FC2ブログ

刹那的虹色世界

アニメ・ゲームのあらすじを主体とした感想や批評のブログ。時折、日記・声優・コミック・スポーツなど幅広くレビューしています。リンクフリー、相互リンク大歓迎♪

Entries

Steins;Gate 第5話

Steins;Gate 第5話
『電荷衝突のランデヴー』


≪あらすじ≫
IBN5100を入手した倫太郎は、ダルにIBN5100を使える状態にするよう指示を出す。倫太郎と一緒にIBN5100を運んだ紅莉栖は好奇心に勝てず、ラボに顔を出して事態の結末を見届ける決意をする。

ダルに頼まれてパーツ集めに奔走する倫太郎。彼の前に姿を現したのは、ラボの一階でアルバイトをしている“バイト戦士”こと鈴羽。彼女は紅莉栖を見つけるなり睨みつけ、取材用ヘリが空を横切ると身を隠すように屈むなど不自然な行動が目立つ。倫太郎は鈴羽にそのことを尋ねるが、鈴羽はそれをはぐらかす。

ダルによって使用可能になったIBN5100。ついに倫太郎、ダル、そして紅莉栖はSERNが隠蔽するゼリーマンズレポートの解読に入る。そこには倫太郎の妄想を具現化したような現実が記載されていて――



≪感想≫
◆無駄のないキャラクター配置? -主役たちに見る存在意義-
基本的にキャラクターとは無駄のない形が理想だと思う。まぁ、“遊び”としてのキャラクターがいるのは、それはそれで味がある形だとも思うが。

本作において、ひとまず主要なキャラクターたちにはまるで無駄がない。そのことを如実に示したかのような第5話ではなかっただろうか?

SERNのタイムマシン占有という陰謀が現実味を帯びて来て、本作もいよいよ岡部倫太郎の厨二病的な妄想もただの妄想では済まなくなってきた。そんな中でラボに出入りする主役四人はそれぞれに存在意義を見せつけてくれる。
・コンピュータを中心にメカに圧倒的に強い頼れる相棒であるダル
・天才的な頭脳と国際的に標準語である英語をマスターする助手の紅莉栖
・個性の強過ぎるメンツの潤滑油を務めるトゥットゥルーなまゆり
・突飛なアイディアと別の世界線の記憶を持つキーパーソンで主役の倫太郎
それぞれに特色があるキャラクター性はもちろんのこと、この誰が欠けても今の現状はない展開を見せるストーリーとの連動が非常に強い。

最近はキャラクター在り気でストーリーが構成されたと思われる作品も少なくない(それはそれでそのキャラクターの魅力を最大限に引き出せるものであるならば問題はないが)。そんな中で本作が、キャラクター在り気ではなく、ストーリー在り気で組まれた作品であることを、強く感じさせてくれると同時に、だからこそ今後の展開にとても期待出来る。


さて、魅力的で存在意義を強く持つ本作のキャラクターたち。RPGに例えれば『勇者』は倫太郎みんなの癒しであるまゆりは『僧侶』手先が器用で便利スキルを保有するダルは『盗賊』で、天才的な頭脳を持つパーティのブレインである紅莉栖は『魔法使い』や『賢者』と言ったところか。

そうなると、理想を言えばあとは体術や銃火器に精通した『戦士』がいれば、パーティとしては申し分ないか。『戦士』候補は倫太郎の言葉を律儀に守って妖刀(?)を振るうルカや、ありきたりだがバイト“戦士”の鈴羽が当てはまるのだろうか……。



◆序盤で敵でないことが判明した鈴羽
倫太郎を主役とした時、明らかに怪しかったキャラの一人・鈴羽。紅莉栖を非常に危険視し敵視すらする中で、それでも鈴羽がおそらく倫太郎の敵ではないだろうことはほぼ判明したと言っていいのではないだろうか。

その最大の理由は、彼女が見せたド派手なリアクションだ。もし、倫太郎に対して敵対する勢力(SERN?)の一員だとすれば、明らかに怪しまれてしまうような紅莉栖への態度や飛行するヘリへの対応は失態と言わざるを得ない。敵対する相手の目の前でわざわざ怪しまれるような行動は普通取らない。ならば、その逆だと言うことではないだろうか?

倫太郎がいて気を許していたから紅莉栖が居たことや上空をヘリが飛んでいることに気づいてその態度をあからさまにしてしまった。

そう考えれば、鈴羽にとって倫太郎は気を許して良い相手と認識していることになり、メアドを交換して気を許すようなメールまで送っているわけだから、まず倫太郎にとっても敵ではないだろう(味方でもないかもしれないが)。

そもそも鈴羽はもしかしたら未来から来たエージェントの可能性があるわけだ。ありきたりだが、花火の存在を知らなかったことは大きい。紅莉栖も花火に反応していたが、彼女は存在もどういうものなのかも知っていたわけだ。だが鈴羽は存在すら知らなかった(あるいは人伝に聞いたことがある程度)。ヘリに関しても、もし未来がタイムマシンの独占によってSERNのものになっていて、それに反抗する勢力と争いを続けているなら、上空を飛ぶヘリを危険視するのも理由がつく。

