FC2ブログ

刹那的虹色世界

アニメ・ゲームのあらすじを主体とした感想や批評のブログ。時折、日記・声優・コミック・スポーツなど幅広くレビューしています。リンクフリー、相互リンク大歓迎♪

Entries

偽物語 『かれんビー 其ノ漆』

偽物語
『かれんビー 其ノ漆』


≪あらすじ≫
“囲い火蜂”の毒も癒えぬまま家を飛び出した火憐を追う暦は、忍の力も借りてようやく火憐を発見した。力尽くでも通るという火憐と、力尽くでも止めると決めた暦。互いのぶつかり合いに対して柔道黒帯を持つ火憐の前に体術では勝負にならない暦。しかし、妹に何度打ちのめされても決して暦は倒れることはなかった。

「正義は強くなくちゃいけないなら、勝ったヤツが正義ってことで良いだろ」
「その考えは危険だよ、火憐ちゃん」

強いことが正義だと言う火憐に苦言を呈す暦。だが「正義は強くなくちゃいけない」と言ったのは暦だと指摘する火憐に、彼は「強さとは意思の強さだ」と反論する。いつでも他人の為に動いている火憐には自分の意思などなく、他人に動く理由を預ける火憐には責任を取ることも出来ないのだ、と。

「誰にも迷惑はかけてない」
「いつだって迷惑かけられている」

火憐の最後の反論を一蹴した暦は、抱きとめた火憐に最後の一言をかける……「偽物が悪いなんて一言も言ってねぇだろ」と。


火憐を説得し、火憐からようやく正式に「後を任された」暦は火憐を実家に連れ戻してからひたぎと合流する。どこかのデパートの屋上。そこが、ひたぎがセッティングした貝木泥舟との待ち合わせ場所だった。

そこには相変わらず不吉な格好をした貝木がいて――



≪感想≫
どう考えても最初の1/3がメインだったでござるの巻(笑

まぁ、残りの2/3は泥舟とのやり取りだったわけだが、そこにはコレといって大したモノはなかったわけで、物語としてのクライマックスは最初の1/3の火憐とのやり取りだったわけだ。まぁ、劇中で火憐が口にしたように残りは文字通りの「尻拭い」でしかなかった、ということだ。

結局、暦は火憐に対して一度も手は上げてないんだよね、今回。実力差があってロクに反撃なんて出来なかっただけなのかもしれないが、「一度だって妹相手に本気で喧嘩なんてしてない」という“嘘か本当か”そんな言葉が如実に反映されたシーンだったと思う。


◆偽物=悪ではない
と言うことらしい。なかなか一般的にこの感覚は無いとは思うけど。

暦の火憐に対する論破シーンは個人的にここ数年のアニメ作品では屈指の論破シーンだったと思う。自分の持っている持論と暦の論破の軸となった主張が割と重なっていたこともあって、「言いたいことを主人公が言ってくれた」という妙に爽快感のあるシーンだった。

結局のところ、正義の味方は自己満足を受け止めることが出来ないとやっていけないということだ。正義の味方が「他人を助けたい」と言う想いや感情を否定するわけではなく、その想いや感情が究極的に突き詰めれば正義の味方自身のための行動であると甘んじて受け止めることが出来なければならない、ということなのだろう。

暦は火憐に「他人に動く理由を求めるのは意思が弱い」旨を語ったわけだが、個人的にそこはあまりそういう風には感じていないし、たぶん暦もそこを重要だと口にしたわけではないのだろう。別に自分の為に動こうが、他人の為に動こうがそこに大した差などない……極論を言えばそのどちらであったとしても、突き詰めれば所詮“自分の為”でしかないのだから、同じモノなのだ……それをちゃんと認識できているか否かと言う違いだけで。

それを理解しているか否かと言うのは、大きな境目なのかもしれない。火憐はそれを知らず、暦はそれを知っている。
そういう意味で暦が「自己満足と甘んじて受け入れられないなら正義の味方など口にするな」という言葉は凄く説得力があった。暦は割と自分のしている行動に対して「これは俺の自己満足だ」的な雰囲気を感じられるキャラクターだと思っているし、『化物語』での積み重ね亜があるからこそあの言葉には意味があったのだろう。



ただ、どちらかと言えばもう少し火憐に周りを見ることを暦には指摘して欲しかったなぁ、というのが本音ではある。実際のところ、「意思の強さ」で言うなら「私が負けを認めなければ負けじゃねぇ」と言ってた火憐の意思は相当のものだ(もちろん、その意思の根本的な発露が「自分」なのか「他人」なのかを履き違えているため、土台はグラグラに脆いわけだが)。だから暦には意思の強さの有無もそうだが、そうした視野の狭さはもっと指摘してあげるべきだったんじゃないかな、と。

泥舟も指摘していたように、相手と一対一で対峙したことが問題だったわけだから、暦が本当に指摘すべきはやっぱり本人は「誰にも迷惑をかけてない」ように思っているだけで、本当は一番身近な家族に「これ以上ない迷惑と心配をかけているのだ」と自覚させることだったように思えてならない。そして、正義の味方ならそもそも自分の一番身近な人に一番大きな心配などかけてはならないのだ、ということを……。



しかし、それでも暦としては伝えたいことは伝えられたのだろう。

「偽物が悪いわけじゃない」

最初に書いたようにこの感覚は普通薄いから難しいところではあるけれどね。でも、実際に世の中ってそういうものってことなのだろう。勧善懲悪、白黒、そんなどちらか一方なんてことは世の中あり得ないわけだ。偽物が悪いなんて誰も決めていない。例えば、ブランド物のアイテムの偽物が“悪い”のはその偽物のアイテムが悪いのではなく、それが偽物だと知りながら取り扱い利益を得るという詐欺行為が“悪い”のだ。

