刹那的虹色世界

アニメ・ゲームのあらすじを主体とした感想や批評のブログ。時折、日記・声優・コミック・スポーツなど幅広くレビューしています。リンクフリー、相互リンク大歓迎♪

Entries

とある魔術の禁書目録II 第6話

とある魔術の禁書目録II 第6話
『残骸(レムナント)』


≪あらすじ≫
御坂美琴が大きく関与し、妹達(シスターズ)を巡り、学園都市最強を誇ったレベル5・一方通行(アクセラレータ)と幻想殺しを持つ上条当麻の戦いがあったあの日、美琴の悪夢は終わったはずだった。

だが、インデックスの竜王の殺息によって破壊された学園都市が誇る未来予言すら可能なコンピュータ・ツリーダイアグラムが破壊された後、各国がこぞってその残骸を求めていた。残骸に残るデータが復元されれば、美琴にとって悪夢の再来となる。

静かに動き出す美琴とは別に、黒子は風紀委員(ジャッジメント)として盗まれた残骸(レムナント)を追うが、そこに居たのは自分と同じテレポーター・結標淡希(むすじめ・あわき)だった―――



≪感想≫
安定した面白さの科学Side
今回からは、前回までの状況を引き継がない新しい編の始まり。残骸編とでも名付けるのか、こうして新しい始まりに合わせて、立場も前回までの魔術Sideから一転、科学Sideへと変わった。

『とある科学の超電磁砲』と言うバックボーンが出来ているからか、自分がそれを試聴して知っているからか、科学Sideに思い入れと言うか、安定した面白さを感じてしまう。
と言うのも、やっぱり論理的に安定していると言うか、理路整然していると言うか、そうした印象を受ける。魔術には魔術のロジックが当然ある作品であるのだけど、そうしたロジック面がより強く要求されるのは科学Side。それがあるからか、基本的に魔術Sideのような不安定さを感じない。

魔術Sideは不安定である分、ハマった時はかなりデカイ。1話もそうだったし、前回までの『法の書』編も前回を除けばお話・心理描写・戦闘描写いずれも申し分なく、感嘆してしまったくらいだ。

対して科学Sideには安定した面白さがある。例えば、今回の争いの下地になっている前期のシスターズたちと一方通行を巡る戦いもそうだ。描写としてはもちろん、理屈や論理としても奇をてらわない、王道的な部分が多くとても安定して楽しめた

禁書目録IIとなって本格的な科学Side初のお話となる今回も、安定して面白かった。日常パートから戦闘パート、戦闘における能力の定義や設定なども比較的オーソドックスながらも演出と使い方で魅せてくれた印象だ。

もし、第一期や超電磁砲を観ておらず、第二期を試聴して少し戸惑っている方がいるのなら、超電磁砲から入ってみるのも良いかもしれない。外伝的なのでお話としての知識が得られるわけではないが、人によっては私のように科学Side onlyの方がすんなり入っていけるかもしれない。



可愛いよ美琴、ハッチャケてるね黒子w
まず、今回の面白さとしてはキャラクターが生き生きしていたことだろう。超電磁砲を放映したのでかなりおなじみとなった、このシリーズもしかして真のヒロイン?な美琴。明らかに当麻を意識していることが見え見えで、観ているこっちがニヤニヤして楽しい。

そして、美琴のパートナーと言えばこの人・黒子。CV新井里美さんの演技が卓越していると言うか、ハッチャけていると言うか、とにかく喜怒哀楽がこれでもないくらいにハッキリと演じられているので、かなり面白い。Aパートの美琴絡みで百面相し喜怒哀楽を素直に表現・ぶつけて来る黒子は、客観的にみれば変態そのものだが(マテ)、いっそ清々しいほどの美琴愛。

そうかと思えばBパートの彼女は強かった。能力としてではなく、心が。美琴が隠し事をしていることを淡希から告げられても、黒子の美琴愛は揺るがなかった。むしろ、ちゃんと美琴の想いを汲み取って、彼女が黒子たちを巻き込みたくなかったからこその隠し事であり嘘であることを理解しているのが、良かった。また、美琴も黒子を結果として巻き込んでしまって負傷させていることを知っており、それに対しても激昂していて、(美琴と黒子では愛情の本質は違うがw)二人が相思相愛で強い絆で結ばれていることを改めて感じる。

この手の展開だと、一度その関係や信頼に亀裂を入れてしまうパターンが非常に多いが、ここばかりは御約束ではなく黒子の精神的な強さと美琴への信頼が揺るぎないモノだったことを賞賛したい。



テレポーター同士のバトルだが……
テレポーター。空間転移や瞬間移動などの言葉が割り当てられ、作品によって、あるいは同一作品によっても様々な切り口と手法で行使される、SF系・能力系バトルモノの定番的能力の一つだ。だが、しかしその魅力をしっかりと引き出せているバトルがどこまであるのかと問われると、ちょっと難しい。

瞬間移動の場合、割と反則的な能力になりがちで、その能力をフルに使うとなると、作者や筆者としても扱いに困ってしまうのがその原因の一つだろう。例えば、物体をテレポート出来るのであれば、相手の体内(主要臓器)にその辺にある石でも木でも転移させてしまえば、それだけでかなりのダメージになる―――と言うか致命傷だ。でも、それだと、能力行使の為の頭脳戦や、熱血にはお約束の肉弾戦がまるで出てこなくなってしまい、お話として面白くないわけだ(もちろん描き方一つなわけだけど)。

そんな中では、実は白井黒子と言うテレポーターの存在は私の中で割と優秀な戦闘描写を残した印象がある。移動に関して言えば今回のように疑似的な飛行すら可能なほどの連続転移・長距離転移が出来る一方で、手を触れないといけない・一度に転移出来る重量制限が連続転移や移動距離に比べると劣るなどの欠点があって万能過ぎない点。さらに戦闘も、鉄の棒を特定の座標に転移させて楔にしたり、あるいはガラスや異物を建物の支柱に転移させ続けて支柱を破壊すると言った頭脳戦も魅せる点がそうした印象を与えているのだろう。

そうした黒子の強敵として出現したのが、今回の淡希。そもそもにしてまず、手に触れなくて良いと言う絶対的アドバンテージを誇る。つまり、転移前と転移後の座標計算と物体認識すら出来ればテレポートが可能と言うことなのだろう。また重量制限もかなり黒子より上のようで、数人の人物を一度に転移させてたシーンがそれを証明している。
だが、無敵ではない。
初春情報で『自身を転移することを躊躇う』と言うのは、自分自身の転移に躊躇いの無い黒子よりも確実に不利だし、他人の転移に干渉出来ないと言うことは、『相手の転移妨害』と言うことは出来ないわけだから、必然的に私が示しているように頭脳戦になるのは目に見える。無敵過ぎない、かなり良い感じの強敵だ。


ただ、せっかくのテレポーターvsテレポーターの戦いは正直味気ないものだった。


テレポートの理屈や論理にもよるのだが、テレポーター同士の戦闘は頭脳戦だと思っている。自分の戦い方はもちろん、相手もテレポート出来てしまうわけだから、相手の攻撃や転移の先を常に読み、勝利の為に相手のテレポートの弱点や欠点、逆に相手よりも自分が優れている点を分析・解析し、そうした中で相手に勝つ為の論理を組み上げないといけない。

同じ能力系バトルでも、例えば火炎vs雷だったり、あるいは肉弾戦だったりのように力押しでどうにかなる相手ではないのがテレポーター。だから、テレポーターvsその他ならまだしも、そのテレポーター同士がぶつかる戦闘は、自分と相手の能力を如何に見抜いて如何に戦術を組み立てるかの頭脳戦にならないといけない……はずなのだ。

テレポーター同士のバトルで最近良かったと思うのは、あまり評判の良くない『閃光のナイトレイド』。元々能力バトル系ではないのでそうしたシーンは少なかったが、テレポーター同士(厳密に言うと相手はテレポート以外の超能力も使えるが)の戦いは、テレポーターらしい短期決戦ながら頭脳戦であってとても感銘を覚えたものだ。

『閃光のナイトレイド』と比較するわけではないが、そうした観点で行けば、今回の黒子vs淡希は肩すかしな感じがする。確かに淡希はテレポーターとして黒子より一段上の性能を確かに見せた(相手が移動し続けると言うことは座標が変わると言うことだから、黒子から鉄の棒を奪ったり、それを使って攻撃したりする為には、移動後の座標計算を予測するか瞬時にやらないといけない)。

