FC2ブログ

刹那的虹色世界

アニメ・ゲームのあらすじを主体とした感想や批評のブログ。時折、日記・声優・コミック・スポーツなど幅広くレビューしています。リンクフリー、相互リンク大歓迎♪

Entries

スタートラインに立った作品たち(『あの夏』『パパ』)

スタートラインに立った作品たち(『あの夏』『パパ聞き』)

最後まで悩んだけど、簡易感想にすることにした。やっぱり『Another』がこの曜日の本命で毎週ちゃんと記事を書きたいということもあるし。Blog運営的には人気が高い『あの夏』、ラブコメ層・ロリ層(笑)の支持を集めそうな『パパ聞き』はアクセス、TB数稼ぎとしては感想を書くべきなのだろうが、ぶっちゃけそれらの数なんてどうでもいいし(爆


あの夏で待ってる 第2話『先輩と一緒…』
《あらすじ》

イチカが自宅にいるところを見事に姉と柑菜に目撃された海人。なんとかその場を取り繕ったが、上手く行き過ぎてイチカと同居することに!? 海人はそんな中でイチカが「どこか分からないけど、覚えている光景を見に来た」という願いに惹かれる。

一方、柑菜から伝播して次の日には映画を撮影する面々にイチカとの同居が広まっていた。そして映画撮影の無事を祈った決起集会は、当然霧島家になって――


《感想》
次回予告の柑菜のあのセリフは、さすがに『おねティ』シリーズ未視聴でも知ってた。うん、そりゃあ言っちゃダメだと思うわ(笑 というか、すでにネタにしてるんだな。このあたりの先見性は凄い。ちなみにTOKYO MXだと『おねティ』再放送はじまったから比較しながら楽しめるかもしれない(ぉ

不安要素が出て来た2話だと思う。姉が長期出張に行った霧島家。海人は怪我の回復が万全ではなく、首だけではなく額にもセル(細胞)の代謝不順が……。これ、最後は主人公死亡とか主人公が宇宙人になるとか主人公がELSと一体化するとか、そういう可能性もあるんじゃね?

あとは恋愛模様か。海人はイチカに惹かれ、イチカも海人へ……。でも、そんな相思相愛の外では海人に想いを寄せる柑菜と、そんな柑菜をやっぱり気にしている風の幼馴染の哲朗、その哲朗を気にしていそうな美桜と報われないドロドロの三角関係が、外で行われている。これ、たぶんポイントなんだろうね。主人公とヒロインは相思相愛で突き進みながら、その外で別の三角関係が発生してそこに少なからず主人公とヒロインが巻き込まれるケースっていうのは、主人公たちの純粋な想いを描きつつ恋愛関係をいろいろな面で描けるわけだから。

でも、決起集会も開いて、イチカが同居するようになってようやく『あの夏』もスタートラインかな。



パパの言うことを聞きなさい! 第2話『家へおいでよ』
《あらすじ》

姉に一日姪っ子の面倒を見させられた祐太。それは、姉が夫と一緒に一週間旅行へ出かけるためのものだった。子供たちは新婚旅行にすら行っていない二人に、二人きりの旅行をプレゼントしたいため祐太と一週間過ごせるのだと証明したかったのだ。

姪っ子の気迫に押されて一週間彼女たちと一緒に暮らして面倒をみることを了承した祐太。だが、その矢先姉たちが乗った飛行機が墜落事故を起こしたという一報が入る。行方不明の両親は当然死亡扱いとされ、葬儀も執り行われた。両親がいない今、三人の娘たちはバラバラに引き取られることに。

だが、それを三人は拒む。その姿に、かつて両親が死んだ時に「家族は一緒にいなきゃダメなの」と言って自分を引きとり育ててくれた姉を思い出した祐太は――


《感想》
今のところ第2話で一番意味深だったのは、この作品だと思っている。

「血のつながりなんて関係ない、家族は一緒にいなきゃダメなんだ!」という祐太の発言は真理だと思っている。

ギャルゲー『φなる・あぷろーち』という作品で同じく両親不在の兄妹を引きとった主人公の従兄が似たようなことを口にしていて、感動したことを思い出した。というか、ギャルゲープレイして今でも胸に残っている数少ない名言だと思っているくらい。

結局、家族なんてものは良くも悪くも幻想でしかない。そもそも血のつながり云々というが、それなら夫婦の間に血のつながりは存在しないわけだ。それでも夫婦は家族でもある。それは、血縁関係だから家族なのではない。家族というのは、一緒に過ごす時間が他の誰よりも長く、それゆえに一緒の時間を誰よりも多く積み重ねるからこそ、他者と差別化される“絆”となるのである。

