刹那的虹色世界

アニメ・ゲームのあらすじを主体とした感想や批評のブログ。時折、日記・声優・コミック・スポーツなど幅広くレビューしています。リンクフリー、相互リンク大歓迎♪

Entries

Fate/Zero 第3話

Fate/Zero 第3話
『冬木の地』


≪あらすじ≫
全てのサーヴァントが召喚された晩、綺礼はアサシンに遠坂時臣の暗殺を命じるが時臣のサーヴァント・アーチャーによって返り討ちにあう。これによって綺礼はサーヴァント喪失を名目にリタイアし、教会の保護を受けることに。

だが、それは全て時臣と綺礼による策略。綺礼のアサシンは“単一”の存在ではなく“群体”としての存在であり、綺礼のアサシンはまだ何十人と生き残っていた。

一方、ドイツにいた切嗣は助手・久宇舞弥を連れて日本入り。半日遅れでセイバーと妻アイリスフィールも日本へと入国した。切嗣の戦略は、相性の悪い自分とセイバーが組むのではなく、アイリスフィールをセイバーの偽マスターに仕立て共に行動させることで敵の目を向け、その隙に策謀を練り敵を討つというものだった。

その日の晩、セイバーとアイリスフィールの前に二本の槍を手にしたサーヴァントが姿を現す――



≪感想≫
第四次聖杯戦争の幕開け。まずはキッチリと事前準備をしていた遠坂陣営による、戦略が下地として敷かれた。まぁ、原作を未読の方でも薄々気づいていた人がいたのではないかと思うが、綺礼のリタイアはブラフ。実際にはアサシンの特性を活かした偽装工作であり、本来中立な監督役であるはずの璃正を味方に引き込んでの出来レース。

ルール違反? バレなきゃ問題なくね?

という、リアルにいたらぶっ飛ばしたくなるような発想だが(笑)、これは生きるか死ぬかのバトルロワイヤル。生きるためにあらゆる策を尽くすというのは当然のことだし、これが出来たのは何年あるいは何十年も前から下地を作り上げ、璃正との人間関係を構築しパイプを作ってきた時臣だからこそだとも言える。同じことは切嗣やウェイバーでは出来ない。時臣が時臣だからこそ出来た部分だろう。

一方でルールの間隙を縫うようなやり方を突いてきたのが切嗣。

セイバーのマスターとして自分の妻を仕立て上げ、その隙に自分は助手と共に後方から敵マスターを狙い撃ち、といのが彼の狙いだろう。切嗣とセイバーの相性(性格・戦法両面で)が最悪であることを考えれば、ベストな布陣なのかもしれない。セイバーもアイリスフィールとの相性は良さそうで、彼女のためなら死力を尽くせるだろうし、自分に敵の目が向かない状況は切嗣にとってこれ以上ない好条件。切嗣がセイバーを巧く使って見せる思いついた戦法とはおそらくこれだったに違いない。

そんな彼にまつわることが二つ判明する。一つは助手の舞弥。ただならぬ関係のようだが、アイリスフィールとの関係が遊びだったとは思えない(娘イリヤへの言動などから)。むしろ舞弥との関係の方がよほどドライのように感じる。切嗣にとっては仕事をする上で欠かせないパートナーで、舞弥にとってはそれ以上の恋慕“も”抱くという感じか。どちらにせよ、二人とも戦闘に関してはプロフェッショナルなので戦う状況になればそうした感情面は無視しても良いのかもしれない。

もう一つは前述したイリヤ。生誕八年経った彼女は、それでもワルサー(銃器)よりも体重が軽い。それはつまり、イリヤの成長は止まっているということ。ここがネタBlogならロリネタで叫ぶのだろうが、あいにくそんなことはしないw というか、実は大本の『Fate/stay night』をやっているのでその理由とか全部知ってるんだよね(苦笑 どちらにせよ、重要なのはその真相ではなくそれを憂う切嗣の姿。立派なお父さんじゃないか。その決意が、彼をさらに強くしてくれるのだと信じたい。


余談だが、個人的には黒スーツのセイバーに萌えるw 『まよチキ!』でも思ったけど、可愛いくて強い女の子はメイド服姿よりも黒スーツとか執事姿で尽くしてくれる方が好き(ぇ



◇聞き分けられた? セイバーの声音の違い
さて、今回真っ黒なスーツで白を基調としたアイリスフィールと対照的な姿で登場したセイバー。正しくアイリスフィールという姫を護衛するナイト(騎士)かバトラー(執事)かといった具合だ。

注目すべきはセイバー役川澄綾子さんの声音の使い分けだろう。多くの人が(それこそ移植版やアニメ版といったPCゲーム以外に手を出している人は)スーツ姿のセイバーの声音に違和感すら覚えたのではないだろうか。
確かに声は一緒なのだけれど、どこか声音が柔らかく軽い印象。それは、それこそお嬢様に使える一流執事のような気配りや気遣いに溢れた声音だった。

だが、ランサーを前に武装化しサーヴァントとしての姿に戻ったセイバーは、私たちが知る可憐だけど重厚感のある硬い印象の声音に戻っていた。

この絶妙な使い分けを聞いて鳥肌が立った。いや、本当に凄い。もちろん、そういう演技指導が監督や音響監督から入ったのだろうが、本当に紙一重の違いを確実に反映するのはさすがプロの声優さんだと唸ってしまう。
あくまで紙一重のラインで違う、という点が重要。ガラリと声音を変えてしまってはキャラクターそのものが別人に映ってしまうかもしれないし、かといって文字色変化が小さ過ぎれば気付く人がいなくて意味がなくなる。

さらに言えば武装化し白銀の鎧をまとった重々しいセイバーのイメージとスーツ姿の軽快なセイバーの差が出るような、声の重量感にも差異を出さなくてはいけない。それによって重い・軽い、あるいは硬い・柔らかいの声の違いによって、戦闘するサーヴァントのセイバーと、そうではないセイバーに違いが生まれるのだから。

