FC2ブログ

刹那的虹色世界

アニメ・ゲームのあらすじを主体とした感想や批評のブログ。時折、日記・声優・コミック・スポーツなど幅広くレビューしています。リンクフリー、相互リンク大歓迎♪

Entries

機動戦士ガンダムAGE 第6話

機動戦士ガンダムAGE 第6話
『ファーデーンの光と影』


※辛辣な評価の記事となっている可能性があります。『AGE』を観て感動だったという方、作品が辛辣に評価されることを嫌う方はプラウザの「戻る」ボタンを押すことをオススメします。

※上記通り、辛辣な記事ですので基本的にこちらからTBを送信することはありませんが、いただいたTBに関しては本記事を容認したものと解釈しTBレス(TB返信)を行わせていただきます。



≪あらすじ≫
フリットは、デシルの一件を経て正式に地球連邦軍に志願する意志を固めるが、そのことをフリット独りで決めてしまったことにエミリーは強く反発し、艦内待機の命令を破ってコロニー内へと飛び出してしまう。
一方ウルフは、旧知のメカニックのムクレド・マッドーナの下を訪れ「ガンダムを超えるMS」を要求していた。

飛び出してしまったエミリーを追ってファーデーンのコロニー内に入ったフリット。しかし、そこはコロニー内で旧時代のMS同士が争う、かつてのコロニー間戦争の残る場所だった。コロニー内の戦闘に巻き込まれたフリットたちは、そこでコロニーの外壁と内壁の間のわずかな空間で生活する貧困層のイワーク・ブライアに窮地を救われる。

同じころ、グルーデックは軍の機密情報と引き換えに、このコロニーで違法な戦艦やMSの売買をしている旧国家派閥“ザラム”のリーダーであるドン・ボヤージにUEの拠点を叩くために必要な戦艦四隻を要求する取り引きをしていた……。

未だに残る旧時代の確執と格差を目の当たりにさせられたフリット。再び起こったコロニー内の戦闘に、正義感あふれるイワークはいよいよ黙っていられず作業用MSで飛び出していく。フリットはファーデーンの街を守ろうと、勝手にガンダムに乗って戦闘に介入。しかし、その場にいきなりUEが現れて――



≪感想≫
面白かった。

少なくとも、今まで放送された半クールの間の中では一番面白かった。




まぁ、冒頭にあんな注意書きをしている私だっていつもいつも粗を探して批判をしているだけではないw 面白いと思えばちゃんと面白いと言うこともある(笑 これでも、ガンダム観るために30分の時間をわざわざ充てているのだから、そりゃあ楽しくて面白いものが観れるに越したことはないわけだ。

一つ、大きな進歩だったことはフリットが軍への志願を決めたこと。軍への志願を決めた割に(どんな理由があろうと)ガンダムを私的に使ってしまう辺りはまだまだだし、いずれ軍の戦艦ディーヴァとその艦載戦力を私的な復讐のために使おうとしているグルーデックと対峙することがあった時、こんなことをしていてはフリットには言い返すことも出来ないし、よしんば出来たとしてもその言葉にまるで説得力はないだろうが、その決意があるかないかでは大きな違いだと思う。

もう一つの大きな進歩は、ようやくまっとうな大人が出てきたということ。イワークの価値観がたぶん一番視聴者(と言っても、ハイティーン以上の視聴者だが)の価値観と近いのではないだろうか。フリットのような年端のいかない子供を戦場に出すことは、たとえ自分の命が危険にさらされていたとしても躊躇うことが普通だ。それは大人としてのプライドであり、同時に人殺しという戦争の悲しさを次代を担う子供たちに背負わせてはいけないという使命感だと思うからだ。



今回面白かったのは、UEという未知の敵ではなく、人と人との争いであったことと社会問題を反映するという、従来のガンダムシリーズが持っていた要素を取り戻したからだと思っている(まぁ、そうなると今までUEと戦ってきたものは何だったんだってことなんだけどさwww)。

今の段階ではまだまだ、“ザラム”と“エウバ”という旧国家派閥の言い分であったり、争っている理由だったりが分からないので何とも言えないが、人と人が争っている以上、そこには必ず“理由”がある。そこに第三者として、そうした派閥抗争に巻き込まれている貧困層の第三者としてイワークという存在があるから、人の思惑や願いというものが複雑に入り乱れて面白さを増している。

