.html
・http://waitingfrofresong.blog.fc2.com/blog-entry-126.html
・http://wendykai.blog60.fc2.com/blog-entry-1716.html
・http://zspecium.blog.fc2.com/blog-entry-352.html

もしよろしければ、拍手ボタンをポチッと押して下さいm(_ _)m 管理人のモチベーションが上がります(ぉ 
Web拍手に頂いたコメントは後日『Web拍手レス』にてお返事させていただきます。

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

Trackback

トラックバック URL
»»この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

偽物語 第11話 「つきひフェニックス 其ノ肆」 感想

「本物」になるために―

偽物語 第11話「つきひフェニックス 其ノ肆」

偽物であることが悪だと言うなら――。 月火の正体は しでの鳥という怪異だった。 それと知っても 暦には 月火が妹であることには変わりは無い。 妹のためなら死ねる って言える暦や火憐は 強い兄妹の絆...

偽物語 第11話(最終話..?) 「つきひフェニックス 其ノ肆」 感想

次回に続くのかよww 一体これはどういうことなの・・ 傷物語・・映画に続くという意味なのか、しかし傷物語は化物語以前での話のはず。 それとも原作のその先の話をやるんでしょうか・・確かに新...

『偽物語』 第11話「つきひフェニックス 其ノ肆」 ― 君のためなら死ねる。

家族なら それでいいじゃん ホトトギス(うまくない) きみのためなら死ねる(2004/12/02)Nintendo DS商品詳細を見る えー、織田信成くんの一句を改変して見たわけですが、うん。 うまくないなコレ...

偽物語 第11話「つきひフェニックス 其ノ肆」

不死身のドラキュラみたい死ぬまで死に尽くしてやる。 阿良々木さんカッコイイと思わせての妹のファーストキスゲット! まさに、鬼畜のにーさんだwww 「偽物語」第一巻/かれんビー(上)【完全生産限定版】 [Blu-ray]アニプレックス 2012-04-25売り上げ...

偽物語 第11話 『つきひフェニックス 其ノ肆』 感想

偽物であることは何も悪くない。 そう考えると、いろいろ楽になれる気はしますね。 偽物語 第11話 『つきひフェニックス 其ノ肆』 のレビューです。

偽物語 第11話「つきひフェニックス 其ノ肆」

「偽物であることが悪だと言うなら、その悪は僕が背負います。偽ることが悪いことなら、僕は悪い奴でいいんです。好感度なんかいらねえよ。僕は最低の人間でいい」 ・アバンは忍の説明から。月火の正体は...

偽物語 第11話

関連リンクhttp://www.nisemonogatari-anime.com/つきひフェニックス 其の肆つきひフェニックス最終回!果たして結末はどうなる!?ホトトギスの怪異これが月火の怪異フェニックスではないのだそして月火が生まれた経緯にホトトギスの怪異が生まれ変わった形で付いた怪...

偽物語 第11話「つきひフェニックス 其ノ肆」 感想

お前やっぱり僕の妹だよ 例え偽物でも本物以上に価値のある偽物は確かに存在するんですね。 興がそがれたという二人の言葉通り予想より静かな幕引きとなりました。

偽物語 第11話 最終回 感想

 偽物語  第11話 最終回 つきひフェニックス 其ノ肆 感想  次のページへ

偽物語 #11 「つきひフェニックス 其ノ肆」 (終)

妹は偽物だった。「偽物語」の最終話。 忍によるフェニックスの解説、実はホトトギスの怪異で女性の胎内に託卵して 命を繋ぐ怪異だという。基本的には回復力を持つだけの無害な怪異だという。 帰宅した...

偽物語 第11話「つきひフェニックス 其ノ肆」

「しでの鳥。つまりはホトトギスの怪異・・・じゃな」 「ようは托卵じゃ。しでの鳥は人間に托卵する。フェニックス。不死の鳥として子を孕んだ母親の胎内に転生する」 「今回、しでの鳥が憑いたのはお前...

