FC2ブログ

刹那的虹色世界

アニメ・ゲームのあらすじを主体とした感想や批評のブログ。時折、日記・声優・コミック・スポーツなど幅広くレビューしています。リンクフリー、相互リンク大歓迎♪

Entries

ペルソナ4 #20

ペルソナ4 #20
『We'll all meet at the AMAGIYA Hotel』


≪あらすじ≫
いろいろとあり過ぎて成功かどうかはともかくとして、文化祭の打ち上げと称してゆきこの実家である天木や旅館に宿泊することになった悠たち。菜々子も呼んで大人数で楽しくやることに。

温泉旅館イベントらしく(?)入浴シーンがあったり、何と男子の泊っている部屋には曰くがあったりと、なんやかんやでワイワイと楽しむ。
そんな中でも雪子だけは、『旅館の次期女将』という肩書を最も嫌っているはずなのに、気がつけばあれこれと旅館の手伝いに手を伸ばしていた。

自らのシャドウと向き合うことで得た雪子の答えとは……。

しかし、そんな中に水をさすように一連の稲羽市で起きた連続殺人事件のせいで客足の落ちた天城屋旅館を面白おかしく取材しようとするモラルのないマスコミがずかずかと踏み入ってきて


一方、実は誰にも話せずにいたが、悠の下には一通の脅迫状が届いていて――



≪感想≫
今回はやはり雪子メイン。

雪子はよく良く考えると、まだ17歳なんだよね。その多感な時期に、いろいろな要素や偶然が噛み合ってしまったとはいえ、次期女将として周囲に期待される中で逃げ出したいと言う気持ちは素直な17歳の本音だと思った。

その一方で、その多感な思春期をすでに通り過ごしてしまった私にはそうした次期には見えなかったものが見えている。そして、17歳にしてペルソナに関わる事件を数多くこなしてきたからか、雪子にもそれが見え始めている。

それは、自発的な意思。

自分が代々受け継がれてきた者を継承し、叶うならば自分たちの子・孫の世代まで護っていきたいと言う願いは(確かに自分の両親や親族の願いでもあるが、それ以上に)自分の胸の奥から発した意思であるということ。


かなり序盤にも書いたのだけど、私は男だけどキャラクターの中では一番雪子に近い。それはもちろん容姿・能力ではなくて、社会的な立場として――次代を担うものだと周囲に勝手に期待され半ば決めつけられているモノゴトが私にもある。そうしたモノを持つ人の中ではどうしても、この手の問題は壁として立ちはだかる。

多感な時期だとどうしても、「自分は親や一族の敷いたレールの上を歩いているだけなのではないか」と思いがちだし、実際にそういう側面がないわけではないだろう。雪子は自分を鳥、自分を取り巻く環境を鳥籠に例えていたけれど、彼女もまた周囲の期待に応える自分に果たして自発的な意思があるのかどうなのかと言う部分で悩んでいた。

その中で彼女はシャドウと向き合った。りせはシャドウと向き合うことで芸能人としてのりせちーもまた自分であるのだと受け入れたのとある意味逆で、雪子はシャドウと向き合うことで次期女将としての自分を受け入れた。一見して似ているのだけど、りせは自分が受け入れるべき部分がシャドウとして体外に出現したが、雪子は自分が受け入れるべき部分は実は雪子として体内に残っていたのだ(シャドウとして体外に出たのは自由に生きたいと言う表面上の雪子の願いの部分)。

おそらく今回の一件を契機に雪子は、天城屋の女将としての道を歩くことを決意しただろう。もちろんこの先、大学(田舎町だから近隣に雪子に合うような大学があるか分からないが)に進むこともあるだろうし、そこでまたいろいろな出逢いや経験に触発されることはあるだろう。それでもきっと雪子は、自分の原点と言うものがどこにあるのかをきっと忘れない。


もしかしたら、雪子のような代々受け継いできたモノを継承している子供たちは、何も知らない他人から見たらもしかしたら「親や一族に敷かれたレールの上を歩かされている不憫な子」に見えるのかもしれない。でも、それは違うのだ。そういう子供たちにとって、そうした受け継ぐべきモノが身近にある風景は当たり前であり、そして自分の心の原風景であり、原点なのだ。