『Fate/Zero』というのはいろいろな部分でいろいろな方々のプロの技というものを見せてもらっている気がする。川澄綾子さんのこの絶妙な声の使い分けも、プロの技と呼んで良いだろう。



◇現在の陣営
◆衛宮陣営
▽マスター
衛宮切嗣
▽サーヴァント
セイバー(アルトリア・ペンドラゴン=アーサー王)
▽その他
アイリスフィール・アインツベルン、久宇舞弥

『魔術師殺し』との異名を持つ衛宮切嗣は魔術師だからこそその裏をかき、魔術師としての規則の隙を突いて相手を抹殺する戦闘スタイルを得意とするが、呼び出したサーヴァント・セイバー(アルトリア・ペンドラゴン=アーサー王)は正面からの正々堂々を得意としているため相性は最悪。

それを解消するためアイリスフィールを偽りのセイバーのマスターに仕立て上げ、切嗣は助手の舞弥と共に後方からの支援と策謀に徹する戦略を取る。

彼が目指す目的は「世界の救済」というとんでもないものだが、その目的に関してだけはセイバーも同意している。


◆遠坂陣営
▽マスター
遠坂時臣、言峰綺礼
▽サーヴァント
アーチャー(ギルガメッシュ)、アサシン(???)
▽その他
言峰璃正

遠坂時臣と言峰綺礼による秘密裏の協力関係。時臣のサーヴァントはアーチャー。その真名は世界最古の王・英雄王ギルガメッシュで「世界の財宝を手中にするため」聖杯獲得を目論むが、高いプライドを単独行動スキルによって時臣は御し切れていない。

綺礼のサーヴァントはアサシン。アーチャーによって殺されリタイアしたように見せかけたが、実際にはアサシンは“単一”ではなく“群”の存在であり、まだリタイアしていない。中立のはずの璃正を抱え込み、リタイアしたように見せて戦況を探る戦略を選ぶ。


◆ウェイバー陣営
▽マスター
ウェイバー・ベルベット
▽サーヴァント
ライダー(征服王・イスカンダル)
魔術師の総本山・ロンドンの時計塔の学生。聖杯を得る目的は魔術師としての実力を他人に認めさせるため。

呼び出した英霊のクラス(役職)はライダー。その真名は征服王の異名を持つマケドニアの英雄・イスカンダル。世界征服を考えているが、その性根は豪快な豪傑。そんな彼にウェイバーは振り回されっぱなしだが……。


◆間桐陣営
▽マスター
間桐雁夜
▽サーヴァント
バーサーカー(???)
間桐家の次男だが、魔術師になることを拒む出奔。しかし、遠坂家の次女だったはずの桜が間桐家に養子に出されたと知って出戻り。彼女を解放するために、自らを犠牲にしてでも聖杯を得ることを望む。余命一カ月。

呼び出した英霊のクラス(役職)は消去法によってバーサーカーで確定。


◆雨生陣営
▽マスター
雨生龍之介
▽サーヴァント
キャスター(???)
殺人鬼の少年と人の恐怖を最大の喜びとする狂った魔術師・キャスターの英霊のコンビ。目的は不明だが、龍之介にとって聖杯という存在はどうでもいいのかもしれない。では、キャスターの目的は?

現段階でサーヴァントとマスターの相性という一点において最高だと思われる。


◆???陣営
▽マスター
???
▽サーヴァント
ランサー(???)
▽その他

マスター不明。二刀流ならぬ二槍流のランサーは、セイバー同様高潔で一対一の真剣勝負を望んでいるように見えるが?


次回『魔槍の刃』 



≪TB先 参照リンク(URLアルファベット順)≫
赤字はTBが現在弾かれてしまっているBlog様です。
現在、nifty系、so-net系はほぼ全滅。livedoorは調子がいいと送れます。

弾かれてしまっているBlog様が多いようです。タイトルの半角スラッシュのせいか?

