FC2ブログ

刹那的虹色世界

アニメ・ゲームのあらすじを主体とした感想や批評のブログ。時折、日記・声優・コミック・スポーツなど幅広くレビューしています。リンクフリー、相互リンク大歓迎♪

Entries

神様のメモ帳 2話

神様のメモ帳 2話
『君と旅行鞄』


≪あらすじ≫
NEET探偵アリスの下を訪れてきたのは、メオという女の子。彼女は金庫にあった鞄を託し「いつも天国の母さんがついているから」と言葉を残したまま行方不明となった父親の捜索を依頼してきた。

アリスは、メオから話を聞くと「父親にこちらから連絡しないこと」を条件に捜索依頼を引き受けると宣言。「せめて自分が無事であると言うことだけでも伝えたい」と願うメオは一度は依頼を取り下げるものの、鳴海の仲介もあって依頼をすることに。

メオが託された鞄の中身は二億円。真っ当な手段で得られたお金ではないことは明白。調べを進める内に、メオの父親・草壁昌也は大坂の岸和田会というヤクザに組していた時期があり、その際にマネーロンダリングをさせられ三億円を持って逃走したと言う。

差額の一億円、こちらからの連絡を禁止していることなどから、状況は悪化。さらに、メオがこちらから父親の携帯電話に連絡してしまったことで居場所が割れてしまい――



≪感想≫
◆主人公・鳴海の矛盾は仕様なのか、それともアニメ化の弊害か
こう言う時に原作を知らない作品だと、この辺りの補完が出来ないので辛口の批評になってしまう。原作ファンの方には申し訳ないが、これがアニメ版を視聴した一原作未読者の率直な感想だと思ってもらいたい。


今回の鳴海は前回にも増して矛盾の幅が大きい。前回(人付き合いを避ける印象なのに、あっさり助手に収まっている点など)は目を瞑ったものの、今回特に鳴海の心理描写が薄過ぎるせいで彼の心の動きと変化がまるでアニメでは伝わってこないのだ。四代目の前でわざわざ啖呵を切って見せたにも関わらず、彼はメオの前で彼女との約束を踏みにじるような発言をした。

もちろんこの間には、メオの父親である草壁昌也のことが断片的にいろいろと解ってきた過程で草壁昌也に対する心象が悪化しているという原因があるのだが、それにしたって主人公の言動に一貫性がないのは正直見ていて不愉快というか気持ちが悪い感じがする。

推測することは出来る。

鳴海は父親が年に数回しか帰宅せず、母親は他界し、姉は家事こそしてくれるが冷え切っていて暖かみのある関係性とは言い難い。そうした境遇だからこそ父親を探し求めるメオに同情し、四代目の前で啖呵を切ってまでメオと父親を会わせようとした。しかし、メオの父親がもしかしたら不正を働いて逃げたかもしれない、と解るとそんな父親とメオを会わせることが本当に正しいのかどうか、彼自身良く分からなくなってしまったのだろう。

だから少佐の辛辣な分析には反論をしながらも、メオを前に彼女を傷つけるようなことを口にした。


ただ、それにしたって何らフォローのない状況ではこうした推測は、あくまで作品を肯定的に見た時のものに過ぎないのも事実。否定的な側面から言わせてもらえば、特に今回、場面が変わることに鳴海の見せる“顔”の変化は、もう百面相のようにコロコロ変わり続けていて、まるで一貫性が感じられないということになる。


これで原作は果たしてどんな感じなのだろうか、と思う。三人称で描かれる物語は、いわゆる「神の視点」で描かれる作品で全ての登場人物を客観的に描くため心理描写には踏み込むことがあまりない。この手のサスペンスやミステリーは三人称で描かれるのが一般的だと言われるので、もしかしたらこうした形で原作は描かれているため、鳴海の心理描写が極端に少なく感じるのかもしれない。