が、それは別にテレポーターvsテレポーターではなくても出来ること。極論を言えば、黒子のポジションが『白井黒子と言う名のテレポーター』でなくても、例えば上条当麻や御坂美琴であったとしても、同じ戦闘方法で完結してしまう。これではテレポーターvsテレポーターとは呼べない。

対峙した黒子もどういうわけか、淡希の眼前にテレポートするという不用意な真似もしてしまって、せっかくのテレポーターvsテレポーターの良さが消えてしまった感じだ(転移するなら普通、視界から外れる頭上か背後が定石だろう。黒子はその裏をかいたのかもしれないが)。

上記のように個別に単体で観るとテレポーターとしての描写は良い部類に入るのが本シリーズだ。今回もテレポーター単体の描写(黒子の飛翔)や戦闘シーン(淡希vs美琴)は良かったと思う。ただ、ようやく巡ってきたテレポーター同士の戦いは、正直そこまで良いものではなくなってしまったのがとても残念。
とは言え、まだ1話目。
黒子としては淡希との再戦の可能性だってあるわけだし、そうした次の機会こそテレポーター同士の戦いの醍醐味が少しでも出ることを祈る。


(追記)
念を押しておくと、黒子、淡希それぞれのテレポーターが魅せた能力行使や戦闘描写は文句ない。黒子も、淡希では眼前転移と言う真似をしたが他のシーンではちゃんと死角に転移していたし、淡希の黒子への能力行使も良かった。その辺りは、『もす!』の神酒原さんがキャプ画付きで丁寧に説明されている。



第7話『座標移動(ムーブ・ポイント)』

≪TB先 参照リンク(URLアルファベット順)≫
赤字はTBが現在弾かれてしまっているBlog様です。
現在、yahoo系、nifty系、so-net系はほぼ全滅。楽天系は調子がいいと送れます。

※楽天系は文字化けしておりますm(_ _)m

・http://28903894.at.webry.info/201011/article_37.html
・http://84870.blog13.fc2.com/blog-entry-1396.html
・http://adria7.blog92.fc2.com/blog-entry-417.html
・http://ai-mugi.blog.eonet.jp/aimugi/2010/11/ii-06-936d.html
・http://akashiima.blog57.fc2.com/blog-entry-434.html
・http://alicetail904.blog42.fc2.com/blog-entry-432.html
・http://ameblo.jp/norarin-house/entry-10705529070.html
・http://amkatan.blog118.fc2.com/blog-entry-1347.html
・http://anigame1.blog118.fc2.com/blog-entry-73.html
・http://animax00.blog87.fc2.com/blog-entry-1104.html
・http://animedouganews.blog44.fc2.com/blog-entry-1844.html
・http://animehigurasi.blog92.fc2.com/blog-entry-148.html
・http://animemanganonikki.seesaa.net/article/169205776.html
・http://animumeso.blog101.fc2.com/blog-entry-2303.html
・http://aniponda.blog119.fc2.com/blog-entry-682.html
・http://aquamarine1030.blog75.fc2.com/blog-entry-1148.html
・http://aragaiaragai.blog133.fc2.com/blog-entry-101.html
・http://arpus.blog121.fc2.com/blog-entry-1337.html
・http://bitayoshi.blog28.fc2.com/blog-entry-115.html
・http://bkaclub.blog76.fc2.com/blog-entry-48.html
・http://blog.crosschannel.jp/Entry/2446/
・http://blog.goo.ne.jp/koologi/e/e696b35a9f39288e90288d8fc5a4ff0e
・http://blog.goo.ne.jp/migie_no_migite/e/eb8c568ac2630bd6eea
3328336536fbb
・http://blog.goo.ne.jp/nexusseed/e/91361bedb5d03a7f67a48ca46
679f198
・http://blog.goo.ne.jp/sakino-k/e/ca90d33b042790e5135984ef93
8011df
・http://blog.livedoor.jp/electro_railgun/archives/51616518.html
・http://blog.livedoor.jp/geallza/archives/51150567.html
・http://blog.livedoor.jp/granzchesta/archives/51515885.html
・http://blog.livedoor.jp/kansaianime/archives/51648968.html
・http://blog.livedoor.jp/katsux2/archives/51652641.html
・http://blog.livedoor.jp/koubow20053/archives/51638959.html
・http://blog.livedoor.jp/kuma_road51/archives/52218009.html
・http://blog.livedoor.jp/masatti00/archives/1595761.html
・http://blog.livedoor.jp/ms_2001/archives/50935554.html
・http://blog.livedoor.jp/rin20064/archives/51763261.html
・http://blog.livedoor.jp/soul_mu/archives/65425182.html
・http://blog.livedoor.jp/superunkman/archives/50735052.html
・http://blog.livedoor.jp/t_cherry398/archives/51543718.html
・http://blog.livedoor.jp/youotu-roro/archives/1412614.html
・http://blogreblog.at.webry.info/201011/article_15.html
・http://blogs.yahoo.co.jp/tebuku/27337496.html
・http://bluebluesilvermoon.blog38.fc2.com/blog-entry-3222.html
・http://bosel.blog64.fc2.com/blog-entry-84.html
・http://cactusanime.blog104.fc2.com/blog-entry-1327.html
・http://civer.blog122.fc2.com/blog-entry-3339.html
・http://coffeemonster.at.webry.info/201011/article_26.html
・http://crazylazykikujira.blog57.fc2.com/blog-entry-84.html
・http://cristal1102.blog84.fc2.com/blog-entry-180.html
・http://dame2otaku.blog48.fc2.com/blog-entry-3003.html
・http://dokanblog.blog107.fc2.com/blog-entry-710.html
・http://e102128.blog54.fc2.com/blog-entry-1592.html
・http://ekitti.blog71.fc2.com/blog-entry-503.html
・http://enkaigakari.seesaa.net/article/169210047.html
・http://fanblogs.jp/gyobayashi/archive/1999/0
・http://flanpoemega.blog42.fc2.com/blog-entry-1748.html
・http://fovsaikou.blog129.fc2.com/blog-entry-571.html
・http://fujiiisana.blog68.fc2.com/blog-entry-2009.html
・http://gokuuyo.at.webry.info/201011/article_26.html
・http://gomarz.blog.so-net.ne.jp/2010-11-13
・http://gototoraku.blog14.fc2.com/blog-entry-269.html
・http://happy2material.blog41.fc2.com/blog-entry-1992.html
・http://haruhiism.blogism.jp/archives/51530809.html
・http://harutoki2.blog18.fc2.com/blog-entry-2153.html
・http://hienkyaku.blog50.fc2.com/blog-entry-1538.html
・http://hinaxnagi.blog31.fc2.com/blog-entry-1826.html
・http://hyumablog.blog70.fc2.com/blog-entry-1958.html
・http://ilikemanga.blog87.fc2.com/blog-entry-943.html
・http://irizasama.blog95.fc2.com/blog-entry-802.html
・http://kagura77.blog99.fc2.com/blog-entry-2528.html
・http://kakioki60.blog129.fc2.com/blog-entry-482.html
・http://karuiongak.blog37.fc2.com/blog-entry-831.html
・http://kazekura.seesaa.net/article/169293868.html
・http://kenohito.blog67.fc2.com/blog-entry-669.html
・http://keropo2.blog.shinobi.jp/Entry/814/
・http://kiokuno2.blog31.fc2.com/blog-entry-1305.html
・http://kira47.blog58.fc2.com/blog-entry-427.html
・http://kodoku21.blog83.fc2.com/blog-entry-1072.html
・http://kokonoi.blog93.fc2.com/blog-entry-621.html
・http://kouyanoblog.blog61.fc2.com/blog-entry-3466.html
・http://kuraltuka.blog8.fc2.com/blog-entry-482.html
・http://laikablog.blog53.fc2.com/blog-entry-220.html
・http://maguni.com/diary.cgi?no=1242
・http://manaduru3.blog24.fc2.com/blog-entry-645.html
・http://merkmals.blog31.fc2.com/blog-entry-1433.html
・http://mikihara.blog70.fc2.com/blog-entry-2461.html
・http://mikihara.blog70.fc2.com/blog-entry-2463.html
・http://monochromenote.blog114.fc2.com/blog-entry-1162.html
・http://moon12.blog.so-net.ne.jp/2010-11-13
・http://mutekidesutekina.blog52.fc2.com/blog-entry-1477.html
・http://najigo.blog31.fc2.com/blog-entry-261.html
・http://nekoko.at.webry.info/201011/article_14.html
・http://nextsociety.blog102.fc2.com/blog-entry-1149.html
・http://nontananime.blog33.fc2.com/blog-entry-125.html
・http://ohayoblog2.blog99.fc2.com/blog-entry-97.html
・http://oozoraxx.blog134.fc2.com/blog-entry-232.html
・http://osirisu189.blog56.fc2.com/blog-entry-745.html
・http://plaza.rakuten.co.jp/blackwidow/diary/201011130000/
・http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201011130001/
・http://plaza.rakuten.co.jp/kazusaroom/diary/201011150000/
・http://plaza.rakuten.co.jp/ozuma/diary/201011130000/

