FC2ブログ

刹那的虹色世界

アニメ・ゲームのあらすじを主体とした感想や批評のブログ。時折、日記・声優・コミック・スポーツなど幅広くレビューしています。リンクフリー、相互リンク大歓迎♪

Entries

戦う司書 The Book of Bantorra 総評

戦う司書 The Book of Bantorra 総評

人は死んだら石本になり、その本に触れることでその人の生きた歴史を“読む”ことが出来る世界。その世界には、石本を収集し図書館に収め管理する組織『バントーラ図書館』と、本を管理するために武力を持った『武装司書』と呼ばれる者たちがおり、そんな『武装司書』は「本は図書館ではなく天国に収められるべきだ」と主張する『神溺教団』と対立していた。

事実上、バントーラ図書館と武装司書を統べる図書館館長代行ハミュッツ・メセタ。彼女は右腕的存在マットアラスト・バロリーら他の武装司書とともに神溺教団の船を強襲する計画を立てる。そこには、神溺教団が人間から意思と記憶を奪われ、ただの人間爆弾に仕立てられた“肉”と呼ばれる家畜同然の人間たちがいて――



そんな『戦う司書 The Book of Bantorra』の私の評価ですが...

A

です。(SS、S、A~Dの評価)


では、詳細は続きをどうぞ。


※あくまで評価は、私的主観によるものですのでご了承下さい。

戦う司書 The Book of Bantorra 総評
放映日:2009年10月~2010年04月(全27話)/2011年08月08日~08月22日(再放送/全27話) 
私が視聴した放映局:TOKYO MX

総評
※評価についてはこちらからどうぞ→評価について。


シナリオ構成 評価:S
因果応報、原因と結果、そうしたものが非常にうまく折り重なっている物語だと言える。一人ひとりのキャラクター(武装司書ら)が備える戦う理由や理想というものを、深く掘り下げ、小編ごとにそこにスポットライトを当てて描写しながら、最終的に全部の因果が一つの形に収束した形は見事と言えるのかもしれない。

特にキャラクターとは別に持つ“組織”というものの持つ善悪な部分を描いた部分にとても強い印象を覚えた。武装集団と神溺集団の関係性、その裏での繋がりや本当の目的などは実に興味深い設定だった。


演出 評価:A
超能力バトル要素がある作品としては、相性や特性を最大限に活かす戦略などの要素が、ミレポック編など一部を除いてそれらの要素があまり活かされなかったのは残念な部分かもしれない。

ただ、それらを抜きにしてもキャラクター一人ひとりの演出はとてもよかった。特に、青臭さが全開のヴォルケンやノロティというキャラクターは、ウザさが目立ってしまうが丁寧な演出によってその青臭さが逆に魅力として引き立ち、物語としても重要な役割を担っていた。


作画 評価:B
2010年の頃の作画としては標準的か。ただ、とても良く動くなぁ、と感心した。


CAST 評価:A
ベテラン勢で固められた布陣は確かなキャスト。間違いなくこの作品のクオリティを上げる布陣であった。


OP/ED/BGM 評価:A
全体的に質の高い楽曲がそろっていたのが印象的。特にALI PROの『堕天國宣戦』はCMなどで使われていることもあって非常に耳に残る良い曲だった。個人的には二つのED曲も好き。


総合 評価:A
内訳:S評価(5点)×1+A評価(4点)×3+B評価(3点)×1=A(4.0点)
非常に重厚なストーリーとシリアスな展開が特徴の作品。

登場キャラクターの半数以上が最終的に死亡してしまうという展開に、「お気に入りのキャラがー!」と嘆く人も多いような気もするが(笑)、だからこそ引き立つ物語ではなかっただろうか。

さらに設定の奥深さと腹黒さが何とも言えないw 正義の集団と悪の集団が実は同一のモノであり、組織というものが持つ二面性は現代社会の会社などの組織にも通じる部分があるような気がしてくる。組織とは、たとえ世界を守るような組織であったとしても、その裏では決して綺麗ごとだけではない点、それどころかその組織自体に大きな私欲がある点などが如実に描かれていたのが印象深い。

重厚なストーリーを楽しみたい方にはぜひ、一度目を通してほしい作品である。





おまけ
ベストキャラTOP3
1位 ノロティ・マルチェ
不殺を貫く少女。本当に甘ちゃんで、でもそれも貫き通せば清々しささえ感じられる。ヴォルケンにも似たようなことが言えるが、この作品は重厚でシリアスなストーリーの反面、こうしたキャラクターがいるからこそ互いに引き立ちあうような気がしている。


2位 ハミュッツ・メセタ
いろいろな面を持つ女性。そんな言葉が良く似合う。その裏にある女性らしさや、本当の願いを知れば知るほど深みのあるキャラクターだと実感する。


3位 コリオ・トニス
やっぱりなんだかんだでコリオ編が一番面白かった。ハミュッツさえ危うかったシガルに勝った“強さ”はハミュッツでなくとも関心するだろう。あのハミュッツが「コリオ・トニスに殺されるのが理想」と一時期口にしていた理由も解るというものだ。

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

Trackback

トラックバック URL
»»この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

戦う司書 The Book of Bantorra/ブログのエントリ

戦う司書 The Book of Bantorraに関するブログのエントリページです。
  • from anilog 
  • at 2011.08.23 23:42

左サイドMenu

カウンター

祝2,000,000Hit達成♪ とうとう大台突破。これも皆様のおかげでございます(o ̄∀ ̄)ノ

カレンダー(月別)

