FC2ブログ

刹那的虹色世界

アニメ・ゲームのあらすじを主体とした感想や批評のブログ。時折、日記・声優・コミック・スポーツなど幅広くレビューしています。リンクフリー、相互リンク大歓迎♪

Entries

百花繚乱 サムライガールズ 第3話

百花繚乱 サムライガールズ 第3話
『剣姫(マスターサムライ)の正体』


≪あらすじ≫
豊臣方である幸村と又兵衛には、早々に学園から去らせると言う処分で事は収まった。そして、胸にマスターサムライとしての印を持ちながら、まるで素人な太刀筋しか見せられない十兵衛は、千直々にその正体を探るべく監視として就くことに。

だが、事あるごとに―――素直になれない自分とは対称的に―――宗明にまっすぐな好意を寄せて慕う十兵衛の姿に、千もまた事あるごとに嫉妬してしまう。

そんな折、悪夢にうなされた十兵衛は起きざまに宗明とキスをすることで再び、戦闘力五百萬を誇るマスターサムライ“柳生十兵衛”として覚醒。半蔵、そして千を圧倒する彼女の前に現れたのは、学園を追放されたはずの幸村と又兵衛で―――



≪感想≫
個の力か、戦略か
ジャンルを問わず、戦闘シーンを描く作品にとってある種永遠の宿命とも言うべき命題。チームや部隊編成をした組織、もしくは戦略あるいは戦術すら一個人の力のみで圧倒してしまう展開には、魅入られてしまうだけの魅力がある。一方で、「戦略が戦術に潰されてたまるものか」と口にした主人公が居たように、本来、人ないし兵器含めて、一個人・単体としての力が数の暴力・綿密に計算し尽くされた戦略に負けることはあまりあり得ない。

こと、圧倒的なスペックを持つキャラないしメカが出る戦闘においては、そのバランスが極めて難しい。その圧倒的な力を魅せる為には、大部隊を一人で片づけてみたり、あるいは山一個を破壊して見たりと言う常軌を逸した演出が効果的なことに対して、上で挙げたように綿密に練られた戦略に負けてしまうことはリアリティあるいは臨場感・緊迫感といったものに乏しくなってしまう可能性が出る。

前者が良いのか、後者が良いのかは作品あるいは作品内においても場面場面で違うと思うので、それについての議論はさておいて、今回は(今回も、だが)前者であったと言えるだろう。


真田流軍略と言うからには、そのいかにも軍略家っぽい容姿からしても綿密に練られた戦略があるのだろうと思って見ていたが、思いの外あっさりしていた上に策略がわずか一段構えであったことに、やや肩透かしを覚えてしまう。ただ、それはその後への布石と考えれば、とりあえず今回のところはこの程度、と言うことなのだろう。

やはり見せ場は、1話のアバン、2話のAパートに続いて、圧倒的な力を見せつけた柳生十兵衛。その中身はともかくとして、千の心理描写を見透かし巧みに羞恥心を利用する聡明さ、そして真田の軍略を寄せ付けない圧倒的なパワー、それでもそこに嫌味を感じさせない又兵衛にすら引けを取らない“サムライ”としての魂。

策略を意にも介さない圧倒的なスペックに、思わず心奪われてしまう。予定調和と言えば予定調和かもしれないが、この手の展開は昨今、圧倒的な力を持つ者の“奢り”を利用し、策略を立てる側にたいてい勝利が転がってしまうことを考えれば、最後まで十兵衛に圧倒させたことは個人的に大満足。


謎だらけながら圧倒的な力を持つ主役を中心に物語が進む。
このスタイルは、今期で言えば『STAR DRIVER 輝きのタクト』に一番近いのだろう(そもそも戦闘をするアニメが少ないから選択肢そのものが限られる)。もちろん、同一として比較出来るようなものではない。生身とロボット、あるいは上記で挙げたように個の力と戦略と言う点でどうなるかも解らないわけだし。

ただ、あくまで大枠としての形として似ている印象をその部分においては受けた。TBや記事数を見ると、あまり良い滑り出しではないのかもしれない本作だが、個人的には最後まで注目して観ていきたい。




