FC2ブログ

刹那的虹色世界

アニメ・ゲームのあらすじを主体とした感想や批評のブログ。時折、日記・声優・コミック・スポーツなど幅広くレビューしています。リンクフリー、相互リンク大歓迎♪

Entries

世紀末オカルト学院 第12話

世紀末オカルト学院 第12話
『千の風、美の尋めゆき』


≪あらすじ≫
黒魔術を使い魔界への扉を開けようとする美風と、白魔術を使いマヤたちを守ろうとする千尋の戦いは苛烈を極める。マヤが生きていたことを知った亜美たちも参戦するが、辺りは美風によって洗脳された市民たちと、そして美風によって召喚されたモスマンやチュパカブラによってあふれていた。

学長から何があってもマヤを守るようにと言い付かった千尋と黒服の青年はその命を賭してマヤを逃がそうとするが、マヤは一人逃げることを拒む。

一方、美風に敗北した千尋はその最後の命を使って文明にかけられた魔術を解呪。文明に、二つの真実を打ち明ける―――。



≪感想≫
なんかもう、超展開過ぎてワロタwww
さて、このネタが解る人がいるのかいないのかはさて置いて、7・8話で私は亜美の父親の行動について『警察騒動だ』とか『社会人として大人げない』とか散々言ったが、もう今回見たらどうでも良くなった(爆 
だって、魔法戦ですよ? しかも、普通に建物破壊しているし、上空数百メートル以上から高速で落下させられた千尋も原形保ってるし、亜美たちも食堂の婆ちゃん(やっぱりモンスターらしい)を轢き殺したし、って最後の最後でこの作品に実はリアルさを求めてはいけないことに気付いたwww




ここから先はファンタジー・フィクション設定に疎い人はダメかも?
ダメだったら、ゴメンナサイ。

一応フォロー出来るところをフォローしておくと、千尋が叩きつけられても無事だったのは真っ当な人間じゃないからでしょう。おそらく千尋も黒服と同じ、生み出されし者。物理法則を無視しているか、物理的衝撃に高い耐性があるのだろう。
生み出したのは学長の神代純一郎か(二人とも純一郎なのか、千尋だけ純一郎なのかは解らないが)。と言うのも、魔を滅する呪文で千尋の身体も浄化され消滅した。

白魔術師が魔を滅する呪文で消滅するのか? それは世界観によって異なりますが、説明次第ではYESです。

『魔を滅する呪文』がどういう原理で働いているのかを考えた時に、五芒星による浄化能力でその辺り一帯の魔を払うものと推察出来ます。この時重要なのは、“魔”とは何を指すのか? おそらく“魔”とは、悪魔などではなくもっと中性的な“魔力”を指す言葉だと推察される。

この辺りはファンタジー系の小説やアニメを見たことがない人には解らない分野かもしれないが、魔力は必ずしも悪の存在ではない、と言うことである。

仮に魔力本来の性質が、プラス(白魔術や神聖性)でもマイナス(黒魔術や悪魔性)でもない中性だとすると仮定する。その場合、何かしらの魔術によって構築された肉体や存在は、当然中性、あるいは用いた術に近い特性で具現化されるはず。
だから、魔力で作られた肉体を持っていても千尋のように白魔術を扱うことも出来れば、黒服のように一見すれば悪魔の使いのような姿を持つことも出来る。逆に魔力は両面性を持つわけだから、美風のように黒魔術として使うことも出来る。いわば、どんなものにでも使える燃料・ガソリンのようなもの。

純一郎が遺した『魔を滅する呪文』とは、悪魔を滅ぼす呪文ではなく、魔力を浄化することで一時的に滅ぼす呪文だと考えられ、その場合魔力で肉体を構築された黒服や千尋も、当然その効力によって消滅する、というわけ。