しかし、1話で鳴海は延々と自分の心理を心の中で口にしていた描写があるので、私の中でそういう三人称で描かれている作品という認識が薄れてしまったのかもしれない(三人称の作品でも部分的に一人称を取り入れている作品も多々あるし)。あるいは、そうではなくて原作ではちゃんと鳴海の心の動きや変化も描かれているが、アニメ化する際にカットされてしまったのかもしれない

考えたくはないが、もし原作が一人称(鳴海視点)でこの心理描写が原作と大差ないのだとすれば、正直……と思ってしまうし、かなり辛口の評価を付けざるを得ないがw

この辺りは原作を知らないとどうにも出来ないので、結論は出せない部分だが、もし後者であるのならば勿体ないな、という印象。


アニメを見ていると、どうしてもキャラクターの心理描写や心の動きが気になってしまう。これは私がそうしたキャラクターの心理描写という部分に、アニメの評価の重点を置いているせいでもあると思う。
また、アニメでは基本的に主要キャラクターたちの心の動きや声というものが比較的掴みやすいというのもある。これはアニメでは、小説のような文章のみの媒体に比べて「心の声」を多く入れても、さしてウザく見えないからだろう。逆に文章媒体で「心の声」が多用されるのは、一人のキャラクターの視点から描かれる一人称系の作品以外では難しい。


どちらにせよ、メオ編(?)はまだ始まったばかり。次回完結か、3話構成なのか、もっと続くのかは解らないが、この部分だけで全てを決めるのは時期尚早と言わざるを得ない(ので、私も結論を出し評価を下すのは次週以降にしないといけない、と思ってる)。もしかしたら、完結編の際にどうして四代目の前で啖呵を切りながらメオにあんなことを言ってしまったのか、鳴海の独白があるのかもしれないし、別の形でこの辺りのフォローが入るかもしれない(同じく家族離散した彩夏が鳴海の発言を耳にして跳び出した経緯もあるし)。

個人的に言えばあまり良い形での次回への期待感の引き延ばし方ではないが、それでも次週に期待。



≪TB先 参照リンク(URLアルファベット順)≫
赤字はTBが現在弾かれてしまっているBlog様です。
現在、nifty系、so-net系はほぼ全滅。livedoorは調子がいいと送れます。

・http://ameblo.jp/brook0316/entry-10953125137.html
(http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201107160001/)
・http://ameblo.jp/gintoki-sakata-vol2/entry-1095
5414975.html
・http://animegm.blog.fc2.com/blog-entry-295.html
・http://animedouganews.blog44.fc2.com/blog-entry-2019.html
・http://animehigurasi.blog92.fc2.com/blog-entry-333.html
・http://animetureduregusa.blog65.fc2.com/blog-entry-1070.html
・http://blog.crosschannel.jp/Entry/2791/
・http://blog.goo.ne.jp/nijigen-complex/e/cc3d35e9b637258a
48a66666b6a72c38
・http://blog.livedoor.jp/katsux2/archives/51751543.html
・http://blog.livedoor.jp/rin20064/archives/52198565.html
・http://blog.livedoor.jp/s_396n/archives/51764641.html
・http://blog.livedoor.jp/sumi4460/archives/66489967.html
・http://blog.livedoor.jp/t_cherry398/archives/51612043.html
・http://blog.livedoor.jp/voler/archives/52854179.html
・http://blogs.yahoo.co.jp/geallza/63000706.html
・http://blogs.yahoo.co.jp/tebuku/29073015.html
・http://bluebluesilvermoon.blog38.fc2.com/blog-entry-3552.html
・http://cristal1102.blog84.fc2.com/blog-entry-1253.html
・http://fovsaikou.blog129.fc2.com/blog-entry-1149.html
・http://hakuheisen914.blog6.fc2.com/blog-entry-2059.html
・http://haruhiism.blogism.jp/archives/52159477.html
・http://hienkyaku.blog50.fc2.com/blog-entry-2067.html
・http://hyumablog.blog70.fc2.com/blog-entry-2410.html
・http://infinite3cosmos.blog66.fc2.com/blog-entry-731.html
・http://kakioki60.blog129.fc2.com/blog-entry-836.html
・http://kakureotanchi01.blog20.fc2.com/blog-entry-506.html
・http://kaz.anime-life.com/Entry/623/
・http://kenkenmk2.blog94.fc2.com/blog-entry-896.html
・http://kouyanoblog.blog61.fc2.com/blog-entry-3941.html
・http://maguni.com/index.php/view/1420
・http://merkmals.blog31.fc2.com/blog-entry-1759.html
・http://mikihara.blog70.fc2.com/blog-entry-2674.html
・http://nextsociety.blog102.fc2.com/blog-entry-1524.html
・http://oozoraxx.blog134.fc2.com/blog-entry-617.html
・http://rollingstar77.blog103.fc2.com/blog-entry-526.html
・http://sagaturedure.blog31.fc2.com/blog-entry-4924.html
・http://seraraku2.blog59.fc2.com/blog-entry-5868.html
・http://shino134.blog22.fc2.com/blog-entry-1659.html
・http://shinsakuranikki.blog90.fc2.com/blog-entry-4253.html
・http://shirousausa.blog106.fc2.com/blog-entry-396.html
・http://sigerublog.blog137.fc2.com/blog-entry-366.html
・http://strawcat.blog12.fc2.com/blog-entry-3128.html
・http://spadea.jugem.jp/?eid=11554
・http://wendykai.blog60.fc2.com/blog-entry-1492.html
・http://yusyu.blog34.fc2.com/blog-entry-939.html