・http://adria7.blog92.fc2.com/blog-entry-1030.html
・http://aircastle.blog11.fc2.com/blog-entry-2476.html
・http://alberoalbero.blog39.fc2.com/blog-entry-151.html
・http://amakuni186.blog136.fc2.com/blog-entry-170.html
・http://ameblo.jp/azeaniblog/entry-11049311841.html
・http://ameblo.jp/brook0316/entry-11046782649.html
(http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201110160001/)
・http://ameotokops.blog.fc2.com/blog-entry-57.html
・http://animedouganews.blog44.fc2.com/blog-entry-2078.html
・http://animetureduregusa.blog65.fc2.com/blog-entry-1269.html
・http://animumeso.blog101.fc2.com/blog-entry-2859.html
・http://aquaglass2011.blog.fc2.com/blog-entry-685.html
・http://bbog920.blog.fc2.com/blog-entry-112.html
・http://blog.goo.ne.jp/ka-bu-ki-chi/e/5481c6578af3ff2297e466
25f885374a
・http://blog.goo.ne.jp/rala37564/e/8cb07a77eabd82ed10278f2e4
2ebbabd
・http://blog.goo.ne.jp/sakino-k/e/de837f793df9bde960b997eea7
f98c41
・http://blog.livedoor.jp/mjotvithr/archives/3098977.html
・http://blog.livedoor.jp/narasaki_sikari/archives/3098628.html
・http://blog.livedoor.jp/puzzlize/archives/51792579.html
・http://blog.livedoor.jp/rin20064/archives/52223138.html
・http://blog.livedoor.jp/s_396n/archives/51792714.html
・http://blog.livedoor.jp/sumi4460/archives/66965827.html
・http://blog.livedoor.jp/t_cherry398/archives/51628571.html
・http://blogs.yahoo.co.jp/tebuku/29654954.html
・http://bluebluesilvermoon.blog38.fc2.com/blog-entry-3654.html
・http://boricacid.blog79.fc2.com/blog-entry-361.html
・http://bosel.blog64.fc2.com/blog-entry-529.html
・http://civer.blog122.fc2.com/blog-entry-4081.html
・http://compeitoh.blog.so-net.ne.jp/2011-10-17
・http://disorellan.blog61.fc2.com/blog-entry-1253.html
・http://e102128.blog54.fc2.com/blog-entry-1827.html
・http://enkaigakari.seesaa.net/article/230726525.html
・http://fanblogs.jp/gyobayashi/archive/2490/0
・http://fllayg.com/index.php?e=2166
・http://hadakanoninja.blog119.fc2.com/blog-entry-2214.html
・http://hakuheisen914.blog6.fc2.com/blog-entry-2158.html
・http://hibikidgs.blog.fc2.com/blog-entry-1010.html
・http://hienkyaku.blog50.fc2.com/blog-entry-2263.html
・http://i4i.blog25.fc2.com/blog-entry-168.html
・http://infinite3cosmos.blog66.fc2.com/blog-entry-783.html
・http://innamiblog.blog28.fc2.com/blog-entry-280.html
・http://kagura77.blog99.fc2.com/blog-entry-3025.html
・http://kakioki60.blog129.fc2.com/blog-entry-987.html
・http://kakureotanchi01.blog20.fc2.com/blog-entry-559.html
・http://kate555.blog59.fc2.com/blog-entry-1608.html
・http://kouyanoblog.blog61.fc2.com/blog-entry-4134.html
・http://kyokyo945.blog.fc2.com/blog-entry-49.html
・http://maguni.com/index.php/view/1467
・http://maikyodai.blog59.fc2.com/blog-entry-2092.html
・http://mapsotyo419.blog65.fc2.com/blog-entry-241.html
・http://marixanzu.blog60.fc2.com/blog-entry-120.html
・http://muhanho.blog40.fc2.com/blog-entry-2222.html
・http://najigo.blog31.fc2.com/blog-entry-600.html
・http://nanabachimemory.blog.fc2.com/blog-entry-151.html
・http://naruhya.blog.so-net.ne.jp/2011-10-16
・http://nextsociety.blog102.fc2.com/blog-entry-1635.html
・http://nikkananilog.blog.fc2.com/blog-entry-147.html
・http://nounein983.blog130.fc2.com/blog-entry-288.html
・http://nukonekoinu.blog111.fc2.com/blog-entry-101.html
・http://originscenery78121.seesaa.net/article/230627819.html
・http://outerloop.seesaa.net/article/230737064.html
・http://picoro106.blog39.fc2.com/blog-entry-5424.html
・http://plaza.rakuten.co.jp/oboro1964/diary/201110160000/
・http://plutor.blog83.fc2.com/blog-entry-1432.html
・http://rabiko.blog13.fc2.com/blog-entry-2615.html
・http://riksblog.fool.jp/public_html/mt5/anime/now/2011/
10/fatezero-03.html
・http://saineria.at.webry.info/201110/article_9.html
・http://scriptor.blog54.fc2.com/blog-entry-1236.html
・http://seigenjikan.blog2.fc2.com/blog-entry-2095.html
・http://seraraku2.blog59.fc2.com/blog-entry-6143.html
・http://shirokuro585.blog109.fc2.com/blog-entry-830.html
・http://sigerublog.blog137.fc2.com/blog-entry-528.html
・http://soraxcan.blog59.fc2.com/blog-entry-2949.html
・http://strawcat.blog12.fc2.com/blog-entry-3286.html
・http://subcul.jugem.jp/?eid=2244
・http://suzukimeister.blog2.fc2.com/blog-entry-181.html
・http://tachibanaroom.blog109.fc2.com/blog-entry-2342.html
・http://takaoadventure.blog98.fc2.com/blog-entry-2587.html
・http://tsukataga.blog54.fc2.com/blog-entry-792.html
・http://unabaranohikari.blog115.fc2.com/blog-entry-303.html
・http://vnr2034.blog133.fc2.com/blog-entry-1292.html
・http://wendykai.blog60.fc2.com/blog-entry-1589.html
・http://yukigetu356.blog36.fc2.com/blog-entry-608.html
・http://zaregoto2nd.blog95.fc2.com/blog-entry-1482.html

もしよろしければ、拍手ボタンをポチッと押して下さいm(_ _)m 管理人のモチベーションが上がります(ぉ 
Web拍手に頂いたコメントは後日『Web拍手レス』にてお返事させていただきます。

Comment

NoTitle 

こんにちは。

毎週放送直後のレビューご苦労様です。

住んでいる地域の影響で2話までしか見ていませんが、クオリティの高さに驚かされますね。時臣邸ニ進入するアサシンのシーンは素晴しかったです。

>個人的には黒スーツのセイバーに萌える
これは原作読んでいた時も萌えました。(笑)
映像化で期待していた箇所ですね。ただ、OPのカットで既に登場していたのがショックですが・・・ネタバレするなよw
それ以上にEDがネタバレの宝庫になってますね。
最も英霊名が判り辛そうなサーヴァントのヒントが思いっきり出ていた。判る人は直ぐに判っちゃうぞw

さて、ランサーが出て来た様なので4話から本格的に聖杯戦争が始まりましたね。と言う事はウェイバー君のヘタレっぷりも見られるのかなw
何はともあれ毎週楽しみですね。
  • posted by すっら 
  • URL 
  • 2011.10/16 09:21分 
  • [Edit]
  • [Res]

>すっらさん 

こんばんは。

>クオリティの高さに驚かされますね。
そうですね。このクオリティを維持するためにわざわざ分割2クールにするみたいですし、販売はBOX販売のみとスタッフたちの本気度が伺えます。