この仮定を逆から辿った場合、美風もまたその肉体を魔力で構築した存在と言うことになる(魔力を持つ人間、と言うだけならば美風が完全に無力化することはあっても存在が消滅することはあり得ない。あの呪文で消滅するのであれば、美風もまた千尋や黒服と同じ構成物質を持つことになる)。
そうなると、美風を生みだした元凶がいるか、あるいは都合良く魔界から偶発的に地球にこれたか、あるいは自然発生したかと言うことになる。

この辺りはさすがに物語の都合上でどうにでもなってしまうが、もし千尋(と黒服)を生みだしたのが純一郎だったならば、もしかしたら美風を生みだしたのもまた純一郎だったのかもしれない。

え? マヤと文明が最後の呪文を同時に唱えられた理由? 演出上の描写です(マテ 呪文はおそらく何か別の言語が母体なんでしょうね、あるいは神話か伝承か。その辺りは誰かが解読してくれることを期待します(汗



作品としての12話の位置づけ
正直これまでの『世紀末オカルト学院』と言う作品に対して持っていたイメージを前回以上にぶち壊してしまった話。それを良しと捉えるか、悪しと捉えるかは人それぞれだ。

冒頭の感想でも書いたように、7・8話はもちろん、これまでの話で培ってきたある種のリアル性、あるいは社会的道徳観の一部を全否定したような12話。街の大破壊とか、学院規模での封印術とか、もう『伝説の勇者の伝説』のような世界観ならまだしも、1999年の日本を舞台にしたとは思えない展開である。

ただ、エンターテイメント性として見ると、とても良かったと私は思っている。確かにこれまで見てきた作品に対する観念が壊れてしまったことに対して寂しさを覚えないわけではないが、それでもそれを上回るドキドキ感があった。
やや陳腐で、ドラゴンボール的な物理法則を無視した吹き飛ばしや地面への叩き付けなど、これまでの作品が歩んできた道を踏まえれば、拒絶反応を起こす人もいるかもしれないけれど、それでも千尋が美風の魔術を受け止めたシーンに流れたBGMは、一瞬OOやヱヴァすら脳裏をよぎったほど、とても素晴らしい場面を盛り上げるBGMだった。この盛り上げ方はエンターテイメントとして見た時に本当に良い。音楽の大切さを改めて感じる。

千尋と美風の“愛”に対するやり取りも、思考の対立として見ていて面白かった。千尋と美風が“アベミノル(内田文明)”に抱いていた、愛の姿は、どっちが正しいとかどっちが間違っているとかではなく、単純にこの12話の間に両者に見せていた、文明の“顔”の違いなのだろう。
千尋と美風をある種対極的に文明が扱うようにシナリオが組まれていた分、思考の正否ではなく、それをもっと突き放した位置から思考の対立だけを見れた気がする。

千尋のラストは、良い終わり方だったなって思う。在り来たりだったけど、おそらく美風から受けた傷は表面上癒したのか、文明には最後まで見せないようにして真実を語っていた。怪しかった千尋が名実ともに味方に回ってわずか2話。だが、それで十分彼女の本当の魅力は引き出せたような気がする。
もし最初に出会ったのがこの二人で、この二人が手を組んでいたらどんな物語になったのか、ちょっとだけそんなIFを見てみたくなるような、そんな気持ちになった。




マヤと文明と
結局、最後までマヤに隠されたパワーがあるなんてことはなく、文明も失った超能力を取り戻すことはなかった。特に後者に関しては、最終的に力を取り戻すんじゃないか?と想像した方々も多かったのではないだろうか? まだ最終話が残っているので何とも言えないが、少なくとも物語上のクライマックスである今話で力を取り戻さなかったのは、力を取り戻さないケースは私も作品開始序盤で想定したことではあるが、やっぱり意外。

文明はスプーン曲げを出来たことから、サイコキネシス系の力だろうから、美風からの魔法攻撃をサイコキネシスの力で逸らす、くらいのことは出来たような気もするが、それでも文明に力を取り戻させないことが、狙いなのだろう。

