FC2ブログ

刹那的虹色世界

アニメ・ゲームのあらすじを主体とした感想や批評のブログ。時折、日記・声優・コミック・スポーツなど幅広くレビューしています。リンクフリー、相互リンク大歓迎♪

Entries

ペルソナ4 #02

ペルソナ4 #02
『The Contractor's Key』


≪あらすじ≫
『ペルソナ』の力に目覚めた悠。その力を駆使し、遅い来る謎の敵シャドウを打ち負かした彼は、TVの中の世界の住人と思しきクマの力を借りて、陽介・千枝と共になんとかその世界から脱出する。

無事帰ってくれた三人だが、その三人を翌日待っていたのは連続化された殺人事件だった。

殺されたのは陽介が片思いしていた同じ学校の先輩・小西早紀。発見された遺体は、先の女子アナ同様に吊るされた状態で発見されていた。

連続殺人。ひなびた田舎町に突如降ってわいた、求めぬ喧騒。その中で陽介は「昨日のマヨナカテレビに映っていたのは小西先輩だった」と断言し、悠は先の女子アナ含めて「マヨナカテレビに映った人物は殺されるのではないか」と推察を立てる。

片思いだったとはいえ好きだった先輩を殺され憤怒する陽介は再びTVの中に入ることを決意。悠もそれに同行するが、TVの中で待っていたのは陽介の父親が店長を務める総合ショッピングモール「ジュネス」の陰口、そして陽介と瓜二つをした謎の“影”だった――



≪感想≫
全体的に一つ一つの演出がアッサリした印象。千枝がTVに入る二人が命綱(?)にしたであろうロープが切れてしまうところの演出とか、自分自身の影と向き合うまでの陽介の演出とか、とにもかくにも全体的に軽くてアッサリしている。

正直、レギュラーキャラが自分自身のもう一つの心と向き合うのであれば、もう少し時間をかけても良いのではないか(それこそ次回まで使って)と思うのだが、それは尺の問題なのだろうか。原作をプレイしたことはないのだが、2クール使っても足りないくらいのボリュームがあって、物語終盤の方に時間を使った方が良いというのであれば、これは仕方のないことなのかも。


演出自体はあっさり気味だったが、それを払拭したのは陽介役の森久保祥太郎さんの演技だろうか。凄く熱演されていたと思う。
ペルソナって確か「もう一つの自分」「自分の持つ影の顔」みたいな意味だったっけ? プレイしたことはないが、これだけ有名なシリーズだといくつかその用語を耳にしたこともあるが。

もしそうだとするなら、この作品、思っていた以上に深いテーマを取り扱っていることになる。自分がいつもは直視しない、したくないような影や裏の顔と、あの世界に入ると必然的に向きあわされるとなるなら、この先千枝や雪子といったメインキャラクターが抱える影とも向き合うことになるのだろう。自分が観たくない部分とそう簡単に向き合って受け入れられるとは限らないのだけど、それは2クールをかけて描いていのかなとも思う。

あとは事件かな。町で起きる連続殺人事件と、TVの中の世界がリンクすることで主人公たちが――いや主人公たちでなければ解決出来ないよう仕向けているのは巧い。宙づりで発見される死体には何か意味があるのか。マヨナカテレビに映った人物は必ず死ぬのか。そこにどんな因果関係があるのか。被害者に共通点はないのか。もちろん、意図的にテレビの中に被害者を入れているのだとすれば、犯人は誰なのか。

解かなければいけない謎はたくさんあるが、推理モノのように一つ一つ丁寧に事件を解いていってくれるのなら、そっち方面でも期待できそうだ。




◇小西早紀の向き合った影は何だったか?
仮に悠の推理通りなら、女子アナも小西先輩もあの空間で自分がひた隠しにしてきた顔と向き合い、それを拒絶した結果、影が暴走し自分の影に殺されたということになる。もう殺されてしまってこれ以上の活躍と登場は望めないものの、小西先輩が向き合った影はなんだったのだろうか? 

