FC2ブログ

刹那的虹色世界

アニメ・ゲームのあらすじを主体とした感想や批評のブログ。時折、日記・声優・コミック・スポーツなど幅広くレビューしています。リンクフリー、相互リンク大歓迎♪

Entries

Another 第6話

Another 第6話
『Face to face -二人-』
 

≪あらすじ≫
5月1日。
転校生が3組に入ることになり、クラス会議が開かれ、眼帯の少女・見崎鳴(みさき・めい)が本年度の“居ない者”に決まった。拒否権もあったが、鳴はそれを受諾したのだった――


そんな鳴と同じく“居ない者”として扱われることになった転校生・榊原恒一(さかきばら・こういち)。鳴から3組の呪いについて詳しく聞いていた恒一だったが、鳴の母・霧果(きりか)が姿を見せたことでお開きとなった。

同類となった二人は居ない者同士、同じ時間を過ごし始める。

一緒にお昼を食べて、一緒に授業をサボって、一緒に帰宅する。

急速に距離を縮める二人。恒一は鳴が美術部員だと知り、美術部では3組の呪いについて知らない後輩たちが未だに鳴を慕っているが、そこを望月が訪れ美術部員にも呪いの協力と言う名の“魔の手”が伸びたのは明白だった。

一方、恒一には父から再び電話が入る。「一年半ぶりの夜見山はどうだ?」と謎の言葉を放つ父。恒一は夜見山で出産されて以来だったはず……しかし、そのことを問いかけようとした恒一だったが、電波が悪い上に突如父も「覚え違いだった」と突然訂正する……。



そんな折、恒一と鳴は第二図書館で暇を潰していた。恒一が手にしたのは母の映った卒業写真。母のクラスの担任の名が「千曳辰治」であったことから、鳴にこの呪いを“現象”として教えた人物が、この第二図書館の司書である千曳だと行きつく恒一。

その場に姿を見せた千曳は、恒一に“現象”としての呪いを伝える。記録と記憶の改竄のこと、“現象”は夜見山市内にいる3組当事者とその二親等以内の関係者に及ぶこと、そこには担任と副担任も含まれること……そして、15年前、恒一の母・リツコが亡くなった年は、彼女の年の離れた妹・怜子が3組に在籍した83年度だったこと。

改めて怜子に問いただす恒一。しかし怜子の記憶は相変わらずあやふやだった。ただ一つ、「途中で“現象”が止まった」「確か夏休みに何かあって……」という言葉を残した以外は。



7月13日。
恒一が鳴と共に“居ない者”として扱われはじめて一カ月弱。怜子が口にした夏休みまでもう目前と言う頃、朝のHRに黒くて重そうな手提げかばんと共に姿を見せた担任・久保寺(くぼでら)は突如として水っぽい音を立てるかばんの中から大きな出刃包丁を取り出して――




≪感想≫

くっそ、鳴とイチャイチャ出来るなら居ない者でも(ぇ

そんな感想がたくさんあるだろうことが容易に目に浮かぶwww 私は自分の感想を書く前に他の方の書いた感想を見ることはないのであくまで推察だけどw

居ない者として扱うと言うのは、3組にとっては全員が生き残って無事卒業するために必要なモノだったとしてもそれはやっぱりイジメにしか見えないわけだ、他人から見れば。そんな状況で、イジメる側に回るならイジメられる側の方がマシと言える鳴は優しいのだな、と思う。もちろんそれは、夜見山で過ごす者ならある程度「自分がそうなるかもしれない」という覚悟が土台としてあってこそなんだろうけど。

恒一も少しずつ、この呪いの正体を突き詰めようとしている。まぁ、そうでないとミステリーとしては始まらないのだけど、始まりの年に死んだはずの夜見山ミサキ君を居る者として扱った者を母に持つ恒一がこの謎に立ち向かっていくのは一種の運命めいていて見ていて面白い。


(以下、考察です。当たっているかどうか分からないものの、当たっていたら申し訳ないので、そういった事件の真相に関わるかもしれない推理や考察を嫌う方は閲覧しないことをオススメします)



◆呪いの再整理
赤字が今回語られた部分。そういえば記憶改竄されても死者が紛れ込んだことが分かる理由については前回コメントで頂いたので知ってた。どうやら原作とは明らかにするタイミングが違ったようだ。
・二十六年前の三年三組の出来事が起因
(クラスの人気者・夜見山ミサキを“居る者”として扱ってしまった)
・以後、三組は死者を招きやすい存在となった
・死者を招き入れた結果、クラスメイトが一人増えることになった
・その増えた一人を特定することは出来ない(記憶レベルが改竄されるため)
・記録もそれに合わせて書きかえられる模様(クラス名簿も書き換えられる)
・改竄された記憶と記録は卒業後、元に戻る
(そこで記録が戻ることで本来居ない“死者”が誰なのかが分かる)

・一度死人が出ると、毎月死者が出る(二十五年前は生徒六名、関係者十名)
・呪いの矛先は三組の当人と夜見山市内にいる二親等以内の親族(担任・副担任含む)
・呪いは「三年の三番目のクラス」に起きるため「C組」にしても無意味
・十年前、増えた一人に対して一人減らすことで呪いの回避に成功(現在に至る)
・ただしこの対策の成功例は五分五分
・この対策が失敗したときも明白な理由がある時とない時がある
・“居ない者”が役割を放棄すると死に始める(二年前)