そこに気づけた雪子は、主観的な感想になってしまうが本当に良かったと思えた。




◆事件は加速するか?
と言うわけで、実は悠には脅迫状が……。たった一通の脅迫状だが、ここで分かることがわずかにある。

1.犯人はマヨナカテレビを意図的に殺害のツールとして利用している
マヨナカテレビにいれることで、入れられた人間は自分のシャドウと向き合い受け入れなければ死ぬ。真犯人はこのプロセスと結果を知っている。

実はこれ当たり前だと思いがちだが、久保はおそらく知らなかった。テレビに入れることは知っているけど、おそらく入ったことや入った人がどうなるかは目にしたことがないのだろう。だから彼には、諸岡を殺害する時にテレビを利用すると言う発想がなかった。

でも真犯人はそうではない、ということ。

脅迫状の文面が「コレイジョウタスケルナ」だったことがポイントだ。「タスケルナ」と言うことは、真犯人は誰かが“助ける”ような事をしないと入れられた被害者がどうにかなってしまうことを意図的に行っているということ。これはつまり、殺意の裏付けと言えるだろう。

つまり、犯人は殺意を持って山野アナ、小西早紀を殺害したということだ。まぁ、その殺意も怨恨に根差すものなのか、突発的なものだったのかという部分はまだ曖昧だが。


2.犯人は鳴上悠をいろいろな意味で知っている
これはもちろん、脅迫状の宛てが悠だったことに起因している。が、これには実はいろいろな意味が含まれる。簡単に箇条書きに、含まれる意味合いとそれによって導き出される部分を記しておこう。

a)犯人は、意図的にテレビの中に入れられた人を助けるグループの存在を確信している
⇒犯人は偶然被害者たちが助かったのではなく、意図的に救出しているグループ(=悠たち)の存在を感知している。悠たちは、このことを現在の仲間以外で口にしているケースはほとんどないのに、どこで知ったのか?

b)犯人は、テレビに入れられた人を助けるグループの中心核が悠だと知っている
⇒犯人は救出グループの特定に成功している(どうやって?)。その上、そのグループの中心核にいるのが悠だと知っている。

c)犯人は、鳴上悠のことを詳しく知っている
⇒少なくともフルネームと住所は知っている。なぜならあの脅迫状には、悠の名前しか記載されていなかったから。つまり、郵便などを利用したのではなく犯人は自ら堂島家のポストに投函したことになる。郵便を利用しなかった理由が、もし堂島家の大黒柱である遼太郎が刑事だと知っているからだったとしたら、犯人は悠の周囲を念入りに調べ上げている可能性もある。

d)犯人は、稲羽市内もしくは近郊に住む可能性が高い
堂島家を知っていた土地勘、直接ポストに脅迫状を投函出来たこと(見知らぬ人物が住宅街をうろついていれば怪しまれるがそういったことがない様子を考えると、近隣に住むか、あるいは夜間の実行と言うことになる。夜間ならなおのこと土地勘が求められる)などを踏まえれば犯人が悠たちの身近にいる可能性は非常に高い。



まぁ、これらの可能性が一通の脅迫状から分かるわけだ。重要なのは、真犯人が割と悠のことを知っていると言う点か。マヨナカテレビの一件は、犯人がテレビを通じて観ていたという可能性もあるし、あるいはテレビの中に頭だけ突っ込んで監視していた可能性もあるだろう(それが出来るかどうか分からないが)。だが、それ以上に不気味なのは、悠を知っている点。悠がグループの中心核だと知っている点。

普通に考えれば、ムードメーカーの陽介、不良として知られる完二、探偵王子として有名な直斗辺りがパッと見はリーダー格に見える。陽介はともかく、後の二人は有名で特に直斗の住所はすでに割れているはず。同様に住所が割れやすいのは雪子だ(旅館経営のため)。
でも、犯人はこれらの一見すればリーダー的な人たちや住所が割れやすい人ではなく、的確にグループの中心核である悠を見極め、そして住所を割り出しにくい悠(堂島家)へ脅迫状を直接投函している。

