FC2ブログ

刹那的虹色世界

アニメ・ゲームのあらすじを主体とした感想や批評のブログ。時折、日記・声優・コミック・スポーツなど幅広くレビューしています。リンクフリー、相互リンク大歓迎♪

Entries

それでも町は廻っている 第3話

それでも町は廻っている 第3話
『猫省年』


≪あらすじ≫
相変わらずドタバタ騒動を引き起こしながらも、なんだかんだで町の人たちから愛されている歩鳥。

今日は、なぜか訪れた担任教師の持つ絵画の謎を解いたかと思えば、飼いネコに手を焼いている少年のように見えて実は同じ学校の先輩とは露知らずに慣れ合ったりとか、そんなことしてました(笑



≪感想≫
イカ娘同様、どんどんあらすじ削って行くよぉ(ぇ いや、あらすじ書きにくいんだもん、だって(爆 元々二編構成と言うこともあるしね。後はそもそも、この手の作品は書き辛い。


Aパートは、歩鳥が謎を解決してしまうと言う謎(笑 これに尽きるんだろうな、と思う。一般常識人から見れば、歩鳥の言動は幼稚だったり、マセていたり、大人びていたりと色々な面を見せるからこそ、そこに謎がある。まぁ共通してバカなんだけどさ(ノ∀`*)アイター

でも、その歩鳥が他の誰もが頭を悩ませる謎に対して謎を解いてしまう。

そのことよりも、その事実の方が謎と言う部分が実に何とも言えない巧みなストーリーだったと思う。普段バカにされている歩鳥が周囲をギャフンと言わせ切る、と言うにはやや弱い。だって、最後はギャグでコメディだったわけだから。でも、そうした“謎めいている部分”にこそ、歩鳥のキャラクター性があるのだろう。


Bパートは新キャラ登場。歩鳥が早合点した時点で、絶対に年上だ、とか思えてしまうわけだが(笑)、猫一匹であそこまでエピソードを膨らませることが出来るのなら、これはこれでかなり凄い。

「殴ったね!?(親父にもブタれたことないのに!とは言ってませんがw)」歩鳥が寒いギャグを言ったら「雪が降ってきた(ギャグの寒さに天候まで変わった)」とか、そうした随所の小ネタが実に良い。爆笑を誘うようなモノではないのだが、こうクスリと笑えるものが積み重なった結果として、観終わったときに「笑えた」「面白かった」と言う感想が出て来るのだなぁ、と思える。



第4話『呪いの方程式』

≪TB先 参照リンク(URLアルファベット順≫
赤字はTBが現在弾かれてしまっているBlog様です。
現在、yahoo系、nifty系、so-net系はほぼ全滅。楽天系は調子がいいと送れます。

