FC2ブログ

刹那的虹色世界

アニメ・ゲームのあらすじを主体とした感想や批評のブログ。時折、日記・声優・コミック・スポーツなど幅広くレビューしています。リンクフリー、相互リンク大歓迎♪

Entries

GOSICK 第12話

GOSICK 第12話
『夏の午後に蝉の声を聞く』


≪あらすじ≫
聖マルグリット学園は二か月の夏季休暇に入った。しかし、船が一般的な移動手段な世界だと、わずか二か月では日本とソヴュールを往復出来ない。致し方なく一弥は、学園に残ることになったが、そこにアブリルから「一緒に地中海の別荘に行かないか」と誘われる。

しかし、学園から出ることが出来ないヴィクトリカを想って一弥は直前でその誘いを断り、学園に残ることを決心する。そんな彼に驚きと嬉しさを隠しきれないヴィクトリカは、閑散とした学園で夏休みを過ごし始める。

一弥は日本から送られてきた家族からの届け物に頬を緩ませる一方で、セミの鳴き声の聞こえないソヴュールの夏から自分が過ごし慣れた日本の夏と、叱るばかりの父とは対照的に優しかった母に想いを寄せる――



≪感想≫
故郷を離れて思うモノ
日本人が海外に出ると日本のことや日本食が恋しくなる、とはよく聞く話である。それに限らず、生まれ育った地と言うのは良し悪し個人差はあるだろうが、何らかの強い感情を抱くのが普通だろう。

そういう意味で、一弥とヴィクトリカは似て非なる者同士、と言うことになる。そのことが、前回ブロワ家が取り上げられたことと、今回久城家が取り上げられたことで対称的に描かれている。

ヴィクトリカに関して言えば、生まれ育った地はブロワ侯爵邸と言うことになり、そこに良い想いはないだろう。監禁同然で生活を強いられ、罵られ、蔑まれてきた。彼女がこの先、故郷と言うべきブロワ侯爵邸に対して理由なく帰郷を望むことも、想いを馳せることもないだろう。

だが、一弥は違う。確かに彼もまたヴィクトリカ同様、生家には悪い想いがある。優秀過ぎる兄たち、その兄たちと比べられる自分の劣等感、そして兄たちと比較して自分と母を罵倒する父。ヴィクトリカのように監禁されていたわけではないが、ある意味でヴィクトリカと同じで生家から逃げるようにして聖マルグリットへとやってきたという点では同じなわけだ。

しかし、一弥とヴィクトリカは『似た者同士』ではない。『似て非なる者』である。

一弥には、生家に自分を常に庇ってくれた母と、そのままの一弥で居て良いのだと諭してくれた姉が居る。それは間違いなく彼の中では輝かしい思い出の一つである。極端な話、父や二人の兄がどうなろうと一弥からすれば知ったことではないかもしれないが、この二人に関して言えば話は変わってくる。

この二人に何かあったり、懇願されたりすれば一弥はソヴュールを離れ日本に戻ることも決意せざるを得ないだろう。もしも、この時代でも半月あれば日本まで行けたのなら、それこそ二カ月ある長期休暇で一弥は今回とは違い日本に帰ることを決めたに違ない。

帰るべき故郷があり、その故郷に想いを馳せてほほ笑むことが出来る一弥。だが、ヴィクトリカには帰るべき故郷は故郷と呼ぶにはあまりに冷徹で、その故郷に想いを馳せてほほ笑むことなど出来ないのだ。


故郷と言う帰るべき場所を持たないヴィクトリカ。もし、そんな彼女がこの先救いのように「帰りたい」と願う場所があるのだとすれば、それはきっと一弥の傍と言うことになるのだろう。久城一弥が傍にいる場所、久城一弥と一緒に愛おしい時間を過ごした聖マルグリット学園こそが、故郷を持てなかったヴィクトリカがこの先に帰りたいと望む場所になるのだろう。一弥のことを描きながら、ふとそんなことを感じさせてくれた30分だった。




一弥の劣等感は本当に兄だけか?
一弥が事あるごとに「帝国軍人の三男」という言葉を使うことにヴィクトリカは内心嫌悪感を抱いていたようだ。実際に、「灰色狼」「罪人の子」という二つの地位や立場から色眼鏡で見られることが多いヴィクトリカからすれば、地位や名誉で人を測るようなことは好まないのだろう。