・呪いが起こったのは二十五年前、十五年前、五年前、二年前、今年
・呪いが起こらなかったのは十年前、一年前
・鳴が“居ない者”にされたのは五月一日から(一応拒否権がある)
・今年はクラスの人数と座席の数は一致していたが恒一の転入でやはり足りなくなった
・恒一の母・リツコが死んだのは3組の呪いの可能性が高い(十五年前)
・その十五年前は途中で死人が出るのが止まった可能性がある


千曳の発言は補足に近いかな。呪いに関する新情報と言うほどのものはあまりなかったように感じる。もちろん、この中にも重要な部分が含まれているのだろう。個人的には下二つと、そして呪いの矛先が二親等以内の親族と担任・副担任に及ぶという点が重要だろうと思っている。その理由は後述。


さて今回、呪いを語った千曳はこれを呪いではなく“現象”と呼んだ。確かに、私としても“現象”であった方がスッキリするかもしれない。一連の現象に悪意などない。ただ台風が通過するように、地震がたまたまそこで起こったように、“現象”として姿を見せてある種の天災によって人が命を落とすのだ。

そうなると、始まりの年は劇中で語られたように“儀式”として3組と言う場を死者を招きやすい器として確立させてしまったのだろう。


さて、その中で恒一たちにとって希望になるのは怜子が口にした「十五年前に途中で止まった」という言葉。記憶があやふやな状態の怜子に対してどこまでそれを信用していいのかは微妙なところだが、「藁にもすがる思い」で今はこれに食いつくしかないだろう……いかんせん、記憶も記録も改竄されてしまう現状では、手掛かりはコレくらいしかないのだから。

途中で止まったという十五年前。それは前述の情報の整理(まとめ)部分を見てもらえば分かるが、呪いへの対抗策として「誰か一人を“居ない者”とする」として確立された十年前よりさらに前と言うことだ。つまり、途中で止まった十五年前の対策は、今とは違うと言うこと(尤も、一度死者が出始めたら止まらないらしいので、どの道今の対策では止められないのは明白だけど)。

この一連の“現象”には明白に止めるための手段があることになる。問題は、どうしてそれが後世に伝えられることがなかったのか、ということか。伝えることが出来ないほどの手段だったのか、あるいは止めるための手段すら記憶の改竄によって消されてしまうのか。どちらにせよ、手段がある可能性があること自体が今は重要だろう。


そこで気になるのは「夏休みに何かあったような」という怜子の言葉。恒一たちはまさしく今、その夏休みを迎えようとしている。夏休みにある学校イベントと言うと……プールか、登校日か、学校によっては林間(臨海)学校を夏休みにやるところもあるだろうか。それとも、“夏”という季節的な部分が関わってくるのか。この辺りはまだまだ読めない部分か。どちらにせよ、“何か”が起こりそうな予感である。


あと謎を解く手がかりは、“現象”の範囲が夜見山市内に住む当事者と二親等以内の関係者に限られる点、か。劇中だと千曳の説明の順序が逆になっていて困惑した。彼は「当事者と二親等以内、そして夜見山市内」と言っていたから、下手したら死者が出始めたら夜見山市民全員死ぬ可能性があるんじゃ……とも思ったが、それならもっとこの呪いは市内全体で知れているはずで、ナースの水野が知らなかったことから考えればその可能性は無い。つまるところこの現象の被害に遭うのは、
A.夜見山市内在住であること
B.三組に在籍する者、その二親等以内の親族であること
(担任・副担任も含まれる)

ということ。このA・B二つの条件を満たしていないと現象は振りかかってこない。千曳はおそらくAではあるがBではないため条件を満たしていないため「安全な場所にいる」としているのだろう。

これ、裏を返せばとりあえず“現象”が始まったら夜見山市外へ転校すれば済むんじゃね? とか思うのだけど、さすがにそういうわけにもいかないか(苦笑 もしかしたら“現象”の事情を知っている三組の生徒の親の中には一年だけ夜見山市から引っ越して離れて住んでる親もいそうだな……、まぁ生きるか死ぬかの瀬戸際だしそういう選択も仕方ないのか。

ただし、これは“現象”の被害に遭う人の範囲であって、おそらく記憶と記録の改竄は世界規模で行われるのだろう。そうでないなら、もっと早く対策は立てられるはずだからだ。例えば、誰か一人が夜見山市外へ移り住み、前年度の二年生全員のクラス名簿を持つ。新年度になったら学校から新しい三年のクラス名簿を送ってもらい、二つの名簿を照らし合わせれば死者なんてすぐ分かるはずだ。また、記憶の改竄が市内に限定されるなら市外に出ればその改竄は元に戻るはず。

でも、それらの手段は講じられていない。つまり、そうした手段は無意味だと言うことだ。

おそらく三組に関わる記録や記憶ならば、それこそ地球の裏側にいても改竄される。実はこれが一つ、意味のあることだと思っている。



◆死者は誰だ?
1.榊原恒一と母方の祖父母、怜子
一応、彼もまだ候補だろう。個人的には無いと思っているけど(理由は前回参照)。

実は彼については今回面白いことが分かっている。それは、彼が一年半前に夜見山を訪れている可能性が出て来たことだ。すぐさま父親は否定する発言をしたが、それも怪しい。と言うのも、恒一は産まれてから一度も足を運んでないはずの夜見山に対して、「一年半」という具体的な数字が覚え違いでパッと口から出てくるだろうか。

