FC2ブログ

刹那的虹色世界

アニメ・ゲームのあらすじを主体とした感想や批評のブログ。時折、日記・声優・コミック・スポーツなど幅広くレビューしています。リンクフリー、相互リンク大歓迎♪

Entries

Fate/Zero 第8話

Fate/Zero 第8話
『魔術師殺し』


≪あらすじ≫
切嗣の命令に従い、アインツベルンの森を抜けようとするアイリスフィールと舞弥。しかし、アイリスフィールはアインツベルンの森に侵入する言峰綺礼を感知。そのことを伝え聞いた舞弥と共に言峰綺礼を衛宮切嗣に遭わせないように、防ぐことを決意する。

しかし、切嗣に似て非なる形で“魔術師殺し”の異名を持つ聖堂教会代行者として名を馳せた綺礼の実力はアイリスフィールと舞弥の予想をはるかに超え、舞弥に重傷を負わせ、アイリスフィールの腹部をその手にした黒鍵と呼ばれる代行者の使う投擲用の剣で貫いた……。


その頃、森でランサーと共にキャスター迎撃に当たるセイバーは、キャスターを倒すべく賭けに出る。その刀身を隠すために使っていた風を解放し特定方向に展開する『風王鉄槌(ストライク・エア)』を利用することで道を作り、その道を駆け抜けたランサーの『破魔の紅薔薇(ゲイ・ジャルグ)』によってキャスターの宝具を斬り裂くことに成功。『破魔の紅薔薇』の効果によって魔力を一時的に削がれたキャスターは撤退するが、セイバーはランサーから事の顛末を聞き、全てが切嗣の思惑通りだったことに複雑な心境を隠せずにいた。


一方、アインツベルン城では切嗣とケイネス・エルメロイの戦いが佳境を迎えていた。装甲車すら貫通するトンプソン・コンデンターの一撃で負傷を負ったケイネスは、この負傷は自身の油断だとし、自身の扱う『月霊髄液(ヴォールメン・ハイドラグラム)』を使ってより完璧に防いで見せると意気込む。

完全に攻勢へ転じたケイネス。だが、それすらも切嗣の思惑だった。

彼の手にしたトンプソン・コンデンターが持つ本当の意味は、衛宮切嗣を『魔術師殺し』と呼ばせる由縁――



≪感想≫
◆二人の魔術師殺し
今回の見どころは人によって二つに分かれることだろう。一つは冒頭とラストで特に強調されたアイリスフィールと舞弥の、衛宮切嗣と言う人物に対する信頼。それは愛情だろうし、舞弥のものは愛情すら超えた何かかもしれないが、それはともかくこの二人が抱く気持ちの強さと純情さ。それは間違いなく、今回の見どころだった。これに関しては、いろいろと思うところもあるのだけど、辛辣に書いてしまいそうな気もするので、二人の純真に切嗣を想う気持ちを考えて敢えて今回はスルー(今書かなくても、次回冒頭辺りに事の顛末を聞いた切嗣が口にするかもしれないし)。


もう一つの見どころは、小見出しで書いたように二人の魔術師殺しの存在である。一人は言うまでもなく、主人公・衛宮切嗣。物語開始当初から、『魔術師殺し』の異名を持つことは視聴者なら誰もが知っているので、今回のサブタイトルが誰を指し示していたかは明白だっただろう。

彼が『魔術師殺し』と呼ばれる由縁の一つは、その切り札・起源弾。そもそも『起源』とは、その人の始まりの要素。いやもっとちゃんと説明するべきだけど凄く長くなるw あと、おそらくここでいう『起源』と言うのはそういう意味合いよりは、どちらかというと魔術師にとっての『属性』としての意味合いに近いと思う。属性と言うのは、まぁ一部RPGなどでもあるようにその魔術師が得意とする属性のこと。

それが切嗣の場合は『切断』と『結合』だったようだ。それによって傷を負うことで、本来あった部分は『切断』されて『結合』する。『結合』は『修復』や『復元』ではないので、劇中で説明があったようにメチャクチャに結合されたわけだ。

家電があって、その中に無駄なく纏まったケーブルがあるとする。そのケーブルを切断して、本来とは違ったものや場所と強引に結合した状態が、電力の流れたまま起こったらどうなるか、と想像してもらえれば良いだろう(たぶん、だけど)。本来流れてはいけない部分に電力が流れたり、あるいは流れなかったり、さらには変な改造で過負荷がかかり過ぎて回路自体がショートしたりと言うことも考えられる。まぁ、どちらにせよそれで待っているのは破滅であることに変わりはないわけだ。

とはいっても、ここは正直原作を買ってじっくり読みたいところ(苦笑 と言うのも、何が起こったのかがあまり理解し切れていないから。

起源弾に命中した対象に切嗣の『切断』と『結合』の概念を叩きつけることで具現化するのであれば、あの水銀防御は自殺行為だったわけだ。あの水銀を操るのはケイネスの魔力であるだろうし、おそらくあの水銀に命中したことで起源弾の概念がケイネスの魔術回路にまでおよび、彼の魔術回路は劇中で説明があったようにボロボロになった。

問題はそれがどこまで肉体面にフィードバックされるのかが不鮮明な点か。魔術回路が疑似神経になっていることは知っているが、その魔術回路の『切断』とランダムな『結合』によってボロボロにされた影響が肉体に影響が及ぶかどうかというところだ。

ケイネスの吐血量を考えれば、おそらく内臓系に致命的な損傷を負ったとみて間違いない。むしろ再起不能なほどなので、内臓だけで済んでいれば良い方だろう。筋肉や骨格、神経、あるいは脳にまで損傷を負っている可能性も否めない。これが結局何によって引き起こされたのかが分からなかった。いや、魔術回路によるフィードバックってそこまで強烈なのかな、っていう素朴な疑問なんだけど。

でも、現時点では起源弾だけのダメージっぽい? そうなるとそれだけのものをあの起源弾によってボロボロになった魔術回路のフィードバックだけでなったのだとすれば脅威。何せ防ぎようがない。トンプソン・コンデンターの火力は普通に考えれば、人が片手で持って打つレベルのものじゃない。かといって魔術で防ごうとすれば自滅。避けるしかないわけだ。無論、そんなことは切嗣も百も承知で相手が回避の選択をしないように、綿密に布石を打っておくのだろうけど。

ちなみに初手で切嗣が起源弾を使わなかった(と思われる)のは、ケイネスのあの水銀が自動で動いていたからだと思っている。つまり、より効率良く、より最大限のダメージを与えるためには相手が魔術回路を最大に使用している場面の方が好ましくて、意図的に切嗣は相手が魔術回路を全力で使うシーンを演出したのだと。