だから、バラバラに引きとられたらそれはもう家族ではなくなってしまうかもしれない、ということだ(極論だけど。家族バラバラに過ごしていても家族として機能している家庭もあるだろうし)。一緒に同じ時間を積み重ねていくからこその家族。私たちが血縁関係を重んじるのは、血のつながりもあるだろうが、それ以上に生まれてからずっと一緒にいると言う積み重ねの時間ゆえに違いない。

逆説的にいえば、「血のつながりは大切。でも、それに胡坐をかいて一緒の時間を過ごさずコミュニケーションを取れないようでは、それは形ばかりの“家庭”であって“家族”ではない」ということだろう。

そんなわけで、この作品もスタートラインに立った。結構裕福そうな家庭に暮らしていて、普通なら祐太が移住するのがベストだろうが祐太の発言から考えれば、三人が祐太のあの狭いアパートへ引っ越すのだろう。二階建てで、トイレが二つあって、別々に洗濯する余裕のあった家ではなくなり、プライベートと呼べる境界は消え、トイレは一つで、経済的にも別々に選択する余裕はない。

これでどう展開していくのか楽しみ(まぁ、次回は一番下の子が現状を理解して泣くのを説得しそうな予感だが)。



≪TB先 参照リンク(URLアルファベット順)≫
赤字はTBが現在弾かれてしまっているBlog様です。
現在、nifty系、so-net系はほぼ全滅。livedoorは調子がいいと送れます。


もしよろしければ、拍手ボタンをポチッと押して下さいm(_ _)m 管理人のモチベーションが上がります(ぉ 
Web拍手に頂いたコメントは後日『Web拍手レス』にてお返事させていただきます。

Comment

NoTitle 

こんばんは、コメント失礼します~。

なるほど、「あの夏」は簡易感想に回す事にしたんですね(´ω`)
『Another』と放送日が被ってしまってたのなら納得です、多分私も「あの夏」を簡易感想に回してたでしょうからw
どちらもとても期待できる作品ではありますけど、後者の方が圧倒的に書く文量を多くせざるを得ませんから致し方ないですよね(^-^;)

本編のコメントとしましては、おっしゃる通りようやくスタート地点に立ったんだなって感じですよね。
イチカが地球にやってきた理由も明らかになりましたし、海人たちが今後どうしていくかの目標も定まりましたし。
多分8割方今回みたいにラブコメ&青春な内容になっていくんでしょうが、こういう甘酸っぱさって学生時代にしか味わえないよなぁと一人モンモンとしながら観る事にしますw
先輩後輩の関係ってスバラシイですよね、胸キュンキュンです!(何


ではではー。
  • posted by Plutor 
  • URL 
  • 2012.01/19 01:35分 
  • [Edit]
  • [Res]

ババの言うことを聞かんかい! 

『パパの言うことを聞きなさい!』第2話について話します。

姉夫婦が亡くなり、主人公が残された甥たちを引き取るという急展開となったわけですが、私は違和感を感じます。

『うさぎドロップ』は、定職に就いた主人公が子供を育てるという現実味を感じさせる内容で、しかもファミリーが見ても大丈夫なよう健全に作られたアニメでした。

しかし、『パパの言うことを聞きなさい!』は、いわゆる“萌えオタク向け”として作られており、シャワーシーンやパンチラといった明らかなエロを多々要素に含んでいるため、純粋な家族物としては楽しめないと思うのです。
これでは、主人公が3姉妹とのエロなコメディを起こすために「物語の展開上、姉夫婦は殺された」と見られても仕方ないのではないでしょうか?

主人公は大学生で、「定職にも就いていないのに3姉妹を養えるのか?」と当然の疑問が浮かびます。
まだアニメは序盤なのでどうなるかは分かりませんが、こういったことに現実味を持たせることが、物語にとって必要なのではないかと思います。
  • posted by 祖母っ子 
  • URL 
  • 2012.01/19 11:45分 
  • [Edit]
  • [Res]

>Plutorさん 

こんにちは。

>なるほど、「あの夏」は簡易感想に回す事にしたんですね(´ω`)
そうですね。やっぱり『Another』の方が私の中で感想を書きたいと思える作品でした。ただ『あの夏』の感想を上げてほしいという声もいただいており、結果的に簡易感想で少し頑張ってみようかと。


