FC2ブログ

刹那的虹色世界

アニメ・ゲームのあらすじを主体とした感想や批評のブログ。時折、日記・声優・コミック・スポーツなど幅広くレビューしています。リンクフリー、相互リンク大歓迎♪

Entries

降伏宣言(笑)

そろそろ、『機動戦士ガンダムAGE』の第一部(第一世代目)が終わろうとしているらしい。

「らしい」というのは、もうすでに私自身が録画をして保存用のディスクにダビングするための編集作業こそしているが、実際の中身はほとんど視聴していないから。申し訳ないことに、他のBlogの感想巡りすらほとんどしていないのが率直な現状である(交流のある方のBlogで感想記事を見かけたら読ませていただいているが)。

そこで、第二世代目に入る直前のこのタイミングでまずは感想を続けることが出来ず、突然断念したことへの謝罪の意味も込めてこんな記事を書いている。もし、私なんかのAGE記事を楽しみにされていた方がいたとするならば申し訳ない。また、「週一の感想はないけど総括くらいは」と思っている方がいらっしゃったら、上記のように私は視聴していないので、それすら出来ないと思われる。これまた本当に申し訳ないと思っている。


そんなわけで、追記でいろいろ書いてみる。ちなみに『AGE』の内容に対する酷評はない。そんな酷評をする資格すら、恐らく私にはないしね(笑




書いてみよう、と記しておきながらじゃあいざ何から書けばいいかと思うと悩むwww 

ただ『AGE』という作品は、私にとって大きな意味を持っていたと思っている。それは毎週視聴していなくて内容を知らなくても、だ。いや、むしろそれが出来なかったという事実に大きな意味があったというべきか。

これまで私はガンダムの作品が観れる環境で観続けることが出来なかった、ということがなかった。朝早い時間帯にやっていて観れなかったSDガンダムとか、OVA・劇場版とかではなくTVをつければやっているTVシリーズではそういうことはない。『V』から始まったTVシリーズガンダムの視聴。『W』はもちろん、近年再評価されている『G』『ターンエー』、なかなか再評価されない『X』も全部観続けてきたし、『SEED』シリーズ『OO』シリーズは言うまでもない。

そしてそうやって視聴し続けている中で、特に宇宙世紀シリーズをこよなく愛するファンたちが食わず嫌いで宇宙世紀以外のシリーズを視聴しなかったり、浅い視聴で酷評したりする現状を鼻で笑っていた節もある。「そうした狭い価値観でしか観れないのか」と。

だが『AGE』でそういう人たちの気持ちを、十年以上経ってようやく理解出来た。あぁ、あの時のあの人たちはこういう想いを抱いていたのか、と。
ガンダム風に言うなら、自分はニュータイプになれるかと思ってたけど結局なり損ねたオールドタイプといったところか。


今更『AGE』という作品の中身についてアレコレというつもりはない。そもそも視聴していない私では中身についてアレコレと語ることは出来ないし、その資格すらない。
ただ、こうして一歩離れた中で『AGE』という作品の外見だけを眺めていると、「これもまたガンダムなのだな」と思うことが多くなっていると同時にそうした“新しいガンダム”を受け入れることが出来なかった自分に歯痒さを覚えずにはいられない。



『AGE』という作品が新規ファンの開拓を狙った、将来を見据えた作品であることは各所で言われていることであり、その判断はおそらく正しい。「ガンダムは、まぁそうだね、せいぜい中高生くらいから観れるものじゃね?」という固定概念を壊そうとしている作品だ。
現状、その中高生のアニメ離れも(たぶん)あるだろうし、それならばその前段階のアニメを観てくれる可能性のある世代に、ガンダムという作品をアプローチを掛け訴求を図ると言うのは、この先数十年と「ガンダム」という至宝のコンテンツを生かし続けるためには必要なことだろう。