セイバーも複雑な心境だったようだが、切嗣の先を読む能力は伊達ではない。戦略、戦術の両面でこれまでの経験とその蓄積から、確実に相手の次の手を読み、それに先んじて行動している。そうでないと、あの起源弾は有効に使えないだろう。

そんな魔術師殺しの切嗣にとって誤算があるとすれば、是が非でも欲しい聖杯のはずなのにその戦に騎士道を持ち込むセイバーと言う存在と、自分の思惑を超えて自己犠牲の精神と純真な信頼を寄せるパートナーたちがいることかもしれない。



もう一人の魔術師殺しは、言峰綺礼。聖堂教会代行者の説明は、舞弥の説明ではやや役不足だが、魔術師とサーヴァント以外のコレといった異端の出てこないFateではこれくらいでも十分なのかもしれない。確か、本来最大の敵は吸血鬼だったはずだが、その特性ゆえに魔術協会とも水面下でやりあっていたはずだし。

ここで重要なのは、言峰綺礼が代行者と呼ばれるある種の魔術師殺し出逢ったという点。今回のサブタイトルが実は、切嗣だけでなく綺礼にも当てはまっているのだと言う事実だろう。

彼の圧倒的な強さをここで示しておくのは、後々重要になってくるのかもしれない。まぁ、Fateシリーズをプレイしている人からすれば言峰綺礼が第四次聖杯戦争のラスボスであることは周知の事実だし。

綺礼にとって誤算は、衛宮切嗣という存在はすでに彼を肯定してくれる人物が彼の周りにいたということだろう。つまり、彼が切嗣に求める自分自身に対する答えというものは得られないということ。そして、そのことに彼は気づいていないということ。
アイリスフィールと出逢う前の切嗣なら、おそらく綺礼が求めた“衛宮切嗣”と言う人物だっただろうが……。


どうでもいいが、彼は表立って行動していて良かったのだろうか(笑 アサシンの存在があの埠頭での戦闘で露わになってしまったので、彼の偽装工作はもうある程度露見しているからなのだろうけど(苦笑



◇現在の陣営
◆衛宮(アインツベルン)陣営
▽マスター
衛宮切嗣
▽サーヴァント
セイバー(アルトリア・ペンドラゴン=アーサー王)
▽その他
アイリスフィール・アインツベルン、久宇舞弥

『魔術師殺し』との異名を持つ衛宮切嗣は魔術師だからこそその裏をかき、魔術師としての規則の隙を突いて相手を抹殺する戦闘スタイルを得意とするが、呼び出したサーヴァント・セイバー(アルトリア・ペンドラゴン=アーサー王)は正面からの正々堂々を得意としているため相性は最悪。

それを解消するためアイリスフィールを偽りのセイバーのマスターに仕立て上げ、切嗣は助手の舞弥と共に後方からの支援と策謀に徹する戦略を取る。アイリスフィールには、セイバーを召喚した際の触媒である『全て遠き理想郷(アヴァロン)』を封じることで、セイバーの魔力が注がれる限りの疑似的な不死を体現している。

彼が目指す目的は「世界の救済」というとんでもないものだが、その目的に関してだけはセイバーも同意している。

セイバーの持つ宝具(宝剣)は風の結界『風王結界(インビジブル・エア)』に護られて見ることが出来ない。だが、セイバーはランサーの宝具により左手の腱に癒えぬ損傷を負う。


◆遠坂陣営
▽マスター
遠坂時臣、言峰綺礼
▽サーヴァント
アーチャー(ギルガメッシュ)、アサシン(???)
▽その他
言峰璃正

遠坂時臣と言峰綺礼による秘密裏の協力関係。時臣のサーヴァントはアーチャー。その真名は世界最古の王・英雄王ギルガメッシュで「世界の財宝を手中にするため」聖杯獲得を目論むが、高いプライドと単独行動スキルによって時臣は御し切れていない。

綺礼のサーヴァントはアサシン。アーチャーによって殺されリタイアしたように見せかけたが、実際にはアサシンは“単一”ではなく“群”の存在であり、まだリタイアしていない。中立のはずの璃正を抱え込み、リタイアしたように見せて戦況を探る戦略を選ぶ。

ギルガメッシュの入れ知恵で綺礼は各マスターの動機も調べることになったが……。


◆ウェイバー陣営
▽マスター
ウェイバー・ベルベット
▽サーヴァント
ライダー(征服王・イスカンダル)
魔術師の総本山・ロンドンの時計塔の学生。聖杯を得る目的は魔術師としての実力を他人に認めさせるため。

呼び出した英霊のクラス(役職)はライダー。その真名は征服王の異名を持つマケドニアの英雄・イスカンダル。世界征服を考えているが、その性根は豪快な豪傑。そんな彼にウェイバーは振り回されっぱなしだが……。


◆間桐陣営
▽マスター
間桐雁夜
▽サーヴァント
バーサーカー(???)
間桐家の次男だが、魔術師になることを拒む出奔。しかし、遠坂家の次女だったはずの桜が間桐家に養子に出されたと知って出戻り。彼女を解放するために、自らを犠牲にしてでも聖杯を得ることを望む。余命一カ月。

呼び出した英霊のクラス(役職)はバーサーカー。真名は不明だが、漆黒の霧をまとっていることで相手マスターにステータスを悟らせていないようだ。さらに自身が手にした物体を宝具と同じように扱うことが出来る。しかもバーサク(狂化)状態でも精密な動作が可能。

しかし、セイバーを見て暴走したようだが……


◆雨生陣営
▽マスター
雨生龍之介
▽サーヴァント
キャスター(ジル・ド・レェ)
殺人鬼の少年と人の恐怖を最大の喜びとする狂った魔術師・キャスターの英霊のコンビ。目的は不明だが、龍之介にとって聖杯という存在はどうでもいいのかもしれない。現段階でマスターとサーヴァントの相性という一点において最高だと思われる。

キャスターの真名は、ジャンヌ・ダルクの逸話で有名な百年戦争でオルレアンを解放したフランスの救国の英雄の一人であるジル・ド・レェ。その目的は、後に異端裁判にかけられあらゆる凌辱を受け、その尊厳と奇跡を奪われて処刑されたジャンヌ・ダルクの復活。セイバー(アルトリア)をジャンヌ・ダルクだと誤認しており、セイバーにジャンヌ・ダルクとしての記憶を取り戻してもらおうと後先考えず行動を開始。子供たちを拉致し、アインツベルンの森でセイバーを荒療治でジャンヌ・ダルクとして復活させようと目論む。