もしよろしければ、拍手ボタンをポチッと押して下さいm(_ _)m 管理人のモチベーションが上がります(ぉ 
Web拍手に頂いたコメントは後日『雑記』にてお返事させていただきます。

Comment

 

夜分遅くに失礼します、ネコ祭りです。
原作はナルミの完全一人称形式ですぜ。
なのにナルミが何を考えてるのかよくわからないのは、原作読者の私もでした。
考えられる理由としては、小説一冊分の事件をどうやら来週までの2話分だけでやるらしいため、話そのものがだいぶ簡略化&アニメ用に多少の改変されたから、
そしてなにより…これ、原作二巻の事件なんだぜ?何を言ってるのかわから(ry
一巻の事件後回しにしたらナルミが探偵助手やる理由無いし、そもそも人の問題に口を出すようなメンタリティにならないだろうに。一話でドットがどうこう言ってたのに一貫性無さすぎるだろう…。
でもこんなこと思うのは私が原作厨だからで、そんなの関係無い視聴者には問題なく観れたのかな、とも考えましたがそんなこと無かったようですね…。

とりあえず雰囲気は良いし、彩夏がかわいいのでまだ戦えます。サッカーの応援と原作の布教の使命に戻らねば…。
  • posted by ネコ祭り 
  • URL 
  • 2011.07/18 03:39分 
  • [Edit]
  • [Res]

>ネコ祭りさん 

こんにちは。

>原作はナルミの完全一人称形式ですぜ。
そうですか。原作ではもっと鳴海の気持ちがちゃんと描かれているということですかね。

>小説一冊分の事件をどうやら来週までの2話分だけでやるらしいため
>一巻の事件後回しにしたらナルミが探偵助手やる理由無いし
アニメ版一話が実はアニメオリジナルである、という噂は耳にしていましたし、どうやらここは第二巻の話のようですね。

記事にも書きましたが現段階での評価は難しいです。わざわざ原作とは順番を入れ替えて来ると言う手法を取っている以上、そこに構成上のメリットがあると製作者が判断しているはずですから。

まぁ、少なくとも現段階ではまるでメリットの欠片も見当たらないわけですが(ノ∀`*)アイター

>そんなの関係無い視聴者には問題なく観れたのかな、とも考えましたがそんなこと無かったようですね
ええ、まぁ個人差はあるでしょうが、さすがに今回の鳴海の言動はその事実があるだけで彼の内面部分からの補足やフォローがまるでないので、一貫性の無さや矛盾を多かれ少なかれほとんどの視聴者は感じたのではないでしょうか?