たぶん、それは陽介と同じだった気がする。

彼女が抱えていたのは周囲の環境。自分は商店街の酒屋の娘で、でもジュネスでバイトをしている。彼女がどうしてわざわざジュネスでバイトをしていたのかはわからない。商店街に嫌気をさしているのか、それとも単純に商店街よりもジュネスのバイトの方が時給が良いのか。

ただ、どちらにせよそれで周囲からいびられる。父親からは罵声を飛ばされ、商店街の住人からも陰口を言われる。言いよってくる男はよりにも寄ってジュネスの店長の息子の陽介。無碍にすればバイトをクビになるかもしれないが、馴れ馴れしくすれば今度は商店街での陰口が増える。

前も後ろも、右も左も自分を絡め取る蜘蛛の糸のように張り巡らされた現状に、きっと彼女は「ウザい」と思ったに違いない。父親も、父親の商店も、商店街の住人も、陽介も、学校も、全部が「ウザい」、と。
でも、彼女が自分自身のシャドウによって殺されたのだとすれば、彼女はそれを否定したはずなのだ。「そんなことは思っていない」と。

推測でしかないが、陽介にだって彼女は単に「ウザい」という感情だけではなかったかもしれない。陽介の好意は、露骨な好意だ。恋愛対象として見れるかどうかは別として可愛い年下の男の子くらいには思っていたように思う。そうでなければ、彼女の方から話しかけることも、しつこかったとしても彼女が陽介のチケットを受け取ることもなかっただろう。

こうした彼女の気持ちは“嘘”ではないのだ。

今回、陽介も、陽介のシャドウも語っていた。

「俺はお前で、お前は俺」

シャドウはその人の本心ではない。シャドウ“も”その人の本心の一部なのだ。
コインと一緒。表と裏があってそれぞれ描かれた図柄が違ったとしても、それはどちらも同じ価値のあるコイン。だから、社交的で明るい陽介も、全てウザいと思って刺激を欲していた陽介も、どちらも“花村陽介”。ジュネスでバイトをする陽介の憧れた早紀も、周囲の陰口や陽介全てをウザいと思っていた早紀も、どちらも“小西早紀”。どちらが欠けても“花村陽介”“小西早紀”足り得ない。

だから、両方を受け入れられた陽介はペルソナ使いとして覚醒し生き延び裏を拒絶し影に殺されて片方だけになってしまった早紀は死ぬしかなかった。だって表と裏のあるコインで表が消えれば裏が消えるのは必然だから。


設定として本当に巧く出来ているな、と唸らされる。人の内面を知る意味でも、ゲームとしても面白いだろうし、だからこそシリーズ化されているのだと感じられた。



◇際立つ主人公の特殊性-ゲーム主人公としての鳴上悠-
主人公という存在の中でもここまで特殊に際立った例は珍しいのではないだろうか。

そう思わせるのが、鳴上悠だ。

言葉では表現しづらいのだが、物語の中で完全に浮いた存在。物語との親和性を無視している、と言っても良いのかもしれない。言葉数は少ないが、類い稀な決断力とその早さでいろいろな事柄に対して即答していく(クマのお願いやもう一度TVに入る決断など)感じは物語としての流れとはまた違ったベクトルに突き進んでいる気がする。

どうしてこうなっているのだろうか?

