FC2ブログ

刹那的虹色世界

アニメ・ゲームのあらすじを主体とした感想や批評のブログ。時折、日記・声優・コミック・スポーツなど幅広くレビューしています。リンクフリー、相互リンク大歓迎♪

Entries

Another 第4話

Another 第4話
『Put flesh -輪郭-』 


≪あらすじ≫
桜木ゆかりが事故死した。同じ日、彼女の母親もまた交通事故で亡くなっていた。

緘口令(かんこうれい)を敷かれ目撃した現場について何かを語ることを禁止された恒一だったが、幸か不幸か病院への検査のため学校は休むことになった。激しい運動こそ禁じられたが特に目立った異常は見当たらなかった恒一は、仲良くなったナース・水野と情報交換。水野は恒一が気にかけている謎を耳にすると好奇心半分で弟で恒一と同じ三年三組の猛(たける)に聞いてみる、と約束する。

水野と別れ、帰宅途中で学校をサボったクラスメイトの綾野と遭遇する。だが、その時綾野に向かって倒れる大きなガラス片。間一髪、恒一が身を呈して守ったおかげで二人とも大事には至らなかったが、次の瞬間綾野は「死にたくない」と過敏に何かに反応していた……。


何かに取り憑かれたように三年三組の秘密を探る恒一は、叔母の怜子も問いただすが怜子はどうやら慢性的な頭痛に悩んでいるようで話の要領を得ない。ただ恒一に分かったのは、怜子がなぜか家にいる九官鳥と「どうして?」という声真似を異常に嫌っているということだけだった……。


翌日、学校に登校して見ると何となく空気がおかしい。そのことに疑問を抱きながらも恒一は昼休みに勅使河原の居場所を突き止めて言い寄った……「六月になったら教えてくれるって約束だよね」。一緒にいた対策係の赤沢泉美はその言葉に勅使河原を睨み返すと恒一に「事情が変わったから教えられない」と突っ撥ねる。

その様子に半ばあきらめた恒一だったが、その時携帯電話に着信が入る。相手は水野だった。電話に出た恒一に水野は「本当に“見崎鳴”は実在するのか?」と執拗に尋ねてくる。その言葉に頷く恒一に、水野は「弟がその名前を聞いた途端、執拗に脅えて『見崎鳴なんていない』と言うばかりだった」と証言する。しかし、その直後水野が乗っていたエレベーターが――




≪感想≫

水野さぁぁぁん・゜・(ノД`)・゜・

あぁ、もうね。こう個人的には、最終話で今回の一件を入院先の病院で振り返りながらも恒一と趣味の読書の話をしながらお世話してくれる水野さんの姿が頭の中にあったわけですよ。だから仮に泉美が死んでも、本当に鳴が幽霊だったとしても、それだけあれば最後に救いはあったのに……なのに、なのに……

そりゃねぇよorz

もう見終えた直後から放心状態。ちょうど( ゚д゚)ポカーンってこんな感じwww まぁ、でも彼女が死んでくれたから見えた部分も少なからずあるんですけどね……。



◆呪い? 事故死?
実は、この三年三組の呪いにはずっと違和感があった。それが今回何なのかハッキリした。それは『呪われる対象が曖昧すぎる』と言う点だ。

通常、呪いと言うものは呪われるべき相手がいて、そのために何らかの原因が発動して呪いと言うモノが具現化するわけだ。不特定多数を呪うための呪いなんてあまり耳にしたことがない。それだけ呪いというものは、人の“怨念”という感情部分に直結するものだと考えている。なのに、この三年三組の呪いは呪われる相手がいないのに、呪われる原因や呪いと言うモノだけが独り歩きしている感じが否めない。

もし仮に本当に呪う相手もいないまま発動するモノなのだとすれば、もはやそれは呪いではなく一種の天災だ。それこそ“対策係”というものも必要になってくるだろう。だが、そこに恒一を巻き込んでクラスで一致団結して乗り越えようと言う前向きな要素がないのは、クラスの誰もがこの状態を天災ではなく呪いと捉えている何よりの証拠なのだろう。


さて、話を戻してこの三年三組の呪いには前述のように不自然な点が多い。呪いの矛先がないのに呪いだけが独り歩きしているのもその一つだし、結果的にこの呪いの犠牲となった(と思われている)人たちには実は一貫性がない。