もちろん、彼女は未来ではなく単純に戦地で育った(それはそれで特殊だが)という可能性もないわけではない。だが、それならばヘリに対する反応は逆に不自然だ。現代の日本が世界的に見ればまだまだ高水準で安全な国であることは明白で、いきなり上空のヘリから爆撃されると言う発想はまず出ない。そうした反応が出てしまうということは、鈴羽の中で「安全ではない日本」の印象があるからではないだろうか。そう考えれば、鈴羽が知る日本は安全ではなく、そして鈴羽は安全ではない日本が存在する世界線や未来から来た可能性があるとも考えられる。

IBN5100に対してのみ詳しかったのも、もし彼女がその存在価値を知らしめされた未来から来たと考えれば……と可能性は確実に広がるわけである。

こうして鈴羽が敵ではなさそうだと解るなら、俄然怪しくなるのはやはりシャイニングフィンガーこと萌郁になるのか。登場回数が確実に減ってきているが、だからこそ嵐の前に静けさっぽくて怖い。



まぁ、もしこれで敵だったらちょっとショックだね(苦笑 いや、最大のショックはこれで紅莉栖がラスボスだったら本気で騙されたと思うw まぁ、現状を考えればたぶん紅莉栖のラスボスはないとは思うけれど。

紅莉栖と言えば、@ちゃんねる用語(現代の2ch用語)を平然と日常会話で使える辺りがいろいろと新しいタイプのヒロインかもしれないと思う。新しいタイプっていうか、この手のタイプは前から居そうだから珍しいタイプ、か。
普通なら「そこに痺れる、憧れる」というフレーズはなかなか使わないしね。

いや、それよりも泣きそうになってる理由を自分から口にしてしまう辺りは、かなり毒されてるよね、紅莉栖www 

紅莉栖への萌えって、行動じゃなくて言葉なんだよね。行動はクールで知的な天才少女なのだけど、その口から出る言葉は少女のものだったり、@ちゃんねらー的なものだったりして、それに対して彼女が隠そうと恥ずかしがるから可愛く見える。


うん、紅莉栖の愛で方を少しずつ理解してきた(マテコラ



≪TB先 参照リンク(URLアルファベット順)≫
赤字はTBが現在弾かれてしまっているBlog様です。
現在、nifty系、so-net系はほぼ全滅。livedoor系は調子がいいと送れます。

