FC2ブログ

刹那的虹色世界

アニメ・ゲームのあらすじを主体とした感想や批評のブログ。時折、日記・声優・コミック・スポーツなど幅広くレビューしています。リンクフリー、相互リンク大歓迎♪

Entries

DOG DAYS EPISODE 7

DOG DAYS EPISODE 7
『宣戦布告』


≪あらすじ≫
想定外の二連戦を二連勝で納め、平穏な日常に戻ったビスコッティ。早朝には還る方法を求めながらも、ミルヒオーレや騎士団の仲間はもちろん、動物や神剣からも愛されるシンクの姿が目立つようになって来ていた。

そんな折、ガレット獅子団領から四日後の“戦”の宣戦布告。しかも、レオンミシェリは褒賞品として両国の領主の証である宝剣を差し出せと告げる。

宝剣の貸出は短期間ならば前例があったことだけに楽観視する民衆とは裏腹に、褒賞品として敵国に渡った宝剣の扱いが明記されない不信感に元老院や国の幹部はガレットがビスコッティへの侵略戦争を開始するのではないかと危惧する。

高まる民衆の熱意と民と国家を想う家臣たちの憂い。その狭間で、ミルヒオーレが下す決断は――



≪感想≫
◆若い領主二人が下す決断と過ち……の先に希望があることを願って
宣戦布告。“戦”興行を無視する形かと思われたレオンミシェリの宣戦布告は、意外なほどに領主としての強かさと狡猾さを兼ね備えていて驚いた。自国のみならず隣国の民意すら操作し切るその手腕は、ただのカリスマ性では片づけられないほど政治的手腕と人心掌握術に長けていると言わざるを得ない。

ここまで盛り上がった上でそれでも「NO」が言えるのならばミルヒオーレは領主として君主として立派なものだが、当然この手の物語で政治的駆け引きをするわけもないわけでwww それを見越したわけではないが、レオンミシェリの策謀は巧く、その真意は聖剣と神剣パラディオンを自国で一時的に接収してしまうことで、星詠みに出ていた「聖剣の持ち主ミルヒオーレと神剣の持ち主シンク・イズミは~」という対象者を指名する項目を実現させないようにすることが狙いだろう。

ここでレオンミシェリが何か一つ過ちを犯したとするならば、それは独断で全て決めた上でさらに真意を誰にも明かさなかったことだろう。独裁政治はトップが優れていれば良いが、トップが没落すれば国も一緒に転がり落ちていく諸刃の剣である。何より、そうすることによっておそらくガレットのNo.2、No.3であるだろうガウルと若本さま(マテ)の反感を買っていることが大きな問題だ。

この二人が反対するのであれば、それに賛同する者も少なからずいるはず。それは国が自滅するきっかけに十分なり得るのだ。
また、星詠みの結果という彼女だけが知り得ることを想定しても誰にも相談していないであろうことから十分客観性を欠いていると思われる。もしかしたら、レオンミシェリが視てしまった未来を実現してしまうのはこの“戦”かもしれない、というのに……(おまけに半年前まではそうしたことも想定して安全な“戦”やミルヒオーレの護衛を増やすよう助言をしておきながら、だ。これで本当にこの“戦”があの未来への引き金なら本末転倒である)。


一方、ミルヒオーレの失策は安易に国の存亡を賭けたことだろう。それを国民が理解したうえでなら良い。それは国民がそうしたデメリットを理解したうえでの決断だからだ。だが、今回ビスコッティの国民たちはそれを理解していない。いざ、“戦”が終わって宝剣を奪われてビスコッティが国として成り立たなくなったら「こんなはずじゃなかったのに」と漏らされるのが関の山だ。

領主としての在り方が私たちの感覚とフロニャルドの感覚では当然違うのかもしれない。
私たちの感覚だと、やっぱり国家は国民とその財産を守るべきだと言う認識があるから、ミルヒオーレのような安易に国の存亡を賭けごとに使うことに強い拒絶を覚える。でも、もしかしたらフロニャルドの感覚だとそんなことはないのかもしれない。手厳しいかもしれないが、国民が領主に仕えているだけでその領主が衰退し滅べば別の領主に仕えれば良いという感覚が私たちよりも強いのかな。

だからミルヒオーレは“戦”を受けるならば、まず国民にそのことを告げて同意を得るべきであった(まぁ、ミルヒオーレが領主になるくらいなのだから、王制の国家ではそういう同意を得る概念がないのだと思うけど)。あるいは、“戦”そのものを断るべきだった。
戦闘や決闘を受けると誰もが思う中で拒んだ展開で思い返すのは、『ガンダムW』のミリアルドとトレーズのシーンだろうか。トレーズが地球代表として決闘を申し入れるが、コロニー代表のミリアルドは「コロニーの民を背負っている自分は決闘などという個人的な形は受けられない」と拒んだ


前述のように政治的な展開を求める作品ではないので、ここで“戦”を仕掛けてしまう(受けてしまう)という二人の領主の若さゆえの過ちは、ある意味想定内のことだ。だからこそ、今回の“戦”の先に今よりも良い未来が待っているのだと信じてあげるのが、視聴者としてのスタンスかなと思っている。