※楽天系は文字化けしておりますm(_ _)m

・http://3284allegro.blog38.fc2.com/blog-entry-1825.html
・http://adria7.blog92.fc2.com/blog-entry-385.html
・http://ai-mugi.blog.eonet.jp/aimugi/2010/10/post-841b.html
・http://akashiima.blog57.fc2.com/blog-entry-409.html
・http://alicetail904.blog42.fc2.com/blog-entry-396.html
・http://ameblo.jp/at1845/entry-10687001278.html
・http://animedouganews.blog44.fc2.com/blog-entry-1813.html
・http://anzu05.blog29.fc2.com/blog-entry-293.html
・http://arpus.blog121.fc2.com/blog-entry-1295.html
・http://blog.goo.ne.jp/since2005my_secret_garden/e/99d6d151
・http://blog.goo.ne.jp/jin-d/e/970ff734c48b92673a7a2a8e2dc09fd8
a7cc7ec7ba11ebfd0fc01676
・http://blog.livedoor.jp/by_maria/archives/1139394.html
・http://blog.livedoor.jp/geallza/archives/51143403.html
・http://blog.livedoor.jp/kansaianime/archives/51635035.html
・http://blog.livedoor.jp/kotarou_break/archives/3052770.html
・http://blog.livedoor.jp/koubow20053/archives/51628938.html
・http://blog.livedoor.jp/kuma_road51/archives/52208545.html
・http://blog.livedoor.jp/t_cherry398/archives/51537021.html
・http://bosel.blog64.fc2.com/blog-entry-44.html
・http://coffeemonster.at.webry.info/201010/article_41.html
・http://enishiblog.blog77.fc2.com/blog-entry-423.html
・http://flanpoemega.blog42.fc2.com/blog-entry-1669.html
・http://fovsaikou.blog129.fc2.com/blog-entry-516.html
・http://gomarz.blog.so-net.ne.jp/2010-10-22-1
・http://haruhiism.blogism.jp/archives/51524569.html
・http://hienkyaku.blog50.fc2.com/blog-entry-1473.html
・http://hinaxnagi.blog31.fc2.com/blog-entry-1798.html
・http://hyumablog.blog70.fc2.com/blog-entry-1919.html
・http://kakureotanchi01.blog20.fc2.com/blog-entry-197.html
・http://kazekura.seesaa.net/article/166739724.html
・http://kenohito.blog67.fc2.com/blog-entry-626.html
・http://keycafe.blog27.fc2.com/blog-entry-1033.html
・http://kokorokotoba0502.blog38.fc2.com/blog-entry-698.html
・http://kouyanoblog.blog61.fc2.com/blog-entry-3417.html
・http://lune.at.webry.info/201010/article_45.html
・http://manaduru3.blog24.fc2.com/blog-entry-620.html
・http://mitubatatibana.blog122.fc2.com/blog-entry-1945.html
・http://mutekidesutekina.blog52.fc2.com/blog-entry-1455.html
・http://myuvi.blog59.fc2.com/blog-entry-266.html
・http://nekoko.at.webry.info/201010/article_31.html
・http://nextsociety.blog102.fc2.com/blog-entry-1094.html
・http://plaza.rakuten.co.jp/56189/diary/201010210002/
・http://plaza.rakuten.co.jp/accessairphoto/diary/201010230001/
・http://plaza.rakuten.co.jp/aoi78/diary/201010220000/
・http://plaza.rakuten.co.jp/blackwidow/diary/201010220001/
・http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201010220002/
・http://sagaturedure.blog31.fc2.com/blog-entry-4315.html
・http://seraraku2.blog59.fc2.com/blog-entry-4999.html
・http://shino134.blog22.fc2.com/blog-entry-846.html
・http://shirokuro585.blog109.fc2.com/blog-entry-382.html
・http://shittakaanime.blog86.fc2.com/blog-entry-53.html
・http://sironsiron.blog70.fc2.com/blog-entry-577.html
・http://soraxcan.blog59.fc2.com/blog-entry-2170.html
・http://spadea.jugem.jp/?eid=8456
・http://subcul.jugem.jp/?eid=1747
・http://sumi4460.blog63.fc2.com/blog-entry-2475.html
・http://takotakotakoyaki.blog52.fc2.com/blog-entry-3112.html
・http://tamnt.blog72.fc2.com/blog-entry-1170.html
・http://teleani.blog62.fc2.com/blog-entry-833.html
・http://tori-toki.at.webry.info/201010/article_15.html
・http://ukishin.blog88.fc2.com/blog-entry-839.html
・http://wendykai.blog60.fc2.com/blog-entry-1108.html
・http://yamitarou.blog75.fc2.com/blog-entry-2401.html

もしよろしければ、拍手ボタンをポチッと押して下さいm(_ _)m 管理人のモチベーションが上がります(ぉ

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

Trackback

トラックバック URL
»»この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

『それでも町は廻っている』第3話 感想

声が付くと面白さが万倍にも増しますね。 オチに大笑いした前半は、ミステリー風味のお話。 今作は、歩鳥が推理小説好きという設定がある...

それでも町は廻っている 第3話「猫少年」感想

この作品随一のヒロイン、 紺先輩が登場しましたよー。

それでも町は廻っている 第3話「猫省年」...

BDそれでも町は廻っている1(Blu-rayDisc)[TBS・それ町製作委員会]《予約商品12月発売》価格:5,690円(税込、送料別)それでも町は廻っている 第3話「猫少年」 感想です。歩鳥は本当に先...

それでも町は廻っている 第3話「猫省年」

絵コンテに佐藤卓哉とは・・・。どんだけこの作品に賭けているの?w

それでも町は廻っている 第3話 「猫省年」

それでも町は廻っている 第3話 「猫省年」 脚本:高山カツヒコ 絵コンテ:佐藤卓哉 演出:熨斗谷充孝 作画監督:桝井一平、泉保良輔 ...

それでも町は廻っている 第3話 「猫省年」 感想

お帰りなさいませ、ご主人様。 おや、初めて見る顔ですねえ。 まさかまさか、誰も化け猫の皮なぞ被っておりません。 奥にあなたを取っ...

