FC2ブログ

刹那的虹色世界

アニメ・ゲームのあらすじを主体とした感想や批評のブログ。時折、日記・声優・コミック・スポーツなど幅広くレビューしています。リンクフリー、相互リンク大歓迎♪

Entries

刀語 第10話

刀語 第10話
『誠刀・銓』


≪あらすじ≫
伝説の刀鍜治、四季崎記紀がその人生を賭けて鍛えた完成形変体刀十二本を求め、無刀の剣士である虚刀流七代目当主・鑢七花(やすり・しちか)と美貌の奇策士・とがめが征く、刀集めの旅。

十本目の変体刀『誠刀・銓』は彼我木輪廻(ひがき・りんね)を名乗る仙人が保有していることが明らかになった。だが、仙人・彼我木輪廻は相手の苦手意識を反映した姿と言動を取る不可思議な相手であった。

彼我木輪廻は、とがめに誠刀・銓は地中に埋めたとして、勝手に掘り出して持って行って良いと告げる―――だたし、それはとがめ一人で。
珍しくとがめは奇策を講じることもなく、せっせと穴を掘り続ける。

それに対して七花は単身、こなゆきと姉・七実を併せ持ったような容姿に見える彼我木輪廻と対峙する。彼我木輪廻は「そろそろここで七花君も苦手を克服しないといけない」と告げて来て―――



≪感想≫

最後のレベルアップ?
一時、シューティングだったり、アドベンチャーだったりとゲーム的描写の要素も多くみられた本作。それらが示したように、この作品はとてもゲーム的な感覚を受ける。
そもそもの目的として、十二本の完成形変体刀を集める為にMAPを動き回り、刀を持つボスと戦って、勝って刀を集めると言う発想が、例えばロックアン的なゲームの要素に近いと言えるだろう。

その中で、今回は過去二回と比較して、一気にグッと引き締まったシリアス色の強いモノとなった。月一とはいえ、さすがに三回連続でラブコメ展開では飽きが来そうなところだったので良い展開なのだろう。原作通りのはずなので、この辺りはさすが西尾維新さんと言ったところか。

ゲーム的な部分で言えば、ラスボスになるであろう否定姫Sideや真庭鳳凰との決戦の前における最後のレベルアップになるのだと思う。しかも、そこをゲーム的なパワーアップとするのではなく、アニメ・ラノベ的な精神的な成長をレベルアップに見立てるところが、良い。


苦手意識に向き合うと、これ以上無くシンプルに問題提起してきた序盤。普段なら七花が穴を掘って、とがめが輪廻と向き合うところだろう。だが、そこで逆に七花が輪廻と向き合うことで、さらにシンプルに描けたと思う。
実直でまっすぐな七花が、掴みどころの無い輪廻と向き合うところの、チグハグさ、凸凹さ、そこを突き抜けた時に見える“明快さ”が面白味を増す。

放送に時差がありそうなので、具体的に苦手意識が何だったのかと言う部分への言及は避けるとして、単純明快なほどの精神的な成長を促す、クライマックスへの加速へ期待出来る話だったと思う。



以下、虚刀流に関するネタバレ領域
虚刀流が実は、四季崎記紀が十二本の完成形変体刀と言う秀作を経て作られた完了形変体刀と言う真実。こうしたところで、本来蚊帳の外であったはずの七花が、実はとがめの変体刀集めにも大きく絡んでいたことが明らかになった。

その点で言えば、虚刀流はその事実を知ってか知らずか、四季崎記紀の呪いとも言うべき部分を継承していると言えるだろう。

七実が自身を“刀”と言った辺りは、ここを如実に示していると言える。また、七花が刀を手にすると弱くなると言う部分もまた、虚刀流としての在り方を示すものなのだと思う。

つまり、虚刀流とはその流派と使い手そのものが完了形変体“刀”なのである。武器である刀が、武器である刀を使うことは出来ない。刀は武器であり、道具であるわけだから、使われてこそ初めて真価が発揮される。虚刀流は使い手ではない。武器である。
そうした部分を改めて強く思い起こされた。


それと同時に思うのは、七実に勝てた七花の感情である。


そこが、輪廻が「その頃になると完了形変体刀も完成に近づいていたみたいだね」と口にした点だろう。武器として流派を磨き、発展させ、それを後継に継承させることで完成度を代を増すごとに高めると同時に、虚刀流の“使い手としての在り方”が習熟していくところなのだと思う。