意地っ張りでなかなか素直になれないヴィクトリカもその部分だけはちゃんと伝えたかったのか「ここに君の兄たちはいない」と明言した。

そこに、ここでの一弥は「帝国軍人・久城家の三男坊、一弥」ではなく、ただの一人の学生であり、ヴィクトリカにとってかけがえのない人物である(何の形容詞もつかない)「久城一弥」なのだ、と伝えたかった想いがあることは想像に難くない。

今、アニメ15周年記念により一部U局でセレクション番組が組まれている『るろうに剣心』でも第一話にそんなやり取りがあったとふと思い出す。15年近く前、人斬りと言う畏怖されるほど人を殺した主人公にヒロインは、「私は“人斬り”のあなたにいて欲しいんじゃない。“流浪人”のあなたに――」「名前を教えてよ。人斬りとしての名前じゃない、あなたの本当の名前」と言うような問いかけとやり取りは、地位や名誉、立場ではないその人の本質と向き合い、触れ合うことを教えてくれたような気がした。

今回の話は正しくそんな側面があった。一弥にとってもヴィクトリカの助言はいつも以上に素直に受け取れたようで、そのやり取りは微笑ましかった。



その一方で、一弥は自分が逃げ出すようにソヴュールに来たと語っている。彼は父や兄からの期待から逃げてきたように語っているが、本当にそうなのだろうか。私にはむしろ彼は姉からの“期待”からも逃げてきたような気がしてならない。

一弥の姉は一弥に父や兄のようにならなくていいと諭してくれた。だが、それは一弥にとって救われた半面、谷底へ突き落されるような想いもしたのではないだろうか?

父や兄が厳しいのは、それだけ一弥に期待している裏返しでもある。その期待が理不尽で、偏屈だからこそ一弥はそれにも堪え切れなかったわけだが、姉の言葉は裏を返せば「あなたには期待していない」とも受け取れる。

ちょっと屈折した受け取り方と思われるかもしれないが、一弥が「帝国軍人の三男」であることに一定の誇りを持っていたのであれば、こうした受け取り方は屈折しているどころか、むしろ普通の受け取り方のような気がしているのだ。

一弥は良くも悪くも「帝国軍人の三男」という肩書を強く意識している。意識させられて育てられたと言うこともあるだろうが、彼だって叶うのであれば長兄のように強く、次兄のように賢く、父のように御国のためになりたいと願っているに違いない。そうでなければ、彼は「帝国軍人の三男」とは口にしない。口にして、(幽霊船事件の時などのように)自分を奮い立たせているのだから、彼にとってその肩書は強い意味を持つ。

しかし、姉の発言は裏を返せば彼が長兄のように強く、次兄のように賢く、父のように御国のためになることを望んでいないと言うことになるのだ。


期待してくれているが理不尽で自分の価値観でしか物事を測らない父兄と、優しい半面その優しさが期待の薄さだと感じ取れてしまう姉。


そんなどこにも逃げようのない板挟みの中で、一弥は「帝国軍人の三男」としてある程度のメンツを保ちつつ家族から距離を取れる留学と言う逃げ道に走り込んだのではないだろうか。


「帝国軍人の三男」であることに誇りを持つ久城一弥と、そんなシガラミなんて持たず心優しくヴィクトリカに接する久城一弥。どちらも彼で、どちらも本物。

物語序盤で口にし続けた「帝国軍人の三男」と言う誇りは、少しずつヴィクトリカへの友情と愛情に染められてきたが、やはり彼を語る上で「帝国軍人の三男」と言うのはいろいろな意味で大きい。

この先、彼は「帝国軍人の三男」であり続けるのか。それとも捨ててしまうのか。あるいは、そのどちらも両立させてしまう成長を見せてくれるのか。本格的に第二クールが始まったら、そういう部分にも注目して行きたい。

≪TB先 参照リンク(URLアルファベット順)≫
赤字はTBが現在弾かれてしまっているBlog様です。
現在、nifty系、so-net系はほぼ全滅。楽天系は調子がいいと送れます。