映像パッケージやガンプラなどのグッズ売り上げが芳しくないという噂も耳にするが、そもそも放映された時代で正当な評価を受けることが「ガンダム」という作品では少ないくらいだ。
『G』もそうだし、今でこそ「『SEED』はまだマシだった」というアンチですらこんな評価を下すことのある『SEED』も、おそらく『Destiny』という後発の作品との対比によって相対評価でよく見えている節もあるのがいい例だろう(私は『SEED』は相対比較なくても良い作品だと思っているが)。
ゆえに、今の評価は将来の絶対評価ではないのがガンダムという作品の救いであるし、今視聴している世代が五年後、十年後にきっと再評価をしてくれるだろう。

そう、自分が感想を書く身ではなくなり、良くも悪くもその熱が引けばこうした評価を『AGE』という“企画”に下すことも出来たのだ。なら、この状態でもう一歩踏み込めば~と思わなくもないが、それは出来なかった。
『AGE』だってガンダムなのだからと自分に言い聞かせ、何度録画ストックしてある話数の再生ボタンを押そうと思ったかわからない。

けれど、それは成らなかった。

正直、アニメ感想ブロガーとしてはこんな格好のいろいろと考察などが出来て“書ける”作品を前に食指が動かないなんて情けないし、悔しい何より、毎週楽しんで視聴出来て、毎週感想を書いているブロガーさんたちが羨ましい。ガンダムファンだと思っていた自分がガンダムを生理的に受け付けないなど、これ以上ない挫折だ。



ここまで私が『AGE』にこだわるのは、この先も末永く『AGE』とは付き合わないといけないのだと覚悟しているからでもある。もしこれがガンダムでなければ、私はただ「肌に合わなかった作品」として切り捨て、そして思い出すこともなかっただろう。
だがガンダムというコンテンツは今なお広がりを続けているモノである。この先、多くのゲームでガンダムに触れ、そしてその中に『AGE』という作品にも触れなければならないだろう。『スパロボ』『Gジェネ』『VS』シリーズという作品がある以上、『AGE』という作品もまたガンダムであるがゆえに避けて通ることは出来ず、そしてそうして『AGE』が登場するたびに私はこの劣等感を思い返すのだ。

それがイヤだったので克服しようと頑張ってはみるが、結局はダメだったわけで、その結果としてこんな記事を書いている。ある意味、この記事は降伏宣言に近い。もう、今の私では『AGE』を乗り越えられないのだという、自分自身に対する降伏宣言で敗北宣言。『劇場版ガンダムOO』ですら受け入れられた私が、なんと情けないことか……。



結局、自分がどうしてここまで生理的に『AGE』を拒むのか、というのは私自身でも良く分かっていない。うーん、やっぱりキャラデザなのかなーとも思うし、それよりもストーリーかもしれない、とも思う。
ただ、こうアレに近いのだ……大人気コミック作品『ジョジョ』シリーズ。

『ジョジョ』シリーズは今なお連載の続く根強いファンの多いことで有名な作品であると同時に、その独特な絵柄から同じくその作品を生理的に拒む人も少なくないという異色の作品だ。ストーリーや世界観に魅力があることは、シリーズ単行本が100巻を超えているからも察することが出来る。

でも、どんなにストーリーがよくて世界観に魅力があっても生理的に受け付けない人には受け付けない、という典型例のように思える。珍味、というと『ジョジョ』ファンの方から怒られそうだが、味の分かる人には最高の旨味が感じられるのに、味の分からない人にはその良さが全く理解できないという上級者向けの料理のような、そんな感じ。

私の中で『AGE』はそんな『ジョジョ』シリーズに近いのかもしれない。頭の中でこれはこれで最高の旨味が込められているに違いないと理解しているのだけど、生理的に心の中ではそれを納得出来ずに結局食すことが出来ない、みたいな。
本当に、どこまでも残念な奴である、私というのは……。



さて、実はこのタイミングでこんな記事を書いたのは、先日第二世代目の主要キャストが発表されたためである。具体的にどのようなキャストになっているかは、ググればすぐに出てくるし、そんなことをしなくても近い内に公式サイトでも発表されているだろう。