つまり、真犯人は悠たちのグループについてある程度熟知していると言うことだ。そうなると彼らのグループの身の回りにいる身近なキャラが最も怪しいわけだ。グループ内に裏切り者の真犯人が居ないのが唯一の救いではあるけれど(悠以外は自らのシャドウと向き合って殺されかけているので犯人とは言い難い。悠も自分のシャドウとは向き合っていないが、ペルソナを使えている時点で「向き合う必要性がない」と言うことなのだろうし、ここでは可能性は低いだろう)。

まぁ、描写がないだけでグループ全員に脅迫状を送っている可能性もゼロではないが、それならそれで犯人はグループ内の人物について熟知していることに変わりは無い。


ここまで来ると、もう犯人は身近な人物になりそうだ。悠の身近な人間が犯人ならそれだけで意外性のある人ばかりだから、驚きなんだけど……次回以降はそこにようやくメスを入れることが出来るのだろうか。


次回『DON'T SAVE ANYONE ANIMORE』

≪TB先 参照リンク(URLアルファベット順)≫
赤字はTBが現在弾かれてしまっているBlog様です。
現在、nifty系、so-net系はほぼ全滅。livedoorは調子がいいと送れます。

・http://alicetail904.blog42.fc2.com/blog-entry-1059.html
・http://altria98.blog113.fc2.com/blog-entry-1211.html
・http://ameblo.jp/atgpt/entry-11173786945.html
・http://ameblo.jp/brook0316/entry-11171554084.html
(http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201202240002/)
・http://ameblo.jp/kanri-syujiro/entry-11174739161.html
・http://ameotokops.blog.fc2.com/blog-entry-207.html
・http://animetureduregusa.blog65.fc2.com/blog-entry-1603.html
・http://blog.goo.ne.jp/gurimoe/e/ac875f020558c875d5843f6
769a4c4ce
・http://blog.goo.ne.jp/mio793/e/2267dad0c5e7d328c5b7573f
3e6438cc
(http://plaza.rakuten.co.jp/blackwidow/diary/201202230002/)
・http://blog.livedoor.jp/mattari_6/archives/51823945.html
・http://blog.livedoor.jp/sumi4460/archives/67331663.html
・http://blog.livedoor.jp/t_cherry398/archives/51649374.html
・http://blog.livedoor.jp/youotu-roro/archives/3299295.html
・http://disorellan.blog61.fc2.com/blog-entry-1481.html
・http://dokuatari.blog137.fc2.com/blog-entry-624.html
・http://hibikidgs.blog.fc2.com/blog-entry-1200.html
・http://hienkyaku.blog50.fc2.com/blog-entry-2567.html
・http://kagura77.blog99.fc2.com/blog-entry-3201.html
・http://kakioki60.blog129.fc2.com/blog-entry-1191.html
・http://kouyanoblog.blog61.fc2.com/blog-entry-4379.html
・http://muhanho.blog40.fc2.com/blog-entry-2502.html
・http://nanohana0103.blog.fc2.com/blog-entry-264.html
・http://picoro106.blog39.fc2.com/blog-entry-5633.html
・http://riksblog.fool.jp/public_html/mt5/anime/now/2012/
02/p4-20.html
・http://scriptor.blog54.fc2.com/blog-entry-1552.html
・http://seigenjikan.blog2.fc2.com/blog-entry-2283.html
・http://seraraku2.blog59.fc2.com/blog-entry-6521.html
・http://shino134.blog22.fc2.com/blog-entry-3052.html
・http://shirokuro585.blog109.fc2.com/blog-entry-961.html
・http://sigerublog.blog137.fc2.com/blog-entry-805.html
・http://soraxcan.blog59.fc2.com/blog-entry-3191.html
・http://spadea.jugem.jp/?eid=14882
・http://strawcat.blog12.fc2.com/blog-entry-3524.html
・http://subcul.jugem.jp/?eid=2412
・http://timediver2010.blog27.fc2.com/blog-entry-2641.html
・http://vnr2034.blog133.fc2.com/blog-entry-1542.html
・http://waitingfrofresong.blog.fc2.com/blog-entry-101.html
・http://wondertime.blog31.fc2.com/blog-entry-1880.html
・http://zspecium.blog.fc2.com/blog-entry-277.html