というと、まるでそれは詭弁のようにしか聞こえないのだけどね(苦笑

でも、偽物が必ずしも悪くないってことは、裏を返せば貝木が口にしていた「真実などない」と言う言葉に直結するのだろう。




◆真実なんてない
これを貝木がどこまでの意図と思惑で口にしたかは原作を読んでいない私にはわからないが、個人的には暦の「偽物が悪いわけじゃない」という台詞に繋がっているように思っている。

真実なんてない、とはどういうことか。

裏を返せばそれは、何を以ってソレを「本物(真実)」と見なすかなんて定まっていない、ということだと思っている。

例えば散々取り扱っている“正義の味方”。じゃあ、どんなスキルを有していればこれは本物の正義の味方だと言えるのだろうか? そんなことは決められるはずもないだろう。人それぞれに本物の正義の味方が持つべきスキルやステータスがあって、それは必ずしも一致するものではない。

暦の考える正義の味方と、ひたぎの考える正義の味方と、火憐の考える正義の味方と、貝木の考える正義の味方。

どれも“正義の味方”だけど、そのどれも絶対に一致しないはずだ。それぞれの考える正義の味方とそれに必要なスペックは多かれ少なかれやっぱり違うモノがあるはずだからである。

じゃあ、その状況で何を以って“本物”と言うことが出来るのか?

それに対する答えが「真実などない」だ。「真実=本物」だとも限らないのだけど(苦笑)、ここでは仮に「真実=本物」だと仮定して話を進めると、結局唯一無二の本物たる基準なんてこの世には存在しないということ。人それぞれの裁量によって真実はその姿や形、大きさを変えるものである。

ある意味、ここで真実は“正義”と言い換えることが出来るのかもしれない。正義なんて人それぞれ全く違う信念を基にして持っているもので、当然人それぞれ“正義”は千差万別なわけだ。つまり単純に“正義”と言ってもそれで統一された基準などないし、明確な線引きもないのだから、「真実などない=真実など人の数だけある」と。

もちろんその中でその人の数だけある“真実”や“正義”のクオリティというか性質の純度というか徳の高低というのは相対評価によって下されるべきものだと思うし、実際に貝木はそうやって人を判断し評価している節がある。
貝木は一般的な相対評価によって自分が一般的な“正義”的な感覚からは程遠いことを自覚しているし、そんな自分は正しき道から外れた者であると劣等感とも向かい合った上で受け入れてるし、その一方で自分の持っている“真実”感から重し蟹の怪異に掛っていた頃のひたぎを大きく評価していたわけだ。



こういうことを口にできる貝木は、まさしく火憐からすれば相性が悪かったと言える。自己満足の正義を受け入れることすら出来ない火憐が、自らの劣等感を受け入れつつ自らの持つ価値観で立ちまわれる貝木に討論で勝てる要素なんてまるでなかったわけだ……まして、詐欺師の暗示にあっさりかかってしまうようでは。



◆とまぁ、散々いろいろ書いてきたけど
『偽物』がテーマだったこの作品も、全11話の内7話が終了。概ね、この作品を通して語りたい『偽物』とは何だったのかというものを感じることが出来たわけだ。ここまで描きながら残り4話で何を描くのか、何を私たちに訴えかけてくるのかと言うのはとても楽しみである。


実はとても濃密な前半1/3(Aパート)だったが、個人的にはBパートのひたぎの台詞が好きだった。

「私は正義の味方じゃないわ。悪の敵よ」

あぁ、なるほどねと思ったw 確かにひたぎはこんな感じだ。

上でも書いたけど、世の中勧善懲悪で善か悪かのどちらかに割り振れるようなものじゃないわけだ。つまりひたぎの中で正義(善)は暦で、悪は貝木で、そして自分自身はそのどちらにも成り得ないしそのどちらでもないのだと認識しているということだ。

「悪の敵≠正義の味方」という認識を持っている辺り、個人的にひたぎの凄いところだと思う。そう言われればそうだよなーと思う。「悪の敵が悪」であることだって十分に考えられるわけだから。
こういう部分における“認識力”と言うのは、ひたぎ・真宵・忍辺りが作中ではトップクラスだろうなと感じる(まぁ、後の二人は生きて来た年数がそもそも違うわけだからその経験値もあるんだけどwww)。


そんなわけで、実はこの『偽物』を描いてきた本作のテーマってこの部分じゃないかと思わされるシーンが多い。つまり“認識力”だ。

無知は罪とも言われることもあるが、知識としての無知も罪だが認識としての無知(無自覚)もまた罪で、つまりちゃんと認識するって大切なことだってこと。散々取り扱ってきた“真偽”というモノゴトもそれを認識し見極めることも大切だが、それ以上にその先にある本質を認識することが重要なのだ。

だから暦は火憐を“偽物”と認識しながらそれを“悪いこと”とは認識しなかったわけだ。でも貝木に対して暦がどう認識したかは曖昧な部分もあるがでも、貝木は“偽物”でありそれを“悪いこと”と概ね認識したように見える。大切なのは“真偽”ではなく“本質”として、それをまずは認識すること。その後に認識したその本質を肯定するか否定するかそのどちらでもないかは、その各々が持ついろいろな要素で判断すべきなのだ。

要はちゃんと本質を“認識”出来ること――それも出来る限り広い視野を持って。そりゃそうだ。どんなに優れた認識力を持っていたとしてもその一点のみだったとしたら応用は利かないし、それ以外のシーンではまるで意味を成さないしわけだから。