これが「どうだ、久しぶりの夜見山は?」なら分かる。“久しぶり”の感覚なんて人それぞれだ。だが「どうだ、一年半ぶりの夜見山は?」と言う具体的な数字が出てくる部分は引っ掛かる。具体的な数字が出てくる分だけ信憑性があってコレが嘘偽りだとは思えないのである。

なら、どうして彼の父親はそれをすぐさま覚え違いだと否定したのか。

そこで出てくるのが前述で示した記録と記憶の改竄は三組に関わるのであれば地球の裏側にいても実行されるのではないか、ということ。
そして、父親の口にした「一年半ぶりの夜見山は?」というフレーズとそれに関する記憶は、何らかの形で三組の“現象”に抵触するため、急遽父親の記憶は即座に改竄されたのではないか、という疑念が生まれると言うことだ。

もし本当にそうだとするなら、恒一は本当に一年半前に夜見山を訪れていることになる……それも、その訪問は今の三組の“現象”の謎を解く(死者を暴く?)可能性があるものということになる。だが、父親の口ぶりから考えると一年半前に転校してきた、というわけではなさそうだ。

もちろん、恒一が一年半前に転校してきて二年前の“現象”に巻き込まれて死んだ、とも考えられる。一年半前なら恒一は中学一年だし、彼の二親等以内の肉親に三組の関係者はいない(父は仕事、母は他界、彼の祖父母が三組の担任だとは思えない(高齢の点から))。だが、恒一が実は死者で彼は本当は一年半前に中学三年を迎えており三組に転校してきていた、という可能性もある。あくまで可能性だけど。


話を戻して恒一が一年半前(彼が生きているなら中学一年の頃)に夜見山を訪れる可能性を考えてみる。前述のように、その記憶が改竄されるのであればそれは裏を返せば改竄しなければ謎が解けてしまうほどの大きな出来事と言うことになるはずだからだ。

と言っても、中学生の恒一がわざわざ母方の実家の夜見山まで足を運ぶことと言えば、思い浮かぶ節はせいぜい盆暮れ正月の帰省か冠婚葬祭くらいなんだけど。

恒一の今の記憶では夜見山で出産されたという事実以外の訪問や在住の記憶は無い。つまり彼は帰省で夜見山を訪れたことがない(あるいはほとんどない)と考えられる。恒一が帰省すること自体が“現象”の謎に直結するとは思えないし、そこまで接点のない彼が、わざわざ母の実家の夜見山を訪れる可能性があるとすればもう冠婚葬祭しか思い浮かばない。

「冠」は成人の儀(成人式)だが当然恒一には関係がないし、恒一の肉親でも関係者はいないので除外。「婚」は結婚式だが、これは分からない。可能性としては怜子が一年半前に結婚する際に夜見山で式を挙げたと考えられる(その後怜子は離婚していれば今の現状になる)。「葬」は葬式。これも可能性はある。「祭」は法事関係。とはいえ、恒一には夜見山を訪れている記憶がないことを考えれば、恒一や恒一の父はお盆やお彼岸で母方の実家にあいさつに行くという習慣はなさそうで、法事のためにわざわざ夜見山を訪れるような感覚は榊原家にはないのかもしれない。

こうして考えると、可能性があるのは結婚式・葬式の二つ。結婚式の出席のために夜見山を訪問した記憶が“現象”に抵触する出来事とは思えないので、妥当に行けばやはり葬式の方が可能性として高いのか。
当然、恒一が夜見山で出席を強いられる葬式となれば母方の祖父母か、あるいは怜子しかないわけだ。

だが、この推理、大きな落とし穴がある。

母方の祖父母と怜子に、三組との接点が見当たらないのだ。今回判明したように“現象”の被害は三組当事者とその二親等以内の親族に及ぶが、裏を返せばそれ以外には及ばないということ。祖父母が実は二年前まで教師をしていて三組の担任だったとかでは無い限り、三組との接点がないこの三人が“現象”によって死ぬとは考えにくい。
同時に、居ないはずの死者はこの“現象”の被害者であることも鳴の口から語られているわけだから、“現象”で死んでない限り“居ないはずの死者”にも成り得ない。



それでもこの推理をわざわざ書いたのは、私の中で死者=怜子説が少しずつ可能性として高まっているからである。彼女の記憶があやふやなのは、彼女の記憶がこの“居ないはずの死者”を解き明かす上で重要だと言う可能性が高い。明らかに怪しいわけだ。もちろん、ミステリーにおいて明らかに怪しい人ほどミスリードのフラグもあるので一概には言えないのだけどw

あとは今回祖父が、「可哀想だなぁ、リツコもなぁ、怜子もなぁ」死んだ律子と生きている怜子を同列視している点も引っ掛かる。怜子がリツコと同列視されると言うことは、実は怜子は一年半前に“現象”で死んでいて、恒一はその叔母の葬儀のために一年半前に夜見山を訪れていたのではないか、と推測することも出来るわけだし。そうなると爺さんの記憶改竄は出来ていないことになるが、コレは彼が少し痴呆症が入っているせいでもあるのだろうか。

ただ前述のように、怜子と三組をつなぐ接点がない。いや、厳密にはある。怜子はリツコが死んだ十五年前の“現象”ですでに一緒に死んでいるという可能性だ。ただ十五年も前の死者が今更紛れ込むのかという部分に疑問もあるし、そもそも十五年前に死んでいたのでは一年半前に恒一が夜見山に来る理由がなくなるし、何より“死者はクラスに紛れ込む”わけだから今の三組と全く接点のない怜子が死者である可能性が本当にあるのか、という部分が最大のネックだ。