最初の犠牲者は桜木ゆかり。言うまでもなく三組の委員長だ。彼女は良い。三組の関係者である。だが、その後に亡くなった桜木ゆかりの母親と水野は三組の関係者ではない。
そう、彼女たちは厳密にいえば関係者ではないのだ。
正しく表現するなら彼女たちは“関係者の関係者”でしかない。果たしてそんなもので呪いと言うものは発動し拡散するように広まっていくものだろうか……まして、人が死ぬほどの呪いが。

これで順番が逆ならまだ分かる。
先に桜木ゆかりが死んで、その後にその母親が死んだというのであれば、それは呪いが「三組」という根源から「桜木ゆかり」に伝播し、そこから「桜木ゆかり・母」へと拡散したのならそういうこともあるだろう。「末代まで祟ってやる」と言うのは、(どこまで本当なのかはともかく)恨み節としては耳慣れた台詞である。

だが、水野の場合はそうではない。先に彼女の弟「猛」が死んで、その後に姉である「水野」が死ぬのであれば、桜木ゆかり同様呪いが親族へ伝播していったのだなと(前述のように呪いが伝播すること自体が、正直信じがたいが、ここではスルー)。しかし、先に死んだのは「水野」だ。来週、「猛」が死ぬのかもしれないがそれでもタイミング的にはおかしいし、もしこれで「猛」が死なないようであればなおのことおかしい。

別のクラスメイト(?)らしき二人が会話のみのモノローグで三組の呪いについて語っているが、あのモノローグ自体がそもそもひっかけであり、証拠のない噂のアヤフヤさを証明している。
そもそも呪いの元凶とも言うべき三組にいる人間ではなくその親兄弟の方が危険なんてことは普通あり得ない。轟々に燃えている焚火の真ん前にいる人が火傷をせずに、そこから離れている人が火傷することなんてないように......。


ならば、これは当然呪いではなく事故死ないし人為的な殺人と言うことになる。現状では当然事故死だろうが、「水野」に関して言えば彼女だけは呪いの秘密に迫りそうになったので人為的に殺害された可能性もある。いわゆる「お前は知り過ぎた」ってやつ。
エレベーターケーブルに細工をする、なんてこと普通は出来ないし、まして意図的に水野が乗った時だけケーブルが切断されるように細工するなんてどんなトリックを使えばいいのか分からないが、可能性としてはゼロではない。



実はもう一つ、前々からこの呪いに抱いていた疑問がある。それは『そもそもこれは何の呪いなのか?』と言う点だ。

呪いと言うのなら、それには大本となった原因があるはずで、それが一般的には「ミサキ」と言う名の少女と言う風に考えられている。
だが、それはおかしくないだろうか?
彼女は、あたかも自分がいるかのように卒業まで振る舞ってくれたクラスメイトや担任の教師、便宜を図ってくれた校長などに感謝こそすれ憎悪するようなことはないはずである。もし彼女が「私は死んだのに、どうして死んだように扱ってくれないの! 供養してくれないの!」と恨んでいるのなら、そういうこともあるだろうが、やはり普通に考えれば死してなおそこまで想ってくれる人たちに憎悪など抱くはずもない。

ならば、この呪いがあるとする人たちにとってそもそもの“元凶”とはどこにあるのだろうか? それとも、まだ私たちや恒一には開示されていない「始まりの年以降」の出来事に“元凶”は隠されているのだろうか?



◆対策係
なるほど、と思った。対策係とは、「不可解な連続死が起こってしまった年に、いかにその被害を軽減・緩和するか対策を立案し実行する係」と言うことか。呪いと思われていることを整理してみよう。

1.起こる年と起こらない年がある(昨年は起こらず二年前は起こった?)
2.一度起こると毎月一人か、それ以上の犠牲者が出る
3.例年ならば四月から犠牲者は出始める(が、今年はなぜか五月から)
4.始まってしまってからの部外者には混乱を避けるため情報を封鎖する
5.クラスで一人を居ない者として生贄に捧げることで起こらないようにしている?


