FC2ブログ

刹那的虹色世界

アニメ・ゲームのあらすじを主体とした感想や批評のブログ。時折、日記・声優・コミック・スポーツなど幅広くレビューしています。リンクフリー、相互リンク大歓迎♪

Entries

DOG DAYS EPISODE 13(終)

DOG DAYS EPISODE 13(終)
『約束』


≪あらすじ≫
地球に還れるが、フロニャルドで得た経験も記憶も喪い、二度とフロニャルドには戻ってこれない。その状況でもシンクは最後まで明るく振る舞う。自分も忘れないけど、自分のことも忘れて欲しくないから、彼は自分が地球から持ち込んだ私物の中で可能な限りのものを多くの人たちに形見分けのようにして遺すことを決めた。

送還の儀が始まる。「帰らないで」「大好き」と思いのたけを明かすミルヒに、シンクも応える。

――必ず、帰って、来るから、と……。

地球に帰還したシンク。彼には2週間の春休みの記憶がなかった。だが、心は何かが欠けたようにぽっかりと空白を感じ、切なさが去来する。

一方、シンクの去ったフロニャルドではガレットの書物の中からなぜかビスコッティの封がされた便箋が発見される。そこには勇者送還の儀式についての注意事項が書かれていて――



≪感想≫
◆偶然という名の必然、奇跡という名の常識
この展開と結末、予想出来た方もいればそうでない方もいるだろう。ただ、批判的な視聴者からは「ご都合主義だ」という声が上がりそうな展開と結末であることも事実だ。あの展開でシンクを再召喚するために必要な要素が実は全て満たされていた、というのはとてつもない偶然だし、奇跡だと言っていい。

だが、それをご都合主義の一言で片づけて良いものだろうか?


わずか2週間の滞在であったが、そこには大きな出来事があり、それに対してシンクはミルヒ、エクレ、ユキカゼ、ダルキアンらはもちろんガレットのレオやガウルらとも親交を重ね、友情を育み、信頼と絆を積み上げて来たのである。

もしそんな人たちと永遠の別れをしなければいけないと思ったら、少しでも自分のことを覚えていてもらおうと自分の身の回りにあるものを譲ったりメッセージを残したりすることはごく自然なことだ。そしてそれらを託された面々も、それをとても大切にしてくれた。どうでも良い人の形見分けなんて表面上は受け取って、その後はおざなりに扱われてしまう可能性だってあるわけだが、そうではなかった点はシンクとフロニャルドのみんなとが2週間で築き上げてきた友情や愛情の証明である。

またシンクがフロニャルド文字を書けているのは、彼が2週間の間でちゃんと勉強していた証でもある。その伏線は、サービスシーンとして処理されがちなミルヒの入浴シーン直前の男湯・女湯の文字の見分けでちゃんと残っている。だからこそ、シンクは(ところどころ間違って打ち消し線が引かれてあった)手紙を残すことが出来た。


偶然ではなく必然、奇跡ではなく常識。


一見すればそれらはご都合主義に見えるものであるのは事実だ。でも、そこに至るために必要な道をちゃんとシンクもミルヒたちも歩いてきた結果の上にこれらは成り立つのである。


もちろんそうした要素が結果としてシンクの再召喚に必要な要素であった、という部分は偶然であり奇跡だ。だが、その偶然や奇跡を引き寄せて可能にしたのはシンクとミルヒらとの信頼と絆である点を、私たちはこの展開を肯定するにせよ否定するにせよ決して忘れてはいけない。



◆作品から見るこの結末 -必要なのは理想と希望-
アニメ作品として見た時、やはりこの結末はお約束というと語弊があるかもしれないが、そうした決まった展開だったようにも感じるし、その通りになったことに一視聴者として十分満足している。予想を裏切る展開が、必ずしも良いわけではない。時として予想通りの展開こそがベストであることがあるのである。


「現実(リアル)には理想が足りない。

だから理想の結末が必要なんだ」



これは『神のみぞ知るセカイ』の桂木桂馬が長瀬純というヒロインを攻略し終えた時に発した言葉だ。フィクションの主人公が放つセリフだが、だからこそ十分にアニメや漫画といったフィクション作品全体に当てはまる言葉だと思っているし、『リリカルなのは』シリーズ含め原案・脚本を担当された都築氏がフィクションの作品に求めている部分はきっとこう言う部分なのではないかと、勝手に解釈している。


もしも、あのままシンクは記憶を取り戻せず、ミルヒたちは永遠にシンクを再召喚出来なかったとしたら、貴方だったらどう感じるだろうか? 「リアルな結末で良かった」と諸手を挙げて賛同出来る方ももちろん居て良いと思う。それは一つの作品の見方だと思うし、そういう結末で良かったと思えるような作品だってたくさんあるのも事実だからだ。

でも、それでも私はせめてフィクションの作品の多くには

希望と理想がある終わり方であって欲しいと願う。


どんなに苦しいこと、どんなに辛いこと、どんなに厳しいことがあったとしても、その先にあるエンディングにはひとカケラであったとしても、希望が残り、理想を夢見れる終わり方をフィクションには求めてしまう。