◆アーチボルト陣営
▽マスター
ケイネス・エルメロイ・アーチボルト
▽サーヴァント
ランサー(ディルムッド・オディナ)
▽その他
ソラウ・ヌァザレ・ソフィアリ

マスターはケイネス・エルメロイ・アーチボルト。ウェイバーに召喚するための聖遺物を奪われたはずだが、どうやら別の聖遺物を手配しランサーを召喚。聖杯戦争に間に合わせ、参加したようである。

降霊科の天才としてケイネスは自らに令呪の契約を、婚約者のソラウ・ヌァザレ・ソフィアリに魔力供給の契約という本来のマスターの契約に細工し別々に契約を施すという手段でランサーと契約した。これによってケイネス自身の魔力を温存することが狙いだと思われる。

切嗣のビル爆破によって拠点を一時的に喪うが、自身の魔術によって全員無事やり過ごしており、すぐに立て直すとキャスター討伐を兼ねてアインツベルンの城に乗り込んできた。しかし、切嗣の『起源弾』を受け、肉体も魔術回路もボロボロになる。

サーヴァントはランサー。真名はケルト神話に出てくるディルムッド・オディナ。二刀流ならぬ二槍流の使い手。その宝具は相手の魔術効果を打ち消す(削る)ゲイ・ジャルグと通常の方法では治癒しない傷を負わせるゲイ・ボーの二種類の長さの違う槍。

サーヴァントの意志を無視し結果を求めるケイネスと、騎士としての誇りを持つランサー、おまけにランサーに心奪われたソラウという三角関係が出来上がってしまっており、内部崩壊を起こしかねないのではないかと思うほどに相性最悪の状態。



次回『主と従者』 



≪TB先 参照リンク(URLアルファベット順)≫
赤字はTBが現在弾かれてしまっているBlog様です。
現在、nifty系、so-net系はほぼ全滅。livedoorは調子がいいと送れます。

弾かれてしまっているBlog様が多いようです。タイトルの半角スラッシュのせいか?

・http://01aturas.blog98.fc2.com/blog-entry-875.html
・http://2009nenaki.blog11.fc2.com/blog-entry-731.html
・http://84446692.at.webry.info/201111/article_39.html
(http://plaza.rakuten.co.jp/kazusaroom/diary/201111210000/)
・http://adria7.blog92.fc2.com/blog-entry-1076.html
・http://aircastle.blog11.fc2.com/blog-entry-2490.html
・http://alberoalbero.blog39.fc2.com/blog-entry-181.html
・http://amakuni186.blog136.fc2.com/blog-entry-177.html
・http://ameblo.jp/atgpt/entry-11083665482.html
・http://ameblo.jp/azeaniblog/entry-11083612407.html
・http://ameblo.jp/brook0316/entry-11080473268.html
(http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201111200001/)
・http://ameotokops.blog.fc2.com/blog-entry-106.html
・http://animedouganews.blog44.fc2.com/blog-entry-2078.html
・http://animegm.blog.fc2.com/blog-entry-773.html
・http://animetureduregusa.blog65.fc2.com/blog-entry-1350.html
・http://aquaglass2011.blog.fc2.com/blog-entry-761.html
・http://bbog920.blog.fc2.com/blog-entry-160.html
・http://blog.goo.ne.jp/rala37564/e/d45d4d7b1bf6ac8620e5
a90921cc805e
・http://blog.goo.ne.jp/sakino-k/e/b0dc521d1555ed40d618
d474fe4566bc
・http://blog.livedoor.jp/electro_railgun/archives/51849889.html
・http://blog.livedoor.jp/mjotvithr/archives/3159001.html
・http://blog.livedoor.jp/narasaki_sikari/archives/3157388.html
・http://blog.livedoor.jp/puzzlize/archives/51799477.html
・http://blog.livedoor.jp/rin20064/archives/52231909.html
・http://blog.livedoor.jp/s_396n/archives/51802321.html
・http://blog.livedoor.jp/sumi4460/archives/67085877.html
・http://blog.livedoor.jp/t_cherry398/archives/51634240.html
・http://blogs.yahoo.co.jp/tebuku/29883801.html
・http://bluebluesilvermoon.blog38.fc2.com/blog-entry-3684.html
・http://bosel.blog64.fc2.com/blog-entry-574.html
・http://boricacid.blog79.fc2.com/blog-entry-377.html
・http://civer.blog122.fc2.com/blog-entry-4165.html
・http://e102128.blog54.fc2.com/blog-entry-1853.html
・http://enkaigakari.seesaa.net/article/236072657.html
・http://fanblogs.jp/gyobayashi/archive/2550/0
・http://fllayg.com/index.php?e=2183
・http://gomarz.blog.so-net.ne.jp/2011-11-23
・http://hadakanoninja.blog119.fc2.com/blog-entry-2261.html
・http://hakuheisen914.blog6.fc2.com/blog-entry-2210.html
・http://hienkyaku.blog50.fc2.com/blog-entry-2348.html
・http://kagura77.blog99.fc2.com/blog-entry-3073.html
・http://kakioki60.blog129.fc2.com/blog-entry-1040.html
・http://karuiongak.blog37.fc2.com/blog-entry-941.html
・http://kate555.blog59.fc2.com/blog-entry-1652.html
・http://kodoku21.blog83.fc2.com/blog-entry-1915.html
・http://kokorokotoba0502.blog38.fc2.com/blog-entry-1072.html
・http://kouyanoblog.blog61.fc2.com/blog-entry-4213.html
・http://maguni.com/index.php/view/1497
・http://maikyodai.blog59.fc2.com/blog-entry-2121.html
・http://mapsotyo419.blog65.fc2.com/blog-entry-294.html
・http://mikihara.blog70.fc2.com/blog-entry-2785.html
・http://muhanho.blog40.fc2.com/blog-entry-2299.html
・http://najigo.blog31.fc2.com/blog-entry-631.html
・http://nanabachimemory.blog.fc2.com/blog-entry-211.html
・http://nextsociety.blog102.fc2.com/blog-entry-1690.html
・http://nikkananilog.blog.fc2.com/blog-entry-258.html
・http://nounein983.blog130.fc2.com/blog-entry-303.html
・http://otesyo.blog.fc2.com/blog-entry-12.html
・http://outerloop.seesaa.net/article/236068218.html
・http://picoro106.blog39.fc2.com/blog-entry-5486.html
・http://plaza.rakuten.co.jp/avene/diary/201111190003/
・http://plutor.blog83.fc2.com/blog-entry-1451.html
・http://riksblog.fool.jp/public_html/mt5/anime/now/2011/
11/fatezero-08.html
・http://saineria.at.webry.info/201111/article_10.html
・http://scriptor.blog54.fc2.com/blog-entry-1314.html
・http://seigenjikan.blog2.fc2.com/blog-entry-2147.html
・http://seraraku2.blog59.fc2.com/blog-entry-6241.html
・http://setumizu.blog136.fc2.com/blog-entry-329.html
・http://shirokuro585.blog109.fc2.com/blog-entry-858.html
・http://sigerublog.blog137.fc2.com/blog-entry-605.html
・http://sironsiron.blog70.fc2.com/blog-entry-1913.html
・http://soraxcan.blog59.fc2.com/blog-entry-3009.html
・http://strawcat.blog12.fc2.com/blog-entry-3354.html
・http://subcul.jugem.jp/?eid=2286
・http://tachibanaroom.blog109.fc2.com/blog-entry-2364.html
・http://timediver2010.blog27.fc2.com/blog-entry-2336.html
・http://tsukataga.blog54.fc2.com/blog-entry-808.html
・http://ttyuasa.blog69.fc2.com/blog-entry-278.html
・http://umaretate.seesaa.net/article/237364114.html
・http://unabaranohikari.blog115.fc2.com/blog-entry-342.html
・http://vnr2034.blog133.fc2.com/blog-entry-1359.html
・http://wendykai.blog60.fc2.com/blog-entry-1619.html
・http://ylupin.blog57.fc2.com/blog-entry-6995.html
・http://zaregoto2nd.blog95.fc2.com/blog-entry-1513.html
・http://zspecium.blog.fc2.com/blog-entry-67.html