恒一が一年半前に夜見山を訪れた理由。それさえ分かれば謎は解けるはずなのだが、まだ私たち視聴者には明らかにされていない情報があるのか、それとも私に見落としがあるのか……。



2.三神先生
怜子じゃなかったら三神先生でしょ、ということで怪しいのはこの人である。

“現象”のあった二年前の担任が彼女だ。二年前の“現象”で死んだ七人の中に実は三神先生が含まれていて、今回は「副担任」と言うポジションでクラスに死者として紛れ込んでいる、という可能性は……ゼロではない、のか? 
勅使河原が口にしてた通りなら、今年はクラスの人数と座席の数は一致していた。恒一の転入のせいで一致しなくなったわけだが、これに対してどう考えれば良いのだろう。

私は“死者”がより“死者”として見分けをつけさせないのであれば、最初からクラスの中に紛れ込ませて記憶を改竄する。前回も書いたが転校生なんて最も疑われやすいポジションなわけだ。わざわざそんな風に疑われるポジションに死者を配置するだろうか。ただし、これは“呪い”だった場合で、これが“現象”だと考えた場合そこまでの理性が“現象”に働くのか分からないのだけど。

ただどちらにせよ“現象”は起こっているわけだ。つまり、今年の三組には四月の段階ですでに死者が紛れ込んでいた可能性だって十分にある。でも、座席の数は一致していた。ならば、死者は直接座席に座らない形でクラスに関われる人物――つまり、担任の久保寺か副担任の三神のどちらかが死者ではないかということになる。


この推理の問題点は、クラスには広義の意味では紛れ込んでいるがクラスメイトではないという形を取れるのか不明と言う点。つまり、担任・副担任として紛れ込むのはルール違反にならないのかどうか分からない、ということ。

理屈としては問題ない。担任・副担任はクラスを構成する立派な要素であり、だからこそ彼らも死に近くなってしまっている。ならば“現象”によって死んだ担任や副担任が、以後のクラスに担任や副担任という“座席”に死者を偽って紛れ込んでいる可能性は否定できるはずもない。

だけど、その理屈が通用するのかどうかがサッパリ分からないのだ。この理屈が通用するなら二年前に担任だったという三神先生が死者である可能性はグッと高まると思う。

ただ、そうなると恒一が一年半前に夜見山を訪れたということと三神が死者だと判明してしまうと言うことがどう繋がるのかが分からない。もちろん、恒一が一年半前に夜見山を訪れていたということが本当に父親の覚え違いでミスリードだった、ということもあるんだけどねw



3.見崎鳴
恒一と父親の会話とかを全部無視すれば、まだ鳴の可能性だってないわけじゃない。当人は自分が生きているという感覚があるようだが、その記憶や記録すら改竄するのがこの“現象”なら自己申告ほど当てにならないものもないわけだ。

彼女の母親の態度とかを考えてもまだまだこの可能性だって捨て切れるわけではない。

ただまぁ、紛れ込んだはずの死者が“居ない者”として扱われて意味があるのか、という疑問は未だにあるし、鳴が選ばれた理由が不明な以上何とも言えないところか。

でもまぁ、彼女が死者じゃなければいいなーとは思う(笑




4.その他
気になるのはやっぱり水野の弟・猛と、夜見山から離れたがっている赤沢か。この二人に関してはクラスメイトに限定するなら最も可能性高い二人だと思っているが、果たしてどうなんだろう。

猛は公式HPを見る限りまだ生きているようだ。まぁ、今回の一件で必ず三組の当事者が死ぬとは限らないわけだから、猛にそこまでこだわるのはミスリードにハマるようなものなのかもしれないが……。

赤沢の方は、二年前の名簿に親族(兄?)らしき名前が……。彼女自身が気にしていたように、この“現象”において二親等以内の関係者の有無は重要で、つまり二年前に泉美は兄が関係者だったことで一度は死の危険にさらされているわけで、その時に一緒に亡くなっている可能性だってゼロじゃない。まぁ、これはそれこそ確証のない可能性でしかないわけだけど。

今回はこんなところです。



≪TB先 参照リンク(URLアルファベット順)≫
赤字はTBが現在弾かれてしまっているBlog様です。
現在、nifty系、so-net系はほぼ全滅。livedoorは調子がいいと送れます。

