FC2ブログ

刹那的虹色世界

アニメ・ゲームのあらすじを主体とした感想や批評のブログ。時折、日記・声優・コミック・スポーツなど幅広くレビューしています。リンクフリー、相互リンク大歓迎♪

Entries

DOG DAYS EPISODE3

DOG DAYS EPISODE3
『帰りたい!帰れない?勇者inフロニャルド』


≪あらすじ≫
勇者として召喚され、見事にビスコッティを勝利へと導いたシンク。しかし、勇者召喚では帰還する手段がないと知らせれて一気に落ち込む。そんな彼を気遣ってエクレールはこの“戦”というシステムの成り立ちや、基本的なことを丁寧に教えていく。

一方、戦勝コンサートが控えるミルヒオーレだったが、自分の不用意な召喚でシンクを困らせてしまった事態に謝罪したくともタイトなスケジュールのせいでそれすら叶わない。そんな彼女に代わってシンクが帰還する術を考案するのはリコッタ・エルマール。ビスコッティ国立研究学院の主席研究士の彼女の研究成果によって、なんとか地球と携帯電話で交信することは出来たシンクは一安心。

そんな折、ビスコッティには国を離れていたブリオッシュ・ダルキアンとユキカゼが近々戻ってくると言う朗報が入る。しかし、それとは対照的にビスコッティには敗戦国となったガレットの若き王子にしてレオンミシェリの弟ガウル・ガレット・デ・ロワと、その側近部隊の魔の手が迫っていた――



≪感想≫
命のやり取りは必要か否か
この世界特有の「戦」と言うシステムと、どうして住人たちが死なないのかと言う説明が3話目にしてようやくなされた。「ようやく」と記述したが、個人的にはこれくらいのタイミングでも良いのかもしれない、とも思うけれどね。1、2話で長々と説明セリフが続くことを嫌悪する視聴者も多く、より多くの人に視聴してもらう環境としてはひと段落したこの辺りでの解説が無難なところなのだろう。

せっかくなので「戦」のシステムと興行について語ってみるのも良いのだが、個人的に1,2話の感想を巡った時の感想なんかも交えながら、「どうして『戦』で死なないのか」と言う説明がなされたことについて一考。


1,2話の感想を巡ると、割と人が死なないことに対して批判的な意見も目にしたことが、私個人としてはショックだったのは記憶に新しい。人の“命”や“生き死に”を扱うのはとてもデリケートであり、ヘヴィなのだ。それは作る側はもちろん観る側にとっても同じことが言える。そうしたものをテーマや題材として取り扱うからこそ出来る作品があるのは事実だ。だが、そうしたテーマや題材を取り扱わなければ面白くならないと言うのは偏見以外のなにものでもない。

この作品が、そうした“命”や“生き死に”を扱うべきなのか否か。全話視聴し終えた後で、理由をつけて「扱うべきだった」と批判するならまだしも、この序盤で結論付けるには早過ぎる。まぁ、アニメに限らず、作品であり芸術である以上「合わない人には合わない」ことが当然あるので、「合わない」と思ったらスパッと視聴継続を断念するのも一つの手段だけどね。

それはやっぱりあることだし、それについて私は批難するつもりはない。今期は、何気に数も多いことだし、私にだってそういう作品がないわけじゃないし。人の趣向なんて十人十色なわけだから、「オレは超シリアスでヘヴィな作品が好きなんだ!」と言う人や「現実ではなかなか出来ない命のやり取りはアニメだからこそ」と言う人だっているだろう。

まぁ、何が言いたいかと言えば「合わない」と言って視聴を断念することと「合わない=つまらない」と言って批難することは違うんじゃないかってこと。「合わない」ならそう感想を書けばいいのに、それを「つまらない」と結論付けるのは何かいろいろと間違っている気がする。

いや、「つまらない」ならそれはそれで良いけれど、それを感情的に羅列するだけの感想記事は(本作に限らず)正直目障りというか、これを読むかもしれない人のことをまるで考えていないマナーのない人間だなと思ってしまう。そもそもつまらないのなら感想記事なんてアップしなきゃ良いのにね、別のことに使えよ、その時間、と言いたい。

それはさておき、「合わない≠つまらない」だと思う……まぁ仮に全話視聴した後なら「合わない=つまらない」理論でも許せる部分もある。全話視聴した後の「合わない」は全話視聴するだけの時間と労力を費やしてそれでもその人の感性にまるで引っかからなかったわけだから、「つまらない」と言われてしまうだけの部分があったのだろうと思えるしね。


思いっきり話が脱線してしまったが、死なないことに対する批判をしていた人にとっては吉報か凶報か、ちゃんとこの世界なりの「死なない」説明と死ぬ可能性が説明されたわけだ。要は「戦」の舞台の上ならば死なないが、それ以外の場所で戦えば怪我もするし、死ぬ可能性もある。

こうした設定が、1、2話で見られた批判に対する回答のために用意されたものなのかあるいは後々の物語で本当の戦争が起こって、人の命のやり取りをしなければならなくなる布石なのか。個人的には前者であって欲しいが、やはり『リリカルなのは』の前例がある以上、後者である可能性も否めないのかなσ(^◇^;)