そういえばどうして宝剣の貸出期間は60日なのか? 30日で預言は覆せるはずなのだが、一応念のため長い期間を選択した、ということか。


◆例のごとくエンディング予想やりますw
あんまりエンディング予想って好まれることじゃないとは思うんですけどねw いや、当たっていたらネタバレになってしまうわけで……。

でも、これくらいのシリアスさを少なめに描かれた作品だとこうした予想もまた一興かな、とも思ってます。これがもっとこうハードな作品や、あるいはオチが大切なコメディ・ギャグ作品だと一興どころか興醒めですけどね(苦笑

追記後に反転して記載しているので、閲覧したくない方には見れない仕様にはなっているかと思うので、ネタバレ厳禁・拒絶な方も安心して本文は閲覧して頂けますので、その点はご安心をw



EPISODE 8『開戦の日』

◆『DOG DAYS』エンディングまでの道のり予想・その2
以下反転

宝剣を賭けた“戦”興行に挑むビスコッティ。しかし、この“戦”で宝剣を奪うことによって星詠みの予言を覆そうとするレオンミシェリの闘気は凄まじく、圧倒的な気迫と戦闘力でビスコッティ軍を撒き散らしていく。その姿に戦々恐々とするのはビスコッティの兵士たちだけでなく、ガレットの兵士たちも同じだった。

勝っても負けても楽しめるはずの“戦”興行。だが、そんな“戦”の姿はそこにはなかった。

少しずつ臆するガレットの兵士たちをも切り捨て本陣に攻め入るレオンミシェリは、騎士団も、そしてシンクも蹴散らして勝利を手中に収める。もう降参するしかないビスコッティ。しかし、ミルヒオーレは諦めることなく自らも戦場に立ち、シンクを召喚した短剣を手に取る。

ミルヒオーレを想っての“戦”なのに、そのミルヒオーレが武器を手に自分の前に立ちはだかる現実に少しずつ目的を見失うレオンミシェリ。戦果は決定的で後は時間が経つのを待つだけでも良かったはずなのに、そんな現実と焦りから彼女はミルヒオーレを倒さなければ勝利はないと錯覚し、ミルヒオーレに牙を向く。

凶刃からミルヒオーレを守るべく盾となったシンク。しかしパラディオン(の棒)が二つに切断されてしまったところで、ミルヒオーレは見ていられずに敗北を宣言。これによってビスコッティは敗北し、二つの宝剣はガレットに奪われてしまうことになった。

少しばかり時が流れて、敗戦と宝剣を奪われた現実にようやく今回の“戦”の重要性と現状の悪さを思い知った国民たち。さらにパラディオンを真っ二つにされて奪われた影響か、シンクは強制的に地球へと帰還させられてしまい、勇者まで失ったことで完全に意気消沈してしまう。

衰退の一途を辿るビスコッティ。だが、同様にガレットでも“戦”興行を楽しめるものでなくしてしまい、さらに友好国の隣国を衰退に追いこんでしまったレオンミシェリへの反発が、家臣はおろか国民からも出て来て内部分裂寸前の状態になっていた。それでもレオンミシェリはミルヒオーレの死の予言を覆すため、その言論を封殺し続ける。

このままではマズイとビスコッティは一か八か、全戦力を投入しガレットへの“奪還作戦”を提唱。奪還対象は当然二つの宝剣。レオンミシェリが拒む前に、ガウルが先手を打ちこれを了承。先のシンクとガウルの間で締結してしまった時と同様に、奪還作戦の“戦”興行は成立することに。


一方、中途半端に地球に還ってきてしまったシンクだったが、どうしてもビスコッティが気になってしまい空元気で誤魔化す日々が続く。レベッカからは目の前に迫るアイアンアスレチックの大会のことを告げられて、目標にしていたリベンジの大会がもうすぐだったことを知る。


遂に始まった奪還作戦。ビスコッティには後がない。騎士団はもちろん一兵卒まで鬼気迫る勢いでガレットに侵攻を開始し、ビスコッティ側の予想外の気迫に混乱が極まる。ガウルらは、この機に乗じ自ら戦場に出てきたミルヒオーレやエクレールらビスコッティ側の精鋭部隊を極秘裏に城内へと誘導する。

だが、そこにはガウルの行動を読んでいたレオンミシェリが待ち構えていた。エクレールたちだけではレオンミシェリを抑えきれない。しかし、ここで負ければ国民はどん底までに「がっかり」して「ショボーン」と落ち込んでしまう。

ふと、その時ミルヒオーレの脳裏を過ぎったのは早朝にシンクと遊んだ時の言葉。
「また呼んで欲しい!」
シンクのその言葉を思い出し、彼に頼り切ってはいけないと心の中でせめぎ合いながらも、ミルヒオーレは再び召喚の儀を強行して執り行う。



アイアンアスレチック大会当日。出発しようとするシンクの前には再びタマツキと魔法陣が出現する。自分がミルヒオーレたちに必要とされていると実感するシンクだが、今日はリベンジを誓ったアイアンアスレチックの大会当日。二つを天秤にかけ悩むシンクだったが、応援してくれ続けたレベッカに背中を押されて魔法陣へと飛び込んだ。