・http://adria7.blog92.fc2.com/blog-entry-1183.html
・http://ai-mugi.blog.eonet.jp/aimugi/2012/02/---
06face-to-fa-9f63.html
・http://ameblo.jp/brook0316/entry-11160766738.html
(http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201202140002/)
・http://ameblo.jp/gintoki-sakata-vol2/entry-11166743446.html
・http://animedouganews.blog44.fc2.com/blog-entry-2122.html
・http://animetureduregusa.blog65.fc2.com/blog-entry-1579.html
・http://animumeso.blog101.fc2.com/blog-entry-2993.html
・http://ariaprincipe.blog46.fc2.com/blog-entry-1146.html
・http://bbog920.blog.fc2.com/blog-entry-251.html
・http://beyondloop.seesaa.net/article/252489132.html
・http://blog.goo.ne.jp/allen77/e/c315f3f196ea809ad8f0b72
1b35eafcf
・http://blog.livedoor.jp/rin20064/archives/52250852.html
・http://dokuatari.blog137.fc2.com/blog-entry-602.html
・http://hienkyaku.blog50.fc2.com/blog-entry-2547.html
・http://khstar.blog110.fc2.com/blog-entry-374.html
・http://luvnail.blog46.fc2.com/blog-entry-1252.html
・http://marixanzu.blog60.fc2.com/blog-entry-158.html
・http://mikihara.blog70.fc2.com/blog-entry-2884.html
・http://nikkananilog.blog.fc2.com/blog-entry-377.html
・http://picoro106.blog39.fc2.com/blog-entry-5612.html
・http://plaza.rakuten.co.jp/oboro1964/diary/201202160001/
・http://scriptor.blog54.fc2.com/blog-entry-1525.html
・http://seigenjikan.blog2.fc2.com/blog-entry-2271.html
・http://seraraku2.blog59.fc2.com/blog-entry-6490.html
・http://shino134.blog22.fc2.com/blog-entry-2978.html
・http://shirokuro585.blog109.fc2.com/blog-entry-950.html
・http://sigerublog.blog137.fc2.com/blog-entry-785.html
・http://soraxcan.blog59.fc2.com/blog-entry-3175.html
・http://spadea.jugem.jp/?eid=14745
・http://strawcat.blog12.fc2.com/blog-entry-3506.html
・http://tdragon2000e.blog7.fc2.com/blog-entry-2609.html
・http://tiwaha.cocolog-nifty.com/blog/2012/02/another
tokyom-1.html
・http://ttyuasa.blog69.fc2.com/blog-entry-327.html
・http://vnr2034.blog133.fc2.com/blog-entry-1531.html
・http://waitingfrofresong.blog.fc2.com/blog-entry-92.html
・http://yamitarou.blog75.fc2.com/blog-entry-3235.html
・http://zspecium.blog.fc2.com/blog-entry-246.html

もしよろしければ、拍手ボタンをポチッと押して下さいm(_ _)m 管理人のモチベーションが上がります(ぉ 
Web拍手に頂いたコメントは後日『Web拍手レス』にてお返事させていただきます。

Comment

NoTitle 

今回の構成にやられたっ!

当初は不気味な存在であった見崎鳴が、実は年相応の可愛らしい少女であったという事実。時折見せる彼女の仕草に悶えた人は多いかもしれない。
恒一の妄想でのダンスシーンや屋上で二人一緒のお弁当など、これは休息回だなと思いきや、ラストは一瞬で恐怖の場面に・・・。

今期最も緊張感に溢れた油断ならないアニメだと思う。
  • posted by  
  • URL 
  • 2012.02/15 19:59分 
  • [Edit]
  • [Res]

>匿名希望さん 

こんばんは。

人が死ぬようなシーンがなかったものの、情報量としては他の回に引けを取らないだけの出来だったように思いますね。シリアスとコメディのバランスはこの手の作品は本当に難しいと思うのですが、鳴が良い意味でバランスの取れるキャラクターで本当に良かったと思います。
  • posted by 月詠 
  • URL 
  • 2012.02/15 22:01分 
  • [Edit]
  • [Res]

 

赤沢さんがやたらと現象の解決に熱心なのが気になる。
他のクラスメイトとは、現象に対する構え方が明らかに違うと思う。
一瞬だったからわからなかったけど、二年前の方の赤沢さんは存命なのかな…
今の赤沢さんと血縁があるのかが気になる。
まぁ、わざわざ同じ苗字で全くの他人なんて話も(ミスリード狙いじゃない限り)無いだろうし、何らかの関係はあるんでしょうね。

だから何だって話ですがね…
これもミスリードなのか?w
  • posted by 高林君が死んだ場所でイチャイチャすんなお前らw 
  • URL 
  • 2012.02/16 06:10分 
  • [Edit]
  • [Res]

 

怜子さん、ちょっと記憶力無さすぎるんじゃ……f^-^;)

自分が”現象”の真っ只中に居る三年三組時代に、姉が死んで、甥(主人公)が生まれて、しかも現象が途切れるっていう超重要イベントをこなして居るのに
その時の記憶が曖昧だなんてあり得ますかフツー!?
むしろ、他のどんな事を忘れても三組時代の事だけは覚えてるってのが普通の人間の脳だと思うのですが……
怜子さんも記憶改竄されまくってるみたいですね。

どうでもいいですけど、1972年卒のリツコさんが死んだ1983年に3年次(18歳)だった怜子さんは、リツコさんより11歳年下の妹だったって事ですよね。
という事は、リツコさんは享年29歳で、今の怜子さんは33歳……
いかん、無駄な推理でドツボにハマっている気がしてきた…

誰も触れてないですけど、鳴の「私は大丈夫」発言と、鳴が昔死にかけた話、母親に義眼を作って貰った話は何か関係があるんですかね?
鳴がなにやら自身ありげな口調だったから、てっきりその理由が後に続くもんだと思ってました。
今のところ、義眼のくだりは「それが現象と何か関係が?」としか言えない感じですね。
  • posted by ししゃも、ダメ……!? 
  • URL 
  • 2012.02/16 07:18分 
  • [Edit]
  • [Res]

>高林君が死んだ場所でイチャイチャすんなお前らwさん 

こんにちは。名前はネタでも構わないのですがもう少し短いとありがたいですw ボケるならタイトルの方がきっとボケやすいですよwww

>一瞬だったからわからなかったけど、二年前の方の赤沢さんは存命なのかな…
確か赤字で×印が付いていたので、二年前の3組の“現象”ですでに亡くなっていると思います。

苗字が同じ。あとは住所が書かれていたので泉美の住所を特定出来れば、二人の血縁関係は割り出せるのですが、ここまでで泉美の住所が映ったシーンあったかな(苦笑 もしかしたら望月が用意してくれたクラス名簿に一瞬映ってるかも?