それは、私たちが実際に生きる現実にはそうした希望や理想をなかなか見つけにくいからでもある。もちろん希望や理想なんて探せばたくさんあるはずなのである。でも、私たちは日々の生活に追われてしまっている。追われてしまっていて探す暇がないかもしれない。もしかしたら、ある人は探し方が解らないかもしれない。

そんな理想の足りない現実(ノンフィクション)に生きる私たちには、きっと理想の結末を迎えたフィクションが必要なのではないだろうか? 
そして、それを都築氏はフィクションの作品の中で精いっぱい表現しようとしている。そんな印象を受けている。

それはきっと希望や理想を見つけにくくなっている私たちに、理想とはどんなものだったか、希望とはどんなものだったかを示してくれるに違いないからだ。もちろんフィクションの理想や希望が現実に通用する機会は稀なことだろう。でも、そうした存在があることはきっとどこかで私たちの拠り所になってくれると信じている。



◆おまけ -神剣パラディオンの見せた奇跡-
もしも、あの展開で一番の奇跡(悪く言えばご都合主義)は何かと問われれば、タツマキが神剣パラディオンを持ってシンクの前に現れたことだろうwww こればっかりはどう言われても返しようがない。そもそも、ああやってタツマキが地球とフロニャルドを行き来出来る理由がさっぱり説明つかないのだがw

ただ、それで「解らない」の一言で最終話も片づけてしまうのでは、このサイトとして名折れであるのでちょっとばかり推察してみよう。


そうして考えた時にやっぱり大きな要素は神剣パラディオンの存在だと思う。国の領主たる証であり、強大な力を秘める宝剣であり神剣であるパラディオンであれば、犬一匹分くらいのゲートならば生み出せるのかもしれない。実際に、フロニャルドからは何も持ち出しが出来ないと言われていたが、そもそも1話でタツマキが行き来出来ている時点でその言い伝えの真偽は怪しいのである。

記憶を喪っていたシンク。実は記憶はちゃんと残っていて鍵がかけられ封印され、少しずつ消えようとしてたものだった。だからこそシンクは帰還した直後から空虚さと切なさを感じていたのである。そうでなければ、シンクはもっとケロッとしていなければいけない。

そしてその鍵の封印を解いたのがパラディオン。おそらくフロニャ力がないであろう地球では、シンクは紋章術を使うことは出来ないし、パラディオンもその力を発揮することはおろか指輪形態から他の武器形態を取ることは出来ないだろう。

でも、パラディオンが秘めた力を、パラディオン自身が認めた者が触れた時、パラディオンは自らの意思で自らが認めた所有者に奇跡を起こす。それが記憶復活。
指輪に蓄えられていたフロニャ力と、パラディオンが本来あり得ないフロニャルドの物体であることによって、記憶の鍵は解かれ、そして“記憶の封印と消去”という本来のルールからシンクを特例として守ってくれている。

私は、そう考えている。



さて、このラストですし、人気さえ出れば『リリカルなのは』の前例もあることですから、第二期はもしかしたら、もしかするかもしれませんね。すでに大々的なイベントが決定しているわけですから、もしかしたらそのイベント会場で第二期やOVD化、ゲーム化なんかが発表されたりするのでしょうか? イベントに参加される方々にはぜひとも速報を期待したいと思います(笑

なにはともあれ、まずは1クールの間、スタッフの皆様ありがとうございました。

≪TB先 参照リンク(URLアルファベット順)≫
赤字はTBが現在弾かれてしまっているBlog様です。
現在、nifty系、so-net系はほぼ全滅。livedoorは調子がいいと送れます。