もしよろしければ、拍手ボタンをポチッと押して下さいm(_ _)m 管理人のモチベーションが上がります(ぉ 
Web拍手に頂いたコメントは後日『Web拍手レス』にてお返事させていただきます。

Comment

NoTitle 

こんにちは
脅迫状からの推理、なかなか鋭い点をついてらっしゃると思います
それと同時に以前の推理も照らし合わせると真実が見えてくるかと
原作でもですが真実が目の前にあるのに当人たちには見えてない、見ることを忘れてしまう状況に追い込まれるってのがあったり
  • posted by まーりゃん 
  • URL 
  • 2012.02/25 20:56分 
  • [Edit]
  • [Res]

>まーりゃんさん 

こんばんは。

>脅迫状からの推理、なかなか鋭い点をついてらっしゃると思います
ありがとうございます。

>原作でもですが真実が目の前にあるのに当人たちには見えてない、見ることを忘れてしまう状況に追い込まれるってのがあったり
それは以前にも仰られていましたよね。ここまでシャドウと言う形で真実をずっと目にしてきた悠たちが、それを見ることを忘れてしまう状況と言う部分がどんな状況なのか未だに想像できませんが、一視聴者としてそういうシーンを悠たちがどう乗り越えていくのかも楽しみにしたいですね。
  • posted by 月詠 
  • URL 
  • 2012.02/25 22:29分 
  • [Edit]
  • [Res]

NoTitle 

現実見るの忘れてバッドエンド直行しましたよ。
岸監督も1周目はバッドエンドだったと語ってましたよ。

ゲームをすでにプレイした者として、今後の展開がか楽しみです。
  • posted by 34 
  • URL 
  • 2012.02/25 23:04分 
  • [Edit]
  • [Res]

>34さん 

こんばんは。

>現実見るの忘れてバッドエンド直行しましたよ。
なるほど、原作のバッドエンドは全てが終わった後に振り返ると「現実を見るのを忘れている」と言う風に見えると言うことですね。どんなことがあったのか、それはアニメでどう再現されるのか楽しみにしたいですね。
  • posted by 月詠 
  • URL 
  • 2012.02/26 01:19分 
  • [Edit]
  • [Res]

混乱させましてすみません。 

こんにちは

私の記述は気にしないでください。
日本人のくせに日本語苦手というか、何も考えていないので。
(ほら、以前も「何も言わない」と「一つだけ言わせろ」で矛盾してましたし)

つまり、何も考えてないからバッドエンドだったんですよ。
  • posted by 34 
  • URL 
  • 2012.02/26 10:10分 
  • [Edit]
  • [Res]

>34さん 

いや、大丈夫ですよ、別に混乱なんてしてませんからw あまり気になさらないでくださいwww
  • posted by 月詠 
  • URL 
  • 2012.02/26 19:23分 
  • [Edit]
  • [Res]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

Trackback

トラックバック URL
»»この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Persona4 the ANIMATION 20話

アバドンはともかく、先生は守備範囲内だと思うの。 というわけで、 「Persona4 the ANIMATION」20話 ファイト一泊の巻。 目的意識って重要だと思います。 嫌々やってるうちは、何事も身につかない...

ペルソナ4 the ANIMATION 第20話 「We'll all meet at the AMAGIYA Hotel」

前回太陽のコミュゲット。 「ベルベルベ~ルベルベット♪ わ~があ~るじ長い鼻~♪」 妹(エリザベス)と良く歌ってたらしいが、本人の前で歌うなw 「・・・・・・・」 イゴールは泣いてもいい

今回で最後のギャグ回。ここでしっかりと、菜々子が超重要発言を吐露したよ(ToT) ペルソナ4 the ANIMATION 第20話『We'll all meet at the AMAGIYA Hotel』

 いつものベルベットルームの光景。  イゴールさんも、今回はこの世へ帰省できてなによりです♪  でも、マーガレットさんは、なんかとち狂った方向へ。  ベルベルベルベルベットぉ~♪  昔、妹とよく歌...