それでも町は廻っている 第03話 「猫省年」

キーワードは「目」。「それでも町は廻っている」の第3話。 次回10/28は26:04~なので注意。 ズレ方が微妙すぎだよ。 「目」 数学教師と言え...

それでも町は廻っている 第3話 「猫省年」 感想

「このラバーを取り替えたばかりのラケットが  先輩の首を落とす死神の鎌にならなきゃいいが フッフ」 それでも町は廻っている 1 [Blu-ray]...

「それでも町は廻っている」第3話

   3番地「猫背年」シーサイドに森秋がやって来て・・・「先生、あたしに惚れてるね?」「目」 第一巻第4話より歩鳥、トイレにこもり、涙脈無し。森秋は祖父の遺品を整理して...

それでも町は廻っている #03 『猫省年』 感想

  目イド探偵 "歩鳥さん" 今回のテーマは “目” ということで色々な意味で非常に面白い話でした。 あの絵画の謎は見ていてもさすがに...

それでも町は廻っている 第03話 感想

 それでも町は廻っている   第03話 『猫省年』 感想  次のページへ

それでも町は廻っている(アニメ) 第3話の感想

このアニメで推理が出てくるとは思わなかった。 しかも、推理物としては意外に納得いくものだった。 探偵が出てくるミルキーよりも、しっか...

それでも町は廻っている  三番地 「猫省年」

 紺先輩登場です。なんかいいですね。

(紺双葉登場!)それでも町は廻っている 3話「猫省年」(アニメ感想)

今回、紺双葉さんが初登場!!  歩鳥との絡みがとっても面白かった3話でした。   そろそろ雪の季節になることを感じさせた今回。 歩鳥さ...

それでも町は廻っている #3「猫省年」感想

先生に私の事好きですか?と聞いても華麗にスルー先生が持ってきた謎の絵その謎をいち早く解き、優越感を得る歩鳥先生悔しすぎて顔逝ってるwww頭が柔らかい歩鳥らしいお話でした。新キャラ 双葉さんそれはイカのくだりはちょっと・・・歩鳥はアホだと思いきや妙に難し...

それでも町は廻っている 第3話「猫省年」

「放課後、わざわざ会いにくるなんて・・・先生、あたしに惚れてるね♪」って、またもシーサイドに現れた森秋先生の事を意識してそう言った嵐山。でも・・・。「は?」の森秋の一言...

それでも町は廻っている 第3話「猫省年」

目は口ほどに物を言うという…。 表情豊かすぎる歩鳥の目は、くるくると良く動きますね(笑) ▼ それでも町は廻っている 第3話「猫省年...

[アニメ]それでも町は廻っている 第3話「猫省年」

待ちに待ってた猫少年の登場。歩鳥のお姉感覚が面白い。

それでも町は廻っている 第3話「猫省年」

嵐山歩鳥は名探偵! 今回はなぜかミステリーです! 森秋先生のお祖父さんが描いた、4つ目の自画像の真実とはm9(゚Д゚) 歩鳥が賢くてビッ...

それでも町は廻っている第三話 感想

ポコはイタリア語で少しって意味ポコ 一貫して目をテーマにした話だった「それでも町は廻っている」第三話感想です。

それでも町は廻っている 3話

メイドの檻に閉じ込められたい。というわけで、「それでも町は廻っている」3話たま人の巻。歩鳥はマジで先生に気があるのか。緊張を恋のドキドキと勘違いしてるだけだと思ってたんだ...

それでも町は廻っている #3

【猫省年】 それでも町は廻っている 3 (ヤングキングコミックス)著者:石黒 正数少年画報社(2007-08-03)販売元:Amazon.co.jpクチコミを見る 青い(ヘルプ)イルカの悪口を言わないであげて(ノ◇≦) 

それでも町は廻っている 第3話「猫省年」

それでも町は廻っている 3 (ヤングキングコミックス)(2007/08/03)石黒 正数商品詳細を見る  嵐山 歩鳥が惚れている森秋 夏彦が依頼にやってきまし...

それでも町は廻っている 第3話「猫省年」 迷探偵は誰も呼んでなくても招かれるものである。

ども!今日は夜勤のあんず。です。 さてそれでも町は廻っている 第3話「猫省年」見ましたよ!!! 今回の話を見てある方を思い出しまし...

それでも町は廻っている 第1話  ~ 第3話 猫省年

それでも町は廻っている 第1話 ~ 第3話 猫省年 嵐山歩鳥は、丸子商店街の喫茶店「シーサイド」で、ウェイトレスのアルバイトをする女子...