偽物語 #11(終)「つきひフェニックス 其ノ肆」

偽物で在ることが悪ならば―― さようなら         偽物語第11話(最終回)のぶっきら感想。

偽物語 第11話(最終回)「つきひフェニックス其ノ肆」感想

 今回で偽物語、いよいよ最終回。暦は月火を、余弦・余接から守り切ることはできるのでしょうか、そして偽物語は本当に終わるんでしょうか…?最終回ということもあってかバトルシーンは見応えありました。暦はいつもやられ役…。

偽物語 第11話 「つきひフェニックス 其ノ肆」

「偽物語」第四巻/つきひフェニックス(上)【完全生産限定版】 [Blu-ray](2012/07/25)神谷浩史、喜多村英梨 他商品詳細を見る 9話と10話の感想は書かなかったけど、まあいいよねw

偽物語 第拾壹話 つきひフェニックス 其ノ肆

偽物語 最終話。 つきひフェニックスクライマックス。 以下感想

「偽物語」第11話(終)

万事解決… 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201203180002/ 「偽物語」第一巻/かれんビー(上)【完全生産限定版】 [Blu-ray] アニプレックス 2012-04-25 売り上げランキング : 20 Amazonで詳し...

偽物語 11話(最終回)

すべて世はこともなし。 というわけで、 「偽物語」11話(最終回) 風雲スーパータッグバトルの巻。 偽は、果たして悪たるや? うりょっちのありがたいお説教も、所詮はレトリックでしかなかったっ...

偽物語 最終話 つきひフェニックス 其ノ肆

きゃらスリーブコレクション 偽物語 阿良々木月火 (No.74)(2012/04/25)エンスカイ商品詳細を見る 新聞を見て驚いた。絵、もう、最終回なの・・・? と、言う感じでですね。 内容よりも、そっちに驚いてしま...

偽物語 第11話 『つきひフェニックス 其ノ肆』

えいっ。軽いノリで月火にチューした暦。蝋燭沢くんとはまだだったらしくファーストキスを奪われたと怒髪天状態の月火。兄弟のキスなんて気にすんなと冗談めかす暦。当然月火は収まりがつかない。・・・広い意味で実の兄妹じゃないことは伏せていたほうが良いでしょうね。...

偽物語 11話(最終話)「兄弟愛に偽物も本物もなかったのでした。成人姿の忍も登場」(感想)

最後を締めくくるのは、 戦場ヶ原さんのショート髪姿!   影縫余弦・余接との決着。 阿良々木君の答えは「家族は家族」 「偽物も本物も関係ない」って事でした。 影縫余弦にボコボコにされる阿良...

『偽物語』第拾壹話『つきひフェニックス 其ノ肆』レビュー♪(今回『月火を守るため』に暦が余弦達と戦う展開でしたが、暦が『偽者でも月火を家族だ』と想いを語るシーンは胸にグッときました・・・)

    『それぞれの正義』           余弦 の場合                 おどれが どんな価値観 持とうと・・・      ...

偽物語第11話(最終話)感想

記事はこちら(TBもこちらへ) 元記事はhttp://sigerublog.txt-nifty.com/utakata/2012/03/post-357a.html

偽物語 第11話(最終回) 「つきひフェニックス 其ノ肆」 感想

家族を守ろうとする阿良々木暦の姿が格好良かったですよ。 蟹、蝸牛、猿、蛇、猫。 直江津高校周辺に現れた怪異に関わった5人の少女の事件が解決し、 文化祭を終えた夏休み。 阿良々木暦の妹で栂...

偽物語  第1話  ~  第11話 つきひフェニックス 其ノ肆

偽物語 第1話   ~  第11話 つきひフェニックス 其ノ肆 蟹、蝸牛、猿、蛇、猫。直江津高校周辺に現れた怪異に関わった5人の少女の事件が解決し、文化祭を終えた夏休み、阿良々木暦は恋人であるはずの戦場ヶ原ひたぎによって学習塾跡の廃墟に監禁されていた。 ?...