心躍らせる“歪さ”
最後に少しだけ。ちょっとした小話(ぇ

本作、誰でも解るだろうが、徳川が日本と言う国の実質的トップに居て、それに敵対する勢力として豊臣が存在する構図は、中世日本に通じるものがある。
そうなると、イメージで言えば徳川が“善”であり、豊臣が“悪”であることが多いが、本作はそれに対して真逆の演出をしているように思える。

そもそも、中世らしさを演出する為だろうが、“墨”を使った演出が圧倒的に多い本作。当然、十兵衛が覚醒した際の圧倒的な力の奔流やオーラと言ったものにも使われており、非常に“悪魔的”な演出が目立つ。

一方で、今回、魔を祓う為の奥義を使用した幸村。その描写は、魔法演出としてはある意味お馴染みの魔法陣が展開されるもので、その演出に関しては“光”を使った演出をしている。魔を祓うと言う術の特性から考えても、ここでは“神聖”なイメージを受ける。

本来ならばこれは逆なのだろう。

徳川が代々将となり管理してきたマスターサムライの描写こそが光であるべきで神聖的であるべきであり、徳川に弓を引いた豊臣方こそが墨であるべきで悪魔的であるべきだ。

だが、生徒会長を務める千の兄の暴君的な振る舞いを含め、徳川方のマスターサムライが悪魔的に描写され、豊臣方である幸村たちの描写が神聖的に描かれることに、本来持つイメージと作中のイメージの間に生じる歪さを感じずにはいられないし、そうした部分に心躍ってしまう。



第4話『ねえ忠してよ?』



≪TB先 参照リンク(URLアルファベット順)≫
赤字はTBが現在弾かれてしまっているBlog様です。
現在、yahoo系、nifty系、so-net系はほぼ全滅。楽天系は調子がいいと送れます。

※楽天系は文字化けしておりますm(_ _)m

・http://ameblo.jp/adam/entry-10683645741.html
・http://ameblo.jp/norarin-house/entry-10680670648.html
・http://animeyotabanashi.blog63.fc2.com/blog-entry-456.html
・http://aquamarine1030.blog75.fc2.com/blog-entry-1112.html
・http://aragaiaragai.blog133.fc2.com/blog-entry-83.html
・http://blog.goo.ne.jp/cuzmachupichu/e/b76dc220a5ac691fe0e2
401b7176cf2d
・http://blog.livedoor.jp/kansaianime/archives/51632736.html
・http://blog.livedoor.jp/koubow20053/archives/51627250.html
・http://blog.livedoor.jp/superunkman/archives/50725605.html
・http://coffeemonster.at.webry.info/201010/article_36.html
・http://darknsv.blog31.fc2.com/blog-entry-293.html
・http://futokoro0000.blog129.fc2.com/blog-entry-126.html
・http://gomarz.blog.so-net.ne.jp/2010-10-20-1
・http://hienkyaku.blog50.fc2.com/blog-entry-1481.html
・http://nextsociety.blog102.fc2.com/blog-entry-1086.html
・http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201010180002/
・http://plaza.rakuten.co.jp/cherokato/diary/201010180000/
・http://seraraku2.blog59.fc2.com/blog-entry-4985.html
・http://shino134.blog22.fc2.com/blog-entry-836.html
・http://sironsiron.blog70.fc2.com/blog-entry-574.html
・http://sorakakeruhosi.blog109.fc2.com/blog-entry-2478.html
・http://sumi4460.blog63.fc2.com/blog-entry-2469.html
・http://tenmasanblog.blog112.fc2.com/blog-entry-1024.html
・http://vividstation.blog99.fc2.com/blog-entry-692.html
・http://vnr2034.blog133.fc2.com/blog-entry-400.html

もしよろしければ、拍手ボタンをポチッと押して下さいm(_ _)m 管理人のモチベーションが上がります(ぉ

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

Trackback

トラックバック URL
»»この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

百花繚乱 サムライガールズ 第3話「剣姫(マスターサムライ)の正体」

しっかりとドラマがあって一安心。

「百花繚乱サムライガールズ」第3話

  第参話「剣姫の正体」突然、気絶した十兵衛。その後、目覚めた彼女はまるで別人で、剣の腕は素人以下、覚えているのは自分の生と宗朗が“お兄ちゃん”だということだけだった・...