・http://28903894.at.webry.info/201106/article_59.html
・http://3284allegro.blog38.fc2.com/blog-entry-2050.html
・http://ai-mugi.blog.eonet.jp/aimugi/2011/06/dog-days-
episod-44a9.html
・http://alicetail904.blog42.fc2.com/blog-entry-772.html
・http://ameblo.jp/adam/entry-10935220275.html
・http://ameblo.jp/brook0316/entry-10932015394.html
(http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201106260000/)
・http://ameblo.jp/wv002524/entry-10935468906.html
・http://angel-teruteru.at.webry.info/201106/article_70.html
・http://animetureduregusa.blog65.fc2.com/blog-entry-1027.html
・http://animumeso.blog101.fc2.com/blog-entry-2663.html
・http://blog.crosschannel.jp/Entry/2755/
・http://blog.goo.ne.jp/gurimoe/e/3e21c27a7592bb0e03ebd7d58e
45a251
・http://blog.goo.ne.jp/jin-d/e/0babf0a5e2bb25ea0fd0ac91b0a9
1ce2
・http://blog.goo.ne.jp/mio793/e/77d29317b4c86dd91dacc66e5f7
fa665
(http://plaza.rakuten.co.jp/blackwidow/diary/201106250004/)
・http://blog.livedoor.jp/granzchesta/archives/51712691.html
・http://blog.livedoor.jp/katsux2/archives/51744522.html
・http://blog.livedoor.jp/mattari_6/archives/51757448.html
・http://blog.livedoor.jp/rin20064/archives/52192675.html
・http://blog.livedoor.jp/s_396n/archives/51758602.html
・http://blog.livedoor.jp/t_cherry398/archives/51606703.html
・http://blogs.yahoo.co.jp/geallza/62935643.html
・http://blogs.yahoo.co.jp/honeybear62444/28940903.html
・http://boricacid.blog79.fc2.com/blog-entry-336.html
・http://cristal1102.blog84.fc2.com/blog-entry-1202.html
・http://disorellan.blog61.fc2.com/blog-entry-1092.html
・http://e102128.blog54.fc2.com/blog-entry-1767.html
・http://fanblogs.jp/gyobayashi/archive/2313/0
・http://fovsaikou.blog129.fc2.com/blog-entry-1096.html
・http://gomarz.blog.so-net.ne.jp/2011-06-26-1
・http://hakuheisen914.blog6.fc2.com/blog-entry-2012.html
・http://hamajijun.blog114.fc2.com/blog-entry-9.html
・http://hibikidgs.blog.fc2.com/blog-entry-775.html
・http://hienkyaku.blog50.fc2.com/blog-entry-2030.html
・http://hyumablog.blog70.fc2.com/blog-entry-2371.html
・http://kakioki60.blog129.fc2.com/blog-entry-803.html
・http://kakureotanchi01.blog20.fc2.com/blog-entry-478.html
・http://kaz.anime-life.com/Entry/563/
・http://keycafe.blog27.fc2.com/blog-entry-1321.html
・http://kiokuno2.blog31.fc2.com/blog-entry-1425.html
・http://kira47.blog58.fc2.com/blog-entry-949.html
・http://kouyanoblog.blog61.fc2.com/blog-entry-3893.html
・http://maguni.com/index.php/view/1409
・http://mapsotyo419.blog65.fc2.com/blog-entry-169.html
・http://merkmals.blog31.fc2.com/blog-entry-1737.html
・http://moon12.blog.so-net.ne.jp/2011-06-26
・http://najigo.blog31.fc2.com/blog-entry-506.html
・http://nextsociety.blog102.fc2.com/blog-entry-1489.html
・http://noltuhe.blog55.fc2.com/blog-entry-85.html
・http://norarincasa.blog98.fc2.com/blog-entry-300.html
・http://oozoraxx.blog134.fc2.com/blog-entry-594.html
・http://rabiko.blog13.fc2.com/blog-entry-2532.html
・http://reilove.blog51.fc2.com/blog-entry-5047.html
・http://ren.anime-japan.net/Entry/1105/
・http://sagaturedure.blog31.fc2.com/blog-entry-4884.html
・http://scriptor.blog54.fc2.com/blog-entry-928.html
・http://seraraku2.blog59.fc2.com/blog-entry-5797.html
・http://shirokuro585.blog109.fc2.com/blog-entry-717.html
・http://shirousausa.blog106.fc2.com/blog-entry-369.html
・http://soranonikki332211.blog.fc2.com/blog-entry-30.html
・http://spadea.jugem.jp/?eid=11308
・http://subcul.jugem.jp/?eid=2040
・http://subculturechallenge.blog81.fc2.com/blog-entry-86.html
・http://tako2008.blog27.fc2.com/blog-entry-418.html
・http://takotakotakoyaki.blog52.fc2.com/blog-entry-3559.html
・http://tenmasanblog.blog112.fc2.com/blog-entry-1227.html
・http://tori-toki.at.webry.info/201106/article_22.html
・http://vnr2034.blog133.fc2.com/blog-entry-1062.html
・http://wendykai.blog60.fc2.com/blog-entry-1467.html
・http://yasu92349.at.webry.info/201106/article_27.html

もしよろしければ、拍手ボタンをポチッと押して下さいm(_ _)m 管理人のモチベーションが上がります(ぉ 
Web拍手に頂いたコメントは後日『雑記』にてお返事させていただきます。

Comment

お久しぶりです。 

月詠さん、こんばんは。

1クールの間、毎回の感想とご考察をとても楽しみながら読ませて頂きました。
ありがとうございます。

今回の終わり方に関しては全くの同意です。もちろん、ご都合主義と行ってしまえばご都合主義である終わり方であったとも思いますが、それで終わらせてしまうのはとても悲しいなとどうしても私は思ってしまいます。

彼らの愛と友情と大きな努力があったからこそのこの結末。奇跡だって降って沸いてくるわけではないというその部分を忘れたくはないですね。まさに “偶然ではなく必然、奇跡ではなく常識。” というのはその通りだなと思いました。

そして私自身、彼らが完全な別れを迎えてしまっていたとしたら 「リアルな結末で良かった」 とはきっと全く思えていなかったのではと感じます。もちろん、リアルな結末を迎えることで伝えられるメッセージというのはあると思いますし、そういう作品だってたくさん存在しているとは思いますけど、でもこの作品にはせめて最後まで温かく希望の溢れる話を描いて欲しかったですから。

それも私個人の考えであることは違いないですし、必ずそうあるべきだったとは言いませんけど、でもだからこそ同じように月詠さんが感じていてくれたのはとても嬉しかったです。最後は少しウルっときてしまいましたが、とても素晴らしいものを読ませて頂きありがとうございました。2期あるといいですね。私も期待しています。
  • posted by Shirooo 
  • URL 
  • 2011.06/26 17:21分 
  • [Edit]
  • [Res]

>Shiroooさん 

こんばんは。

>1クールの間、毎回の感想とご考察をとても楽しみながら読ませて頂きました。
それはそれは、そう言って頂けるだけで身に余る光栄です。こちらこそありがとうございました。