もしよろしければ、拍手ボタンをポチッと押して下さいm(_ _)m 管理人のモチベーションが上がります(ぉ 
Web拍手に頂いたコメントは後日『Web拍手レス』にてお返事させていただきます。

Comment

NoTitle 

多少補足しますと、切嗣の起源弾の殺傷力はあくまで、対象がどれだけ魔術回路を励起させていたかに左右されます。優秀な魔術師ほど代を重ねて大きな魔術回路を持っているものですし、本気で魔術を使っているほど、致命的なダメージになります。故に、初手で切嗣が通常弾を撃ったのは相手に本気を出させるための挑発ですね。
なお、起源弾による魔術回路のフィードバックに関しては「電気の流れている緻密な回路に水を垂らすようなもの」と表現されています。魔術回路を巡っていた魔力が回路から飛び出して全身を内側から切り裂いてしまうわけです。
  • posted by クロウ 
  • URL 
  • 2011.11/20 10:38分 
  • [Edit]
  • [Res]

>クロウさん 

捕捉ありがとうございます。

>切嗣の起源弾の殺傷力はあくまで、対象がどれだけ魔術回路を励起させていたかに左右されます。
なるほど。切嗣が意図的に魔術を全力で使わざるを得ない状況を誘発する、という意味合いがやはり一発目には大きかったようですね。

>「電気の流れている緻密な回路に水を垂らすようなもの」と表現されています。
水を垂らすというのは、一般的に「回路がショートする」という感覚ですね。最大稼働している回路に水を垂らしてショートさせるというのは、ちょっと個人的な感覚として起源弾の説明と微妙に違うような気もしますが、まぁ公式にそう表現されているのであればそれが正しいのでしょう。

しかし、実際に電気が走っている状態で電気回路に水を垂らす恐ろしさはなんとなく私たち現代人は知っているわけで、それを魔術回路でやってしまう発想と度胸は凄いですね。
  • posted by 月詠 
  • URL 
  • 2011.11/21 11:36分 
  • [Edit]
  • [Res]

 

どうして切嗣は起源弾を、単発の旧式拳銃・コンデンターで撃つのだろう。

霊装はあくまで起源弾であるのなら、それこそフルオート・セミオート切り替えのできるアサルトライフルやサブマシンガンに入れて撃った方が、個人的には効果的だと思うのですが。
仮に敵に弾の存在を知られていても、防御する的を絞りにくくなるはずだし、切嗣の方で弾の数を把握したいなら、体内時間を操作してやれば簡単なはず。うーむ…。

…まぁ、言っても詮無いことなんでしょうけどねw
そんなことより切嗣の『嗣』の字が、何回試しても変換に出てこないww
  • posted by ひろ 
  • URL 
  • 2011.11/26 05:25分 
  • [Edit]
  • [Res]

>ひろさん 

こんにちは。

>どうして切嗣は起源弾を、単発の旧式拳銃・コンデンターで撃つのだろう。
理由は二つあります。

一つは、起源弾が有限だから。劇中でも語られていましたが、起源弾は切嗣自身の第十二肋骨をすり潰してそれを詰めたモノです。ですので、その弾数は明言されていたように、66発しかありません。もちろん、切嗣は「魔術師殺し」と呼ばれていた由縁はこの弾丸にもあるはずなので、聖杯戦争までにかなりの数を消耗しています。

弾数が有限で事実上再生産が難しい(なにせ人体から骨を取りださないといけないわけだから。切嗣は実戦型の魔術師なので、あまり骨を取り除くと今度は魔術師として戦えなくなってしまう)。弾丸の貴重性を考えれば、66発しか撃てないものをアサルトライフルらで撃ちだしてしまうことが如何に愚行かは、わざわざ語るまでもないでしょう。

二つ目は武器としての携帯性と威力の両立です。ライフルは確かに威力のある銃火器ですが、持ち運びには不便です。ましてあれだけのものを持ち歩くことは出来ません。その点、拳銃であればその携帯性は、ライフルよりはマシです。

そして切嗣が持つトンプソン・コンデンターはライフル弾が撃てる拳銃です。切嗣がとりわけ火力を重視するのは、起源弾を防ぐためには一切魔術を用いない物理的防御でなければらない、という欠点を克服するためです。

一般的な弾丸口径である9mmやマグナム弾も十分な殺傷力はありますが、障害物などに当たれば大きく威力が削がれてしまうものでもあります。ゆえに、切嗣は装甲車の装甲すら撃ち抜く大火力のトンプソン・コンデンターを使うのです。そうすることで、魔術的防御は起源弾によって魔術回路をズタズタに引き裂けるし、物理的防御を測れば装甲車を貫くトンプソン・コンデンターの火力で物理的障壁を楽々撃ち抜いてその裏にいる標的に起源弾を命中させられます。

先にもあげましたが、わずか66発しかない(おまけに聖杯戦争開始までに37発は少なくとも使っていたと言われる)起源弾の希少性を考えれば一発必中。物理的防御であっさり防がれる、ということだけはあってはいけないのです。


切嗣がわざわざトンプソン・コンデンターを使うのは、トンプソン・コンデンターでなければならない理由の方が大きいですね。
  • posted by 月詠 
  • URL 
  • 2011.11/26 13:15分 
  • [Edit]
  • [Res]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

Trackback

トラックバック URL
»»この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Fate/Zero 第八話「魔術師殺し」

先生っ、先生っ・・・ケイネス先生ー!! 吐血者が多く出た第8話でした。 先週に引き続いて屋敷近辺での戦いでした。 キャスターvsランサー+セイバーは、動かない戦局を打破するため2人の連携が見ら...

