FC2ブログ

刹那的虹色世界

アニメ・ゲームのあらすじを主体とした感想や批評のブログ。時折、日記・声優・コミック・スポーツなど幅広くレビューしています。リンクフリー、相互リンク大歓迎♪

Entries

神様ドォルズ 総評

神様ドォルズ 総評

案山子と呼ばれる人の意思によって操るからくり人形と、案山子を操ることが出来る特別な立場・隻というものが存在する閉鎖された村から逃げるように東京の大学へ進学した枸雅匡平。同じキャンパス・同じ学部に通う史場日々乃に想いを寄せ、飲み会のノリで半ば強引に告白させられ、当然結果は言うまでもなく……。

しかし、そんなある日、村からやってきた匡平の妹・詩緒。そして事件を起こし座敷牢に幽閉されていたはずの幼馴染・枸雅阿幾だった。

捕獲し村に連れ帰りたい詩緒と逃走を続ける阿幾、村を出たはずなのにまたしても村のいざこざに巻き込まれる匡平と父親の出身地という以外は無関係の日々乃。次第にことは大きなうねりとなり――



そんな『神様ドォルズ』の私の評価ですが...

A-

です。(SS、S、A~Dの評価)


では、詳細は続きをどうぞ。

※あくまで評価は、私的主観によるものですのでご了承下さい。

神様ドォルズ 総評
放映日:2011年07月~2011年09月(全13話) 
私が視聴した放映局:テレビ東京

総評
※評価についてはこちらからどうぞ→評価について。


シナリオ構成 評価:C
終わり方からしても第二期在り気なところが否めない分だけ、この1クールだけ見たときのその完成度を問われると首をひねる。物語としては壮大で良いのかもしれないが、仮に第二期が制作されなければかなり中途半端な終わり方をしたことになる。

まぁ主人公とヒロインが結ばれたという結末が唯一の救いか。それでもせめて、詩緒がどうしてククリを動かせなくなったのかという理由くらいは判明させてほしかった。


演出 評価:A
主人公とライバルにおける微妙な関係と心情。葛藤と苦悩と絶望と、ほんのわずかな希望が巧く織り混ざっていて心理状態としては酷くリアルで、二面性を持つ主人公もどこか人ならだれもが抱きし“激情”の部分が表現されていると考えると、フィクションの作品なのにとても人間臭さを感じられる良い部分。

それとは対照的にヒロインたちの性格は理想的というかフィクション的なので非常にバランスが取れていて、主人公やライバル、一部のキャラが人間臭い半面こうしたキャラが人間離れしているため、観やすい仕上がりだったと思う。


作画 評価:B
標準画質、だったと思う。

勘違いしないで欲しいのは「標準=良くない」ということではない、ということ。近年、日を追うごとに週一アニメの単純な作画のクオリティは高くなっているため、この年代のアニメの標準は正直レベルがかなり高い。でも、ほかにアニメも似たようなクオリティのため、相対評価をすれば標準ということになる、というだけ。

評価が伸び悩んだのは単純な画質以上の付加価値をあまり感じられなかったからか。案山子のバトルは多かったものの、“都会”というバトルフィールドの制約上、ド派手に動けなかったのが痛かったかなぁ、と思う。バトルフィールドが制約されるなら、それを利用するような演出があればまた違っただろうが…。


CAST 評価:A
某禁書的に行けばむしろ阿幾役が主人公を務めた岡本さんっぽくも感じるが(笑)、ただ二面性を持つ匡平の激情の部分を見事に表現されていたと思う。ノドを潰していないかどうか、それだけが心配です(汗

さり気なく叫びや混沌とした心情の吐露などがあるので、熱演が多かったと思ってる。


OP/ED/BGM 評価:S
楽曲レベルは今期間違いなくトップレベル。こんなことは今更言うまでもないのだが。OP・EDは楽曲はもちろんのこと、演出についても工夫があってクオリティの高さを感じられた。


総合 評価:A-
内訳:S評価(5点)×1+A評価(4点)×2+B評価(3点)×1+C評価(2点)×1=A-(3.6点)
個人的にとても楽しめたせいか、やや甘い評価かもしれない。人によってはもっと辛辣な評価になっていてもおかしくない。

当初から変則2クールなのか、DVD・BDの売上次第ではすぐに第二期を立ち上げられる体制なのかは知らないが、終わり方が如何にも第二期在り気な感じなのが、評価の分かれるところだろう。私個人で言わせてもらえば、あまり好みではない終わり方。第二期を明言しているのならまだしも、そうではないのだから、仮に第二期がつくられずこのまま終わった場合、アニメ版『神様ドォルズ』という作品はかなり中途半端なものでしかなくなるだろう。

原作を持つアニメの場合、原作が長編だとこのようなことが起こる。アニメ化が決まったは良いが、全部ないし区切りの良い部分までアニメ化するには尺が長すぎてとりあえずアニメ化したけど終わったのは中途半端なところ。あるいはアニメオリジナルの展望にしたら原作との整合性が合わなくなり、原作ファンから総バッシング……みたいな。