・http://pottopetoru.blog22.fc2.com/blog-entry-826.html
・http://pub.ne.jp/izayoi69/?entry_id=3303657
・http://rabiko.blog13.fc2.com/blog-entry-2428.html
・http://reilove.blog51.fc2.com/blog-entry-4514.html
・http://ren.anime-japan.net/Entry/668/
・http://seraraku2.blog59.fc2.com/blog-entry-5085.html
・http://shinsakuranikki.blog90.fc2.com/blog-entry-3780.html
・http://shirokuro585.blog109.fc2.com/blog-entry-411.html
・http://shittakaanime.blog86.fc2.com/blog-entry-110.html
・http://sironsiron.blog70.fc2.com/blog-entry-634.html
・http://soraxcan.blog59.fc2.com/blog-entry-2240.html
・http://sos0707yuki.blog68.fc2.com/blog-entry-649.html
・http://subcul.jugem.jp/?eid=1768
・http://takaoadventure.blog98.fc2.com/blog-entry-2066.html
・http://thesecondstar.blog108.fc2.com/blog-entry-504.html
・http://tokkurin.blog109.fc2.com/blog-entry-2193.html
・http://tsukataga.blog54.fc2.com/blog-entry-567.html
・http://vividstation.blog99.fc2.com/blog-entry-746.html
・http://vnr2034.blog133.fc2.com/blog-entry-481.html
・http://wendykai.blog60.fc2.com/blog-entry-1142.html
・http://yamitarou.blog75.fc2.com/blog-entry-2468.html
・http://yumesaba.blog89.fc2.com/blog-entry-153.html
・http://yusyu.blog34.fc2.com/blog-entry-684.html


もしよろしければ、拍手ボタンをポチッと押して下さいm(_ _)m 管理人のモチベーションが上がります(ぉ

Comment

管理人のみ閲覧できます 

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  • posted by  
  •  
  • 2010.11/14 01:54分 
  • [Edit]
  • [Res]

TBありがとうございました! 

こんにちわ^^
記事じっくり拝見させていただきました。

>美琴と黒子
二人の絆が少しずつ見えてくる描写がちらほらあったのではないでしょうか。黒子の強さを理解しているからこそ、美琴は結標淡希に怒り剥き出しだったんでしょうし、自分にも頭にきていたんでしょう。

>テレポーター
確かにテレポーター同士の戦いがあっさりしている印象は私も受けましたね。バトルシーンってさじ加減が難しいのかなとも思いましたが。

主人公の上条さんは今回もかぶりつかれているだけでしたねw
  • posted by 夜裏 
  • URL 
  • 2010.11/15 13:08分 
  • [Edit]
  • [Res]

 

>テレポートVSテレポートとしては~

黒子達はただの学生なので大目に見てください

盾で視線を塞いで自分は少し下がってダーツ(点攻撃)を回避とか
左右が狭い路地での投擲(線攻撃)を跳び越した所にダーツを引き戻す(点攻撃)とか
自分はテレポートVSテレポートらしかったと思いましたが

確かにナイトレイドの異能バトルはかっこよかったですけどね
大味になりがちな異能バトルとしてはかなりガチで戦ってたと思います
そのため全体的にかなりしょっぱい能力ばかりでしたが
  • posted by ホウメイ 
  • URL 
  • 2010.11/16 09:05分 
  • [Edit]
  • [Res]

>夜裏さん 

こんにちは、コメントありがとうございます。

>二人の絆が少しずつ見えてくる描写
がっちりと絆が描かれていたので良かったと思いますね。

>バトルシーンってさじ加減が難しいのかなとも思いましたが。
テレポーター同士のバトルには、他の能力者とのバトルにはない要素が大き過ぎるので、テレポーター同士がぶつかる意義、と言うものを見出して作るのは確かに難しいですね。テレポーター同士だからこそ出来るバトル、と言うものがあると思っています。

>主人公の上条さんは今回もかぶりつかれているだけでしたねw
大丈夫、きっと我らが上条さんはまた美味しいところを持って言ってくれるはずwww
  • posted by 月詠 
  • URL 
  • 2010.11/16 12:05分 
  • [Edit]
  • [Res]

>ホウメイさん 

こんにちは、コメントありがとうございます。

>黒子達はただの学生なので大目に見てください
複数の審査をパスして訓練を積まないといけない風紀委員の時点で“ただの学生”ではないはずです。能力の実力と汎用性に頼る美琴や同じ風紀委員でも後方支援に特化した初春ならまだしも、風紀委員として最前線に立つ黒子を“ただの学生”と言う括りにするのは間違った判断だと思いますよ。

>盾で視線を塞いで自分は少し下がってダーツ(点攻撃)を回避とか~
たぶん、淡希の力の使い方のことを指しているのだと思いますが、淡希の力の使い方は記事でも書いてますが、良かったと思ってますよ。テレポーターとしての力の使い方は、黒子より一枚上手だと思いました。

ただ、それは別に相手がテレポーターたる黒子じゃなくても同じことが出来てしまう。淡希の相手がテレポーターの黒子じゃなくても同じ描写が出来てしまうでしょう。それでは、とてもではないがテレポーターvsテレポーターとは呼べない。

>そのため全体的にかなりしょっぱい能力ばかりでしたが
閃光のナイトレイドで登場した超能力は最もオーソドックスな四タイプの能力です。しょっぱいのではなくて、これが普通、これが王道。

むしろ、パイロキネシス(発火)程度ならまだしも、発電(超電磁砲)やら無力化(幻想殺し)やら出て来るこの作品の方が、超能力としてはオーソドックスな部分からは逸脱している異端なのです。
  • posted by 月詠 
  • URL 
  • 2010.11/16 12:19分 
  • [Edit]
  • [Res]

 

>風紀委員をただの学生とは~

確かに黒子は体術的な物を納めてる用ですが超能力戦は割と素人ですよ
不良は殆ど無能力者ですし本来犯罪は警備員の管轄で風紀委員は不良を取り締まるだけです
黒子はレベル4でちょっと腕に覚えも在るので少しでしゃばってますけど

ぶっちゃけ治安の悪い所の不良相手だと返り討ちに合うレベルだと思ってます


>異能バトル
しょっぱいは言い方が悪かったですね
少年誌とかの知識ばかりなのでひたすら火力がオーバーフローして大技撃ち合ってるだけの印象があるんですよ
ナイトレイドは霊視、千里眼、念力、転移等とオーソドックスながら制約のキツさ(転移なら有視界のみとか定位置のみとか)が前面に出ており
いかにそこを補うかという切り札ながら依存しない戦いかたが新鮮でヤベー!カッケー!とか言いながら観てました
  • posted by ホウメイ 
  • URL 
  • 2010.11/16 22:22分 
  • [Edit]
  • [Res]

>ホウメイさん 

>超能力戦は割と素人ですよ
そもそも、素人と言う根拠がどこから出て来るのでしょうか?