アニメ作品も一つの芸術のようなもので観る人によって視点も角度も変わってくるものなので、私たちのような視点とは真逆の「ご都合主義」と感じる人もいると思います。実際に感想巡りをしているとそういう方もお見かけします。

でも、逆を言えば私たちの意見や考えもまた立派に確立された視点や角度だと思うんですよね。リアルなことが必ずしも正解じゃない。フィクションのアニメだからこそ理想の結末を私たちは、少なくともこの作品には求め感じていきたいですね。


私の長文は読みづらい部分も多かったと思いますが、最後まで読んで頂いたようで本当に感謝感激です。ありがとうございました。

この作品の二期ならぜひ観てみたいと思いますよね。期待して待っていましょう。
  • posted by 月詠 
  • URL 
  • 2011.06/27 19:37分 
  • [Edit]
  • [Res]

ちょっと書き遅れた感はありますが…… 

 こんばんは月詠様、夜夢です。

 訪れてみれば、既に総評の記事が立っていて、こっちに書いて良いのか迷いつつ……こっちに書き込ませて貰います。


>◆偶然という名の必然、奇跡という名の常識

 この記事を拝見して、確かにと頷く内容でした。

 一方で、再召喚の可否を決めるのが、「勇者が(フロニャルドと言う)世界と正しく関係を持ちえたか?」にある所に、この“勇者召喚”と言う術の優しさを感じました。

 異世界召喚に端を発する物語の場合……

 1.異世界で暮らすことに納得する。
 2.元の世界になんとしても帰ろうとする。

 召喚された人物は、上記の2つの行動原理の折り合いをつけつつ行動することになります。

 今回の勇者シンクでは、1の傾向がやや強い物と見受けられます。(帰りたいと言いつつも、帰還方法が見付からないことに焦りを感じたりする所も少なかったですし……)
 そんな彼だからこそ、“戦”興行にも積極的に参加するし、その際の不測の災禍(魔物の出現)にも勇敢に立ち向かったと言えるのではないでしょうか?

 一方で、もし勇者召喚で召喚された勇者が2.の傾向の強い人物であったら……
 元の世界へ戻ることを再三要請し、“戦”興行への参加も然程積極的とは言い難い物となるのではないでしょうか?
 当然、そんな人物に対して、召喚者たる領主やその家臣達が好感を持てるかも疑問です。(結果的に再召喚の条件をそろえることは難しいと思われます。)
 しかし、そんな勇者が元の世界に戻れば、フロニャルドでの出来事は“悪い夢を見た”程度のことで忘れ去ることが出来る。それはそれで送還された勇者のその後にとって良い事なのかもしれないと思った次第です。

 ふと、ここの感想などを読んでいた時に思い付いたので、書き込ませて頂きました。
  • posted by 夜夢 
  • URL 
  • 2011.06/28 19:21分 
  • [Edit]
  • [Res]

>夜夢さん 

こんばんは。

世界は優しさで出来ている。

都築さんが原案を務める作品の多くにはそんなことを感じさせてくれます。もちろん中には、本当にどうしようもないほどの悪が出て来るケースもないわけではないですが、それでもその悪にも悪に至らしてしまった理由があったりと、性善説に近いような形なんですよね。

だから、世界のいろいろなところに優しさがある。

勇者の再召喚については、勇者が送還されるまでに歩いてきた道によるところが大きいことにしたのは良かったと思っています。

良好な関係を築けたうえで、それでも勇者が帰らなければならない時、もう一度来ることが出来る可能性をしっかりと残しておく。フロニャルドから送還された際に記憶は消えてしまいますが、それはフロニャルドの防衛策のような気がします。

フロニャルドを守るため、異世界からの侵略や干渉を極力防ぐためには記憶や経験を持ったまま持ちかえられては困りますからね。そして、それもまた優しさ。

勇者がフロニャルドの地に適合しないようであれば、それはそれで致し方のないこと。たぶん過去にそういう前例があったのでしょうね。そうした上で、今のフロニャルドの仕組みがあるのだと思っています。

召喚も送還も再召喚も、人の手によって行われる儀式である以上、人が作ったもの。そこには性善説の人たちと、世界の母性とも言うべき優しさがあふれているのかもしれませんね。
  • posted by 月詠 
  • URL 
  • 2011.06/28 20:04分 
  • [Edit]
  • [Res]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

Trackback

トラックバック URL
»»この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

DOGDAYS 第13話 「約束」 感想

勇者が変える条件が過酷でも、シンクは笑顔で帰る。 しかし、リコッタがそうはさせんとなにか企んでいるようです。 泣きながら調べ物するリコッタ。ただでさえ悲しいというときに、頑張るリコッタを応援しま...

DOG DAYS 13話(最終話) 「シンクは本当の勇者!」(感想)

感想 シンクとミルヒの別れを描く展開です。 都築さんがやりたかった物語 最終回は都築真紀さんがやりたかった物語だったと思います。 では、どういう物語か。それは別れの物語であり、 そして別れた...