偽物語 第11話(最終回) 「つきひフェニックス 其ノ肆」

「単なる古い友達や。ウチと忍野君と貝木君は大学時代の同期やねん。同じ学科で同じサークルでもう一人先輩を交えてよう4人将棋とかやって遊んどっとわ」 なんて濃いメンバーなんだw このサークルだけは絶対に入りたくない(つ∀`) ただ4人将棋はちょっとやってみた?...

偽物語 #11

【つきひフェニックス 其ノ肆】 「偽物語」第四巻/つきひフェニックス(上)【完全生産限定版】 [Blu-ray]出演:神谷浩史アニプレックス(2012-07-25)販売元:Amazon.co.jpクチコミを見る ...

偽物語 最終回11話「つきひフェニックス 其ノ肆」

月火ちゃんは暦にとって、本物の妹です!

『偽物語』#11「つきひフェニックス 其ノ肆」(最終回)

「他人じゃねーよ… 他人じゃありません、家族です」 しでの鳥、ホトトギスには「托卵」という性質があると語る忍。 多種の鳥の巣にある卵を蹴落とし、自分の卵を置いていき、 他の鳥に自分の卵を温めさ...

偽物語 第11話「つきひフェニックス 其ノ肆」 感想

(お兄ちゃん) 「あいつがそう呼んでくれるなら、僕は全て、それでいい」 偽物語最終回。 以下実況 ホトトギスの怪異か。 白金ディスコをアレンジしたBGMかっけー。 ジュウシマツ住職! ...

偽物語 11話(最終話)「つきひフェニックス 其ノ肆」 感想

兄妹として過ごした時間は本物。 なんかいい感じで静かに終わったと思ったら“続く”だと・・・?

偽物語 第十一話 「つきひフェニックス 其ノ肆」

 限りなく本物に近い偽者と本物はどちらが価値があるのか。

偽物語 第11話(最終回)

「つきひフェニックス 其ノ肆」 エイッ!!!! 最後になるかもしれないというのは分かるけど…  せめでオデコくらいにして欲しかったww 妹の唇を奪う兄ってどうよ?(笑    暦らしいといえばお終いだけど(^▽^;) 先手必勝… 明日を待たずに影縫...

偽物語~11話感想~

「つきひフェニックス 其ノ肆」 月火の怪異は、ホトトギスの怪異。 フェニックスとうそぶいていたと忍が語る。 とくに悪い影響はなく、不死身なだけだという。 火憐が駿河のところから戻ってきた。 家の状態に驚きを見せながらも、火憐のターンがは...

偽物語 第11話・最終回 感想「つきひフェニックス 其ノ肆」

偽物語ですが、月火はホトトギスがどうのこうので、不死身で生まれ変わるなど何かと複雑です。 玄関先が大破されているので火憐は驚きますが、阿良々木暦の勉強も心配してくれます。 物騒な玄関先は火憐を地獄の番人ケルベロスとかにしておいて、暦は忍と共に影縫余...

偽物語 第11話(最終回) 「つきひフェニックス 其ノ肆」感想

偽物語 第11話(最終回) 「つきひフェニックス 其ノ肆」感想 栂の木二中のファイヤーシスターズにまつわるお話は、これにておしまい!

偽物語:11話感想&総括

偽物語の感想です。 本物と偽物の価値とは。

TVアニメ「偽物語」第11話 つきひフェニックス 其ノ肆

『死ねる。笑いながら死んでやる。』 兄妹のために死ねるかという問いかけに即答した火憐。流石だ!素晴らしくかっこいい! 阿良々木くんの状況説明は偽物だけれど、火憐の言葉は本物だ。 『う゛ぇっ!う゛ぇっ!ぷぇっ!何が可笑しいんだッ!』 マジで嫌そ...

偽物語 第十一話 感想

義理の妹なんざ萌えるだけだろうがー! 「偽物語」第十一話感想です。 偽物語(下) (講談社BOX)(2009/06/11)西尾 維新商品詳細を見る

アニメ感想 偽物語 第11話「つきひフェニックス 其ノ肆」

「好感度なんかいらねぇよ、僕は最低の人間でいい」

偽物語 第11話 あらすじ感想(最終回)...