>彩夏がかわいいのでまだ戦えます。
そうですね。彩夏可愛いし、彩夏とアリスは毎回サービスカットあるし(マテ
  • posted by 月詠 
  • URL 
  • 2011.07/18 15:55分 
  • [Edit]
  • [Res]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

Trackback

トラックバック URL
»»この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

神様のメモ帳 #2

【君と旅行鞄】 神様のメモ帳 Ⅰ 【初回生産限定版】 [Blu-ray]出演:小倉唯ワーナー・ホーム・ビデオ(2011-09-28)販売元:Amazon.co.jpクチコミを見る 僕はアリスの助手ですから! 

『神様のメモ帳』 第2話 感想

アリスの気遣いを無に帰す行為をしてしまった鳴海。 何故彼はこのような行為を取ってしまったのか…。

神様のメモ帳 第2話 「君と旅行鞄」 感想

NEET探偵事務所に依頼に来たタイ人の少女、メオ。 消息を絶っている父親を探して欲しいという依頼で、父親に持たされた 鞄の中には二億円が入っていた。 平坂組の力を借り、父親の捜索を開始するが、...

神様のメモ帳 第2話「君と旅行鞄」

あらすじ・・・NEET探偵事務所に依頼に来たタイ人の少女、メオ。消息を絶っている父親を探して欲しいという依頼で、父親に持たされた鞄の中には二億円が入っていた。平坂組の力を借 ...

神様のメモ帳 第2話「君と旅行鞄」 感想

アリスの喋り方がツボです。 今回からは普通に30分なんですね。大体2話構成でやっていく感じですか。 だから今回の物語の本質は来週に見えてくると思うんですけど 取り合えず家族、って事だけは分かりました。 藤島くんは家族とはそこまで縁強くないようだし、こ...

神様のメモ帳 第2話 『君と旅行鞄』

アニメ 神様のメモ帳 第2話 『君と旅行鞄』 【 2億円と家族 ~Money・Meo・Masaya~ 】 〔本編の主題〕 金の切れ目が縁の切れ目。 〔本編の内容〕 悪く言えば、人間と人間の関係は金銭上の利害損得に...

神様のメモ帳 Page.2「君と旅行鞄」 感想!

平坂組が好きすぎるw

神様のメモ帳   ~ 第2話 君と旅行鞄

神様のメモ帳  ~ 第2話 君と旅行鞄 普通の高校生である主人公・藤島鳴海と、雇い主である探偵アリス、探偵をサポートするニートたちが活躍するミステリ小説シリーズである。ライトノベルとしては非常に...

神様のメモ帳 2話

情報が人を殺す。情報が人を救う。 というわけで、 「神様のメモ帳」2話 鰯の頭も信心からの巻。 助けたいと思うなら、なぜ残酷な言葉を投げかけた? 彼女のことを想うなら、優しい言葉の一つでも...

神様のメモ帳 第02話 感想

 神様のメモ帳  第02話 『君と旅行鞄』 感想    次のページへ

「神様のメモ帳」第2話

知ることは、死ぬこと・・・ 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201107160001/ 神様のメモ帳 Ⅰ 【初回生産限定版】 [Blu-ray] posted with amazlet at 11.07.14 ワーナー・ホーム・ビデオ (2011-09-28...

神様のメモ帳 Page.2 君と旅行鞄

 ブラクラに引っかかっている平坂組の人たちがなんかかわいいです。

神様のメモ帳第2話感想

記事はこちら(TBもこちらへ)元記事はhttp://sigerublog.txt-nifty.com/utakata/2011/07/post-8097.html

神様のメモ帳 第2話 「君と旅行鞄」 感想

家族という名の見えない絆 神様のメモ帳 第2話感想です。

神様のメモ帳第2話 君と旅行鞄

いいかよく聞け、金庫に鞄がある。 それをもって逃げろ。 俺にはもう電話してくるな。 平坦なストーリー進行とは行かないようだ

神様のメモ帳 第2話 「君と旅行鞄」 感想

親子愛の行方―

神様のメモ帳 第2話 君と旅行鞄

今回は何やらキナ臭い事件の渦中にいる草壁 昌也が娘のメオに鞄を持たせて逃げる所から始まります。 メオはニート探偵事務所に鞄を持って駆け込んできますが、その中身は2億円分の ...