答えはもしかしたらとても簡単で、彼がゲームの主人公(プレイヤーキャラ)だからではないかと思う。言葉数が少ないのは従来のRPG・SLGゲームには良くあることだ。むしろ主人公にボイスがついて多言するようになってきてはいるが、ゲームの主人公(特に名前変更が可能な、個性が極力消された主人公の場合/確認したがペルソナ4の主人公もそのタイプらしい)においては内面こそ文章化されるが、実際のセリフとしては少ないというのも少なくない。

また即断・即決はゲームにおける選択肢決定に近い。例えば、クマと約束したシーンも普通のアニメなら「そんな突発的に!?」と思ってしまうが、ゲームであることを意識し選択をするのが自分の分身プレイヤーでもある主人公であることを鑑みれば、「あー、ここで助けるかどうか選択肢が出てきて助ける方を選択したんだな」と思える。

最大の特徴は、前述のように彼は個性を極力消されたゲームの主人公の典型的なタイプということを証明するかのように、彼がペルソナを手に入れた時、彼は自分の影とは向き合わなかったことだろう。それは、彼には明確な自分自身の影などないということ。彼には向き合うような影があっては、それは大きな個性となってしまう。だから、彼には個性となってしまう影がなく、その影がないから向き合うことなくペルソナに目覚めた。

思えば、今回も前回も悠が口にしたセリフの多くは本当に無難なものばかり。主人公として個性的な存在感を示すのではなく、調和の中に溶け込みながらも少しずつ存在感を示すタイプであることを暗示しているような気がする。


なにはともあれ、いろいろと今後も楽しめそうだと感じられる2話だった。


『We are friends, aren't we?』




≪TB先 参照リンク(URLアルファベット順)≫
赤字はTBが現在弾かれてしまっているBlog様です。
現在、nifty系、so-net系はほぼ全滅。livedoorは調子がいいと送れます。

・http://84446692.at.webry.info/201110/article_31.html
(http://plaza.rakuten.co.jp/kazusaroom/diary/201110150003/)
・http://alicetail904.blog42.fc2.com/blog-entry-900.html
・http://altria98.blog113.fc2.com/blog-entry-1019.html
・http://ameblo.jp/brook0316/entry-11044038630.html
(http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201110140002/)
・http://ameblo.jp/wv002524/entry-11047673769.html
・http://ameotokops.blog.fc2.com/blog-entry-56.html
・http://amethyst83.blog.fc2.com/blog-entry-385.html
・http://animedouganews.blog44.fc2.com/blog-entry-2083.html
・http://animetureduregusa.blog65.fc2.com/blog-entry-1265.html
・http://aquaglass2011.blog.fc2.com/blog-entry-680.html
・http://blog.goo.ne.jp/gurimoe/e/248faf4e1b805a781ac0b5
21a11670e5
・http://blog.goo.ne.jp/mio793/e/652bb433c4de9fac2285320
f35af07cb
(http://plaza.rakuten.co.jp/blackwidow/diary/201110130002/)
・http://blog.goo.ne.jp/rala37564/e/573587fe28f196bd6e90
32112af5fa3f
・http://blog.livedoor.jp/mattari_6/archives/51792559.html
・http://blog.livedoor.jp/rin20064/archives/52222667.html
・http://blog.livedoor.jp/soul_mu/archives/65620192.html
・http://blog.livedoor.jp/sumi4460/archives/66960694.html
・http://blog.livedoor.jp/t_cherry398/archives/51628055.html
・http://blog.livedoor.jp/voler/archives/52888102.html
・http://blog.livedoor.jp/youotu-roro/archives/3090299.html
・http://disorellan.blog61.fc2.com/blog-entry-1249.html
・http://dokuatari.blog137.fc2.com/blog-entry-351.html
・http://hienkyaku.blog50.fc2.com/blog-entry-2258.html
・http://hyumablog.blog70.fc2.com/blog-entry-2571.html
・http://kagura77.blog99.fc2.com/blog-entry-3021.html
・http://kakioki60.blog129.fc2.com/blog-entry-984.html
・http://kodoku21.blog83.fc2.com/blog-entry-1824.html
・http://kouyanoblog.blog61.fc2.com/blog-entry-4130.html
・http://marixanzu.blog60.fc2.com/blog-entry-116.html
・http://nikkananilog.blog.fc2.com/blog-entry-141.html
・http://picoro106.blog39.fc2.com/blog-entry-5418.html
・http://riksblog.fool.jp/public_html/mt5/anime/now/2011/10
/persona4-the-animation-02-the-contractors-key.html