ミルヒオーレが勇者を召喚すれば、星詠みで視た未来であるミルヒオーレとシンクの二人が揃うことになる。何としてでも阻止しようとするレオンミシェリの前に、ミルヒオーレの真意を悟ったエクレールやダルキアン、さらにガウルまでもが立ちはだかる。

そんな者たちをなんとか退けて、遂にミルヒオーレの目の前にまで迫るレオンミシェリ。だが、その時上空から落下してくる人影。それは再びの召喚に応じたシンクだった。シンクの召喚に神剣パラディオンも呼応する。神々しいまでの輝きを放ったパラディオンは初めて“神剣”としての真の姿を見せ、意志があるようにシンクの手に収まった。

シンクの勇気と熱意に応じ、彼とパラディオンが放った紋章術によるひと振りは見事にレオンミシェリを圧倒する。
「私の……負けだ」
ただ素直に敗北を認めたレオンミシェリ。倒れた彼女に手を差し伸べたのはミルヒオーレだった。そこで初めてレオンミシェリは、「甘い」と思っていたミルヒオーレの優しさに強さを感じ、自分が星詠みで視た未来を告げる。

そのことを聞かされたミルヒオーレは優しく微笑み「二人で一緒に“星詠み”をしてみましょう」と提案する。昔のように二人で一緒に星詠みを始めた二人の前にはレオンミシェリが視たはずの未来は投影されず、ただ数年先の成長した二人が昔のように仲睦まじく笑っている姿が映し出されていた。その光景にレオンミシェリは涙を見せ、初めて人前で泣きじゃくった。



後日、ガレットからビスコッティに宝剣は返還され、レオンミシェリからもこの度の“戦”興行が本来の姿から外れていたことを認め、両国の国民への謝罪と改めて勝っても負けても楽しめる“戦”の開催が提案された。

レオンミシェリは自分の視た二人の死という未来が、「なんでも独りで解決しようとして誰にも頼らなかった自分への罰」「誰にも相談出来ない、弱みも見せされない自分の心の弱さが招いたこと」と分析。彼女は強くあろうとする自分とそれでも弱い自分の両方を受け入れ、昔と同じく互いに足りない部分を補い合うかのように頻繁にビスコッティにいるミルヒオーレの下を訪ねるようになり、ミルヒオーレもまたガレットのレオンミシェリに招かれるようになった。


再びの召喚に応じたことで大会に出場出来なかったと知り、必死に謝罪するミルヒオーレ。だが、シンクは笑顔で、
「また呼んでくれるって約束だったよね。守ってくれてありがとう」
と礼を述べる。

さて、「それじゃあ還ろうか」と考えたシンクだったが、前回は強制的に帰還出来たわけで具体的どうやったら帰還出来るかが見つかったわけではなかったことを思い出す。

「え……そ、それじゃあ……僕、 やっぱり還れないってことーーーーー!?」
「え、えっと、リコッタ! お願いします、なんとかシンクが還る術を!」
「わ、解ったであります!」
「はぁ、本当にすごいんだかヘッポコだか解らない勇者だな、おまえ」
「そう口にするものではないでござるよ、エクレール。勇者殿にはまたしても助けてもらったゆえ、またビスコッティでゆるりとして行けばよいでござるよ」
「お館様の言う通りですね、にんにん」

果たしてシンクは無事、地球に還れるのか……それはまた別のお話――(END)




みたいな感じでどうでしょう? え? ダルキアン卿の捜し物? 魔物? 土地神? そんなものはフラグや伏線に見せかけた引っかけです(笑 本当に歴史上のものごとで本編には関わりありませんwww

前回とはちょっと趣向を変えて、もっとお気楽にした感じですね。結局、レオンミシェリが視た未来はレオンミシェリ自身の心の問題で魔物とか関係なかった、という解釈で、しかも実現させない方向でw やっぱり、そういう方向の方がこの作品にはあってる気がする。

あとは、それ以外の伏線(かっこ内、反転注意→奪還作戦、今回の「また呼んで」やり取り、パラディオンの“神剣”モード、ガレット内でのガウルの今回の戦への反発、EDでのシンクの召喚映像など)はしっかりと回収出来るし、ラストはこの作品らしくギャグオチに出来るし、普通にこの展開なら良いなと思って妄言を爆発させてしまいました。

異論は認めます(笑 





≪TB先 参照リンク(URLアルファベット順)≫
赤字はTBが現在弾かれてしまっているBlog様です。
現在、nifty系、so-net系はほぼ全滅。livedoorは調子がいいと送れます。