まぁ、「赤沢」という苗字がどこまで珍しいか分かりませんが、同じ中学の学区圏内であることを考えれば、たぶん兄じゃないかなーと思いますね。

彼女がやたらと現象の解決に熱心なのは2年前に兄が死に、もしかしたら他の家族も死に、自分も死の危険にあったこの“現象”の理不尽さに対して抵抗しているのかもしれませんね。
  • posted by 月詠 
  • URL 
  • 2012.02/16 13:26分 
  • [Edit]
  • [Res]

>ししゃも、ダメ……!? さん 

こんにちは。

>怜子さん、ちょっと記憶力無さすぎるんじゃ……f^-^;)
これがミソですね。つまり、怜子の記憶もまた恒一や恒一の父親の記憶同様、今まさに改竄されている途中だとも言えるわけです(頭痛はその副作用みたいなもの?)。

彼女は数少ない「途中で現象が止まった」ことを経験した人間。彼女が記憶を全て取り戻すことは現象にとっても都合が悪いわけですね。

あるいは、彼女自身が自らの記憶を取り戻すことに何か問題があるのかもしれません。意図的な記憶を曖昧さと言うよりは、現象による作用が働いての曖昧さのようにも見えますし、あとは頑張って怜子が抵抗して何か一つでも手掛かりを思い出してくれるのを待つだけです。

>という事は、リツコさんは享年29歳で、今の怜子さんは33歳……
ん? 年齢の計算m間違っていませんか? たぶん中3と高3と勘違いしているのかな? Anotherの舞台は中学校なので中3(14~15歳)がスタートの換算になります。

72年卒のリツコは、その11年後の83年に恒一を生んだわけなので享年25~26歳。その83年に中3だった怜子は15年後の今98年だから29~30歳になるはずです。


>鳴の「私は大丈夫」発言と、鳴が昔死にかけた話、母親に義眼を作って貰った話は何か関係があるんですかね?
どうでしょう、今のところコレと言って特に関係があるようには思えませんね。

「大丈夫」発言ですが、記事にも書いたように紛れ込んでいる“死者”自身が自分が死者である自覚がないため、自己申告はほぼ無意味です。

ただ鳴の臨死体験と義眼は一応可能性として謎を解く時のアイテムにはなるかもしれません。特に臨死体験をした場合、霊感が強くなって死者の魂が見えるなどの展開もありますし、最終的に推理して言って恒一らが死者を特定した最後の時に、鳴が最後のひと押しとして臨死体験による霊感を使う、とかそういう展開はファンタジーなら考えられるところですね。ミステリーホラーのこの作品で、どこまでこうなるかは不明ですが。

義眼は特別製だそうで、そう聞くと義眼の方に何か能力があるのかも……って、ファンタジー作品の見過ぎですねコレはwww
  • posted by 月詠 
  • URL 
  • 2012.02/16 13:38分 
  • [Edit]
  • [Res]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

Trackback

トラックバック URL
»»この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Another・アナザー 第6話「Face to face -二人-」

Another (1) (角川コミックス・エース 170-5)(2010/10/04)清原 紘商品詳細を見る  スタッフさん、見崎 鳴を萌えキャラにしようと頑張っていますね。細かい動きが可愛らしいというか、そんな感じ...

Another アナザー #6「Face to face<二人>」

何者かの悪意は何処にも無いんだ 仮借の念、もう半分は恐怖。Another アナザー第六話のぶっきら感想

Another 6話

君がいて、僕がいる。 というわけで、 「Another」6話 眼帯美少女独り占めの巻。 切り離されて、得た自由。 陽気なダンスの妄想はつまり、彼の心象風景。 そりゃ、踊りだしたくもなるだろうさ。 ...

Another 6話

ミステリー度合いが高まってきた!

「Another」第6話

同類に、なりました… 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201202140002/ Another(上) (角川文庫) 綾辻 行人 角川書店(角川グループパブリッシング) 2011-11-25 売り上げランキング : 317 ...

Another  ~   第6話 Face to face -二人-

Another (アナザー)  ~   第6話 Face to face -二人- 1998年、春。夜見山北中学校に転入してきた榊原恒一は、何かに怯えているようなクラスの雰囲気に違和感を覚える。不思議な存在感を放つ少女、ミ...

Another:6話感想

Anotherの感想です。 ※今回は基本ラブコメです。

Another 第6話「Face to face -二人-」 感想

少しづつ紐解かれていく謎。

Another TokyoMX(2/14)#06

第6話 Face to Face-二人- 公式サイトから 26年前から続く“災厄”から逃れるため、代々の3年3組では、ある“おまじない”が行われていた。転校してきてから恒一がクラスの雰囲気に感じていた違 和感も、すべてそれが理由だった。その“おまじない”に理不尽さを感じな?...

(アニメ感想) Another-アナザー- 第6話 「Face to face -二人-」 

Another 限定版 第1巻 [Blu-ray](2012/03/30)高森奈津美、阿部 敦 他商品詳細を見る 26年前から続く“災厄”から逃れるため、代々の3年3組では、ある“おまじない”が行われていた。転校してきてから恒一がク...