・http://scriptor.blog54.fc2.com/blog-entry-1234.html
・http://seigenjikan.blog2.fc2.com/blog-entry-2091.html
・http://seraraku2.blog59.fc2.com/blog-entry-6135.html
・http://shino134.blog22.fc2.com/blog-entry-2099.html
・http://shirokuro585.blog109.fc2.com/blog-entry-829.html
・http://shittakaanime.blog86.fc2.com/blog-entry-442.html
・http://sigerublog.blog137.fc2.com/blog-entry-524.html
・http://soraxcan.blog59.fc2.com/blog-entry-2948.html
・http://spadea.jugem.jp/?eid=12932
・http://strawcat.blog12.fc2.com/blog-entry-3283.html
・http://subcul.livedoor.biz/archives/51777397.html
・http://suzukimeister.blog2.fc2.com/blog-entry-178.html
・http://tachibanaroom.blog109.fc2.com/blog-entry-2340.html
・http://takaoadventure.blog98.fc2.com/blog-entry-2585.html
・http://vnr2034.blog133.fc2.com/blog-entry-1284.html
・http://wondertime.blog31.fc2.com/blog-entry-1768.html
・http://yasuto07.blog38.fc2.com/blog-entry-1350.html

もしよろしければ、拍手ボタンをポチッと押して下さいm(_ _)m 管理人のモチベーションが上がります(ぉ 
Web拍手に頂いたコメントは後日『Web拍手レス』にてお返事させていただきます。

Comment

NoTitle 

今回は展開は早いかもしれないですが、自分的にはちょうどいいと感じました、伸ばせばたしかにより心にくると思いますがこれから新しい仲間や事件のことなどやることがたくさんあるので、しょうがないかもしれませんがでも一話で花村の話をまとめるなんてスタッフさんすごいなぁと感心します
4のテーマの一つの自分の影と向き合うことですが、やはり
鳴上やほかの仲間のひとたちが支えてくれるのも心強いですからね、自分ももしシャドウに会ったら一人だったら負けてしまいそうです、鳴上も基本はクールですがいざとなったら引っ張ってくれてどことなくついていけるような感じですから、個性がなくてもいるだけが個性かもしれないですね
次回は千枝か雪子ですね楽しみです、ちなみに最初に出てきたベルベットルームは新しいペルソナを誕生させる場所なのですが、アニメだとそのようなシーンはあるのかわかりませんが
できたらやってほしいと思います
  • posted by ゼロ 
  • URL 
  • 2011.10/15 22:41分 
  • [Edit]
  • [Res]

>ゼロさん 

こんにちは。

>これから新しい仲間や事件のことなどやることがたくさんあるので
ここをわざわざ短く描いた意味があるのなら、それで良いなと思いますね。原作を知らないのでその辺の判断は難しいところです。

>アニメだとそのようなシーンはあるのかわかりませんが
こう、新しいペルソナを生み出すという感覚が実はまだ不鮮明なんですよね。原作を手にしていないからなのだと思うんですけどね。

原作だとゲームなのでそうすることでバリエーションを持たせ、自分の好きな戦闘タイプの主人公に仕立て上げるのでしょうが、「シャドウ=自分の影」となっているペルソナなので、ガラガラと変えてしまうのは、原作を知らない人の困惑を生むかもしれませんね。
  • posted by 月詠 
  • URL 
  • 2011.10/16 08:18分 
  • [Edit]
  • [Res]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

Trackback

トラックバック URL
»»この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ペルソナ4 the ANIMATION 第1話 ~  第2話 The Contractor's key

ペルソナ4 the ANIMATION  ~ 第2話 The Contractor's key 彼が転入した八十神高校では、「雨の夜の午前0時に点いていないテレビで自分の顔を見つめると、別の人間が映る」という内容の「マヨナカテレビ」...