結局のところ、虚刀流は武器であり刀でもあるけれど、七花がとがめに出逢えたように優れた“使い手”に巡り合えるとは限らないし、刀であるが人の器でもある以上、そこに人としての精神の極みを要するのだろう。
武器は意思を持たない。
でも、その枠を超えたところに、虚刀流の真価は在る気がする。

その点で、七花は少しずつその境地に達しようとしているのかもしれない。




≪TB先 参照リンク(URLアルファベット順)≫
赤字はTBが現在弾かれてしまっているBlog様です。
現在、yahoo系、nifty系、so-net系はほぼ全滅。楽天系は調子がいいと送れます。

・http://2009nenaki.blog11.fc2.com/blog-entry-401.html
・http://28903894.at.webry.info/201010/article_51.html
・http://animedouganews.blog44.fc2.com/blog-entry-1488.html
・http://aniponda.blog119.fc2.com/blog-entry-637.html
・http://blog.goo.ne.jp/sakino-k/e/850a0ee960070090c5ee70d6
6404a108
・http://blog.goo.ne.jp/since2005my_secret_garden/e/e85a525
807d40134737b489209cdacbf
・http://blog.livedoor.jp/geallza/archives/51141824.html
・http://blog.livedoor.jp/kansaianime/archives/51631553.html
・http://blog.livedoor.jp/kotarou_break/archives/3041965.html
・http://blog.livedoor.jp/koubow20053/archives/51626522.html
・http://blog.livedoor.jp/voler/archives/52696464.html
・http://coffeemonster.at.webry.info/201010/article_31.html
・http://fovsaikou.blog129.fc2.com/blog-entry-501.html
・http://haruhiism.blogism.jp/archives/51508924.html
・http://harutoki2.blog18.fc2.com/blog-entry-2116.html
・http://hienkyaku.blog50.fc2.com/blog-entry-1477.html
・http://kagura77.blog99.fc2.com/blog-entry-2489.html
・http://kazekura.seesaa.net/article/165987244.html
・http://kouyanoblog.blog61.fc2.com/blog-entry-3405.html
・http://lune.at.webry.info/201010/article_39.html
・http://merkmals.blog31.fc2.com/blog-entry-1396.html
・http://monochromenote.blog114.fc2.com/blog-entry-1124.html
・http://myuvi.blog59.fc2.com/blog-entry-261.html
・http://nextsociety.blog102.fc2.com/blog-entry-1079.html
・http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201010160002/
・http://plaza.rakuten.co.jp/oboro1964/diary/201010160002/

・http://sagaturedure.blog31.fc2.com/blog-entry-4300.html
・http://seeing04.blog39.fc2.com/blog-entry-1691.html
・http://seraraku2.blog59.fc2.com/blog-entry-4979.html
・http://shino134.blog22.fc2.com/blog-entry-833.html
・http://sironsiron.blog70.fc2.com/blog-entry-563.html
・http://sorakakeruhosi.blog109.fc2.com/blog-entry-2008.html
・http://soraxcan.blog59.fc2.com/blog-entry-2156.html
・http://strawcat.blog12.fc2.com/blog-entry-2689.html
・http://takaoadventure.blog98.fc2.com/blog-entry-2016.html
・http://xenograft.blog58.fc2.com/blog-entry-211.html
・http://xenograft.blog58.fc2.com/blog-entry-212.html
・http://yamitarou.blog75.fc2.com/blog-entry-2383.html
・http://yusyu.blog34.fc2.com/blog-entry-642.html
・http://zassyokukei.blog91.fc2.com/blog-entry-280.html

もしよろしければ、拍手ボタンをポチッと押して下さいm(_ _)m 管理人のモチベーションが上がります(ぉ

Comment

 

作者は刀語がCAPCOMから格ゲー化の話が来て欲しかったらしく巻末にキャラのプロと一緒に技とコマンド一覧を載せていたので考察は的を射ていたと思います。
  • posted by 輪廻の弟子 
  • URL 
  • 2010.10/16 20:52分 
  • [Edit]
  • [Res]

>輪廻の弟子さん 

コメントありがとうございます。

>作者は刀語がCAPCOMから格ゲー化の話が来て欲しかったらしく
おおっ、そうなのですか。でも、格ゲーだととがめは活躍出来ないですね(笑

ゲーム的要素で言えばロックマンに近いかなとも思ってますが、「うたわれるもの」に近いSLGの方が向いているかも?
  • posted by 月詠 
  • URL 
  • 2010.10/16 21:28分 
  • [Edit]
  • [Res]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

Trackback

トラックバック URL
»»この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

「刀語」第10話

第10話「誠刀・銓」十本目の変体刀、誠刀・銓。そのありかは、過去を捨てたとがめにとっての因縁の地だった。そこは、先の大乱を導いたとがめの父・飛騨鷹比等が、七花の父・鑢六...