Another 第6話 「Face to face -二人-」 感想

 何だか"現象"が恐ろしいなと感じてきました。

Another 第6話感想

Anotherの第6話を見ました。 それでは感想を書きます。

Another 第6話 「Face to face - 二人 -」 簡易草子

「仕方ないでしょ、たまたま私だったっていうだけ。もし私じゃなかったら、私もみんなと一緒になってその子を『いない者』にしなきゃいけなかった。それなら、自分が切り離された方がマシでしょ?」by見崎鳴...

Another 第6話 「Face to face -二人-」 

「明日から同類だよね。よろしくね榊原君♪」 同類ができたことで上機嫌で軽やかなステップの鳴ちゃんかわええ(*´д`*) 授業中抜け出して遊びに出てたり今週はけっこうラブコメ風味だなwなんて思っていると最後には・・・^^;

Another 第6話 Face to face -二人-

鳴は一応は拒否権もある中、当人の同意を得て、今のような状態になったようですね。 最も、誰かに押し付けざるを得ない役割となると、断り辛いのは確かですけど… 鳴はそれが出来 ...

Another アナザー 第6話 「Face to face -二人-」 

やばい 踊る 鳴ちゃんの何という破壊力(笑)  恒一の妄想の中のことだけどね!  公式あらすじの鳴ちゃんも踊るとかやりすぎw 居ないものにされる時って 一応 本人に協力するか意思を確認するのです...

Another 第6話「Face to face-二人-」

『26年前から続く“災厄”から逃れるため、代々の3年3組では、ある“おまじない”が行われていた。転校してきてから恒一がクラスの雰囲気に感じていた違和感も、すべてそれが理由だった。その“おまじない”に理不尽...

Another 第6話「Face to face -二人-」 感想

やっぱり人が死ぬのは悲しいことだから 互いにいない者として距離が縮まり始める恒一と鳴の二人。 しかし止まらぬ災厄を前にして遂に精神の均衡を崩し始める者が現れて・・・。

Another 第6話 「「Face to face -二人-」 感想

死者って三神先生じゃないのかな。 怜子も怪しいですが……同一人物ってことはないのかな? 26年前から続く“災厄”から逃れるため、代々の3年3組では、 ある“おまじない”が行われていた。 転校してき...

Another 第6話 感想「Face to face -二人-」

Anotherですが、榊原恒一と見崎鳴はクラスでいない者同士として仲良くなります。見崎の臨死体験や人生観も怖いですが、二人で陽気に社交ダンスしている妄想もそこそこ怖いです。(以下に続きます)

Another -アナザー- #06「Face to face -二人-」

Another -アナザー- #06「Face to face -二人-」です。

Another 第6話 「Face to face ―二人―」

「――どんな感じだ?“一年半ぶり”の夜見山は」 こんなAnother見たことない!? まさかのダンスシーン(ただし妄想)を筆頭に、鳴の一挙一動にひたすら悶絶する「Another」第6話の感想。 それでいて伏線は周到に貼り、ラストはしっかりホラーで締める。 か、完...

Another 6話 「Face to face -二人-」 感想

すいません、前回の感想で言ったことを撤回します(笑) 鳴ちゃんはあざといです。

■Another【第6話】Face to face -二人-

Another - アナザー #06の視聴感想です。 指名。 ひとり。 繋がり。 ダンス。 調査。 担任。 途中で止まったような気が…… ↑さぁポチッとな

Another#6「Facetoface-二人-」感想

これはもう現象と呼ぶしかない。始まってしまえば止められない。「Facetoface-二人-」あらすじは公式からです。26年前から続く“災厄”から逃れるため、代々の3年3組では、ある“おまじ...

Another第6話感想

記事はこちら(TBもこちらへ) 元記事はhttp://sigerublog.txt-nifty.com/utakata/2012/02/post-556e.html

Another 第6話

「Face to fece -二人-」 明日から同類だよね…  宜しくね榊原くん 鳴と同じ居ない者扱いされる事になった恒一の妄想Σ(*゚Д`;) しかも、顔を赤らめてたよ 。゚(゚ノ∀`゚)゚。  でも、実際にやってもらいたいなww 同じ扱いになった恒一と鳴...

Another アナザー 第6話の感想

目が合えばれっつだんしんぐ。 Another アナザー 第6話「Face to face -二人-」の感想です。

Another~第6話「Facetoface<二人>」

 東京から引っ越してきた中学3年生、榊原恒一。転校してきた3年3組は死に一番近いのろわれたクラスだった。第6話。場面1 恒一、見崎鳴@見崎の家 恒一は鳴にいろいろきく。...

2012年01クール 新作アニメ Another 第06話 雑感

[Another] ブログ村キーワード Another 第0話 「Face to face -二人-」 感想 #Another2012#ep06 ■概要 夜見山北中学校3年3組に転入した榊原恒一。初登校日に病院で出会った見崎鳴と再会する...