>それ以上にEDがネタバレの宝庫になってますね。
そうですね。普通にネタバレだらけなのですが、Zeroだと真名は普通に明かされてしまいますから、stay nightほど重要ではないかもしれませんね。

>と言う事はウェイバー君のヘタレっぷりも見られるのかなw
今はまだヘタレですよねw 彼の成長にも期待したいところです。
  • posted by 月詠 
  • URL 
  • 2011.10/16 22:18分 
  • [Edit]
  • [Res]

 

こんばんは、コメント失礼します~。


>セイバー役川澄綾子さんの声音の使い分け

記事内で言及こそしてませんが、スーツ姿時のセイバーの声色は若干柔らかみがあったなぁとは私も感じてましたよ。
確かに、前回アイリと会話していた時のセイバーはどことなく刺々しさのある声質でしたものね。
非戦闘時であるということと、アイリに対する信頼感からあのような穏やかさが形成されたのかなぁと個人的に考えてます(´ω`)
背中を預けられるなんて、それこそ信頼の証ですもんね。
ラストのあの一言にはシビれましたよ!

ちなみに私もセイバーのスーツ姿にはウッヒョ~!ってなってましたw
女性による男装って、何であんなにも可愛らしく見えるんでしょうねw
まぁ、セイバーの場合はそんじょそこらの男以上に男らしい立ち振る舞いでしたが(ぁ

時臣とギルガメッシュの間に生まれつつある確執にアサシンさん'sの暗躍、それから切嗣さんの苦悩と気になる点ばかりで視聴者を全く飽きさせない作りになってますよね~。
目下の着眼点は次回に行われるセイバーVSランサーの争いなんでしょうけど、本当に気にするべきはどれなのか見当がまるでつきません!
でもまぁ、とりあえずは次回予告で見せてくれた情けないウェイバー君を楽しみに待ちたいと思いますw


ではでは~。
  • posted by Plutor 
  • URL 
  • 2011.10/17 21:31分 
  • [Edit]
  • [Res]

>Plutorさん 

こんにちは。

>記事内で言及こそしてませんが~
そうですね。言及している方が少なかったなぁ、というのが印象かな。それくらい当たり前のことだったのかもしれませんが、こうした細かな部分の使い分けはプロだなと思わせるシーンでしたね。

>目下の着眼点は次回に行われるセイバーVSランサーの争いなんでしょうけど
そうですね。本格的な戦闘シーンとなると初めてになる(アサシンのアレは本格的とは言い難いし)と思うので、ぜひ楽しみにしておきたいですね。
  • posted by 月詠 
  • URL 
  • 2011.10/18 16:06分 
  • [Edit]
  • [Res]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

Trackback

トラックバック URL
»»この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Fate/Zero 第3話 「冬木の地」 感想

物凄い知略戦が行われるのではないかという そんな期待感が持てた第3話。

Fate/Zero 第03話 感想

 Fate/Zero  第03話 『冬木の地』 感想  次のページへ

Fate/Zero 第3話 『冬木の地』

いよいよ始まる――第四次聖杯戦争が 私に、勝利を―――。

Fate/Zero 第3話「冬木の地」

お?!ライダーの言うとおり動き出してきた! さすが征服王。戦場の機敏には意外に敏感か?

Fate/Zero 第三話 冬木の地

Fate/Zero 第3話。 偽装の脱落者、そして聖杯戦争が真の意味で幕を開ける―――。 以下感想

Fate/Zero第3話「冬木の地へ」

 最後のサーヴァントキャスターが、現代に召喚され7人の魔術師とサーヴァントが揃った。それが発端となり、綺礼が持ち駒アサシンに結界が張られている遠坂邸へ侵入し時臣抹殺を命じた。アサシンは同盟関係である事を知りながら、ギルガメッシュことアーチャーが時臣に召...

Fate/Zero 3話「冬木の地」感想

本格的に始まった聖杯戦争 前回の戦いはほんの余興に過ぎなかった・・・。 アサシンさんのネタバレが早くてビックリです。

『Fate/Zero』第3話『冬木の地』レビュー♪(今回は『セイバーVSランサー』決戦前までの話でした!ただ3話で大きく動かしてくるかと思ったのですが今までどおりの落ち着いた展開でしたね・・・)

今回は2011年秋アニメ 私的注目度2位 : 『Fate/Zero』 第3話 『冬木の地』 レビュー♪     奈須きのこさん原案の『Fate/stay night』の10年前(第四次聖杯戦争)を描いたスピンオフ作品です!     製作スタッフ   &nbs...

Fate/Zero 第3話「冬木の地」

『遠坂邸に侵入したアサシンはアーチャーの猛攻の前に息絶えた。 その事実は、使い魔を通じて各魔術師たちにも知れ渡ることに。 また、英霊を失ったアサシンの魔術師・言峰綺礼は、 戦いから離脱するため、...

Fate/Zero 第3話 「冬木の地」 感想

 Fate/ZERO3話。聖杯戦争の舞台となる冬木市に各陣営が集まりだし、いよいよ聖杯戦争が本格的に始まろうとしていました…。最後に残るのはどの陣営になるんでしょうか…?今回もライダー陣営が面白すぎてニヤニヤが~。本当ウェイバー和みキャラ。

Fate/Zero 3話感想

遠坂邸に忍び込もうとしたものの、あっさり返り討ちに遭ったアサシン。でもどうせ生きてるんでしょ~などと私は前回述べたのですが、事態は想像の斜め上でした! サーヴァントを失いギブアップ。教会に逃げ込...

Fate/Zero -フェイト/ゼロ- 第3話 「冬木の地」 感想

第四次聖杯戦争、開戦―

Fate/Zero ~ 第3話 冬木の地

Fate/Zero   ~  第3話 冬木の地 (フェイト/ゼロ) 奇跡を叶える『聖杯』の力を追い求め、七人の マスター魔術師が七人のサーヴァント英霊を召喚し、最後の一人になるまで戦いを繰り広げる究極の決闘...

