FC2ブログ

刹那的虹色世界

アニメ・ゲームのあらすじを主体とした感想や批評のブログ。時折、日記・声優・コミック・スポーツなど幅広くレビューしています。リンクフリー、相互リンク大歓迎♪

Entries

おとめ妖怪 ざくろ 第12話

おとめ妖怪 ざくろ 第12話
『きき、焦々と』



≪あらすじ≫
阿吽様の力によって神がかりの里へと転移してもらった利劔たち。だが、一緒に転移してもらったはずの景の姿だけ見えない。その景は、一人神がかりの里の中の里長の館へ転移していた。そこで彼は聴き知らぬ声に導かれ、沢鷹・西王母桃の母である突羽根の変わり果てた姿を発見する。

一方、利劔たちは沢鷹と西王母桃の婚姻の儀に乱入。意識を絶たれたままの西王母桃は動けない。薄蛍たちが何とかして西王母桃を取り戻そうとするが――



≪感想≫
積極的にラストを描く!
未だ原作が続く作品のアニメ化は、(昨今特に)往々にして続編(第二期、OAD、劇場版)を想定するような未完の形で終わらせることが多い。それはまぁ、続編を想定したことではなく、原作が終わっていないため原作に影響を与えないようにする配慮でもあるのだが。

その中で本作は、原作未完ながら積極的にアニメ版はアニメ版としてのラストを描こうとしているように見えるのが、とても好印象を覚える。

この作品において、主要な要素は二つだろう。一つは、西王母桃・薄蛍・雪洞&鬼灯とそれぞれのパートナーとの恋物語。もう一つは、西王母桃の出生の秘密。もちろん、他にも人間・妖人・半妖の微妙なパワーバランス、種族差別、それを乗り越えた共存の道の模索なんかも主要なテーマであるはずなのだが、特に中盤から終盤にかけて前者二つが大きく出て来ており、物語序盤で感じるほどの種族差別や共存と言った感覚は薄れた。

話が逸れたが、この作品において主要な要素が上記二つである時、すでに半ば解決済みとなっている。

恋物語では、利劔・薄蛍、丸竜・雪洞・鬼灯の2組は中盤で盤石となり、最も不安定で互いに好意を明確に出来ていない西王母桃と景の関係も、ようやく景の凄みすら感じる決意によって大きく傾いた。さらに西王母桃が憧れていた花楯中尉は「沢鷹」と言うラスボスであり、何より異父兄であると言う事実から恋愛対象からは正式に外れたと見ることが出来、あとは西王母桃が景の決意に応えるか否かのみ。

そして西王母桃の出生の秘密と、それに関係する彼女の母・突羽根や異父兄・沢鷹の過去や想いも11話まででほとんど描き切っており、後は謀反を起こした乱杭を討ち、袂を分かった沢鷹たちとどういう決着点を見い出すか、のみとなった。

正直、物語として主要な要素を全て消化してしまっており、ここから続編を期待するのは難しいだろう。DVD・Blu-ray特典映像として数話、日常パートや後日談を軸に物語を作ることは出来ようが、続編シリーズとして物語を組むことは(原作未完で、今後原作のネタのストックが溜まったとしても)困難だ。

だからもう、『おとめ妖怪ざくろ』という作品は本当に1クールで一つの作品として完結する作品なのだろうと思うし、作品からも一つの作品として描き切る気概すら感じ取れる。今期大穴だと感じ取れるほどの魅力を覚える作品となったのは、こう言う気概を感じ取れるからなのだろう。

ビジネスとして考えると、もしこの作品がヒットして続編が期待されるような場合も想定して終わらせた方が良いに決まっている。だから、昨今の未完原作作品のアニメ化には往々にして続編を仄めかすような終わり方が多い(今期で言えば『百花繚乱 サムライガールズ』『俺の妹がこんなに可愛いわけがない』『そらのおとしもの』シリーズが典型と言える)。