・http://28903894.at.webry.info/201105/article_36.html
・http://3284allegro.blog38.fc2.com/blog-entry-2016.html
・http://abaton14.blog79.fc2.com/blog-entry-1222.html
・http://ai-mugi.blog.eonet.jp/aimugi/2011/05/dog-days-
episod-c45a.html
・http://aircastle.blog11.fc2.com/blog-entry-2342.html
・http://alicetail904.blog42.fc2.com/blog-entry-705.html
・http://ameblo.jp/brook0316/entry-10888672799.html
(http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201105150000/)
・http://ameblo.jp/wv002524/entry-10892936935.html
・http://angel-teruteru.at.webry.info/201105/article_41.html
・http://animedouganews.blog44.fc2.com/blog-entry-1939.html
・http://animetureduregusa.blog65.fc2.com/blog-entry-927.html
・http://animumeso.blog101.fc2.com/blog-entry-2600.html
・http://aniponda.blog119.fc2.com/blog-entry-991.html
・http://barthes1980.blog100.fc2.com/blog-entry-135.html
・http://bitayoshi.blog28.fc2.com/blog-entry-134.html
・http://blog.crosschannel.jp/Entry/2678/
・http://blog.goo.ne.jp/gurimoe/e/eeee8f52b05f9337108359b49
dbff282
・http://blog.goo.ne.jp/mio793/e/10cbdc0d7be93468abe4389cd6
5ea3c5
(http://plaza.rakuten.co.jp/blackwidow/diary/201105140002/)
・http://blog.goo.ne.jp/nexusseed/e/6b8c99f957065106feb2053
46c3c52e3
・http://blog.livedoor.jp/by_maria/archives/3278737.html
・http://blog.livedoor.jp/granzchesta/archives/51695383.html
・http://blog.livedoor.jp/katsux2/archives/51730143.html
・http://blog.livedoor.jp/mattari_6/archives/51740825.html
・http://blog.livedoor.jp/rin20064/archives/52179540.html
・http://blog.livedoor.jp/t_cherry398/archives/51593417.html
・http://blogs.yahoo.co.jp/geallza/62804284.html
・http://blogs.yahoo.co.jp/honeybear62444/28651870.html
・http://cristal1102.blog84.fc2.com/blog-entry-830.html
・http://disorellan.blog61.fc2.com/blog-entry-1025.html
・http://dokuatari.blog137.fc2.com/blog-entry-180.html
・http://e102128.blog54.fc2.com/blog-entry-1737.html
・http://fanblogs.jp/gyobayashi/archive/2264/0
・http://fovsaikou.blog129.fc2.com/blog-entry-1003.html
・http://gomarz.blog.so-net.ne.jp/2011-05-15-1
・http://hibikidgs.blog.fc2.com/blog-entry-708.html
・http://hienkyaku.blog50.fc2.com/blog-entry-1948.html
・http://hinaxnagi.blog31.fc2.com/blog-entry-2004.html
・http://hyumablog.blog70.fc2.com/blog-entry-2295.html
・http://kakioki60.blog129.fc2.com/blog-entry-744.html
・http://kakureotanchi01.blog20.fc2.com/blog-entry-438.html
・http://keycafe.blog27.fc2.com/blog-entry-1275.html
・http://kira47.blog58.fc2.com/blog-entry-848.html
・http://kouyanoblog.blog61.fc2.com/blog-entry-3811.html
・http://maguni.com/index.php/view/1378
・http://mapsotyo419.blog65.fc2.com/blog-entry-122.html
・http://moon12.blog.so-net.ne.jp/2011-05-15
・http://najigo.blog31.fc2.com/blog-entry-473.html
・http://nextsociety.blog102.fc2.com/blog-entry-1432.html
・http://norarincasa.blog98.fc2.com/blog-entry-249.html
・http://originscenery78121.seesaa.net/article/201256920.html
・http://rabiko.blog13.fc2.com/blog-entry-2512.html
・http://reilove.blog51.fc2.com/blog-entry-4926.html
・http://sagaturedure.blog31.fc2.com/blog-entry-4789.html
・http://saineria.at.webry.info/201105/article_11.html
・http://sakanouenokumo819.blog46.fc2.com/blog-entry-722.html
・http://scriptor.blog54.fc2.com/blog-entry-844.html
・http://seraraku2.blog59.fc2.com/blog-entry-5658.html
・http://shino134.blog22.fc2.com/blog-entry-1432.html
・http://shirokuro585.blog109.fc2.com/blog-entry-662.html
・http://shirousausa.blog106.fc2.com/blog-entry-343.html
・http://spadea.jugem.jp/?eid=10842
・http://subcul.jugem.jp/?eid=1986
・http://tako2008.blog27.fc2.com/blog-entry-395.html
・http://takotakotakoyaki.blog52.fc2.com/blog-entry-3472.html
・http://tenmasanblog.blog112.fc2.com/blog-entry-1190.html
・http://tori-toki.at.webry.info/201105/article_13.html
・http://vnr2034.blog133.fc2.com/blog-entry-940.html
・http://wendykai.blog60.fc2.com/blog-entry-1410.html
・http://yasu92349.at.webry.info/201105/article_21.html

もしよろしければ、拍手ボタンをポチッと押して下さいm(_ _)m 管理人のモチベーションが上がります(ぉ

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

Trackback

トラックバック URL
»»この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

DOG DAYS ドッグデイズ  第7話 「宣戦布告」 感想

未来という名の勝利を目指して。 「DOG DAYS」公式サイトはこちら! →http://www.dogdays.tv/ DOG DAYS 第7話感想です。 とうとう後半戦の始まりですね! 前回の衝撃のラストを思うと、...