本当にワガママを言わせてもらえば、この作品には人の命のやり取りではない部分でのメッセージを期待している。こんなご時世だからかもしれないが、ポジティヴシンキングで前向きなシンクが全話を通して私たちに発信してくれるメッセージは、きっと今の日本に必要なものではないかとも思えるから。
まぁ、あくまでワガママであって今の段階で十分満足していて、ここから中盤以降急転直下な展開を起こしても今のところ批難するつもりはないけれどwww




本日の二大ヒロイン(ぇ
勝手に二大ヒロインに位置づけてしまったわけだが、やっぱりレオンミシェリとエクレールが二大ヒロインじゃないかなって思う。ミルヒオーレ? ……あぁ、うん、そうだね(マテコラ
ミルヒオーレは今後に期待と言うことで、今のところキャラクターが立っている二人であるレオンミシェリとエクレール。

レオンミシェリには、ミルヒオーレと幼馴染と言う過去を持ちながら、今では「犬姫」と呼びコンサートにも顔を出すどころか歌すら聴かなくなってしまったそうだ。前回の清々しいまでの潔さとは裏腹なネチネチとした部分だが、彼女にも想うところがありそうである。

やはりそれは彼女が一国の領主になった部分が大きいのだろうか。武勇に秀でた彼女ならば、「敵国の姫と仲良くし敵国の姫の歌を、国民はともかく首長たる自分が聴くとは何事か」と思っているのかもしれない。レオンミシェリにはガレット獅子団領主と言う顔と、レオンミシェリ・ガレット・デ・ロワと言う一人の女の子と言う顔と、ミルヒオーレの幼馴染のレオン姫と言う顔が少なくとも存在している。

領主と言う立場からすればどうしても、最初の顔を強く前面に打ち出していかなければならないのだろう。『伝説の勇者の伝説』でも、主人公の一人である国王が、「王である自分」と「(主人公の)友人である自分」の板挟みに苦しんでいたわけだが、レオンミシェリにも同じことが言えるのだろうか。

個人的には「実はレオンミシェリは(女の子らしく)歌は大好きだけど唄うことが苦手で、唄うことが上手いミルヒオーレに敵わないし、比較されるのも嫌だから倦厭しているだけ」という微笑ましい理由を妄想している。うん、後悔も反省もしていない。もし、本当にこんな理由ならレオン閣下可愛過ぎるのですがwww


さて、もう一人のキャラが立ったエクレール。前回、散々サービス要員として使われてしまった反動か今回は割とまとも。でも、何だかんだ言いながらそれでもシンクの面倒を見るエクレールが、個人的には一番魅力的だった。

ミルヒオーレが絡むと熱くなってウザくなってしまいがちなキャラだけど、普通にしていると面倒見の良い可愛い同級生的ポジションだからね……あれ、レベッカの立ち位置危うくね?




どうして「戦」では死なないのか?
どうやらフロニャ力の中でも特に守護の力が強く働く場所では死なないようで、そうした場所を選んで国が建国され、「戦」場が造られているようである。

原理を考えるなら、「守護」と言う言葉を考えても大地のフロニャ力が働いて一人一人を防御してくれているのだろう。紋章術や紋章砲のエフェクトを見る限り、「守護」のフロニャ力が働いてそれらの出力を減衰しているとは考えづらいし、そうなると減衰上限を上回るとケガをしてしまうことになる。

ならば、「守護」のフロニャ力は攻撃する側ではなく攻撃される側に働くと考えるのが自然だ。その一定の力以上の「守護」がある土地の上では、その場にいる全員に対して全身にフロニャ力による膜のようなバリアを張っているのではないだろうか。その「守護」の力によって構成されたバリアは、攻撃手段である紋章術や紋章砲の爆発から対象者を守る。

あとはあの猫玉や犬玉のような形態になるのも、こうした力が働いた一環であるとも考えられる。やられた後に、ぬいぐるみのような猫玉や犬玉になることが日常的に起こることなのか、それとも「戦」場特有のことなのか。後者ならば、ああした形態になることで衝撃を拡散・緩和して対象者を守護するようにフロニャ力が働いているとも考えられるわけだ。

ちなみに前者なら、それはそれでこの世界の住人たちが長い歴史をかけて進化した証だと言うことだ。エクレールが口にしたように「“長い歴史を紐解けば”命のやり取りをする戦争もあった」わけだが、裏を返せば「“長い歴史を紐解かなければ”そのような争いはなかった」とも取れる。

長い歴史の中で、命のやり取りではない「戦」を続けてきたフロニャルドの住人にとって大切なのは強固な肉体でも高い戦闘能力でもなく、衝撃を緩和する軟らかな肉体か緩和出来るような形態をとることが出来る、と言うことだろう。

それならば、ああした形態の変化はこのフロニャルド人たちが積み重ねてきた進化の結果と言うことになる。



雑記
土地神なるものも登場。まさか、終盤での暴走フラグとかじゃないですよね?(苦笑

そういえば、シンクが文字を読めないことを誰も追及しない点についてwww いや、そこは異世界から召喚したんだからいろいろと考慮してあげようぜ、と思ってしまった(笑

そういえば勇者と言う言葉がある以上、そこには前例があると言うことだろう。ならその前例に照らし合わせても「帰れない」と結論づいたのだろうか。正直、あの魔法陣の注意書きを読めて納得したうえで召喚された勇者が歴史上何人いたことやら(ノ∀`*)アイター そうなると、そうした過去の歴史があるはずなのだが……それが出てこないのは物語上面白みを欠いてしまうから、はたまた今後シンクと同じ境遇だった過去の勇者キャラが登場予定だからか……。