1~4は今回明らかになった事実。5はここまでの展開からの推察であるが、ほぼ事実だろう。人が死ぬほどの呪いにも関わらずその発動は不定期で、かと言って一度起これば律儀に毎月被害者が出るというのはやはり呪いとしてはどうも一貫性に欠くというか、法則性に欠ける。だからこその対策係なのかもしれないが……。

ただ、疑問があるのは5なのだ。クラスメイトは執拗に鳴を居ない者として扱う。それは良くないのだけど、呪いを起こさないための行動だとするならばまぁ今は目を瞑るしかないだろう。
だが、そもそもどうして「一人を居ない者として扱うことで起こらないようにできるのか」という部分が今の段階では決定的に欠けているように見える。

先に挙げたように元凶自体が怪しいこの呪い。もしも「ミサキ」が呪いの元凶だとして、どうして「一人を『居ない者』として扱う」ことで救われるのだろうか。
普通に考えれば、むしろ逆ではないだろうか。
「ミサキ」があの始まりの年を経て呪い化するのだとすれば、それはむしろイジメを否定するモノだろう。だって彼女は死んでなお、卒業まで大切にされていたのだから。だからむしろ、「誰か一人を無視する」という現状は(もし「ミサキ」が呪いの元凶なら)むしろ呪いそのものを助長しかねないはずだ。


もちろん、いろいろと妄想することは出来る。例えば「始まりの年だけは大切にされたミサキだったが、翌年は当然居ないわけだから居ない存在として扱われたことに逆上して生徒たちやその家族を殺した」とか「卒業式に自分が映った写真を、卒業後の同級生が気味悪がって処分したのを目撃し自分への配慮が偽りだったと知り、腹を立てて三組に居座っている」とか、無視している理由も「誰か一人を無視することで、逆にその空いた一人の空席にミサキをいることにして一年間の無事を祈っている」とか。

ただ、どれもこれも妄想の域を出ず、むしろ推論の域にすら到達しない。やはりカギを握るのは、誰もが口を紡ぐ始まりの年以降の出来事か。


尤も、仮にそれのどれが正しかったとしても、「恒一には黙っている」という情報封鎖の意味がまるで見えないし、クラス内ルールを徹底させたいのならいち早く教えるべきなのに教えない理由にはならないのだけれど……(後者は一般の学校から転入してきたためローカルルールとなっている三組の呪いを信じてくれなかったり、あるいは正義感が強いとより一層鳴に関わらせてしまうかもしれないという危惧から、という可能性もあるが)。だが、仮に赤沢泉美が言うように「二年前の状況と同じ=転校生によってクラスのルールが乱された」のであれば、それはやはり先に伝えておくべきだったと普通は教訓として捉えそうなものだが……。


っていうか、対策係って三人いたのかw



◆鳴は実在するのか・其の肆
恒例考察。今回は簡潔に。

答えは当然YESである。理由は簡単でクラスメイトたちが死の恐怖に脅えているからだ。もしも彼らに鳴の姿が見えていないのであれば脅える必要などない。「居ないはずなのに見えること」が危険だという認識なのだから。

でも、今回の綾野はどうだったか振り返ってほしい。彼女はただガラスが落ちて来たという事故に対して恐怖していた。そこには当然鳴はいなかったし、彼女も鳴が見えてはいなかっただろう(見えていたらもっと違う取り乱し方をしたに違いない)。

それなのに彼女は「死にたくない」と混乱した。どんな些細な出来事でも身の危険に繋がるようなことならば恐怖してしまう。それはつまり「普段鳴の姿が見えているのにクラスのルールで無視して見えないことにしている=見えてないフリをしているだけで見えている=死の影はすぐそばまで近づいているかもしれない」と言う恐怖だ。

つまり、あそこで脅えているというのは鳴が実在しているという何よりの証拠である。



◆そのほかいろいろと
・怜子の頭痛
⇒オーソドックスな展開だとこの頭痛が実は伏線になる。例えば『ひぐらし』風なら幻覚を見て錯乱する前兆とか……。でも、これは頭痛のレベルじゃない。まるで人格そのものが別人になったような、そんな感じ。これは怜子がまた三組の呪いとは違うカギを握っていそう……。

・九官鳥
⇒嫌いらしい、怜子は。いや彼女が嫌いなのは「どうして」と言う単語の方か。これも二十六年前に関わっているのだろうけど、今は情報が足りなくてさっぱり見えない……。