>多分8割方今回みたいにラブコメ&青春な内容になっていくんでしょうが
そうだと思います。その辺は『おねティ』シリーズを視聴している方の方が、今後の展開を推理しやすいかなと思いますね。私は視聴していないのでその辺がどう転がっていくのは予想は出来ていませんね。

>先輩後輩の関係ってスバラシイですよね
同級生とは違った感覚がありますからね。それはそれで魅力的なシチュだと思いますw
  • posted by 月詠 
  • URL 
  • 2012.01/19 13:34分 
  • [Edit]
  • [Res]

>祖母っ子さん 

こんにちは。

>『パパの言うことを聞きなさい!』第2話について話します。
畏まりました。僭越ながら、それについて私の意見を一つ一つ返させていただきたいと思います。

>いわゆる“萌えオタク向け”として作られており
そうですね。原作は知りませんが、まぁ容姿と言い設定と言い、この作品のターゲット層にそうした階層があることは間違いないと思います。

>純粋な家族物としては楽しめないと思うのです。
祖母っ子さんがすでにコメントで書かれていますが、この作品は純粋な家族モノの作品ではないと思います、だってラブコメですから(それも仰られるように萌え系の)。だから、純粋な家族モノとして成立しないのはある意味必然なので、それを今更引っ張ってきても何の意味もないことではないかと。

「家族モノ=ファミリーで観れるモノ」という図式も先入観であって、そういう決まりもなければ固定概念でもないわけですし。

>主人公が3姉妹とのエロなコメディを起こすために「物語の展開上、姉夫婦は殺された」と見られても仕方ないのではないでしょうか?
これはおっしゃられる通りだと思います。実際、これくらいのきっかけでもなければ大学生の主人公が、年の離れた三姉妹と同居するというシチュエーションを作れないと思いますし。

ただ一つ言わせてほしいのは、正直そんなことを言い出したら、主人公が特殊な環境で育っているということを示すために、両親が海外勤務だったり、十代で両親が死亡してたり、両親に捨てられたりという経歴を持つ主人公なんて、(特にラノベ界隈では)恐ろしいほど無数に存在するわけです。

『パパ聞き』では、そうしたラノベ界隈では「こういう設定(特に主人公の環境について)なんだ」で済まされてしまう、本来描かれない主人公たちの境遇の部分が1~2話にかけて描かれただけで、それ自体は決して珍しいものだとは思いません。この設定がリアルではないとおっしゃられるのであれば、そもそもフィクションなわけですしそこにリアルさを求める必要性を特には感じません。

>主人公は大学生で、「定職にも就いていないのに3姉妹を養えるのか?」
その問題は次週触れるのではないでしょうか。あくまでラブコメ系の作品であるので、どこまで触れるのかは分かりませんがざっと考えただけでも、住居や学校に通っている彼女たちの通学問題、もちろんまだ三歳で状況を理解していないひな含めた精神的なケアも込みで、祐太たちの前には問題が山積状態です。

それを一つ一つ、家族として四人が立ち向かって解決していくのがラブコメをやる傍らでの本作の趣旨の一つだと思います。「養えないから三人はバラバラになるしかない」ということを過去の経験から嫌って立ち上がったのが祐太なわけで、彼自身姉にそうやって育てられたようです。

生産出来る経済力に関しては確かに不安が残る祐太ですが、汚い話遺産や保険金云々だって考えられるわけで、一概に大学生だから無理だと言うのは早合点。

まして先にも挙げましたが、その問題にはどう考えてもこれからぶつかるわけで、それを待ってからでも評価は遅くはないと思います。

>こういったことに現実味を持たせることが、物語にとって必要なのではないか
それは作品に寄りますね。前述、そして祖母っ子さんが自らコメントされているようにこれは、そうした従来のエロや萌えを好む層をメインターゲットにしている作品だと考えられます。それらの作品にとって、そもそもそうした状況下・環境下におかれていること自体がフィクション性の強いものであり、そこに現実味やリアリティさを求めるのは方向性として正しいのかという疑問がむしろ私にはあります。

祖母っ子さんは、この作品を「“萌えオタク向け”に作られている」と自らおっしゃられているのに、それに対して「家族作品とは何たるか」を語ろうとしているのには、少し無理があるように感じます。だってこれは、おっしゃられるようにあくまで“萌えオタク向け”であって、硬派に家族について描く作品とは少しベクトルが違うと思いますから。