本当の意味で、特殊な力を持たない(決戦で力が取り戻されない)ファンタジー系主人公ってなると、これはこれで貴重かもしれない。その辺りは、また来週、最終話を見終えてから一考出来れば良いなと思う。



さて、マヤに絡めて一考だが、ノストラダムスの鍵を破壊(封印)しても未来の世界は変わらなかった。考えられることはいくつかある。
そもそも、ノストラダムスの鍵を破壊したにも関わらず、文明はもちろん未来の人物たちがそのままの記憶で存在していること自体が、時間軸で考えれば間違っている。過去は改変され、宇宙人か異世界人かの襲来も無いのだから、その記憶を持った彼らが改変された時間軸で存在出来るはずがない。

考え方は幾つかあるのだが、有力な説の一つを挙げるならパラレルワールドか。厳密に言えば、パラレルワールドと言うよりも、歴史の分岐点、枝分かれした未来は過去が変わっても消滅しない、と言うこと。
道路や線路と一緒で、同じ道を歩んできた世界でも、一つの交差点やポイントを右に行くか、左に行くかで行き先は変わる。ちょうど「Y」の字みたいな形。下が共通の道で、それぞれ左右に伸びるのが分岐した先。

マヤたちのいる未来    文明の知っている未来
            \   /
              Y
               |
          これまでの歴史


簡単に図解するとこんな形。
これまでの歴史を辿り、世界は一つの分岐点を迎える。それがノストラダムスの鍵の破壊の正否。破壊に成功した場合、歴史は左へと向かうが、破壊に失敗した場合、歴史は右へと向かう。
この時、もしも未来が過去の歴史によって紡がれて新しくしかれるレールの上にあるのではなく、すでに未来は既存レールが敷かれた上にあるものだとしたら?

つまり、分岐点でどちらを選ぼうが、どちらの未来も最初から存在しているということ。あるいは一度敷かれてしまったレールは二度と取り外せないと言うこと。

だから、文明たち1999年7月にノストラダムスの災害を受けた人たちが過去に戻って歴史を変えたとしても、歴史を変えられなかった未来はずっと存在し続ける。

上の図を例えば車か列車で走るとしよう。分岐点があって、そこで上手く左を選んだからと言って、右の道が消えるだろうか? 否、消えることはない。それは一つの選択肢とその結果として残り続ける。それは、未来が選んだ結果として生み出されるものではなくて、あらかじめ決められたレールと選択肢の中から歩んでいる人や世界が選択しているだけに過ぎない、と言う考え方。

よって、文明たちは歴史が変わっても消えることはない。だからこそ、文明たちが歴史を変えても文明たちの世界が壊滅したという事実は消えて無くならない。

多少救いのある説を出すと、もしかしたら、宇宙人や異世界人と言う存在はマヤと文明が美風を封印・消滅させたことで、こちらも消滅しているかもしれない。でも、それは過去に遡って存在を消しただけで、その存在が行った結果は変わらないのかもしれない。


もう一つ有力な説を出せるとすれば、ノストラダムスの鍵は一つではなく、これから先にももしかしたら2012年の未来を作ってしまう要素があるのかもしれない、と言う考え方。
あるとすれば、私を含めて多くの方が先週までに推察した、マヤ鍵説だろう。マヤが鍵である限り、マヤが死亡し魔界の扉を開く儀式が行われれば、結果として歴史は変わらないわけだから。

ただ、物語として見た時にこれだと救いがないので、あんまり期待したくはない。


次回予告からの反則的な説を使えば、文明鍵説か。実は本当の鍵は文明で、文明が1999年の少年期の文明と出会うことで、本来であってはいけない二人の出会い、あるいは両者の超能力によって存在の歪みが発生し、その歪みこそが魔界への扉だと言う考え方。
今回、マヤが撮った写真は美風と一緒に文明が写りこんでいたわけだから、鍵が美風とは限らないわけで。