レベル判定で言えば、黒子はレベル4です。尤も、空間転移系は自己を転移出来る時点でレベル4となるようですが、それは裏を返せば自己を転移させると言うことは、それだけハードルの高いモノと言うことです。

11次元を介する演算能力を使う自己の転移、複数の物体の同時転移など能力を使い方はもちろん、外伝『とある科学の超電磁砲』で見せたような建物の支柱分断策や通常時の鉄の棒を利用した同時多数転移攻撃と言った戦い方も、相応のレベルであり、素人と呼ぶには疑問があります。

>ぶっちゃけ治安の悪い所の不良相手だと返り討ちに合うレベルだと思ってます
その認識は正直いかがなものでしょうか。そもそも、申し訳ないですが、その否定材料は今回のお話の中にあります。

今回、淡希戦の前に黒子は、明らかにその手の訓練を受けているであろう拳銃装備の黒服たちを、自らの能力を駆使し独りで倒してアタッシュケース回収を(一時にせよ)成功させています。

また、ご覧に成っていないのであれば申し訳ないのですが、黒子は『とある科学の~』の1話で、銀行強盗から「風紀委員には、捕まったが最後、身も心も八つ裂きにするテレポーターが~」と言う噂を口にされていることからも、黒子の存在はかなり有名。それは有名になるほど、彼女が風紀委員として活動し、それなりの戦果を挙げていることに他なりません。

能力使用不可と言うあり得ない条件下ならまだしも、能力込みの戦闘力においてそれらの実績と経験を持つ黒子が、治安の悪い不良レベルに返り討ちにされる、と言うのはそもそも考えづらいでしょう。

そして、そこから導き出すと黒子を素人と捉える認識にはそもそも無理があるように私には感じられます。


>少年誌とかの知識ばかりなのでひたすら火力がオーバーフロー
その認識には、同感です。実際、少年誌やラノベ、それらのアニメ化だとド派手な能力で(それこそ超電磁砲のような)活躍した方が見栄えがしますからね。決して誤認ではありません。発電能力を超能力に組み込む考え方ももちろんあります。

>いかにそこを補うかという切り札ながら依存しない戦いかたが新鮮でヤベー!カッケー!
なるほど。私も同感ですよ。制約のある中でどう力を使うか、と言うのは一種の頭脳戦でもあるので、そこが醍醐味ですね。

本作でも、上条当麻の幻想殺しは右腕限定と言う強い制約を受けていますから、「いかに右腕を使える状況に持ち込むか」と言う頭脳戦(特に最初の天草式とのやり合い)は、非常にうまくて感動しました。
  • posted by 月詠 
  • URL 
  • 2010.11/17 01:55分 
  • [Edit]
  • [Res]

 

>治安の悪い所の不良~

超電磁砲はスピンオフです
半分冗談はともかく、もっと後に出て来る
トップアスリートかプロの格闘家かってレベルで体を鍛えて、銃器を当然に所持し、ボスクラスはテレポートや銃弾を見切り回避し始める不良達の、
路地裏が世紀末感覚で言ってました
たぶん今期アニメじゃ出て来ない奴らですから気にしないで下さい

えーとアニメで出た範囲だと上条さんが自称その辺の不良レベル(タイマンなら勝てる)って所で察して下さい

あとあの黒服たち外の人間(侵入者)なんでたいして強くないです(対能力者の戦いかたなんて知らないし)
銃が学園製に比べてショボイって情報で(あと原作だと学園じゃもう使ってない金歯をしてる)解るはずだったんですがアニメ解り辛いかったですね


天草式は魔術だと思ったらトリックだったり
体捌きに紛れて魔術を使ったり
基本は補助魔術かけて殴りに来たりと
魔術を切り札にしない、上条さんの天敵なタイプとして設定されてます
  • posted by ホウメイ 
  • URL 
  • 2010.11/18 08:03分 
  • [Edit]
  • [Res]

>ホウメイさん 

>超電磁砲はスピンオフです
すみません、まずこの一文が何を意味しているのか察することが出来ませんでした。外伝とスピンオフで明確な線引きをされているようでしたら、誤記でしたね。

>ボスクラスはテレポートや銃弾を見切り回避し始める不良達
それはもう不良とは呼びません。そのクラスでの訓練を積んだのなら、十分に戦士や兵士と呼べるレベルです。まぁ、戦士や兵士と敵対するのなら、状況次第で黒子も分が悪いかもしれませんね。

>たぶん今期アニメじゃ出て来ない奴らですから気にしないで下さい
ホウメイさんは、原作を御存じなのですね。それ故に色々ご自分なりの解釈があるようですが、アニメに登場しそうもないキャラを引き合いに出されてもこちらは解りませんし、私は多少のことは目をつむっておりますが、人によってはネタバレを倦厭する方々もいらっしゃいますので、他の場所でのコメントにはお気を付け下さい。

>えーとアニメで出た範囲だと上条さんが自称その辺の不良レベル
ここも、前回の私あるいは前々回のホウメイさん自身のどこのコメントに対しての出された引き合いなのか解りませんでした、申し訳ありません。

>あとあの黒服たち外の人間(侵入者)なんでたいして強くないです(対能力者の戦いかたなんて知らないし)
それは原作に明記されていることですか。仮に明記されていたとしても、学園都市に侵入して残骸なんてブツを護衛する人間が、多かれ少なかれ対能力者の戦い方を知らないとはとても思えませんし、対能力者の戦い方に熟知しなくても相応の訓練は積んでいないとおかしいので、弱いと断言するのは難しいと思います。

>銃が学園製に比べてショボイって情報で~
学園都市の技術水準が外部よりも遥かに高いことは、銃の性能や歯科医療技術の描写で解るかもしれません。でも、そうした部分が、戦闘力には直結しませんよ。

戦争クラスや軍隊クラスの衝突ならまだしも、個人戦~集団戦において銃器は(仮に黒服たちが持つ銃器が私たちの認識する現代レベルの性能であったとしても)十分過ぎるほどの凶器であり、それは十分過ぎる殺傷能力を持つ戦闘力。

それこそ、ベクトルごと反射出来る全盛期の一方通行や膨大な電力で銃弾そのものに干渉する美琴など一部を除けば、銃の性能なんて瑣末な問題です。一定スペック以上の銃器なら、銃は銃なのですから、その存在自体が大きい。

これまでのコメントを振り返ると、黒子の戦闘力を下に見積もりたいご様子ですが、申し訳ないのですが、これくらいの論理では前回の私のコメントやこれまでの私の見識を覆すほどの論理には成りえません。
  • posted by 月詠 
  • URL 
  • 2010.11/18 22:02分 
  • [Edit]
  • [Res]

 

いや黒服たちは対能力者の対策を全くしていませんでした

銃の構えは様になっていたが初めて超能力を見た様にに簡単に翻弄された

と少なくとも地の文で書かれる程に不完全な対策でした
ただ弱いは言い過ぎたと思います


ギリギリネタバレに成らない程度に言葉を選んだつもりでしたが自分でも熱くなり過ぎて混乱してました
すみません
次話も放送され始めたのでここまでにします
  • posted by ホウメイ 
  • URL 
  • 2010.11/20 17:27分 
  • [Edit]
  • [Res]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

Trackback

トラックバック URL
»»この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

とある魔術の禁書目録? 第6話 残骸(レムナント)

第6話のあらすじ 黒子と美琴が買い物をしていると、ジャッジメント支部より要請が。 盗難事件を追うことになった黒子は、難なく犯人を打破、盗品を無事に確保する。 だがしかし、不意に盗品が消え、背後に...

『とある魔術の禁書目録?』第6話 感想

新井さんが黒子の声を当てている。 それだけで安心しました。 『超電磁砲』OVAの時も書いたのですが、本当に良かった。 さて本編。 既読者の方々が「『超電磁砲』の方で語られるかも」と言ってい...

とある魔術の禁書目録Ⅱ 第6話「残骸(レムナント)」感想

大事なものは目に見えない、感動で震えと涙が溢れる素晴らしい内容でした! いやー、もうここまでやってくれるとは思いませんでしたね。 やっぱり 美琴と黒子コンビは最高ですよ。 さて 結標淡希の能力についてですが 座標移動と言われる空間移動能力を 持っています。…

とある魔術の禁書目録II 第6話「残骸(レムナント)」

「さぁ、行きますわよ白井黒子。 必ず帰るために、戦場の一番奥深くへと」 黒子が『樹形図の設計者』の残骸を狙う淡希の奇襲を受ける話。 今週の大体の内容としては ・美琴との買い物中に黒子が初春に呼び...

とある魔術の禁書目録II 第6話

第6話『残骸(レムナント)』とある魔術の禁書目録II 第1巻 〈初回限定版〉 [Blu-ray]今回は・・・黒子達メインの話でした。

とある魔術の禁書目録Ⅱ 第6話「残骸(レムナント)」

美琴回かと思ったら、黒子回だった!そしてゆりっぺまで来た! 最高だった!w

とある魔術の禁書目録II 第6話 「残骸(レムナント)」

「ずるいよ!ずるいよ!当麻!!私がつまみ食いすると怒るくせに」 今回も不幸な上条さんww ていうか、猫にから揚げなんてあげちゃ駄目でしょ(^^; さて、インデックスさんですが・・・ アバンのみの出番でした(つ∀`) 今までの活躍が嘘のようにこうやって1期の...

