fc2ブログ

刹那的虹色世界

アニメ・ゲームのあらすじを主体とした感想や批評のブログ。時折、日記・声優・コミック・スポーツなど幅広くレビューしています。リンクフリー、相互リンク大歓迎♪

Entries

百花繚乱 サムライガールズ 第12話(最終話)

百花繚乱 サムライガールズ 第12話(最終話)
『さよならの忠』


≪あらすじ≫
次のキスで真の契りを交わすことで、これまでの明るい十兵衛は消滅する。そう突き付けられてなお、十兵衛は例え自分が消滅してもこの想いは永遠だから、と宗明と最期のキスを交わす。

兼続、又兵衛、半蔵、千、幸村、そして宗明。

自分を支えてくれた全ての人の手を借りて、真の覚醒を遂げた十兵衛は天草四郎復活を目論む義仙と最後の決戦に挑む。一度は敗北した十兵衛だったが、そんな彼女を救ったのは消滅したはずのもう一人の十兵衛。

変わらない永遠の想いを胸に、今、決着の時――



≪感想≫
面白かったけど2クールで観たかったかな
正直、面白かった。実はラストバトルにはツッコみたいところもあるのだが、それを差し引いても十分楽しめた。最終決戦らしい最終決戦というのを、本当に久しぶりに観れた気がすると思うのだ。仲間の力を借りてラスボスのところまで道を通してもらい、仲間の力を一人に集中させた一撃や自らの命を顧みない特攻に近い突撃など、その多くが、90年代半ばから後半にテレ東系列で多く観ることが出来た『勇者シリーズ』や『リューナイト』の最終決戦を思わせる熱く燃える展開だったと思う。

本音を言えば、ご都合主義は否めない。土壇場でのダルタニアンの復活、慶彦の将としての覚醒、急に将らしく指示を出すかと思えばやっぱり最後は「十兵衛ー」と名前を叫ぶことしかしない宗明、十兵衛vs義仙は少しばかり軽さを感じた(そもそも義仙の登場が遅いので致し方ないのだが)などなど、細かい点を指摘すればキリがない。
そして、それらはどうしても尺不足からくる欠点に見えて仕方ない。

例えば、宗明も将として覚醒してから経験を積んで最終決戦に挑めていれば急場的に感じることもなかっただろうし、慶彦やダルタニアンのことも時間経過があれば土壇場での突然展開に感じないだろうし、あと1クールあれば義仙と数度死闘も繰り広げ、最後の戦いにももっともっと重みが出たように思えてならない。

ただ、個人的なことを言わせてもらえば、最後のエンディングにはとても満足している。「もしかしたらラストに十兵衛が帰ってきちゃう?」とも思ったが、あそこだけはご都合主義なんかではなかった。確かに、十兵衛が帰ってこないENDは少しばかり切ないし悲しい。だが、だからこそ十兵衛の最期の言動にはとても重みを感じた。それまでは、上記のようにご都合主義のような、付け焼刃のような感覚も否めなかった言動だが、結果から振り返ると相応の悲壮感と重みを感じ取れる。


そう言えば、最後が特攻に近い突撃であり、それに強く胸打たれてしまう自分はきっと生粋の日本人だなぁ、と思ってしまう。特攻という攻撃方法や概念に、賛美に近い感覚を持っているのは日本独特という話を昔どこかで聞いたことがあるような気もする。
確かに普通に考えれば特攻は自爆・自殺行為なので賞賛されるべきものではないのだが、その散り際に強烈に輝く命の煌めきに私たちは強く惹かれるのかもしれない。

某作品の中にこんなセリフがある。「一瞬だけど、閃光のように。それが俺たちの生きざまだ!」。まぁ、どういう経緯で言われたかは長くなるので割愛させて頂くが、要は例え短い寿命や一生であっても、閃光のように光り輝くことが自分たちの生きざまである、というのを表現したセリフである。
そこには特攻・突撃精神に繋がる部分が垣間見えるし、同時に特攻を行った十兵衛の生きざまにも繋がって見える。

劇中時間がどれくらいかは解らないが、その目覚めから最後の決戦までほんのわずかな期間しか彼女はその生を全う出来なかったかもしれない。だが、その命の輝きは閃光のように宗明たちや私たち視聴者の心と記憶に永遠の絆と想いと共に残されて行くのだろう。