DOG DAYS 第7話「宣戦布告」

「ほっぺもすべすべです~。」

『DOG DAYS』 第7話 感想

レオ姫の苦悩と決断を描いた回でした。 最初に星詠みで「ミルヒ姫の死」の予知を見たのが半年前だったのでしょうね。 彼女自身、星詠みが不得手だと言っていたので、当初はあまり重く受け止めていなかった...

DOG DAYS EPISODE7「宣戦布告」

ミルヒは楽しい事の前に出来る事を終わらせる派。 ミルヒと一緒に早朝の早駆けに出掛け、ミルヒの秘密の場所へ向かうシンク。 そこでシンクは、犬と遊ぶ時にやるフリスビー投げ ...

DOGDAYS 第7話「宣戦布告」

今朝はシンクと待ち合わせ♪楽しいことの前にってことで、お仕事を進めるミルヒ。ふたりで早朝の早駆け♪いわゆるデートっすか(^^)ミルヒの秘密の花畑で駆け回って遊ぶふたり。...

DOG DAYS 第7話「宣戦布告」

今朝はシンクと待ち合わせ♪ 楽しいことの前にってことで、お仕事を進めるミルヒ。 ふたりで早朝の早駆け♪ いわゆるデートっすか(^^) ミルヒの秘密の花畑で駆け回って遊ぶふたり。 神剣パラディオンを操り、フリスビーを取り出したシンク。 ・・・ごめん。...

DOG DAYS EPISODE 7 宣戦布告

DOG DAYS 第7話。 レオからの衝撃の宣戦布告、そしてミルヒの決断は―――。 以下感想

DOG DAYS 第7話 「宣戦布告」 感想

シンクとの散歩の前に政務を片付けるミルヒ。 一方のシンクは姫様のセルクルのファーランに懐かれる。 そして二人は花畑を訪れる。 運動って…… ちょ、おまっ、フリスビー投げてそれを取ってきてもらう...

DOG DAYS 第7話「宣戦布告」

「この戦に勝利しましょう! 勝って、楽しい明日を掴みましょう!」 レオ閣下がビスコッティ側に新たな戦を申し込む話。 展開が予想よりも少し遅れてる気もしますが、個人的に今週はAパートのシンクとミル...

DOG DAYS 第7話「宣戦布告」

きょうのわんこ♪(違) 朝の散歩、気持ちいいよね☆ 野原でフリスビーしたり、頭を撫でほっぺを触るとミルヒは大喜び! って扱いが まるで わんこになってるけど(^^; ▼ DOG DAYS 第7話「宣戦布告」  シンクはすっかりパラディオンを使いこなしてます?...

DOG DAYS 第07話

関連リンクhttp://www.dogdays.tv/ EPISODE 7 宣戦布告レオ姫は予言を覆すためになにかしようと思っているようだが果たしてそれは一体…。ミルヒオーレとの朝のお散歩(デートだよねw)そこで姫様をまるで犬扱いですねフリスビー取ってこいだしwシンクはシンクでフリ...

DOG DAYS 第07話 感想

 DOG DAYS  第07話 『宣戦布告』 感想  次のページへ

DOG DAYS 第7話 「宣戦布告」

「これを僕が放り投げますから、姫様はそれを取ってきてほしいんです」 姫様を犬扱いしてフリスビーで遊ぶ勇者シンクww 姫様も血が騒ぐのかシッポ振ってとても楽しそう(つ∀`) ああ、姫様の犬としての本能が目覚めてしまったのかなw

DOG DAYS #7

【宣戦布告】 DOG DAYS 2(完全生産限定版)(Blu-ray Disc)著者:TVアニメアニプレックス(2011-08-24)販売元:Amazon.co.jpクチコミを見る 頭を撫でて~ほっぺを触って~♪ 

「DOG DAYS」第7話

戦が、始まる・・・ 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201105150000/ DOG DAYS 1 【完全生産限定版】 [Blu-ray] posted with amazlet at 11.05.11 アニプレックス (2011-07-27) 売り上げランキング: ...

DOG DAYS・第7話

「宣戦布告」 前夜の約束の、「朝の散歩」を楽しむシンクとミルヒオーレ。前日に続いて楽しいひととき。だが、城に戻った二人を待っていたのは…… 朝の散歩(というか、朝駆け) ミルヒオーレ姫の「秘密...

DOG DAYS EPISODE 7 「宣戦布告」

 国民に向かって話すミルヒオーレはどこのアイドルですか?

DOG DAYS 7話「都築さんの作家性はキャラへの惜しみない愛情にあり」(感想)

やばい、だんだんミルヒに感情移入してきた。 都築作品は自然にキャラへ感情移入してしまう事。 キャラクターへの惜しみない愛情が伝わります。 今回は前回を受けてのシリアス展開。 レオ姫の演説と...

DOG DAYS 第7話 『宣戦布告』

「勝って、楽しい明日を掴みましょう!」 ガレットからの急な宣戦布告。 レオ姫、これでいいの…?(´・ω・`) ▼シンク、場所代わってくださいお願いします_○/|_ シンクとミルヒは「早朝早がけ」...