とある魔術の禁書目録II第6話  黒子さん下着姿のサービスでも痛そう

とある魔術の禁書目録II 第6話残骸(レムナント) 今回から科学サイドになりますね 御坂や黒子が活躍してく展開です あらすじ 学園都市で平和な生活を送る上条だが、その裏でインデックスに破壊されたツリーダイアグラムの残骸をめぐる事件が起きる。御坂と

とある魔術の禁書目録II 第6話 残骸(レムナント)

とある魔術の禁書目録II  第6話 残骸(レムナント) 黒子の前に空間移動能力者、結標淡希。 『樹形図の設計者』の復元に再開されるかもしれない悪夢の実験が、 アフィリエイト FC2 Blog Ranking 人気ブログランキングへ

とある魔術の禁書目録II #06

作画が復活!!! ああ、やっとこの作画にもどったよーー! これが一番嬉しかったこと♪ そしてそして、前回の予告で黒子が出てくるのを知っていたので、 めちゃくちゃ楽しみにしてたんですが、 いっぱいしゃべってるぅぅぅ! さらにさらに、 ういはるぅぅぅ!…

「とある魔術の禁書目録II」第6話

   #06「残骸」初春から強盗事件の一報を受け、ジャッジメント支部にやって来た黒子。犯人と思しき学園都市外部の人間と接触して、盗品を奪い返すが、そこで謎の少女に襲われ、...

【アニメ】とある魔術の禁書目録? 6話 シャンプーで涙ぐむ能力者

とある魔術の禁書目録II 第6話「残骸(レムナント)」 の感想を オルソナの一件も終わり、楽しくお菓子を作る上条さん そんなころ、今までにしてきた事の残骸が一挙に来る!? つけと言うにはあまりに酷な事が・・・ アニメ動画館に とある魔術の禁書目録II 第6...

とある魔術の禁書目録II 第6話 「残骸(レムナント)」 感想

今回より原作第8巻の内容に。 黒子や初春といった『超電磁砲』メンバーの登場は楽しみでした。 ただ、8巻の内容を2話で済ますというのは、詰め込みすぎだろとは思うのですが。  とある魔術の禁書目...

(白井黒子は可愛い)とある魔術の禁書目録II 6話「残骸(レムナント)」(感想) (美琴も)

美琴ってキャラ立ってるよなぁ。 彼女がこの作品で一番人気なのがわかります。 黒子や初春も登場して、このシリーズは盛り上がりそうです!! 超電磁砲の人気が禁書目録2期にフィールドバックされる 相互補完の関係として理想的な展開だと思います!!  http://...

とある魔術の禁書目録? 第06話 感想

 とある魔術の禁書目録?  第06話 『残骸(レムナント)』 感想  次のページへ

とある魔術の禁書目録? 第6話「残骸(レムナント)」

最近まで完璧だった天気予報。 パーフェクトな天気予報って何時何分に雨が降る!とかまで分かるのかな? スペースシャトル打ち上げ成功!! 胸パットなんて脱げばすぐバレる!! 黒子のテレポート、いつ見ても便利そうだね。 黒子と同系統の能力・座標移動を持つ結標淡希(C...

とある魔術の禁書目録II 第6話「残骸(レムナント)」

なるほど、これが俗に言うインなんとかさん状態なわけですね。存在感がまるでなかったし、そりゃやさぐれるのもわかる。ていうかそんな事はどうでもよく、待望していた美琴や黒子の登場は嬉しいんですが、1期の美琴編?は見ていないので、謎の登場人物と設定で何が何やら。

[アニメ感想] とある魔術の禁書目録II #06 残骸(レムナント)

禁書II 第6話。 今回は黒子が主役、残骸(レムナント)をめぐる話。 以下感想

とある魔術の禁書目録Ⅱ 6話

インなんとかさん再び空気化の予感!というわけで、「とある魔術の禁書目録Ⅱ」6話黒子無双の巻。懐かしの面々が続々再登場。なんだか同窓会気分になってしまったのだわ。一期や超電...

とある魔術の禁書目録Ⅱ 第6話「残骸(レムナント)」

今週も可愛いインデックスたん♪ …出番がアバンで終わってしまった(^_^;) いわゆる教会がらみのエピじゃないと、インデックスたんを活躍させるのはハードル高そう。 とりあえず12月半ばぐらいまで空気になりそうな予感が(ぇ 本編は完全にレールガンワールド(...

とある魔術の禁書目録2 第6話「残骸(レム...

「ジャッジメントですの」黒子回キタぁぁぁぁ~~!!(>▽<)ようやく楽しみにしてた超電磁砲チームのメイン回♪とはいえ、黒子の活躍が目立ってましたね(^^)最近お天気予報...

アニメ とある魔術の禁書目録II 第06話「残骸(レムナント)」 感想

とある魔術の禁書目録II 第06話「残骸(レムナント)」の感想です。ネタバレ含みますので注意して下さい レールガン組み面白いな!!黒子大好きだぜ!!

とある魔術の禁書目録?(2期) 第6話の感想

前回の話もそうだったけど、今回の話も分かりにくかった。 原作未読者には、つらい内容な気がする。 きっと、超スピードで進んでいるんだろうな。 禁書目録(2期) 第6話 「残骸(レムナント)」の感想です。 「とある魔術の禁書目録』クリアファイル[2]

とある魔術の禁書目録II #6「残骸(レムナント)」の感想

 上条さんが一方通行を倒し、インデックスがツリーダイアグラムを破壊したことで、1万人もの妹達が殺された絶対能力進化実験は凍結されたはずだった。ところがまだ悪夢は終わっていなかった、ツリーダイアグラムの残骸=レムナントを狙う輩がいたのだ。学園都市で起きた

とある魔術の禁書目録II 第6話「残骸(レムナント)」

とある魔術の禁書目録(インデックス) 7 (ガンガンコミックス)(2010/11/12)鎌池 和馬商品詳細を見る  久々に黒子&初春が登場しました。シャワールームで黒子が美琴に襲い掛かるのはお決まりのシーンですね。...

とある魔術の禁書目録II 第6話 「残骸-レムナント-」 感想

健気? いや、いつも通りだw(ぇ) 【関連サイト】 http://www.project-index.net/

『とある魔術の禁書目録II』#6「残骸(レムナント)」

「あれが復元されてしまえば、また実験が繰り返されてしまう」 アバンはのんびり過ごす当麻たちの姿が。 最近まで完璧だった天気予報がはずれだしたというが、 それに関係あるのか、宇宙では残骸(レムナント)がシャトルで回収されていた。

とある魔術の禁書目録II 第6話「残骸(レムナ...

インデックスのせいで騒乱が始まる…。そして当の本人は空気。Aパート黒子と美琴の買い物でのほほんとした空気を醸し出していたのも束の間。風紀員(ジャッジメント)の仕事で"強奪犯"...

とある魔術の禁書目録? 6話「残骸(レムナント)」

インデックスさんマジ狂暴w(噛みつく時の表情が本気すぎるから) とある魔術の禁書目録II 第1巻 〈初回限定版〉 [Blu-ray](2011/01/26)阿部敦井口裕香商品詳細を見る

とある魔術の禁書目録II 第06話「残骸(レムナント)」

原因はあなた達・・・なんじゃ(笑)

とある魔術の禁書目録II #06『残骸(レムナント)』

インデックスは天気予報を見ていた。 その間に、上条さんはスフィンクスに餌としてから揚げを与える。 それを見たインデックスは、自分の餌である上条さんをガブリ。 あまり美味しそうには思えないのだが、どうなのだろうか……

とある魔術の禁書目録?第六話 感想

健気! 今日の黒子は健気で推しますわ「とある魔術の禁書目録?」第六話感想です。 とある魔術の禁書目録 御坂 美琴 (1/8スケールPVC塗装済み完成品)(2009/08/22)壽屋商品詳細を見る

とある魔術の禁書目録?第6話 「残骸(レムナント)」

「んぎゃああああああああああああ!!!」 今週は噛まれただけの上条さん(笑) 科学編に入ってストーリーも他サイドで進行中で出番もアバンだけという。しかし上条さんの方よりも噛み付いただけで終わったインデックスの方が今後の出番的には不安だなw

とある魔術の禁書目録II 第6話「残骸(レムナント)」

黒子回ですの! 今日の黒子は健気ですの! いきなり全裸でドロップキックですの♪ 相変わらず変態だー! 黒子だいすきーヾ(*´∀`*)ノ゛ 美琴に初春も登場して、超電磁砲な雰囲気 佐天さんはドコですか?キョロ(((゚ー゚*)(*゚ー゚)))キョロ

とある魔術の禁書目録II 第6話 残骸

悪夢は終わっていたのに──

とある魔術の禁書目録II 第6話「残骸(レムナント)」

魔術と科学が出会うとき…は今回はないようですねw インデックスさんの快進撃もおしまいとなり。 今度は電磁砲サイドのキャラたちの出番となります♪  ▼ とある魔術の禁書目録II 第6話「残骸(レムナント)」  せめての出番でアバンで上条さんとインデック

「とある魔術の禁書目録II」第6話感想

レールガンの方で似たようなやり取りは飽きるほど見させてもらったんですけど、 やっぱりなんだかんだ面白かったです(≧∇≦) 店で買い物をしてる時の会話とかそうですけど、 あの流れるようなギャグ会...