同時にファーデーンが抱える問題は、今の私たち人類が抱える問題に等しい。
その差が広がり続ける格差社会、旧時代から抱え続ける確執。
それは、今の私たちが持つ問題でもある。そうしたものを「無意味」と切り捨てられてしまう、良い意味でも悪い意味でも“若造”なフリットは、ある意味今のキッズ層が持つ感覚に近いのかもしれない。



アニメはただの架空の創作物ではない。たとえどれだけ現実からかけ離れた世界観や超常現象、サイエンスがあったとしても、そこには私たちリアルな世界に対する提唱や警鐘といったメッセージ性が少なからず含まれるべきだと思っている。
アニメに限らず、ドラマや映画といったものを含めたフィクション(ないしノン・フィクションに限りなく近い創作物)は、私たちがそれを観ることで改めて現実を捉え直し、自分たちがこの先で生きていく上で必要なことや、見失ってしまったものを取り戻すモノであって欲しいと願う。

例えば恋愛がメインのドラマや少女漫画というものは、それを観て読むことで恋愛というものを捉え直しているのだと思っている。そこには、華々しい理想であったり、ドロドロとした現実であったり捉え直す要素はここの作品によって当然違っているが、そういうものを視聴し読書することで現実との違いを知り、違いを知ることで逆に現実はどうあるべきかを捉え直すのではないだろうか。

『AGE』という作品においてUEという未知の敵は、そういう意味で非常に私たちにとって現実離れしている上に、少なくとも4クール分の放映を予定しているであろう長期シリーズであるため描き方(UEという敵が持つ意味の提唱)が緩やかになっている。ゆえにそうした未知の存在との邂逅がどういう意味を持ちメッセージ性があるのか、というものが分かりづらい。
同様に未知の存在との邂逅という要素は『劇場版ガンダムOO』でも取り上げているが、あちらは映画ということで二時間前後の物語で収まっているため、同じ“未知の存在”というモノを取り扱っていても非常に分かりやすく簡潔に観やすい形で纏まっており、そこに込められているメッセージ量に雲泥の差が出てきている。

なので『AGE』にどんなメッセージ性が込められているか、というのはやっぱり最後まで観ないと分からない。しかし、だからと言って視聴者が最後まで観てくれるかどうかは別である。最後まで“魅せる”努力がなければ、どんなに良いメッセージが込められていたとしても、それを観てくれる人がいなければ何の意味もない。


今回から『AGE』が人と人との争いを持ってきたのは、たぶん“魅せる”ための努力と工夫だと思う。しかし、今後話の内容がそちらにシフトするようならばUEという存在を出した意味はハッキリ言ってないわけで、UEという存在が目玉である『AGE』においては本末転倒な内容になりかねない、ということだ。

この先は、“UE”と“人”というシビアなバランス感覚をより一層求められるはずだが、そろそろ視聴率やプラモデル・グッズの売上など、数値上の結果が目に見えてくる時期でもある。その中で、はたしてレベルファイブがどこまでそのバランスを保ち続けられるかは見物である。

≪TB先 参照リンク(URLアルファベット順)≫
赤字はTBが現在弾かれてしまっているBlog様です。
現在、nifty系、so-net系はほぼ全滅。livedoorは調子がいいと送れます。

・http://blog.livedoor.jp/voler/archives/52898742.html

もしよろしければ、拍手ボタンをポチッと押して下さいm(_ _)m 管理人のモチベーションが上がります(ぉ 
Web拍手に頂いたコメントは後日『Web拍手レス』にてお返事させていただきます。

Comment

 

こんにちは

今回はグルーデックの過去やAGEの世界観が語られていて良かったです(正直とても大好物です)

しかし、その他はなんとも…チープというか中途半端というか……退屈で仕方なかったです。
暴力的なイメージはNGなのか、地下街はスラム街になれず、ただの綺麗なホームレスにしか見えませんでした。
イワークさんの中途半端な漢気もなんだかなぁ(頭身も中途半端だけどw)
相変わらず、緊張感のない戦闘ですし。いっそ、イワークさんもガンダム盗んじゃえば良かったのに(フリットはデスペラード乗ってね)

中途半端といえば、ジェノアスカスタムもですねー
特に見せ場があるわけでも、やられメカでも無く交代ってのはロボ物としてどうなのよ?
正直、ドッズライフルあればガンダム超える必要なくね?