・http://28903894.at.webry.info/201105/article_10.html
・http://adria7.blog92.fc2.com/blog-entry-691.html
・http://alicetail904.blog42.fc2.com/blog-entry-688.html
・http://altria98.blog113.fc2.com/blog-entry-790.html
・http://ameblo.jp/brook0316/entry-10875954458.html
(http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201105040000/)
・http://angel-teruteru.at.webry.info/201105/article_10.html
・http://animedouganews.blog44.fc2.com/blog-entry-1978.html
・http://animegm.blog.fc2.com/blog-entry-123.html
・http://animetureduregusa.blog65.fc2.com/blog-entry-898.html
・http://animumeso.blog101.fc2.com/blog-entry-2580.html
・http://aniponda.blog119.fc2.com/blog-entry-967.html
・http://blog29taka.blog107.fc2.com/blog-entry-1316.html
・http://blog.crosschannel.jp/Entry/2659/
・http://blog.goo.ne.jp/gurimoe/e/82e886b66cf1949c0ad4faa95e09
8664
・http://blog.goo.ne.jp/mio793/e/ade1175d069c561a1eb56f03b7bb1712
(http://plaza.rakuten.co.jp/blackwidow/diary/201105040000/)
・http://blog.goo.ne.jp/nijigen-complex/e/1ed2b3726f30f6539f14
cf789d905b44
・http://blog.livedoor.jp/electro_railgun/archives/51795571.html
・http://blog.livedoor.jp/mattari_6/archives/51736658.html
・http://blog.livedoor.jp/mjotvithr/archives/2671321.html
・http://blog.livedoor.jp/myfoolishdays/archives/51676568.html
・http://blog.livedoor.jp/puzzlize/archives/51757506.html
・http://blog.livedoor.jp/rin20064/archives/52176097.html
・http://blog.livedoor.jp/soul_mu/archives/65557915.html
・http://blog.livedoor.jp/t_cherry398/archives/51590836.html
・http://blog.livedoor.jp/voler/archives/52793949.html
・http://blog.livedoor.jp/youotu-roro/archives/2655725.html
・http://blogs.yahoo.co.jp/tebuku/28568234.html
・http://bluebluesilvermoon.blog38.fc2.com/blog-entry-3478.html
・http://cristal1102.blog84.fc2.com/blog-entry-775.html
・http://dokuatari.blog137.fc2.com/blog-entry-160.html
・http://e102128.blog54.fc2.com/blog-entry-1727.html
・http://enkaigakari.seesaa.net/article/199135374.html
・http://fanblogs.jp/gyobayashi/archive/2252/0
・http://fllayg.com/?e=2079
・http://haruhiism.blogism.jp/archives/52132755.html
・http://hibikidgs.blog.fc2.com/blog-entry-688.html
・http://hienkyaku.blog50.fc2.com/blog-entry-1924.html
・http://hyumablog.blog70.fc2.com/blog-entry-2277.html
・http://ilikemanga.blog87.fc2.com/blog-entry-1130.html
・http://innamiblog.blog28.fc2.com/blog-entry-80.html
・http://junkheadnayatura.blog24.fc2.com/blog-entry-1644.html
・http://kagura77.blog99.fc2.com/blog-entry-2770.html
・http://kakioki60.blog129.fc2.com/blog-entry-729.html
・http://kaleidoscopez.blog80.fc2.com/blog-entry-1305.html
・http://kenohito.blog67.fc2.com/blog-entry-981.html
・http://keropo2.blog.shinobi.jp/Entry/922/
・http://kodoku21.blog83.fc2.com/blog-entry-1510.html
・http://kouyanoblog.blog61.fc2.com/blog-entry-3790.html
・http://lessiy.jugem.jp/?eid=2497
・http://luvnail.blog46.fc2.com/blog-entry-1144.html
・http://maguni.com/diary.cgi?no=1368
・http://merkmals.blog31.fc2.com/blog-entry-1671.html
・http://mikihara.blog70.fc2.com/blog-entry-2620.html
・http://monochromenote.blog114.fc2.com/blog-entry-1357.html
・http://naruhya.blog.so-net.ne.jp/2011-05-04
・http://nekoko.at.webry.info/201105/article_5.html
・http://ohayoblog2.blog99.fc2.com/blog-entry-133.html
・http://okirakutama.blog108.fc2.com/blog-entry-244.html
・http://picoro106.blog39.fc2.com/blog-entry-5114.html
・http://pottopetoru.blog22.fc2.com/blog-entry-1154.html
・http://rabiko.blog13.fc2.com/blog-entry-2509.html
・http://ren.anime-japan.net/Entry/980/
・http://sagaturedure.blog31.fc2.com/blog-entry-4759.html
・http://scriptor.blog54.fc2.com/blog-entry-797.html
・http://seigenjikan.blog2.fc2.com/blog-entry-1923.html
・http://seraraku2.blog59.fc2.com/blog-entry-5621.html
・http://shinsakuranikki.blog90.fc2.com/blog-entry-4099.html
・http://shirokuro585.blog109.fc2.com/blog-entry-646.html
・http://shittakaanime.blog86.fc2.com/blog-entry-312.html
・http://sironsiron.blog70.fc2.com/blog-entry-1202.html
・http://soraxcan.blog59.fc2.com/blog-entry-2648.html
・http://spadea.jugem.jp/?eid=10721
・http://strawcat.blog12.fc2.com/blog-entry-3019.html
・http://subcul.jugem.jp/?eid=1970
・http://sukothi55.blog71.fc2.com/blog-entry-199.html
・http://takaoadventure.blog98.fc2.com/blog-entry-2332.html
・http://tenmasanblog.blog112.fc2.com/blog-entry-1179.html
・http://tori-toki.at.webry.info/201105/article_5.html
・http://ttyuasa.blog69.fc2.com/blog-entry-230.html
・http://umaretate.seesaa.net/article/199361571.html
・http://yamitarou.blog75.fc2.com/blog-entry-2844.html
・http://yusyu.blog34.fc2.com/blog-entry-889.html
・http://zaregoto2nd.blog95.fc2.com/blog-entry-1313.html

もしよろしければ、拍手ボタンをポチッと押して下さいm(_ _)m 管理人のモチベーションが上がります(ぉ

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

Trackback

トラックバック URL
»»この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Steins;Gate シュタインズゲート 第5話 「電荷衝突のランデヴー」 感想

Error.Human is Dead, mismatch ... 「Steins;Gate」公式サイトはこちら! →http://steinsgate.tv/index.html Steins;Gate 第5話感想です。 ついにSERNの隠された実験を知ってしまった岡部...

STEINS;GATE 第5話 「電荷衝突のランデヴー」

「マジ!?すげーよ流石オカリン!僕達にはできないことを平然とやってのける!そこに痺れる」 「憧れないけどね。」 牧瀬紅莉栖、貴様見ているなッ!(@チャンネルかjojoをw) クリスはこれは@チャンネルで学んだことなのかJOJO好きなのか、今までの掛け合い的に考える...

Steins;Gate 第5話「電荷衝突のランデヴー」 感想

ジョジョネタ好きやね(笑)。 いや、今回は流石に怖かったですね。深夜に一人で観てるので尚更。 TVにリアルな映像が映し出される度にちょっとビビってしまった。あのむごい人体実験の数々・・・ そりゃあへコむよなあって思ったけど オカリンがそこでへコんで...

STEINS;GATE第五話 感想

研究に身を置くものだけが漂わせる知性と恍惚のポーズ 「STEINS;GATE」第五話感想です。 Steins;Gate(限定版) 特典 電話レンジ(仮)マスコット付ストラップ付き(2011/06/23)Sony PSP商品詳細を見る

STEINS;GATE(シュタインズ・ゲート) 第1話 ~  第5話 電荷衝突のランデヴー

STEINS;GATE(シュタインズ・ゲート) 第1話 ~  第5話 電荷衝突のランデヴー 舞台は「ニュージェネレーションの狂気」による渋谷崩壊から1年後の秋葉原。秋葉原を拠点とする総勢3人の小さな発明サークル...