DOG DAYS 第7話 「宣戦布告」 感想

ガウルが思っていたよりも思慮深くて見直しました。 もっと単純な戦闘バカかと思っていたので。 シンクは、ミルヒオーレを犬扱いしていないですか(笑)  DOG DAYS 公式サイト DOG DAYS 1 【完...

DOG DAYS 7話「宣戦布告」

レオ姫は覚悟の上で今回の決断をしたんですね。かなり悩んだんでしょう・・・ PRESENTER(2011/05/25)堀江由衣商品詳細を見る

DOG DAYS 第1話 ~ 第7話 宣戦布告

DOG DAYS 第1話  ~ 第7話 宣戦布告 国同士の「戦」が頻繁に行われる世界「フロニャルド」。隣国ガレット獅子団領国からの侵略戦争を受けるビスコッティ共和国。ガレット獅子団領国の頭首レオン・ミシェ...

【DOG DAYS】7話 ミルヒ姫様、マジペット

DOG DAYS #07 宣戦布告 510 名前:風の谷の名無しさん@実況は実況板で[sage] 投稿日:2011/05/14(土) 23:58:09.40 ID:bTjoCmMb0 シンクの揺るぎないメス犬扱い見事でした。まさに勇者 489 名前...

『DOG DAYS』 6話「星詠みの姫」

ミルヒとシンクが、互いにフリスビーの投げ合いっこ楽しそう。 しっぽが付いてなければ、犬ってこと忘れてた。 ミルヒといるときのシンクはいつも楽しそう。

DOG DAYS 第7話「宣戦布告」

星を詠んで未来を見通す力がレオを焦らせるのか、それとも見えない力に操られているのか。最近の心変わりも突然の宣戦布告も、緊迫感漂うシリーズ後半は彼女の動向が鍵を握ることになりそうだ。...

DOG DAYS 第7話「宣戦布告」感想

姫様とデートいいなぁ。 そして閣下の戦線布告。

DOG DAYS 第7話 「宣戦布告」

■DOG DAYS 第7話 「宣戦布告」 脚本:都築真紀 絵コンテ:島津裕行 演出:中山敦史 作画監督:北村友幸 総作画監督:坂田理 前回、なぜレオ姫はあそこまでしてミルヒ王女とシンクの死を回避しよう...

DOG DAYS 第07話 「宣戦布告」 感想

これ完全に愛撫だよね 今回はシンクのミルヒ姫の扱いが完全に犬のそれでワロタwwww シンクは鬼畜勇者じゃね?と散々疑ってたわけだけど、まさかミルヒ姫は既に調教済みだったとは…(; ・`д・´)…ゴクリ...

DOG DAYS EPISODE 07『宣戦布告』

ミルヒはシンクとのお散歩前に早朝からお仕事をする。 楽しいことの前にできることをやっておく。なんとなくわかる、その気持ち^^

DOG DAYS EPISODE 07『宣戦布告』 感想

ミルヒの優しさとレオの強さ。

DOG DAYS EPISODE 7「宣戦布告」

DOG DAYS EPISODE 7「宣戦布告」です。 さて、先週のラストにシリ

DOG DAYS 7話

宝剣を取り上げてしまえば運命を覆せるんですね? オゥ、考えてやるよ(覆るとは言ってない) というわけで、 「DOG DAYS」7話 ディスコミュニケーションの巻。 レオ閣下=暁美ほむら説を提唱した...

DOG DAYS 第7話 (レビュー/感想)

第7話 『宣戦布告』

『DOG DAYS』第7話

第7話「宣戦布告」宝剣と神剣を賭けて戦じゃ~!!

DOG DAYS #7「宣戦布告」

レオ閣下からの衝撃の宣戦布告!! これまでの戦とは別物のようだが・・・  DOG DAYS 第7話の感想。

DOG DAYS 第7話「宣戦布告」

前回の引きの割に戦自体は普通の興行なのか。 てっきり、マジもんの戦争来るかと思ってたんだが・・・ SCARLET KNIGHT水樹奈々 キングレコード 2011-04-13売り上げランキング : 30Amazonで詳しく見る by G-Tools

DOG DAYS 第7話 宣戦布告

ミルヒオーレと約束通り、朝の散歩。 シンクはフリスビーをミルヒオーレとするんですが、犬扱いじゃないか… 実際は互いに投げ合うのだから、そんな気はないのかもしれませんが… ...

DOG DAYS 7話感想

朝も早よから公務に励むミルヒ姫。。。何を隠そう、それはシンクとお散歩の時間を作るためだったのだ(・∀・) なんともいじらしいじゃありませんか/// 一頭のセルクルに二人乗りし、二人っきりで出かけるの...

DOG DAYS 第7話「宣戦布告」 

シンクとミルヒ姫、朝でえと! 犬設定フル活用で笑ったw シンクはミルヒをフリスビー犬にでもするつもりでしょうか(^_^;) 姫様もおしっぽふりふり全開、本能には逆らえませんね~ 元の世界に帰れないと...

DOG DAYS 第7話 「宣戦布告」 感想

あんなに一緒だったのに―

DOG DAYS 第7話

第7話『宣戦布告』DOG DAYS 1 【完全生産限定版】 [Blu-ray]今回は・・・また戦争?