【Fate/Zero 第三話 冬木の地 感想】

来週が楽しみすぎる!!! でも単なる繋ぎでなくて、アイリスフィールに対するセイバーの気遣いがマジイケメンだった!!! この二人大好きだよーーー

Fate/Zero 第3話 「冬木の地」

「アイリスフィール、       私の背中は貴方にお任せします」 とうとうバトル展開も間近で本格的に盛り上がってきた! この導入の3話は比較的静かな序章だったけど各キャラの掘り下げも進み凄く...

Fate/Zero 3話「食事にセックス、眠りに戦。何事についても存分に愉しみ抜く。それが人生の秘訣であろう」(感想)

スコープの先に見える 宮切嗣には何が見えているのか。 前回終わり間際に始まった戦いの一幕は 各陣営の動きを活発化させました。 ウェイバーとライダーのやり取りが面白いですね。 浪川さんと大塚...

Fate/Zero #3

【冬木の地】 Fate/Zero(3) 王たちの狂宴 (星海社文庫)著者:虚淵 玄講談社(2011-03-10)販売元:Amazon.co.jpクチコミを見る 帰りたい、イギリスに帰りたい・・・ 

Fate/Zero第3話感想

記事はこちら(TBもこちらへ) 元記事はhttp://sigerublog.txt-nifty.com/utakata/2011/10/fatezero-e2a2.html

「Fate/Zero」第3話

セイバー、ランサーとのバトルへ・・・ 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201110160001/ Fate/Zero (2) (角川コミックス・エース 345-4) posted with amazlet at 11.10.13 真じろう 角...

Fate/Zero 第03話

関連リンクhttp://www.fate-zero.jp/第三話 冬木の地脱落したに見えたアサシンしかしそれは時臣と言峰の予定通りのものだった…アサシン脱落はライダーのマスターであるウェイバーにもわかっていたしかしそんなことはお構いなしのライダーむしろ生き残った方に興味があ...

Fate/Zero 3話感想

「この私に勝利を!」

Fate/Zero 第3話「冬木の地」 感想

第4次聖杯戦争開戦! それぞれの陣営のマスターとサーヴァントが出揃い舞台となる日本に続々と集結。 他の参加者と同じく日本に着いたセイバーとアイリスフィール。 他の陣営のサーヴァントに誘いに乗り直接対峙することになるが…。 聖杯戦争がいよいよ本格的に開戦?...

Fate/Zero 3話

情報を制する者は戦を制す。 というわけで、 「Fate/Zero」3話 権謀術数の巻。 正面切ってのぶつかり合いすら、作戦のうち! 観察されてることを逆手に取った、偽りの戦端。 なるほどねぇ。痺れる...

『Fate/Zero』 第三話「冬木の地」 ― 僕らのアサシンが死んだはずなかったんや!

最弱が最弱が最弱が最弱が最弱がもっとも恐ろしいマギィィーーッ!         l::::::::::::::::::/ \             _,./   ':::::::::|         |::::::::::::::::.′  ...

Fate/Zero 第3話 「冬木の地」

アサシンがいっぱい(つ∀`) 前回、ギル様に瞬殺されたアサシンですが、実はこの聖杯戦争においてのアサシンは特殊で一人ではありませんでした。 まだハサン先生のことが語られてないので、いきなりたくさん現れて皆さん驚かれたことでしょうw 言峰親子の胡散臭さ爆?...

Fate/Zero 第3話 「冬木の地」 感想

「この世の全ての財宝はオレのもの」 なんたる強欲! 英雄王ギルガメッシュまじジャイアン!(゚Д゚) 聖杯を手に入れたらなんでも望みが叶うんですよね? 今までの勝者はどんな願いを叶えてきたのかな・...

Fate/Zero 第03話 『冬木の地』

全て予定通りの筋書き。裏切って遠坂邸を襲撃し、返り討ちにあったアサシン。まさか第二話で一人脱落なんて事は・・・と思ったら言峰綺礼は協会に駆け込んだ。でもここまで全部お芝居。遠坂と言峰親子三人の筋書き通りだった。 アサシンは独りじゃないというのを逆手にと?...

『Fate/Zero』#3「冬木の地」

「これでほかのマスターたちは、 マダムをセイバーのマスターと思い込むことと」 綺礼のサーヴァントであるアサシンが、 遠坂のサーヴァント・アーチャーにあっさりやられてしまった。 しかし、やはりこれも遠坂たちの作戦だったようで、 彼らにとって事は予定通り...

Fate Zero 第3話 「冬木の地」 感想

Fate Zero 第3話 「冬木の地」 感想 戦いの地へ―

Fate/Zero 第3話「冬木の地」感想

時臣「計画通り!」

Fate/Zero 第3話 「冬木の地」 感想

第4次聖杯戦争のセイバーは、イケメンですね。 このセイバーが、後々に腹ペコセイバーになろうとは……。 遠坂邸に侵入したアサシンはアーチャーの猛攻の前に息絶えた。 その事実は、使い魔を通じて各...

Fate/Zero 第3話 冬木の地

最強の英霊である英雄王ギルガメッシュの召喚に成功した時臣ですが、全てが思い通りとはいかず、マスターと離れて行動出来る単独行動スキル保有のアーチャーとして現界し、その性 ...

Fate/Zero 第3話感想

Fate/Zeroの第3話を見ました。 それでは感想を書きます。

Fate/Zero 第3話「冬木の地」

どんだけいるんだよアサシンw 前回、アサシンがいきなり退場したと思いきやそんなことはなかったぜw 他のサーヴァント達に敗北と見せかけた作戦だったようです。 教会で大量にわいてでたときは真っ先に...