『DOG DAYS』 第13話 感想

シンクが帰って来れると分かった瞬間。 ちょいと感動して、泣きそうになってしまった…。 いくらなんでも涙脆すぎ…。

DOG DAYS 第13話(最終回) 『シンクは本当の勇者!』 感想

壮大なファンタジーのプロローグ、という印象。  DOG DAYS 第13話(最終回) 『シンクは本当の勇者!』 のレビューです。

DOG DAYS 第13話「約束」

Aパートで元の世界に送還される勇者。 Bパートでは元の世界で生活を送る勇者。 シンクが中一なのを今更知った俺w

DOG DAYS 第13話「約束」(最終回)

とりあえず、第1章「完」・・・みたいな感じ

DOG DAYS 第13話「約束」

いつもどおりツンツンしてるなって思ってたけど、エクレも気づいてたの! って、それって皆にバレバレってことじゃん。 あぁ、ユッキー出番少なかった・・・ SCARLET KNIGHT水樹奈々 キングレコード 2011-04-13売り上げランキング : 30Amazonで詳しく見る b...

『DOG DAYS』 EPISODE13「約束」

フロニャルドってばマジ天国。 DOG DAYS 1 【完全生産限定版】 [Blu-ray](2011/07/27)宮野真守、堀江由衣 他商品詳細を見る というわけで、『DOG DAYS』が最終回を迎えましたね。 『DOG DAYS』らしいと...

DOG DAYS 第13話「約束」

「もっとずっと、ずっとずっと、シンクと一緒に居たいです……!」 シンクがミルヒと約束をし、元の世界に帰還する話。 例えご都合主義の展開であろうとも、個人的にはAパートのシンクとミルヒが一時お別...

DOG DAYS 第13話 最終回 感想

 DOG DAYS  第13話 『約束』 最終回 感想  次のページへ

DOG DAYS EPISODE13「約束」

悲しいお別れなんて嫌なのであります! 勇者シンクお見送りの式典。 神剣パラディオンをミルヒへ返すシンク。 リコッタは沢山の資料の中から悲しい別れをしないで済む方法を一 ...

DOGDAYS 第13話(最終回)感想「約束」

未来への約束------------!!いよいよシンクが元の世界へ戻る日がやってくる。次は100日後に会えると話をするシンクとミルヒ。勇者であるシンクはどうやら皆に大層に祝われながら送...

DOG DAYS 第13話(最終回) 感想「約束」

未来への約束------------!! いよいよシンクが元の世界へ戻る日がやってくる。 次は100日後に会えると話をするシンクとミルヒ。 勇者であるシンクはどうやら皆に大層に祝われながら送られることに。 続きを読む 第1話 第2話 第3話 第4話 第5...

DOG DAYS ドッグデイズ 第13話 「約束」 感想 (最終回)

約束という名の奇蹟 →「DOG DAYS」公式サイト DOG DAYS 第13話(終)感想です。

「DOG DAYS」第13話(終)

絶対に帰るから・・・ 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201106260000/ DOG DAYS 1 【完全生産限定版】 [Blu-ray] posted with amazlet at 11.06.23 アニプレックス (2011-07-27) 売り上げランキング...

これ以上にないハッピーエンド(DOG DAYS 最終話レビュー)

DOG DAYS EPISODE13「約束」 ★★★★★

DOG DAYS 第13話(最終回) 約束 感想

悲しいお別れなんて嫌だから。 DOGDAYS 最終回の感想です!

DOG DAYS EPISODE 13 「約束」

 すごくご都合主義的な展開に見えますけど、いい終わり方ですね。

DOG DAYS 第13話「約束」(最終話)

勇者シンク帰還の最終話。 帰還から再帰還フラグまでの説明にやけに尺をとったからか、フロニャルドでの短い時間を駆け抜けた爽快感を相殺してしまったのは残念。 「なのは」シリーズ、特にテレビシリーズのStrikerSでも感じたことなのだが、この制作スタッフが設定厨で...

DOG DAYS 第13話 「約束」

DOG DAYS 第13話 「約束」 感想です 悲しいお別れなんて嫌なのであります

DOG DAYS 第13話(最終回) 「約束」 感想

何というご都合主義。 この作品には、悲しい結末というのは似合わないので、これでもいいかという 気はしますけどね。 OVAによる番外編とかはあるのかな。  DOG DAYS 公式サイト DOG DAYS 1 ...

DOG DAYS・第13話

「約束」 「必ず、駆けつけます」 そんな宣言をして一夜。帰還の日が訪れて…… 「リコはこんなに頑張ってくれた。僕は、記憶を持ち帰れないかもしれないけど、ずっと忘れない」 なんか、シンクのその言...

DOG DAYS EPISODE 13「約束」

DOG DAYS EPISODE 13「約束」です。 うちのブログで感想を書いて

DOG DAYS 最終回13話「約束」

また出会えると信じて―。 DOG DAYS 1 【完全生産限定版】 [Blu-ray](2011/07/27)宮野真守、堀江由衣 他商品詳細を見る

DOG DAYS EPISODE 13 約束

DOG DAYS 最終話。 別れと約束―――。 以下感想

DOG DAYS #13

【約束】 DOG DAYS 1 【完全生産限定版】 [Blu-ray]出演:宮野真守アニプレックス(2011-07-27)販売元:Amazon.co.jpクチコミを見る 悲しいお別れなんて絶対嫌なのであります! 