DOG DAYS 第7話 宣戦布告 レビュー

朝…シンクと約束のあるミル姫はシンクと会う前に、仕事を こなしていた。ビスコッティはこの前からの二連勝で、国の人々も だいぶ元気になっているようで、武器の量産を頼んでおいたのも 予定よりちょっと早くできあがっている様子。 仕事を終えたミル姫は、シンクと一緒...

(感想)DOG DAYS 第7話「宣戦布告」

DOG DAYS -ドッグデイズ- 第7話「宣戦布告」 レオンはもうどうしようもないくらいに追い詰められているのでしょうね・・・ 一方で、ミルヒも悩み・・・あっ、でもフリスビーで喜ぶ一面もあってまだ和やか?

DOGDAYS:7話感想

DOGDAYSの感想です。 どっちつかずな展開ですね。

DOG DAYS 第7話「宣戦布告」

DOG DAYS 第7話「宣戦布告」 朝から判子を押して、シンクとのデー・・・もとい散歩に楽しく出かけるミルヒ。髪下ろしたらあっという間に大人っぽくなる不思議。 花畑で何をするかと思えば、シンクはパラディオンをフリスビーに変化させ、ミルヒに取ってこさせる。どう...

DOG DAYS 第07話 「宣戦布告」

前回散歩ができないフラグだと思ってたらそんなことはなかった。 というかシンクの姫様の扱いが犬そのものでワロタ。 シンクはパラディオンをかなり使いこなしてるみたいですね。 ミルヒも聖剣エクス...

DOG DAYS 第7話 「宣戦布告」

平和が訪れたビスコッティのどかな時を過ごすシンクとミルヒだが レオが突然の宣戦布告を行う

DOG DAYS 第7話 「宣戦布告」

フロニャルドの平和な時の中に風雲急を告げるレオ姫の会見とは・・・

DOG DAYS ドッグ・デイズ 第7話『宣戦布告』の感想レビュー

文字通り、閣下の宣戦布告回でしたが、みんな戦争歓迎ムードなのがテラシュールでしたね。 (^_^;) 要するに、『ビスコッティの宝剣を二本をまるっと奪ってしまえばおk。』という考えだったのでしょうが、星詠みがメジャーで実用的な世界観なら、全部打ち明けて正式に借...

DOG DAYS EPISODE7「宣戦布告」

こんばんは、マサです。 「マヨナカテレビ」、放映中です。 0時から、どれくらいの時間放映されているか分かりませんが。(汗 まだ少しのシーンしか流れておりません。 18日0時が楽 ...

DOG DAYS 第7話「宣戦布告」

PRESENTER全13話らしいので、ちょうど折り返し地点ですね。 今回はシンクがミルヒを調教・・・もとい散歩w

DOG DAYS 第7話 「宣戦布告」

DOG DAYS 第7話 「宣戦布告」 感想です デートですよ~

DOG DAYS 第7話

ミルヒオーレ姫とシンクは、朝の散歩に出かけた。 シンクは、そこで指輪からフリスビーを出し、姫様と遊ぶことに。 ミルヒオーレ姫は、大層その遊びが気に入ったようで、シンクとはしゃいで 遊んでいた。 シンクは休んでいる時に、姫様から指輪の中にあるビスコッティ...

DOG DAYS 7

第7話 「宣戦布告」 まったり獣耳アニメ、緊迫感が全く無い中、サブタイは「宣戦布告」ときた。 多忙の姫様ですが、シンクとのお遊戯時間は取り分けているようで。 何をするかと思えば、フリスビーかよ。 もう完全にイヌ扱い(笑) 高く上がったフリスビーをキャ...

DOG DAYS 第7話 「宣戦布告」 感想

前回。主人公と姫に死亡フラグが成立しました。 このフラグを潰すことがおそらく、12話ぐらいまでの目標ですかね? というか、1クール? 2クール?  2クールぐらいやって欲しいな~(^▽^) DOG DAYS 1 【完全生産限定版】 [Blu-ray](2011/07/27)宮野真守、堀江?...

薄い本wktk(DOGDAYS 第7話レビュー)

DOG DAYS EPISODE7「宣戦布告」 ★★★★☆

ドッグデイズ7話「『戦』」

最近、うまく要点が整理された記事が書けませんね・・・ 今回の感想も、悔いが残るものになってしまいました。

DOG DAYS #07 『宣戦布告』 感想

  互いが互いの信じるものを守るため、物語は新たな展開へ―

左サイドMenu

カウンター

祝2,000,000Hit達成♪ とうとう大台突破。これも皆様のおかげでございます(o ̄∀ ̄)ノ

カレンダー(月別)

09 ≪│2019/10│≫ 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

ガンダムシリーズ

◆新機動戦記ガンダムW◆

新機動戦記ガンダムW BD-BOX1

OVA・続編含め『新機動戦記ガンダムW』全般を応援してます♪
ガンダムW関連 まとめページ
感想、用語、企画など全ページへのリンクがあります。ご利用ください

2016/05/04 12巻分の用語一部更新しました

《用語》
用語集
ア行
カ行
サ行
タ行
ナ行
ハ行
マ行、ヤ行
ラ行、ワ行
英字行
登録キャラクター名一覧
キャラクター詳細
ア行
カ行
サ行
タ行
ナ行
ハ行
マ行、ヤ行
ラ行、ワ行、英字行