「Persona4 the ANIMATION」第2話

陽介、ペルソナを入手・・・ 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201110140002/ ペルソナ4 1 【完全生産限定版】 [Blu-ray] posted with amazlet at 11.10.10 アニプレックス (2011-11-23) 売り上げ?...

ペルソナ4 第2話 「The Contractor's key」 感想

町で起こっている不可解な事件のヒントはテレビの中に。 OPも流れていい感じでしたねー。これからの陽介に期待してあげてね! ペルソナ4 第2話 「The Contractor's key」 感想です。

ペルソナ4第2話の感想レビュー

サブタイトルは『The Contractor's key』です。 ひとりぼっちは、寂しいもんな…という訳で、自分の心と向き合った陽介が自分のペルソナをゲット&主人公と一緒に事件を解明する決意を固める回でした。 勇気のステータスが一段階アップした鳴上先生の友情パンチで目...

ペルソナ4 Persona4 第2話 感想

最初はこのお爺さんたちの会話から始まるのが決まりなのかな? こいつが倒したってさらって言ってるけどあれはすごかったよね… まぁあんな一瞬の出来事じゃそうなるよな あれ?本人はあれが...

ペルソナ4 第2話 「The Contractor's Key」 感想

原作ゲームは未プレイですが、面白いですね。 どんどん面白くなってきていますよ。 鳴上も花村も格好イイな。 『ペルソナ』の力に目覚めた悠。 そんな中再び事件が起こった。 よく知る人物の死...

ペルソナ4 第2話「The Contractor's key」 感想

誰にでもある心の中の弱さ 街で変死する犠牲者がマヨナカテレビに映っている人間だと気づいた悠たち。 悠と陽介は調査のため再びテレビの中の世界に入って行くのだが…。 自分の中にある弱さを認めることが出来た時に人は本当の意味で強くなれると思いました。

ペルソナ4第2話感想

記事はこちら(TBもこちらへ) 元記事はhttp://sigerublog.txt-nifty.com/utakata/2011/10/post-7d4a.html

【ペルソナ4】2話 陽介「なんてこった先輩が殺されちゃった」クマ「この人でなし」

ペルソナ4 the ANIMATION #02 The Contractor's key 650 名前:風の谷の名無しさん@実況は実況板で[sage] 投稿日:2011/10/15(土) 02:53:00.05 ID:RvfRr5HK0 相変わらず展開早いが、1話と比べ...

ペルソナ4:2話感想

ペルソナ4の感想です。 陽介も覚醒へ。

ペルソナ4 第2話 「The Contractor's key」 感想

ベルベットルームでイゴールに出会い、ワイルドの力を得た主人公、鳴上悠 契約の鍵も手に入れた彼の冒険は始まったばかり OPも今回から始まり、オシャレなアニメ映像に、曲 原作をプレイした私も大満足...

ペルソナ4 第2話 感想「The Contractor's key」

ペルソナ4ですが、鳴上悠、里中千枝、花村陽介は「クマも忙しいクマ!」と押し出され、元の世界に生還します。JUNESでは演歌歌手・柊みすずのポスターが貼ってあり異世界とつながっていますが、艶っぽい演歌歌手は死んだ女子アナとも関係があるようです。 学校では「校長...

ペルソナ4 the ANIMATION #02 「The Contractor's key」

こんにちは、マサです。 1週間が待ち遠しいです。 「ペルソナ」やら「シャナ」やら「Fate」やら・・・。 では。 #02「The Contractor's key」 いきましょう。

Persona4 the ANIMATION #02「The Contractor's Key」

『『ペルソナ』の力に目覚めた悠。そんな中再び事件が起こった。 よく知る人物の死に対し、悠は陽介と共に事件の謎を追う。』 今回もベルベットルームからスタート! 契約を果たした者がここに訪れ与え...