Fate/Zero 第3話「冬木の地」 感想

Fate/Zero 第3話「冬木の地」 感想です

Fate/Zero 第3話 「冬木の地」

私の背中は貴方にお任せします――。 セイバーもついに来日し、第4次聖杯戦争も本格化! アーチャーにアサシンが撃破される!? 虚虚実実の情報戦の始まりですね(苦笑) ▼ Fate/Zero 第3話 「冬木の地...

Fate/Zero#3「冬木の地」感想

「この私に勝利を。」本格的な戦いが始まった!!!「冬木の地」あらすじは公式からです。遠坂邸に侵入したアサシンはアーチャーの猛攻の前に息絶えた。その事実は、使い魔を通じて...

Fate/Zero 第03話 「冬木の地」

アサシンの死亡はフェイクでした。 戦端になる以外にも監視などをしやすくするためですかね。 ただし切嗣は怪しいと考え教会に見張りをつけ、 ウェイバーはともかくライダーは関係ないと考えてる感じ。

Fate/Zero -フェイト/ゼロ- 第3話「冬木の地」

あらすじ・・・遠坂邸に侵入したアサシンはアーチャーの猛攻の前に息絶えた。 その事実は、使い魔を通じて各魔術師たちにも知れ渡ることに。 また、英霊を失ったアサシンの魔術師 ...

Fate/Zero第3話感想。

今回のサーヴァントはより個性的やね(笑) 第五次よりもっと人間臭いわ(汗) 以下、ネタバレします。ご注意を。

Fate/Zero 第三話 「冬木の地」 感想

聖杯戦争本格始動。 ネタバレ注意 遠坂邸に侵入したアサシンはアーチャーの猛攻の前に息絶えた。 その事実は、使い魔を通じて各魔術師たちにも知れ渡ることに。 また、英霊を失ったアサシンの魔術師・...

Fate/Zero 第3話「冬木の地」

この私に勝利を! oath sign【期間生産限定版】(2011/11/23)LiSA商品詳細を見る

Fate/Zero:3話感想

Fate/Zeroの感想です。 相変わらず引きが上手いなー。

Fate/Zero 第三話 「冬木の地」

ギルガメッシュサンマジ王様

Fate/Zero 第3話「冬木の地」感想

◆あらすじ 遠坂邸に侵入したアサシンはアーチャーの猛攻の前に息絶えた。 その事実は、使い魔を通じて各魔術師たちにも知れ渡ることに。 また、英霊を失ったアサシンの魔術師・言峰綺礼は、 戦いから...

Fate/Zero 第三話 「冬木の地」 感想

早くもアーチャーの正体まで明かされてしまい、正体バレるの早過ぎだろう!という声があると思われます。 正直stay naightでは真名バレは結構後です。 この作品で正体がバレないキャラが一番重要だったり、重要じゃなかったり・・・

アニメ「Fate/Zero」 第3話 冬木の地

oath sign【期間生産限定版】(2011/11/23)LiSA商品詳細を見る アイリスフィール。私の背中は、あなたにお任せします。 「Fate/Zero」第3話のあらすじと感想です。 誘い。 (あらすじ) 守備は上々、と...

Fate/Zero 第3話「冬木の地」 感想

いよいよ第四次聖杯戦争開幕。 本格的な戦いが始まり面白くなってきました。 そしてウェイバーとイスカンダルの関係が良かった。 この二人は見ていて面白いです。

アニメ感想『Fate/Zero』編 第三話

『Fate/Zero』  第三話:冬木の地

Fate/Zero 第3話 「冬木の地」

MEMORIA(期間生産限定盤 )話はおもしろいんですが、多少は萌え要素がほしいかも(汗 今のところアイリしかいないのですが、彼女は人妻ですからねw

(アニメレビュー) Fate/Zero 第3話 「冬木の地」

アイリと夜の海を二人でキャッキャウフフしたいです先生(*´ω`*) エロティックボイスな(21)こと緑川ランサーのお出ましだったけど戦闘は次回に持越しだったせいか、アイリとセイバーのデートのほうに注視しちゃったのは致し方ないよね(笑)。そんなFate/zero第3話。

Fate/Zero 第3話  「冬木の地」

Fate/Zero 第3話  「冬木の地」 です。 <キャスト> 衛宮切嗣:小山力也 セイバー:川澄綾子 アイリスフィール:大原さやか 遠坂時臣:速水奨 アーチャー:関智一 言峰綺礼:中田譲治 アサシン...

Fate/zero #3

「Fate/zero」です。三話目。 諸々が動き出してきたかなぁという感じになって参りました。 いやー、これは本当におもしろい! というわけでざっくり感想です。 アサシンが! 言峰陣営の企みがなんとも...

Fate/zero #03 『冬木の地』 感想

  籠の中の鳥の如く、何を望み何を得る為に彼らはそこへ留まるのか。 多くの謎と思惑はさらに深まりつつ、いざ、開戦へ...

Fate/Zero 第3話「冬木の地」

アサシンを失った綺礼は教会に保護を求める。しかし、実は死んだのはアサシンの何十体といる分身の中の1体に過ぎず…。 綺礼と時臣の狙い通り、アサシンの死を知った他のマスターたちは一斉に動き始める。 ...

「Fate/Zero」#3【冬木の地】笑えるコンビだねぇ、約1組。

作画は相変わらず綺麗だ~。 今回も30分がとても早く感じられました。 短く感じるって点では今期一番ですね。 「fate」って「staynight」も含めて、 けっこうシリアスで、重くて暗い…ですよね。 私は...

【アニメ】 Fate/Zero 第3話 「冬木の地」 感想

  何事につけても存分に楽しみ抜く! それが人生の秘訣であろう! Fate/Zero 第3話 「冬木の地」 の感想です。

「Fate/Zero」第3話

【冬木の地】 「盛り上がってきた!」 Amazon.co.jp ウィジェット

Fate/zero~第三話「冬木の地」

 奇跡をかなえるという聖杯を求める選ばれし7人の魔術師の戦い。第3話場面1 遠坂時臣&アーチャー 屋敷に近づいたアサシンを一瞬でなぎはらったアーチャーのギルガメッシュ。...