EPISODE4『突撃!姫様奪還作戦!!』

≪TB先 参照リンク(URLアルファベット順)≫
赤字はTBが現在弾かれてしまっているBlog様です。
現在、nifty系、so-net系はほぼ全滅。ライブドア系、楽天系は調子がいいと送れます。

※楽天系は文字化けしておりますm(_ _)m

・http://28903894.at.webry.info/201104/article_30.html
・http://3284allegro.blog38.fc2.com/blog-entry-1988.html
・http://abaton14.blog79.fc2.com/blog-entry-1211.html
・http://ai-mugi.blog.eonet.jp/aimugi/2011/04/dog-days-episod-d8d1.html
・http://aircastle.blog11.fc2.com/blog-entry-2310.html
・http://alicetail904.blog42.fc2.com/blog-entry-657.html
・http://ameblo.jp/wv002524/entry-10864314754.html
・http://angel-teruteru.at.webry.info/201104/article_41.html
・http://animetureduregusa.blog65.fc2.com/blog-entry-856.html
・http://animumeso.blog101.fc2.com/blog-entry-2545.html
・http://aniponda.blog119.fc2.com/blog-entry-931.html
・http://blog.crosschannel.jp/Entry/2623/
・http://blog.goo.ne.jp/gurimoe/e/334a7783f81dc8f1dd251f891acf2d61
・http://blog.goo.ne.jp/jin-d/e/9f617495842ffe44b50114f820aa4992
・http://blog.livedoor.jp/by_maria/archives/3007893.html
・http://blog.livedoor.jp/granzchesta/archives/51678087.html
・http://blog.livedoor.jp/katsux2/archives/51718900.html
・http://blog.livedoor.jp/puzzlize/archives/51750383.html
・http://blog.livedoor.jp/rin20064/archives/52170333.html
・http://blog.livedoor.jp/t_cherry398/archives/51586841.html
・http://cristal1102.blog84.fc2.com/blog-entry-712.html
・http://dokuatari.blog137.fc2.com/blog-entry-113.html
・http://e102128.blog54.fc2.com/blog-entry-1710.html
・http://fanblogs.jp/gyobayashi/archive/2222/0
・http://fovsaikou.blog129.fc2.com/blog-entry-935.html
・http://gomarz.blog.so-net.ne.jp/2011-04-17
・http://gunjyou8010.blog134.fc2.com/blog-entry-146.html
・http://hibikidgs.blog.fc2.com/blog-entry-659.html
・http://hienkyaku.blog50.fc2.com/blog-entry-1890.html
・http://hinaxnagi.blog31.fc2.com/blog-entry-1969.html
・http://hyumablog.blog70.fc2.com/blog-entry-2241.html
・http://jidarakulife.blog58.fc2.com/blog-entry-293.html
・http://kakioki60.blog129.fc2.com/blog-entry-701.html
・http://kakureotanchi01.blog20.fc2.com/blog-entry-407.html
・http://keycafe.blog27.fc2.com/blog-entry-1236.html
・http://kira47.blog58.fc2.com/blog-entry-775.html
・http://kouyanoblog.blog61.fc2.com/blog-entry-3756.html
・http://maguni.com/diary.cgi?no=1348
・http://mapsotyo419.blog65.fc2.com/blog-entry-74.html
・http://moon12.blog.so-net.ne.jp/2011-04-17
・http://najigo.blog31.fc2.com/blog-entry-436.html
・http://nextsociety.blog102.fc2.com/blog-entry-1392.html
・http://norarincasa.blog98.fc2.com/blog-entry-197.html
・http://oozoraxx.blog134.fc2.com/blog-entry-492.html
・http://originscenery78121.seesaa.net/article/196316908.html
・http://plaza.rakuten.co.jp/blackwidow/diary/201104170000/
・http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201104170000/

・http://rabiko.blog13.fc2.com/blog-entry-2501.html
・http://reilove.blog51.fc2.com/blog-entry-4850.html
・http://ren.anime-japan.net/Entry/932/
・http://sagaturedure.blog31.fc2.com/blog-entry-4710.html
・http://scriptor.blog54.fc2.com/blog-entry-754.html
・http://seraraku2.blog59.fc2.com/blog-entry-5557.html
・http://shino134.blog22.fc2.com/blog-entry-1337.html
・http://shirokuro585.blog109.fc2.com/blog-entry-620.html
・http://shirousausa.blog106.fc2.com/blog-entry-319.html
・http://sironsiron.blog70.fc2.com/blog-entry-1137.html
・http://soraxcan.blog59.fc2.com/blog-entry-2614.html
・http://spadea.jugem.jp/?eid=10530
・http://subcul.jugem.jp/?eid=1938
・http://sukothi55.blog71.fc2.com/blog-entry-167.html
・http://takaoadventure.blog98.fc2.com/blog-entry-2305.html
・http://takotakotakoyaki.blog52.fc2.com/blog-entry-3415.html
・http://tamayuru.blog21.fc2.com/blog-entry-1418.html
・http://tenmasanblog.blog112.fc2.com/blog-entry-1163.html
・http://tori-toki.at.webry.info/201104/article_14.html
・http://uhdintd.blog121.fc2.com/blog-entry-1079.html
・http://vnr2034.blog133.fc2.com/blog-entry-863.html
・http://wendykai.blog60.fc2.com/blog-entry-1367.html
・http://yasu92349.at.webry.info/201104/article_20.html