Persona4 the ANIMATION #2「The Contractor's Key」

「あのテレビに映った人間は 死ぬとか…?」 新たな犠牲者、その謎を確かめる為に再びテレビの中の世界へ! 一連の事件とマヨナカテレビは関係してる!?    【第2話 あらすじ】 『ペルソナ』の力に目覚...

『Persona4 the ANIMATION』#2「The Contractor's Key」

「最近、霧が晴れるときに、 あっちの誰かがこっちに人を放り込んでるクマ」 アバンではまたもベルベットルームからスタート。 なにやら契約者には鍵が渡されていたようだが… 4月14日、不思議な世界に入り込んだものの、 鳴上のペルソナによって窮地を脱出した...

Persona4 the ANIMATION 2話

心の中の真実から、目を背けるな。 というわけで、 「Persona4 the ANIMATION」2話 メガネヒーローの巻。 おー、王道ジュブナイル!いいねー。最高やね。 クール&ポップな見た目に反して、中身は...

「PERSONA4」#2【The Contractor's Key】ゲームやりたくなってきたー。むらむらむら。

ノイタミナ始まって、週末忙しくなっちゃいましたね。 ファムも始まったしな。 さてどれを優先して感想書きましょうって所です。 基本、当ブログでは、 自分が面白いと感じたもの優先です。 世間での人...

ペルソナ4-Persona4-第2話「TheContractor'skey」

ペルソナ4-Persona4-第2話「TheContractor'skey」公式HPより『ペルソナ』の力に目覚めた悠。そんな中再び事件が起こった。よく知る人物の死に対し、悠は陽介と共に事件の謎を追う。ワイルド...

ペルソナ4 -Persona4- 第2話「The Contractor's key」

ペルソナ4 -Persona4- 第2話「The Contractor's key」

persona4 the ANIMATION #2

【The Contractor's key】 ペルソナ4 2 【完全生産限定版】 [Blu-ray]出演:浪川大輔アニプレックス(2011-12-21)販売元:Amazon.co.jpクチコミを見る 中に何も入ってませんよ・・・クマ? 

ペルソナ4 第2話「The Contractor's key」 感想

ペルソナ4 第2話「The Contractor's key」 感想です。

(アニメ) ペルソナ4 第2話 感想

第2話 「The Contractor's Key」

アニメペルソナ4感想/第02話「The Contractor's key」

「あっ、間違った」(鳴上悠)  TVアニメ『ペルソナ4 THE ANIMATION』#2「The Contractor's key」のネタバレ感想です。番長は普段物静かなだけに、時々喋る言葉や行動に、クスリと来てしまう ...

ペルソナ4 -persona4- 第2話 The Contractor's key

陽介の想い人だった小西 早紀が犠牲となり、マヨナカテレビに映った事、山野アナウンサーと死亡状況が酷似している事から、町で起きている事件との関連性を疑い陽介はテレビの世界 ...

ペルソナ4 2話「The Contractor's Key」

裏の世界、それは人間の本性が暴かれる場所。 ペルソナ4 1 【完全生産限定版】 [Blu-ray](2011/11/23)浪川大輔、森久保祥太郎 他商品詳細を見る

ペルソナ4 第二話 感想

おまえは俺で、俺はおまえだ 「ペルソナ4」第二話感想です。 ネバー・モア -「ペルソナ4」輪廻転生- 初回仕様限定版特典付き(特典付きは無くなり次第終了)(2011/10/26)目黒将司(メインコンポーザー)商品詳細を見る

ペルソナ4アニメーション 2話感想

サブタイトル「The Contractor's key」 ベルベットルームにて、狂言回し役のイゴール&マーガレットによって授けられる「契約者の鍵」 これが登場人物の「ペルソナ」能力の元…? ■テレビの国のアリス 前...

Persona4 the ANIMATION 第02話 『The Contractor's Key』

やっぱり。マヨナカテレビは運命の相手が見えるものじゃなかったみたいですね。アナウンサーに続いて陽介が入れ込んでいた小西先輩も帰らぬ人になってしまった。陽介はショックで落ち込むものの、頭はちゃんと回ってる。何せマヨナカテレビは死ぬ人間を映すと気づいたのは...