【Steins;Gate 第五話 電荷衝突のランデヴー -Starmine Rendezvous- 感想】

シュタゲも早5話でございますが、未だに感想を書くのが苦手でございまして・・・ でもそろそろ本編にも触れていかないとキャラブヒレビューもマンネリ化の糸をたどるばかりで・・・ そういった意味で今...

Steins;Gate シュタインズゲート 第5話 「電荷衝突のランデヴー」感想

このジワジワと来る感じが堪りませんね。 深まる謎と徐々に明かされる真実、このバランスが絶妙なこの作品。 続きが気になって仕方がありません。 また、今回はギアチェンジしてきた印象が残りますね。 良くアニメは3話までは見ろと言われますが、これは1速からギアチェ…

Steins;Gate 【5話】 「電荷衝突のランデヴー」

シュタイン、5話。 IBN5100を持ち運ぶ2人。 ・・・視聴を終えて・・・ 今回もいろいろな意味で難しかったと言えるでしょう。 ただ、40年前からSERNは、タイムトラベルの実験を行っており、人体実験も行われていた。 これは事実のようです。 そして、そ...

Steins;Gate 第5話 電荷衝突のランデヴーとパラダイム。

■第5話 電荷衝突のランデヴー IBM5100を手に入れて、いよいよ物語の方向性が見えて来たSteins;Gate。今思い出しましたが、私の中学時代の理科の教師が岡部倫太郎のモデルになったのでは?と疑いたくな...

STEINS;GATE 第5話「電荷衝突のランデヴー」

「STEINS;GATE」オーディオシリーズ ☆ラボメンナンバー008☆阿万音鈴羽(2010/11/24)阿万音鈴羽(田村ゆかり)、田村ゆかり 他商品詳細を見る  阿万音 鈴羽がクリスに激しい殺意を向けていました。小説で読んだ...

STEINS;GATE(シュタインズ・ゲート) 第5話「電荷衝突のランデヴー」

オカリンは白衣フェチ!(Ψ▽Ψ*) 「共に手を突っ込んで立とうではないか!」 なにその白衣ごっこw 厨二を通り越してもはやなんだかわからない。゚(゚ノ∀`゚)゚。 でも楽しそう♪ IBN5100を手に入れ、牧瀬紅...

『Steins;Gate』#5「電荷衝突のランデヴー」

「Zプログラムでは、 高エネルギーの陽子衝突を用いた時空転移実験を行う」 ミッションコンプリート・セカンド!! クリスに手伝わせ、ラボにIBN5100を無事運び込んだオカリン。 その重要機密の物体の正体を、鈴羽はこともなげに当てたが、 一体彼女は何者なのだ?...

『Steins;Gate』#5「電荷衝突のランデヴー」

「Zプログラムでは、 高エネルギーの陽子衝突を用いた時空転移実験を行う」 ミッションコンプリート・セカンド!! クリスに手伝わせ、ラボにIBN5100を無事運び込んだオカリン。 その重要機密の物体の正体を、鈴羽はこともなげに当てたが、 一体彼女は何者なのだ?...

Steins;Gate #05 「電荷衝突のランデヴー」

 オリジナルな部分も面白いですね。

STEINS;GATE 05話『電荷衝突のランデヴー』

鈴羽は手の中で小さなバッジのようなものをいじくる。

STEINS;GATE 05話『電荷衝突のランデヴー』 感想

未来でも過去でもなく今が一番綺麗。

STEINS;GATE 第5話「電荷衝突のランデヴー」

彼女は何もしてない。まだ彼女は何も知らない――。 初顔合わせのクリスへの鈴羽の尋常でない嫌悪。 IBN5100に詳しかったり、花火は見たこと無かったり。 いろいろ謎な反応の鈴羽に疑惑が深まりますねw  ...

Steins;Gate #5「電荷衝突のランデヴー」

岡部の野望が動き出す・・・!! 「そこに痺れるあk「憧れないけどね」     シュタゲ 第5話の感想

STEINS;GATE 5話

三人とレトロPC寄らば文殊の知恵。 というわけで、 「STEINS;GATE」5話 解読大作戦の巻。 さあ、盛り上がってまいりました。 一部の謎が明らかにされ、ちょっとだけすっきり。 いつまでも断片的...

Steins;Gate #5

【電荷衝突のランデヴー】 STEINS;GATE Vol.1【初回限定版】 [Blu-ray]出演:宮野真守メディアファクトリー(2011-06-22)販売元:Amazon.co.jpクチコミを見る 女の子同士って何か良いよね? 

【アニメ】SteinsGate-シュタインズゲート- 5話 対極的視点に欠けている

SteinsGate-シュタインズゲート- 5話「電荷衝突のランデヴー」 の感想を 「IBN5100」をやっとのことで手に入れ、本格的に検証を始める 牧瀬も加わり、一気に戦力アップ!! これでいけると思いきや、セルンの秘密は意外と根っこが深かったようだ 『 St...