Fate/Zero 第三話「冬木の地」~我に勝利を!~

作    画:9(ウェイバーの涙目顔に癒される) ストーリー:9(アサシン敗北の種明かしとアイリのキャラを掘り下げたエピソード) アクション:9(セイバーvsランサーの戦いの幕が切っておとされる!) 萌    え:10(海で戯れるアイリの笑顔に)

Fate/Zero 3話「冬木の地」

原作を全部読んでいると、主人公は誰でヒロインが誰なのか分からなくなる作品ですよね。 とりあえず、アイリ可愛いとウェイバー君萌えキャラってのだけは認識している。 これでも

Fate/Zero 第3話「冬木の地」 感想

この作品はサーヴァントという英霊を通じてマスターたる人間の成長譚を描いた ものになるのではないだろうか? ライダーのマスターであるウェイバーを見ていると特にその様に感じます。 確かstaynightでは マスターに似た性格・性質を持つ英霊を 召喚の際に呼びやすい設定…

Fate/Zero 第3話

Fate/Zeroの第3話を見ました。 最後のサーヴァントであるキャスターが現界を果たし、遂に聖杯を巡って争う7人が揃った。 遠坂時臣と密かに同盟を結んでいた言峰綺礼は、時臣を抹殺せんとアサシンを差し向けるも、 その目論見はアーチャーによってあっさりと水泡に帰して...

Fate/Zero 第3話「冬木の地」

アサシンさん多過ぎやろ!(何

Fate/Zero 第3話 「冬木の地」

「―――お招きに与るとする?」 「望むところです」 役者も揃い、いよいよ第四次聖杯戦争の幕が上がる―――― 会話劇主体のお話でもしっかり魅せてくれる「Fate/Zero」第3話の感想。 何度も言いますが本当に毎話30分という尺の短さが恨めしい(笑) いつから...

第3話 『冬木の地』

本文はネタばれを含みます。ご注意ください。画像はクリックで拡大されます。 セイバーさんが、イケメンすぎて惚れた。 そして、感想書く時間がなかなか取れなくて泣けた。書きたいことは、山ほどあるんですけどね…。ライダー陣営のほのぼのっぷりとか、セイバーとアイ...

Fate/Zero #3「冬木の地」感想

MEMORIA(期間生産限定盤 )(アニメ盤)(DVD付)藍井エイル SE 2011-10-19売り上げランキング : 34Amazonで詳しく見る by G-Tools   セイバー陣営が冬木市へやって来たことで、舞台が完全に冬 ...

Fate/Zero 第3話「冬木の地」

ここからが本番です。 今迄のは下準備。下準備が長かった気がしないでもないけど。

Fate/Zero 第3話 冬木の地

原作を読んでいるはずなのに、まだ2話分までしか読み終わっていない… ギルガメッシュがアーチャーってのも新鮮。 でもギルガメッシュ全開だけど(苦笑 しかもあの強さで単独行動可能とかチート。

Fate/Zero 第3話 『冬木の地』

アニメ Fate/Zero 第3話 『冬木の地』 【 表裏者と表裏一体 】 衛宮 切嗣(裏)とセイバー(表)。 衛宮 切嗣(表)とアイリスフィール(表)。 衛宮 切嗣(裏)と久宇 舞弥(表)。 セイバー(裏)と...

Fate/Zero 第3話 「冬木の地」

極大呪文グリーンリバーライト

■Fate/Zero【第三話】冬木の地 -154:09:25

Fate/Zero #03の視聴感想です。 無聊。 麗人。 弟子。 姫。 騎士。 帰りたい…イギリスに帰りたい…… ↑さぁポチッとな

セイバー、冬木に立つ。『Fate/Zero』3話。

いよいよ、アインツベルン陣営が日本・冬木の地を踏んだ。そしてようやく、男装セイバーさんの動画を見ることができた・・・長かったー!何年待ったことか!!(←大げさ。ボーイ ...

Fate/Zero 第3話

アサシンを失ったとして、聖堂教会に保護を求める綺礼。 案の定前回ラストの戦いはただの茶番劇だったわけですけど、アサシンが何人もいるからこそ出来る戦略でしょうか。 中立で ...

(アニメ感想) Fate/Zero 第3話 「冬木の地」

Fate/Zero(1) 第四次聖杯戦争秘話 (星海社文庫)(2011/01/12)虚淵 玄、武内 崇 他商品詳細を見る 遠坂邸に侵入したアサシンはアーチャーの猛攻の前に息絶えた。 その事実は、使い魔を通じて各魔術師た...

Fate/Zero 第3話 「冬木の地」 感想

始まり

左サイドMenu

カウンター

祝2,000,000Hit達成♪ とうとう大台突破。これも皆様のおかげでございます(o ̄∀ ̄)ノ

カレンダー(月別)

02 ≪│2017/03│≫ 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

ガンダムシリーズ

◆新機動戦記ガンダムW◆

新機動戦記ガンダムW BD-BOX1

OVA・続編含め『新機動戦記ガンダムW』全般を応援してます♪
ガンダムW関連 まとめページ
感想、用語、企画など全ページへのリンクがあります。ご利用ください

2016/05/04 12巻分の用語一部更新しました

《用語》
用語集
ア行
カ行
サ行
タ行
ナ行
ハ行
マ行、ヤ行
ラ行、ワ行
英字行
登録キャラクター名一覧
キャラクター詳細
ア行
カ行
サ行
タ行
ナ行
ハ行
マ行、ヤ行
ラ行、ワ行、英字行

メカニック図鑑
メカニック用語詳細

《企画》
年代考察
勢力図まとめ
AC暦におけるMS史(コラム)

◆機動戦士ガンダム00◆

GUNDAM OOQ
用語集などは特にありませんが、劇場版の感想は全十回というボリュームでコラム風に書かせていただきました。よろしければどうぞ。
ガンダム00関連 まとめページ

◆鉄血のオルフェンズ◆

81TuctHvlZL__CR88,0,1536,1536_
各回の感想のまとめだけ。
ガンダム00関連 まとめページ

米山シヲ 応援エリア

◆梅衣堂ひよと旦那様の野望◆

1-2-2

『梅衣堂ひよと旦那様の野望』待望第1巻発売中

月刊少年ガンガンで現在連載中『梅衣堂ひよと旦那様の野望』を応援中。『ブラクロ』と同じように独自用語集も製作中!