07 ≪│2019/08│≫ 09
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

ガンダムシリーズ

◆新機動戦記ガンダムW◆

新機動戦記ガンダムW BD-BOX1

OVA・続編含め『新機動戦記ガンダムW』全般を応援してます♪
ガンダムW関連 まとめページ
感想、用語、企画など全ページへのリンクがあります。ご利用ください

2016/05/04 12巻分の用語一部更新しました

《用語》
用語集
ア行
カ行
サ行
タ行
ナ行
ハ行
マ行、ヤ行
ラ行、ワ行
英字行
登録キャラクター名一覧
キャラクター詳細
ア行
カ行
サ行
タ行
ナ行
ハ行
マ行、ヤ行
ラ行、ワ行、英字行

メカニック図鑑
メカニック用語詳細
年表

《企画》
年代考察
勢力図まとめ
AC暦におけるMS史(コラム)

◆ガンダムモビルスーツバイブル◆

GMB001_20190322210057cc3.jpg

まとめページ

◆機動戦士ガンダム00◆

GUNDAM OOQ
用語集などは特にありませんが、劇場版の感想は全十回というボリュームでコラム風に書かせていただきました。よろしければどうぞ。
ガンダム00関連 まとめページ

◆鉄血のオルフェンズ◆

81TuctHvlZL__CR88,0,1536,1536_
各回の感想のまとめだけ。
鉄血のオルフェンズ まとめページ

米山シヲ 応援エリア

◆梅衣堂ひよと旦那様の野望◆

1-2-2

『梅衣堂ひよと旦那様の野望』待望第1巻発売中

月刊少年ガンガンで現在連載中『梅衣堂ひよと旦那様の野望』を応援中。『ブラクロ』と同じように独自用語集も製作中!

公式特設ページ

独自用語集
第1巻

◆ブラッディ・クロス◆

ブラクロサムネ

月刊少年ガンガンで完結した『ブラッディ・クロス』をプッシュしています♪ 独自用語集あります! 

公式特設ページ

独自用語集
キャラ紹介-混血勢力-
キャラ紹介-天使勢力-
キャラ紹介-堕天使勢力-
キャラ紹介-アルカナ-
キャラ紹介-神葬-
キャラ紹介-その他-


最近の記事

最近のコメント

<>+-

最近のトラックバック

メールフォーム

管理人に何か言いたいことがあれば、ここからどうぞ♪

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード

QR

友達申請フォーム

FC2ブログランキング

FC2のブログランキングに参加中♪ 気に入っていただけたなら、一押しして下さい。

FC2ブログランキング

右サイドメニュー

義援金募集

FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして

検索フォーム

管理人から一言

お知らせ

管理人からのお知らせです。

PS4ゲーム『JUDGE EYES:死神の遺言』プレイ中。

『ガンダムW FT』コンテンツは不定期更新です。現在は11巻分までの感想と用語の更新を完了しました。

『ブラッディクロス』全12巻発売中! 用語集更新は全て無事終了致しました。

文庫・単行本(キャラクターノベル含む、ライトノベル含まず)の著者名別リストに移行しました。さすがに増え過ぎた(笑


今期の週間感想予定
日曜日:-
月曜日:-
火曜日:-
水曜日:-
木曜日:-
金曜日:-
土曜日:-
不定期:ピックアップ感想、ゲーム感想、模型関連など


場合によっては急遽順序等の変更もありますが、ご理解いただけますようよろしくお願いします。

管理人プロフィール

月詠

Author:月詠
埼玉県某所在住の34歳社会人。性別♂。名前は「つくよみ」と読む。

世知辛い世の中で嬉しいことも泣きたいこともサブカルチャーたちに救われています
詳細な自己紹介はこちら(2019版)。それ以前のものはこちら

コメント・TB、相互リンク受付中。下記の運営方針に詳細を記載しております。無条件に大歓迎と言うわけではありませんが、大部分の方は歓迎出来るかと思いますw

以下、ショートカット。
◇閲覧上の注意や規約など
Blogの運営方針・利用規約
他のBlog様と大差ない運営・利用規約ですが、初閲覧の方は簡単でも良いので読んで頂けるとありがたいです。閲覧、コメント等される方は利用規約を了承していると判断させていただきますので、「知りませんでした」は通用致しません。


◇アニメについて
アニメの評価について
歴代アニメ評価一覧
アニメアウォーズ! 受賞一覧


◇ゲームについて
ゲームの評価について
歴代ゲーム評価一覧


◇ブックス(本)について
小説の評価について
ブックレビュー一覧
   あ行の著者
   か行の著者
   さ行の著者
   た行の著者
   な行の著者
   は行の著者
   ま行の著者
   や行の著者
   ら行の著者
   わ行の著者
   複数の著者・その他
 文庫・単行本(キャラノベ含む、ラノベ含まず)は上気の著者名別になっています。

◇プラモデルについて
完成品一覧(グレード別)
完成品一覧(シリーズ別)
完成品一覧(トイ、フィギュア等)

◇その他リスト一覧はこちら
テレビ&シネマ
CD&DVD&BD
TYPE-MOON関連

ツリー式カテゴリー

openclose

アニプレッション!!

アニプレッション!!
アニプレッション!!とは

アニプレッション!!は、アニメブロガー達の合同ブログです。アニメについての問題意識・感想・考察・批評等の諸言説を発表し、アニメを語る事の面白さを伝える事が目標です。自分も末席に加えさせていただいております。
現在活動停止です

以下、アニプレッション!!メンバーのBlogです。

相互リンク(更新停止)

残念ながら一年以上の更新がない相互リンク先の方々です。サイト消滅の場合は消させていただきます。いずれまた復活し、交流が持てることを期待しています……