DOG DAYS 第13話(最終回) 「約束」

そこに『絆』があるかぎり。

DOG DAYS 13話(最終話) 感想 ネタバレ

↓消されてなければココで見れます!↓  SayMove  ひまわり 感想は、右下にある『MORE >>』から読んでください!

DOG DAYS 第13話「約束」

悲しいお別れなんて絶対嫌なのであります――。 リコは送還で記憶を無くさない方法を懸命に探す。 しかし無情にもシンクが送還される日が来てしまう…。 ▼ DOG DAYS 第13話「約束」  シンクはみんなに形見(?)となるアイテムを渡してまわる。 エクレはシン...

DOG DAYS 第13話「約束」感想

ついに最終回ですね。

DOG DAYS EPISODE13「約束」 感想

遂に訪れた最終回。 冒頭、ガウルとジェノワーズって明らかに事後…… お見送りの式典。 指輪の交換ですね、分ります。 「悲しいお別れなんて嫌なのであります」 涙ながらにきちんとした方法を探し続...

DOG DAYS 第13話「約束」(最終回) 

よく出来た最終回でした!(笑) これはリコへのごほうびかな。 あれだけがんばってたんだもんね。 努力が報われてよかったですね。 勇者再召喚の条件は出来過ぎの感もありますが(笑) これで休み毎に...

DOG DAYS 13話(最終回)

奇跡は起きます。起こしてみせます。 というわけで、 「DOG DAYS」13話(最終回) ツナグキズナの巻。 ヒャッハー!ご都合主義最高!! ヒャッハー!後づけ設定上等!! このバカみたいな大逆転...

DOG DAYS EPISODE 13『約束』

朝。 シンクはミルヒとお散歩をする。 話題は、次来ることができるであろう夏休みはいつあるのかということ。だいたい100日後だと考えるとなかなかに長い。それでも緊急の時は来てくれると言うシンクのなんと優しきことか。 でも式典はやらなきゃメッ!(`・ω・´)

DOG DAYS EPISODE 13『約束』 感想

二兎ともに得る(´・ω・`)

DOG DAYS 第13話(最終回) 「約束」

「まったく!最後まできさまのお守りとはな」 「そう言うなって。見送ってくれるのがエクレで僕は嬉しいよ♪」 「ぁ…」 ツンデレエクレ(*´д`*) 「お古で悪いんだけど、良かったらコレ貰ってくれないか...

DOG DAYS 第13話(最終話) 「約束」

■DOG DAYS 第13話(最終話) 「約束」 脚本:都築真紀 絵コンテ:島津裕行 演出:中山淳史 作画監督:北村友幸、玉木慎吾 総作画監督:坂田理 最後は、誰も悲しい想いをしない、希望のあるラストだ...

DOG DAYS #13 最終回 『約束』 感想

  あなたと交わした大切な約束。君と交わした大事な約束。 そんな彼らの想いはやがて必然の未来へと繋がっていく―

DOG DAYS 第13話 約束

帰還を前に、形見分けのような事をやっているシンク。 そんな行動とリコッタの様子に周囲にはバレバレのようですね。 シンク自身はエクレールに指摘されるまで気付いてなかったみ ...

『DOG DAYS』第13話(最終回)

第13話「約束」再召喚の方法が見つからないまま、シンクは元の世界へ…

DOG DAYS 第13話・最終回 感想「約束」

DOG DAYSですが、シンク・イズミは元の世界に戻ることになります。リコッタは記憶を残す方法が見つけられなかったと泣きますが、シンクはいろいろやってくれたことを感謝します。エクレールにも自分の物を渡しますが、形見分けみたいだと言われます。ミルヒ姫とも涙の別離...

DOGDAYS:13話感想&総括

DOGDAYSの感想です。 みんなの笑顔が見れて良かったね。

DOG DAYS ドッグ・デイズ 第13話(最終回)『約束』の感想レビュー

シンクも地球に帰れて、消えるはずだった記憶も思い出せて良かったね!な大団円回でした。 でも、個人的にはツッコミどころが多すぎてなんだかなぁ…だったので、感想は辛口です。 おおかた予想通りというか、特にこれといったサプライズもなく、ヒロインに対する主人公?...

DOG DAYS 13話感想

サブタイトル「約束」 様々な出来事と、かけがえのない出会いに彩られた、怒涛のドッグなデイズもいよいよ最終回です! みんなと過ごした記憶さえ持ち帰れないなんて…、そんな悲しいお別れ、イヤでありま...

DOG DAYS 第13話 「約束」 感想

また会う日まで―

これぞファンタジー物の様式美! ご都合展開なにそれおいしいの? DOGDAYS 第13話(最終回)「約束」

TVアニメ DOGDAYS 第13話(最終回)「約束」 の感想。 脚本:都築真紀 絵コンテ:島津裕行 演出:中山淳史 作画監督:北村友幸・玉木慎吾 総作監:坂田理   DOG DAYS(公式サイト)

DOG DAYS 最終回「約束」

DOG DAYS 1 【完全生産限定版】 [Blu-ray]今期唯一のバトルアニメも終了! こんなに豪華な声優陣を起用するアニメもなかなかないのにw

DOG DAYS 第13話(終)

第13話『約束』DOG DAYS 1 【完全生産限定版】 [Blu-ray]今回は・・・いよいよ帰還ですね。

DOG DAYS 第13話 「約束」

リコは必死になって記憶をなくなさい方法を探すが間に合いませんでした。 シンクはそんなリコを慰め、ボールペンとスピーカーをプレゼント。 リコに渡したようにゆっきーにはストラップ、 ダルキアンとロランには記念コインをそれぞれ渡します。

DOG DAYS EPISODE13「約束」

こんばんは、マサです。 この時間の投稿になっていました。 本日は朝から夕方前まで、試験という名のボスと戦っていましたので。 ということで、「さみだれ」は来週・・・書けたら ...