ペルソナ4 2話 The Contractor's key

心の闇にどう立ち向かうかで運命が決まる

Persona4 the ANIMATION #02 The Contractor's Key

今回も頑張って感想書きますですハイw 最近ゲームをやる時間がない…てのと SP余ってる状態でダンジョン出るのがなんとなく勿体ない感じがするので ついついダンジョン続けになってしまい、 シナリオが...

Persona4 第2話「The Contractor's key」 感想

まあ・・・普通かな

ペルソナ4 第2話 「The Contractor's key」

パラメーターが少し上昇中 最終回では全パラ最大になってたりして… ペルソナ4 1 【完全生産限定版】 [Blu-ray](2011/11/23)浪川大輔、森久保祥太郎 他商品詳細を見る

ペルソナ4 the ANIMATION 第02話 「The Contractor's Key」

前回シャドウを退けた悠達はもう一度クマに会い現実の世界に戻る。 そして次の日、小西先輩が遺体で発見されたと告げられる。

ペルソナ4「第2話 The Contractor's key」/ブログのエントリ

ペルソナ4「第2話 The Contractor's key」に関するブログのエントリページです。
  • from anilog 
  • at 2011.10.17 21:08

P4 -ペルソナ4-  第02話 感想

 P4 -ペルソナ4-  第02話 『The Contractor's key』感想  次のページへ

まったくもってごちそうさまでした(はがないとかピングドラムとか)

【UN-GO 第1話(新番組)】坂口安吾の原作を元にした、推理もの作品。う~ん、内容云々より、あの尖った顎と、アスペクト比間違ったような(16:9を4:3にしたみたいな)細長い人物の顔 ...

左サイドMenu

カウンター

祝2,000,000Hit達成♪ とうとう大台突破。これも皆様のおかげでございます(o ̄∀ ̄)ノ

カレンダー(月別)

06 ≪│2020/07│≫ 08
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

ガンダムシリーズ

◆新機動戦記ガンダムW◆

新機動戦記ガンダムW BD-BOX1

OVA・続編含め『新機動戦記ガンダムW』全般を応援してます♪
ガンダムW関連 まとめページ
感想、用語、企画など全ページへのリンクがあります。ご利用ください

2016/05/04 12巻分の用語一部更新しました

《用語》
用語集
ア行
カ行
サ行
タ行
ナ行
ハ行
マ行、ヤ行
ラ行、ワ行
英字行
登録キャラクター名一覧
キャラクター詳細
ア行
カ行
サ行
タ行
ナ行
ハ行
マ行、ヤ行
ラ行、ワ行、英字行

メカニック図鑑
メカニック用語詳細
年表

《企画》
年代考察
勢力図まとめ
AC暦におけるMS史(コラム)

◆Gジェネクロスレイズ◆

GCR119.jpg

まとめページ

◆ガンダムモビルスーツバイブル◆

GMB001_20190322210057cc3.jpg

まとめページ

◆機動戦士ガンダム00◆

GUNDAM OOQ
用語集などは特にありませんが、劇場版の感想は全十回というボリュームでコラム風に書かせていただきました。よろしければどうぞ。
ガンダム00関連 まとめページ

◆鉄血のオルフェンズ◆

81TuctHvlZL__CR88,0,1536,1536_
各回の感想のまとめだけ。
鉄血のオルフェンズ まとめページ

米山シヲ 応援エリア

◆梅衣堂ひよと旦那様の野望◆

1-2-2

『梅衣堂ひよと旦那様の野望』待望第1巻発売中

月刊少年ガンガンで現在連載中『梅衣堂ひよと旦那様の野望』を応援中。『ブラクロ』と同じように独自用語集も製作中!