だからここまでの『偽物語』でトラブルを起こすのは、視野の狭い火憐と知識はあるけど認識力に欠如する翼だったのだから。

もちろん、これは広義にいろいろなことに当てはめられてしまうので回答として優秀な回答ではないと自覚はしているが、「『偽物語』ってどんな作品?」と問われれば広義に「“認識力”を描く作品」って答えるかもしれない。それくらい便利な言葉ってことだけどね(ノ∀`*)アイター



さて、次回からは確か月火ちゃんメインだっけ? それとも1話くらい息抜き回入るのかな?(話数的にはそんな余裕はなさそうだが) 


そうそう、これは余談だけど、屋上の床に映るひたぎの髪の影が良く動いていた。そのよく動いていた影の割に、その隣に映っていたポールの先の旗(?)みたいなものが全く微動だにしていない演出には意味があるのかなー、と思った。普通に考えれば、貝木の言動でひたぎの内面は波風立てられている描写で、実際には風なんて吹いていないという比喩的な表現のようにも見えたけど(暦の髪もそんなに風が強く吹いてうねってる感じは無かったし)。

まぁ、この辺りは明日起きて観返す余裕があったら確かめたい(笑




≪TB先 参照リンク(URLアルファベット順)≫
赤字はTBが現在弾かれてしまっているBlog様です。
現在、nifty系、so-net系はほぼ全滅。livedoorは調子がいいと送れます。

・http://adam666.cocolog-nifty.com/blog/2012/02/post-0f1d.html
・http://alberoalbero.blog39.fc2.com/blog-entry-193.html
・http://amakuni186.blog136.fc2.com/blog-entry-196.html
・http://ameblo.jp/adam/entry-11169472657.html
・http://ameblo.jp/brook0316/entry-11165557692.html
(http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201202190000/)
・http://ameblo.jp/gintoki-sakata-vol2/entry-11169161598.html
・http://ameblo.jp/nama-hamuhamu/entry-11170931801.html
・http://ameotokops.blog.fc2.com/blog-entry-202.html
・http://animedouganews.blog44.fc2.com/blog-entry-2118.html
・http://animehigurasi.blog92.fc2.com/blog-entry-473.html
・http://animetureduregusa.blog65.fc2.com/blog-entry-1587.html
・http://ariaprincipe.blog46.fc2.com/blog-entry-1151.html
・http://arpus.blog121.fc2.com/blog-entry-1935.html
・http://bbog920.blog.fc2.com/blog-entry-255.html
・http://blog.goo.ne.jp/jin-d/e/0ba2e57c0c7626103ff01b0f3320
ed00
・http://blog.goo.ne.jp/mio793/e/70300e2343ce449f7eb2a5eaf6a
d841b
(http://plaza.rakuten.co.jp/blackwidow/diary/201202190000/)
・http://blog.goo.ne.jp/sakino-k/e/903f2231c95b2484ecb4372aa
0c5da47
・http://blog.livedoor.jp/electro_railgun/archives/51868893.html
・http://blog.livedoor.jp/hibino_fumi/archives/51332214.html
・http://blog.livedoor.jp/rin20064/archives/52251798.html
・http://blog.livedoor.jp/s_396n/archives/51821615.html
・http://blog.livedoor.jp/sumi4460/archives/67322919.html
・http://blog.livedoor.jp/t_cherry398/archives/51648613.html
・http://blog.livedoor.jp/voler/archives/52929635.html
・http://blogreblog.at.webry.info/201202/article_19.html
・http://blogs.yahoo.co.jp/japantraveler88/8566765.html
・http://bluebluesilvermoon.blog38.fc2.com/blog-entry-3747.html
・http://boricacid.blog79.fc2.com/blog-entry-399.html
・http://brilliantcorners.blog54.fc2.com/blog-entry-371.html
・http://civer.blog122.fc2.com/blog-entry-4395.html
・http://coffeemonster.at.webry.info/201202/article_12.html
・http://diconoir.blog94.fc2.com/blog-entry-365.html
・http://dokuatari.blog137.fc2.com/blog-entry-611.html
・http://fllayg.com/index.php?e=2226
・http://hienkyaku.blog50.fc2.com/blog-entry-2556.html
・http://e102128.blog54.fc2.com/blog-entry-1917.html
・http://hyumablog.blog70.fc2.com/blog-entry-2766.html
・http://innamiblog.blog28.fc2.com/blog-entry-627.html
・http://kagura77.blog99.fc2.com/blog-entry-3194.html
・http://kakioki60.blog129.fc2.com/blog-entry-1181.html
・http://kate555.blog59.fc2.com/blog-entry-1712.html
・http://kenohito.blog67.fc2.com/blog-entry-1508.html
・http://keycafe.blog27.fc2.com/blog-entry-1527.html
・http://kiokuno2.blog31.fc2.com/blog-entry-1639.html
・http://kira47.blog58.fc2.com/blog-entry-1464.html
・http://kouyanoblog.blog61.fc2.com/blog-entry-4371.html
・http://lvr839.blog39.fc2.com/blog-entry-251.html
・http://maguni.com/index.php/view/1590
・http://manaduru3.blog24.fc2.com/blog-entry-932.html
・http://merkmals.blog31.fc2.com/blog-entry-1836.html
・http://marixanzu.blog60.fc2.com/blog-entry-161.html
・http://najigo.blog31.fc2.com/blog-entry-711.html
・http://nanabachimemory.blog.fc2.com/blog-entry-335.html
・http://nanohana0103.blog.fc2.com/blog-entry-256.html
・http://nextsociety.blog102.fc2.com/blog-entry-1793.html
・http://nikkananilog.blog.fc2.com/blog-entry-384.html
・http://picoro106.blog39.fc2.com/blog-entry-5624.html
・http://pokeseed.exblog.jp/17394153
・http://reilove.blog51.fc2.com/blog-entry-5621.html
・http://riksblog.fool.jp/public_html/mt5/anime/now/2012/
02/-06-49.html
・http://rollingstar77.blog103.fc2.com/blog-entry-878.html
・http://sagaturedure.blog31.fc2.com/blog-entry-5340.html
・http://scriptor.blog54.fc2.com/blog-entry-1536.html
・http://seeing04.blog39.fc2.com/blog-entry-2885.html
・http://seraraku2.blog59.fc2.com/blog-entry-6505.html
・http://setumizu.blog136.fc2.com/blog-entry-443.html
・http://shino134.blog22.fc2.com/blog-entry-3007.html
・http://shinsakuranikki.blog90.fc2.com/blog-entry-4657.html
・http://shirokuro585.blog109.fc2.com/blog-entry-955.html
・http://shittakaanime.blog86.fc2.com/blog-entry-594.html
・http://sigerublog.blog137.fc2.com/blog-entry-793.html
・http://soraxcan.blog59.fc2.com/blog-entry-3179.html
・http://spadea.jugem.jp/?eid=14819
・http://subcul.jugem.jp/?eid=2405
・http://timediver2010.blog27.fc2.com/blog-entry-2625.html
・http://tiwaha.cocolog-nifty.com/blog/2012/02/tokyomx210-
250b.html
・http://tokkurin.blog109.fc2.com/blog-entry-4953.html
・http://utataneanimediary.blog.fc2.com/blog-entry-43.html
・http://waitingfrofresong.blog.fc2.com/blog-entry-96.html
・http://wendykai.blog60.fc2.com/blog-entry-1693.html
・http://yusyu.blog34.fc2.com/blog-entry-1031.html
・http://zspecium.blog.fc2.com/blog-entry-259.html