※楽天系は文字化けしておりますm(_ _)m

・http://84870.blog13.fc2.com/blog-entry-1612.html
・http://adria7.blog92.fc2.com/blog-entry-634.html
・http://ai-mugi.blog.eonet.jp/aimugi/2011/04/gosick-12-3f25.html
・http://angel-teruteru.at.webry.info/201104/article_20.html
・http://animedouganews.blog44.fc2.com/blog-entry-1902.html
・http://animetureduregusa.blog65.fc2.com/blog-entry-838.html
・http://aniponda.blog119.fc2.com/blog-entry-915.html
・http://blog.goo.ne.jp/jin-d/e/f5415353ef11224274a3c69d721372ac
・http://blog.livedoor.jp/by_maria/archives/2943094.html
・http://blog.livedoor.jp/mjotvithr/archives/2563042.html
・http://blog.livedoor.jp/rin20064/archives/52167516.html
・http://blog.livedoor.jp/voler/archives/52782547.html
・http://blogs.yahoo.co.jp/geallza/62693379.html
・http://bluebluesilvermoon.blog38.fc2.com/blog-entry-3447.html
・http://cristal1102.blog84.fc2.com/blog-entry-681.html
・http://fovsaikou.blog129.fc2.com/blog-entry-916.html
・http://haruhiism.blogism.jp/archives/52111987.html
・http://harutoki2.blog18.fc2.com/blog-entry-2217.html
・http://hienkyaku.blog50.fc2.com/blog-entry-1871.html
・http://kagura77.blog99.fc2.com/blog-entry-2720.html
・http://kaz.anime-life.com/Entry/244/
・http://kazamidorianime.blog.fc2.com/blog-entry-345.html
・http://khstar.blog110.fc2.com/blog-entry-230.html
・http://kouyanoblog.blog61.fc2.com/blog-entry-3744.html
・http://naruhya.blog.so-net.ne.jp/2011-04-04
・http://plaza.rakuten.co.jp/accessairphoto/diary/201104100002/
・http://plaza.rakuten.co.jp/blackwidow/diary/201104090001/
・http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201104090000/
・http://plaza.rakuten.co.jp/koumeinowana/diary/201104090000/
・http://plaza.rakuten.co.jp/oboro1964/diary/201104090002/

・http://ren.anime-japan.net/Entry/909/
・http://riksblog.fool.jp/public_html/mt5/anime/now/2011/04/
gosick-13.html
・http://sagaturedure.blog31.fc2.com/blog-entry-4691.html
・http://seraraku2.blog59.fc2.com/blog-entry-5532.html
・http://shino134.blog22.fc2.com/blog-entry-1310.html
・http://sigerublog.txt-nifty.com/utakata/2011/04/post
-6bbb.html
・http://soraxcan.blog59.fc2.com/blog-entry-2584.html
・http://spadea.jugem.jp/?eid=10442
・http://tenmasanblog.blog112.fc2.com/blog-entry-1155.html
・http://thunderbreak137.blog103.fc2.com/blog-entry-452.html
・http://uhdintd.blog121.fc2.com/blog-entry-1073.html
・http://vnr2034.blog133.fc2.com/blog-entry-834.html
・http://wondertime.blog31.fc2.com/blog-entry-1609.html

もしよろしければ、拍手ボタンをポチッと押して下さいm(_ _)m 管理人のモチベーションが上がります(ぉ

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

Trackback

トラックバック URL
»»この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

GOSICK 12話 夏の午後に蝉の声を聞く 感想

たった2ヶ月じゃ日本に帰れないよなぁ、、、帝国軍人の3男の帰郷はまだまだ先のようである。 ヴィクトリカにお願いされちゃお菓子の手土産持ってかえってくるしかないですねヽ( ´¬`)ノ...

GOSICK ゴシック 第12話 「夏の午後に蝉の声を聞く」

GOSICK ゴシック 第12話 「夏の午後に蝉の声を聞く」 あらすじ 季節は夏。学校も夏休みには入ったが、微妙な期間の休みでは日本に帰ることもできない一弥。 ちょうどそんな時、アブリルから地中海の...