DOG DAYS 13

第13話 「約束」 さて、ワンワンアニメも最後ですよ。 夏休みって100日もあったっけ? 40日の間違いでは? 100日とか大学レベル(笑) 帰還にあたってわざわざ儀式までやっちゃって。 リコも一生懸命ですが、取り掛かりが遅かったですね、裏技は見つからなかったよう...

DOG DAYS EPISODE 13(最終話)「約束」

EPISODE 13(最終話)「約束」 本文はメインブログ(しるばにあの日誌)にて↓ http://yasu92349.at.webry.info/201106/article_27.html 注意事項 こちらからはメインブログでTBをお送りしますが...

DOG DAYS 第13話 最終話 (レビュー/感想)

第13話 (最終回) 『約束』

DOG DAYS 最終回

リコッタは、王立研究所でシンクの帰還方法で善処出来るところがないか 調べていた。 フロニャルドでの記憶さえ持って行くことが出来ない真実に、リコッタは 悲しみに暮れていた。 シンクは、残された時間を使って、自分の身につけていた物を形見の品の ようにみんな...

DOG DAYS 第13話 「約束」 (最終回)

いよいよシンクの帰還の時がやってきた。元の世界に戻ると記憶も消え二度と戻れない。解決策を探すも儀式までに間に合わなかったリコッタだがそこに思わぬ情報が寄せられて・・・

『DOG DAYS』 最終回 観ました

ウンウン、実にあっさりとした、それでいて素敵でスマートな解決策が用意されていました。やはり、その辺は期待を裏切らない素晴らしいシナリオを用意してきていますね。さすが都築氏です。視聴者をドキドキハラハラさせつつ、期待を裏切らずにみんなが楽しい結末を用意し...

DOG DAYS 第13話(最終話) 「約束」 感想

やっぱり最後はハッピーエンドが一番だよね。 第13話(最終話) 「約束」 感想は続きから

DOG DAYS -ドッグデイズ- EPISODE 13(最終回)「約束」

勇者シンク・イズミが戻るための4つの条件1つ、召還主自身が送還の儀を行うこと1つ、召還から送還までの帰還が16日以内である事1つ、送還される勇者はフロニャルドで得た物、手にした物を何一つ持ち去る事は出来ない1つ、一度元の世界に送還された勇者は、二度とフ...

『DOG DAYS』第十三話

勇者送還の儀式の日が迫る中でも必死にシンクが再びこの世界に戻ってこれる方法をリコッタちゃんは必死に模索するもついにその日は来てしまった。有効な手立てを見つけることができなかったことに涙ぐむリコッ...

DOG DAYS 第13話 約束 レビュー 最終話

悲しいお別れなんて… 絶対イヤなのであります! (ノД`)私もイヤだー。でも、このDOG DAYSは人々をションボリ させないアニメだ! と信じて最終話を見始めました。 召喚した勇者を送還するには4つの条件があり、問題は 3つ目と4つ目の条件。 ③送還される勇者はフ?...

DOG DAYS 【13話】 「約束」(終)

DOGDAYS、13話(終) 一人ひとりに別れを告げるシンク・・・か。 ・・・全体を通して・・・ 記憶はやっぱり消えてしまったのか。 ベッキーってずっと空気でしたが、1話と最終話だけですか、まともに出たのはw シンクすごい・・・。 再召喚の条件を全て...

DOG DAYS 13話及び総論としての感想

この日々は続いていく。 出会いと別れと、再会の約束。 そうして少年の世界は広がった。 はい、ポエムで始まった今回の感想。 しかし率直に何か言葉にしようとして出てくるのこれなのだから仕方ない。...

DOG DAYS #13(終)「約束」感想

DOG DAYS 1 【完全生産限定版】 [Blu-ray]アニプレックス 2011-07-27売り上げランキング : 202Amazonで詳しく見る by G-Tools   これまでのこの物語を思えば、シンクが何もかも忘れてしまい ...