だが、もう物語の大部分を描き切っている『ざくろ』にはそういうビジネス的な視点以上に、クリエイターたちの「一つの作品を今ある全力を以って描き切って完遂・完結させる」という意思を強く感じさせる。同時間枠は昨期までの3クールの間、ずっとクリエイター主導の『アニメノチカラ』が放映されてきたが、テレビ東京関与作品としてそういう繋がりみたいなものを感じてしまう。

幾つか頭の中にはエンディングも見えている。「乱杭の謀反」「橙々の他者への依存と百緑の自立」「火の放たれた里長の館」「突羽根の本当の姿」「西王母桃を連れて戻った沢鷹」と言う要素を取り上げれば、おのずと最終話の展開を誰もが脳裏に幾つかパターンが浮かんでいるのではないだろうか。

だが、次の最終話で物語を完結させるほどの気概で臨むであろう『ざくろ』の監督はじめスタッフたちならば、きっとそんな私たちが脳裏に描くパターン以上のものを見せてくれるに違いない。


第13話(最終話)『おわり、燦々と』

≪TB先 参照リンク(URLアルファベット順)≫
赤字はTBが現在弾かれてしまっているBlog様です。
現在、yahoo系、nifty系、so-net系はほぼ全滅。楽天系は調子がいいと送れます。

※楽天系は文字化けしておりますm(_ _)m

・http://ai-mugi.blog.eonet.jp/aimugi/2010/12/post-3a93.html
・http://ariaprincipe.blog46.fc2.com/blog-entry-836.html
・http://arpus.blog121.fc2.com/blog-entry-1403.html
・http://blog.livedoor.jp/by_maria/archives/1750848.html
・http://blog.livedoor.jp/kansaianime/archives/51672163.html
・http://blog.livedoor.jp/koubow20053/archives/51656207.html
・http://blog.livedoor.jp/superunkman/archives/50744792.html
・http://blog.livedoor.jp/t_cherry398/archives/51555907.html
・http://coffeemonster.at.webry.info/201012/article_37.html
・http://cristal1102.blog84.fc2.com/blog-entry-398.html
・http://haruhiism.blogism.jp/archives/51542665.html
・http://fanblogs.jp/gyobayashi/archive/2083/0
・http://gokuuyo.at.webry.info/201012/article_47.html
・http://gomarz.blog.so-net.ne.jp/2010-12-22
・http://illust.go-jin.com/e9359.html
・http://kananta24freedom.blog133.fc2.com/blog-entry-107.html
・http://lessiy.jugem.jp/?eid=2450
・http://moon12.blog.so-net.ne.jp/2010-12-21
・http://nextsociety.blog102.fc2.com/blog-entry-1214.html
・http://norarincasa.blog98.fc2.com/blog-entry-18.html
・http://plaza.rakuten.co.jp/blackwidow/diary/201012210000/
・http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201012210001/
・http://plaza.rakuten.co.jp/kazusaroom/diary/201012230000/
・http://plaza.rakuten.co.jp/kiko000/diary/201012210000/

・http://sagaturedure.blog31.fc2.com/blog-entry-4476.html
・http://seraraku2.blog59.fc2.com/blog-entry-5236.html
・http://shino134.blog22.fc2.com/blog-entry-1017.html
・http://soraxcan.blog59.fc2.com/blog-entry-2346.html
・http://spadea.jugem.jp/?eid=9166
・http://strawcat.blog12.fc2.com/blog-entry-2821.html
・http://takotakotakoyaki.blog52.fc2.com/blog-entry-3235.html
・http://uhdintd.blog121.fc2.com/blog-entry-909.html
・http://vnr2034.blog133.fc2.com/blog-entry-620.html
・http://yamitarou.blog75.fc2.com/blog-entry-2586.html
・http://yuruyurulife.blog48.fc2.com/blog-entry-3317.html
・http://zaregoto2nd.blog95.fc2.com/blog-entry-1179.html

もしよろしければ、拍手ボタンをポチッと押して下さいm(_ _)m 管理人のモチベーションが上がります(ぉ

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

Trackback

トラックバック URL
»»この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

おとめ妖怪ざくろ 第12話 きき、焦々と

第12話のあらすじ 捕らわれたざくろを救いに、総角たちは神がかりの里へ跳ぶ。 しかし総角だけは里の屋敷内へ跳んでしまう。どこからか聞こえる女性の泣き声を たよりに進んでいくと、そこにはざくろの母...