Steins;Gate 第5話 「電荷衝突のランデヴー」

「SERNを出し抜く!そして世界の支配構造を作り変えるのだ!」 今回は予想通りゼリーマンズレポートの発見まで。 原作第二章【空理彷徨のランデブー】から第三章【蝶翼のダイバージェンス】に差し掛か...

アニメ Steins;Gate 第5話 「電荷衝突のランデヴー」 感想

『IBN5100』でSERNの極秘プロジェクトを見る岡部達。 そこに書かれていた事実とは…。 ネタバレありです。

「Steins;Gate」第5話

ここは「Steins;Gate」第5話のミラー用の記事となっています。 ゼリー状になる人間・・・ レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201105040000/ STEINS;GATE Vol.1【初回限定版】 [Blu-ray] posted with amazle...

STEINS;GATE 第5話「電荷衝突のランデヴー」

レポートに隠された真実---------------!!岡部と紅莉栖が決死の重い(!?)で運んで来たIBN5100。だが未来ガジェット研究所へ向かう途中、「ブラウン管工房」で鈴羽と遭遇。でも、何故...

STEINS;GATE 第5話「電荷衝突のランデヴー」

レポートに隠された真実---------------!! 岡部と紅莉栖が決死の重い(!?)で運んで来たIBN5100。 だが未来ガジェット研究所へ向かう途中、「ブラウン管工房」で鈴羽と遭遇。 でも、何故か紅莉栖を見て酷く厳しい表情を見せる鈴羽。 まるで恨むような鋭い目つ...

Steins;Gate(シュタインズ・ゲート) 【ゼリーマン】 第05話 「電荷衝突のランデヴー」 (2ちゃん)感想

325 名前:LIVEの名無しさん[sage] 投稿日:2011/05/04(水) 02:27:20.36 ID:bDfbByf1 ※グロ注意 284 名前:LIVEの名無しさん[sage] 投稿日:2011/05/04(水) 02:26:35.74 ID:z2ZbidyT ゲル人間キタ━...

Steins;Gate 第5話 「電荷衝突のランデヴー」 感想

柳林神社に奉納されていたIBN5100をラボに持ち帰った岡部は、すぐさまコード解析を ダルに依頼。 ほどなくして一同は、SERNの驚くべき秘密を知るが……。  Steins;Gate 公式サイト STEINS;GATE Vo...

第5話 『電荷衝突のランデヴー』

本文はネタばれを含みます。ご注意ください。画像はクリックで拡大されます。 クリスティーナ可愛いよクリスティーナ! ……………………………………うん。 何だろう、このアニメ。何て言うか、あの、じわじわきますね。 では、以下レビューです ↓

Steins;Gate #5「電荷衝突のランデヴー」感想

とうとうIBM5100を手に入れたオカリンしかし何故か阿万音に殺意を向けられるクリスティーナクリスティーナのそこに痺れる憧れるで思わず反応してしまったところ恥ずかがるかわええそして正式にラボメンに加入するクリスティーナ、かわええなぁまゆりの女の子同士はいいよ?...

シュタインズゲート第5話『電荷衝突のランデヴー』の感想レビュー

鈴羽回…かと思ったら、Bパートから話が進みまくっていよいよらしくなって参りました~!回でした。 SERN陰謀説は単なる妄想ではなく、真実だった!というわけで、我らの鳳凰院凶真はディストピアを阻止すべく支配構造を塗り替えることが出来るのか? 鈴羽については、さ...

Steins;Gate 第5話「電荷衝突のランデヴー」

トゥットゥルー!やはり真の天才はダルだねッ!! スゲェな、ダル!さすがス-パーハカーww IBN5100の中身までハカーするとはッ!! それにしても、助手カワイイな助手… TVアニメ「STEINS;GATE」オープニングテーマ「Hacking to the Gate」【初回限定...

Steins;Gate第5話感想~。

なんかどんどんエラいことに(汗) 一気にスケールデカくなってきたなオイ。 以下、ネタバレします。ご注意を。

STEINS;GATE 第5話「電荷衝突のランデヴー」

大きな陰謀と深まる謎

Steins;Gate 第5話「電荷衝突のランデヴー」

『SERNのハッキングに必要なIBN5100をラボまで運んできた岡部と紅莉栖は、ブラウン管工房の片付けをする鈴羽と出会う。紅莉栖とは初対面のはずの鈴羽であったが、なぜか紅莉栖に対して激しい敵対心を見せる。...

Steins;Gate #05「電荷衝突のランデヴー」 感想

SERNのハッキングに必要なIBN5100をラボまで運んできた岡部と紅莉栖は、ブラウン管工房の片付けをする鈴羽と出会う。紅莉栖とは初対面のはずの鈴羽であったが、なぜか紅莉栖に対して激しい敵対心を見せる。そ...

STEINS;GATE 第5話「電荷衝突のランデヴー」の感想

 前回、探しに探し回ったあげく、ついにオカリン達はIBN5100を手に入れることに成功する。このパソコンはIBN独自のプログラム言語を解析する…つまりはSERNの陰謀を暴くために必要不可欠なパソコンなのだ。そしてオカリン達はハッキングしたSERNのファイルの解析を始める...