もしよろしければ、拍手ボタンをポチッと押して下さいm(_ _)m 管理人のモチベーションが上がります(ぉ 
Web拍手に頂いたコメントは後日『Web拍手レス』にてお返事させていただきます。

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

Trackback

トラックバック URL
»»この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

偽物語 #7

【かれんビー 其ノ漆】 「偽物語」 第二巻/かれんビー(中)【完全生産限定版】 [Blu-ray]出演:神谷浩史アニプレックス(2012-05-23)販売元:Amazon.co.jpクチコミを見る 私達が偽物?それ ...

『偽物語』 第7話「かれんビー 其ノ漆」 ― 正義って線なのかな。

でも、この物語は劇的だよね。 「偽物語」第一巻/かれんビー(上)【完全生産限定版】 [Blu-ray](2012/04/25)神谷浩史、喜多村英梨 他商品詳細を見る 火憐ちゃんが習っているのは、空手じゃなくて北斗...

偽物語 第07話

関連リンクhttp://www.nisemonogatari-anime.com/かれんビー 其ノ漆いなくなった火憐果たして無事見つけることができるのか!?とか書いたらいきなり見つかったwそれから兄妹喧嘩勃発それにしても公共物破壊されまくりですねそれにしても…死ぬ死ぬ、普通の人は死ぬよ...

偽物語 第7話 「かれんビー 其ノ漆」

暦に発見された火憐ちゃん。 止めようとする兄に抵抗する妹。 どこにでもあるような兄妹の喧嘩となるんだけど。 この兄妹がやると まるで大災害ですねw ▼ 偽物語 第7話 「かれんビー 其ノ漆」  ...

偽物語 第7話 かれんビー 其ノ漆 感想

いい最終回だった。 ひたぎさんのけじめとファイヤーシスターズの新たな旅立ち見届けることが出来てよかったです。 ファイヤーシスターズが全裸で寝ていたのはワロタwww

偽物語 第7話「かれんビー 其ノ漆」 感想

たとえ偽物だろうとそれは本物と同じじゃないか 誇りを穢された暦と過去との決別を図るひたぎの両名が遂に貝木と直接対峙。 7話に渡って続いたかれんビーもいよいよクライマックス!

偽物語 第漆話 かれんビー 其ノ漆

偽物語 第7話。 かれんビークライマックス。 以下感想

偽物語 第七話 感想

妹じゃなきゃ惚れてたかもな 「偽物語」第七話感想です。 偽物語(上) (講談社BOX)(2008/09/02)西尾 維新商品詳細を見る

偽物語 #07 「かれんビー 其ノ漆」

関わりたくは無いと直感的に思った男、貝木との直接対決。「偽物語」の第7話。 ある程度は蜂の毒を軽減したとは言え本調子にはほど遠いまま再戦に乗り出す火憐。 見つけて止める暦に実力行使で反抗する。...

偽物語 第07話 感想

 偽物語  第七話 かれんビー 其ノ七 感想  次のページへ

偽物語 第7話「かれんビー 其ノ漆」

「兄ちゃんじゃなきゃ、手加減できたかも知れないけど」 ・・・とは、最初に宣言してたけど、火憐ちゃん、容赦ないなぁ(汗) というか、強すぎる

アニメ 偽物語 第07話 「かれんビー 其ノ漆」簡易感想

火燐ちゃんの戦闘力が高すぎ吹いたwwドラゴンボールかよw それと、火燐ちゃんは兄を殺す気っすかね^^;殴る音が全部重くてすごく痛そうなんだけど>< しかし、ここら一帯の壊れた高架橋はどうするんだ...

偽物語 #7「かれんビー 其ノ漆」感想

ようやくかれんビー編最終回いきなり壮絶な兄妹ゲンカから始まりましたよ高速道路壊れるまでの攻撃受けてまで起き上がってくるなんて吸血鬼とかそんなもんじゃ・・・所詮は火憐の行いはごっこだと必死に諭すAパートに費やすまでの時間と修理費どんだけーの方が気になって...