『Fate/Zero』 第八話「魔術師殺し」 ― 想いも、誇りも、今はただ血に沈んで・・・。

せ、せんせぇーーーッ!! Fate/Zero material (書籍)(2008/08/08)TYPE MOON商品詳細を見る というわけで『Fate/Zero』第八話の話。 えー、早速ではありますが、先週あれほどまでに輝いていたケ...

Fate/Zero 第08話 感想

 Fate/Zero  第08話 『魔術師殺し』 感想  次のページへ

Fate/Zero 第8話 「魔術師殺し」 感想

 今回は森での戦いが決着に。色々なところで起こる戦い。最終的にどう収束していくのでしょうか。切嗣が「魔術師殺し」と言われる理由も分かったりと、盛りだくさんな1話でした。今回はセイバー陣営大活躍でした。特にアイリ・舞弥の女の戦いが熱かったです!綺礼との戦...

Fate/Zero 第8話 「魔術師殺し」 感想

全て切嗣の掌の上。 対ケイネス戦に関してどこまで作戦通りだったのでしょうね。

Fate/Zero #8

【魔術師殺し】 『Fate/Zero』 Blu-ray Disc Box Ⅰ出演:小山力也アニプレックス(2012-03-07)販売元:Amazon.co.jpクチコミを見る 人間の心って不思議よね? 

Fate/Zero 第8話 『魔術師殺し』

「覚悟はいいな、外道」 マスター同士、サーヴァント同士の戦い。

Fate/Zero 第8話「魔術師殺し」

ケイネス先生、相手を侮りすぎだ! いくら魔術師として優秀でも、こと戦闘・暗殺に関しては、 切嗣の方が上手なのに。 oath sign(期間生産限定盤)(DVD付)LiSA アニプレックス 2011-11-23売り上げランキング : 25Amazonで詳しく見るby G-Tools

アニメ感想 Fate/Zero 第8話「魔術師殺し」

アニメ感想 Fate/Zero 第8話「魔術師殺し」

Fate/Zero第8話感想

記事はこちら(TBもこちらへ) 元記事はhttp://sigerublog.txt-nifty.com/utakata/2011/11/fatezero-4394.html

Fate/Zero第8話魔術師殺し

第八話「魔術師殺し」公式HPよりあらすじアインツベルン城の各所で繰り広げられる攻防。魔力を込めた水銀を操るケイネスに対し、銃火器で応戦する切嗣。セイバーはランサーと共闘し...

Fate/Zero第8話「魔術師殺し」

 切嗣によって戦いの場から逃げるように指示されたアイリスフィールは、共に行動する舞弥から早く森を脱出するように促された。「また新手の侵入者よ!ちょうど私達の進む先にいる。このままだと鉢合わせするわ。」新たに感じた侵入者の影、このままだと進むと出会ってし

Fate/zero 第八話 「魔術師殺し」

爽やかに侵入者を発見しましたね。これ・・・アイリスフィールさん。あれ、言峰さん、来るのか。まーぼーさんですか。いやあ、なんか、今期、一番楽しみなアニメの一つになりました。もう一つはたまゆらです...

Fate/Zero 第08話 『魔術師殺し』

ケイネスはどうにも。魔術師の美学に拘り過ぎ。加えて相手の能力を認めた上で対策を練ろうとしない。必要以上に自惚れようとするフシすら感じます。切嗣に取ってはさぞ煽りやすい相手だったでしょう。 トンプソン・コンテンダー最初の一撃はおとりでしょうね。魔術結界を?...

Fate/Zero 8話

言峰にないものが少しづつ見えてきたような気がしますね。 本人はそれに全く気づいていないようで、アイリやマイヤの切嗣に 対する想いも理解できないようです。確かに、現時点では視聴者からしても そこまで切嗣に魅力があるのか?といったところなのですが、 その辺...

【Fate/Zero 第8話 魔術師殺し 感想】

ケイネスさん顔芸のまま退場とか・・・・・ 美味しいキャラなのか不遇なだけなのか・・・・ ウェイバーへのおしおきちょっと見てみたかったんだけどなー(笑)

Fate/Zero 第8話「魔術師殺し」

『アインツベルン城の各所で繰り広げられる攻防。魔力を込めた水銀を操るケイネスに対し、銃火器で応戦する切嗣。セイバーはランサーと共闘し、キャスターと彼に召喚された怪魔を殲滅すべく立ち向かう。 一方...

Fate/Zero 第8話 「魔術師殺し」

キリツグの魔術師殺しという異名の由来が明かされましたね。 魔術を無効化し、魔術師が優秀であればあるほど、撃たれた人は再起不能になる。 恐ろしい弾だ・・・。

Fate/Zero 第八話 「魔術師殺し」 感想

ここからが(ケイネスにとって)本当の地獄だ。 ネタバレ注意。 あらすじ アインツベルン城の各所で繰り広げられる攻防。 魔力を込めた水銀を操るケイネスに対し、銃火器で応戦する切嗣。 セイバーは...

Fate/Zero 第8話「魔術師殺し」 感想

このような戦いをするために聖杯戦争に参加してるのではない! 魔術を駆使して攻撃を仕掛けてくるケイネスの前に劣勢の切嗣。 しかし切嗣には相手が優秀な魔術師であればあるほど効果を発揮する起源弾があって。 切断と結合という切嗣の起源が発現する銃弾を喰らったケ...

「Fate/Zero」第8話

2人で、守り抜こう・・・ 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201111200001/ 『Fate/Zero』 Blu-ray Disc Box Ⅰ posted with amazlet at 11.11.16 アニプレックス (2012-03-07) 売り上げランキング: ...

Fate/Zero 第08話

関連リンクhttp://www.fate-zero.jp/第八話 魔術師殺し重火器の通じない相手しかし切嗣は…。一方森の中に逃げようとしたアイリと舞弥そこでアイリが再び森の中に侵入者を察知するその侵入者はなんと言峰綺麗アイリは舞弥に言峰を切嗣には会わせてはいけないとここで言...

Fate/Zero 8話

貫く刃、貫く信念。 というわけで、 「Fate/Zero」8話 生き残るためにの巻。 リョナリアン譲治! マスター単騎の戦闘力ではケイネス先生が最強と思ってたけど、 こいつもまた規格外すぎてえらいこ...