・どうして水野姉弟は違う学校?
⇒どうしてだろうね……いや、ほんと。三組の呪いを知っている両親があえて引っ越して学区を強制的に変えて水野姉は夜見山南?に通わせたんだけど、今は学区が変わってしまって弟の猛は夜見山北に通っているとかそういうことか。いや、さすがに考え過ぎか。普通に引っ越して学区が変わったのだろう。

・人形館の老婆
⇒恒一が来ても同じセリフ。痴呆症なのか、それとも実は老婆に見えて受け付け用の自動人形と言う可能性も(ぇ

・人形館に出入りする女性
⇒彼女が人形を作っている人か? 確か霧果とか言ったか。何となく人を寄せ付けない雰囲気は鳴に近いものがあったような気もするが……。



≪TB先 参照リンク(URLアルファベット順)≫
赤字はTBが現在弾かれてしまっているBlog様です。
現在、nifty系、so-net系はほぼ全滅。livedoorは調子がいいと送れます。

・http://adria7.blog92.fc2.com/blog-entry-1166.html
・http://ai-mugi.blog.eonet.jp/aimugi/2012/02/---
04put-flesh--87d0.html
・http://ameblo.jp/brook0316/entry-11147501648.html
(http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201201310002/)
・http://ameblo.jp/gintoki-sakata-vol2/entry-11153238595.html
・http://animedouganews.blog44.fc2.com/blog-entry-2122.html
・http://animetureduregusa.blog65.fc2.com/blog-entry-1538.html
・http://animumeso.blog101.fc2.com/blog-entry-2977.html
・http://bbog920.blog.fc2.com/blog-entry-235.html
・http://blog.goo.ne.jp/allen77/e/4ebc253dd785a47c1f78720a
a0019f7f
・http://blog.livedoor.jp/rin20064/archives/52247841.html
・http://crystalcage1102.blog.fc2.com/blog-entry-748.html
・http://dokuatari.blog137.fc2.com/blog-entry-568.html
・http://hakuheisen914.blog6.fc2.com/blog-entry-2300.html
・http://hienkyaku.blog50.fc2.com/blog-entry-2515.html
・http://khstar.blog110.fc2.com/blog-entry-366.html
・http://luvnail.blog46.fc2.com/blog-entry-1230.html
・http://mikihara.blog70.fc2.com/blog-entry-2863.html
・http://nikkananilog.blog.fc2.com/blog-entry-351.html
・http://picoro106.blog39.fc2.com/blog-entry-5590.html
・http://plaza.rakuten.co.jp/oboro1964/diary/201202010002/
・http://plutor.blog83.fc2.com/blog-entry-1504.html
・http://scriptor.blog54.fc2.com/blog-entry-1481.html
・http://seigenjikan.blog2.fc2.com/blog-entry-2248.html
・http://seraraku2.blog59.fc2.com/blog-entry-6442.html
・http://shino134.blog22.fc2.com/blog-entry-2872.html
・http://shirokuro585.blog109.fc2.com/blog-entry-935.html
・http://sigerublog.blog137.fc2.com/blog-entry-755.html
・http://soraxcan.blog59.fc2.com/blog-entry-3145.html
・http://spadea.jugem.jp/?eid=14539
・http://strawcat.blog12.fc2.com/blog-entry-3482.html
・http://subcul.jugem.jp/?eid=2376
・http://tdragon2000e.blog7.fc2.com/blog-entry-2545.html
・http://vnr2034.blog133.fc2.com/blog-entry-1503.html
・http://waitingfrofresong.blog.fc2.com/blog-entry-78.html
・http://yamitarou.blog75.fc2.com/blog-entry-3213.html
・http://zspecium.blog.fc2.com/blog-entry-206.html

もしよろしければ、拍手ボタンをポチッと押して下さいm(_ _)m 管理人のモチベーションが上がります(ぉ 
Web拍手に頂いたコメントは後日『Web拍手レス』にてお返事させていただきます。

Comment

NoTitle 

水野さんが、現代にダミアンがいるわけでもないしね
みたいな台詞を振ったのでまさかと思いましたが
ガラスのシーンは古い映画「オーメン」のオマージュでした。
映画では人の首がスパッとちょん切れて35年前の当時の日本ではとても衝撃的だったのですが。今はもっっと上をいってますね。
原作中にもあるシーンなのかは知りませんが、原作者と私は同世代ですから「オーメン」の洗礼は受けているのはまちがいないでしょうね。