神様のメモ帳 第2話 感想「君と旅行鞄」

神様のメモ帳ですが、ニート探偵アリスに父親が2億円残して失踪したタイ人の少女メオが依頼に来ます。父親は組事務所にいたそうで、ものすごくやばい展開ですが、アリスは「知るということは死ぬということだ」と十分危険だと分かった上で首をつっこみます。助手の藤島鳴?...

【神様のメモ帳】2話 取り敢えず解決編に期待しとく

神様のメモ帳 #02 君と旅行鞄 541 名前:風の谷の名無しさん@実況は実況板で[sage] 投稿日:2011/07/16(土) 01:58:26.99 ID:knMyLZgqO テンポが早すぎて話とセリフが頭に入ってこない アリ...

神様のメモ帳 第2話「君と旅行鞄」

第1回放送の60分枠から、通常の30分枠へ。 放送話数は第2話だけれども、制作的には第3話の「神様のメモ帳」。早々にACGTのグロス回。 事件は元ヤクザを義父に持つタイ人少女メオが持ち込んだ依頼から。 2億円の現金入り鞄を残し、追っ手に捕まったように見受けられる義...

神様のメモ帳 Page.2「君と旅行鞄」の感想

 アリスちゃん可愛すぎだぶひぃいいいぃ!!!  主人公・藤島鳴海は越してきたばかりの街で色々な人で出会い色々なことに巻き込まれ、その結果ニート探偵・アリスの下で助手として働くことになったんですね。そして今回の依頼主のメオは何やらとっても訳ありの様子。父?...

神様のメモ帳 第2話「君と旅行鞄」

『NEET探偵事務所に依頼に来たタイ人の少女、メオ。消息を絶っている父親を探して欲しいという依頼で、父親に持たされた鞄の中には二億円が入っていた。平坂組の力を借り、父親の捜索を開始するが、「早く手を...

神様のメモ帳 Page.2「君と旅行鞄」感想

神様のメモ帳〈2〉 (電撃文庫)杉井 光 岸田 メル メディアワークス 2007-06売り上げランキング : 4032Amazonで詳しく見る by G-Tools   ひょっとしてこの作品、家族関係の問題がけっこ ...

(アニメレビュー) 神様のメモ帳 第2話 「君と旅行鞄」

アリスちゃんのサービスシーンは次回ってことですね分かります(*´Д`) タイ人の女の子と彩香ちゃんのバスタオル姿を伏線にして次回アリスちゃんのサービスシーンですよねとスタッフに期待したくなった神メモ第2話。

神様のメモ帳 第2話

第2話『君と旅行鞄』神様のメモ帳 Ⅰ 【初回生産限定版】 [Blu-ray]今回は・・・依頼人が来ました。

神様のメモ帳 #02 『君と旅行鞄』 感想

  嘘か真か。家族の愛情とはどこにあるのか。そういった 疑問提起をしつつ、物語は後の展開へと続く―

神様のメモ帳 Page.2 君と旅行鞄

神様のメモ帳 第2話。 今回の依頼は消えた父親の捜索―――。 以下感想

大人の余裕(ダンタリアンの書架とか劇場版「鋼の錬金術師」とか)

【THE IDOLM@STER 第2話】伊織さん(+やよい+亜美真美)主役回。オープニング映像は良い感じでしたね。アイドル衣装を着ていたシーンがあった律子さんですが、アイドル復帰フラグは立 ...

神様のメモ帳 第2話

「君と旅行鞄」 今まで最も多くの人を殺してきたものはなんだと思う? …情報だよ知ることは死ぬこと キツイ言葉を言い放ったアリスだけど今回の案件はそれくらいの覚悟が要るって事ですねw メオにとっては辛い事ですね(´・ω・`) きれいにアリスの助手...