それでも町は廻っている #03 猫省年 2chの反応

紺先輩可愛かったな それでも町は廻っている 1 [Blu-ray](2010/12/24)小見川千明悠木碧商品詳細を見るそれでも町は廻っている #03 猫省年

それでも町は廻っている 3話「猫省年」

Aパートのインパクトが強烈だなぁ。歩鳥もいい味を出していたしねw DOWN TOWN/やさしさにつつまれたなら(初回限定盤)(DVD付)(2010/10/20)坂本真綾商品...

それでも町は廻っている 第3話

知識がいっぱい! それ町!!

それでも町は廻っている:3話感想

それでも町は廻っているの感想です。 思わず唸ってしまった。

それでも町は廻っている 三番地『猫省年』

ぬるぬる動く上に目がくるくる動く(笑) それが顕著な歩鳥と固定気味な森秋先生のツーショットが楽しいなー。 『は?』 一刀両断な森秋先生、シーサイドの常連化しそうな予感w それでも町は廻っている 2 [Blu-ray]出版社/メーカー: ポニーキャニオンメディア: Blu-ray

それでも町は廻っている・第3話

「猫省年」 なぜか森秋先生を意識する歩鳥。「私に惚れたな?」と、先生に迫るものの、思い切りスルーされる。そんな森秋先生が訪れたのは...

それでも町は廻っている 第3話 「猫省年」 感想

「それ町」でアハ体験―

(アニメ感想) それでも町は廻っている 第3話 「猫省年」

それでも町は廻っている 1 [Blu-ray]クチコミを見る 目が四つ・・・そういえば、こんな奇妙な絵画が実際にあったな・・・。 ↑よろしければ、こちらポチッと押して頂けると励みになります

媚びはなくとも萌えはある

{/hiyoko_cloud/}オゾン層! 先週のと2話まとめての感想デス。 真田くん。お父さんに似てねー・・ 『それでも町は廻っている』 二番地 セクハラ裁判が大人気 女子高生らしい可愛さとは無縁な歩鳥。 だけど、 丸いお尻をふりふりさせたり、 長いスカートがめくれた一...

それでも町は廻っている 三番地 猫省年 レビュー キャプ

「目」 放課後自ら歩鳥に会いにシーサイドまでやってきた森秋。 モリアーキーの事、けっこう好きな歩鳥は… 放課後わざわざ会いに来るなんて… 先生、私にホレてるね!? 森秋「(゚Д゚)ハァ?」 脈なし。歩鳥のほのかな恋は終わった?w 祖父に遺品を整理していた

それでも町は廻っている 第3話 「猫省年」 の感想

それでも町は廻っている 1 (ヤングキングコミックス)石黒 正数 by G-Tools やっぱ歩鳥は濃いなぁw -公式サイト・Wikipedia- TBSアニメーション・...

金曜アニメ

ノイタミナ枠が休みですし、そろそろ見るアニメも決めて切っていくかなな感じです。それでも町は廻っている 第3話「猫省年」今回は前半に推理要素っぽいお話があったのがちょっと...

極端な子!(それでも町は廻っている 第3話簡易レビュー)

それでも町は廻っている 三番地「猫省年」 ★★★★★

それでも町は廻っている 第3話 感想「猫省年」

それでも町は廻っているですが、担任の先生が祖父の自画像を持ち込みます。目が二つと目が四つある絵ですが、数学教師としては理論的な説明を欲しており、推理小説好きな嵐山歩鳥に解決を依頼します。 辰野俊子は祖父が乱視だったと推理しますが、歩鳥は鼻や口が一つだけ...

それでも町は廻っている 第3話 「猫省年」

それでも町は廻っている 第3話 「猫省年」

それでも町は廻っている 三番地「猫省年」

それでも町は廻っている 三番地「猫省年」です。 なるほど~。今週のネタの一本は「

それでも町は廻っている 3

第3話 「猫省年」微妙に気になるこの作品、早くも第3話です。そういえばOPはなにげに山下達郎曲だし。コストかけてんな。今回は目の解説から始まりました。担任の先生はレギュラー陣入...

それでも町は廻っている 第3話 「猫省年」 感想

            うん面白かった。やはりギャグアニメは面白くなければ嘘だ

【アニメ】それでも町は廻っている 3話 最後までくそ生意気なガキだったね

それでも町は廻っている 第3話「猫省年」 の感想を 年下にみれた猫少年を見て 最近、17歳に間違いられたことを思い出す  (オレはか...