おとめ妖怪 ざくろ #12 「きき、焦々と」

「なぜお前はそこまで愛される?  私とお前は何が違う?」 沢 鷹 祭 り 万 歳 \(^ ^)/  ↓  ↓

【おとめ妖怪ざくろ】12話 やっぱり乱杭様がラスボスかぁ

おとめ妖怪ざくろ #12 きき、焦々と 398 名前:風の谷の名無しさん@実況は実況板で[sage] 投稿日:2010/12/21(火) 01:56:25 ID:R73PJnrM0 続く次回...わりとありがちな展開? 399 名前:風...

おとめ妖怪 ざくろ 第12話「きき、焦々と」 

今週で終わりじゃなかった―! 乱杭がラスボスの様相を呈してきましたね。 喜久子さんノリノリだー(笑) 神がかりの里の顛末が切なくてうりゅうりゅきちゃいましたよ(ノ_・。) 突羽根の想いが総角ちゃんに...

おとめ妖怪 ざくろ 第十二話:きき、焦々と

 丸竜が空気なのがちょっと残念です。

「おとめ妖怪ざくろ」第12話

  第十二話「きき、焦々と」自分の出生の秘密、そして半妖の生まれる所以を知ったところで、西王母桃は再び捕らわれ気を失ってしまう。一方、妖人省では西王母桃を救い出すため、...

おとめ妖怪 ざくろ 第12話「きき、焦々と」

ざくろ君を助け出して、ざくろ君の隣に立ちたい! あげまきさんカッコイイ! その直後に迷子ってどういうことw 阿吽の転送に介入してきた気配ってお母さん? 突羽根も、総角景を西王母桃のいい人だと...

おとめ妖怪 ざくろ 第12話「きき、焦々と」

おとめ妖怪ざくろ 1 (バーズコミックス)(2008/01/24)星野 リリィ商品詳細を見る  これまで守られてきた軍人さん達も、剣を振って見せ場を披露してくれました。神がかりの里にて2匹のいづなが襲ってきます。...

おとめ妖怪 ざくろ 第12話「きき、焦々と」

この時期になると、「あ、来週もある」ってのが何よりの希望に。イカちゃんも終わってしまった・・・。

[アニメ]おとめ妖怪 ざくろ 第12話「きき、焦々と」

美しい、非常に美しい母親の愛情と、相反する憎しみの連鎖。

おとめ妖怪 ざくろ 第十二話 『きき、焦々と』

私を拒み続けた・・・

『おとめ妖怪 ざくろ』 12話「きき、焦々と」 アクションシーンもなかなか。

あうん様に神がかりの里へ飛ばしてもらって、総角一人だけ違うところへ飛んだのはどうして? ‘ざくろの隣に立ちたい’という、彼の思いが作用したのかな? 彼はあうん様に特別視 ...

おとめ妖怪 ざくろ 12話

サモナーから先に倒すのはRPGの常識ですね。というわけで、「おとめ妖怪 ざくろ」12話おおっと!テレポーターの巻。生まれてすぐに母親から引き離され、愛情を受けぬままに育った ...

おとめ妖怪 ざくろ 第12話「きき、焦々と」

悲しみの呪縛。

おとめ妖怪ざくろ 第12話 「きき、焦々と」

 救いたいのは・・・  こちらは今季少ない全13話。  最終回に向けて加速しています。

おとめ妖怪ざくろ 第12話「きき、焦々と」

ざくろを助ける----------!!あうん様になんとか神がかりの里へ連れていって欲しいと頼み込む景たち。渋るあうん様ですが、やはり景がざくろの「いい人」だとからかう。その言葉に顔...

おとめ妖怪 ざくろ 第12話「きき、焦々と」

『自分の出生の秘密そして半妖の生まれる所以を知ったところで、西王母桃は再び捕らわれ気を失ってしまう。一方、妖人省では西王母桃を救い出すため、総角たちはわずかな手掛かりと共に走り出す。あうん様に導...