シロクロ描写は果たして
最後の白黒の描写は果たしてどう評価されるのだろうか、期待と不安が半々といった具合である。

本作の世界観も相まって墨描写という“和”のテイストをどこまでも追求したような演出が目立ったし、白黒の描写はその行きつく果てだったのかもしれない。

墨描写を中心とした“和”テイストの描写は、実は『大神』と言うPS2ゲーム(今は色々と他のプラットフォームにも進出しているようだが)という前例が私の中にあるので、そこまで大きな衝撃ではなかった。もちろん、墨描写をアニメでやるのか!?と言う驚きはあったし、珍しいものだとは思ったが、真新しいものだという感覚は薄かった。

振り返ると、作画のクオリティが向上し、CG技術の発達やスタッフの方々の努力も相まってエフェクトも多様を極めている今のアニメ業界において、墨演出は一つの新しい方向性の模索だったのだと思う。その成否はともかく、そのチャレンジ精神は見事だったと思う。

白黒の演出含めたアニメーションの演出としては、『失われた何か』のおはぎさんが私なんかよりもずっと解りやすく解説されているので、ぜひどうぞ。
「『失われた何か』百花繚乱 サムライガールズ 12話(最終話)「さよならの忠」(感想) 」



なにはともあれ、監督・スタッフ・キャストの皆様方、お疲れさまでしたm(_ _)m

≪TB先 参照リンク(URLアルファベット順)≫
赤字はTBが現在弾かれてしまっているBlog様です。
現在、yahoo系、nifty系、so-net系はほぼ全滅。楽天系は調子がいいと送れます。

※楽天系は文字化けしておりますm(_ _)m

・http://3284allegro.blog38.fc2.com/blog-entry-1908.html
・http://ameblo.jp/adam/entry-10745431790.html
・http://animedouganews.blog44.fc2.com/blog-entry-1802.html
・http://animeyotabanashi.blog63.fc2.com/blog-entry-512.html
・http://animumeso.blog101.fc2.com/blog-entry-2358.html
・http://aquamarine1030.blog75.fc2.com/blog-entry-1212.html
・http://aragaiaragai.blog133.fc2.com/blog-entry-126.html
・http://blog.goo.ne.jp/jin-d/e/af3187fa149f294a3de306754ac2eed3
・http://blog.livedoor.jp/kansaianime/archives/51671380.html
・http://coffeemonster.at.webry.info/201012/article_36.html
・http://cristal1102.blog84.fc2.com/blog-entry-395.html
・http://fanblogs.jp/gyobayashi/archive/2078/0
・http://gokuuyo.at.webry.info/201012/article_45.html
・http://gomarz.blog.so-net.ne.jp/2010-12-22-3
・http://hienkyaku.blog50.fc2.com/blog-entry-1626.html
・http://moon12.blog.so-net.ne.jp/2010-12-20
・http://nextsociety.blog102.fc2.com/blog-entry-1209.html
・http://ngelas.blog72.fc2.com/blog-entry-341.html
・http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201012200002/
・http://plaza.rakuten.co.jp/cherokato/diary/201012200000/

・http://riksblog.fool.jp/public_html/mt5/anime/now/2010/12/
-12-5.html
・http://seraraku2.blog59.fc2.com/blog-entry-5230.html
・http://shino134.blog22.fc2.com/blog-entry-1014.html
・http://shirokuro585.blog109.fc2.com/blog-entry-464.html
・http://shittakaanime.blog86.fc2.com/blog-entry-194.html
・http://soraxcan.blog59.fc2.com/blog-entry-2343.html
・http://sumi4460.blog63.fc2.com/blog-entry-2633.html
・http://vnr2034.blog133.fc2.com/blog-entry-609.html

もしよろしければ、拍手ボタンをポチッと押して下さいm(_ _)m 管理人のモチベーションが上がります(ぉ

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

Trackback

トラックバック URL
»»この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

百花繚乱 サムライガールズ 第12話 (最終回)「さよならの忠」 感想

何という終わり方! まさか、こんな事になるとは予想だにしませんでした。 霊的エネルギーの結界に包まれた武應学園塾。 結界の内部では巨大なブロブが群となって蠢き、学園にとりついた繭は その...