とある魔術の禁書目録II #6

【残骸】 とある魔術の禁書目録(インデックス)〈17〉 (電撃文庫)著者:鎌池 和馬アスキーメディアワークス(2009-03-10)販売元:Amazon.co.jpクチコミを見る 一方通行さん&打ち止めさんキター(゚∀゚)ー! 

とある魔術の禁書目録? 6話

禁書6話 レールガン始動ですね。 メインは黒子ということで。 アクセラレータも出てきましたし、何より初春の登場が嬉しいです。 超スーパーでデラックスなコンピューターであるとこ...

とある魔術の禁書目録II 第6話

 レールガンのOVAが3万枚売れたそうで、何よりです。という訳で、レールガンの佐天さん以外が登場していた「とある魔術の禁書目録II」第6話、見応え十分で楽しかったです。

とある魔術の禁書目録<インデックス>II #06「残骸(レムナント)」

とある魔術の禁書目録<インデックス>II #06「残骸(レムナント)」です。 『

とある魔術の禁書目録II 第6話 「残骸(レムナント)」 の感想

とある魔術の禁書目録 22 (電撃文庫 か 12-26)鎌池 和馬 灰村 キヨタカ by G-Tools 安定の黒子@ミッコ回!! -公式サイト・Wikipedia- とある魔術の禁書目録?<インデックス?> 公式サイト とある魔...

とある魔術の禁書目録II 第6話「残骸(レムナント)」

ジャッジメントですの! キタ━━━━━(゚∀゚)━━━━━!!!! いやぁ、待ってましたですの黒子回!! 禁書ではかなり久しぶりの黒子なんだが、 最近OVA見た所為であんまり久しぶり感ないよなぁ~。 あれ?佐なんとかさんは・・・ とある魔術の禁書目録

「とある魔術の禁書目録II」6話 残骸(レムナント)

なんだかアバンを除けば「とある科学の超電磁砲」が始まったかのような展開だな。科学サイドだからって上条とか出番少な! 「スペースシャトルの落日」って本を読んだこともあっってかああいう翼が付いてる...

とある魔術の禁書目録II 第6話 「残骸(レムナント)」 感想

舞台は科学サイドへ―

とある魔術の禁書目録II (2期) 第6話「残骸(レムナント)」感想

黒子もアクロリさんも、いつも通りで安心した。

アニメ とある魔術の禁書目録? 第6話 「残骸(レムナント)」 感想

黒子の前に現れた謎の空間移動能力者、結標淡希。 そして『樹形図の設計者』の復元と共に再開されるかもしれない悪夢の実験・・・。 待望の「残骸編」第一章! ネタバレありです。

とある魔術の禁書目録? 第06話 「残骸(レムナント)」

とある魔術の禁書目録? 第6話感想です。 あの悪夢を蘇らせないために

とある魔術の禁書目録II #06

とある魔術の禁書目録II #06 「残骸(レムナント)」 お姉さま~ときたら超電磁砲。 全裸ドロップキックで最初からノリノリの黒子さんです。

(アニメ感想) とある魔術の禁書目録II 第6話 「残骸(レムナント)」

とある魔術の禁書目録? 第2巻〈初回限定版〉 [Blu-ray]クチコミを見る ついにレールガン組が登場!今回は黒子無双なのか!? *一週間のアニメを濃く熱く語るラジオ、毎週水曜日夜11時から放送の「ピッコロのらじお♪」をチェック!掲示板も設置、リアルタイムで是非...

とある魔術の禁書目録?第6話 「残骸」 感想

「私の力は座標移動 不出来なあなたと違って物体に手を触れる必要がないの」 第6話「残骸」感想は続きから

とある魔術の禁書目録II第6話  黒子さん下着姿のサービスでも痛そう

とある魔術の禁書目録II 第6話残骸(レムナント) 今回から科学サイドになりますね 御坂や黒子が活躍してく展開です あらすじ 学園都市で平和な生活を送る上条だが、その裏でインデックスに破壊されたツリーダイアグラムの残骸をめぐる事件が起きる。御坂と

『とある魔術の禁書目録II』第6話

第6話「残骸(レムナント)」インデックスが破壊した“あれ”の残骸をめぐる争いがスタート。

とある魔術の禁書目録II 6話 感想

とある魔術の禁書目録II 第6話 「残骸(レムナント)」 なんかもうほとんどレールガン。 でも、このノリがたまらなく好きなんですよね。 最初からシャワーシーンで始まった今回。 全裸でドロップ...

とある魔術の禁書目録II 第06話

[関連リンク]http://www.project-index.net/#06 残骸(レムナント)完璧だった天気予報まぁツリーダイアグラムが壊れた影響ですね壊したのはシスターさんだけどもwさて所変わって美琴達どう...

とある魔術の禁書目録? 第6話「残骸(レムナント)」

とある魔術の禁書目録? 第6話「残骸(レムナント)」 学園都市の天気予報も、以前は完璧だったのに最近は外れることも多く。天気予報のお姉さんがドジっ子だったら困るわww 空間移動VS座標移動 一方、常盤台の御坂美琴と白井黒子はお買い物。美琴は胸パッドに興味が

とある魔術の禁書目録? 06話 「残骸(レムナント)」 感想。

語らずとも声を聞くだけで通じ合う二人。背中合わせの会話シーン熱くて泣けるです。 この編は原作8巻に当たるんですが、1P目のイラストがほんと最高なんですよね♪(だまれ百合がw >>ということで、インデックス? #06 レムナント 感想です.+゚*。:゚

(感想)とある魔術の禁書目録? 第6話「残骸(レムナント)」

とある魔術の禁書目録? #06 「残骸(レムナント)」 主人公は一旦、上条ちゃんから黒子たちへと移っての、燃える展開! キーは学園都市のスーパーコンピュータ・樹形図の設計者、それを中心に 様々な要素が黒子たちを巻き込んでいく!

(アニメ) とある魔術の禁書目録II 第6話 感想

第6話 「残骸(レムナント)」

[アニメ]とある魔術の禁書目録II 第6話「残骸-レムナント-」

正義感の相違からくる本当の正しさの実証をどうやって行うか。

とある魔術の禁書目録II 第6話 「残骸(レムナント)」 感想

 アバンは上条さんが唐揚げを料理中。  その間にインデックスが天気予報に夢中、でも味見を許されたスフィンクスに対して不満、その不満のぶつける先は上条さんに噛み付くこと。  で去る7月28日より少...

とある魔術の禁書目録? 第6話 『残骸(レムナント)』

第6話 『残骸(レムナント)』 黒子めちゃめちゃ格好良かったです。 8月21日lというと御坂、シスターズ絡みで通行さんと戦った頃ですかね? ちょっともう全然覚えてないんだけど(アセ 残骸って・...

とある魔術の禁書目録II #06 残骸(レムナント) レビュー キャプ

上条当麻の部屋… テレビの天気予報の等圧線の説明をインデックスに する当麻。お天気お姉さんが天気予報を時々外す話題になると つい最近までは完璧だったのに、今は演算装置が壊れているから 前のような正確な天気予報が出ないと説明する。 その演算装置とは…樹形図

とある魔術の禁書目録II 第6話 触れずにして干渉

第6話「残骸(レムナント)」の感想です。アナザーサイドから。

とある魔術の禁書目録? 第6話

とある魔術の禁書目録? 第6話 「残骸(レムナント)」 です。 <キャスト> 上条 当麻:阿部敦 インデックス:井口裕香 御坂 美琴:佐藤利奈 ステイル=マグヌス:谷山紀章 神裂 火織:伊藤静 ロ...