それでも町は廻っている 第3話「猫省年」

メイド探偵歩鳥!w

それでも町は廻っている 第03話 「三番地 猫省年」

それでも町は廻っている 第3話感想です。 人は見かけによらず

それでも町は廻っている 三番地 「猫省年...

第三話、新キャラ登場回ですね。【送料無料】BungeePriceBlu-rayアニメそれでも町は廻っている4(Blu-ray)【BLU-RAYDISC】早速感想。前半はとんでもない推理が実は正解でした的なエピソード。自分...

(アニメ感想)それでも町は廻っている 第03話「猫省年」

あらすじ お帰りなさいませ、ご主人様。 おや、初めて見る顔ですねえ。 まさかまさか、誰も化け猫の皮なぞ被っておりません。 奥にあなたを...

それでも町は廻っている 第3話

ワープロソフトの青いイルカは本当に嫌い。

それでも町は廻っている 3話

三番地 「猫省年」 「先生あたしに惚れてるね」 全く相手にされてませでしたil||li il||li _| ̄|○ il||li il||li 「はぁ?」 ですから(笑) あ...

それでも町は廻っている #03 猫省年

絵の謎を解き明かせ!  そして紺先輩登場です。

それでも町は廻っている 第03話 猫省年

普通のシャフトアニメに戻ったわ(´・ω・`) なかなか面白いけど、先週のぶっとんだ勢いはなくなったぽ。作画もやや落ち。てか、サイコロ目キモいので減点50点。たぶん、1話と3話のこれが本来のそれ町なんだろう。この地味コメ空気を楽しめるか、それともシャフト演出に食...

『それでも町は廻っている』 3話「猫省年」 嗚呼深みにはまってゆく…

目・目・目……… 歩鳥のおめめ、まんまるだぁ。 こんなにも、まんまるだったんだ。 羨ましいなぁ。 様々なアングルから描かれた動く歩鳥がたくさん見られて、私しあわせ(*´Д`*) ....

それでも町は廻っている 第03話 『猫省年』

『目』と『猫少年』。「目+少=省」で猫省年か

『それでも町は廻っている』 第3話 観ました

先生が持ってきた不思議な絵。 先生の祖父が描いた自画像だという二枚のスクエアフォーマットの肖像画ですが… 一枚は普通の自画像だったけど…もう一枚は目が4つあるという不気味な画だった。 いったいこれの意味は? 生真面目な数学教師としては理解し難...

それでも町は廻っている第3話「猫省年」

あの絵、6枚全部そろうと怖いよ・・ 不気味だよ しかも天井にぶら下げるなよ・・・ 余計に客足が遠のいてしまうだろうが たまねぎは冷やしてきるといいのか、ためになった それでも町は廻っている 1 (ヤング

それでも町は廻っている 三番地

それでも町は廻っているの3話は、森秋の祖父が残した作品の謎解きと紺双葉の登場です。

左サイドMenu

カウンター

祝2,000,000Hit達成♪ とうとう大台突破。これも皆様のおかげでございます(o ̄∀ ̄)ノ

カレンダー(月別)

09 ≪│2019/10│≫ 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

ガンダムシリーズ

◆新機動戦記ガンダムW◆

新機動戦記ガンダムW BD-BOX1

OVA・続編含め『新機動戦記ガンダムW』全般を応援してます♪
ガンダムW関連 まとめページ
感想、用語、企画など全ページへのリンクがあります。ご利用ください

2016/05/04 12巻分の用語一部更新しました

《用語》
用語集
ア行
カ行
サ行
タ行
ナ行
ハ行
マ行、ヤ行
ラ行、ワ行
英字行
登録キャラクター名一覧
キャラクター詳細
ア行
カ行
サ行
タ行
ナ行
ハ行
マ行、ヤ行
ラ行、ワ行、英字行

メカニック図鑑
メカニック用語詳細
年表

《企画》
年代考察
勢力図まとめ
AC暦におけるMS史(コラム)

◆ガンダムモビルスーツバイブル◆

GMB001_20190322210057cc3.jpg

まとめページ

◆機動戦士ガンダム00◆

GUNDAM OOQ
用語集などは特にありませんが、劇場版の感想は全十回というボリュームでコラム風に書かせていただきました。よろしければどうぞ。
ガンダム00関連 まとめページ

◆鉄血のオルフェンズ◆

81TuctHvlZL__CR88,0,1536,1536_
各回の感想のまとめだけ。
鉄血のオルフェンズ まとめページ

米山シヲ 応援エリア

◆梅衣堂ひよと旦那様の野望◆

1-2-2

『梅衣堂ひよと旦那様の野望』待望第1巻発売中

月刊少年ガンガンで現在連載中『梅衣堂ひよと旦那様の野望』を応援中。『ブラクロ』と同じように独自用語集も製作中!