Fate/Zero 8話「切嗣の思惑通りに事が運ぶと思ったが…切嗣はリア充、綺礼は非リア充」(感想)

セイバーは可愛いなぁ。 今回はマスターとサーヴァントの関係が 戦局を左右していることが 浮き彫りになってきました。 そんな切嗣さんの必殺技「起源弾」が炸裂。 圧倒的に強い筈のケイネスをも粉砕しました!   

『Fate/Zero』#8「魔術師殺し」

「言峰綺礼。 おそらくは切嗣にとって最悪の脅威になるであろう男… ここで私たち二人が食い止める!」 キャスター討伐のため、共闘するセイバーとランサー。 そして、館ではケイネスと切嗣の戦いも始まっていた。 その間、舞弥はアイリの安全のため、この場から脱...

Fate/Zero #8「魔術師殺し」感想

戦いは更に過激さを増す言峰綺礼も参入してややこしい展開に。それを食い止める為に真弥とアイリスは共闘することに・・・本文は随時更新キャスト衛宮切嗣  小山力也セイバー  川澄綾子アイリスフィール  大原さやか遠坂時臣  速水奨アーチャー  関智一言峰綺礼...

Fate/Zero 第8話 「魔術師殺し」 感想

マーボーこと、言峰綺礼が格好良かったですね。 改めて見ると、とんでもない強さですね。 魔界医師メフィストの針金細工ならぬ、人妻アイリの針金細工もよかったですよ。 今回だけを見ると、セイバー...

Fate/Zero 第8話 要は相性が悪すぎたと、アーチボルトと切嗣は・・・。

キャスターはランサーによって螺湮城教本(プレラーティーズ・スペルブック)にダメージを与えられ、逃亡する。 それにしてもすごい顔だぜ青髭の旦那w

Fate/Zero 第8話 「魔術師殺し」

▼  自慢の自律防御を破られ、ケイネスのプライドはズタズタです。 切嗣への憎悪をたぎらせますが、こういう場合 冷静を無くした方が負けフラグ。 あんのじょう、切嗣の「切断と結合」の起源弾を喰らい...

Fate/Zero 第八話 魔術師殺し

Fate/Zero 第8話。 深夜の森での3つの戦い、切嗣の切り札の正体は―――。 以下感想

Fate/Zero 第8話「魔術師殺し」

切嗣の起源。 初公開、切嗣の切り札。そして今回の戦い、決着のとき。

Fate/Zero ~ 第8話 魔術師殺し

Fate/Zero   ~  第8話 魔術師殺し (フェイト/ゼロ) 奇跡を叶える『聖杯』の力を追い求め、七人の マスター魔術師が七人のサーヴァント英霊を召喚し、最後の一人になるまで戦いを繰り広げる究極の決闘...

Fate/Zero 第8話「魔術師殺し」感想

マダムううう! アイリさんが麗しすぎる(*´д`*) 切嗣への愛が眩しすぎる(*ノωノ) ミニスカ可愛すぎる(>ω<*) こんな素敵な奥さんがいたら綺礼も嫉妬しちゃいますね( ・`ω・´)? 「私が切嗣から教わったのは、生きること、そして生き抜くこと」

Fate/Zero 8話「魔術師殺し」感想

今回は外道祭り。 切嗣、綺礼、キャスターさんとんでもない外道達がいっぱい。 そして何気にひどいことしてたのはアイリさんェ・・・。

Fate/Zero 第08話 「魔術師殺し」

アイリは自分達が逃げようとしてる場所に言峰がいることに気づく。 だがアイリと舞弥は、自分の意志で切嗣と接触しないよう食い止めることを決意する。 切嗣vsケイネス 機関銃で発砲しケイネスの自動防御の水銀を薄く広く展開させた切嗣は、 その薄くなった中...

Fate/Zero 第8話感想

Fate/Zeroの第8話を見ました。 それでは感想を書きます。

Fate/Zero -フェイト/ゼロ- 第8話「魔術師殺し」

あらすじ・・・アインツベルン城の各所で繰り広げられる攻防。 魔力を込めた水銀を操るケイネスに対し、銃火器で応戦する切嗣。 セイバーはランサーと共闘し、キャスターと彼に召 ...

Fate Zero 第8話 「魔術師殺し」 感想

Fate Zero 第8話 「魔術師殺し」 感想 戦況変転。

Fate/Zero 8話感想

アインツベルン城での戦いに決着。

Fate/Zero:8話感想

Fate/Zeroの感想です。 言峰綺礼、始動!

Fate/Zero 第8話「魔術師殺し」 感想

あれれ? セイバーさん、それで良いの? どうせ切嗣のせいだと自分のマスターを自ら窮地に立たせるとか アイリ達が体を張って言峰を切嗣から離そうとしたのに 言峰をそのまま行かせてしまうなんて・・・ 以前の作戦会議で切嗣に無視されたりして頭に来ているのは 分かるの…

アニメ Fate/Zero 第8話 「魔術師殺し」感想

ターミネーターかお前…! という事でセイバー陣営、キャスター陣営、ランサー陣営の戦いに言峰綺礼が参戦…! 今回は切嗣さんと綺礼のチートっぷりを目の当たりにした回でしたねー。 ネタバレありです。

Fate/Zero 第8話 魔術師殺し

舞弥と共に脱出するアイリですが、新たな侵入者を感知。 切嗣にとって最悪の脅威と捉える綺礼の侵入に対し、アイリは舞弥と共に迎撃する事を選択。 一方、城ではケイネスと交戦す ...

Fate/Zero 第08話 「魔術師殺し」 感想

次こそは、きっと勝とう。二人で切嗣を守り抜こうね。 アイリのセリフに感動し、二度目の弾丸を発射する切嗣にシビれ、 そして綺礼の強さや感情の希薄さが恐ろしくなってきた回でした。

Fate/Zero 8話「魔術師殺し」

Zeroでは無能だ!、苛められっ子だ!って言われるセイバー(アルトリア)ですけど、よくよく考えてみたらsnでもhollowでも結構無能だったよね。 セイバークラスに該当する英雄の中で

Fate/Zero第8話感想。

騎士道とサーヴァント。 両立はできんのですか!(笑) 以下、ネタバレします。ご注意を。 (PCゲーム《Fate/Stay night》 及び 《Fate/hollow ataraxia》の重大なネタバレも含みます)

■Fate/Zero【第八話】魔術師殺し -130:27:42

Fate/Zero #08の視聴感想です。 危険。 視野狭窄。 風に乗れ。 起源弾。 撤退。 命拾い。 切嗣を守るのは私だけじゃない。 ↑さぁポチッとな

Fate/Zero 第8話「魔術師殺し」 感想

Fate/Zero 第8話「魔術師殺し」 感想

Fate/Zero 8話 魔術師殺し

話が騎士王(笑)になってきてるよ・・・ケイネス(笑)でもいいけど

Fate/Zero 第8話「魔術師殺し」感想

◆あらすじ アインツベルン城の各所で繰り広げられる攻防。 魔力を込めた水銀を操るケイネスに対し、銃火器で応戦する切嗣。 セイバーはランサーと共闘し、キャスターと彼に召喚された怪魔を殲滅すべく立...