おとめ妖怪 ざくろ 第12話「きき、焦々と」

ざくろ君を助け出して、そして、ぜくろ君の隣りに立ちたい――!  その決意を訊き、阿吽たちは景たちを神がかりの里に送ります。 しかし景だけが逸れて…ざくろの母の遺した思いを聞く事に…。  ▼ おとめ妖怪 ざくろ 第12話「きき、焦々と」  儀式の場に乱

『おとめ妖怪 ざくろ』第12話

第12話「きき、焦々と」西王母桃君を助けだして、隣に立ちたい!あうん様に頼んで神がかりの里に行く総角たち。一人屋敷の側に運ばれた総角は、そこで突羽根に会う。

おとめ妖怪ざくろ 第十二話「きき、焦々と」

おとめ妖怪ざくろ 第十二話「きき、焦々と」です。 そういえば、先週からオープニン

おとめ妖怪ざくろ・・第12回「きき、焦々と」

2010/12/21 放送分。総評!さすがにちょっと王道すぎか?何かこう、あれですね。王道展開をしているのは最初からずっとそうなんですが、本当に分かりやすい王道展開で・・・最後くら ...

おとめ妖怪ざくろ 第12話 「きき、焦々と」

ざくろ救出のため神憑りの里へ突入!クライマックス「おとめ妖怪ざくろ」第12話。 あにてれはこちら。 本文はあと。 沢鷹との婚礼の儀式の場に送られるざくろ。 景達は神社の狛犬達に里への道を開い...

(アニメ感想) おとめ妖怪 ざくろ 第12話 「きき、焦々と」 

おとめ妖怪ざくろ 2 【完全生産限定版】 [DVD]クチコミを見る 自分の出生の秘密そして半妖の生まれる所以を知ったところで、西王母桃は再び捕らわれ気を失ってしまう。 一方、妖人省 ...

おとめ妖怪 ざくろ #12

【きき、焦々と】 おとめ妖怪ざくろ 4(完全生産限定版) [DVD]出演:中原麻衣アニプレックス(2011-02-23)販売元:Amazon.co.jpクチコミを見る 私はお前と何が違う!! 

おとめ妖怪ざくろ 第十二話「きき、焦々と」

ママンが恋しかったED?! いや、前回の話を見た時には 何となく予想はしてたんだけど 女郎蜘蛛を生贄にみんなハッピーエンドに… おとめ妖怪ざくろ 1 【完全生産限定版】 [DVD]アニプレックス 2010-11-24売り上げランキング : 1936Amazonで詳しく見る...

おとめ妖怪ざくろ 第12話「きき、焦々と」

神がかりの里の衆 vs 妖人省。 薄蛍達と戦っているイズナが不憫でしたね。櫛松や突羽根と同じ気持ちなんでしょう。 突羽根に呼ばれて別行動となった総角は、突羽根から沢鷹と西王母桃への母としての深い愛情を聞かされ、沢鷹に突羽根の心の真実を伝えるも、沢鷹は受け入...

おとめ妖怪 ざくろ 第12話「きき、焦々と」(感想)

二人の関係は表裏一体。 愛ゆえに別ちざるをえなかったざくろと沢鷹。 2人の結末はどこへ向かうのでしょうか。 ざくろはあともう1回あるようですね。 今回はざくろが喋る機会が少なかったのが寂しかっ...

おとめ妖怪 ざくろ 第12話 「きき、焦々と」 簡易草子

「僕はどうなっても構わない!こうしている間にも西王母桃君が―」by景 「お願い、どうか私の声を西王母桃に沢鷹に届けて・・・」by突羽根 「お前たちが倒せないなら、俺が手を汚す!」by利剱  ...