もしよろしければ、拍手ボタンをポチッと押して下さいm(_ _)m 管理人のモチベーションが上がります(ぉ

Comment

NoTitle 

いつもTBでお世話になっています。

>1,2話の感想を巡ると、割と人が死なないことに対して批判的な意見も目にしたことが、私個人としてはショックだったのは記憶に新しい

この意見に私は非常に参道します。
その後の意見にも非常に激しく同意するものであります。
人が死なない戦争を行う、または行えるということがいかに精神的に進化した結果なのかと、改めて実感したりした私です。

また、作品の序盤の段階で好みに合わないと言うのは良くある話なのですが、自分の好みに合わないからとその作品を否定する態度がみっともないなと思うのも同じくであります。まして、その作品が完結していない段階での否定的批評は原作者に対して失礼だと思うのですよね。このスタンスが私だけではないと判っただけでも非常に嬉しいのでコメントを残させて頂きました。
ではでは、
  • posted by きつねのるーと 
  • URL 
  • 2011.04/17 03:42分 
  • [Edit]
  • [Res]

>きつねのるーとさん 

こんにちは、こちらこそいつもお世話になっております。

>が死なない戦争を行う、または行えるということがいかに精神的に進化した結果
その進化の是非はまた別として、一つの進化の形だとは思いますね。命の重みを知るからこそ、こうした「戦」の形が出来上がったのだと思います。

>その作品が完結していない段階での否定的批評は原作者に対して失礼だと思うのですよね。
本を開けて、序章だけで読んで「つまらない」と言うのと同じですね。もちろん、序章の「つまらなさ」が最後まで続くケースもないわけではないですが、最後まで読まずして批判は出来るものではありません。

その作品をちゃんと評価するのであれば、まずは最後まで視聴してから口にして欲しいものです。


>このスタンスが私だけではないと判っただけでも非常に嬉しいので
私の記事で少しでも励みになったのであれば幸いです。私も、こうして自分と同じ意見のコメントをいただけてとても励みになりました。今後ともよろしくお願いします^^
  • posted by 月詠 
  • URL 
  • 2011.04/17 13:15分 
  • [Edit]
  • [Res]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

Trackback

トラックバック URL
»»この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

『DOG DAYS』 第3話 感想

話しが動き出しそうな気配を見せてきましたので、感想書いてみます。 協定に反した意味での戦への言及が初めてされましたね。 これによると、フロニャ力の弱い(無い)場所に於いては、人も傷つくし死ぬ...

DOG DAYS 第3話 『帰りたい!帰れない?勇者 in フロニャルド』

ビスコッティの勇者、シンクだ! ▼ようこそ、フロニャルド!おいでませビスコッティ♪ 帰れないと聞かされ、落ち込むシンク。 召喚される際、陣に書いてあったらしいけど… そんな、知らない世界の読...

DOG DAYS 【シリアスフラグが立った】 第3話 「帰りたい!帰れない?勇者inフロニャルド!」 (2ちゃん)感想

187 名前:風の谷の名無しさん@実況は実況板で[sage] 投稿日:2011/04/17(日) 00:24:00.34 ID:uqjBwsHG0 ちょっとだけ、ちょっとだけだけどまさかの閣下×姫 の予感があったよな、大好物です いや姫×閣下の...

DOG DAYS EPISODE3「帰りたい!帰れない?勇者inフロニャルド」 感想

花澤さんきた!これで勝つる!! 公式サイトはこちら

DOG DAYS・第3話

「帰りたい! 帰れない? 勇者 in フロニャルド!」 久々の戦勝に沸くビスコッティ。その中、落ち込む者2人。帰ることができない、と知った勇者・シンクと、勇者を召喚した王女・ミルヒオーレ。コン...

DOG DAYS EPISODE3「帰りたい!帰れない?勇者inフロニャルド!」

リコッタ・エルマールが何とかするであります! ビスコッティ軍の勝利で戦終了! 今回華々しいデビューを果たしたシンクは地球に帰れない事を知りメソメソ中。 帰れない~♪僕はこ ...

DOG DAYS 第3話「帰りたい!帰れない?勇者inフロニャルド!」

「僕は姫様に呼んでもらった……ビスコッティの勇者、シンクだ!」 シンクが元の世界へ帰れるまで、ビスコッティ共和国に滞在する話。 何日か前に「ミルヒのライブ回は第5話」と言うのを聞き付けたんですが、...

DOG DAYS 第3話 「帰りたい!帰れない?勇者inフロニャルド」

さすがに戦闘無しの説明メイン回では地味だったなぁ~。 風呂回というには、風呂シーン短いしな。 まぁ、次回への繋ぎということで、仕方ないかね。 あんな簡単に携帯つながるなら、 リコッタに普通にどこでも電波通じるようにしてもらえばいいのに。 SC...

DOGDAYS 第3話「帰りたい!帰れない?勇者inフ...

元の世界に帰れない---------!?あらら、勇者の代償はそこにありましたか。「帰れない・・・僕はここから帰れない・・・」って、シンクはうずくまって固まってるし(^^;)だが、久し...