実は、メカ作画と戦闘シーンが大幅に改善されるらしく、「こうなったら第二世代からでも!」と意気込んでいた。こういう時に世代区切りがあると、一つの世代が終わればやり直しではないが立て直しが効きそうでちょっとありがたいと思っていた。

だがキャスティングを観て正直「あぁ、もうダメだ」と完全に挫折したのである。
というか、また子安さんで神谷さんで、そして花澤さんかと。前者二人は数あるガンダム作品のあちこち(というほどでもないか)で見かけるし、後者はあちこちのアニメで同じ声を聴いているだけに「またか」とアニメ界全体で観た時のありふれた感が否めない。このキャストを決めた監督以下スタッフの真意が、テコ入れの一環として声優オタの取り込みでも図っているんじゃと勘繰ってしまうほどだ。

普通、このキャストを観たら視聴意欲がわくはずなのだが、そうした勘繰りも相まってことガンダム作品に限っては大きく視聴意欲を削り取られてしまう。正直、このキャスティングがオファーにせよオーディションにせよ、もうそろそろいい加減自重して欲しいと本気で思った……どちらに対してかはあえて言わないが(言わないけど、キャスティングの決定権が誰にあるのかを考えればどちらに対して言っているのかは察してもらえるだろう)。



そういう経緯があっての、この完全降伏宣言の記事である(苦笑 この先、『AGE』という作品を楽しむことが出来なかったというのは、こう刺さって中々抜くことが出来ずチクチクと痛む魚の小骨のように私の中に残っていくのだなぁ、と思うと気が滅入るし、楽しむことが出来なかったことが素直に悔しくて情けない。

こんな結論なのでこの先も『AGE』の感想記事が復活することは、よほど心境の変化があって撮り溜めしている話数を消化しない限りはないと断言する。第二世代からの復活もない。冒頭で書いたように、もし楽しみにしていた方がいたとしたら申し訳ない。

ただ、前述のようにこれは新規ファン開拓のガンダムであるので、第二・第三世代では盛り返してほしいと本気で思っている。そうでなければ、新規ファン(低年齢層)に「ガンダムってこんなもんなの? つまんね」と思われてしまうからだ。そういう年齢層には少なくとも「ガンダムって面白いんじゃない?」って思ってもらえるような、そんな作品にこの先ステップアップしてくれることを切に願う。

Comment

NoTitle 

実は僕もAGE1話以来ずーっと見てません。
その理由はキャラデザが受け付けないのが大きいです。
あと1話見て話に期待できないと思いました。
とにかくあのキャラデザをなんとかしてほしかったです
そうすれば視聴したかもしれません。
  • posted by 諸葛鳳雛 
  • URL 
  • 2012.01/16 17:58分 
  • [Edit]
  • [Res]

NoTitle 

AGE、どうしてこうなった!?

えっ、内容?
「強いられているんだ!(集中線)」ぐらいしか印象に残っていないんだがw

視聴率は悪い、プラモの売り上げも悪い(しかも半額セールに出される)、ゲームの評判も悪い等々、もうAGEには悪いイメージしか付いていないような・・・。

「イナズマイレブン」や「ダンボール戦機」などといった子供向けアニメこそ、あのキャラデザは生きる。
しかし、ガンダムという戦争をテーマとした作品においてあのキャラデザでは、どうしてもちゃちく見えてしまうのが難点だったのではないだろうか。
  • posted by ジオニストホイホイ 
  • URL 
  • 2012.01/16 19:09分 
  • [Edit]
  • [Res]

>諸葛鳳雛さん 

こんばんは。

私は5~6話くらいまでは観ていたような記憶があります。その頃にはキャラデザにはいい加減慣れていたのですが、それ以外の部分でこう引っ掛かりを覚えたようです。

キャラデザがまともだったら視聴出来たかと問われれば、それはまた微妙ですね。キャラデザが仮にSEEDやOOのようだったとしても、あの序盤のストーリーではやっぱりキツかったかもしれません……。
  • posted by 月詠 
  • URL 
  • 2012.01/16 20:43分 
  • [Edit]
  • [Res]