左サイドMenu

カウンター

祝2,000,000Hit達成♪ とうとう大台突破。これも皆様のおかげでございます(o ̄∀ ̄)ノ

カレンダー(月別)

07 ≪│2019/08│≫ 09
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

ガンダムシリーズ

◆新機動戦記ガンダムW◆

新機動戦記ガンダムW BD-BOX1

OVA・続編含め『新機動戦記ガンダムW』全般を応援してます♪
ガンダムW関連 まとめページ
感想、用語、企画など全ページへのリンクがあります。ご利用ください

2016/05/04 12巻分の用語一部更新しました

《用語》
用語集
ア行
カ行
サ行
タ行
ナ行
ハ行
マ行、ヤ行
ラ行、ワ行
英字行
登録キャラクター名一覧
キャラクター詳細
ア行
カ行
サ行
タ行
ナ行
ハ行
マ行、ヤ行
ラ行、ワ行、英字行

メカニック図鑑
メカニック用語詳細
年表

《企画》
年代考察
勢力図まとめ
AC暦におけるMS史(コラム)

◆ガンダムモビルスーツバイブル◆

GMB001_20190322210057cc3.jpg

まとめページ

◆機動戦士ガンダム00◆

GUNDAM OOQ
用語集などは特にありませんが、劇場版の感想は全十回というボリュームでコラム風に書かせていただきました。よろしければどうぞ。
ガンダム00関連 まとめページ

◆鉄血のオルフェンズ◆

81TuctHvlZL__CR88,0,1536,1536_
各回の感想のまとめだけ。
鉄血のオルフェンズ まとめページ

米山シヲ 応援エリア

◆梅衣堂ひよと旦那様の野望◆

1-2-2

『梅衣堂ひよと旦那様の野望』待望第1巻発売中

月刊少年ガンガンで現在連載中『梅衣堂ひよと旦那様の野望』を応援中。『ブラクロ』と同じように独自用語集も製作中!

公式特設ページ

独自用語集
第1巻

◆ブラッディ・クロス◆

ブラクロサムネ

月刊少年ガンガンで完結した『ブラッディ・クロス』をプッシュしています♪ 独自用語集あります! 

公式特設ページ

独自用語集
キャラ紹介-混血勢力-
キャラ紹介-天使勢力-
キャラ紹介-堕天使勢力-
キャラ紹介-アルカナ-
キャラ紹介-神葬-
キャラ紹介-その他-


最近の記事

最近のコメント

<>+-

最近のトラックバック

メールフォーム

管理人に何か言いたいことがあれば、ここからどうぞ♪

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード

QR

友達申請フォーム

FC2ブログランキング

FC2のブログランキングに参加中♪ 気に入っていただけたなら、一押しして下さい。

FC2ブログランキング

右サイドメニュー

義援金募集

FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして

検索フォーム

管理人から一言

お知らせ

管理人からのお知らせです。

PS4ゲーム『JUDGE EYES:死神の遺言』プレイ中。

『ガンダムW FT』コンテンツは不定期更新です。現在は11巻分までの感想と用語の更新を完了しました。

『ブラッディクロス』全12巻発売中! 用語集更新は全て無事終了致しました。

文庫・単行本(キャラクターノベル含む、ライトノベル含まず)の著者名別リストに移行しました。さすがに増え過ぎた(笑


今期の週間感想予定
日曜日:-
月曜日:-
火曜日:-
水曜日:-
木曜日:-
金曜日:-
土曜日:-
不定期:ピックアップ感想、ゲーム感想、模型関連など


場合によっては急遽順序等の変更もありますが、ご理解いただけますようよろしくお願いします。

管理人プロフィール

月詠

Author:月詠
埼玉県某所在住の34歳社会人。性別♂。名前は「つくよみ」と読む。

世知辛い世の中で嬉しいことも泣きたいこともサブカルチャーたちに救われています
詳細な自己紹介はこちら(2019版)。それ以前のものはこちら

コメント・TB、相互リンク受付中。下記の運営方針に詳細を記載しております。無条件に大歓迎と言うわけではありませんが、大部分の方は歓迎出来るかと思いますw

以下、ショートカット。
◇閲覧上の注意や規約など
Blogの運営方針・利用規約
他のBlog様と大差ない運営・利用規約ですが、初閲覧の方は簡単でも良いので読んで頂けるとありがたいです。閲覧、コメント等される方は利用規約を了承していると判断させていただきますので、「知りませんでした」は通用致しません。


◇アニメについて
アニメの評価について
歴代アニメ評価一覧
アニメアウォーズ! 受賞一覧


◇ゲームについて
ゲームの評価について
歴代ゲーム評価一覧


◇ブックス(本)について
小説の評価について
ブックレビュー一覧
   あ行の著者
   か行の著者
   さ行の著者
   た行の著者
   な行の著者
   は行の著者
   ま行の著者
   や行の著者
   ら行の著者
   わ行の著者
   複数の著者・その他
 文庫・単行本(キャラノベ含む、ラノベ含まず)は上気の著者名別になっています。

◇プラモデルについて
完成品一覧(グレード別)
完成品一覧(シリーズ別)
完成品一覧(トイ、フィギュア等)

◇その他リスト一覧はこちら
テレビ&シネマ
CD&DVD&BD
TYPE-MOON関連

ツリー式カテゴリー

openclose

アニプレッション!!

アニプレッション!!
アニプレッション!!とは

アニプレッション!!は、アニメブロガー達の合同ブログです。アニメについての問題意識・感想・考察・批評等の諸言説を発表し、アニメを語る事の面白さを伝える事が目標です。自分も末席に加えさせていただいております。
現在活動停止です

以下、アニプレッション!!メンバーのBlogです。

相互リンク(更新停止)

残念ながら一年以上の更新がない相互リンク先の方々です。サイト消滅の場合は消させていただきます。いずれまた復活し、交流が持てることを期待しています……