DOG DAYS 第03話

[関連リンク]http://www.dogdays.tv/EPISODE 3 帰りたい!帰れない?勇者inフロニャルド!召喚されたら元の世界に帰れないそれを聞いたシンクは落ち込むミルヒオーレもその事をどうやら知らな...

『DOG DAYS』 第3話 観ました

召還魔法で召還された勇者は元の世界に戻れないと聞いて落ち込む勇者シンクと、自分が召還してしまった所為でシンクに迷惑をかけてしまったと落ち込む姫と、姫の勇者召還のリスクをちゃんと伝えなかったと落ち込む姫の学友リコッタ。リコッタはキャラ紹介を見ると見た目ど...

DOG DAYS #03「帰りたい!帰れない?勇者inフロニャルド」

勇者の気分↓↓ そんな勇者のピンチに1人の少女が立ち上がったのである。 DOG DAYS 1 【完全生産限定版】 [Blu-ray](2011/07/27)宮野真守、堀江由衣 他商品詳細を見る にほんブログ村

DOG DAYS 第03話 「帰りたい!帰れない?勇者inフロニャルド!」 感想

召喚の代償は体で払ってもらおうか、 グヘヘへ…… 何か最近姫様が調教されてる画像を見たからか、このシーンもそういう現場にしか見えなくなったであります>< シンクは鬼畜勇者か…(マテ

DOG DAYS 第3話 「帰りたい!帰れない?勇者inフロニャルド!」 感想

ラッキースケベは、主人公の特権ですね(笑) この世界の戦は、興行扱いと、とことん平和な世界だと改めて実感しましたが、 魔物が存在がしているという事で、将来のフラグも立ちましたね。  DOG DA...

DOG DAYS 第3話 「帰りたい!帰れない?勇者inフロニャルド!」

「姫様の召還をお止めしなかったのも、ちゃんと確認しなかったのも、自分の責任であります。姫様の悲しい顔は見たくないのであります!」 リコッタはええ子やねぇ^^ 都築さん関連での奈々ちゃんキャラはほんといい娘ばかりで何よりですw

DOG DAYS 第3話「帰りたい!帰れない?勇者inフロニャルド!」

この世界、実験を握っているのは戦のスポンサーとプロモーターではないかと思った「DOG DAYS」の第3話。国同士の争いにもルールというか落とし所の用意されたシナリオが付いている。戦はプロレスのような興行?いや、第2部に姫様オンステージプログラムもある芸能事務所対...

DOG DAYS EPISODE 3 「帰りたい!帰れない?勇者inフロニャルド!」

 なんでも競技なのですね。

DOG DAYS 3話「帰りたい!帰れない?勇者inフロニャルド」

サービスシーンはあったけど少なめ・・・(^^; SCARLET KNIGHT(2011/04/13)水樹奈々商品詳細を見る

「DOGDAYS」第3話

 EPISODE3「帰りたい!帰れない?勇者inフロニャルド!」「受けて立つに、決まってる!」戦が終わり・・・シンクは元の世界に帰れないと教えられて、大ショック勇者を元の世界に返す...

DOG DAYS EPISODE 3 帰りたい!帰れない?勇者inフロニャルド

DOG DAYS 第3話。 「元の世界に帰れない」という問題に直面したシンクを救うため、 一人の天才が立ち上がる―――。 以下感想

DOG DAYS 第3話「帰りたい!帰れない?勇者inフロニャルド!」感想

アクションシーンが無いと少し物足りないですね。 でも、楽しんで見れてはいます。

DOG DAYS 第3話「帰りたい!帰れない?勇者inフロニャルド」

怪しい要素がふわふわと… 今回もなかなか可愛らしいエンターテイメントを堪能させてもらいました。 ただ、その中にあってもちらほらと仕込みみたいなものがあって、 本当に何かはまり込むストーリーが用意されているのではないかという疑いを抱かせます。 ...

DOG DAYS EPISODE 3 帰りたい!帰れない?勇者inフロニャルド 感想

召還出来ないと判明した前回。 ここからシリアスになっちゃったりするのかと思いながら視聴。 たつまきマジ外道。 契約書の隅に、目を凝らさないと見えないような小さな字で重要な事を書いておくのは詐欺...

DOG DAYS 第3話「帰りたい!帰れない?勇者inフロニャルド!」

召喚されたら帰れないことが判明し、勇者様は大いに凹み中(^^; リコッタさんが帰す方法を調べると張り切ります。 ところで、召喚の元凶になったワンコ。 紋章には小さく注意が書いてあったと…詐欺だw ...

DOG DAYS 第3話「帰りたい!帰れない?勇者inフロニャルド!」

勇者がまたやらかしたようですw

DOG DAYS #03 『帰りたい!帰れない?勇者inフロニャルド!』 感想

  多くの説明と伏線がばら撒かれた今回の話と展開。 本作品の今後の方向性は如何に!?

DOGDAYS 3話(感想)「都築真紀さんについて」

シンクと話す時のレベッカのモジモジした態度が可愛い。 レベッカのシンクへの想いが伝わってきますね。  

DOG DAYS 第3話「帰りたい!帰れない?勇者inフロニャルド!」

何でもアリって感じになってきたかな? アトラクション戦だけではインパクトが弱かったのか、魔物の存在が明かされましたね。 おうちに帰れなくなっちゃったシンクですが、 魔物と戦う→ラスボス倒す→おたか...