この作品が後者でなかった点は、まぁ良かったかなと思う。

第二期に含みがある作品はこれだから評価が難しい。仮に変則2クールで第二期があったとしたら、この評価(特にシナリオ構成)は考え直さないといけないだろうし。

ただ、あくまでこの1クール全13話で見たときに、見どころが多いのだけどまとめ方だけ失敗した印象。シナリオ構成の考察でも書いたが、主人公とヒロインが結ばれたことだけが唯一の区切りと言える。


……というか、話的には絶対にここから先が面白くなるよね(爆


そう思わずにはいられないw








おまけ
ベストキャラTOP3
1位 史場日々乃
一般的には詩緒の方に人気があるようですが、個人的には日々乃の方が好きですね。最近のメインヒロインにはなかなかない、心身ともに(笑)母性全開なところにやはり男としては惹かれます。


2位 枸雅匡平
人が持つ二面性を如実に示した主人公。人なら誰もがあるだろう激情の部分と理性の部分のメリハリが良く利いた良いキャラだと思う。


3位 枸雅阿幾
もうちょっと匡平大好き人間だといろいろな意味で面白かったかな、と思う。でも、こうして執着してくれる幼馴染キャラというのも最近は少ないので良い感じだったと思います。

Comment

 

今頃コメントしてすいません、自分的にはたとえ中途半端でもしっかりと原作を書いているからよかったですね、もうひとつの神様は改変して失敗しましたからでもあまり期待しないで見ていたので、だんだんと引き込まれていったので
夏シーズンのなかでは自分なかでは一番でしたね
キャラも魅力的で日々乃さんの魅力ある体には目がいってしまいもっと胸がゆれたりきわどい服を着てほしいと馬鹿な考えをしてしましたあと阿畿もよかったです最初はすごく危ない奴だと思ったのでだんだんとどんな人物かわかったので心の闇といまでもあがき続ける決意は心に響きますね阿畿役の木村良平さんの演技もすごく自然でちゃんと役にあっていてよかったです、男性声優のなかでは一番好きのでもっといろんな作品に出てほしいですね
二期は原作ストックが貯まったらだと思いますが絶対やってくれると信じて待っています長文すいません
  • posted by ゼロ 
  • URL 
  • 2011.10/03 00:45分 
  • [Edit]
  • [Res]

>ゼロさん 

こんにちは。

原作既読の方にとっては原作通りやってくれた、というのはポイントが高いのでしょうね。今回『神様ドォルズ』に関しては、私は原作を知らないのでこういうスタンスですが、もし知っていればゼロさんと同じ感想だったかもしれません。

原作を知らない視点から言わせてもらえば、アニメはアニメなわけでいったんどういう形であれ作品を区切って放映を終わらせる以上、そこは作品として在る程度完結させて欲しい。未完のまま「俺たちの戦いはこれからだ!」みたいな、漫画の打ち切りみたいな終わり方に対して「良かった」ということは、残念ながら出来ませんでしたね。

原作を知っている方ならそこから先の展開を知っているから納得も出来るかもしれませんが、原作を知らないとその先の展開を知らないから納得は出来ない。「なら原作を読め」ということになるし、アニメ化した理由の一因に原作への取り込み・囲い込みがあるのでしょうが、逆にこういう打ち切り的な終わり方をされると手を出しにくいんですよね。まぁ、これは個人的な感性かもしれませんが。

実は内々に最初から2クールで放映されることは決まっていて、分割して変則2クールにしただけ、という展開を期待します。
  • posted by 月詠 
  • URL 
  • 2011.10/03 13:48分 
  • [Edit]
  • [Res]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

Trackback

トラックバック URL
»»この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

神様ドォルズ/ブログのエントリ

神様ドォルズに関するブログのエントリページです。
  • from anilog 
  • at 2011.10.04 00:07

左サイドMenu

カウンター

祝2,000,000Hit達成♪ とうとう大台突破。これも皆様のおかげでございます(o ̄∀ ̄)ノ

カレンダー(月別)

03 ≪│2021/04│≫ 05
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

ガンダムシリーズ

◆新機動戦記ガンダムW◆

新機動戦記ガンダムW BD-BOX1

OVA・続編含め『新機動戦記ガンダムW』全般を応援してます♪
ガンダムW関連 まとめページ
感想、用語、企画など全ページへのリンクがあります。ご利用ください

2016/05/04 12巻分の用語一部更新しました

《用語》
用語集
ア行
カ行
サ行
タ行
ナ行
ハ行
マ行、ヤ行
ラ行、ワ行
英字行
登録キャラクター名一覧
キャラクター詳細
ア行
カ行
サ行
タ行
ナ行
ハ行
マ行、ヤ行
ラ行、ワ行、英字行

メカニック図鑑
メカニック用語詳細
年表

《企画》
年代考察
勢力図まとめ
AC暦におけるMS史(コラム)