ペルソナ4 20話 「We'll all meet at the AMAGIYA Hotel」 感想

どちらに落ち度があるかに関係なく、痴漢は悪。悲しいけど、これ現実なのよね。

Persona4 the ANIMATION 第20話 『We'll all meet at the AMAGIYA Hotel』

良かった、幻滅されたかと思った。学園のアイドルという触れ込みだったのにギャグキャラになっていた雪子。それだけに鳴神と菜々子を家に誘ったのはビックリしましたね。まだヒロインやる気あったんだ。でも全員乗ってきて目論見はハズレ。上手く行かずにしょんぼりしてい...

「Persona4 the ANIMATION」第20話

コレイジョウタスケルナ… 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201202240002/ ペルソナ4 6【完全生産限定版】 [Blu-ray] アニプレックス 2012-04-25 売り上げランキング : 25 Amazonで詳しく見る ...

アニメ感想 ペルソナ4 第20話「We'll all meet at the AMAGIYA Hotel」

「ここは勇気を振り絞って、この場に留まる!!!」

P4 -ペルソナ4- #20 感想

天城屋旅館でペルソナァ――ッ!! ( ゚∀゚)o彡°           ペルソナ4第20話のぶっきら感想!!

ペルソナ4 第20話 「We'll all meet at the AMAGIYA Hotel」

文化祭の後、打ち上げをしたいってことで 菜々子も入れて 雪子の家の旅館でお泊り会です♪ あいは天城屋旅館でもバイトしているのかw ▼ ペルソナ4 第20話 「We'll all meet at the AMAGIYA Hotel」  部屋だいじょうぶ?  気になることを言う あいです?...

ペルソナ4 第20話 「We'll all meet at the AMAGIYA Hotel」 感想

マーガレットが、どんどん壊れていってますね(笑) 初期のクールビューティさは、もはやどこに行ったのやら。 鳴上たちが部屋で聞いた不気味な声の正体は、あの肉食系二人の 声だったのかな? 文...

P4(ペルソナ4)第20話の感想レビュー

サブタイトルは『We'll all meet at the AMAGIYA Hotel』です。 マーガレットさんが歌い出した時には、すわ、何事!?と思いましたが、お話的には雪子の成長を掘り下げる( ;∀;) イイハナシダナー回で心に響きましたね。 なんという青年の主張♪ しかし、文化祭...

ペルソナ4 第20話 感想「We'll all meet at the AMAGIYA Hotel」

ペルソナ4ですが、クールな美人秘書の感情の発露という貴重な瞬間も頻出しています。鳴上悠たちは文化祭でテンションも上がりきってしまい、雪子姫の旅館で大宴会を催します。本来、菜々子だけを泊めるつもりでしたが、みんなが盛り上がっているので水をさすことなどでき?...

Persona4 the ANIMATION #20 We'll all meet at the AMAGIYA Hotel

ペルソナ4 第20話。 今回は天城屋旅館へのお泊り。 以下感想

ペルソナ4 -Persona4- 第20話「We'll all meet at the AMAGIYA Hotel」

あらすじ・・・文化祭終了後、打ち上げと称して天城屋旅館に菜々子を連れて泊まりに訪れた悠たち。 温泉宿での衝撃と戦慄の一夜が始まる。

ペルソナ4 第20話 「We'll all meet at the AMAGIYA Hotel」感想

・・・マーガレットさんはシリアスになるのか・・

Persona4 the ANIMATION #20「We'll all meet at the AMAGIYA Hotel」

「ここは勇気を振り絞って この場に留まる!」 文化祭の打ち上げで 天城屋旅館に泊まりにやって来た悠たち! そして、悠に届いた一通の手紙……    【第20話 あらすじ】 文化祭終了後、打ち上げと称し...