偽物語 第7話「かれんビー 其ノ漆」

火憐ちゃんカッコイイ!! あの状態でベストコンディションとか言えねぇわ、普通。 妹でなくても惚れるわ。 「偽物語」第一巻/かれんビー(上)【完全生産限定版】 [Blu-ray]アニプレックス 2012-04-25売り上げランキング : 6Amazonで詳しく見るby G-Tools ...

『偽物語』 第7話 観ました

火憐ビー編終了でした。 割と大仰に話が盛り上がっていた割には解決があっさりしていたなと原作を読んでいても思ったのですが、アニメ化されてみてもその印象は変わらない感じですね。とは言うものの、アニメ化されて初めて気がついたこともあるので、やはりこの作品は凄...

偽物語 #7「かれんビー 其ノ漆」

まさか、貴方はただの偽物よ 体がホテル。            偽物語第七話のぶっきら感想!!

偽物語 第7話 「かれんビー 其ノ漆」

キス魔なお兄ちゃんとその妹による激しいバトルw もうドラゴンボールかと思うくらいの過剰なバトル演出でした(;゚д゚) これもイメージ映像?なんだろうけど、さすがにこれは凝りすぎだったような気がします(^^; 高速道路とか建物がみんな破壊されちゃいましたw

偽物語 第7話「かれんビー 其ノ漆」感想

キス魔、妹とケンカする!(*・`ω´・*) 妹あっさり見つかったΣ(>ω<ノ)ノ 火憐には火憐の正義があるから引けない・・・お兄ちゃんを倒してでも。 だって体がHOTELなんだよっ(ゝω・)♪ ああっと!おにいちゃんノックアウト!そのまま500メートルほど...

偽物語 第7話 「かれんビー 其ノ漆」 感想

「本物」の強さ―

「偽物語」第7話

本物に、なるために… 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201202190000/ 「偽物語」 第二巻/かれんビー(中)【完全生産限定版】 [Blu-ray] アニプレックス 2012-05-23 売り上げランキング : 2 Am...

偽物語 第7話 「かれんビー 其ノ漆」感想

偽物語 第7話 「かれんビー 其ノ漆」感想 偽物戦隊正義マン・かれんジャー! 可憐に参上。

偽物語 7話

それでも、やり抜くのだ。 というわけで、 「偽物語」7話 continueの巻。 えらくあっさりと決着つきましたが、 後味すっきりでよかったと思います。 元々、深刻な大事件ってわけでもなかったしね...

偽物語 第7話 【かれんビー 其ノ漆】 感想

火憐ちゃん発見。 どんな手を使っても連れ戻すと追いついた暦。 よく場所がわかりましたね~ やっぱり忍の力を使ったのですかね? 「偽物語」 第二巻/かれんビー(中)【完全生産限定版】 [Blu-ray](2012/05/23)神谷浩史、喜多村英梨 他商品詳細を見る

偽物語 第7話 「かれんビー 其ノ漆」

「偽物語」 第三巻/かれんビー(下)【完全生産限定版】 [Blu-ray](2012/06/27)神谷浩史、喜多村英梨 他商品詳細を見る ねーむーいー中、頑張って視聴しました。 かれんビー編完結ですね。

偽物語 7話「貝木は戦場ヶ原の昔の想い人だった」(感想)

「ファイヤーシスターズ」は 火のついた花火のような勢いで 出撃していったのであった。 かれんビー編は今回で終了。 阿良々木君と戦場ヶ原さん、そして貝木の対決。 戦場ヶ原さんの意外な過去が明らかに。 今回は阿良々木君と火憐のアクションも見所です!  

偽物語 第7話 「かれんビー 其ノ漆」 感想

結局、貝木の一人勝ちっぽい感じでしたね。 蟹、蝸牛、猿、蛇、猫。 直江津高校周辺に現れた怪異に関わった5人の少女の事件が解決し、 文化祭を終えた夏休み。 阿良々木暦の妹で栂の木二中のファ...

偽物語 第7話 「かれんビー 其ノ漆」 感想

これが阿良々木兄妹なのか・・ 兄妹っていうと月火ちゃんも含まれてしまうので、この場合は 暦お兄ちゃんと火憐ちゃんってことでいいのかな。 前回の「信用はしていないけど、心配はしている」と...

偽物語 第7話 あらすじ感想「かれんビー...

かれんビー最終回!!止める兄と、従うことを拒絶する妹。勝負を仕掛ける火憐に対し、兄の余裕を見せる暦。だが、火憐にだって意地がある。この戦いだけは負けられない!!「かっこ...

偽物語 第7話 あらすじ感想「かれんビー 其ノ漆」

かれんビー最終回!! 止める兄と、従うことを拒絶する妹。 勝負を仕掛ける火憐に対し、兄の余裕を見せる暦。 だが、火憐にだって意地がある。 この戦いだけは負けられない!! 「かっこいいよ、お前」 妹じゃなきゃ惚れてたかもなって、暦の賛辞に答える形...

偽物語 第7話レビュー ・・・これで終わり・・・?

偽物語 第7話「かれんビー 其ノ漆」 ★★★☆☆

偽物語 第七話 「かれんビー 其ノ漆」 感想

「私を助けてくれたのが、阿良々木君で本当に良かった」 偽物語の第7話。 しょっぱなからいきなりドラゴンボール的な戦闘勃発。 ちょっと演出過多すぎね。 「いい加減にしてよ。兄ちゃんを殴る私の拳...