でも水野さんは6月6日6時に亡くなったわけではないですよね?
  • posted by 川越いも 
  • URL 
  • 2012.02/02 16:21分 
  • [Edit]
  • [Res]

>川越いもさん 

こんばんは。

>ガラスのシーンは古い映画「オーメン」のオマージュ
そのようですね。「6」という数字が並ぶ(特に666?)という不吉さに代表される「オーメン」はホラー系の中では割と有名ですしね。とはいえ、私は直接視聴したことがないのでよく分からないので、私よりさらに若い世代が興味を惹くとっかかりになるのかもしれません。

>でも水野さんは6月6日6時に亡くなったわけではないですよね?
そうですね。そこがミソなんだと思います。「オーメン」のダミアンを示す時間帯や隠喩するような場所で死ぬのではない=つまり、これは呪いなんかではないのだ、という……。
  • posted by 月詠 
  • URL 
  • 2012.02/02 20:19分 
  • [Edit]
  • [Res]

NoTitle 

こんにちは~、コメント失礼しますねm(_ _)mペコリ


>いわゆる「お前は知り過ぎた」ってやつ

これは私も何となく感じましたね~。
おそらく恒一にも言える事だと思いますが、水野看護師の積極的な詮索は七つの大罪が1つ「暴食」を体現しているかのようでした。
でも、知ろうとしすぎた事で呪いとやらに巻き込まれて命を落としてしまうのなら、他ならぬ恒一が最も初めに消されるべき存在だと思うんですよねぇ。
今回の水野看護師にしたって、恒一に鳴の事を尋ねられなければ調べる事はなかったでしょうし。
「主人公だから」なんていう非常にご都合主義な理由を並べる事もできますが、やっぱりそれだけじゃつまらないですよね!(何
鳴が呪いの起点だとしたら、恒一が彼女に気に入られているからなんでしょうし
それ以外だったら……うーむ、謎ですね(>_<)
コメントを書きながら、怜子おばさんも恒一の母も恒一と同じ理由で生き残ってたら面白いな~なんて考えてましたw

>実は老婆に見えて受け付け用の自動人形と言う可能性も(ぇ

あ~、それ私も考えましたよ!
全く同じセリフだったので、「こいつロボットじゃね?」って思っちゃいましたw
前回と全く同じ、ってところにも恐怖を感じるべきだったんでしょうかね?
正直なところ、衝撃的な展開の連続でちょっとやそっとじゃビクともしなくなったような気がしないでもありません(ぁ
それでも、今回の水野看護師退場にはこたえましたが…(^-^;)
誰がどう見たって、即死じゃないですかアレ…
苦しんで死ぬより、あんな感じに死んだ方が反って幸せだったのかもしれませんね(ぇ


ではではー。
  • posted by Plutor 
  • URL 
  • 2012.02/06 14:08分 
  • [Edit]
  • [Res]

>Plutorさん 

こんばんは、いらっしゃいませ~w

>鳴が呪いの起点だとしたら、恒一が彼女に気に入られているからなんでしょうし
彼女に近しいから今はまだ怪異から免れている節はありますね。クラスメイトたちが、「居ない者」として扱っている鳴ですから、それを止めようにも「居ないはずの者」である鳴に関してクラスメイトは止めようがないわけです……そう、鳴の存在を認めると言う矛盾する手段を使わない限りは。

クラスメイトからすればそこが歯痒いところでしょう。

>怜子おばさんも恒一の母も恒一と同じ理由で生き残ってたら面白いな~
実際、分からないことだらけですけどね。「起こらない年」もあるようですし。

>苦しんで死ぬより、あんな感じに死んだ方が反って幸せだったのかもしれませんね(ぇ
死んだこと自体はとても大変残念なことだし、落下中のエレベーターにいる恐怖というものを考えれば本当にそうなのかどうかは怪しいですけどね。

でもまぁ、喉を傘で貫通されるよりはまだ苦しまない形だったのかもしれませんね(苦笑
  • posted by 月詠 
  • URL 
  • 2012.02/06 19:45分 
  • [Edit]
  • [Res]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

Trackback

トラックバック URL
»»この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Another アナザー #4「Put flesh<輪郭>」