GOSICK-ゴシック- 第12話「夏の午後に蝉の声を聞く」

GOSICK-ゴシック- 第12話「夏の午後に蝉の声を聞く」です。 『とある魔術

GOSICK -ゴシック- 第12話 夏の午後に蝉の声...

ヴィクトリカの夏服イイね!(・∀・)前より若干露出度が高いからかちょっとセクシャルな感じがして、気持ち大人っぽく見えるかも!色が紫基調で派手さがありながらもお上品な雰囲気...

GOSICK -ゴシック- 第12話「夏の午後に蝉の声を聞く」

ヴィクトリカちゃんの皮膚をペロペロ(^ω^)

GOSICK―ゴシック― 第12話 「夏の午後に蝉の声を聞く」 感想

事件の無い、日常ほのぼの回でしたが、面白かったですよ。 夏休みの学園。生徒たちが避暑に出かけるなか、ヴィクトリカはひとり退屈そうに 過ごしていた。 一弥はアブリルからの誘いを断り、日本から...

GOSICK -ゴシック- 第12話 「夏の午後に蝉の声を聞く」

「ここに… 私の隣にいれば――」 ヴィクトリカと一弥の夏休み! 夏休みでも学園から出られないヴィクトリカはご機嫌斜めw    【第12話 あらすじ】 夏休みの学園。生徒たちが避暑に出かけるなか、ヴィ...

『GOSICK -ゴシック-』#12「夏の午後に蝉の声を聞く」

「僕は全てのことから逃げるようにソヴュールに…」 これから夏休み! 周りが避暑地に出かけるなか、2ヶ月では日本に帰れない久城はいつも通り。 しかし、アブリルからともに地中海で過ごそうとお誘いが!

GOSICK -ゴシック- 第12話 「夏の午後に蝉の声を聞く」

ここに… 私の隣にいれば――。 傍にいてくれれば、私を海に連れていってくれなくてもいいのね(^^; 学園から基本は出れないヴィクトリカにとっては、久城がいてくれればね。  ▼ GOSICK -ゴシック- ...

GOSICK -ゴシック- 第12話 「夏の午後に蝉の声を聞く」

第12話 「夏の午後に蝉の声を聞く」 またもやいろんな表情を見せるヴィクトリカの可愛さを堪能しました。 ヴィクトリカと久城の夏休み。 学園は夏休みに入り、生徒たちはそれぞれに避暑へと向か...

GOSICK-ゴシック- 12話

勝手に人のケーキを飲み物なしで1ホール一気食いするような女性が僕は大好きです。 というわけで、 「GOSICK-ゴシック-」12話 引きこもりサマーバケーションの巻。 うちさぁ、地中海に別荘あんだけ...

GOSICK -ゴシック- 第12話 「夏の午後に蝉の声を聞く」

 そこで食べちゃうんだ……

『GOSICK‐ゴシック‐』第12話感想

夏。 一弥とヴィクトリカの2人だけの夏の一日。 今回初めて事件に遭遇しなかったのですが、この手の話の方が良いかもですね。 ヴィクトリカには高い場所への憧れがあるのでしょうか。 もしかしたら、図...

第12話 『夏の午後に蝉の声を聞く』

本文はネタばれを含みます。ご注意ください。 画像はクリックで拡大されます。 事件が起こらない方が、面白いかもしれない。 岡田さんは、〝日常系〟を書かせた方が良いんじゃないかな…。いや、まぁ、ローゼンメイデンとかDTB2期とかでも、良い作品を書いてました

【GOSICK】12話 超ニヤニヤ回、事件パートは必要なのか?

GOSICK -ゴシック- #12 夏の午後に蝉の声を聞く 22 名前:風の谷の名無しさん@実況は実況板で[sage] 投稿日:2011/04/09(土) 01:49:38.95 ID:+MHgii7+0 日常回はおもしろいっすな ヴィクトリカ...

GOSICK-ゴシック- 第11話・12話「夏の午...

最近ちょっと更新が遅れ気味なゴシック感想。今回もまとめて2話で。11話はグレヴィールの過去。いわゆる初恋ってやつですか。彼女のしあわせを願って、名を明かさないでヴィクトリカ...