偽物語 7話「かれんビー 其ノ漆」

火憐と暦のバトルシーンにおける動きがいいですね! スピード感もなかなかだったなぁ。

偽物語第7話感想

記事はこちら(TBもこちらへ) 元記事はhttp://sigerublog.txt-nifty.com/utakata/2012/02/post-29f6.html

『偽物語』#7「かれんビー 其ノ漆」

「本物に必要なのは、意志の強さだ」 バカいうな。痛いのは殴られた僕の体だ… 戦場ヶ原とともに、貝木に話をつけに行こうと決めた矢先、 火憐が家を出て行ってしまった! 何とか可憐は見つかったのだが後は自分に任せろとの 兄の説得には応じてくれず、マジの喧嘩...

偽物語 第七話 「かれんビー 其ノ漆」

 え? 暦の驚きのタイミングが絶妙でしたね。

偽物語 第7話「かれんビー 其ノ漆」

「私を助けてくれたのが、阿良々木くんで本当によかった」 ・アバンはバス停の待合室で火憐を発見する阿良々木から。 ・話し合いじゃ解決しないので、阿良々木と火憐のマジ喧嘩。フルボッコ過ぎるw ・...

偽物語 第7話 感想「かれんビー 其ノ漆」

偽物語ですが、阿良々木暦は火憐のバトルによって道路が破壊されていきます。火憐は逆立ち蹴りやフランケンシュタイナーなど大技も発動させますが、暦は火憐の正義など自分の為ではなく他人のものだと否定します。 暦は戦場ヶ原ひたぎと二人で詐欺師・貝木をとっちめにい...

偽物語 第7話 かれんビー 其ノ漆

火憐を見つけた暦ですが、道端で倒れ伏す火憐からの言葉は、「よぅ…、キス魔…」と… だから、そのシーンを見せてくれ… 話は平行線で、暦を倒して行こうとする火憐。 建造物が ...

偽物語 第7話 『かれんビー 其ノ漆』 感想

この作品のテーマは、タイトルにもある通り『偽物』で、そして偽物であることは別に悪くないというメッセージがあります。 偽物語 第7話 『かれんビー 其ノ漆』 のレビューです。

アニメ感想 偽物語 第7話「かれんビー 其ノ漆」

「僕の誇りを怪我した奴を許せるか、後は任せろ!」

偽物語 第7話「かれんビー 其ノ漆」の簡易感想

いやむしろ今の子供バージョンの忍のおっぱいをナデナデしたい… 今回はイマイチ話がよくわからなかったので、簡易感想とさせて頂きます。 【簡単なあらすじ】  再び貝木の元へと向かった火憐を止める...

偽物語~7話感想~

「かれんビー其ノ漆」 火憐を見つけた暦は、自分で解決しようとするのを止めようとする。 格闘が始まり、経験値のある火憐の一方的な展開に。 だが、暦は火憐を戒めて貝木の元へ向かう。 暦に貝木との交渉を任せる形となった。 貝木は、自分の...

偽物語 TokyoMX(2/18)#07

第7話 かれんビー 其の漆 道で倒れている火憐を発見する暦。帰るぞ。マジで兄ちゃんと勝負するのは随分と 久しぶりだな。思いあがるな。火憐にボコボコにされる暦。それでも立ち上がる。 忍から痛みも同じく感じるのだからと文句を 言われる。ワシが出て行っても良い...

偽物語 #7「かれんビー 其ノ漆」感想

「偽物語」 第三巻/かれんビー(下)【完全生産限定版】 [Blu-ray]アニプレックス 2012-06-27売り上げランキング : 1Amazonで詳しく見る by G-Tools   前半部分では家から抜け出した火 ...

偽物語 第7話

「かれんビー 其ノ?」 今夜は私に優しくしなさい ひたぎの照れた顔が可愛いです.+(´^ω^`)+. これが彼女の条件ですか^^  最初からは言えないですな( *´艸`) 失踪した火憐を見つけた暦、妹を護るために必死の戦いw 体調がよろしくないのにベ...

偽物語 第7話 「かれんビー 其ノ漆」 感想

火憐「考えてみりゃ兄ちゃんとマジで喧嘩するの久しぶりだな!」 これはバトル展開キタ――(゚∀゚)――!!

偽物語「かれんビー 其ノ漆」

「阿良々木。お前は将棋を知っているか?」「あれは単純な遊戯だ。本来的には底が浅い」「駒の数が決まっている。駒の動かし方も定められている。盤面も画されている。何もかもが ...

TVアニメ「偽物語」第6話 かれんビー 其ノ漆

『つまり!ベストコンディションだ!』 阿良々木暦と阿良々木火憐。兄と妹。兄妹喧嘩のハジマリハジマリ。 地面がひび割れたり、鉄がへこんだり、橋が崩壊したり、まるでスーパーサイヤ人の戦闘(笑) 阿良々木くんは吸血鬼性を高めていないはずだからこりゃ確か...

偽物語 第7話感想

偽物語の第7話を見ました。 それでは感想を書きます。

偽物語 第7話

 なるほど、7話だから、2話、3話、2話構成にするために、中編が、3話になったのか。話数が奇数になるとは思わなんだ。

偽物語 7話「かれんビー 其ノ漆」

             ,:'⌒ヽ             入___人          / l   l \     r、r 、/  ,l     !  \ ,.-,-、    (\\\/'´l      !´ヽ///)     (\`

偽物語 第7話 「かれんビー 其ノ漆」感想

・・・何が嘘か真実なのか・・

[感想] 偽物語 第7話 「かれんビー 其ノ漆」

物足りなかったけどガハラさんのデレと無駄に裸な姉妹丼が見れたからまぁいいか(*´∀`*) ということでラストにしては呆気無く終わった感があってちょっと物足りなかった偽物語かれんビー解決編第7話。

偽物語 7話「かれんビー其ノ漆」感想

これにて一件落着ぅ!! 不完全燃焼なんだろ?なところもありましたがとりあえず終了。 まさか最後にあんなものが拝めるとは・・・。

偽物語 「かれんビー 其ノ漆」

意外とあっさり終わったな

偽物語 第7話「かれんビー其ノ漆」感想

 今回でいよいよかれんビーラスト。暦達は貝木を倒し、火憐を助けることはできるのでしょうか…?暦と火憐のバトルシーンはいつも以上に動いていて思わず魅入ってしまいました。そしてラストのひたぎのセリフは反則モノ。さすがはツンデレ…!前半を...