ホトトギスの怪異----------!!月火が本物の妹ではない!?忍の解説によると、ホトトギスは他種の鳥の巣にある卵を落とし、自分の卵と入れ替え、他種の親鳥に温めさせる習性を持つ。...

偽物語 最終話レビュー これで終わりなんかじゃないんだからね!

偽物語 第11話「つきひフェニックス 其ノ肆」 ★★★★☆

[終]偽物語 #11「つきひフェニックス 其ノ肆」感想

月火の出生が明らかになりました生まれながらにホトトギスの怪異に取り憑かれて胎内の頃から付き合いがあったのですねしかし偽物だと言われてもずっとそれで通してたからね生みの親より育ての親ってところでしょうか。想いが違いますね妹のためなら死ねるっ 純粋にこう考...

偽物語「つきひフェニックス 其ノ肆」

阿良々木月火。あいつは、髪が伸びるのが速過ぎる。ウィッグを使っているわけでもないのに、ヘアスタイルを数ヶ月単位でああもころころと変えられるのは、考えてみればそのためじ ...

偽物語 第11話「つきひフェニックス 其ノ肆」

性悪説の意味。 『つきひフェニックス』編最終回。まぁ、良い終わり方であった。

偽物語 第11話「つきひフェニックス 其ノ肆」感想

◆あらすじ 私立直江津高校の周辺に出没する「怪異」に絡む『化物語』の後日談。 阿良々木暦の大きい方の妹・阿良々木火憐と、 小さい方の妹・阿良々木月火の物語。(公式・作品紹介) ◆主題歌 OP...

偽物語 第11話(最終話?)「つきひフェニックス 其ノ肆」の感想

義理の妹なんざあ萌えるだけだろうがぁあああ!!!! 【簡単なあらすじ】  暦の下の妹の月火ちゃんは不死鳥…ほととぎすの怪異であることがわかった。でもたとえ怪異でも血が繋がっていなくても暦にとって...

偽物語 #11(終)「つきひフェニックス 其ノ肆」感想

「偽物語」第一巻/かれんビー(上)【完全生産限定版】 [Blu-ray]アニプレックス 2012-04-25売り上げランキング : 17Amazonで詳しく見る by G-Tools   影縫さんとのバトル中、途中から ...

つきひフェニックス 其ノ肆

偽物語(下) (講談社BOX)(2009/06/11)西尾 維新商品詳細を見る  原作のネタバレも含みます。未見・未読の方はご注意を。

[感想] 偽物語 第11話(最終回) 「つきひフェニックス 其ノ肆」

吸血鬼の残りカス>偽物の妹な最終回(*´∀`) ということで偽妹の話なのに忍(大)が全てをもっていっちゃった最終回?。続きはウェブでね!戦法なのかそれとも続く=傷物語or3期なのか微妙に分からない最終回?だった偽物語第11話。

偽物語 最終回「つきひフェニックス 其ノ肆」

かれんビー(上)【完全生産限定版】 [Blu-ray]今期一番の人気作が早くも最終回となりました! 本物と偽者、はたしてどちらが正しいのか・・・

偽物語 11話『つきひフェニックス 其ノ肆』

忍によると、今回のはホトトギスの怪異だという。 托卵する修正がまんま怪異にも表れており、厳密に言うならば阿良々木のご母堂に怪異がついていたというわけ。15年以上前に胎内に怪異を宿し、その結果が月火なのだと。 怪異としては無害な部類だというが、偽物だという...

偽物語 第11話 【つきひフェニックス 其ノ肆】 感想

しでのどり? ホトトギスの怪異。 フェニックスの正体はホトトギスだったと!? 怪異としては危険ではないが偽物。 あれ? OPがない……嫌な予感がする…… 「偽物語」第一巻/かれんビー(上)【完全生産限定版】 [Blu-ray](2012/04/25)神谷浩史、喜多村英梨 他商品...