百花繚乱 サムライガールズ 第12話 「さよならの忠」 (最終回)

「ねっ、聞えるでしょ…お兄ちゃんの声が!」 ということでついに最終回。ここ数話で話が一気に加速したこの作品だけど最終話はある意味あのいちばんうしろの大魔王も真っ青な超展開だったかもしれない(笑)

百花繚乱 サムライガールズ第十二話 感想

信頼と絆がある限り 「百花繚乱 サムライガールズ」第十二話感想です。 百花繚乱 サムライガールズ 第一巻 [Blu-ray](2010/11/25)悠木碧、平川大輔 他商品詳細を見る

百花繚乱 サムライガールズ 第12話(最終話)「さよならの忠」&シリーズ感想

面白かったなー! 大作RPGをクリアした気分。切ない幕引きもとても好みでした。

百花繚乱サムライガールズ 第12話 さよならの忠(終)

第12話のあらすじ ついに姿を現した天草四郎。それに対抗するため真の将となった宗朗と 契りを交わさなくてはならない十兵衛だったが、そうすれば不完全な状態で目覚めた 十兵衛が消えてしまう。しかし宗朗のまた会おうという言葉に、彼女は・・・! まぁ・・・仕...

百花繚乱 サムライガールズ 第12話(最終話) 「さよならの忠」

■百花繚乱 サムライガールズ 第12話(最終話) 「さよならの忠」 脚本:金月龍之介 絵コンテ:寺岡巌 演出:藤本義孝 作画監督:宮澤努、りんしん、Chang Bum-Chul、Cha Sung-ll、Choi Hee-Eun、Han Se...

百花繚乱 サムライガールズ 第1話   ~ 第12話 さよならの忠 最終回

百花繚乱 サムライガールズ   第1話   ~  第12話 さよならの忠 最終回 元号が「平誠」に改まってから20年余を過ぎた21世紀初頭の日本。鎖国は解かれたものの徳川幕府の治世が続き、慶康が第25...

『百花繚乱 サムライガールズ』第12話最終回

第12話「さよならの忠」いろんな意味で斬新だったこのアニメも最終回。復活しようとしている天草四郎を阻止できるのか?

「百花繚乱サムライガールズ」第12話(終)

  第拾弐話「さよならの忠」(終)結界の内部では無気味な生物が群れをなして蠢いていた。学生たちの恐怖を糧として己の力を増大させる天草と義仙。一方、真の将として覚醒した宗...

百花繚乱サムライガールズ:12話感想&総括

百花繚乱サムライガールズの感想です。 終盤の爆進具合に驚いた(笑)

百花繚乱サムライガールズ12話 最終的に超熱くなった件

宗朗が真の将になった事で三人のマスライ達の仮免も取れて準備万端、ラストバトルいよいよ開戦です。偉そうに支持を飛ばす宗朗がなんとも印象的。 一つになった真・十兵衛に綻び分が付加されて幾分柔ら...

【百花繚乱】最終話 これはBD/DVDが売れたら2期あるで

百花繚乱 SAMURAI GIRLS #12 さよならの忠 837 名前:風の谷の名無しさん@実況は実況板で[sage] 投稿日:2010/12/20(月) 00:56:09 ID:Ugmna3WE0 やべえ無駄に壮大なアニメになってたw 840...

百花繚乱サムライガールズ 第12話(終)『さよならの忠』

今度チュウしたら十兵衛(天然)は消えちゃう! 結局そのことは言わず、宗朗とチュウをする十兵衛。こうして十兵衛が完全体となりました。 天草四郎をペロペロやって復活に備える義仙。なんでこんな事しなきゃ復活しないのかは不明です。しかも十兵衛とセットじゃないと厳...

【百花繚乱サムライガールズ 最終話-さよならの忠】

それは、信頼と絆の物語。

『百花繚乱サムライガールズ』 最終回 観ました

まさかこの作品の終わりがこんなになるとは・・・ 『そして十兵衛は居なくなった・・・』 冗談抜きにここまで熱くなる展開を予想していなかったです。 そりゃ、展開そのものは...

百花繚乱 サムライガールズ 12話(最終回)

一途な想いは成層圏すら突き抜ける。というわけで、「百花繚乱 サムライガールズ」12話(最終回)玉砕アタックの巻。消滅する運命を受け入れ、自らキス。妹十兵衛の愛と、それに ...

百花繚乱 サムライガールズ 第12話「さよならの忠」

将として覚醒した宗朗に十兵衛だけでなく、幸村と千姫も改めての契りを交してパワーアップして迫力のある戦闘シーンの連続で、しかも物語が進むに連れて戦いは激しさを増して、何時もよりも増して楽しめた最終回でした。

百花繚乱サムライガールズ 第拾弐話「さよならの忠」

ちょ、えっ、えぇぇぇ?! マジですか?これで本当に終わり?! ま、まぁ、おっぱいと墨のアニメだからしょうがないけど 強引にEDにもっていったな… 百花繚乱 サムライガールズ 第一巻 [Blu-ray]メディアファクトリー 2010-11-25売り上げランキング ...