>ジオニストホイホイさん 

こんばんは。

>AGE、どうしてこうなった!?
ほんと、どうしてこうなっちゃったんでしょうね?(笑

>もうAGEには悪いイメージしか付いていないような・・・
そうですね。だから第二世代目のキャストは、そのテコ入れのための要素にしか見えないんですよね。キャストだけなら第一世代の方が、若手が多くていかにもガンダムらしい感じだったのに。

>しかし、ガンダムという戦争をテーマとした作品においてあのキャラデザでは、どうしてもちゃちく見えてしまうのが難点
否定はしません。というか、その通りだと思います。ガンダムという作品自体が、もともと勧善懲悪ではなくそれぞれの軍や勢力が信じる正義や信念のぶつけ合いな部分も多く、「子供向け」としては作りづらい作品だと思うんですよね。

本当に子供向けならまだ『G』でも再放送した方が良かったんじゃ(苦笑 あれは子供も大人も楽しめるアニメだと思います……ガンダムとしては異色で異端かもしれないけど、師匠が熱い人ですからwww
  • posted by 月詠 
  • URL 
  • 2012.01/16 20:56分 
  • [Edit]
  • [Res]

NoTitle 

うーん、「出来の悪い同人誌をニヤニヤ眺める感覚」が半分くらいあることは否定しないものの、個人的には結構楽しんでいたりします、AGE。ダメ大人たちと愚鈍な子供を口車に乗せて私怨のために戦うグルーデック艦長の、ちょっとグダグダなピカレスク・ロマンとして、ながら見で見る分には面白いと思うんですよね。どちらかと言うとAGEって、正義と正義のぶつけ合いというよりは、「悪vs悪」の趣を感じます。「無知は罪」という意味も含めて。たぶん製作者の思惑とは違うとは思うのですが。ある意味この作品が結果的に体現しているメッセージ性って「戦争はカッコ悪い。憧れたりマネしたりしちゃダメだ」という種類のものかも知れません。

私もガンダムシリーズ中、『V』だけは受け付けなくて、最初の数話で挫折して、いまだに苦手意識がある作品です。単純にキャラデザやMSのデザインが好きになれないというのもあるのですが。まあ、息の長いシリーズだけに、1作品や2作品ぐらいは、どうしても受け付けなかった作品があるというのも、仕方のないことではないでしょうか。
  • posted by TED 
  • URL 
  • 2012.01/17 04:31分 
  • [Edit]
  • [Res]

>TEDさん 

こんばんは。

結構、誤解を受けているようなのですが、私がダメだっただけでAGEは良いと思いますよw AGEを楽しめている人が羨ましいって言うのは皮肉でも何でもなくて、素直に本気でそう思っているんです。むしろ、AGEを素直に楽しめない私が、どれだけひねくれているんだろうと憂鬱なくらいでwww

グルーデック艦長云々のくだりは観ていないのでその辺についてはコメントは出来ないのですが、そういう見方も出来る内容なんですね。私が観ていたころはただのワガママボーイ・フリットがどこまでワガママ出来るかに挑戦しているアニメにしか見えませんでしたw

>どうしても受け付けなかった作品があるというのも、仕方のないことではないでしょうか。
ガンダムというシリーズに関してはそれを「仕方ない」で片付けたくはなかったんですよね。ある意味、ファンとしての最低限の矜持というか意地というか……。まぁ、結局それが出来なかったわけですが。
  • posted by 月詠 
  • URL 
  • 2012.01/17 20:00分 
  • [Edit]
  • [Res]

 