(アニメ感想)神様のメモ帳 第02話

                   第02話「君と旅行鞄」 電撃文庫原作のライトノベル『神様のメモ帳』の2話の感想 TOKYO MXでリアルタイム視聴して感想を書きつつ、チバテレビでもう1回見てから...

神様のメモ帳 第2話 『君と旅行鞄』 感想

探偵物語というよりはサスペンスみたいだけれど、それはそれで。 神様のメモ帳 第2話 『君と旅行鞄』 のレビューです。

神様のメモ帳 2

第2話 「君と旅行鞄」 久し振りの神メモ。ストーリー重視っぽいですが、そのストーリーが重いんですよね。 もうちょっと明るくなることを期待。 鳴海はキョンなみに「やれやれ」が似合いそうな立ち位置ですが、今回も溜息をつくことになりそう。 アリスのとこ...

『神様のメモ帳』第二話

明らかにカタギではない雰囲気の男達に追われる中年男性、そして娘と思しき人物にやばいことになったと物陰に隠れながら携帯を掛けるなど本当にこれラノベ原作かと思うような始まり方だ。ラノベのアニメ化とい...

神様のメモ帳 第2話 「君と旅行鞄」 感想

お風呂嫌いなアリスちゃん。 でもやっぱり、かわいいぃぃぃ♪♪ 今週からは、通常どおり30分枠での放送になります。 今週は、1ストーリーの前半部分といった感じでしたね。 2話で1ストーリーという形態での進行になるのかな? 今期は 「神様のメモ帳」 だけ...

神様のメモ帳 第2話 「君と旅行鞄」

▼ 神様のメモ帳 第2話 「君と旅行鞄」  1話から時間が空いた第2話です。 やっぱり1話では解決編まで無理で 前編で終りという感じ(^^; 今回はメオという少女の父親探し…。 残された旅行鞄には...

神様のメモ帳 第2話 「君と旅行鞄」 感想

今回のテーマは「家族」なんでしょうかね。 第2話 「君と旅行鞄」 感想は続きから

左サイドMenu

カウンター

祝2,000,000Hit達成♪ とうとう大台突破。これも皆様のおかげでございます(o ̄∀ ̄)ノ

カレンダー(月別)

08 ≪│2020/09│≫ 10
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

ガンダムシリーズ

◆新機動戦記ガンダムW◆

新機動戦記ガンダムW BD-BOX1

OVA・続編含め『新機動戦記ガンダムW』全般を応援してます♪
ガンダムW関連 まとめページ
感想、用語、企画など全ページへのリンクがあります。ご利用ください

2016/05/04 12巻分の用語一部更新しました

《用語》
用語集
ア行
カ行
サ行
タ行
ナ行
ハ行
マ行、ヤ行
ラ行、ワ行
英字行
登録キャラクター名一覧
キャラクター詳細
ア行
カ行
サ行
タ行
ナ行
ハ行
マ行、ヤ行
ラ行、ワ行、英字行

メカニック図鑑
メカニック用語詳細
年表

《企画》
年代考察
勢力図まとめ
AC暦におけるMS史(コラム)

◆Gジェネクロスレイズ◆

GCR119.jpg

まとめページ

◆ガンダムモビルスーツバイブル◆

GMB001_20190322210057cc3.jpg

まとめページ

◆機動戦士ガンダム00◆

GUNDAM OOQ
用語集などは特にありませんが、劇場版の感想は全十回というボリュームでコラム風に書かせていただきました。よろしければどうぞ。
ガンダム00関連 まとめページ

◆鉄血のオルフェンズ◆

81TuctHvlZL__CR88,0,1536,1536_
各回の感想のまとめだけ。
鉄血のオルフェンズ まとめページ

米山シヲ 応援エリア

◆梅衣堂ひよと旦那様の野望◆

1-2-2

『梅衣堂ひよと旦那様の野望』待望第1巻発売中

月刊少年ガンガンで現在連載中『梅衣堂ひよと旦那様の野望』を応援中。『ブラクロ』と同じように独自用語集も製作中!