偽物語 第11話 つきひフェニックス 其ノ肆

月火の正体はしでの鳥という怪異。 ホトトギスの生態の托卵のように、人間の母体に憑依し、その子供として転生するもののようですが、本来の子供と入れ替わる訳でもないので、怪 ...

『偽物語』 最終回 観ました

偽物語はこの回を持って無事に終了しました。 上下二巻構成でそれぞれ同分量の文章量だった筈の『かれんビー』と『つきひフェニックス』とで、『かれんビー』に七話使用し、残り四話で『つきひフェニックス』が終わるかとちょっと心配をしたのですが…観ていると急いだ感?...

偽物語 最終話 「つきひフェニックス 其ノ肆」 感想

プラチナ面白かった! あれ? これじゃあんま褒めてないみたいだな(笑) 字面は豪華なのに。

可愛すぎて、生きるのがツライ(アマガミとか偽物語とか)

【ブラック★ロックシューター 第7話】本格的に行方不明扱いになるマトさんの巻。ユウさんについては、予想通りの人格反転状態でしたね~。あっちの世界で初めて言葉をしゃべって ...

【アニメ】偽物語 最終話 それはお疲れ様のありがとう

偽物語 11話「つきひフェニックス 其ノ 」 の感想を 偽物の妹と、「暦」の妹の「月日ちゃん」と 偽物は悪と、本物以上に本物らしい偽物と 偽物と暦と、妹が大好きな戦いについに終止符が打たれた。 『 偽物語 』の公式ホームページはここから

(アニメ感想) 偽物語 第11話 「つきひフェニックス 其ノ肆」

きゃらスリーブコレクション 偽物語 阿良々木月火 (No.74)(2012/04/25)エンスカイ商品詳細を見る 阿良々木月火の秘密を知った阿良々木暦。 暦は、忍野忍と共に妹を守るための戦いに赴く。 *一週間のア...

アニメ 偽物語 第11話(完)「つきひフェニックス 其ノ肆」簡易感想

月火ちゃんは人間ではなく怪異そのものだけど、暦の妹であることには違いない。 今回は久しぶりにフルボッコの血塗れ阿良々木君が登場しましたねぇ。フルボッコされすぎて人間の形していませんでしたね>< 今回の決着は、相手のヤル気がなくなって退散というスッキリし...

偽物語 第11話(終)「つきひフェニックス 其ノ肆」 感想

偽物語もついに最終回! 妹を守るため、頑張れ阿良々木さん!!

偽物語 第11話 「つきひフェニックス 其ノ肆」 感想

・・・偽物が本物にかなわないなんて道理は・・えっ違うか 最終回・・暦の思いは・・

アニメ偽物語 第11話(最終回)「つきひフェニックス 其ノ肆」感想

「エイッ」 胸触ったり寝てる時にキスしたり、イタズラしても許される魔法の言葉。

偽物語 第11話「つきひフェニックス 其ノ肆」感想!

偽物語 第拾壹話「つきひフェニックス 其ノ肆」 帰ってきた火憐は家を見てびっくり! 暦は本当のことは黙って、火憐に番をさせ… 自分は影縫余弦との対決へ向かう。 出かける前に月火にキスしていっ...

偽物語 第11話(最終話)「つきひフェニックス 其ノ肆」

ノイタミナみたいな話数の使い方するのね。でもとっても面白かった。ちょっとホロっときたましたよ。

偽物語 11話 「つきひフェニックス 其ノ肆」

今回も安定の近親相姦アニメ そんな訳で偽物語最終話でござんした。  

偽物語 第拾壹話 つきひフェニックス 其ノ肆  レビュー

しでの鳥 つまりはホトトギスの怪異じゃな 目には青葉山ほととぎす初鰹の、ホトトギスじゃ。 連中はフェニックスなどと嘯いておったが、このホトトギスには 托卵という性質があるそうじゃな。他種の鳥の巣から親鳥が 離れたときを見計らって、巣にある卵を押し出して地面?...