おとめ妖怪 ざくろ 第12話 感想「きき、焦々と」 

おとめ妖怪 ざくろですが、総角たちはざくろを助けるために神がかりの里に向かいます。利劔たちはイズナと戦いますが、薄蛍が相手の感情を読んでしまい戦意が鈍ります。利劔はイズナを操っている術者の方を倒します。 総角は突羽根の心を読んだようですが、沢鷹と対決し

おとめ妖怪ざくろ 第十二話「きき、焦々と」

おとめ妖怪ざくろ 第十二話「きき、焦々と」西王母桃を取り戻す為、神がかりの里へ公式HPより自分の出生の秘密そして半妖の生まれる所以を知ったところで、西王母桃は再び捕らわ...

おとめ妖怪 ざくろ 第12話「きき、焦々と」 レビュー キャプ

神がかりの里では、ざくろと沢鷹の婚姻の儀が行われようとしていた。 景達はあ・うん様の所にやってきて、自分達を 神がかりの里へ運んで欲しいと頼む。 ざくろ君を助け出して… そして、ざくろ君の隣に立ちたい! 景の想いを汲んだあ・うん様は景達を神がかりの里へ送...

おとめ妖怪 ざくろ・第12話

「きき、焦々木と」 ざくろを救出すべく、神懸かりの里へ向かう総角たち。危険性を説く阿吽さまに対し、総角は…… さくろのいい人なんかじゃない。いつも助けられてばかり。 隣に立つためにも、神懸かり...

おとめ妖怪ざくろ 第12話 「きき、焦々と」

明るく楽しいラブコメ調だったのに突然に昼ドラのようなドロドロ展開に… 私好みだった花楯中尉は、人格崩壊してしまわれました。1クールの尺の都合か 原作のストックのせいか作風がガラリと変わって、危ないネタが次々と出てきたりもうね… 沢鷹を描いてみましたしかし

おとめ妖怪 ざくろ 第12話『きき、焦々と』

ざくろを救うため、狛犬に転移させてもらう妖人省の面々。神がかりの里に辿り着いたものの、 景だけはぐれた。一人だけ里に直で転移してしまった。これもざくろへの想いゆえでしょうか。フラフラと迷い込んだ挙句、突羽根の声に導かれます。  婚礼の儀式に乱入する他...

おとめ妖怪ざくろ 第12話 「きき、焦々と」

今回で最終回!と思ってたがそんなことはなかったぜ! 全13話でした。ヨペチコです。

左サイドMenu

カウンター

祝2,000,000Hit達成♪ とうとう大台突破。これも皆様のおかげでございます(o ̄∀ ̄)ノ

カレンダー(月別)

11 ≪│2020/12│≫ 01
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

ガンダムシリーズ

◆新機動戦記ガンダムW◆

新機動戦記ガンダムW BD-BOX1

OVA・続編含め『新機動戦記ガンダムW』全般を応援してます♪
ガンダムW関連 まとめページ
感想、用語、企画など全ページへのリンクがあります。ご利用ください

2016/05/04 12巻分の用語一部更新しました

《用語》
用語集
ア行
カ行
サ行
タ行
ナ行
ハ行
マ行、ヤ行
ラ行、ワ行
英字行
登録キャラクター名一覧
キャラクター詳細
ア行
カ行
サ行
タ行
ナ行
ハ行
マ行、ヤ行
ラ行、ワ行、英字行

メカニック図鑑
メカニック用語詳細
年表

《企画》
年代考察
勢力図まとめ
AC暦におけるMS史(コラム)

◆Gジェネクロスレイズ◆

GCR119.jpg

まとめページ

◆ガンダムモビルスーツバイブル◆

GMB001_20190322210057cc3.jpg

まとめページ

◆機動戦士ガンダム00◆

GUNDAM OOQ
用語集などは特にありませんが、劇場版の感想は全十回というボリュームでコラム風に書かせていただきました。よろしければどうぞ。
ガンダム00関連 まとめページ

◆鉄血のオルフェンズ◆

81TuctHvlZL__CR88,0,1536,1536_
各回の感想のまとめだけ。
鉄血のオルフェンズ まとめページ

米山シヲ 応援エリア

◆梅衣堂ひよと旦那様の野望◆

1-2-2

『梅衣堂ひよと旦那様の野望』待望第1巻発売中

月刊少年ガンガンで現在連載中『梅衣堂ひよと旦那様の野望』を応援中。『ブラクロ』と同じように独自用語集も製作中!