刀語 第10話 「誠刀・銓」

人の一生は重荷を負うて遠き道を行くが如し

刀語(カタナガタリ) 第1話   ~ 第10話 誠刀・銓 セイトウ・ハカリ

刀語(カタナガタリ) 第1話   ~第10話 誠刀・銓 セイトウ・ハカリ 伝説の刀鍜治、四季崎記紀がその人生を賭けて鍛えた十二本の“刀”を...

『刀語』第10話感想

自分の頭の悪さを痛感した第10話。 む~~~~。 【あらすじ】 次なる刀に関するある情報を頼りに、陸奥の百刑場へと向かう二人。 そこ...

刀語 10話

1時間フォーマットでこの内容はさすがにきつい…というわけで、「刀語」10話禅問答の巻。とがめさんと七花の目的とは何だったか。無論、四季崎記紀が作りし完成形変体刀十二本の蒐...

刀語 第十話 「誠刀・銓」

達すべきは勝利ではない。

刀語 第10話「誠刀・銓」

仙人のキャラがすごく良かった。こういう道化的なキャラクターは大事。

刀語 #10 誠刀・銓 2chの反応

もぐもぐとがめの可愛さは異常 刀語 第十話 誠刀・銓 (講談社BOX)(2007/10/02)西尾 維新竹商品詳細を見る刀語 #10 誠刀・銓

刀語 第10話「誠刀・銓」

『次なる刀に関するある情報を頼りに、陸奥の百刑場へと向かう二人。 そこは、今は何も無い原っぱだが、とがめにとって因縁深い場所であった...

『刀語』#10「誠刀・銓」

「君はここらで、 自分の苦手意識と向き合うことが必要だろう」 仙人 VS 無刀 10本目の刀「誠刀・栓」を求めて陸奥の百刑場へやってきた...

刀語 第十話 誠刀・銓

 ちょっと難しいお話ですね。輪廻みたいなのがいたら頭痛くなりそうです。

刀語 第10話 「誠刀・銓」

いよいよ1年にわたる刀蒐集の旅もまとめの弾に入ってきました。 とがめと七花は自分が苦手とするもの――心に封じた過去と向き合うことを強...

刀語 第10話「誠刀・銓」

刀語 第七巻 悪刀・鐚(完全生産限定版) [Blu-ray](2010/10/06)細谷佳正田村ゆかり商品詳細を見る  仙人である彼我木輪廻が相手な為に、七花もとがめ...

刀語 10話『誠刀・銓』

とがめは嫌な夢を見て苦しむ……

刀語 第10話 「誠刀・銓」 (アニメ感想)

結論:とがめは良いです。 一生懸命生きる姿勢に心打たれるのでしょうね。 今回よかったのは番組後半、全てが終わったかごめが空を2回見...

刀語 第10話 感想

 刀語  第10話 『誠刀・銓』 感想  次のページへ

刀語  第10話 「誠刀・銓」 感想

「僕は君のことが、大好きだった」 刀語 第十話 誠刀・銓 (講談社BOX)(2007/10/02)西尾 維新竹商品詳細を見る

(感想)刀語 第10話「誠刀・銓」

刀語 第10話 「誠刀・銓」 "向き合い、受け入れること"がテーマでしたね。

刀語 第十話 「 誠刀・銓(セイトウ・ハカリ)」

完了形変体刀 完成手前 うけけけけっけけ 刀語10話

刀語 第10話「誠刀・銓」

向き合うは自分自身。 敵を倒すのではなく自分を測るのが今回のお話でした。 刀語 第七巻 悪刀・鐚(完全生産限定版) [Blu-ray](2010/10/06)細谷佳正...

(アニメ感想) 刀語 第10話 「誠刀・銓」

刀語 第八巻 / 微刀・釵 【完全生産限定版】 [Blu-ray]クチコミを見る 次なる刀に関するある情報を頼りに、陸奥の百刑場へと向かう二人。 そこは、今は何も無い原っぱだが、とがめにとって因縁深い場所であった。 そして二人はその百刑場で、誠刀・銓の所有者である彼我...

刀語 第10話 「誠刀・銓」

刀語 第10話 「誠刀・銓」

刀語 10話 「誠刀・銓」 感想!