偽物語~第十一話 「つきひフェニックス其...

 2人の中学生姉妹、阿良々木火憐と月火による冒険と、それを救う兄阿良々木暦の物語、第11話、最終回?忍「しでのどり、つまりはホトトギスの怪異、じゃな。目には青葉山ほとと...

偽物語 第十一話(最終回)「つきひフェニックス 其ノ肆」

しでの鳥、杜鵑の怪異。それが月火の怪異。托卵という習性を持つこの鳥は、他の鳥の巣から親鳥が離れた隙を狙って卵を落とし、変わりに自分の卵を産み付けて親鳥に育てさせる。フェニックスの怪異も子を孕んだ人間の胎内に子供を産み付けて育てさせる。怪異としては無害の...

左サイドMenu

カウンター

祝2,000,000Hit達成♪ とうとう大台突破。これも皆様のおかげでございます(o ̄∀ ̄)ノ

カレンダー(月別)

08 ≪│2017/09│≫ 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

ガンダムシリーズ

◆新機動戦記ガンダムW◆

新機動戦記ガンダムW BD-BOX1

OVA・続編含め『新機動戦記ガンダムW』全般を応援してます♪
ガンダムW関連 まとめページ
感想、用語、企画など全ページへのリンクがあります。ご利用ください

2016/05/04 12巻分の用語一部更新しました

《用語》
用語集
ア行
カ行
サ行
タ行
ナ行
ハ行
マ行、ヤ行
ラ行、ワ行
英字行
登録キャラクター名一覧
キャラクター詳細
ア行
カ行
サ行
タ行
ナ行
ハ行
マ行、ヤ行
ラ行、ワ行、英字行

メカニック図鑑
メカニック用語詳細
年表

《企画》
年代考察
勢力図まとめ
AC暦におけるMS史(コラム)

◆機動戦士ガンダム00◆

GUNDAM OOQ
用語集などは特にありませんが、劇場版の感想は全十回というボリュームでコラム風に書かせていただきました。よろしければどうぞ。
ガンダム00関連 まとめページ

◆鉄血のオルフェンズ◆

81TuctHvlZL__CR88,0,1536,1536_
各回の感想のまとめだけ。
ガンダム00関連 まとめページ

米山シヲ 応援エリア

◆梅衣堂ひよと旦那様の野望◆

1-2-2

『梅衣堂ひよと旦那様の野望』待望第1巻発売中

月刊少年ガンガンで現在連載中『梅衣堂ひよと旦那様の野望』を応援中。『ブラクロ』と同じように独自用語集も製作中!

公式特設ページ

独自用語集
第1巻

◆ブラッディ・クロス◆

ブラクロサムネ

月刊少年ガンガンで完結した『ブラッディ・クロス』をプッシュしています♪ 独自用語集あります! 

公式特設ページ

独自用語集
キャラ紹介-混血勢力-
キャラ紹介-天使勢力-
キャラ紹介-堕天使勢力-
キャラ紹介-アルカナ-
キャラ紹介-神葬-
キャラ紹介-その他-


最近の記事

最近のコメント

<>+-

最近のトラックバック

メールフォーム

管理人に何か言いたいことがあれば、ここからどうぞ♪

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード

QR

友達申請フォーム

FC2ブログランキング

FC2のブログランキングに参加中♪ 気に入っていただけたなら、一押しして下さい。

FC2ブログランキング

右サイドメニュー

義援金募集

FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして

管理人から一言

お知らせ

管理人からのお知らせです。

『ガンダムW FT』コンテンツは不定期更新です。現在は11巻分までの感想と用語の更新を完了しました。

『ブラッディクロス』全12巻発売中! 用語集更新は全て無事終了致しました。


今期の週間感想予定
日曜日:ブラタモリ
月曜日:貴族探偵
火曜日:書評
水曜日:ゲームプレイ日記
木曜日:書評 or 雑記
金曜日:ゲームプレイ日記
土曜日:ソード・オラトリア
不定期:ピックアップ感想