偽物語 第7話「かれんビー 其ノ漆」

かれんビー(上)【完全生産限定版】 [Blu-ray]大災害を引き起こす兄妹ゲンカと悪に立ち向かう悪意。 いったい、誰がラスボスなのか分かりませんね(苦笑

偽物語:7話感想

偽物語の感想です。 かれんビーということだけど、内容はそこじゃないんだなと思った。

偽物語~第七話「かれんビー其ノ漆」

 2人の中学生姉妹、阿良々木火憐と月火による冒険と、それを救う兄阿良々木暦の物語、第7話場面1 暦vs火憐  貝木を探して家をでた火憐に追いついた暦。バスを待つ道路でバト...

偽物語 第07話 「かれんビー 其ノ漆」 感想

阿良々木くん、私いまから世界一ひどいことを言うわよ。

偽物語 第07話 『かれんビー 其ノ漆』

褒めて。当初はボロクソ言いまくり&暴れまくりで最後は「好き」で締める。このアニメのヒロインはそういう傾向がある様です。流石に全員ギャップ効果狙いだと暦も対応に慣れてきた模様ですね。ハイハイどうせ俺のこと好きなんでしょ、ってな具合です。  さあ、戦い?...

偽物語 7話 「かれんビー 其ノ漆」 感想

人生に劇的なことを期待してはならない。しかしだからこそフィクションに劇的なものを期待するのだという不文律があるのだ。

偽物語 第7話「かれんビー 其ノ漆」感想!

偽物語 第漆話「かれんビー 其ノ漆」 火憐を見つけた暦。 暦は「あとは任せろ」と言ったが、 火憐は「あとは任せた」とは言ってない。 ということで争いに。 「うそ…なんで立てるの…死んでもおかし...

偽物語 第7話「かれんビー 其ノ漆」感想

◆あらすじ 私立直江津高校の周辺に出没する「怪異」に絡む『化物語』の後日談。 阿良々木暦の大きい方の妹・阿良々木火憐と、 小さい方の妹・阿良々木月火の物語。(公式・作品紹介) ◆主題歌 OP...

偽物語 第7話「かれんビー 其ノ漆」 感想

偽物だからこそ「求めない」

偽物語 第7話

「かれんビー 其ノ漆」 貝木のキャラが圧倒的でした ニヒリズムの前では本物も偽物もなんら意味も価値もありません まさに劇的でドラマチックな人生を歩んでいる阿良々木くんとは正反対の存在 さらに物語...

偽物語 第7話 「かれんビー 其ノ漆」 簡易草子

「力が強くても、意味なんてねえよ!本物に必要なのは、意志の強さだ!!」by阿良々木暦 「もう惚れてる。兄ちゃん、後は任せた・・・」by阿良々木火憐 「騙される方も、悪いのよ!!」by戦場ヶ原ひた...

偽物語 第7話「かれんビー 其ノ漆」

あらすじ・・・火憐を見つけた暦は火憐を連れ戻そうとするのだが、思わぬ抵抗を受け・・・

偽物語 第七話 感想

かれんビー、ついに決着。何気に全シリーズ通してキモになる回ではないでしょうか。 原作通りのあっさりさが、上手いこと演出されていましたね。 貝木さんの声優は本当にうまいなぁ。 上手い棒読み、とはまさにあのことなのだろう。 忍ちゃんの声も大分しっくりく...

【アニメ】偽物語 7話 頭なでの一段階上を知る後悔、先に立たず

偽物語 7話「かれんビー 其ノ漆」 の感想を 蜂に刺されてもなお正義を貫き通そうとする「かれんビー」完結編 振り回されまくった話の結末は意外にもすんなりと… みんながみんな、深く考えすぎていただけなのかもしれないな~

逆恨み上等(ギルティクラウンとかラストエグザイルとか)

【ブラック★ロックシューター 第3話】ラブレター晒しAGEの巻。前回、叫び声エンドが何事も無くスルーされたのは、拍子抜けを通り越して逆に驚いてしまいましたwしかし、一時期は ...

(アニメ感想) 偽物語 第7話 「かれんビー其ノ漆」

「偽物語」 第三巻/かれんビー(下)【通常版】 [DVD](2012/06/27)神谷浩史、喜多村英梨 他商品詳細を見る 阿良々木火憐を止めるべく、兄として立ちふさがる阿良々木暦。 「勝った方が正しい」そう言い放...