(アニメレビュー) Fate/Zero 第8話 「魔術師殺し」

シリアス回なんだけど不覚にも言峰マラソン走りのせいで全部台無しっていう/(^o^)\ 漸く出番かと思ったケイネス先生もだけどセイバーが全く役立たゲフンゲフン! ということで今話は色んな意味でトンでも展開が多くどこも見応えあったのに言峰マラソン(笑)のせいで?...

Fate/Zero 第8話 「魔術師殺し」

今週も「Fate/Zero」始まりました! セイバー&ランサーVSキャスターと切嗣VSケイネスの戦いが続く中 突如迫る言峰綺礼に立ち向かうアイリと舞弥。 今回はすごく波乱万丈な展開だったと思います...

Fate/Zero 第8話「魔術師殺し」

『Fate/Zero』 Blu-ray Disc Box二人の魔術師殺しの戦いと女の戦い

Fate/Zero 第8話 「魔術師殺し」~アイリを救った切嗣の想い~

作    画:9(可憐なヒロインのアイリ) ストーリー:6(ケイネス敗れる!) アクション:8(アイリの錬金術が華麗に舞う) 萌    え:6(切嗣の為に戦うヒロイン組の固い絆に)

信頼と忠誠と愛   Fate/Zero 第8話 「魔術師殺し」 感想

 戦局が終結。予想外だったという以前に、キャラクターの能力、過去について詳しい情報を知らされていないので、私はただ矢次に繰り出される新展開に驚かされていただけでした。 ...

『Fate/Zero』第8話

切嗣さんとケイネス大先生がアインツベルン城内で、セイバーとその窮地に颯爽登場したケルト美青年ディル様と全国のロリコン、ショタコンの敵なペドリョナ殺人鬼ストーカーなジル様が激闘を繰り広げている中、...

Fate/zero~第八話「魔術師殺し」

 奇跡をかなえるという聖杯を求める選ばれし7人の魔術師の戦い。第8話場面1 舞弥、アイリスフィールvs綺礼@屋敷前  アイリスフィールは新たな侵入者の気配を感じた。やっ...

Fate/Zero「第8話 魔術師殺し」/ブログのエントリ

Fate/Zero「第8話 魔術師殺し」に関するブログのエントリページです。
  • from anilog 
  • at 2011.11.21 13:02

Fate/Zero 第八話「魔術師殺し」

圧倒的!まさに圧倒的っ…!(何

Fate/Zero -フェイト/ゼロ- 第8話 「魔術師殺し」 感想

戦う女性は美しい―

Fate/Zero 第8話

ゼロのコトミーは人類最強なのだよww

Fate/Zero 第8話 11/20 あらすじと感想 #Fate_Zero

 破壊された魔術。  綺礼氏を感知したアイリスフィールさんは、舞弥さんと共に迎撃を決意する。二人とも、切嗣氏が好きなんですな。  一方、切嗣氏は弾幕でケイネス氏を魔法防御に専念させたところに...

Fate/Zero #8

今回は、とにかくバトル、バトル! 3カ所で壮絶な戦いが繰り広げられました。まずは切嗣とケイネスの戦いです。水銀を操るケイネスに対して、切嗣は苦しい戦いを強いられ

Fate/Zero #8「魔術師殺し」感想

oath sign(期間生産限定盤)(DVD付)LiSA アニプレックス 2011-11-23売り上げランキング : 14Amazonで詳しく見る by G-Tools   vsキャスター戦を始めとしたアインツベルンの森での攻防が、 ...

Fate/Zero第8話「魔術師殺し」

Fate/Zero第8話「魔術師殺し」切嗣を追い詰めるケイネスキャスターに立ち向かうセイバーとランサーそれだけでなく切嗣に近付くもう1人の人物が!!公式HPよりアインツベルン城の各...

Fate/Zero -フェイト/ゼロ- 第8話「魔術師殺し」

・もしも日本の英雄がサーヴァントになったら を個人的な見解で妄想   セイバー   :イチロー ランサー   :本多忠勝 (宝具:蜻蛉切 ライダー   :武田信玄 (宝具:赤備え騎馬隊 アー...

Fate/Zero 第8話「魔術師殺し」

Fate/Zero 第8話「魔術師殺し」

Fate・Zero 第8話の感想

最高傑作。 Fate・Zero 第8話 「魔術師殺し」の感想です。 『Fate/Zero』 Blu-ray Disc Box ?新品価格¥27,676から(2011/11/21 19:12時点)

Fate/Zero 第8話 「魔術師殺し」

三八発目の『起源弾』が、また一人、新たな犠牲者の命脈を絶つ。 心技の限りを尽くした魔術を、見事に駆ってのけたこの瞬間――ロード・エルメロイの命運は尽きたのだった。 “魔術のプロ”VS“魔術師殺し...

俺の切嗣がこんなにモテなはずがない!(By綺礼)。『Fate/Zero』8話。

綺礼がその本領を発揮し、一方では切嗣の魔術戦が展開される。サーヴァントたちよりも人間たちの超人っぷりが目立った今回。その中でも注目は、冷酷無比な言峰綺礼!!な『Fat ...

「Fate/Zero」#8【魔術師殺し】ちょっとモヤモヤ…。

ちょっと作画が乱れ始めた感じですね。 まぁ嘆くほどは酷くないけど。 やっぱあのクオリティをキープするのは 無理なのかなぁ。 「ラストエグザイル-銀翼のファム-」 は、まだ綺麗なままだけどね。 今...

Fate/Zero 第8話「魔術師殺し」

切嗣の切り札は、自身の肋骨から作られた霊装『起源弾』だった。 ケイネスは最大の防御魔法に起源弾を撃ち込まれたことで魔術回路が破壊され、瀕死のダメージを受け倒れる…。 キャスターはセイバーとラ...

(アニメ感想) Fate/Zero 第8話 「魔術師殺し」

『Fate/Zero』 Blu-ray Disc Box ?(2012/03/07)小山力也、川澄綾子 他商品詳細を見る アインツベルン城の各所で繰り広げられる攻防。 魔力を込めた水銀を操るケイネスに対し、銃火器で応戦する切嗣。 セ...