ちなみにこの説を踏まえて、だいぶ始めの方から1999年7月21日に少年期の文明がヴァルトシュタイン学院で講演を行うことを立証している方がいた。本当に凄い! 感服ですm(_ _)m
吉良さんの『隠者のエピタフ』⇒(文明鍵説◇世紀末オカルト学院 第11話「マヤの死 / MAYA's death」/少年期の文明の講演立証:)◇世紀末オカルト学院 第6話の文明の過去で気になったこと


学長はやっぱり生きているらしく、それでも最後まで出てこなかったのは、純一郎もタイムトラベラーの可能性があるのではないか。文明は未来から過去に来たが、純一郎は過去から未来へと飛んだ。理由は不明だけど、生き延びるには、同じ時代ではダメで、それしかなかったのかもしれない。


何はあっても来週で最終回。物語の終わり方は重要で、それを今週終わった『黒執事II』と『祝福のカンパネラ』で嫌と言うほど再認識させられた。ぜひ、終わり良ければ全て良し(ハッピーエンドでなくてもいいが納得の出来るエンディングを!)を期待したい。


次回予告は『ラブマシーン(笹塚エクスタシーズ)』


第13話(最終話)『マヤの文明』



≪TB先 参照リンク(URLアルファベット順)≫
赤字はTBが現在弾かれてしまっているBlog様です。
現在、ameblo系、yahoo系、nifty系、so-net系はほぼ全滅。楽天系は調子がいいと送れます。goo系はURLが長いので小文字表記にさせていただいてます。それ以外の他意はございません。