◆Gジェネクロスレイズ◆

GCR119.jpg

まとめページ

◆ガンダムモビルスーツバイブル◆

GMB001_20190322210057cc3.jpg

まとめページ

◆機動戦士ガンダム00◆

GUNDAM OOQ
用語集などは特にありませんが、劇場版の感想は全十回というボリュームでコラム風に書かせていただきました。よろしければどうぞ。
ガンダム00関連 まとめページ

◆鉄血のオルフェンズ◆

81TuctHvlZL__CR88,0,1536,1536_
各回の感想のまとめだけ。
鉄血のオルフェンズ まとめページ

米山シヲ 応援エリア

◆梅衣堂ひよと旦那様の野望◆

1-2-2

『梅衣堂ひよと旦那様の野望』待望第1巻発売中

月刊少年ガンガンで現在連載中『梅衣堂ひよと旦那様の野望』を応援中。『ブラクロ』と同じように独自用語集も製作中!

公式特設ページ

独自用語集
第1巻

◆ブラッディ・クロス◆

ブラクロサムネ

月刊少年ガンガンで完結した『ブラッディ・クロス』をプッシュしています♪ 独自用語集あります! 

公式特設ページ

独自用語集
キャラ紹介-混血勢力-
キャラ紹介-天使勢力-
キャラ紹介-堕天使勢力-
キャラ紹介-アルカナ-
キャラ紹介-神葬-
キャラ紹介-その他-


最近の記事

最近のコメント

<>+-

最近のトラックバック

メールフォーム

管理人に何か言いたいことがあれば、ここからどうぞ♪

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード

QR

友達申請フォーム

FC2ブログランキング

FC2のブログランキングに参加中♪ 気に入っていただけたなら、一押しして下さい。

FC2ブログランキング

右サイドメニュー

義援金募集

FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして

検索フォーム

管理人から一言

お知らせ

管理人からのお知らせです。

PS4ゲーム『JUDGE EYES:死神の遺言』プレイ中。

『ガンダムW FT』コンテンツは不定期更新です。現在は11巻分までの感想と用語の更新を完了しました。

『ブラッディクロス』全12巻発売中! 用語集更新は全て無事終了致しました。

文庫・単行本(キャラクターノベル含む、ライトノベル含まず)の著者名別リストに移行しました。さすがに増え過ぎた(笑


今期の週間感想予定
日曜日:-
月曜日:-
火曜日:-
水曜日:-
木曜日:-
金曜日:-
土曜日:-
不定期:ピックアップ感想、ゲーム感想、模型関連など


場合によっては急遽順序等の変更もありますが、ご理解いただけますようよろしくお願いします。

管理人プロフィール

月詠

Author:月詠
埼玉県某所在住の34歳社会人。性別♂。名前は「つくよみ」と読む。

世知辛い世の中で嬉しいことも泣きたいこともサブカルチャーたちに救われています
詳細な自己紹介はこちら(2019版)。それ以前のものはこちら

コメント・TB、相互リンク受付中。下記の運営方針に詳細を記載しております。無条件に大歓迎と言うわけではありませんが、大部分の方は歓迎出来るかと思いますw

以下、ショートカット。
◇閲覧上の注意や規約など
Blogの運営方針・利用規約
他のBlog様と大差ない運営・利用規約ですが、初閲覧の方は簡単でも良いので読んで頂けるとありがたいです。閲覧、コメント等される方は利用規約を了承していると判断させていただきますので、「知りませんでした」は通用致しません。


◇アニメについて
アニメの評価について
歴代アニメ評価一覧
アニメアウォーズ! 受賞一覧


◇ゲームについて
ゲームの評価について
歴代ゲーム評価一覧


◇ブックス(本)について
小説の評価について
ブックレビュー一覧
   あ行の著者
   か行の著者
   さ行の著者
   た行の著者
   な行の著者
   は行の著者
   ま行の著者
   や行の著者
   ら行の著者
   わ行の著者
   複数の著者・その他
 文庫・単行本(キャラノベ含む、ラノベ含まず)は上気の著者名別になっています。

◇プラモデルについて
完成品一覧(グレード別)
完成品一覧(シリーズ別)
完成品一覧(トイ、フィギュア等)

◇その他リスト一覧はこちら
テレビ&シネマ
CD&DVD&BD
TYPE-MOON関連

ツリー式カテゴリー

openclose

アニプレッション!!

アニプレッション!!
アニプレッション!!とは

アニプレッション!!は、アニメブロガー達の合同ブログです。アニメについての問題意識・感想・考察・批評等の諸言説を発表し、アニメを語る事の面白さを伝える事が目標です。自分も末席に加えさせていただいております。
現在活動停止です

以下、アニプレッション!!メンバーのBlogです。

相互リンク(更新停止)

残念ながら一年以上の更新がない相互リンク先の方々です。サイト消滅の場合は消させていただきます。いずれまた復活し、交流が持てることを期待しています……