公式特設ページ

独自用語集
第1巻

◆ブラッディ・クロス◆

ブラクロサムネ

月刊少年ガンガンで完結した『ブラッディ・クロス』をプッシュしています♪ 独自用語集あります! 

公式特設ページ

独自用語集
キャラ紹介-混血勢力-
キャラ紹介-天使勢力-
キャラ紹介-堕天使勢力-
キャラ紹介-アルカナ-
キャラ紹介-神葬-
キャラ紹介-その他-


最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

メールフォーム

管理人に何か言いたいことがあれば、ここからどうぞ♪

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード

QR

友達申請フォーム

FC2ブログランキング

FC2のブログランキングに参加中♪ 気に入っていただけたなら、一押しして下さい。

FC2ブログランキング

右サイドメニュー

義援金募集

FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして

管理人から一言

お知らせ

管理人からのお知らせです。

『ガンダムW FT』コンテンツは不定期更新です。現在は11巻分までの感想と用語の更新を完了しました。

『ブラッディクロス』全12巻発売中! 用語集更新は全て無事終了致しました。


今期の週間感想予定
日曜日:オルフェンズ二期
月曜日:週間アニメ短評
火曜日:書評
水曜日:ACCA
木曜日:書評
金曜日:セイレン
土曜日:ブラタモリ
不定期:雑記、ゲームプレイ日記

場合によっては急遽順序等の変更もありますが、ご理解いただけますようよろしくお願いします。

管理人プロフィール

月詠

Author:月詠
埼玉県某所在住の31歳社会人。性別♂。名前は「つくよみ」と読む。

世知辛い世の中でも、嬉しいことも泣きたいことも、こんなサブカルチャーたちに救われていますwww
詳細な自己紹介はこちら

コメント・TB、相互リンク受付中。下記の運営方針に詳細を記載しております。無条件に大歓迎と言うわけではありませんが、大部分の方は歓迎出来るかと思いますw

以下、ショートカット。
◇閲覧上の注意や規約など
Blogの運営方針・利用規約
他のBlog様と大差ない運営・利用規約なので大部分の方には無関係だとは思いますが、初閲覧の方は簡単でも良いので読んで頂けるとありがたいです。何かあった時には利用規約を了承した上とさせていただきますので、「知りませんでした」は通用致しません。


◇アニメについて
アニメの評価について
歴代アニメ評価一覧
アニメアウォーズ! 受賞一覧


◇ゲームについて
ゲームの評価について
歴代ゲーム評価一覧


◇ブックス(本)について
小説の評価について
ブックレビュー一覧


◇プラモデルについて
完成品一覧(グレード別)
完成品一覧(シリーズ別)


◇その他リスト一覧はこちら
テレビ&シネマ
CD&DVD&BD

ツリー式カテゴリー

openclose

全記事表示リンク

検索フォーム

アニプレッション!!

アニプレッション!!
アニプレッション!!とは

アニプレッション!!は、アニメブロガー達の合同ブログです。各執筆者がアニメについての問題意識・感想・考察・批評等の諸言説を発表し、アニメを語る事の面白さを伝える事が目標です。
まだまだ未熟者ではありますが、私も参加させて頂いております。冬コミでも多くの名立たる方が寄稿し合って本を出す予定です♪

以下、アニプレッション!!メンバーのBlogです。一見の価値ありですよ!

相互リンク(更新停止)

残念ながら一年以上の更新がない相互リンク先の方々です。いずれまた復活し、交流が持てることを期待しています……

  • 24/10次元に在るブログ
  • aniパンダの部屋
  • Black Window in Sky
  • Hes:TEAR
  • Lounge "Himajin" Killer
  • NEO煩悩-アニメ本店-
  • outrageous
  • the albatross of peach pink
  • お絵描き倉庫('A`)(旧ミルクレモンティー)
  • くろ with life~今を楽しめればそれでいい~
  • なななな駄文
  • にき☆ろぐ
  • にじつう!
  • のんびりにリリカルに
  • まるとんとんの部屋
  • みつーの日記
  • アインのSS置き場
  • アニメって本当に面白いですね。
  • チェルキエット⌒ぱすてる
  • ミナモノカガミ
  • サブカルなんて言わせない!
  • 月の静寂、星の歌
  • 紅の終幕劇
  • 根無草の徒然草
  • 知ったかアニメ
  • 全て遠き理想郷?なブログ
  • 中濃甘口 Second Dining
  • 透明色絵本
  • 【非公式】普通の世界日本ハムが【ブログ】やってみた
  • 漫画のおすすめ
  • 無料動画アニメリンク!
  • 妄想詩人の手記
  • 妖精帝國 臣民コンソーシアム
  • 楽しくC言語ゲームプログラム
  • これは僕の進化の過程の・・・3ページ目ぐらい?ww
  • 無常の流れ 新館
  • 夢幻の灰色帝国
  • 外部記憶ver.2
  • アバトーンの理想郷
  • よう来なさった!
  • やまひで日誌
  • まごプログレッシブ:Part2~Scenes From A Memory~
  • しろくろの日常
  • ToLOVEる画像漫画
  • the albatross of peach pink
  • Spare Time
  • Ringoという名の日常
  • Garnet Clover~ガーネット・クローバー~