ずっと視聴を続けてきて、最近やっと面白くなってきました。さすがに第一部クライマックスですらつまらないなんてことは無かったようです。
設定は相変わらず突っ込み所満載で「おいおい…」って状態ですが、スパロー登場以降の戦闘はそれまでのモッサリしたものから大分マシになりましたし。
相変わらず演出で上滑りしてて白けたりしますが、視聴が苦痛ですらあった一時期を乗り越えてやっと話が面白くなって、この調子なら最後まで視聴できそうです。
やはり中盤までのモッサリ戦闘・無茶苦茶な設定・緊張感の無さ・共感出来ない上周囲にやたら持ち上げられる主人公等々書ききれないくらい欠点だらけでつまらなかったため、視聴断念した人は多そうですね…。
  • posted by ネコ祭り 
  • URL 
  • 2012.01/18 03:29分 
  • [Edit]
  • [Res]

>ネコ祭りさん 

こんばんは。

>ずっと視聴を続けてきて、最近やっと面白くなってきました。
その領域に至るまでがある意味試練だな、と感じました(苦笑 まぁ、私の場合は生理的なモノだったので、ある意味究極的に高くあり、そして裏を返せばソレさえなければ普通に観れただろうという低いハードルなんですけどね。

でも、素直にその領域に到達されたことは羨ましく思います。

>欠点だらけでつまらなかったため、視聴断念した人は多そうですね…。
主観でモノを言えば、どの作品のどんな場面にも欠陥はあるものですよ。自分の思い通りにキャラが動かなかったり、ストーリーが進まなかったりすれば、それについて(もちろん私も)それを批難しそこが欠点だと言うでしょうから。

ただ『AGE』は他の作品よりもそういう部分がちょっとだけ多かったようには思いますね。その分だけ、寛容でNTのように柔軟な心を持った方でなければ楽しめない、という万人受けとは真逆のベクトルに進んだのだと思います。
  • posted by 月詠 
  • URL 
  • 2012.01/18 20:40分 
  • [Edit]
  • [Res]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドMenu

カウンター

祝2,000,000Hit達成♪ とうとう大台突破。これも皆様のおかげでございます(o ̄∀ ̄)ノ

カレンダー(月別)

02 ≪│2021/03│≫ 04
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

ガンダムシリーズ

◆新機動戦記ガンダムW◆

新機動戦記ガンダムW BD-BOX1

OVA・続編含め『新機動戦記ガンダムW』全般を応援してます♪
ガンダムW関連 まとめページ
感想、用語、企画など全ページへのリンクがあります。ご利用ください

2016/05/04 12巻分の用語一部更新しました

《用語》
用語集
ア行
カ行
サ行
タ行
ナ行
ハ行
マ行、ヤ行
ラ行、ワ行
英字行
登録キャラクター名一覧
キャラクター詳細
ア行
カ行
サ行
タ行
ナ行
ハ行
マ行、ヤ行
ラ行、ワ行、英字行

メカニック図鑑
メカニック用語詳細
年表

《企画》
年代考察
勢力図まとめ
AC暦におけるMS史(コラム)

◆Gジェネクロスレイズ◆

GCR119.jpg

まとめページ

◆ガンダムモビルスーツバイブル◆

GMB001_20190322210057cc3.jpg

まとめページ

◆機動戦士ガンダム00◆

GUNDAM OOQ
用語集などは特にありませんが、劇場版の感想は全十回というボリュームでコラム風に書かせていただきました。よろしければどうぞ。
ガンダム00関連 まとめページ

◆鉄血のオルフェンズ◆

81TuctHvlZL__CR88,0,1536,1536_
各回の感想のまとめだけ。
鉄血のオルフェンズ まとめページ

米山シヲ 応援エリア

◆梅衣堂ひよと旦那様の野望◆

1-2-2

『梅衣堂ひよと旦那様の野望』待望第1巻発売中

月刊少年ガンガンで現在連載中『梅衣堂ひよと旦那様の野望』を応援中。『ブラクロ』と同じように独自用語集も製作中!