公式特設ページ

独自用語集
第1巻

◆ブラッディ・クロス◆

ブラクロサムネ

月刊少年ガンガンで完結した『ブラッディ・クロス』をプッシュしています♪ 独自用語集あります! 

公式特設ページ

独自用語集
キャラ紹介-混血勢力-
キャラ紹介-天使勢力-
キャラ紹介-堕天使勢力-
キャラ紹介-アルカナ-
キャラ紹介-神葬-
キャラ紹介-その他-


最近の記事

最近のコメント

<>+-

最近のトラックバック

メールフォーム

管理人に何か言いたいことがあれば、ここからどうぞ♪

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード

QR

友達申請フォーム

FC2ブログランキング

FC2のブログランキングに参加中♪ 気に入っていただけたなら、一押しして下さい。

FC2ブログランキング

右サイドメニュー

義援金募集

FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして

検索フォーム

管理人から一言

お知らせ

管理人からのお知らせです。

PS4ゲーム『JUDGE EYES:死神の遺言』プレイ中。

『ガンダムW FT』コンテンツは不定期更新です。現在は11巻分までの感想と用語の更新を完了しました。

『ブラッディクロス』全12巻発売中! 用語集更新は全て無事終了致しました。

文庫・単行本(キャラクターノベル含む、ライトノベル含まず)の著者名別リストに移行しました。さすがに増え過ぎた(笑


今期の週間感想予定
日曜日:-
月曜日:-
火曜日:-
水曜日:-
木曜日:-
金曜日:-
土曜日:-
不定期:ピックアップ感想、ゲーム感想、模型関連など


場合によっては急遽順序等の変更もありますが、ご理解いただけますようよろしくお願いします。

管理人プロフィール

月詠

Author:月詠
埼玉県某所在住の34歳社会人。性別♂。名前は「つくよみ」と読む。

世知辛い世の中で嬉しいことも泣きたいこともサブカルチャーたちに救われています
詳細な自己紹介はこちら(2019版)。それ以前のものはこちら

コメント・TB、相互リンク受付中。下記の運営方針に詳細を記載しております。無条件に大歓迎と言うわけではありませんが、大部分の方は歓迎出来るかと思いますw

以下、ショートカット。
◇閲覧上の注意や規約など
Blogの運営方針・利用規約
他のBlog様と大差ない運営・利用規約ですが、初閲覧の方は簡単でも良いので読んで頂けるとありがたいです。閲覧、コメント等される方は利用規約を了承していると判断させていただきますので、「知りませんでした」は通用致しません。


◇アニメについて
アニメの評価について
歴代アニメ評価一覧
アニメアウォーズ! 受賞一覧


◇ゲームについて
ゲームの評価について
歴代ゲーム評価一覧


◇ブックス(本)について
小説の評価について
ブックレビュー一覧
   あ行の著者
   か行の著者
   さ行の著者
   た行の著者
   な行の著者
   は行の著者
   ま行の著者
   や行の著者
   ら行の著者
   わ行の著者
   複数の著者・その他
 文庫・単行本(キャラノベ含む、ラノベ含まず)は上気の著者名別になっています。

◇プラモデルについて
完成品一覧(グレード別)
完成品一覧(シリーズ別)
完成品一覧(トイ、フィギュア等)

◇その他リスト一覧はこちら
テレビ&シネマ
CD&DVD&BD
TYPE-MOON関連

ツリー式カテゴリー

openclose

アニプレッション!!

アニプレッション!!
アニプレッション!!とは

アニプレッション!!は、アニメブロガー達の合同ブログです。アニメについての問題意識・感想・考察・批評等の諸言説を発表し、アニメを語る事の面白さを伝える事が目標です。自分も末席に加えさせていただいております。
現在活動停止です

以下、アニプレッション!!メンバーのBlogです。

相互リンク(更新停止)

残念ながら一年以上の更新がない相互リンク先の方々です。サイト消滅の場合は消させていただきます。いずれまた復活し、交流が持てることを期待しています……