百花繚乱 サムライガールズ 第12話 「さよならの忠」

真の契りで消えてしまう運命の十兵衛ちゃん。 どうせ消えるなら楽しい思い出なんてない方が良かった…。   揺れる十兵衛ちゃんに、宗朗は居てくれたことをありがとうと。 そして、楽しかった。柳生道場で...

(アニメ感想)百花繚乱 サムライガールズ 第12話(最終話)「さよならの忠」

あらすじ さて皆さん!3ヶ月に渡って放映してきた百花繚乱もいよいよ今回で最終回です! 遂に始まった最後の戦い!果たして十兵衛たちは天草の復活を阻止できるのか!? 大日本の命運はこの一戦にかかっているのです! 「守る!この国を!私たちが帰るあの場所を!...

百花繚乱 サムライガールズ 第拾弐話 さよならの忠  レビュー キャプ 最終話

ニアを背負って、崩れた地下から脱出しようとする慶彦。 おおっ!慶彦、改心したんだね。これぞ、愛の力! ニアは動けない自分を置いていけと慶彦に言うが、もう 慶彦はそんな事をするわけがない。しかし、ニアは… 死んじゃった!? 慶彦も一度はニアを諦めそうになるが...

百花繚乱 サムライガールズ 第拾弐話(最終話)「さよならの忠」

崩壊する施設の中で、将である徳川慶彦を庇って傷ついたシャルル・ド・ダルタニアンは、慶彦に逃げるように告げながら命を落として。そんなニアに慶彦は自分に命令するなと毒づきながらも、ニアに目を覚ますよう必死に呼びかけ続ける。心の中でマスター十兵衛から、次の契...

百花繚乱サムライガールズ 第12話(最終回)

(驚きの白さ) 百花繚乱サムライガールズ 第12話(最終回) の所感です。

相棒9&サムライガール

 相棒9は映画の公開直前ネタだけど 死体から不倫で機密文書なって 警視庁VS警察庁の対立が目立つが 右京&小野田官房長の過去は良くて

百花繚乱 サムライガールズ 第12話 「第拾弐話 さよならの忠 」

大門ダヨ 次にキスをすれば マスターサムライ化する前の人格が消えてしまう、という中 今後の戦いの為に・・・

百花繚乱 サムライガールズ 第12話 「さよならの忠」

結局ラストは投げっぱなしエンド、十兵衛は消えて、後に残るは傷ついた学園と宗朗達。 しかし、ここから復興は始まっていくのだ…。 って、打ちきりエンドかよ!(苦笑 まぁ、多分原作の方が全然続いているの...

左サイドMenu

カウンター

祝2,000,000Hit達成♪ とうとう大台突破。これも皆様のおかげでございます(o ̄∀ ̄)ノ

カレンダー(月別)

11 ≪│2021/12│≫ 01
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

ガンダムシリーズ

◆新機動戦記ガンダムW◆

新機動戦記ガンダムW BD-BOX1

OVA・続編含め『新機動戦記ガンダムW』全般を応援してます♪
ガンダムW関連 まとめページ
感想、用語、企画など全ページへのリンクがあります。ご利用ください

2016/05/04 12巻分の用語一部更新しました

《用語》
用語集
ア行
カ行
サ行
タ行
ナ行
ハ行
マ行、ヤ行
ラ行、ワ行
英字行
登録キャラクター名一覧
キャラクター詳細
ア行
カ行
サ行
タ行
ナ行
ハ行
マ行、ヤ行
ラ行、ワ行、英字行

メカニック図鑑
メカニック用語詳細
年表

《企画》
年代考察
勢力図まとめ
AC暦におけるMS史(コラム)

◆Gジェネクロスレイズ◆

GCR119.jpg

まとめページ

◆ガンダムモビルスーツバイブル◆

GMB001_20190322210057cc3.jpg

まとめページ

◆機動戦士ガンダム00◆

GUNDAM OOQ
用語集などは特にありませんが、劇場版の感想は全十回というボリュームでコラム風に書かせていただきました。よろしければどうぞ。
ガンダム00関連 まとめページ

◆鉄血のオルフェンズ◆

81TuctHvlZL__CR88,0,1536,1536_
各回の感想のまとめだけ。
鉄血のオルフェンズ まとめページ

米山シヲ 応援エリア

◆梅衣堂ひよと旦那様の野望◆

1-2-2

『梅衣堂ひよと旦那様の野望』待望第1巻発売中

月刊少年ガンガンで現在連載中『梅衣堂ひよと旦那様の野望』を応援中。『ブラクロ』と同じように独自用語集も製作中!