Another 第06話 「Face to face -二人-」

今日も今日とて遅刻ギリギリなヨペチコです。 悩みの種はアナザーのストーリー説明がややこしくなってきたことです。

左サイドMenu

カウンター

祝2,000,000Hit達成♪ とうとう大台突破。これも皆様のおかげでございます(o ̄∀ ̄)ノ

カレンダー(月別)

05 ≪│2020/06│≫ 07
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

ガンダムシリーズ

◆新機動戦記ガンダムW◆

新機動戦記ガンダムW BD-BOX1

OVA・続編含め『新機動戦記ガンダムW』全般を応援してます♪
ガンダムW関連 まとめページ
感想、用語、企画など全ページへのリンクがあります。ご利用ください

2016/05/04 12巻分の用語一部更新しました

《用語》
用語集
ア行
カ行
サ行
タ行
ナ行
ハ行
マ行、ヤ行
ラ行、ワ行
英字行
登録キャラクター名一覧
キャラクター詳細
ア行
カ行
サ行
タ行
ナ行
ハ行
マ行、ヤ行
ラ行、ワ行、英字行

メカニック図鑑
メカニック用語詳細
年表

《企画》
年代考察
勢力図まとめ
AC暦におけるMS史(コラム)

◆Gジェネクロスレイズ◆

GCR119.jpg

まとめページ

◆ガンダムモビルスーツバイブル◆

GMB001_20190322210057cc3.jpg

まとめページ

◆機動戦士ガンダム00◆

GUNDAM OOQ
用語集などは特にありませんが、劇場版の感想は全十回というボリュームでコラム風に書かせていただきました。よろしければどうぞ。
ガンダム00関連 まとめページ

◆鉄血のオルフェンズ◆

81TuctHvlZL__CR88,0,1536,1536_
各回の感想のまとめだけ。
鉄血のオルフェンズ まとめページ

米山シヲ 応援エリア

◆梅衣堂ひよと旦那様の野望◆

1-2-2

『梅衣堂ひよと旦那様の野望』待望第1巻発売中

月刊少年ガンガンで現在連載中『梅衣堂ひよと旦那様の野望』を応援中。『ブラクロ』と同じように独自用語集も製作中!

公式特設ページ

独自用語集
第1巻

◆ブラッディ・クロス◆

ブラクロサムネ

月刊少年ガンガンで完結した『ブラッディ・クロス』をプッシュしています♪ 独自用語集あります! 

公式特設ページ

独自用語集
キャラ紹介-混血勢力-
キャラ紹介-天使勢力-
キャラ紹介-堕天使勢力-
キャラ紹介-アルカナ-
キャラ紹介-神葬-
キャラ紹介-その他-


最近の記事

最近のコメント

<>+-

最近のトラックバック

メールフォーム

管理人に何か言いたいことがあれば、ここからどうぞ♪

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード

QR

友達申請フォーム

FC2ブログランキング

FC2のブログランキングに参加中♪ 気に入っていただけたなら、一押しして下さい。

FC2ブログランキング

右サイドメニュー

義援金募集

FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして

検索フォーム

管理人から一言

お知らせ

管理人からのお知らせです。

PS4ゲーム『JUDGE EYES:死神の遺言』プレイ中。

『ガンダムW FT』コンテンツは不定期更新です。現在は11巻分までの感想と用語の更新を完了しました。

『ブラッディクロス』全12巻発売中! 用語集更新は全て無事終了致しました。

文庫・単行本(キャラクターノベル含む、ライトノベル含まず)の著者名別リストに移行しました。さすがに増え過ぎた(笑


今期の週間感想予定
日曜日:-
月曜日:-
火曜日:-
水曜日:-
木曜日:-
金曜日:-
土曜日:-
不定期:ピックアップ感想、ゲーム感想、模型関連など


場合によっては急遽順序等の変更もありますが、ご理解いただけますようよろしくお願いします。

管理人プロフィール

月詠

Author:月詠
埼玉県某所在住の34歳社会人。性別♂。名前は「つくよみ」と読む。

世知辛い世の中で嬉しいことも泣きたいこともサブカルチャーたちに救われています
詳細な自己紹介はこちら(2019版)。それ以前のものはこちら

コメント・TB、相互リンク受付中。下記の運営方針に詳細を記載しております。無条件に大歓迎と言うわけではありませんが、大部分の方は歓迎出来るかと思いますw

以下、ショートカット。
◇閲覧上の注意や規約など
Blogの運営方針・利用規約
他のBlog様と大差ない運営・利用規約ですが、初閲覧の方は簡単でも良いので読んで頂けるとありがたいです。閲覧、コメント等される方は利用規約を了承していると判断させていただきますので、「知りませんでした」は通用致しません。


◇アニメについて
アニメの評価について
歴代アニメ評価一覧
アニメアウォーズ! 受賞一覧


◇ゲームについて
ゲームの評価について
歴代ゲーム評価一覧


◇ブックス(本)について
小説の評価について
ブックレビュー一覧
   あ行の著者
   か行の著者
   さ行の著者
   た行の著者
   な行の著者
   は行の著者
   ま行の著者
   や行の著者
   ら行の著者
   わ行の著者
   複数の著者・その他
 文庫・単行本(キャラノベ含む、ラノベ含まず)は上気の著者名別になっています。

◇プラモデルについて
完成品一覧(グレード別)
完成品一覧(シリーズ別)
完成品一覧(トイ、フィギュア等)

◇その他リスト一覧はこちら
テレビ&シネマ
CD&DVD&BD
TYPE-MOON関連

ツリー式カテゴリー

openclose

アニプレッション!!

アニプレッション!!
アニプレッション!!とは

アニプレッション!!は、アニメブロガー達の合同ブログです。アニメについての問題意識・感想・考察・批評等の諸言説を発表し、アニメを語る事の面白さを伝える事が目標です。自分も末席に加えさせていただいております。
現在活動停止です

以下、アニプレッション!!メンバーのBlogです。

相互リンク(更新停止)

残念ながら一年以上の更新がない相互リンク先の方々です。サイト消滅の場合は消させていただきます。いずれまた復活し、交流が持てることを期待しています……