GOSICK-ゴシック- 第12話 感想

 GOSICK  第12話 『夏の午後に蝉の声を聞く』 感想  次のページへ

[アニメ]GOSICK -ゴシック- 第12話「夏の午後に蝉の声を聞く」

今回の話はほのぼのとしつつも久城一弥の劣等感が表面化され、それをヴィクトリカが守るという構図がとても面白かった。

GOSICK -ゴシック- 第12話 「夏の午後に蝉の声を聞く」

なんという目…興奮してくるな。 しかし1クール目ラストの今回は実にペロペロ(^ω^)もとい神回だった。

GOSICK-ゴシック-#12「夏の午後に蝉の声を...

優しいのは本当は強いから。夏の日の思い出。「夏の午後に蝉の声を聞く」あらすじは公式からです。夏休みの学園。生徒たちが避暑に出かけるなか、ヴィクトリカはひとり退屈そうに過...

GOSICK―ゴシック― 第12話 「夏の午後に蝉の声を聞く」

犯罪的な可愛さ(重複) 新番組が始まるなか、ひっそりと2クール目の幕が上がる「GOSICK―ゴシック―」第12話の感想。 しかし今回のヴィクトリカの可愛さはそんな新参者を凌駕する! AS姉作画最高や!

GOSICK -ゴシック- 第12話 (レビュー/感想)

第12話 『夏の午後に蝉の声を聞く』 ストーリーは…。 夏休みの学園。生徒たちが避暑に出かけるなか、ヴィクトリカはひとり退屈そうに過ごしていた。一弥はアブリルからの誘いを断り、日本から届いた荷物を持ってヴィクトリカの元を訪ねる。中には、彼女が一弥の次

GOSICK -ゴシック- 第12話 「夏の午後に蝉の声を聞く」

とある夏休みの日常 学園は夏休みに突入 それに合わせてヴィクトリカも衣替え パープルのドレスはめっちゃ似合ってて可愛さが更に増してます♪ そしてツンデレ成分も特盛りになってましたな コロコロ変...

(感想)GOSICK -ゴシック- 第12話「夏の午後に蝉の声を聞く」

(感想)GOSICK -ゴシック- 第12話 「夏の午後に蝉の声を聞く」 いつもとは違ったテイストではありましたが、面白いし可愛かったですね☆ そして同時にヴィクトリカと一弥の繋がりもより確認することが出来ました!

GOSICK 第1話~ 第12話 夏の午後に蝉の声を聞く

GOSICK (ゴシック) 第1話   ~第12話 夏の午後に蝉の声を聞く 1924年、第一次世界大戦後のヨーロッパ。ソヴュール王国の貴族の子弟の為の寄宿学校・聖マルグリット学園に在籍する日本からの留学生・久城一弥は、天才的な頭脳を持つ同級生の少女・ヴィクトリカと...

「GOSICK-ゴシック-」第12話

  第12話「夏の午後に蝉の声を聞く」夏休みの学園。生徒たちが避暑に出かけるなか、ヴィクトリカはひとり退屈そうに過ごしていた。一弥はアヴリルからの誘いを断り、日本から届...

『GOSICK -ゴシック-』 12話「夏の午後に蝉の声を聞く」

ずっとヨーロッパの架空の国の世界観を観てきて、当時の日本が描かれたのは新鮮だった。 威厳のあるお父さん、久城くんをかばって味方する優しいお母さんとお姉ちゃん。 久城くん ...

GOSICK―ゴシック― 12話『夏の午後に蝉の声を聞く』 感想

衣装チェーンジ!(`・ω・´)

GOSICK第12話感想

記事はこちら(TBもこちらへ)元記事はhttp://sigerublog.txt-nifty.com/utakata/2011/04/post-6bbb.html

GOSICK -ゴシック- 12話

やはり日常回は面白い…!

GOSICK-ゴシック- 第12話 「夏の午後に蝉の声...

2クール目の作品ってことで、新番組に比べて気軽に見れていいね。【送料無料選択可!】【初回仕様あり!】GOSICK-ゴシック-第1巻[Blu-ray+DVD]/アニメ早速感想。今回はアブリルと旅行で...