己の強さと弱さと信念の先に

刀語 第十話『誠刀 銓(セイトウ・ハカリ)』

前回、残り10分で録画をミスったため更新しとらん刀語ですが… 斬愧が生きてるようで何より~ぃ! でも冒頭から弱りまくってるとがめは心臓に悪かったっす。 刀語 第十巻 / 誠刀・銓 【完全生産限定版】 [Blu-ray]出版社/メーカー: アニプレックスメディア: Blu-ray

刀語 第10話 「誠刀・銓(セイトウ・ハカリ)」 感想

仙人 VS 無刀 次なる刀に関するある情報を頼りに、陸奥の百刑場へと向かう二人。 そこは、今は何も無い原っぱだが、とがめにとって因縁深...

刀語#10「誠刀・銓」感想

自分と向き合え。刃の無い太刀、残された鞘。「誠刀・銓」仙人VS無刀次なる刀に関するある情報を頼りに、陸奥の百刑場へと向かう二人。そこは、今は何も無い原っぱだが、とがめにと...

刀語 第十話 「誠刀・銓(セイトウ・ハカリ)」

鏡よ鏡よ鏡さん。それはうそ偽り無く自分を映してしまうもの。 そして次々と明かされる事実にいよいよ大詰めが近いのを感じました。

刀語 第10話 「誠刀「銓」 感想

 月1放送の刀語。ですが今回は今までのように対戦相手と戦うというわけではなく、自分自身と向き合う話になるようで…。これまで観てきた分、色々感じる事もあって面白かったです。これまでの刀語とは一味違う回でした。

刀語 10

第10話 「誠刀・銓」さて、そろそろ終わりも見えてきました。大河アニメという今までにない発想で毎月放送された今作品、作画も慣れてしまえばむしろ好ましく思えるし、真面目一辺倒...

十三本目の刀

{/hiyoko_cloud/}リサイクル! 予定は『それ町』だったんですが、 月1なんで『刀語』優先しちゃいました^^; 『刀語』 第十話 誠刀・銓(セイトウ・ハカリ) モノクロの風景。 七花は荒涼とした土地で、雨風の中立っていた。 とがめは穴の中、土を掘っていた。 シ...

刀語 第10話 『誠刀・銓』 感想

変体刀の持ち主は、常に刀の性質を反映していますが、「相手を移す鏡」という仙人は、まさに 『誠刀・銓』の持ち主にふさわしい。刀語 第...

「ギャラが一番高い声優が犯人役」(それ町とか刀語とか)

【アマガミSS 第15話】七咲逢編第3話。前半は遊園地へのデート編。後半は大会メンバーの選から漏れ、傷心の七咲さんを慰める編。ホラーハウス(?)に入った後、七咲さんが味噌ラーメンに変わってしまったあたりはかなりシュールでしたね。何故に味噌ラーメンとか思いま

刀語 第10話「誠刀・銓」

「もぐもぐとがめの可愛さは異常」パスワード吹いたw

左サイドMenu

カウンター

祝2,000,000Hit達成♪ とうとう大台突破。これも皆様のおかげでございます(o ̄∀ ̄)ノ

カレンダー(月別)

05 ≪│2020/06│≫ 07
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

ガンダムシリーズ

◆新機動戦記ガンダムW◆

新機動戦記ガンダムW BD-BOX1

OVA・続編含め『新機動戦記ガンダムW』全般を応援してます♪
ガンダムW関連 まとめページ
感想、用語、企画など全ページへのリンクがあります。ご利用ください

2016/05/04 12巻分の用語一部更新しました

《用語》
用語集
ア行
カ行
サ行
タ行
ナ行
ハ行
マ行、ヤ行
ラ行、ワ行
英字行
登録キャラクター名一覧
キャラクター詳細
ア行
カ行
サ行
タ行
ナ行
ハ行
マ行、ヤ行
ラ行、ワ行、英字行

メカニック図鑑
メカニック用語詳細
年表

《企画》
年代考察
勢力図まとめ
AC暦におけるMS史(コラム)

◆Gジェネクロスレイズ◆

GCR119.jpg

まとめページ

◆ガンダムモビルスーツバイブル◆

GMB001_20190322210057cc3.jpg

まとめページ

◆機動戦士ガンダム00◆

GUNDAM OOQ
用語集などは特にありませんが、劇場版の感想は全十回というボリュームでコラム風に書かせていただきました。よろしければどうぞ。
ガンダム00関連 まとめページ

◆鉄血のオルフェンズ◆

81TuctHvlZL__CR88,0,1536,1536_
各回の感想のまとめだけ。
鉄血のオルフェンズ まとめページ

米山シヲ 応援エリア

◆梅衣堂ひよと旦那様の野望◆

1-2-2

『梅衣堂ひよと旦那様の野望』待望第1巻発売中

月刊少年ガンガンで現在連載中『梅衣堂ひよと旦那様の野望』を応援中。『ブラクロ』と同じように独自用語集も製作中!