DOG DAYS EPISODE 03『帰りたい!帰れない?勇者inフロニャルド』

戦が終了し、久しぶりにビスコッティ軍の防衛勝利が決定する。 ヒーローである勇者からお話を聞きたいところであっただろうが、ロランはそれを秘密にして現段階では明かさず。 元の世界に帰れないと知ってとんでもなく落ち込んでいるシンクを人前に出すわけにはいかない...

DOG DAYS 3話

注意書きは隅々までよく読みましょう。 というわけで、 「DOG DAYS」3話 帰りたい、帰れない、帰らないの巻。 姫様に代わり、今度はエクレールちゃんのありがたい解説。 なるほど、この戦いは経済...

DOG DAYS 第3話の感想

アニメ DOG DAYS 第3話 『帰りたい!帰れない?勇者inフロニャルド!』 の一言感想です。 タツマキ「儂と契約して勇者になってくれんかのぅ!」

DOG DAYS 第3話「帰りたい!帰れない?勇者inフロニャルド!」

DOG DAYS 第3話「帰りたい!帰れない?勇者inフロニャルド!」 感想 あらすじ 元の世界に戻れない事が発覚してしてしまったシンク。 落ち込む彼にエクレールは主席研究士のリコッタを紹介する。 なんとか彼女の協力で、レベッカに連絡のついたシンクはとりあえず一

DOG DAYS EPISODE 3

フィリアンヌ城防衛戦 勝利のカギは 姫様が召喚した勇者の少年 ですが 勇者様は元の世界には 帰れないということが判明して 「戦場では活躍してくれたんだがなぁ」 「勇者様、 ...

DOG DAYS 3話「帰りたい!帰れない?勇者inフロニャルド」 感想

日曜日だと見やすいね。 【送料無料選択可!】DOG DAYS 1 [CD付完全限定生産] / アニメショップ: CD&DVD NEOWING価格: 5,342 円 メガミマガジン 2011年05月号(雑誌)[学研パブリッシング]《発売済・在庫品》ショップ: あみあみ価格: 860 円

DOG DAYS 第3話

第3話『帰りたい!帰れない?勇者inフロニャルド!』DOG DAYS 1 【完全生産限定版】 [Blu-ray]今回は・・・帰る方法を探す話。

DOG DAYS 第3話 「帰りたい!帰れない?勇者inフロニャルド!」

DOG DAYS 第3話 「帰りたい!帰れない?勇者inフロニャルド!」 感想です うちに帰れなくなっちゃいました

DOG DAYS #3

【帰りたい!帰れない?勇者inフロニャルド!】 DOG DAYS 1 【完全生産限定版】 [DVD]出演:宮野真守アニプレックス(2011-07-27)販売元:Amazon.co.jpクチコミを見る 姫様の悲しい顔は見たく ...

DOG DAYS 第3話 帰りたい!帰れない?勇者inフロニャルド レビュー キャプ

フロニャルドと地球で行ったり来たりできるかと思ったら 勇者として召喚された者はもう前の世界に戻る事も連絡を取る事も できないという事が判明、そのことは姫様自身も知らなかった為に 大汗状態のミル姫、そしてシンクは、せっかく戦に勝ったというのに 落ち込んだ状態...

DOGDAYS:3話感想

DOGDAYSの感想です。 平和だなあ(笑)

DOG DAYS 第3話

ビスコッティ騎士団の騎士団長・ロランは、戦が終わった後のインタビュー を受けていた。 是非、勇者・シンクにもインタビューしたいと言われるが、元の世界に 戻ることが出来ないと知ってしまったシンクは落ち込んでしまって、話を 聞ける状態ではなかった。 シンク...

(感想)DOG DAYS 第3話「帰りたい!帰れない?勇者inフロニャルド!」

(感想)DOG DAYS 第3話 「帰りたい!帰れない?勇者inフロニャルド」 もうミルヒが可愛くて仕方がないですが、エクレールもこれまたカワイイ!! そんな可愛いキャラがたくさんの異世界から、果たして勇者は帰れるのか!?w

DOG DAYS EPISODE 3「帰りたい!帰れない?勇者inフロニャルド!」

DOG DAYS EPISODE 3「帰りたい!帰れない?勇者inフロニャルド!

DOG DAYS 第3話 「帰りたい!帰れない?勇者inフロニャルド!」

元の世界に帰れない。それを知ったシンクは激しく落ち込むがフロニャルドの謎の科学力によってどうにか連絡だけは取ることができ一安心。そして戦いの疲れを癒すべく大浴場にひゃっほーう!と乗り込んだシンクだが・・・

DOG DAYS  『EPISODE3帰りたい!帰れない?勇者inフロニャルド』感想

しょんぼりするアニメの第3話感想です。 1,2話と比べて、世界観の説明をする話でした。 それと、キャプしてて、気になったんですがすでにバストアップ以上のカット多すぎ。 引きの絵もあるんですが、...