メカニック図鑑
メカニック用語詳細
年表

《企画》
年代考察
勢力図まとめ
AC暦におけるMS史(コラム)

◆ガンダムモビルスーツバイブル◆

GMB001_20190322210057cc3.jpg

まとめページ

◆機動戦士ガンダム00◆

GUNDAM OOQ
用語集などは特にありませんが、劇場版の感想は全十回というボリュームでコラム風に書かせていただきました。よろしければどうぞ。
ガンダム00関連 まとめページ

◆鉄血のオルフェンズ◆

81TuctHvlZL__CR88,0,1536,1536_
各回の感想のまとめだけ。
鉄血のオルフェンズ まとめページ

米山シヲ 応援エリア

◆梅衣堂ひよと旦那様の野望◆

1-2-2

『梅衣堂ひよと旦那様の野望』待望第1巻発売中

月刊少年ガンガンで現在連載中『梅衣堂ひよと旦那様の野望』を応援中。『ブラクロ』と同じように独自用語集も製作中!

公式特設ページ

独自用語集
第1巻

◆ブラッディ・クロス◆

ブラクロサムネ

月刊少年ガンガンで完結した『ブラッディ・クロス』をプッシュしています♪ 独自用語集あります! 

公式特設ページ

独自用語集
キャラ紹介-混血勢力-
キャラ紹介-天使勢力-
キャラ紹介-堕天使勢力-
キャラ紹介-アルカナ-
キャラ紹介-神葬-
キャラ紹介-その他-


最近の記事

最近のコメント

<>+-

最近のトラックバック

メールフォーム

管理人に何か言いたいことがあれば、ここからどうぞ♪

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード

QR

友達申請フォーム

FC2ブログランキング

FC2のブログランキングに参加中♪ 気に入っていただけたなら、一押しして下さい。

FC2ブログランキング

右サイドメニュー

義援金募集

FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして

検索フォーム

管理人から一言

お知らせ

管理人からのお知らせです。

PS4ゲーム『JUDGE EYES:死神の遺言』プレイ中。

『ガンダムW FT』コンテンツは不定期更新です。現在は11巻分までの感想と用語の更新を完了しました。

『ブラッディクロス』全12巻発売中! 用語集更新は全て無事終了致しました。

文庫・単行本(キャラクターノベル含む、ライトノベル含まず)の著者名別リストに移行しました。さすがに増え過ぎた(笑


今期の週間感想予定
日曜日:-
月曜日:-
火曜日:-
水曜日:-
木曜日:-
金曜日:-
土曜日:-
不定期:ピックアップ感想、ゲーム感想、模型関連など


場合によっては急遽順序等の変更もありますが、ご理解いただけますようよろしくお願いします。

管理人プロフィール

月詠

Author:月詠
埼玉県某所在住の34歳社会人。性別♂。名前は「つくよみ」と読む。

世知辛い世の中で嬉しいことも泣きたいこともサブカルチャーたちに救われています
詳細な自己紹介はこちら(2019版)。それ以前のものはこちら

コメント・TB、相互リンク受付中。下記の運営方針に詳細を記載しております。無条件に大歓迎と言うわけではありませんが、大部分の方は歓迎出来るかと思いますw

以下、ショートカット。
◇閲覧上の注意や規約など
Blogの運営方針・利用規約
他のBlog様と大差ない運営・利用規約ですが、初閲覧の方は簡単でも良いので読んで頂けるとありがたいです。閲覧、コメント等される方は利用規約を了承していると判断させていただきますので、「知りませんでした」は通用致しません。


◇アニメについて
アニメの評価について
歴代アニメ評価一覧
アニメアウォーズ! 受賞一覧


◇ゲームについて
ゲームの評価について
歴代ゲーム評価一覧


◇ブックス(本)について
小説の評価について
ブックレビュー一覧
   あ行の著者
   か行の著者
   さ行の著者
   た行の著者
   な行の著者
   は行の著者
   ま行の著者
   や行の著者
   ら行の著者
   わ行の著者
   複数の著者・その他
 文庫・単行本(キャラノベ含む、ラノベ含まず)は上気の著者名別になっています。

◇プラモデルについて
完成品一覧(グレード別)
完成品一覧(シリーズ別)
完成品一覧(トイ、フィギュア等)

◇その他リスト一覧はこちら
テレビ&シネマ
CD&DVD&BD
TYPE-MOON関連

ツリー式カテゴリー

openclose

アニプレッション!!

アニプレッション!!
アニプレッション!!とは

アニプレッション!!は、アニメブロガー達の合同ブログです。アニメについての問題意識・感想・考察・批評等の諸言説を発表し、アニメを語る事の面白さを伝える事が目標です。自分も末席に加えさせていただいております。
現在活動停止です

以下、アニプレッション!!メンバーのBlogです。

相互リンク(更新停止)

残念ながら一年以上の更新がない相互リンク先の方々です。サイト消滅の場合は消させていただきます。いずれまた復活し、交流が持てることを期待しています……