見崎鳴っていう子本当にいるの? 怯えている、みんな。   Another アナザー第四話のぶっきら感想。

Another アナザー 第4話 「Put flesh -輪郭-」 感想

今年は“在る” Another アナザー 第4話 感想です。

Another 第4話 「Put flesh -輪郭-」 

皆脅えてる…"始った"と思って── 桜木の事件は始まりを告げる序章に過ぎなかった。ということでいよいよ本格的に始る連続猟奇事件。人の手の犯行かそれとも”呪い”があるのか。静かながら盛り上がってきた。

Another:4話感想

Anotherの感想です。 このアニメは日常で使うものに恐怖を煽ってるだろ(汗)

Another アナザー 第4話の感想

どうして。 Another アナザー 第4話「Put flesh -輪郭-」の感想です。 Another 限定版 第2巻 [Blu-ray]新品価格¥5,854から(2012/2/1 21:02時点)

Another アナザー 第4話 「Put flesh -輪郭-」

この町にダミアンなんていないよね――。  ホラーネタがいろいろ出てくるこの作品(苦笑) 映画オーメンに登場する悪魔の子がダミアンです。 関わるものは不幸にみまわれる忌むべき存在…。 見崎鳴とはそう...

Another 4話

もうやめてくれー。 というわけで、 「Another」4話 Don't touch herの巻。 貴重なナースががが。 これまた悲惨な事故、悲惨な最期でございました。 キャラデザかわいいから、なおさらきっついで...

Another 第4話 Put flesh -輪郭-

ゆかりが亡くなった同じ日、ゆかりの母親も事故で亡くなったとかで、例の呪いとか噂されます。 ゆかりが急いで帰宅しようとしていたのは、母親の訃報があったからなのですね。 ...

Another 4話

鳴の心境に変化が?

Another 第4話 「Put flesh -輪郭-」 感想

傘の尖端に思わずちょっとびくっとしたのだけど、今週でまた1つ別なものが…。もうやだ( ̄□ ̄;)

Another #04「Put flesh -輪郭-」 キャプ付き感想!

健康のために階段を利用しましょう。

(アニメ感想) Another-アナザー- 第4話 「Put flesh-輪郭-」

Another 限定版 第2巻 [Blu-ray](2012/04/27)高森奈津美、阿部 敦 他商品詳細を見る ある生徒の突然の、理不尽な事故死により「3組の呪い」の噂は一気に信憑性を増した。恒一は鳴という不思議な存在と26年...

Another 第4話「Put flesh-輪郭-」

『ある生徒の突然の、理不尽な事故死により「3組の呪い」の噂は一気に信憑性を増した。恒一は鳴という不思議な存在と26年前の話が、一連の出来事と繋がっているように思えてならなかった。工房で再び出会った...

Another 第4話 「Put flesh -輪郭-」 感想

水野さん、いいキャラだったのにとうとうフラグを回収しちゃいましたね。 できれば死んでほしくないキャラだったなぁ。 ある生徒の突然の、理不尽な事故死により「3組の呪い」の噂は 一気に信憑性を...

Another 第4話「Put flesh -輪郭-」 感想

見崎鳴っていう女の子ね。本当に居るの、その子? やっぱり今作においてエレベーターというのは恐ろしい空間の一つでした。 彼女の死によって呪われた3年3組という噂の信憑性が更に増すことになりますね。

Another 第4話感想

Anotherの第4話を見ました。 それでは感想を書きます。

Another 第4話 感想「Put flesh -輪郭-」

Anotherですが、一人目の犠牲者が出てしまいます。母親まで亡くなったそうですが、クラスでは転校生の榊原恒一にきっちり説明をしてなかったと後悔します。榊原恒一はナースに見崎鳴の話をしますが、そんな生徒はクラスにいないようです。(以下に続きます)

Another  ~   第4話 Put flesh -輪郭-

Another (アナザー)  ~   第4話 Put flesh -輪郭- 1998年、春。夜見山北中学校に転入してきた榊原恒一は、何かに怯えているようなクラスの雰囲気に違和感を覚える。不思議な存在感を放つ少女、ミサ...

「Another」第4話

ダミアンは、存在するのか… 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201201310002/ Another 限定版 第1巻 [Blu-ray] 角川書店 2012-03-30 売り上げランキング : 1354 Amazonで詳しく見る by G-Tools

Another -アナザー- #04「Put flesh -輪郭-」

Another -アナザー- #04「Put flesh -輪郭-」です。 さて

Another・アナザー 第4話「Put flesh-輪郭-」

Another (3) (角川コミックス・エース 170-7)(2011/09/02)清原 紘商品詳細を見る  階段から滑り落ちたあげく、尖った傘先に喉を貫かれて死亡。あまりにも痛そうなシーンを冒頭から繰り返してしま...