『Persona4 the ANIMATION』#20「We'll all meet at the AMAGIYA Hotel」

「ここがとても大切で、 守りたい場所だったって感じるようになったの」 私、気付けてよかった。 文化祭が終り、パーっとどこかに食事しに行こうとしたが、 おじさんが明日から出張なため、 菜々子を一...

Persona4 the ANIMATION #20「We'll all meet at the AMAGIYA Hotel」

『文化祭終了後、打ち上げと称して天城屋旅館に菜々子を連れて泊まりに訪れた悠たち。 温泉宿での衝撃と戦慄の一夜が始まる。』 力強い光を感じるのは新たに太陽のアルカナを手に入れたせいなのか って...

persona4 the ANIMATION #20

【We'll all meet at the AMAGIYA Hotel】 ペルソナ4 3 【完全生産限定版】 [Blu-ray]出演:浪川大輔アニプレックス(2012-01-25)販売元:Amazon.co.jpクチコミを見る あってはならない事を経験してし ...

ペルソナ4:20話感想

ペルソナ4の感想です。 今日の見所?即答で直人!

ペルソナ4アニメーション 20話感想

文化祭も終わり、ベルベットルームの二人も定位置に戻って通常営業再開。 いきなりヘッポコな歌を歌い出したりと、例によってマーガレットさんは飛ばしてくれますがw サブタイトル「We'll all meet at th...

persona4 the ANIMATION(ペルソナ4・アニメ) 20話感想

そういえばP4ザ・ゴールデンの発売日が決まりましたね!!

(アニメ感想) ペルソナ4 第20話 「We'll all meet at the AMAGIYA Hotel」

ペルソナ4 6【完全生産限定版】 [Blu-ray](2012/04/25)浪川大輔、森久保祥太郎 他商品詳細を見る 文化祭終了後、打ち上げと称して天城屋旅館に菜々子を連れて泊まりに訪れた悠たち。 温泉宿での衝撃と戦...

ペルソナ4 the ANIMATION #20 「We'll all meet at the AMAGIYA Hotel」

改めまして。 早速。 #20「We'll all meet at the AMAGIYA Hotel」の感想です。

左サイドMenu

カウンター

祝2,000,000Hit達成♪ とうとう大台突破。これも皆様のおかげでございます(o ̄∀ ̄)ノ

カレンダー(月別)

08 ≪│2019/09│≫ 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

ガンダムシリーズ

◆新機動戦記ガンダムW◆

新機動戦記ガンダムW BD-BOX1

OVA・続編含め『新機動戦記ガンダムW』全般を応援してます♪
ガンダムW関連 まとめページ
感想、用語、企画など全ページへのリンクがあります。ご利用ください

2016/05/04 12巻分の用語一部更新しました

《用語》
用語集
ア行
カ行
サ行
タ行
ナ行
ハ行
マ行、ヤ行
ラ行、ワ行
英字行
登録キャラクター名一覧
キャラクター詳細
ア行
カ行
サ行
タ行
ナ行
ハ行
マ行、ヤ行
ラ行、ワ行、英字行

メカニック図鑑
メカニック用語詳細
年表

《企画》
年代考察
勢力図まとめ
AC暦におけるMS史(コラム)

◆ガンダムモビルスーツバイブル◆

GMB001_20190322210057cc3.jpg

まとめページ

◆機動戦士ガンダム00◆

GUNDAM OOQ
用語集などは特にありませんが、劇場版の感想は全十回というボリュームでコラム風に書かせていただきました。よろしければどうぞ。
ガンダム00関連 まとめページ

◆鉄血のオルフェンズ◆

81TuctHvlZL__CR88,0,1536,1536_
各回の感想のまとめだけ。
鉄血のオルフェンズ まとめページ

米山シヲ 応援エリア

◆梅衣堂ひよと旦那様の野望◆

1-2-2

『梅衣堂ひよと旦那様の野望』待望第1巻発売中

月刊少年ガンガンで現在連載中『梅衣堂ひよと旦那様の野望』を応援中。『ブラクロ』と同じように独自用語集も製作中!