百花繚乱 サムライガールズ 3話「剣姫の正体」(アニメ感想)

空から降ってきた柳生十兵衛、彼女の正体とは? 十兵衛の正体を突き止めようとする真田幸村と又兵衛 彼女達の闘いが今此処に始まる!! ...

百花繚乱 サムライガールズ 第3話 「剣姫(マスターサムライ)の正体」 感想

体の一部に剣姫の証拠である"しるし"を持っていた十兵衛。 だが、剣術は素人以下、覚えているのは自身の名前と宗朗が"お兄ちゃん"で ある...

結局謎は謎のまま… 百花繚乱サムライガールズ 第3話

戦闘力はやっぱり500万か・・・

百花繚乱 サムライガールズ 第3話「剣姫(マスターサムライ)の正体」

普段の十兵衛ちゃんの剣術はずぶの素人。 しかし彼女にはマスターサムライの印が。 くぎゅ村には思うところがあった! 宗朗とは会わなかったことに…追放処分になってしまうくぎゅ村と又兵衛。 十兵衛ちゃんうりゅうりゅ。 わがままこの上なしの千姫。 右へ...

百花繚乱 サムライガールズ 3話

オレの妹がマスターサムライなわけがない。というわけで、「百花繚乱 サムライガールズ」3話魔改造道場の巻。千姫ェ…嫉妬深いってレベルじゃねーぞ。ツンツンしてるだけならかわ...

百花繚乱 サムライガールズ 第3話 「剣姫(マスターサムライ)の正体」

十兵衛ちゃんは妹属性キャラだった?(^^;  マスターサムライの戦闘力も無くなり素人同然。 宗朗を慕い離れようとしない…。 謎だらけ...

百花繚乱 SAMURAI GIRLS #03 剣姫の正体 2chの反応

ロザバンみたいな二重人格だな 百花繚乱 サムライガールズ 第一巻 [Blu-ray](2010/11/25)悠木碧平川大輔商品詳細を見る百花繚乱 SAMURAI GIRLS #03 剣姫...

(アニメ感想)百花繚乱 サムライガールズ 第03話「剣姫(マスターサムライ)の正体」

あらすじ 純真無垢な顔、そして恐るべき力を持つマスターサムライとしての顔、二つの顔を持つ少女柳生十兵衛。果たして本当の顔はどちらなの...

【百花繚乱サムライガールズ 第3話-剣姫(マスターサムライ)の正体】

ベータさんまぶしいです・・・。

百花繚乱 サムライガールズ 第03話 『剣姫の正体』

© 2009 すずきあきら・ホビージャパン/百花繚乱パートナーズ 柳生 十兵衛 三厳の覚醒はいつになれば.... 今回もアニメは全体的に暗い感じです...

百花繚乱サムライガールズ第3話「剣姫(マス...

「(演技力の)嫉妬、己の醜い情念さえ殺せぬ未熟者に国(事務所)をしょって立つことなど出来ようか」「(声優ネタやんなよ・・・・)」アームスが安定しとるぅぅぅwww作画は安定、話も...

百花繚乱 サムライガールズ 第参話 剣姫(マスターサムライ)の正体 レビュー キャプ

十兵衛の胸の谷間に、マスターサムライの証拠である "しるし"があったものの、又兵衛との手合わせなんかを見る限り 普段の十兵衛の剣術は素人そのもの、しかもなんか雰囲気自体が 幼い感じで、とてもマスターサムライの器だと思えない。 ところで十兵衛の将は誰なんだろ