今回は祖母っ子さんのご意見とは対立する形になってしまいましたが、それは私がこの作品を「ベースは『ラブコメ(萌え系)作品』」だと認識しているのに対し、祖母っ子さんが似た認識を持ちながらも「ベースは『家族作品』」だと捉えているからであり、考え方や評価のベースが異なるからだと思いました。

確かに家族作品として見た時には、現実味に乏しい設定や内容であることは言うまでもありません。しかし、繰り返しになりますが本作はやはり「家族作品」と言うよりは「ラブコメ作品」のように感じます。祖母っ子さんもそのあたりの認識をお持ちのようですが、ところどころで「家族作品」としてこの作品を捉えている節があり論理が混在していたので、次回まで冷静にもう一度整理して待ってみるのはいかがでしょうか。
  • posted by 月詠 
  • URL 
  • 2012.01/19 13:54分 
  • [Edit]
  • [Res]

>月詠さん 

返信ありがとうございます。

否定的な意見のように書きましたが、『パパ聞き』第2話を見て感動しなかった訳ではありません。
親戚を不幸にも失ったことのある私としては、主人公や甥たちの境遇に同情し、そして、皆がまた笑顔を取り戻してくれるように応援したくなりました。
今の境遇を彼らがどう乗り越えていくかに注目し、またコメディ部分も(エロを含めてw)楽しみにしています。

しかし、個人的に『萌え』を全面に押し出したアニメの多くは、展開や人物描写がおざなりになってしまうという偏見があり、正直不安もあります・・・(汗)
『萌え』と『ドラマ』、両方が良い具合を取って物語を進行していくよう、スタッフには期待したいと思います。
  • posted by 祖母っ子 
  • URL 
  • 2012.01/19 14:18分 
  • [Edit]
  • [Res]

>祖母っ子さん 

>『パパ聞き』第2話を見て感動しなかった訳ではありません。
そうですか……。 私は、記事の通り“感心”こそすれど、“感動”はしませんでしたね。コメントで書いたとおり、あまりに普通だったので。


>『萌え』と『ドラマ』、両方が良い具合を取って物語を進行していくよう
もちろん、それはこの作品に限らず全ての作品に対して言えることですね。より多くの要素を、より優れた形で取り入れた方が万人受けするわけで。

ただ、やっぱりこの手の作品は“萌え”なので、そこまでドラマ性を期待出来るのかなというのは疑問です。
  • posted by 月詠 
  • URL 
  • 2012.01/20 09:01分 
  • [Edit]
  • [Res]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

Trackback

トラックバック URL
»»この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

あの夏で待ってる 第2話「先輩といっしょ…」

あの飲み物絶対アルコール入ってるよね、そうだよね!(何

制作スタッフの良心(ガンダムAGEとかアクエリオンEVOLとか)

【偽物語 第2話】撫子さんと駿河さんのお宅に訪問するお話。妹さんのもう片割れが登場しましたが、これといって物語の進展はナシでしたね。妹さんらの「正義」を偽物と断言する阿 ...

左サイドMenu

カウンター

祝2,000,000Hit達成♪ とうとう大台突破。これも皆様のおかげでございます(o ̄∀ ̄)ノ

カレンダー(月別)

10 ≪│2019/11│≫ 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

ガンダムシリーズ

◆新機動戦記ガンダムW◆

新機動戦記ガンダムW BD-BOX1

OVA・続編含め『新機動戦記ガンダムW』全般を応援してます♪
ガンダムW関連 まとめページ
感想、用語、企画など全ページへのリンクがあります。ご利用ください

2016/05/04 12巻分の用語一部更新しました

《用語》
用語集
ア行
カ行
サ行
タ行
ナ行
ハ行
マ行、ヤ行
ラ行、ワ行
英字行
登録キャラクター名一覧
キャラクター詳細
ア行
カ行
サ行
タ行
ナ行
ハ行
マ行、ヤ行
ラ行、ワ行、英字行

メカニック図鑑
メカニック用語詳細
年表

《企画》
年代考察
勢力図まとめ
AC暦におけるMS史(コラム)

◆ガンダムモビルスーツバイブル◆

GMB001_20190322210057cc3.jpg

まとめページ

◆機動戦士ガンダム00◆

GUNDAM OOQ
用語集などは特にありませんが、劇場版の感想は全十回というボリュームでコラム風に書かせていただきました。よろしければどうぞ。
ガンダム00関連 まとめページ

◆鉄血のオルフェンズ◆

81TuctHvlZL__CR88,0,1536,1536_
各回の感想のまとめだけ。
鉄血のオルフェンズ まとめページ

米山シヲ 応援エリア

◆梅衣堂ひよと旦那様の野望◆

1-2-2

『梅衣堂ひよと旦那様の野望』待望第1巻発売中

月刊少年ガンガンで現在連載中『梅衣堂ひよと旦那様の野望』を応援中。『ブラクロ』と同じように独自用語集も製作中!