『GOSICK―ゴシック―』 第12話 観ました

とある夏休みの平和な一日が今回のテーマ。 冒頭の流れでは、一哉くんがアブリルの誘いにヴィクトリカを誘ってアブリルの地中海の別荘に行くのかと思ったんですけどね~。ま、ヴィクトリカは幽閉の身なのでそのバカンスに同行できるわけが無いのでしょうけど、その代わり...

GOSICK -ゴシック- 12

第12話 「夏の午後に蝉の声を聞く」 2クール目です。まあこの作品は好きなんで大歓迎。 質も落ちてないし、何よりストーリーがいいです。そしてヴィクトリカも。 作中では夏期休暇、つまり夏休みらしい。 2ヶ月もあるんなら日本帰ればいいのに。 ヴィクト

釘宮理恵さんの正しい使い方(ゴーカイジャーとかアスタロッテのおもちゃ!とか)

【GOSICK-ゴシック- 第12話】ヴィクトリカさんと素敵なひと夏を過ごすことに決めた久城くんの巻。冒頭でアブリルさんとの約束をドタキャンした久城くんですが、ヴィクトリカさん ...

GOSICK─ゴシック─ 第12話 『夏の午後に蝉の声を聞く』

アヴリルの別荘に招待された久城。これは超期待。 ヴィクトリカが嫉妬が見られるぞ只でさえ学園から出られない上に、久城がアヴリルと二人で旅行。これを放って置ける訳が無い。それらしい理由をでっち上げ、むりやり付いて行くんじゃないか。ヴィクトリカとアヴリルのラ

GOSICK-ゴシック- 【12話】 「夏の午後に蝉の声を聞く」

ゴシック、12話。 夏休みに地中海旅行ですか・・・。 ・・・全体を通して・・・ ヴィクトリカのわがままさが日に日に増大している気が・・・。 久城も大変だな。 毎度毎度、手土産持ってこないといけないんだし。 なぜ、ヴィクトリカが綺麗なドレス来ているのか...

GOSICK -ゴシック- 第12話「夏の午後に蝉の声を聞く」

できることとできないこと 特筆事項がありましたので、久々の(実に3話以来の)感想です。

夏のヴィクトリカ。『GOSICK-ゴシック』12話。

ようやく感想が視聴に追いついてきた、やれやれ。と、いうことで、前期から唯一継続となる、『GOSICKーゴシック』12話の話。実はこの12話、これまでの中で一番興味深か ...

左サイドMenu

カウンター

祝2,000,000Hit達成♪ とうとう大台突破。これも皆様のおかげでございます(o ̄∀ ̄)ノ

カレンダー(月別)

08 ≪│2020/09│≫ 10
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

ガンダムシリーズ

◆新機動戦記ガンダムW◆

新機動戦記ガンダムW BD-BOX1

OVA・続編含め『新機動戦記ガンダムW』全般を応援してます♪
ガンダムW関連 まとめページ
感想、用語、企画など全ページへのリンクがあります。ご利用ください

2016/05/04 12巻分の用語一部更新しました

《用語》
用語集
ア行
カ行
サ行
タ行
ナ行
ハ行
マ行、ヤ行
ラ行、ワ行
英字行
登録キャラクター名一覧
キャラクター詳細
ア行
カ行
サ行
タ行
ナ行
ハ行
マ行、ヤ行
ラ行、ワ行、英字行

メカニック図鑑
メカニック用語詳細
年表

《企画》
年代考察
勢力図まとめ
AC暦におけるMS史(コラム)

◆Gジェネクロスレイズ◆

GCR119.jpg

まとめページ

◆ガンダムモビルスーツバイブル◆

GMB001_20190322210057cc3.jpg

まとめページ

◆機動戦士ガンダム00◆

GUNDAM OOQ
用語集などは特にありませんが、劇場版の感想は全十回というボリュームでコラム風に書かせていただきました。よろしければどうぞ。
ガンダム00関連 まとめページ

◆鉄血のオルフェンズ◆

81TuctHvlZL__CR88,0,1536,1536_
各回の感想のまとめだけ。
鉄血のオルフェンズ まとめページ

米山シヲ 応援エリア

◆梅衣堂ひよと旦那様の野望◆

1-2-2

『梅衣堂ひよと旦那様の野望』待望第1巻発売中

月刊少年ガンガンで現在連載中『梅衣堂ひよと旦那様の野望』を応援中。『ブラクロ』と同じように独自用語集も製作中!