百花繚乱サムライガールズ 第03話

(心情を知ると素直に萌えられねえ) 百花繚乱サムライガールズ 第03話 の所感です。

百花繚乱 サムライガールズ 第3話 「剣姫(マスターサムライ)の正体」 感想

「十兵衛の正体は・・・ ワンちゃんでぇ~す!」 百花繚乱 サムライガールズ 第一巻 [Blu-ray](2010/11/25)悠木碧平川大輔商品詳細を見る

百花繚乱 サムライガールズ 第3話 (レビュー/感想)

第3話 『剣姫(マスターサムライ)の正体』

百花繚乱 サムライガールズ 第三話 剣姫の正体  感想

あれですよね、 千ちゃんのおっぱいって、柔らかそうですよね( `・ω・´) つーか、パンツとニーソだけって、またマニアックな。 あと、な...

百花繚乱 サムライガールズ 第参話「剣姫(マスターサムライ)の正体」

柳生十兵衛女の胸に剣姫(マスターサムライ)の“しるし”があった事で、彼女が剣姫(マスターサムライ)である事は確定だが、普段の十兵衛は剣を持たせても完全な素人。徳川将軍家の人間が、江戸城儀式の間でしか生み出せない筈の剣姫(マスターサムライ)にどのようにし...

百花繚乱・・・第3回「剣姫の正体」

総評! 結局正体はわからず? 順調にゆっくり話が進んでいるようで。今回は十兵衛ちゃんの正体についてあーでもないこーでもない。で、姫が嫉妬であーしてこーして。まあなんだ。良い...

百花繚乱サムライガールズ 第03話 「剣姫の正体」

大門ダヨ 結局私が記事を・・・ 前回は 十兵衛に「マスターサムライ」の印見つけたとこまで

百花繚乱サムライガールズ 第参話感想

『剣姫の正体』 3話にして早々に十兵衛の正体が明かされる! マスターサムライ十兵衛の正体は! ワンちゃんで~~~~~~~す!

サムライガール&疾風伝&SPEC

サムライガールは十兵衛が魔じゃなく 宗郎&十兵衛マスターサムライも 千姫も見れて良い感じだったけど ...

サムライガール&疾風伝&SPEC

サムライガールは十兵衛が魔じゃなく 宗郎&十兵衛マスターサムライも 千姫も見れて良い感じだったけど

左サイドMenu

カウンター

祝2,000,000Hit達成♪ とうとう大台突破。これも皆様のおかげでございます(o ̄∀ ̄)ノ

カレンダー(月別)

11 ≪│2019/12│≫ 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

ガンダムシリーズ

◆新機動戦記ガンダムW◆

新機動戦記ガンダムW BD-BOX1

OVA・続編含め『新機動戦記ガンダムW』全般を応援してます♪
ガンダムW関連 まとめページ
感想、用語、企画など全ページへのリンクがあります。ご利用ください

2016/05/04 12巻分の用語一部更新しました

《用語》
用語集
ア行
カ行
サ行
タ行
ナ行
ハ行
マ行、ヤ行
ラ行、ワ行
英字行
登録キャラクター名一覧
キャラクター詳細
ア行
カ行
サ行
タ行
ナ行
ハ行
マ行、ヤ行
ラ行、ワ行、英字行

メカニック図鑑
メカニック用語詳細
年表

《企画》
年代考察
勢力図まとめ
AC暦におけるMS史(コラム)

◆Gジェネクロスレイズ◆

GCR119.jpg

まとめページ

◆ガンダムモビルスーツバイブル◆

GMB001_20190322210057cc3.jpg

まとめページ

◆機動戦士ガンダム00◆

GUNDAM OOQ
用語集などは特にありませんが、劇場版の感想は全十回というボリュームでコラム風に書かせていただきました。よろしければどうぞ。
ガンダム00関連 まとめページ

◆鉄血のオルフェンズ◆

81TuctHvlZL__CR88,0,1536,1536_
各回の感想のまとめだけ。
鉄血のオルフェンズ まとめページ

米山シヲ 応援エリア

◆梅衣堂ひよと旦那様の野望◆

1-2-2

『梅衣堂ひよと旦那様の野望』待望第1巻発売中

月刊少年ガンガンで現在連載中『梅衣堂ひよと旦那様の野望』を応援中。『ブラクロ』と同じように独自用語集も製作中!