DOG DAYS 第3話 (レビュー/感想)

第3話 『帰りたい!帰れない?勇者inフロニャルド!』

DOG DAYS ドッグ・デイズ 第3話『帰りたい!帰れない?勇者inフロニャルド!』の感想レビュー

リコッタ、マジ、マッドサイエンティスト!回でした。 水樹さんの声はOPで毎週聞いているわけですが、幼女ボイスも萌え~☆ですね。 マントで隠れた尻尾がわさわさしているのも可愛いですが、やっぱ下から煽るのか。 いいぞ、もっと(ry ちなみに、召喚=ある意味、詐欺で

【DOG DAYS】3話 元の世界に帰れなくてもよくないか?

DOG DAYS #03 帰りたい!帰れない?勇者inフロニャルド! 938 名前:風の谷の名無しさん@実況は実況板で[sage] 投稿日:2011/04/16(土) 23:56:43.06 ID:0j7mlqqg0 あんな説明したってことはガチ戦...

DOG DAYS 第3話「帰りたい!帰れない?勇者inフロニャルド!」

DOG DAYS 1 【完全生産限定版】 [Blu-ray]フェイトちゃんとは違った意味でロリなリコッタが可愛いですね。 シンクが元の世界へ戻れるかどうかは、このリコッタにかかってきます。

アニメ「DOG DAYS」 第3話 帰りたい!帰れない?勇者inフロニャルド!

DOG DAYS 1 【完全生産限定版】 [Blu-ray](2011/07/27)宮野真守、堀江由衣 他商品詳細を見る 受けて立つに決まってる!僕は姫様に呼んでもらった、ビスコッティの勇者、シンクだ!! 「DOG DAYS」第3話のあ...

『DOG DAYS』 3話「帰りたい!帰れない?勇者inフロニャルド」

いつも明るくマイペースなシンクが、心配かけまいとして気丈に振る舞う姿みちゃうとなんだかちょっと切ないなぁ。 レベッカもレベッカなりに、シンクへの気遣いが優しかった…。 ...

DOG DAYS EPISODE 3 「帰りたい!帰れない?勇者inフロニャルド!」 感想

召喚したのはいいけど勇者を元の世界に戻す事ができないと知って焦る姫様。そして元の世界に戻れないと知って落胆する勇者・・・ シンクの運命はいかに!?   シンク「俺は、ガンダムになれない・・・」

DOG DAYS 3話「帰りたい!帰れない?勇者inフロニャルド!」感想。

かえれない~僕はここからかえれない~ 自分だったら喜んで居続けるのですけどねw 皆さんもそうですよね?(←コラ) 犬が契約書の決まりを見せてくれました。 小さな文字で帰れないよ~と……しかも読めない! サギだ!……いいえ、犬です。 DOG DAYS 1 【完全生

DOG DAYS 第3話「帰りたい!帰れない?勇者inフロニャルド!」

まず文字を覚えろ。 そう思ったDOGDAYS第3話の感想です。 DOG DAYS 1 【完全生産限定版】 [Blu-ray](2011/07/27)宮野真守、堀江由衣 他商品詳細を見る

DOG DAYS 第3話 帰りたい!帰れない?勇者inフロニャルド!

帰る手段が無いと聞いて落ち込むシンク。 召喚の紋章には注意書きがあったようですが、文字が違うから読めるか… ですが、ビスコッティ共和国のビスコッティ国立研究学院の主席研 ...

『DOG DAYS』第3話

第3話「帰りたい!帰れない?勇者inフロニャルド」帰れないと聞いて、ショックで落ち込むシンク。

エクレールマジで良い奴(DOG DAYS 第3話レビュー)

DOG DAYS EPISODE3「帰りたい!帰れない? 勇者inフロニャルド!」 ★★★★☆

DOG DAYS 【3話】 「帰りたい!帰れない?勇者inフロニャルド!」

DOGDAYS、3話。 元の世界に帰れないシンク。 そして、それを知らずに召喚してしまったミルヒ・・・。 ・・・全体を通して・・・ 今日は、リコッタメイン回ですか。 ミルヒは、仕事が溜まっているようなので、シンクと会う機会もないようでw ・・・視聴...

DOG DAYS EPISODE 3「帰りたい!帰れない?勇者inフロニャルド!!」

EPISODE 3「帰りたい!帰れない?勇者inフロニャルド!!」 本文はメインブログ(しるばにあの日誌)にて↓ http://yasu92349.at.webry.info/201104/article_20.html 注意事項 こちらからはメインブロ...

DOG DAYS 第03話 「帰りたい!帰らない?勇者inフロニャルド!」

帰れないと分かって絶賛凹み中のシンク。 この問題にミルヒの友人で学院の主席であるリコッタが頑張るであります。 エクレールは凹むシンクに覚悟がないのに召喚に応じるなと言うが、シンクは犬が拉致...