他にも色々言いたいのですが、なんだか粗探ししているみたいで、自分が嫌になってきますのでこの辺にしとます。
  • posted by マヨネーズ 
  • URL 
  • 2011.11/16 17:36分 
  • [Edit]
  • [Res]

>マヨネーズさん 

こんばんは。

>地下街はスラム街になれず、ただの綺麗なホームレスにしか見えませんでした。
必ずしもああいう場所がスラム街となって暴力的とは限らないでしょうけどね。ああいう場所は日本にもありますし、たぶんあそこがモデルなんだろうなー、と観てました。

>やられメカでも無く交代ってのはロボ物としてどうなのよ?
まぁ、すぐに出来上がるというわけでもないんじゃないですかね。いや、もうすでにガンプラ最新情報が出てるから遠くない未来出てくるのは分かりますがw

まぁ、見せ場がないならむしろさっさと引き下がれって思っちゃいますねw 所詮は量産機ですし、人対人の対軍の物語ではないので「やられ役」というのが実は当てはまらないんですよね。UEが大量に出てくれば話は別ですが。

>、なんだか粗探ししているみたいで
そうですね。目につくんですけど、そればっかり挙げるのは自分でもいやなんですよね。その気持ちは良く解ります。
  • posted by 月詠 
  • URL 
  • 2011.11/16 21:03分 
  • [Edit]
  • [Res]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

Trackback

トラックバック URL
»»この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

RPGのイベントみたい(未来日記とかガンダムAGEとか)

【WORKING'!! 第7話】山田の兄らしき人物の登場と、それにより小鳥遊くんがジェラシーを感じるお話。兄っぽい人が登場したというのに、山田の出番がほとんどなかったのは意外でした ...

機動戦士ガンダムAGE「第6話 ファーデーンの光と影」/ブログのエントリ

機動戦士ガンダムAGE「第6話 ファーデーンの光と影」に関するブログのエントリページです。
  • from anilog 
  • at 2011.11.20 23:39

左サイドMenu

カウンター

祝2,000,000Hit達成♪ とうとう大台突破。これも皆様のおかげでございます(o ̄∀ ̄)ノ

カレンダー(月別)

02 ≪│2021/03│≫ 04
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

ガンダムシリーズ

◆新機動戦記ガンダムW◆

新機動戦記ガンダムW BD-BOX1

OVA・続編含め『新機動戦記ガンダムW』全般を応援してます♪
ガンダムW関連 まとめページ
感想、用語、企画など全ページへのリンクがあります。ご利用ください

2016/05/04 12巻分の用語一部更新しました

《用語》
用語集
ア行
カ行
サ行
タ行
ナ行
ハ行
マ行、ヤ行
ラ行、ワ行
英字行
登録キャラクター名一覧
キャラクター詳細
ア行
カ行
サ行
タ行
ナ行
ハ行
マ行、ヤ行
ラ行、ワ行、英字行

メカニック図鑑
メカニック用語詳細
年表

《企画》
年代考察
勢力図まとめ
AC暦におけるMS史(コラム)

◆Gジェネクロスレイズ◆

GCR119.jpg

まとめページ

◆ガンダムモビルスーツバイブル◆

GMB001_20190322210057cc3.jpg

まとめページ

◆機動戦士ガンダム00◆

GUNDAM OOQ
用語集などは特にありませんが、劇場版の感想は全十回というボリュームでコラム風に書かせていただきました。よろしければどうぞ。
ガンダム00関連 まとめページ

◆鉄血のオルフェンズ◆

81TuctHvlZL__CR88,0,1536,1536_
各回の感想のまとめだけ。
鉄血のオルフェンズ まとめページ

米山シヲ 応援エリア

◆梅衣堂ひよと旦那様の野望◆

1-2-2

『梅衣堂ひよと旦那様の野望』待望第1巻発売中

月刊少年ガンガンで現在連載中『梅衣堂ひよと旦那様の野望』を応援中。『ブラクロ』と同じように独自用語集も製作中!