公式特設ページ

独自用語集
第1巻

◆ブラッディ・クロス◆

ブラクロサムネ

月刊少年ガンガンで完結した『ブラッディ・クロス』をプッシュしています♪ 独自用語集あります! 

公式特設ページ

独自用語集
キャラ紹介-混血勢力-
キャラ紹介-天使勢力-
キャラ紹介-堕天使勢力-
キャラ紹介-アルカナ-
キャラ紹介-神葬-
キャラ紹介-その他-


最近の記事

最近のコメント

<>+-

最近のトラックバック

メールフォーム

管理人に何か言いたいことがあれば、ここからどうぞ♪

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード

QR

友達申請フォーム

FC2ブログランキング

FC2のブログランキングに参加中♪ 気に入っていただけたなら、一押しして下さい。

FC2ブログランキング

右サイドメニュー

義援金募集

FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして

検索フォーム

管理人から一言

お知らせ

管理人からのお知らせです。

PS4ゲーム『JUDGE EYES:死神の遺言』プレイ中。

『ガンダムW FT』コンテンツは不定期更新です。現在は11巻分までの感想と用語の更新を完了しました。

『ブラッディクロス』全12巻発売中! 用語集更新は全て無事終了致しました。

文庫・単行本(キャラクターノベル含む、ライトノベル含まず)の著者名別リストに移行しました。さすがに増え過ぎた(笑


今期の週間感想予定
日曜日:-
月曜日:-
火曜日:-
水曜日:-
木曜日:-
金曜日:-
土曜日:-
不定期:ピックアップ感想、ゲーム感想、模型関連など


場合によっては急遽順序等の変更もありますが、ご理解いただけますようよろしくお願いします。

管理人プロフィール

月詠

Author:月詠
埼玉県某所在住の34歳社会人。性別♂。名前は「つくよみ」と読む。

世知辛い世の中で嬉しいことも泣きたいこともサブカルチャーたちに救われています
詳細な自己紹介はこちら(2019版)。それ以前のものはこちら

コメント・TB、相互リンク受付中。下記の運営方針に詳細を記載しております。無条件に大歓迎と言うわけではありませんが、大部分の方は歓迎出来るかと思いますw

以下、ショートカット。
◇閲覧上の注意や規約など
Blogの運営方針・利用規約
他のBlog様と大差ない運営・利用規約ですが、初閲覧の方は簡単でも良いので読んで頂けるとありがたいです。閲覧、コメント等される方は利用規約を了承していると判断させていただきますので、「知りませんでした」は通用致しません。


◇アニメについて
アニメの評価について
歴代アニメ評価一覧
アニメアウォーズ! 受賞一覧


◇ゲームについて
ゲームの評価について
歴代ゲーム評価一覧


◇ブックス(本)について
小説の評価について
ブックレビュー一覧
   あ行の著者
   か行の著者
   さ行の著者
   た行の著者
   な行の著者
   は行の著者
   ま行の著者
   や行の著者
   ら行の著者
   わ行の著者
   複数の著者・その他
 文庫・単行本(キャラノベ含む、ラノベ含まず)は上気の著者名別になっています。

◇プラモデルについて
完成品一覧(グレード別)
完成品一覧(シリーズ別)
完成品一覧(トイ、フィギュア等)

◇その他リスト一覧はこちら
テレビ&シネマ
CD&DVD&BD
TYPE-MOON関連

ツリー式カテゴリー

openclose

アニプレッション!!

アニプレッション!!
アニプレッション!!とは

アニプレッション!!は、アニメブロガー達の合同ブログです。アニメについての問題意識・感想・考察・批評等の諸言説を発表し、アニメを語る事の面白さを伝える事が目標です。自分も末席に加えさせていただいております。
現在活動停止です

以下、アニプレッション!!メンバーのBlogです。

相互リンク(更新停止)

残念ながら一年以上の更新がない相互リンク先の方々です。サイト消滅の場合は消させていただきます。いずれまた復活し、交流が持てることを期待しています……