公式特設ページ

独自用語集
第1巻

◆ブラッディ・クロス◆

ブラクロサムネ

月刊少年ガンガンで完結した『ブラッディ・クロス』をプッシュしています♪ 独自用語集あります! 

公式特設ページ

独自用語集
キャラ紹介-混血勢力-
キャラ紹介-天使勢力-
キャラ紹介-堕天使勢力-
キャラ紹介-アルカナ-
キャラ紹介-神葬-
キャラ紹介-その他-


最近の記事

最近のコメント

<>+-

最近のトラックバック

メールフォーム

管理人に何か言いたいことがあれば、ここからどうぞ♪

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード

QR

友達申請フォーム

FC2ブログランキング

FC2のブログランキングに参加中♪ 気に入っていただけたなら、一押しして下さい。

FC2ブログランキング

右サイドメニュー

義援金募集

FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして

検索フォーム

管理人から一言

お知らせ

管理人からのお知らせです。

PS4ゲーム『JUDGE EYES:死神の遺言』プレイ中。

『ガンダムW FT』コンテンツは不定期更新です。現在は11巻分までの感想と用語の更新を完了しました。

『ブラッディクロス』全12巻発売中! 用語集更新は全て無事終了致しました。

文庫・単行本(キャラクターノベル含む、ライトノベル含まず)の著者名別リストに移行しました。さすがに増え過ぎた(笑


今期の週間感想予定
日曜日:-
月曜日:-
火曜日:-
水曜日:-
木曜日:-
金曜日:-
土曜日:-
不定期:ピックアップ感想、ゲーム感想、模型関連など


場合によっては急遽順序等の変更もありますが、ご理解いただけますようよろしくお願いします。

管理人プロフィール

月詠

Author:月詠
埼玉県某所在住の34歳社会人。性別♂。名前は「つくよみ」と読む。

世知辛い世の中で嬉しいことも泣きたいこともサブカルチャーたちに救われています
詳細な自己紹介はこちら(2019版)。それ以前のものはこちら

コメント・TB、相互リンク受付中。下記の運営方針に詳細を記載しております。無条件に大歓迎と言うわけではありませんが、大部分の方は歓迎出来るかと思いますw

以下、ショートカット。
◇閲覧上の注意や規約など
Blogの運営方針・利用規約
他のBlog様と大差ない運営・利用規約ですが、初閲覧の方は簡単でも良いので読んで頂けるとありがたいです。閲覧、コメント等される方は利用規約を了承していると判断させていただきますので、「知りませんでした」は通用致しません。


◇アニメについて
アニメの評価について
歴代アニメ評価一覧
アニメアウォーズ! 受賞一覧


◇ゲームについて
ゲームの評価について
歴代ゲーム評価一覧


◇ブックス(本)について
小説の評価について
ブックレビュー一覧
   あ行の著者
   か行の著者
   さ行の著者
   た行の著者
   な行の著者
   は行の著者
   ま行の著者
   や行の著者
   ら行の著者
   わ行の著者
   複数の著者・その他
 文庫・単行本(キャラノベ含む、ラノベ含まず)は上気の著者名別になっています。

◇プラモデルについて
完成品一覧(グレード別)
完成品一覧(シリーズ別)
完成品一覧(トイ、フィギュア等)

◇その他リスト一覧はこちら
テレビ&シネマ
CD&DVD&BD
TYPE-MOON関連

ツリー式カテゴリー

openclose

アニプレッション!!

アニプレッション!!
アニプレッション!!とは

アニプレッション!!は、アニメブロガー達の合同ブログです。アニメについての問題意識・感想・考察・批評等の諸言説を発表し、アニメを語る事の面白さを伝える事が目標です。自分も末席に加えさせていただいております。
現在活動停止です

以下、アニプレッション!!メンバーのBlogです。

相互リンク(更新停止)

残念ながら一年以上の更新がない相互リンク先の方々です。サイト消滅の場合は消させていただきます。いずれまた復活し、交流が持てることを期待しています……