Another 4話 「Put flesh -輪郭-」 感想

音響仕事しすぎ笑えない。

ANOTHER #4「Putflesh-輪郭-」感想

3年3組の呪いとは?今年は「”あり”の年かもしれない。」。もう始まっている!?「Putflesh-輪郭-」あらすじは公式からです。ある生徒の突然の、理不尽な事故死により「3組の呪い」...

Another第4話感想

記事はこちら(TBもこちらへ) 元記事はhttp://sigerublog.txt-nifty.com/utakata/2012/02/post-e2e2.html

Another 第4話

「Put flesh -輪郭-」 やっぱりあるみたい 多分100%確実に、それが始まってしまったから… 見崎の話的には知らなかったら身の危険はないような感じですねw そう言われたら知り無くなるのは当たり前! 恒一は知ってしまうんでしょうか…? 3年3組に忍...

Another~第4話「Putflesh<輪郭>」

 東京から引っ越してきた中学3年生、榊原恒一。転校してきたクラスには恐ろしい秘密があるらしい。第4話。 3年3組のクラス委員長桜木ゆかりが階段から落下して死亡、同じ日ゆ...

Another 第4話 「Put flesh ―輪郭―」

「お互い気をつけましょ。ふつう起こりえないような事故には、特にね」 積み重ねてきた死亡フラグ、いま回収の刻が迫る―― 衰え知らずの演出力の高さに違った意味でゾクゾクする「Another」第4話の感想。 エレベーターはホラーの伝統芸。勿論、本作でもソレは例?...

2012年01クール 新作アニメ Another 第04話 雑感

[Another] ブログ村キーワード Another 第04話 「Put flesh-輪郭-」 感想 #Another2012#ep04 ■概要 夜見山北中学校3年3組に転入した榊原恒一。初登校日に病院で出会った見崎鳴と再会する。 ...

Another #04「Put flesh -輪郭-」

はてさて、ダミアンさんはどっちなんでしょうねぇ…(何

Another 第04話 「Put flesh -輪郭-」

刑事コロンボを見直してたらあっという間に一週間たちました。 今日も今日とて駄目人間なヨペチコです。

Another 第4話 2/1 あらすじと感想 #Another #アナザー

 動き出した歯車。  ゆかりちゃんの件が闇の影を落し始めた。冒頭では、3年3組の中で、家族も含めて、毎月1人以上の人間に不幸が訪れると言っている。  衝撃のシーンを目撃してしまった恒一くんは...

左サイドMenu

カウンター

祝2,000,000Hit達成♪ とうとう大台突破。これも皆様のおかげでございます(o ̄∀ ̄)ノ

カレンダー(月別)

09 ≪│2019/10│≫ 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

ガンダムシリーズ

◆新機動戦記ガンダムW◆

新機動戦記ガンダムW BD-BOX1

OVA・続編含め『新機動戦記ガンダムW』全般を応援してます♪
ガンダムW関連 まとめページ
感想、用語、企画など全ページへのリンクがあります。ご利用ください

2016/05/04 12巻分の用語一部更新しました

《用語》
用語集
ア行
カ行
サ行
タ行
ナ行
ハ行
マ行、ヤ行
ラ行、ワ行
英字行
登録キャラクター名一覧
キャラクター詳細
ア行
カ行
サ行
タ行
ナ行
ハ行
マ行、ヤ行
ラ行、ワ行、英字行

メカニック図鑑
メカニック用語詳細
年表

《企画》
年代考察
勢力図まとめ
AC暦におけるMS史(コラム)

◆ガンダムモビルスーツバイブル◆

GMB001_20190322210057cc3.jpg

まとめページ

◆機動戦士ガンダム00◆

GUNDAM OOQ
用語集などは特にありませんが、劇場版の感想は全十回というボリュームでコラム風に書かせていただきました。よろしければどうぞ。
ガンダム00関連 まとめページ

◆鉄血のオルフェンズ◆

81TuctHvlZL__CR88,0,1536,1536_
各回の感想のまとめだけ。
鉄血のオルフェンズ まとめページ

米山シヲ 応援エリア

◆梅衣堂ひよと旦那様の野望◆

1-2-2

『梅衣堂ひよと旦那様の野望』待望第1巻発売中

月刊少年ガンガンで現在連載中『梅衣堂ひよと旦那様の野望』を応援中。『ブラクロ』と同じように独自用語集も製作中!