公式特設ページ

独自用語集
第1巻

◆ブラッディ・クロス◆

ブラクロサムネ

月刊少年ガンガンで完結した『ブラッディ・クロス』をプッシュしています♪ 独自用語集あります! 

公式特設ページ

独自用語集
キャラ紹介-混血勢力-
キャラ紹介-天使勢力-
キャラ紹介-堕天使勢力-
キャラ紹介-アルカナ-
キャラ紹介-神葬-
キャラ紹介-その他-


最近の記事

最近のコメント

<>+-

最近のトラックバック

メールフォーム

管理人に何か言いたいことがあれば、ここからどうぞ♪

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード

QR

友達申請フォーム

FC2ブログランキング

FC2のブログランキングに参加中♪ 気に入っていただけたなら、一押しして下さい。

FC2ブログランキング

右サイドメニュー

義援金募集

FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして

検索フォーム

管理人から一言

お知らせ

管理人からのお知らせです。

PS4ゲーム『JUDGE EYES:死神の遺言』プレイ中。

『ガンダムW FT』コンテンツは不定期更新です。現在は11巻分までの感想と用語の更新を完了しました。

『ブラッディクロス』全12巻発売中! 用語集更新は全て無事終了致しました。

文庫・単行本(キャラクターノベル含む、ライトノベル含まず)の著者名別リストに移行しました。さすがに増え過ぎた(笑


今期の週間感想予定
日曜日:-
月曜日:-
火曜日:-
水曜日:-
木曜日:-
金曜日:-
土曜日:-
不定期:ピックアップ感想、ゲーム感想、模型関連など


場合によっては急遽順序等の変更もありますが、ご理解いただけますようよろしくお願いします。

管理人プロフィール

月詠

Author:月詠
埼玉県某所在住の34歳社会人。性別♂。名前は「つくよみ」と読む。

世知辛い世の中で嬉しいことも泣きたいこともサブカルチャーたちに救われています
詳細な自己紹介はこちら(2019版)。それ以前のものはこちら

コメント・TB、相互リンク受付中。下記の運営方針に詳細を記載しております。無条件に大歓迎と言うわけではありませんが、大部分の方は歓迎出来るかと思いますw

以下、ショートカット。
◇閲覧上の注意や規約など
Blogの運営方針・利用規約
他のBlog様と大差ない運営・利用規約ですが、初閲覧の方は簡単でも良いので読んで頂けるとありがたいです。閲覧、コメント等される方は利用規約を了承していると判断させていただきますので、「知りませんでした」は通用致しません。


◇アニメについて
アニメの評価について
歴代アニメ評価一覧
アニメアウォーズ! 受賞一覧


◇ゲームについて
ゲームの評価について
歴代ゲーム評価一覧


◇ブックス(本)について
小説の評価について
ブックレビュー一覧
   あ行の著者
   か行の著者
   さ行の著者
   た行の著者
   な行の著者
   は行の著者
   ま行の著者
   や行の著者
   ら行の著者
   わ行の著者
   複数の著者・その他
 文庫・単行本(キャラノベ含む、ラノベ含まず)は上気の著者名別になっています。

◇プラモデルについて
完成品一覧(グレード別)
完成品一覧(シリーズ別)
完成品一覧(トイ、フィギュア等)

◇その他リスト一覧はこちら
テレビ&シネマ
CD&DVD&BD
TYPE-MOON関連

ツリー式カテゴリー

openclose

アニプレッション!!

アニプレッション!!
アニプレッション!!とは

アニプレッション!!は、アニメブロガー達の合同ブログです。アニメについての問題意識・感想・考察・批評等の諸言説を発表し、アニメを語る事の面白さを伝える事が目標です。自分も末席に加えさせていただいております。
現在活動停止です

以下、アニプレッション!!メンバーのBlogです。

相互リンク(更新停止)

残念ながら一年以上の更新がない相互リンク先の方々です。サイト消滅の場合は消させていただきます。いずれまた復活し、交流が持てることを期待しています……