公式特設ページ

独自用語集
第1巻

◆ブラッディ・クロス◆

ブラクロサムネ

月刊少年ガンガンで完結した『ブラッディ・クロス』をプッシュしています♪ 独自用語集あります! 

公式特設ページ

独自用語集
キャラ紹介-混血勢力-
キャラ紹介-天使勢力-
キャラ紹介-堕天使勢力-
キャラ紹介-アルカナ-
キャラ紹介-神葬-
キャラ紹介-その他-


最近の記事

最近のコメント

<>+-

最近のトラックバック

メールフォーム

管理人に何か言いたいことがあれば、ここからどうぞ♪

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード

QR

友達申請フォーム

FC2ブログランキング

FC2のブログランキングに参加中♪ 気に入っていただけたなら、一押しして下さい。

FC2ブログランキング

右サイドメニュー

義援金募集

FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして

検索フォーム

管理人から一言

お知らせ

管理人からのお知らせです。

PS4ゲーム『JUDGE EYES:死神の遺言』プレイ中。

『ガンダムW FT』コンテンツは不定期更新です。現在は11巻分までの感想と用語の更新を完了しました。

『ブラッディクロス』全12巻発売中! 用語集更新は全て無事終了致しました。

文庫・単行本(キャラクターノベル含む、ライトノベル含まず)の著者名別リストに移行しました。さすがに増え過ぎた(笑


今期の週間感想予定
日曜日:-
月曜日:-
火曜日:-
水曜日:-
木曜日:-
金曜日:-
土曜日:-
不定期:ピックアップ感想、ゲーム感想、模型関連など


場合によっては急遽順序等の変更もありますが、ご理解いただけますようよろしくお願いします。

管理人プロフィール

月詠

Author:月詠
埼玉県某所在住の34歳社会人。性別♂。名前は「つくよみ」と読む。

世知辛い世の中で嬉しいことも泣きたいこともサブカルチャーたちに救われています
詳細な自己紹介はこちら(2019版)。それ以前のものはこちら

コメント・TB、相互リンク受付中。下記の運営方針に詳細を記載しております。無条件に大歓迎と言うわけではありませんが、大部分の方は歓迎出来るかと思いますw

以下、ショートカット。
◇閲覧上の注意や規約など
Blogの運営方針・利用規約
他のBlog様と大差ない運営・利用規約ですが、初閲覧の方は簡単でも良いので読んで頂けるとありがたいです。閲覧、コメント等される方は利用規約を了承していると判断させていただきますので、「知りませんでした」は通用致しません。


◇アニメについて
アニメの評価について
歴代アニメ評価一覧
アニメアウォーズ! 受賞一覧


◇ゲームについて
ゲームの評価について
歴代ゲーム評価一覧


◇ブックス(本)について
小説の評価について
ブックレビュー一覧
   あ行の著者
   か行の著者
   さ行の著者
   た行の著者
   な行の著者
   は行の著者
   ま行の著者
   や行の著者
   ら行の著者
   わ行の著者
   複数の著者・その他
 文庫・単行本(キャラノベ含む、ラノベ含まず)は上気の著者名別になっています。

◇プラモデルについて
完成品一覧(グレード別)
完成品一覧(シリーズ別)
完成品一覧(トイ、フィギュア等)

◇その他リスト一覧はこちら
テレビ&シネマ
CD&DVD&BD
TYPE-MOON関連

ツリー式カテゴリー

openclose

アニプレッション!!

アニプレッション!!
アニプレッション!!とは

アニプレッション!!は、アニメブロガー達の合同ブログです。アニメについての問題意識・感想・考察・批評等の諸言説を発表し、アニメを語る事の面白さを伝える事が目標です。自分も末席に加えさせていただいております。
現在活動停止です

以下、アニプレッション!!メンバーのBlogです。

相互リンク(更新停止)

残念ながら一年以上の更新がない相互リンク先の方々です。サイト消滅の場合は消させていただきます。いずれまた復活し、交流が持てることを期待しています……