左サイドMenu

カウンター

祝2,000,000Hit達成♪ とうとう大台突破。これも皆様のおかげでございます(o ̄∀ ̄)ノ

カレンダー(月別)

12 ≪│2020/01│≫ 02
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

ガンダムシリーズ

◆新機動戦記ガンダムW◆

新機動戦記ガンダムW BD-BOX1

OVA・続編含め『新機動戦記ガンダムW』全般を応援してます♪
ガンダムW関連 まとめページ
感想、用語、企画など全ページへのリンクがあります。ご利用ください

2016/05/04 12巻分の用語一部更新しました

《用語》
用語集
ア行
カ行
サ行
タ行
ナ行
ハ行
マ行、ヤ行
ラ行、ワ行
英字行
登録キャラクター名一覧
キャラクター詳細
ア行
カ行
サ行
タ行
ナ行
ハ行
マ行、ヤ行
ラ行、ワ行、英字行

メカニック図鑑
メカニック用語詳細
年表

《企画》
年代考察
勢力図まとめ
AC暦におけるMS史(コラム)

◆Gジェネクロスレイズ◆

GCR119.jpg

まとめページ

◆ガンダムモビルスーツバイブル◆

GMB001_20190322210057cc3.jpg

まとめページ

◆機動戦士ガンダム00◆

GUNDAM OOQ
用語集などは特にありませんが、劇場版の感想は全十回というボリュームでコラム風に書かせていただきました。よろしければどうぞ。
ガンダム00関連 まとめページ

◆鉄血のオルフェンズ◆

81TuctHvlZL__CR88,0,1536,1536_
各回の感想のまとめだけ。
鉄血のオルフェンズ まとめページ

米山シヲ 応援エリア

◆梅衣堂ひよと旦那様の野望◆

1-2-2

『梅衣堂ひよと旦那様の野望』待望第1巻発売中

月刊少年ガンガンで現在連載中『梅衣堂ひよと旦那様の野望』を応援中。『ブラクロ』と同じように独自用語集も製作中!

公式特設ページ

独自用語集
第1巻

◆ブラッディ・クロス◆

ブラクロサムネ

月刊少年ガンガンで完結した『ブラッディ・クロス』をプッシュしています♪ 独自用語集あります! 

公式特設ページ

独自用語集
キャラ紹介-混血勢力-
キャラ紹介-天使勢力-
キャラ紹介-堕天使勢力-
キャラ紹介-アルカナ-
キャラ紹介-神葬-
キャラ紹介-その他-


最近の記事

最近のコメント

<>+-

最近のトラックバック

メールフォーム

管理人に何か言いたいことがあれば、ここからどうぞ♪

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード

QR

友達申請フォーム

FC2ブログランキング

FC2のブログランキングに参加中♪ 気に入っていただけたなら、一押しして下さい。

FC2ブログランキング

右サイドメニュー

義援金募集

FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして

検索フォーム

管理人から一言

お知らせ

管理人からのお知らせです。

PS4ゲーム『JUDGE EYES:死神の遺言』プレイ中。

『ガンダムW FT』コンテンツは不定期更新です。現在は11巻分までの感想と用語の更新を完了しました。

『ブラッディクロス』全12巻発売中! 用語集更新は全て無事終了致しました。

文庫・単行本(キャラクターノベル含む、ライトノベル含まず)の著者名別リストに移行しました。さすがに増え過ぎた(笑


今期の週間感想予定
日曜日:-
月曜日:-
火曜日:-
水曜日:-
木曜日:-
金曜日:-
土曜日:-
不定期:ピックアップ感想、ゲーム感想、模型関連など


場合によっては急遽順序等の変更もありますが、ご理解いただけますようよろしくお願いします。

管理人プロフィール

月詠

Author:月詠
埼玉県某所在住の34歳社会人。性別♂。名前は「つくよみ」と読む。

世知辛い世の中で嬉しいことも泣きたいこともサブカルチャーたちに救われています
詳細な自己紹介はこちら(2019版)。それ以前のものはこちら

コメント・TB、相互リンク受付中。下記の運営方針に詳細を記載しております。無条件に大歓迎と言うわけではありませんが、大部分の方は歓迎出来るかと思いますw

以下、ショートカット。
◇閲覧上の注意や規約など
Blogの運営方針・利用規約
他のBlog様と大差ない運営・利用規約ですが、初閲覧の方は簡単でも良いので読んで頂けるとありがたいです。閲覧、コメント等される方は利用規約を了承していると判断させていただきますので、「知りませんでした」は通用致しません。


◇アニメについて
アニメの評価について
歴代アニメ評価一覧
アニメアウォーズ! 受賞一覧


◇ゲームについて
ゲームの評価について
歴代ゲーム評価一覧


◇ブックス(本)について
小説の評価について
ブックレビュー一覧
   あ行の著者
   か行の著者
   さ行の著者
   た行の著者
   な行の著者
   は行の著者
   ま行の著者
   や行の著者
   ら行の著者
   わ行の著者
   複数の著者・その他
 文庫・単行本(キャラノベ含む、ラノベ含まず)は上気の著者名別になっています。

◇プラモデルについて
完成品一覧(グレード別)
完成品一覧(シリーズ別)
完成品一覧(トイ、フィギュア等)

◇その他リスト一覧はこちら
テレビ&シネマ
CD&DVD&BD
TYPE-MOON関連

ツリー式カテゴリー

openclose

アニプレッション!!

アニプレッション!!
アニプレッション!!とは

アニプレッション!!は、アニメブロガー達の合同ブログです。アニメについての問題意識・感想・考察・批評等の諸言説を発表し、アニメを語る事の面白さを伝える事が目標です。自分も末席に加えさせていただいております。
現在活動停止です

以下、アニプレッション!!メンバーのBlogです。

相互リンク(更新停止)

残念ながら一年以上の更新がない相互リンク先の方々です。サイト消滅の場合は消させていただきます。いずれまた復活し、交流が持てることを期待しています……