Steins;Gate 第05話

[関連リンク]http://steinsgate.tv/第5話 電荷衝突のランデヴー見つかったIBM5100それを仲良く?持ち帰った倫太郎と紅莉栖だが…ラボの下まで持って来た所で鈴羽と遭遇なぜか紅莉栖の存在を...

「Steins;Gate」第5話感想

今回もすごく面白かったです。 この作品は画が、何と言うかその、のっぺりした感じなので、 バイト戦士のギラついたシーンは迫力があって良かったです。 今回の言動や、タイムリーなタイムトラベルの...

STEINS;GATE 第5話の感想

オラなんだかわくわくしてきたぞ。 Steins;Gate 第5話「電荷衝突のランデヴー」の感想です。 なるほどだからゼリーマンズレポートなんですね。電話レンジ(仮)とゲルバナの関係がこんなとこに繋がりました...

STEINS;GATE 第5話「電荷衝突のランデヴー」感想

いきなり思わずニヤリとする場面が。

STEINS;GATE 第5話「電荷衝突のランデヴー」

STEINS;GATE Vol.1【初回限定版】 [Blu-ray] トゥットゥルー! 今回は核心に一歩迫った感じですね! そして、オカリンと紅莉栖の距離も縮まった?

Steins;Gate:5話感想

Steins;Gateの感想です。 一気に動いてきたなあ。

STEINS;GATE 第5話「電荷衝突のランデヴー」

「牧瀬、紅莉栖…!!」 ほんの数秒前までオカリンと普段どおりの会話をしていたのに紅莉栖を見た途端に雰囲気が一変!その眼差しにあるのは怒り?それとも憎しみ? いったいなぜ鈴羽はここまで紅莉栖に過剰な反応をしたのか。普段のズレた言動と合わせて鈴羽の謎は深ま...

Steins;Gate(シュタインズ・ゲート) 第5話『電荷衝突のランデヴー』感想

本格的に話しが進み始めましたね。 まだ、準備段階の期間でしょうけど、引き付けがいい分、これからの展開が楽しみです。 前回の話からの続きで、伏線をばら撒くだけのストーリーでしたね。 それと...

Steins;Gate(シュタインズ・ゲート) 第5話 感想「電荷衝突のランデヴー」

Steins;Gate(シュタインズ・ゲート)ですが、岡部倫太郎ことマッドサイエンティスト鳳凰院凶真にしてオカリンは助手のラボメン004のクリスティーナ牧瀬紅莉栖と一緒に漬物石のように重い古のパソコンIBM5100をエッチラオッチラ人力で運びます。台車も大八車も絶滅した荒?...

STEINS;GATE 第5話「電荷衝突のランデヴー」

Human is Dead,mismatch.  Chapter2    Chapter3    Chapter4  ━━┿━━━━━┿━━━━━┥     ∩___∩   /)     | ノ      ヽ  ( i )))    /  ●   ● | / /

STEINS;GATE 第5話 「電荷衝突のランデヴー」 

「泣いてないわよ。男の人に怖い顔で迫られて恐怖を感じたとか、その後ほっとして涙が出たとか、そういうこと全然ないし」 泣いてない、泣いてないもんね

Steins;Gate 第5話 「電荷衝突のランデヴー」 感想

今週も紅莉栖が可愛いなぁ…と思って観てたら後半の展開に衝撃が。

シュタインズゲート第5話『電荷衝突のランデヴー』

ゼリーマンズレポート・・・・、

Steins;Gate -シュタインズ・ゲート- 第5話 (レビュー/感想)

第5話 『電荷衝突のランデヴー』 ストーリーは…。 SERNのハッキングに必要なIBN5100をラボまで運んできた岡部と紅莉栖は、ブラウン管工房の片付けをする鈴羽と出会う。紅莉栖とは初対面のはずの鈴羽であったが、なぜか紅莉栖に対して激しい敵対心を見せる。その理?...

STEINS;GATE 第5話 電荷衝突のランデヴー

IBN5100の事を知っていた事もそうですが、紅莉栖を見て睨みつけたり、鈴羽は何者なんでしょうか。 未来ガジェット研究所では、IBN5100を手に入れたのは良いですが、今のPCのようにネッ ...

『Steins;Gate』 第5話 「電荷衝突のランデヴー」

『Steins;Gate』  第5話 「電荷衝突のランデヴー」 先週は、ついに物語の鍵を握る(?)とされる IBN5100の入手に成功したラボメンたち。 SERNをハッキングして入手したコードの解読は可能なの...

STEINS;GATE 5話感想

タイムトラベルにはリスクがあると・・・

Steins;Gate #5 電荷衝突のランデヴー

シュタゲ 第5話。 IBN5100によって明らかになるさらなる真実―――。 以下感想

シュタインズ・ゲート 第5話「電荷衝突のランデヴー -Starmine Rendezvous-」

オカリンとクリスティーナの相性の良さは異常>挨拶 ※この日記は【シュタインズ・ゲート】のネタバレが含まれています。 読まれる方は、くれぐれも御注意を。 【シュタインズ・ゲート】シリーズについて御意見、御感想あれば聞かせて下さい。 神社で借り受…

Steins;Gate 5話 「電荷衝突のランデヴー」 感想。

主軸シリアス気味になってきましたですが、相変らずのラボメン空気が心地よくて笑えてきますww。 >>ということで、STEINS;GATE #05 電荷衝突のランデヴー 感想です.+゚*。:゚

STEINS;GATE 第05話 電荷衝突のランデヴー

クリス「ああん!もう!!」 ミンゴス!IBN5100運んでる時のあえぎ声エロすぎだろJK!!(アホ) 今週はクリスの可愛さがちょこちょこ出てきてて満足。JOJOネタに対応できるネラー知識と百合モードに加え、おなかぐ~でカップ麺食べたり(@箸使えない)、オカリンに凄まれて...