公式特設ページ

独自用語集
第1巻

◆ブラッディ・クロス◆

ブラクロサムネ

月刊少年ガンガンで完結した『ブラッディ・クロス』をプッシュしています♪ 独自用語集あります! 

公式特設ページ

独自用語集
キャラ紹介-混血勢力-
キャラ紹介-天使勢力-
キャラ紹介-堕天使勢力-
キャラ紹介-アルカナ-
キャラ紹介-神葬-
キャラ紹介-その他-


最近の記事

最近のコメント

<>+-

最近のトラックバック

メールフォーム

管理人に何か言いたいことがあれば、ここからどうぞ♪

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード

QR

友達申請フォーム

FC2ブログランキング

FC2のブログランキングに参加中♪ 気に入っていただけたなら、一押しして下さい。

FC2ブログランキング

右サイドメニュー

義援金募集

FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして

検索フォーム

管理人から一言

お知らせ

管理人からのお知らせです。

PS4ゲーム『JUDGE EYES:死神の遺言』プレイ中。

『ガンダムW FT』コンテンツは不定期更新です。現在は11巻分までの感想と用語の更新を完了しました。

『ブラッディクロス』全12巻発売中! 用語集更新は全て無事終了致しました。

文庫・単行本(キャラクターノベル含む、ライトノベル含まず)の著者名別リストに移行しました。さすがに増え過ぎた(笑


今期の週間感想予定
日曜日:-
月曜日:-
火曜日:-
水曜日:-
木曜日:-
金曜日:-
土曜日:-
不定期:ピックアップ感想、ゲーム感想、模型関連など


場合によっては急遽順序等の変更もありますが、ご理解いただけますようよろしくお願いします。

管理人プロフィール

月詠

Author:月詠
埼玉県某所在住の34歳社会人。性別♂。名前は「つくよみ」と読む。

世知辛い世の中で嬉しいことも泣きたいこともサブカルチャーたちに救われています
詳細な自己紹介はこちら(2019版)。それ以前のものはこちら

コメント・TB、相互リンク受付中。下記の運営方針に詳細を記載しております。無条件に大歓迎と言うわけではありませんが、大部分の方は歓迎出来るかと思いますw

以下、ショートカット。
◇閲覧上の注意や規約など
Blogの運営方針・利用規約
他のBlog様と大差ない運営・利用規約ですが、初閲覧の方は簡単でも良いので読んで頂けるとありがたいです。閲覧、コメント等される方は利用規約を了承していると判断させていただきますので、「知りませんでした」は通用致しません。


◇アニメについて
アニメの評価について
歴代アニメ評価一覧
アニメアウォーズ! 受賞一覧


◇ゲームについて
ゲームの評価について
歴代ゲーム評価一覧


◇ブックス(本)について
小説の評価について
ブックレビュー一覧
   あ行の著者
   か行の著者
   さ行の著者
   た行の著者
   な行の著者
   は行の著者
   ま行の著者
   や行の著者
   ら行の著者
   わ行の著者
   複数の著者・その他
 文庫・単行本(キャラノベ含む、ラノベ含まず)は上気の著者名別になっています。

◇プラモデルについて
完成品一覧(グレード別)
完成品一覧(シリーズ別)
完成品一覧(トイ、フィギュア等)

◇その他リスト一覧はこちら
テレビ&シネマ
CD&DVD&BD
TYPE-MOON関連

ツリー式カテゴリー

openclose

アニプレッション!!

アニプレッション!!
アニプレッション!!とは

アニプレッション!!は、アニメブロガー達の合同ブログです。アニメについての問題意識・感想・考察・批評等の諸言説を発表し、アニメを語る事の面白さを伝える事が目標です。自分も末席に加えさせていただいております。
現在活動停止です

以下、アニプレッション!!メンバーのBlogです。

相互リンク(更新停止)

残念ながら一年以上の更新がない相互リンク先の方々です。サイト消滅の場合は消させていただきます。いずれまた復活し、交流が持てることを期待しています……