Fate/Zero 第8話 「魔術士殺し」 感想

「Fate/Zero」  Fate/Zero 第8話 「魔術士殺し」 の感想記事です。   「切嗣 vs ケイネス」   「セイバー & ランサー vs キャスター」   「アイリ & 舞弥 vs 綺礼」

Fate/Zero 第8話 魔術師殺し レビュー

切嗣がケイネスと戦っているアインツベルン城から舞弥と共に 避難するアイリスフィール。ここでアイリスフィールは新たな 侵入者の気配を察知する… やってくるのは… 言峰綺礼! いやん、綺礼も来ちゃったお… 本来なら綺礼を迂回してその場から 逃げるのが得策なんだ...

Fate/Zero 第八話 魔術師殺し

次こそは、きっと勝とう。二人で一緒に、守り抜こうね>挨拶 ※この日記は【Fate/Zero】のネタバレが含まれています。 読まれる方は、くれぐれも御注意を。 【Fate/Zero】シリーズについて御意見、御感想あれば聞かせて下さい。 …

左サイドMenu

カウンター

祝2,000,000Hit達成♪ とうとう大台突破。これも皆様のおかげでございます(o ̄∀ ̄)ノ

カレンダー(月別)

10 ≪│2019/11│≫ 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

ガンダムシリーズ

◆新機動戦記ガンダムW◆

新機動戦記ガンダムW BD-BOX1

OVA・続編含め『新機動戦記ガンダムW』全般を応援してます♪
ガンダムW関連 まとめページ
感想、用語、企画など全ページへのリンクがあります。ご利用ください

2016/05/04 12巻分の用語一部更新しました

《用語》
用語集
ア行
カ行
サ行
タ行
ナ行
ハ行
マ行、ヤ行
ラ行、ワ行
英字行
登録キャラクター名一覧
キャラクター詳細
ア行
カ行
サ行
タ行
ナ行
ハ行
マ行、ヤ行
ラ行、ワ行、英字行

メカニック図鑑
メカニック用語詳細
年表

《企画》
年代考察
勢力図まとめ
AC暦におけるMS史(コラム)

◆ガンダムモビルスーツバイブル◆

GMB001_20190322210057cc3.jpg

まとめページ

◆機動戦士ガンダム00◆

GUNDAM OOQ
用語集などは特にありませんが、劇場版の感想は全十回というボリュームでコラム風に書かせていただきました。よろしければどうぞ。
ガンダム00関連 まとめページ

◆鉄血のオルフェンズ◆

81TuctHvlZL__CR88,0,1536,1536_
各回の感想のまとめだけ。
鉄血のオルフェンズ まとめページ

米山シヲ 応援エリア

◆梅衣堂ひよと旦那様の野望◆

1-2-2

『梅衣堂ひよと旦那様の野望』待望第1巻発売中

月刊少年ガンガンで現在連載中『梅衣堂ひよと旦那様の野望』を応援中。『ブラクロ』と同じように独自用語集も製作中!

公式特設ページ

独自用語集
第1巻

◆ブラッディ・クロス◆

ブラクロサムネ

月刊少年ガンガンで完結した『ブラッディ・クロス』をプッシュしています♪ 独自用語集あります! 

公式特設ページ

独自用語集
キャラ紹介-混血勢力-
キャラ紹介-天使勢力-
キャラ紹介-堕天使勢力-
キャラ紹介-アルカナ-
キャラ紹介-神葬-
キャラ紹介-その他-


最近の記事

最近のコメント

<>+-

最近のトラックバック

メールフォーム

管理人に何か言いたいことがあれば、ここからどうぞ♪

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード

QR

友達申請フォーム

FC2ブログランキング

FC2のブログランキングに参加中♪ 気に入っていただけたなら、一押しして下さい。

FC2ブログランキング

右サイドメニュー

義援金募集

FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして

検索フォーム

管理人から一言

お知らせ

管理人からのお知らせです。

PS4ゲーム『JUDGE EYES:死神の遺言』プレイ中。

『ガンダムW FT』コンテンツは不定期更新です。現在は11巻分までの感想と用語の更新を完了しました。

『ブラッディクロス』全12巻発売中! 用語集更新は全て無事終了致しました。

文庫・単行本(キャラクターノベル含む、ライトノベル含まず)の著者名別リストに移行しました。さすがに増え過ぎた(笑


今期の週間感想予定
日曜日:-
月曜日:-
火曜日:-
水曜日:-
木曜日:-
金曜日:-
土曜日:-
不定期:ピックアップ感想、ゲーム感想、模型関連など


場合によっては急遽順序等の変更もありますが、ご理解いただけますようよろしくお願いします。

管理人プロフィール

月詠

Author:月詠
埼玉県某所在住の34歳社会人。性別♂。名前は「つくよみ」と読む。

世知辛い世の中で嬉しいことも泣きたいこともサブカルチャーたちに救われています
詳細な自己紹介はこちら(2019版)。それ以前のものはこちら

コメント・TB、相互リンク受付中。下記の運営方針に詳細を記載しております。無条件に大歓迎と言うわけではありませんが、大部分の方は歓迎出来るかと思いますw

以下、ショートカット。
◇閲覧上の注意や規約など
Blogの運営方針・利用規約
他のBlog様と大差ない運営・利用規約ですが、初閲覧の方は簡単でも良いので読んで頂けるとありがたいです。閲覧、コメント等される方は利用規約を了承していると判断させていただきますので、「知りませんでした」は通用致しません。


◇アニメについて
アニメの評価について
歴代アニメ評価一覧
アニメアウォーズ! 受賞一覧


◇ゲームについて
ゲームの評価について
歴代ゲーム評価一覧


◇ブックス(本)について
小説の評価について
ブックレビュー一覧
   あ行の著者
   か行の著者
   さ行の著者
   た行の著者
   な行の著者
   は行の著者
   ま行の著者
   や行の著者
   ら行の著者
   わ行の著者
   複数の著者・その他
 文庫・単行本(キャラノベ含む、ラノベ含まず)は上気の著者名別になっています。

◇プラモデルについて
完成品一覧(グレード別)
完成品一覧(シリーズ別)
完成品一覧(トイ、フィギュア等)

◇その他リスト一覧はこちら
テレビ&シネマ
CD&DVD&BD
TYPE-MOON関連

ツリー式カテゴリー

openclose

アニプレッション!!

アニプレッション!!
アニプレッション!!とは

アニプレッション!!は、アニメブロガー達の合同ブログです。アニメについての問題意識・感想・考察・批評等の諸言説を発表し、アニメを語る事の面白さを伝える事が目標です。自分も末席に加えさせていただいております。
現在活動停止です

以下、アニプレッション!!メンバーのBlogです。

相互リンク(更新停止)

残念ながら一年以上の更新がない相互リンク先の方々です。サイト消滅の場合は消させていただきます。いずれまた復活し、交流が持てることを期待しています……