(アニメレビュー) とある魔術の禁書目録? 第6話 「残骸(レムナント)」

初っ端がシャワーシーンだなんてどう見ても超電磁砲な件(*´ω`*) 美琴&黒子登場シーンの初めがシャワーシーンという魔術ではなく超電磁砲のパターンで見るもの間違えたかなと一瞬思ってしまった禁書2期第6話。あと美琴の恥じらいはやっぱり可愛かった回w

とある魔術の禁書目録II 第6話「残骸(レムナント)」感想

 今回からいよいよレールガン組の出番が…!禁書ではどんな活躍をしてくれるのでしょうか。しかも黒子メイン回ということで、レールガンともまた一味違う話になりそうで楽しみにしていました。今回はレールガンファンの方必見です!

とある魔術の禁書目録II #06『残骸(レムナント)』

『ジャッジメントですの』 魔術世界から一気に科学世界へ舞台が移った「とある魔術の禁書目録」。 久しぶりの黒子や美琴、アクセラレータやラストオーダーとの再会に やたらと胸が躍ってしまったのでございますw とある魔術の禁書目録II 第1巻 〈初回限定版〉 [Blu-ray]…

とある魔術の禁書目録II 第6話 「残骸(レムナント)」

今週も「とある魔術の禁書目録?」始まりました! 前回で魔術側メインのオルソラ救出編も終わり 今回からは科学側メインの残骸編。 禁書初登場の初春に、新キャラのあわきんこと結標淡希 それ...

とある魔術の禁書目録II 第6話 『残骸(レムナント)』 感想

美琴と黒子の、言葉のいらない絆が印象的。 とある魔術の禁書目録II 第6話 『残骸(レムナント)』 の感想です。

とある魔術の禁書目録?:6話感想

とある魔術の禁書目録?の感想です。 今週から科学サイドへ。

とある魔術の禁書目録II 第06話 「残骸(レムナント)」

インデックスが活躍した後は「とある科学の~」組が戻ってきた「とある魔術の禁書目録II」の第6話。 精度がかなり高いはずの天気予報が最近不調。宇宙では事件が起こっていた。 と言うわけで美琴と黒子...

とある魔術の禁書目録II 第6話「残骸(レムナント)」

とある魔術の禁書目録 ミサカ盛り法の書事件も終わり、今回からは科学サイドのお話。 というわけで、 美琴&黒子が活躍します! でも、佐天さんは出ません(汗

とある魔術の禁書目録II 第6話「残骸(レムナント)」

嗚呼、土曜日かぁ…… 日々が過ぎるのが早く感じる今日この頃。 今週もシメは“とあるアニメのエロ画像”……じゃなかった、“とある魔術の禁書目録?”の改変レビューをお送りします。 ~前回のあらすじ~ ...

とある魔術の禁書目録II 第6話 「残骸(レムナント)」  感想

ジャッジメントの白井黒子が大活躍です。

とある魔術の禁書目録 第6話「残骸(レムナント)」

1期のおさらいになりますが、 御坂美琴には2万人のクローンがいました。 いました…という過去形なのは、現在はもうその半分ほどの人数になっているからです 第1位が第3位を数百通りのパターンで倒...

とある魔術の禁書目録Ⅱ 6

第6話 「残骸(レムナント)」  キタ、ようやく平和な回が来ましたよ(笑)やっぱ私はレールガンの方が好きだな。てか、黒子ってそんなに腹出てるの?「いじりようのないマジ反応...

とある魔術の禁書目録? 6話感想。

インデックスが天気予報を夢中で見ています。そんなにテレビを見る設定はなかったのでしょうか? インデックスは家で留守番が多いから、そういう知識はあると思っていたんですけどね。 というか…猫にあんな油っこい物あげて大丈夫かい当麻さんよw とある魔術の禁書目...

とある魔術の禁書目録Ⅱ 第06話 残骸

黒子「ジャッジメントですの!」 うおー!レールガンが始まったぞー!w 美琴や黒子達が出張ってくるとなぜかしっくりくるのはやっぱり超電磁砲のおかげだよな~w

とある魔術の禁書目録? 第06話 「残骸(レムナント)」

大門ダヨ 今回は科学サイドの話

とある魔術の禁書目録II 第6話「残骸(レムナント)」

魔術師の宗教戦争(宗派間対立)から舞台を学園都市に移し、今度は科学サイドの事件を描く「とある魔術の禁書目録II」第6話。ツリーダイヤグラムの残骸を狙う、学園都市の暗部の一端に触れるような事件の幕開けだ。新キャラ結標淡希の饒舌な解説があるにしても、第1期に立...

とある魔術の禁書目録?第6話 「残骸<レムナント>」 

科学サイドの物語、開幕! 待望の「超電磁砲」メンバー登場です。 やー思ったより二期やるの早かったなぁ(笑)

とある魔術の禁書目録II  第6話 「残骸」 なんという黒子

科学サイドで美琴や黒子の話となるともうほとんどレールガンだなぁ。 しかし原作知ってても解りにくいというストーリー展開はやはり禁書。 昔インデックスが破壊したツリーダイアグラムの残骸、レムナ...

とある魔術の禁書目録II #06 「残骸(レムナント)」

こんばんは、マサです。 週末の締めくくりは、やはりコレです。 今後、土曜日は小説で日曜日は「禁書」で。 ・・・進められたら良いなぁ。 さて。 #06「残骸(レムナント)」、いきます。 ちょっとたて込んでるので、簡単に。

とある魔術の禁書目録II 第6話「残骸(レムナント)」

OVA「とある科学の超電磁砲」[Blu-ray](2010/10/29)佐藤利奈新井里美商品詳細を見る あれ?自分 「禁書目録」じゃなくて「超電磁砲」見てる? 今回から美琴のターンですかね? つーか、始まりがシ...

とある魔術の禁書目録Ⅱ 第6話「残骸(レムナント)」

「必ず帰ってくるために」 白井黒子の決意の言葉。

とある魔術の禁書目録II 第6話 「残骸(レムナント)」黒子さん、なんか髪の毛・・・イカ娘化してなイカ?w(^ω^)

とある魔術の禁書目録II 第6話 「残骸(レムナント)」 さて念願の科学組登場回!!見ましたので感想をば てか なんか面白くなって・・・ キタ━━━━(゚∀゚)━━━━ッ!! なんていう...

とある魔術の禁書目録II 第6話「残骸(レムナント)」

6話にしてようやく、準主役が本道においでなさった。 6話だけだと、あれだな主役は黒子。キャラの魅力を十二分に発揮。 初春の登場もあったけど、残念、佐天涙子は出てませんがな。 そうそう、一方通行と御坂妹も出ていたっけ。

とある魔術の禁書目録? 第6話「残骸(レムナント)」

オルソラの件が決着を迎え、のんびりモードの当麻とインデックス。そんななか、強盗事件が発生。黒子がジャッジメントとして犯人を追い詰めるも、自分と同系統の能力を持つレベル4結標淡希に返り討ちに合ってしまう。そして、ツリーダイヤグラムが破壊されていること、そ

とある魔術の禁書目録Ⅱ第6話『残骸(レムナント)』

全裸でドロップキックで・や~すのッ♪

とある魔術の禁書目録? #06

第6話『残骸(レムナント)』  ってミサカはミサカは気の毒そうな視線を向けてみたり♪ 黒子主体の科学サイドのお話  テレポートが大きな鍵になる―

とある魔術の禁書目録? 第06話 「残骸(レムナント)」

とある魔術の禁書目録? 第06話 「残骸(レムナント)」 の感想。 原作既読。放送済み内容範囲でネタバレ感想です。

『とある魔術の禁書目録 第六話 黒子が愛しくて』

さて、今週から待望のレールガンが二期スタートということで(違ry 黒子はやはりボコられ率が異常だなと(笑) 毎回満身創痍でも献身的な黒子に痺れますね(え~ 御坂やミサカも見せ場があって一期に戻ったような感覚でした(* ´ω`*) やっぱ禁書は御坂や黒子

とある魔術の禁書目録II 「残骸(レムナント)」

  完全にレールg……            あっ、ごめん、 佐天さん…

とある魔術の禁書目録II #06

とある魔術の禁書目録IIの6話は、科学側の話で御坂美琴と白井黒子がメイン。アレイスターがいる窓のないビルへの案内人・結標淡希の登場。そして再登場キャラが一気にどど~ん!!と出ました。

とある魔術の禁書目録・・・第6回「残骸」

2010/11/14 放送分総評!・・・・わかんない。話がわかんないのは、もういいよ。この際ね。それはさておき、演出がひどいですよ・・・なんかこう、小説からシーンをランダムに抽出して...