場合によっては急遽順序等の変更もありますが、ご理解いただけますようよろしくお願いします。

管理人プロフィール

月詠

Author:月詠
埼玉県某所在住の31歳社会人。性別♂。名前は「つくよみ」と読む。

世知辛い世の中でも、嬉しいことも泣きたいことも、こんなサブカルチャーたちに救われていますwww
詳細な自己紹介はこちら

コメント・TB、相互リンク受付中。下記の運営方針に詳細を記載しております。無条件に大歓迎と言うわけではありませんが、大部分の方は歓迎出来るかと思いますw

以下、ショートカット。
◇閲覧上の注意や規約など
Blogの運営方針・利用規約
他のBlog様と大差ない運営・利用規約なので大部分の方には無関係だとは思いますが、初閲覧の方は簡単でも良いので読んで頂けるとありがたいです。何かあった時には利用規約を了承した上とさせていただきますので、「知りませんでした」は通用致しません。


◇アニメについて
アニメの評価について
歴代アニメ評価一覧
アニメアウォーズ! 受賞一覧


◇ゲームについて
ゲームの評価について
歴代ゲーム評価一覧


◇ブックス(本)について
小説の評価について
ブックレビュー一覧


◇プラモデルについて
完成品一覧(グレード別)
完成品一覧(シリーズ別)


◇その他リスト一覧はこちら
テレビ&シネマ
CD&DVD&BD

ツリー式カテゴリー

openclose

全記事表示リンク

検索フォーム

アニプレッション!!

アニプレッション!!
アニプレッション!!とは

アニプレッション!!は、アニメブロガー達の合同ブログです。各執筆者がアニメについての問題意識・感想・考察・批評等の諸言説を発表し、アニメを語る事の面白さを伝える事が目標です。
まだまだ未熟者ではありますが、私も参加させて頂いております。冬コミでも多くの名立たる方が寄稿し合って本を出す予定です♪

以下、アニプレッション!!メンバーのBlogです。一見の価値ありですよ!

相互リンク(更新停止)

残念ながら一年以上の更新がない相互リンク先の方々です。いずれまた復活し、交流が持てることを期待しています……

  • 24/10次元に在るブログ
  • aniパンダの部屋
  • Black Window in Sky
  • Hes:TEAR
  • Lounge "Himajin" Killer
  • NEO煩悩-アニメ本店-
  • outrageous
  • the albatross of peach pink
  • お絵描き倉庫('A`)(旧ミルクレモンティー)
  • くろ with life~今を楽しめればそれでいい~
  • なななな駄文
  • にき☆ろぐ
  • にじつう!
  • のんびりにリリカルに
  • まるとんとんの部屋
  • みつーの日記
  • アインのSS置き場
  • アニメって本当に面白いですね。
  • チェルキエット⌒ぱすてる
  • ミナモノカガミ
  • サブカルなんて言わせない!
  • 月の静寂、星の歌
  • 紅の終幕劇
  • 根無草の徒然草
  • 知ったかアニメ
  • 全て遠き理想郷?なブログ
  • 中濃甘口 Second Dining
  • 透明色絵本
  • 【非公式】普通の世界日本ハムが【ブログ】やってみた
  • 漫画のおすすめ
  • 無料動画アニメリンク!
  • 妄想詩人の手記
  • 妖精帝國 臣民コンソーシアム
  • 楽しくC言語ゲームプログラム
  • これは僕の進化の過程の・・・3ページ目ぐらい?ww
  • 無常の流れ 新館
  • 夢幻の灰色帝国
  • 外部記憶ver.2
  • アバトーンの理想郷
  • よう来なさった!
  • やまひで日誌
  • まごプログレッシブ:Part2~Scenes From A Memory~
  • しろくろの日常
  • ToLOVEる画像漫画
  • the albatross of peach pink
  • Spare Time
  • Ringoという名の日常
  • Garnet Clover~ガーネット・クローバー~