(アニメレビュー) STEINS;GATE 第5話 「電荷衝突のランデヴー」

バイト戦士はっちゃけ過ぎの巻。 紅莉栖を目の敵の如く睨みつけたり「何かを知っている」ような言動をする鈴羽。 フラグを少しずつ回収しているところを見るとやはり鈴羽?からいくっぽいですな。

Steins;Gate 5話「電荷衝突のランデヴー」

ある意味、急展開か? Steins;Gate(限定版) 特典 電話レンジ(仮)マスコット付ストラップ付き(2011/06/23)Sony PSP商品詳細を見る

(感想)Steins;Gate -シュタインズ・ゲート- 第5話「電荷衝突のランデヴー」

(感想)Steins;Gate -シュタインズ・ゲート- 第5話 「電荷衝突のランデヴー」 大きな動きを見せてきましたね。タイムトラベルは、実はすでに実験されている、 そしてその結果は・・・、バナナがゲル状、ではなく、人が、ゲル状となって・・・。

Steins;Gate #05 「電荷衝突のランデブー」

こんばんは、マサです。 ちょっと遅くなりましたっと。 早速いきます。 #05 「電荷衝突のランデブー」です。

(アニメ感想) STEINS;GATE 第5話 「電荷衝突のランデヴー」

STEINS;GATE Vol.1【初回限定版】 [Blu-ray](2011/06/22)宮野真守、今井麻美 他商品詳細を見る ●意見交流の場として掲示板を設置しました。記事の感想や意見、原作ファンからの補足、もちろんアニメの感想...

Steins;Gate 第5話「電荷衝突のランデヴー」

「塩味、それとフォークも」 いやいやの素振りを見せながらもラボメンまたは助手として活躍し始めた牧瀬紅莉栖。思い込みが少ない分、客観的な研究態度を見せてくれる。狂信的に突っ込む倫太郎と意外に相性が良いのかも知れない。 しかしこの「Steins;Gate」、タイムマ?...

Steins;Gate 第05話 電荷衝突のランデヴー

鈴羽、眼が怖い。オカリンにバイト戦士とか言われてるけど、実際何らかの刺客っぽいね。もちろん敵、味方は判別つかないけど、でもただ者じゃない。紅莉栖を異様に敵視し、そして ...

Steins;Gate 第5話 『電荷衝突のランデヴー』 感想

相変わらず地味で、あまりアニメ向きではない気もするけれど、SF好きとしては楽しめますね。 Steins;Gate 第5話 『電荷衝突のランデヴー』 のレビューです。

「Steins;Gate シュタインズ・ゲート」 #05『電荷衝突のランデヴー』

 #05「電荷衝突のランデヴー」 SERNのハッキングに必要なIBN5100をラボまで運んできた岡部と紅莉栖は、ブラウン管 工房の片付けをする鈴羽と出会う。紅莉栖とは初対面のはずの鈴羽であったが、なぜか ...

STEINS;GATE 第05話 感想

 STEINS;GATE  第05話 『電荷衝突のランデヴー』 感想  次のページへ

世界線を越える人々。『STEINS;GATE』5話。

事件の真相、その一部が明らかに。しかし、我らがオカリンは、やっぱりオカリンだった・・・・・・そんな、『シュタインズ・ゲート』の5話。今回は、ブラウン管工房の元気娘、登 ...

くんかくんかvs女装(あの花とかまりあ†ほりっくとか)

【TIGER&BUNNY 第5話】バーナビーの誕生日をみんなで祝おうとしたが、思わぬアクシデントで趣旨が違ってしまった回。今回、初めてNEXTの力を悪用した人間が現れましたね~。どうやら ...

STEINS;GATE 第5話

今回はまたしても感想が1週間遅れ。 関西では今深夜に第7話も放送するという有り様。 とりあえず第5話の感想を簡易気味で何とか書き上げます・・・。 IBN5100を無事に神社から ...