とある魔術の禁書目録II 第6話

今回は、黒子が同系統の能力者である結標淡希と戦闘になるお話でした。 自らが触れずとも転移させられるとは黒子以上に凄い能力のようで。 関わりとしてはむしろ美琴と深いようですけど、残骸でも狙われるツリーダイヤグラム恐るべしですねぇ。 天気予報が当たらない...

能力バトルものって結局、能力を盗んだりコピーしたりする能力が最強なんだろ?

1 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2012/10/22(月) 22:15:56.98 ID:zIRGSy7T0 ?2BP(2000)2011年に大ヒットを記録したTVアニメ『TIGER & BUNNY』の劇場版第1弾、『劇場版 TIGER & BUNNY -Th...

左サイドMenu

カウンター

祝2,000,000Hit達成♪ とうとう大台突破。これも皆様のおかげでございます(o ̄∀ ̄)ノ

カレンダー(月別)

10 ≪│2017/11│≫ 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

ガンダムシリーズ

◆新機動戦記ガンダムW◆

新機動戦記ガンダムW BD-BOX1

OVA・続編含め『新機動戦記ガンダムW』全般を応援してます♪
ガンダムW関連 まとめページ
感想、用語、企画など全ページへのリンクがあります。ご利用ください

2016/05/04 12巻分の用語一部更新しました

《用語》
用語集
ア行
カ行
サ行
タ行
ナ行
ハ行
マ行、ヤ行
ラ行、ワ行
英字行
登録キャラクター名一覧
キャラクター詳細
ア行
カ行
サ行
タ行
ナ行
ハ行
マ行、ヤ行
ラ行、ワ行、英字行

メカニック図鑑
メカニック用語詳細
年表

《企画》
年代考察
勢力図まとめ
AC暦におけるMS史(コラム)

◆機動戦士ガンダム00◆

GUNDAM OOQ
用語集などは特にありませんが、劇場版の感想は全十回というボリュームでコラム風に書かせていただきました。よろしければどうぞ。
ガンダム00関連 まとめページ

◆鉄血のオルフェンズ◆

81TuctHvlZL__CR88,0,1536,1536_
各回の感想のまとめだけ。
ガンダム00関連 まとめページ

米山シヲ 応援エリア

◆梅衣堂ひよと旦那様の野望◆

1-2-2

『梅衣堂ひよと旦那様の野望』待望第1巻発売中

月刊少年ガンガンで現在連載中『梅衣堂ひよと旦那様の野望』を応援中。『ブラクロ』と同じように独自用語集も製作中!

公式特設ページ

独自用語集
第1巻

◆ブラッディ・クロス◆

ブラクロサムネ

月刊少年ガンガンで完結した『ブラッディ・クロス』をプッシュしています♪ 独自用語集あります! 

公式特設ページ

独自用語集
キャラ紹介-混血勢力-
キャラ紹介-天使勢力-
キャラ紹介-堕天使勢力-
キャラ紹介-アルカナ-
キャラ紹介-神葬-
キャラ紹介-その他-


最近の記事

最近のコメント

<>+-

最近のトラックバック

メールフォーム

管理人に何か言いたいことがあれば、ここからどうぞ♪

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード

QR

友達申請フォーム

FC2ブログランキング

FC2のブログランキングに参加中♪ 気に入っていただけたなら、一押しして下さい。

FC2ブログランキング

右サイドメニュー

義援金募集

FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして

管理人から一言

お知らせ

管理人からのお知らせです。

『ガンダムW FT』コンテンツは不定期更新です。現在は11巻分までの感想と用語の更新を完了しました。

『ブラッディクロス』全12巻発売中! 用語集更新は全て無事終了致しました。


今期の週間感想予定
日曜日:Fate/Apocrypha
月曜日:-
火曜日:-
水曜日:-
木曜日:-
金曜日:ガンプラ関連
土曜日:-
不定期:ブラタモリ、ピックアップ感想
毎日:ゲームプレイ日記(DQ11)

場合によっては急遽順序等の変更もありますが、ご理解いただけますようよろしくお願いします。

管理人プロフィール

月詠

Author:月詠
埼玉県某所在住の31歳社会人。性別♂。名前は「つくよみ」と読む。

世知辛い世の中でも、嬉しいことも泣きたいことも、こんなサブカルチャーたちに救われていますwww
詳細な自己紹介はこちら

コメント・TB、相互リンク受付中。下記の運営方針に詳細を記載しております。無条件に大歓迎と言うわけではありませんが、大部分の方は歓迎出来るかと思いますw

以下、ショートカット。
◇閲覧上の注意や規約など
Blogの運営方針・利用規約
他のBlog様と大差ない運営・利用規約なので大部分の方には無関係だとは思いますが、初閲覧の方は簡単でも良いので読んで頂けるとありがたいです。何かあった時には利用規約を了承した上とさせていただきますので、「知りませんでした」は通用致しません。


◇アニメについて
アニメの評価について
歴代アニメ評価一覧
アニメアウォーズ! 受賞一覧


◇ゲームについて
ゲームの評価について
歴代ゲーム評価一覧


◇ブックス(本)について
小説の評価について
ブックレビュー一覧


◇プラモデルについて
完成品一覧(グレード別)
完成品一覧(シリーズ別)


◇その他リスト一覧はこちら
テレビ&シネマ
CD&DVD&BD

ツリー式カテゴリー

openclose

全記事表示リンク

検索フォーム

アニプレッション!!

アニプレッション!!
アニプレッション!!とは

アニプレッション!!は、アニメブロガー達の合同ブログです。各執筆者がアニメについての問題意識・感想・考察・批評等の諸言説を発表し、アニメを語る事の面白さを伝える事が目標です。
まだまだ未熟者ではありますが、私も参加させて頂いております。冬コミでも多くの名立たる方が寄稿し合って本を出す予定です♪

以下、アニプレッション!!メンバーのBlogです。一見の価値ありですよ!

相互リンク(更新停止)

残念ながら一年以上の更新がない相互リンク先の方々です。いずれまた復活し、交流が持てることを期待しています……

  • 24/10次元に在るブログ
  • aniパンダの部屋
  • Black Window in Sky
  • Hes:TEAR
  • Lounge "Himajin" Killer
  • NEO煩悩-アニメ本店-
  • outrageous
  • the albatross of peach pink
  • お絵描き倉庫('A`)(旧ミルクレモンティー)
  • くろ with life~今を楽しめればそれでいい~
  • なななな駄文
  • にき☆ろぐ
  • にじつう!
  • のんびりにリリカルに
  • まるとんとんの部屋
  • みつーの日記
  • アインのSS置き場
  • アニメって本当に面白いですね。
  • チェルキエット⌒ぱすてる
  • ミナモノカガミ
  • サブカルなんて言わせない!
  • 月の静寂、星の歌
  • 紅の終幕劇
  • 根無草の徒然草
  • 知ったかアニメ
  • 全て遠き理想郷?なブログ
  • 中濃甘口 Second Dining
  • 透明色絵本
  • 【非公式】普通の世界日本ハムが【ブログ】やってみた
  • 漫画のおすすめ
  • 無料動画アニメリンク!
  • 妄想詩人の手記
  • 妖精帝國 臣民コンソーシアム
  • 楽しくC言語ゲームプログラム
  • これは僕の進化の過程の・・・3ページ目ぐらい?ww
  • 無常の流れ 新館
  • 夢幻の灰色帝国
  • 外部記憶ver.2
  • アバトーンの理想郷
  • よう来なさった!
  • やまひで日誌
  • まごプログレッシブ:Part2~Scenes From A Memory~
  • しろくろの日常
  • ToLOVEる画像漫画
  • the albatross of peach pink
  • Spare Time
  • Ringoという名の日常
  • Garnet Clover~ガーネット・クローバー~