公式特設ページ

独自用語集
第1巻

◆ブラッディ・クロス◆

ブラクロサムネ

月刊少年ガンガンで完結した『ブラッディ・クロス』をプッシュしています♪ 独自用語集あります! 

公式特設ページ

独自用語集
キャラ紹介-混血勢力-
キャラ紹介-天使勢力-
キャラ紹介-堕天使勢力-
キャラ紹介-アルカナ-
キャラ紹介-神葬-
キャラ紹介-その他-


最近の記事

最近のコメント

<>+-

最近のトラックバック

メールフォーム

管理人に何か言いたいことがあれば、ここからどうぞ♪

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード

QR

友達申請フォーム

FC2ブログランキング

FC2のブログランキングに参加中♪ 気に入っていただけたなら、一押しして下さい。

FC2ブログランキング

右サイドメニュー

義援金募集

FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして

検索フォーム

管理人から一言

お知らせ

管理人からのお知らせです。

PS4ゲーム『JUDGE EYES:死神の遺言』プレイ中。

『ガンダムW FT』コンテンツは不定期更新です。現在は11巻分までの感想と用語の更新を完了しました。

『ブラッディクロス』全12巻発売中! 用語集更新は全て無事終了致しました。

文庫・単行本(キャラクターノベル含む、ライトノベル含まず)の著者名別リストに移行しました。さすがに増え過ぎた(笑


今期の週間感想予定
日曜日:-
月曜日:-
火曜日:-
水曜日:-
木曜日:-
金曜日:-
土曜日:-
不定期:ピックアップ感想、ゲーム感想、模型関連など


場合によっては急遽順序等の変更もありますが、ご理解いただけますようよろしくお願いします。

管理人プロフィール

月詠

Author:月詠
埼玉県某所在住の34歳社会人。性別♂。名前は「つくよみ」と読む。

世知辛い世の中で嬉しいことも泣きたいこともサブカルチャーたちに救われています
詳細な自己紹介はこちら(2019版)。それ以前のものはこちら

コメント・TB、相互リンク受付中。下記の運営方針に詳細を記載しております。無条件に大歓迎と言うわけではありませんが、大部分の方は歓迎出来るかと思いますw

以下、ショートカット。
◇閲覧上の注意や規約など
Blogの運営方針・利用規約
他のBlog様と大差ない運営・利用規約ですが、初閲覧の方は簡単でも良いので読んで頂けるとありがたいです。閲覧、コメント等される方は利用規約を了承していると判断させていただきますので、「知りませんでした」は通用致しません。


◇アニメについて
アニメの評価について
歴代アニメ評価一覧
アニメアウォーズ! 受賞一覧


◇ゲームについて
ゲームの評価について
歴代ゲーム評価一覧


◇ブックス(本)について
小説の評価について
ブックレビュー一覧
   あ行の著者
   か行の著者
   さ行の著者
   た行の著者
   な行の著者
   は行の著者
   ま行の著者
   や行の著者
   ら行の著者
   わ行の著者
   複数の著者・その他
 文庫・単行本(キャラノベ含む、ラノベ含まず)は上気の著者名別になっています。

◇プラモデルについて
完成品一覧(グレード別)
完成品一覧(シリーズ別)
完成品一覧(トイ、フィギュア等)

◇その他リスト一覧はこちら
テレビ&シネマ
CD&DVD&BD
TYPE-MOON関連

ツリー式カテゴリー

openclose

アニプレッション!!

アニプレッション!!
アニプレッション!!とは

アニプレッション!!は、アニメブロガー達の合同ブログです。アニメについての問題意識・感想・考察・批評等の諸言説を発表し、アニメを語る事の面白さを伝える事が目標です。自分も末席に加えさせていただいております。
現在活動停止です

以下、アニプレッション!!メンバーのBlogです。

相互リンク(更新停止)

残念ながら一年以上の更新がない相互リンク先の方々です。サイト消滅の場合は消させていただきます。いずれまた復活し、交流が持てることを期待しています……