偽物語 第7話「かれんビー 其ノ漆」

なんか意外に円満解決? 主役は火憐ちゃんでも暦おにいちゃんでもなく、間違いなく戦場ヶ原さんでした。

偽物語 第七話「かれんビー 其ノ漆」

熱が収まらないまま家を飛び出した阿良々木火憐を発見した阿良々木暦は火憐を連れ戻そ

左サイドMenu

カウンター

祝2,000,000Hit達成♪ とうとう大台突破。これも皆様のおかげでございます(o ̄∀ ̄)ノ

カレンダー(月別)

10 ≪│2019/11│≫ 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

ガンダムシリーズ

◆新機動戦記ガンダムW◆

新機動戦記ガンダムW BD-BOX1

OVA・続編含め『新機動戦記ガンダムW』全般を応援してます♪
ガンダムW関連 まとめページ
感想、用語、企画など全ページへのリンクがあります。ご利用ください

2016/05/04 12巻分の用語一部更新しました

《用語》
用語集
ア行
カ行
サ行
タ行
ナ行
ハ行
マ行、ヤ行
ラ行、ワ行
英字行
登録キャラクター名一覧
キャラクター詳細
ア行
カ行
サ行
タ行
ナ行
ハ行
マ行、ヤ行
ラ行、ワ行、英字行

メカニック図鑑
メカニック用語詳細
年表

《企画》
年代考察
勢力図まとめ
AC暦におけるMS史(コラム)

◆Gジェネクロスレイズ◆

GCR119.jpg

まとめページ

◆ガンダムモビルスーツバイブル◆

GMB001_20190322210057cc3.jpg

まとめページ

◆機動戦士ガンダム00◆

GUNDAM OOQ
用語集などは特にありませんが、劇場版の感想は全十回というボリュームでコラム風に書かせていただきました。よろしければどうぞ。
ガンダム00関連 まとめページ

◆鉄血のオルフェンズ◆

81TuctHvlZL__CR88,0,1536,1536_
各回の感想のまとめだけ。
鉄血のオルフェンズ まとめページ

米山シヲ 応援エリア

◆梅衣堂ひよと旦那様の野望◆

1-2-2

『梅衣堂ひよと旦那様の野望』待望第1巻発売中

月刊少年ガンガンで現在連載中『梅衣堂ひよと旦那様の野望』を応援中。『ブラクロ』と同じように独自用語集も製作中!

公式特設ページ

独自用語集
第1巻

◆ブラッディ・クロス◆

ブラクロサムネ

月刊少年ガンガンで完結した『ブラッディ・クロス』をプッシュしています♪ 独自用語集あります! 

公式特設ページ

独自用語集
キャラ紹介-混血勢力-
キャラ紹介-天使勢力-
キャラ紹介-堕天使勢力-
キャラ紹介-アルカナ-
キャラ紹介-神葬-
キャラ紹介-その他-


最近の記事

最近のコメント

<>+-

最近のトラックバック

メールフォーム

管理人に何か言いたいことがあれば、ここからどうぞ♪

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード

QR

友達申請フォーム

FC2ブログランキング

FC2のブログランキングに参加中♪ 気に入っていただけたなら、一押しして下さい。

FC2ブログランキング

右サイドメニュー

義援金募集

FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして

検索フォーム

管理人から一言

お知らせ

管理人からのお知らせです。

PS4ゲーム『JUDGE EYES:死神の遺言』プレイ中。

『ガンダムW FT』コンテンツは不定期更新です。現在は11巻分までの感想と用語の更新を完了しました。

『ブラッディクロス』全12巻発売中! 用語集更新は全て無事終了致しました。

文庫・単行本(キャラクターノベル含む、ライトノベル含まず)の著者名別リストに移行しました。さすがに増え過ぎた(笑


今期の週間感想予定
日曜日:-
月曜日:-
火曜日:-
水曜日:-
木曜日:-
金曜日:-
土曜日:-
不定期:ピックアップ感想、ゲーム感想、模型関連など


場合によっては急遽順序等の変更もありますが、ご理解いただけますようよろしくお願いします。

管理人プロフィール

月詠

Author:月詠
埼玉県某所在住の34歳社会人。性別♂。名前は「つくよみ」と読む。

世知辛い世の中で嬉しいことも泣きたいこともサブカルチャーたちに救われています
詳細な自己紹介はこちら(2019版)。それ以前のものはこちら

コメント・TB、相互リンク受付中。下記の運営方針に詳細を記載しております。無条件に大歓迎と言うわけではありませんが、大部分の方は歓迎出来るかと思いますw

以下、ショートカット。
◇閲覧上の注意や規約など
Blogの運営方針・利用規約
他のBlog様と大差ない運営・利用規約ですが、初閲覧の方は簡単でも良いので読んで頂けるとありがたいです。閲覧、コメント等される方は利用規約を了承していると判断させていただきますので、「知りませんでした」は通用致しません。


◇アニメについて
アニメの評価について
歴代アニメ評価一覧
アニメアウォーズ! 受賞一覧


◇ゲームについて
ゲームの評価について
歴代ゲーム評価一覧


◇ブックス(本)について
小説の評価について
ブックレビュー一覧
   あ行の著者
   か行の著者
   さ行の著者
   た行の著者
   な行の著者
   は行の著者
   ま行の著者
   や行の著者
   ら行の著者
   わ行の著者
   複数の著者・その他
 文庫・単行本(キャラノベ含む、ラノベ含まず)は上気の著者名別になっています。

◇プラモデルについて
完成品一覧(グレード別)
完成品一覧(シリーズ別)
完成品一覧(トイ、フィギュア等)

◇その他リスト一覧はこちら
テレビ&シネマ
CD&DVD&BD
TYPE-MOON関連

ツリー式カテゴリー

openclose

アニプレッション!!

アニプレッション!!
アニプレッション!!とは

アニプレッション!!は、アニメブロガー達の合同ブログです。アニメについての問題意識・感想・考察・批評等の諸言説を発表し、アニメを語る事の面白さを伝える事が目標です。自分も末席に加えさせていただいております。
現在活動停止です

以下、アニプレッション!!メンバーのBlogです。

相互リンク(更新停止)

残念ながら一年以上の更新がない相互リンク先の方々です。サイト消滅の場合は消させていただきます。いずれまた復活し、交流が持てることを期待しています……