公式特設ページ

独自用語集
第1巻

◆ブラッディ・クロス◆

ブラクロサムネ

月刊少年ガンガンで完結した『ブラッディ・クロス』をプッシュしています♪ 独自用語集あります! 

公式特設ページ

独自用語集
キャラ紹介-混血勢力-
キャラ紹介-天使勢力-
キャラ紹介-堕天使勢力-
キャラ紹介-アルカナ-
キャラ紹介-神葬-
キャラ紹介-その他-


最近の記事

最近のコメント

<>+-

最近のトラックバック

メールフォーム

管理人に何か言いたいことがあれば、ここからどうぞ♪

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード

QR

友達申請フォーム

FC2ブログランキング

FC2のブログランキングに参加中♪ 気に入っていただけたなら、一押しして下さい。

FC2ブログランキング

右サイドメニュー

義援金募集

FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして

検索フォーム

管理人から一言

お知らせ

管理人からのお知らせです。

PS4ゲーム『JUDGE EYES:死神の遺言』プレイ中。

『ガンダムW FT』コンテンツは不定期更新です。現在は11巻分までの感想と用語の更新を完了しました。

『ブラッディクロス』全12巻発売中! 用語集更新は全て無事終了致しました。

文庫・単行本(キャラクターノベル含む、ライトノベル含まず)の著者名別リストに移行しました。さすがに増え過ぎた(笑


今期の週間感想予定
日曜日:-
月曜日:-
火曜日:-
水曜日:-
木曜日:-
金曜日:-
土曜日:-
不定期:ピックアップ感想、ゲーム感想、模型関連など


場合によっては急遽順序等の変更もありますが、ご理解いただけますようよろしくお願いします。

管理人プロフィール

月詠

Author:月詠
埼玉県某所在住の34歳社会人。性別♂。名前は「つくよみ」と読む。

世知辛い世の中で嬉しいことも泣きたいこともサブカルチャーたちに救われています
詳細な自己紹介はこちら(2019版)。それ以前のものはこちら

コメント・TB、相互リンク受付中。下記の運営方針に詳細を記載しております。無条件に大歓迎と言うわけではありませんが、大部分の方は歓迎出来るかと思いますw

以下、ショートカット。
◇閲覧上の注意や規約など
Blogの運営方針・利用規約
他のBlog様と大差ない運営・利用規約ですが、初閲覧の方は簡単でも良いので読んで頂けるとありがたいです。閲覧、コメント等される方は利用規約を了承していると判断させていただきますので、「知りませんでした」は通用致しません。


◇アニメについて
アニメの評価について
歴代アニメ評価一覧
アニメアウォーズ! 受賞一覧


◇ゲームについて
ゲームの評価について
歴代ゲーム評価一覧


◇ブックス(本)について
小説の評価について
ブックレビュー一覧
   あ行の著者
   か行の著者
   さ行の著者
   た行の著者
   な行の著者
   は行の著者
   ま行の著者
   や行の著者
   ら行の著者
   わ行の著者
   複数の著者・その他
 文庫・単行本(キャラノベ含む、ラノベ含まず)は上気の著者名別になっています。

◇プラモデルについて
完成品一覧(グレード別)
完成品一覧(シリーズ別)
完成品一覧(トイ、フィギュア等)

◇その他リスト一覧はこちら
テレビ&シネマ
CD&DVD&BD
TYPE-MOON関連

ツリー式カテゴリー

openclose

アニプレッション!!

アニプレッション!!
アニプレッション!!とは

アニプレッション!!は、アニメブロガー達の合同ブログです。アニメについての問題意識・感想・考察・批評等の諸言説を発表し、アニメを語る事の面白さを伝える事が目標です。自分も末席に加えさせていただいております。
現在活動停止です

以下、アニプレッション!!メンバーのBlogです。

相互リンク(更新停止)

残念ながら一年以上の更新がない相互リンク先の方々です。サイト消滅の場合は消させていただきます。いずれまた復活し、交流が持てることを期待しています……