公式特設ページ

独自用語集
第1巻

◆ブラッディ・クロス◆

ブラクロサムネ

月刊少年ガンガンで完結した『ブラッディ・クロス』をプッシュしています♪ 独自用語集あります! 

公式特設ページ

独自用語集
キャラ紹介-混血勢力-
キャラ紹介-天使勢力-
キャラ紹介-堕天使勢力-
キャラ紹介-アルカナ-
キャラ紹介-神葬-
キャラ紹介-その他-


最近の記事

最近のコメント

<>+-

最近のトラックバック

メールフォーム

管理人に何か言いたいことがあれば、ここからどうぞ♪

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード

QR

友達申請フォーム

FC2ブログランキング

FC2のブログランキングに参加中♪ 気に入っていただけたなら、一押しして下さい。

FC2ブログランキング

右サイドメニュー

義援金募集

FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして

検索フォーム

管理人から一言

お知らせ

管理人からのお知らせです。

PS4ゲーム『JUDGE EYES:死神の遺言』プレイ中。

『ガンダムW FT』コンテンツは不定期更新です。現在は11巻分までの感想と用語の更新を完了しました。

『ブラッディクロス』全12巻発売中! 用語集更新は全て無事終了致しました。

文庫・単行本(キャラクターノベル含む、ライトノベル含まず)の著者名別リストに移行しました。さすがに増え過ぎた(笑


今期の週間感想予定
日曜日:-
月曜日:-
火曜日:-
水曜日:-
木曜日:-
金曜日:-
土曜日:-
不定期:ピックアップ感想、ゲーム感想、模型関連など


場合によっては急遽順序等の変更もありますが、ご理解いただけますようよろしくお願いします。

管理人プロフィール

月詠

Author:月詠
埼玉県某所在住の34歳社会人。性別♂。名前は「つくよみ」と読む。

世知辛い世の中で嬉しいことも泣きたいこともサブカルチャーたちに救われています
詳細な自己紹介はこちら(2019版)。それ以前のものはこちら

コメント・TB、相互リンク受付中。下記の運営方針に詳細を記載しております。無条件に大歓迎と言うわけではありませんが、大部分の方は歓迎出来るかと思いますw

以下、ショートカット。
◇閲覧上の注意や規約など
Blogの運営方針・利用規約
他のBlog様と大差ない運営・利用規約ですが、初閲覧の方は簡単でも良いので読んで頂けるとありがたいです。閲覧、コメント等される方は利用規約を了承していると判断させていただきますので、「知りませんでした」は通用致しません。


◇アニメについて
アニメの評価について
歴代アニメ評価一覧
アニメアウォーズ! 受賞一覧


◇ゲームについて
ゲームの評価について
歴代ゲーム評価一覧


◇ブックス(本)について
小説の評価について
ブックレビュー一覧
   あ行の著者
   か行の著者
   さ行の著者
   た行の著者
   な行の著者
   は行の著者
   ま行の著者
   や行の著者
   ら行の著者
   わ行の著者
   複数の著者・その他
 文庫・単行本(キャラノベ含む、ラノベ含まず)は上気の著者名別になっています。

◇プラモデルについて
完成品一覧(グレード別)
完成品一覧(シリーズ別)
完成品一覧(トイ、フィギュア等)

◇その他リスト一覧はこちら
テレビ&シネマ
CD&DVD&BD
TYPE-MOON関連

ツリー式カテゴリー

openclose

アニプレッション!!

アニプレッション!!
アニプレッション!!とは

アニプレッション!!は、アニメブロガー達の合同ブログです。アニメについての問題意識・感想・考察・批評等の諸言説を発表し、アニメを語る事の面白さを伝える事が目標です。自分も末席に加えさせていただいております。
現在活動停止です

以下、アニプレッション!!メンバーのBlogです。

相互リンク(更新停止)

残念ながら一年以上の更新がない相互リンク先の方々です。サイト消滅の場合は消させていただきます。いずれまた復活し、交流が持てることを期待しています……