公式特設ページ

独自用語集
第1巻

◆ブラッディ・クロス◆

ブラクロサムネ

月刊少年ガンガンで完結した『ブラッディ・クロス』をプッシュしています♪ 独自用語集あります! 

公式特設ページ

独自用語集
キャラ紹介-混血勢力-
キャラ紹介-天使勢力-
キャラ紹介-堕天使勢力-
キャラ紹介-アルカナ-
キャラ紹介-神葬-
キャラ紹介-その他-


最近の記事

最近のコメント

<>+-

最近のトラックバック

メールフォーム

管理人に何か言いたいことがあれば、ここからどうぞ♪

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード

QR

友達申請フォーム

FC2ブログランキング

FC2のブログランキングに参加中♪ 気に入っていただけたなら、一押しして下さい。

FC2ブログランキング

右サイドメニュー

義援金募集

FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして

検索フォーム

管理人から一言

お知らせ

管理人からのお知らせです。

PS4ゲーム『JUDGE EYES:死神の遺言』プレイ中。

『ガンダムW FT』コンテンツは不定期更新です。現在は11巻分までの感想と用語の更新を完了しました。

『ブラッディクロス』全12巻発売中! 用語集更新は全て無事終了致しました。

文庫・単行本(キャラクターノベル含む、ライトノベル含まず)の著者名別リストに移行しました。さすがに増え過ぎた(笑


今期の週間感想予定
日曜日:-
月曜日:-
火曜日:-
水曜日:-
木曜日:-
金曜日:-
土曜日:-
不定期:ピックアップ感想、ゲーム感想、模型関連など


場合によっては急遽順序等の変更もありますが、ご理解いただけますようよろしくお願いします。

管理人プロフィール

月詠

Author:月詠
埼玉県某所在住の34歳社会人。性別♂。名前は「つくよみ」と読む。

世知辛い世の中で嬉しいことも泣きたいこともサブカルチャーたちに救われています
詳細な自己紹介はこちら(2019版)。それ以前のものはこちら

コメント・TB、相互リンク受付中。下記の運営方針に詳細を記載しております。無条件に大歓迎と言うわけではありませんが、大部分の方は歓迎出来るかと思いますw

以下、ショートカット。
◇閲覧上の注意や規約など
Blogの運営方針・利用規約
他のBlog様と大差ない運営・利用規約ですが、初閲覧の方は簡単でも良いので読んで頂けるとありがたいです。閲覧、コメント等される方は利用規約を了承していると判断させていただきますので、「知りませんでした」は通用致しません。


◇アニメについて
アニメの評価について
歴代アニメ評価一覧
アニメアウォーズ! 受賞一覧


◇ゲームについて
ゲームの評価について
歴代ゲーム評価一覧


◇ブックス(本)について
小説の評価について
ブックレビュー一覧
   あ行の著者
   か行の著者
   さ行の著者
   た行の著者
   な行の著者
   は行の著者
   ま行の著者
   や行の著者
   ら行の著者
   わ行の著者
   複数の著者・その他
 文庫・単行本(キャラノベ含む、ラノベ含まず)は上気の著者名別になっています。

◇プラモデルについて
完成品一覧(グレード別)
完成品一覧(シリーズ別)
完成品一覧(トイ、フィギュア等)

◇その他リスト一覧はこちら
テレビ&シネマ
CD&DVD&BD
TYPE-MOON関連

ツリー式カテゴリー

openclose

アニプレッション!!

アニプレッション!!
アニプレッション!!とは

アニプレッション!!は、アニメブロガー達の合同ブログです。アニメについての問題意識・感想・考察・批評等の諸言説を発表し、アニメを語る事の面白さを伝える事が目標です。自分も末席に加えさせていただいております。
現在活動停止です

以下、アニプレッション!!メンバーのBlogです。

相互リンク(更新停止)

残念ながら一年以上の更新がない相互リンク先の方々です。サイト消滅の場合は消させていただきます。いずれまた復活し、交流が持てることを期待しています……