公式特設ページ

独自用語集
第1巻

◆ブラッディ・クロス◆

ブラクロサムネ

月刊少年ガンガンで完結した『ブラッディ・クロス』をプッシュしています♪ 独自用語集あります! 

公式特設ページ

独自用語集
キャラ紹介-混血勢力-
キャラ紹介-天使勢力-
キャラ紹介-堕天使勢力-
キャラ紹介-アルカナ-
キャラ紹介-神葬-
キャラ紹介-その他-


最近の記事

最近のコメント

<>+-

最近のトラックバック

メールフォーム

管理人に何か言いたいことがあれば、ここからどうぞ♪

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード

QR

友達申請フォーム

FC2ブログランキング

FC2のブログランキングに参加中♪ 気に入っていただけたなら、一押しして下さい。

FC2ブログランキング

右サイドメニュー

義援金募集

FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして

検索フォーム

管理人から一言

お知らせ

管理人からのお知らせです。

PS4ゲーム『JUDGE EYES:死神の遺言』プレイ中。

『ガンダムW FT』コンテンツは不定期更新です。現在は11巻分までの感想と用語の更新を完了しました。

『ブラッディクロス』全12巻発売中! 用語集更新は全て無事終了致しました。

文庫・単行本(キャラクターノベル含む、ライトノベル含まず)の著者名別リストに移行しました。さすがに増え過ぎた(笑


今期の週間感想予定
日曜日:-
月曜日:-
火曜日:-
水曜日:-
木曜日:-
金曜日:-
土曜日:-
不定期:ピックアップ感想、ゲーム感想、模型関連など


場合によっては急遽順序等の変更もありますが、ご理解いただけますようよろしくお願いします。

管理人プロフィール

月詠

Author:月詠
埼玉県某所在住の34歳社会人。性別♂。名前は「つくよみ」と読む。

世知辛い世の中で嬉しいことも泣きたいこともサブカルチャーたちに救われています
詳細な自己紹介はこちら(2019版)。それ以前のものはこちら

コメント・TB、相互リンク受付中。下記の運営方針に詳細を記載しております。無条件に大歓迎と言うわけではありませんが、大部分の方は歓迎出来るかと思いますw

以下、ショートカット。
◇閲覧上の注意や規約など
Blogの運営方針・利用規約
他のBlog様と大差ない運営・利用規約ですが、初閲覧の方は簡単でも良いので読んで頂けるとありがたいです。閲覧、コメント等される方は利用規約を了承していると判断させていただきますので、「知りませんでした」は通用致しません。


◇アニメについて
アニメの評価について
歴代アニメ評価一覧
アニメアウォーズ! 受賞一覧


◇ゲームについて
ゲームの評価について
歴代ゲーム評価一覧


◇ブックス(本)について
小説の評価について
ブックレビュー一覧
   あ行の著者
   か行の著者
   さ行の著者
   た行の著者
   な行の著者
   は行の著者
   ま行の著者
   や行の著者
   ら行の著者
   わ行の著者
   複数の著者・その他
 文庫・単行本(キャラノベ含む、ラノベ含まず)は上気の著者名別になっています。

◇プラモデルについて
完成品一覧(グレード別)
完成品一覧(シリーズ別)
完成品一覧(トイ、フィギュア等)

◇その他リスト一覧はこちら
テレビ&シネマ
CD&DVD&BD
TYPE-MOON関連

ツリー式カテゴリー

openclose

アニプレッション!!

アニプレッション!!
アニプレッション!!とは

アニプレッション!!は、アニメブロガー達の合同ブログです。アニメについての問題意識・感想・考察・批評等の諸言説を発表し、アニメを語る事の面白さを伝える事が目標です。自分も末席に加えさせていただいております。
現在活動停止です

以下、アニプレッション!!メンバーのBlogです。

相互リンク(更新停止)

残念ながら一年以上の更新がない相互リンク先の方々です。サイト消滅の場合は消させていただきます。いずれまた復活し、交流が持てることを期待しています……