左サイドMenu

カウンター

祝2,000,000Hit達成♪ とうとう大台突破。これも皆様のおかげでございます(o ̄∀ ̄)ノ

カレンダー(月別)

08 ≪│2019/09│≫ 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

ガンダムシリーズ

◆新機動戦記ガンダムW◆

新機動戦記ガンダムW BD-BOX1

OVA・続編含め『新機動戦記ガンダムW』全般を応援してます♪
ガンダムW関連 まとめページ
感想、用語、企画など全ページへのリンクがあります。ご利用ください

2016/05/04 12巻分の用語一部更新しました

《用語》
用語集
ア行
カ行
サ行
タ行
ナ行
ハ行
マ行、ヤ行
ラ行、ワ行
英字行
登録キャラクター名一覧
キャラクター詳細
ア行
カ行
サ行
タ行
ナ行
ハ行
マ行、ヤ行
ラ行、ワ行、英字行

メカニック図鑑
メカニック用語詳細
年表

《企画》
年代考察
勢力図まとめ
AC暦におけるMS史(コラム)

◆ガンダムモビルスーツバイブル◆

GMB001_20190322210057cc3.jpg

まとめページ

◆機動戦士ガンダム00◆

GUNDAM OOQ
用語集などは特にありませんが、劇場版の感想は全十回というボリュームでコラム風に書かせていただきました。よろしければどうぞ。
ガンダム00関連 まとめページ

◆鉄血のオルフェンズ◆

81TuctHvlZL__CR88,0,1536,1536_
各回の感想のまとめだけ。
鉄血のオルフェンズ まとめページ

米山シヲ 応援エリア

◆梅衣堂ひよと旦那様の野望◆

1-2-2

『梅衣堂ひよと旦那様の野望』待望第1巻発売中

月刊少年ガンガンで現在連載中『梅衣堂ひよと旦那様の野望』を応援中。『ブラクロ』と同じように独自用語集も製作中!

公式特設ページ

独自用語集
第1巻

◆ブラッディ・クロス◆

ブラクロサムネ

月刊少年ガンガンで完結した『ブラッディ・クロス』をプッシュしています♪ 独自用語集あります! 

公式特設ページ

独自用語集
キャラ紹介-混血勢力-
キャラ紹介-天使勢力-
キャラ紹介-堕天使勢力-
キャラ紹介-アルカナ-
キャラ紹介-神葬-
キャラ紹介-その他-


最近の記事

最近のコメント

<>+-

最近のトラックバック

メールフォーム

管理人に何か言いたいことがあれば、ここからどうぞ♪

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード

QR

友達申請フォーム

FC2ブログランキング

FC2のブログランキングに参加中♪ 気に入っていただけたなら、一押しして下さい。

FC2ブログランキング

右サイドメニュー

義援金募集

FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして

検索フォーム

管理人から一言

お知らせ

管理人からのお知らせです。

PS4ゲーム『JUDGE EYES:死神の遺言』プレイ中。

『ガンダムW FT』コンテンツは不定期更新です。現在は11巻分までの感想と用語の更新を完了しました。

『ブラッディクロス』全12巻発売中! 用語集更新は全て無事終了致しました。

文庫・単行本(キャラクターノベル含む、ライトノベル含まず)の著者名別リストに移行しました。さすがに増え過ぎた(笑


今期の週間感想予定
日曜日:-
月曜日:-
火曜日:-
水曜日:-
木曜日:-
金曜日:-
土曜日:-
不定期:ピックアップ感想、ゲーム感想、模型関連など


場合によっては急遽順序等の変更もありますが、ご理解いただけますようよろしくお願いします。

管理人プロフィール

月詠

Author:月詠
埼玉県某所在住の34歳社会人。性別♂。名前は「つくよみ」と読む。

世知辛い世の中で嬉しいことも泣きたいこともサブカルチャーたちに救われています
詳細な自己紹介はこちら(2019版)。それ以前のものはこちら

コメント・TB、相互リンク受付中。下記の運営方針に詳細を記載しております。無条件に大歓迎と言うわけではありませんが、大部分の方は歓迎出来るかと思いますw

以下、ショートカット。
◇閲覧上の注意や規約など
Blogの運営方針・利用規約
他のBlog様と大差ない運営・利用規約ですが、初閲覧の方は簡単でも良いので読んで頂けるとありがたいです。閲覧、コメント等される方は利用規約を了承していると判断させていただきますので、「知りませんでした」は通用致しません。


◇アニメについて
アニメの評価について
歴代アニメ評価一覧
アニメアウォーズ! 受賞一覧


◇ゲームについて
ゲームの評価について
歴代ゲーム評価一覧


◇ブックス(本)について
小説の評価について
ブックレビュー一覧
   あ行の著者
   か行の著者
   さ行の著者
   た行の著者
   な行の著者
   は行の著者
   ま行の著者
   や行の著者
   ら行の著者
   わ行の著者
   複数の著者・その他
 文庫・単行本(キャラノベ含む、ラノベ含まず)は上気の著者名別になっています。

◇プラモデルについて
完成品一覧(グレード別)
完成品一覧(シリーズ別)
完成品一覧(トイ、フィギュア等)

◇その他リスト一覧はこちら
テレビ&シネマ
CD&DVD&BD
TYPE-MOON関連

ツリー式カテゴリー

openclose

アニプレッション!!

アニプレッション!!
アニプレッション!!とは

アニプレッション!!は、アニメブロガー達の合同ブログです。アニメについての問題意識・感想・考察・批評等の諸言説を発表し、アニメを語る事の面白さを伝える事が目標です。自分も末席に加えさせていただいております。
現在活動停止です

以下、アニプレッション!!メンバーのBlogです。

相互リンク(更新停止)

残念ながら一年以上の更新がない相互リンク先の方々です。サイト消滅の場合は消させていただきます。いずれまた復活し、交流が持てることを期待しています……