公式特設ページ

独自用語集
第1巻

◆ブラッディ・クロス◆

ブラクロサムネ

月刊少年ガンガンで完結した『ブラッディ・クロス』をプッシュしています♪ 独自用語集あります! 

公式特設ページ

独自用語集
キャラ紹介-混血勢力-
キャラ紹介-天使勢力-
キャラ紹介-堕天使勢力-
キャラ紹介-アルカナ-
キャラ紹介-神葬-
キャラ紹介-その他-


最近の記事

最近のコメント

<>+-

最近のトラックバック

メールフォーム

管理人に何か言いたいことがあれば、ここからどうぞ♪

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード

QR

友達申請フォーム

FC2ブログランキング

FC2のブログランキングに参加中♪ 気に入っていただけたなら、一押しして下さい。

FC2ブログランキング

右サイドメニュー

義援金募集

FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして

検索フォーム

管理人から一言

お知らせ

管理人からのお知らせです。

PS4ゲーム『JUDGE EYES:死神の遺言』プレイ中。

『ガンダムW FT』コンテンツは不定期更新です。現在は11巻分までの感想と用語の更新を完了しました。

『ブラッディクロス』全12巻発売中! 用語集更新は全て無事終了致しました。

文庫・単行本(キャラクターノベル含む、ライトノベル含まず)の著者名別リストに移行しました。さすがに増え過ぎた(笑


今期の週間感想予定
日曜日:-
月曜日:-
火曜日:-
水曜日:-
木曜日:-
金曜日:-
土曜日:-
不定期:ピックアップ感想、ゲーム感想、模型関連など


場合によっては急遽順序等の変更もありますが、ご理解いただけますようよろしくお願いします。

管理人プロフィール

月詠

Author:月詠
埼玉県某所在住の34歳社会人。性別♂。名前は「つくよみ」と読む。

世知辛い世の中で嬉しいことも泣きたいこともサブカルチャーたちに救われています
詳細な自己紹介はこちら(2019版)。それ以前のものはこちら

コメント・TB、相互リンク受付中。下記の運営方針に詳細を記載しております。無条件に大歓迎と言うわけではありませんが、大部分の方は歓迎出来るかと思いますw

以下、ショートカット。
◇閲覧上の注意や規約など
Blogの運営方針・利用規約
他のBlog様と大差ない運営・利用規約ですが、初閲覧の方は簡単でも良いので読んで頂けるとありがたいです。閲覧、コメント等される方は利用規約を了承していると判断させていただきますので、「知りませんでした」は通用致しません。


◇アニメについて
アニメの評価について
歴代アニメ評価一覧
アニメアウォーズ! 受賞一覧


◇ゲームについて
ゲームの評価について
歴代ゲーム評価一覧


◇ブックス(本)について
小説の評価について
ブックレビュー一覧
   あ行の著者
   か行の著者
   さ行の著者
   た行の著者
   な行の著者
   は行の著者
   ま行の著者
   や行の著者
   ら行の著者
   わ行の著者
   複数の著者・その他
 文庫・単行本(キャラノベ含む、ラノベ含まず)は上気の著者名別になっています。

◇プラモデルについて
完成品一覧(グレード別)
完成品一覧(シリーズ別)
完成品一覧(トイ、フィギュア等)

◇その他リスト一覧はこちら
テレビ&シネマ
CD&DVD&BD
TYPE-MOON関連

ツリー式カテゴリー

openclose

アニプレッション!!

アニプレッション!!
アニプレッション!!とは

アニプレッション!!は、アニメブロガー達の合同ブログです。アニメについての問題意識・感想・考察・批評等の諸言説を発表し、アニメを語る事の面白さを伝える事が目標です。自分も末席に加えさせていただいております。
現在活動停止です

以下、アニプレッション!!メンバーのBlogです。

相互リンク(更新停止)

残念ながら一年以上の更新がない相互リンク先の方々です。サイト消滅の場合は消させていただきます。いずれまた復活し、交流が持てることを期待しています……