公式特設ページ

独自用語集
第1巻

◆ブラッディ・クロス◆

ブラクロサムネ

月刊少年ガンガンで完結した『ブラッディ・クロス』をプッシュしています♪ 独自用語集あります! 

公式特設ページ

独自用語集
キャラ紹介-混血勢力-
キャラ紹介-天使勢力-
キャラ紹介-堕天使勢力-
キャラ紹介-アルカナ-
キャラ紹介-神葬-
キャラ紹介-その他-


最近の記事

最近のコメント

<>+-

最近のトラックバック

メールフォーム

管理人に何か言いたいことがあれば、ここからどうぞ♪

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード

QR

友達申請フォーム

FC2ブログランキング

FC2のブログランキングに参加中♪ 気に入っていただけたなら、一押しして下さい。

FC2ブログランキング

右サイドメニュー

義援金募集

FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして

検索フォーム

管理人から一言

お知らせ

管理人からのお知らせです。

PS4ゲーム『JUDGE EYES:死神の遺言』プレイ中。

『ガンダムW FT』コンテンツは不定期更新です。現在は11巻分までの感想と用語の更新を完了しました。

『ブラッディクロス』全12巻発売中! 用語集更新は全て無事終了致しました。

文庫・単行本(キャラクターノベル含む、ライトノベル含まず)の著者名別リストに移行しました。さすがに増え過ぎた(笑


今期の週間感想予定
日曜日:-
月曜日:-
火曜日:-
水曜日:-
木曜日:-
金曜日:-
土曜日:-
不定期:ピックアップ感想、ゲーム感想、模型関連など


場合によっては急遽順序等の変更もありますが、ご理解いただけますようよろしくお願いします。

管理人プロフィール

月詠

Author:月詠
埼玉県某所在住の34歳社会人。性別♂。名前は「つくよみ」と読む。

世知辛い世の中で嬉しいことも泣きたいこともサブカルチャーたちに救われています
詳細な自己紹介はこちら(2019版)。それ以前のものはこちら

コメント・TB、相互リンク受付中。下記の運営方針に詳細を記載しております。無条件に大歓迎と言うわけではありませんが、大部分の方は歓迎出来るかと思いますw

以下、ショートカット。
◇閲覧上の注意や規約など
Blogの運営方針・利用規約
他のBlog様と大差ない運営・利用規約ですが、初閲覧の方は簡単でも良いので読んで頂けるとありがたいです。閲覧、コメント等される方は利用規約を了承していると判断させていただきますので、「知りませんでした」は通用致しません。


◇アニメについて
アニメの評価について
歴代アニメ評価一覧
アニメアウォーズ! 受賞一覧


◇ゲームについて
ゲームの評価について
歴代ゲーム評価一覧


◇ブックス(本)について
小説の評価について
ブックレビュー一覧
   あ行の著者
   か行の著者
   さ行の著者
   た行の著者
   な行の著者
   は行の著者
   ま行の著者
   や行の著者
   ら行の著者
   わ行の著者
   複数の著者・その他
 文庫・単行本(キャラノベ含む、ラノベ含まず)は上気の著者名別になっています。

◇プラモデルについて
完成品一覧(グレード別)
完成品一覧(シリーズ別)
完成品一覧(トイ、フィギュア等)

◇その他リスト一覧はこちら
テレビ&シネマ
CD&DVD&BD
TYPE-MOON関連

ツリー式カテゴリー

openclose

アニプレッション!!

アニプレッション!!
アニプレッション!!とは

アニプレッション!!は、アニメブロガー達の合同ブログです。アニメについての問題意識・感想・考察・批評等の諸言説を発表し、アニメを語る事の面白さを伝える事が目標です。自分も末席に加えさせていただいております。
現在活動停止です

以下、アニプレッション!!メンバーのBlogです。

相互リンク(更新停止)

残念ながら一年以上の更新がない相互リンク先の方々です。サイト消滅の場合は消させていただきます。いずれまた復活し、交流が持てることを期待しています……