※楽天系Blog様へのTBは文字化けしております。

・http://2009nenaki.blog11.fc2.com/blog-entry-403.html
・http://28903894.at.webry.info/201009/article_64.html
・http://3284allegro.blog38.fc2.com/blog-entry-1795.html
・http://ai-mugi.blog.eonet.jp/aimugi/2010/09/episode12-6367.html
・http://akashiima.blog57.fc2.com/blog-entry-358.html
・http://altria98.blog113.fc2.com/blog-entry-521.html
・http://amkatan.blog118.fc2.com/blog-entry-1312.html
・http://animedouganews.blog44.fc2.com/blog-entry-1797.html
・http://animeyotabanashi.blog63.fc2.com/blog-entry-407.html
・http://animezakkityou.meblog.biz/article/3345538.html
・http://animumeso.blog101.fc2.com/blog-entry-2217.html
・http://aniponda.blog119.fc2.com/blog-entry-605.html
・http://ariaprincipe.blog46.fc2.com/blog-entry-727.html
・http://arpus.blog121.fc2.com/blog-entry-1247.html
・http://blog.crosschannel.jp/Entry/2382/
・http://blog.goo.ne.jp/nijigen-complex/e/6c78ea0872e0765d187ac2cd0694bfc9
・http://blog.goo.ne.jp/sakino-k/e/b9501ac4b90b16d71371dd242a4e57ae
・http://blog.goo.ne.jp/since2005my_secret_garden/e/dd756b4d7d6291f1ad659e083497e365
・http://blog.livedoor.jp/electro_railgun/archives/51598257.html
・http://blog.livedoor.jp/granzchesta/archives/51494525.html
・http://blog.livedoor.jp/kansaianime/archives/51617753.html
・http://blog.livedoor.jp/koubow20053/archives/51615646.html
・http://blog.livedoor.jp/soul_mu/archives/65409785.html
・http://blog.livedoor.jp/t_cherry398/archives/51526988.html
・http://coffeemonster.at.webry.info/201009/article_37.html
・http://fanblogs.jp/gyobayashi/archive/1896/0
・http://flanpoemega.blog42.fc2.com/blog-entry-1519.html
・http://fovsaikou.blog129.fc2.com/blog-entry-438.html
・http://freeanimetv.blog67.fc2.com/blog-entry-1573.html
・http://fujiiisana.blog68.fc2.com/blog-entry-1955.html
・http://gomarz.blog.so-net.ne.jp/2010-09-21-1
・http://hienkyaku.blog50.fc2.com/blog-entry-1421.html
・http://hyumablog.blog70.fc2.com/blog-entry-1869.html
・http://kagura77.blog99.fc2.com/blog-entry-2448.html
・http://kakioki60.blog129.fc2.com/blog-entry-399.html
・http://kakureotanchi01.blog20.fc2.com/blog-entry-159.html
・http://kaleidoscopez.blog80.fc2.com/blog-entry-1132.html
・http://kazekura.seesaa.net/article/163347005.html
・http://keycafe.blog27.fc2.com/blog-entry-979.html
・http://khstar.blog110.fc2.com/blog-entry-160.html
・http://kokonoi.blog93.fc2.com/blog-entry-528.html
・http://kouyanoblog.blog61.fc2.com/blog-entry-3362.html
・http://kuraltuka.blog8.fc2.com/blog-entry-440.html
・http://laikablog.blog53.fc2.com/blog-entry-193.html
・http://lessiy.jugem.jp/?eid=2357
・http://maguni.com/diary.cgi?no=1183
・http://manaduru3.blog24.fc2.com/blog-entry-583.html
・http://mitubatatibana.blog122.fc2.com/blog-entry-1913.html
・http://monochromenote.blog114.fc2.com/blog-entry-1096.html
・http://musashinoline205.blog100.fc2.com/blog-entry-894.html
・http://najigo.blog31.fc2.com/blog-entry-198.html
・http://nextsociety.blog102.fc2.com/blog-entry-1007.html
・http://plaza.rakuten.co.jp/accessairphoto/diary/201009210000/
・http://plaza.rakuten.co.jp/avene/diary/201009210000/
・http://plaza.rakuten.co.jp/blackwidow/diary/201009210000/
・http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201009210001/
・http://plaza.rakuten.co.jp/koumeinowana/diary/201009210000/
・http://sagaturedure.blog31.fc2.com/blog-entry-4241.html
・http://seraraku2.blog59.fc2.com/blog-entry-4891.html
・http://shino134.blog22.fc2.com/blog-entry-773.html
・http://shirokuro585.blog109.fc2.com/blog-entry-341.html
・http://sironecokingdom.blog12.fc2.com/blog-entry-835.html
・http://sironsiron.blog70.fc2.com/blog-entry-495.html
・http://soraxcan.blog59.fc2.com/blog-entry-2096.html
・http://spadea.jugem.jp/?eid=8126
・http://strawcat.blog12.fc2.com/blog-entry-2652.html
・http://takotakotakoyaki.blog52.fc2.com/blog-entry-3041.html
・http://tasogareonsen.blog70.fc2.com/blog-entry-195.html
・http://tokkurin.blog109.fc2.com/blog-entry-1824.html
・http://tori-toki.at.webry.info/201009/article_9.html
・http://vnr2034.blog133.fc2.com/blog-entry-316.html
・http://wendykai.blog60.fc2.com/blog-entry-1070.html
・http://woodiestsaza.blog42.fc2.com/blog-entry-293.html
・http://www.mypress.jp/v2_writers/firstsnow/story/?story_id=1939510
・http://yamitarou.blog75.fc2.com/blog-entry-2308.html
・http://yusyu.blog34.fc2.com/blog-entry-597.html
・http://yusyu.blog34.fc2.com/blog-entry-598.html
・http://zassyokukei.blog91.fc2.com/blog-entry-262.html

以下、過去の話でしたが本文中言及リンクによりTBを送信させて頂きました。
・http://yusyu.blog34.fc2.com/blog-entry-537.html
・http://yusyu.blog34.fc2.com/blog-entry-586.html

もしよろしければ、拍手ボタンをポチッと押して下さいm(_ _)m 管理人のモチベーションが上がります(ぉ


Comment

変わらない未来 

今回の流れは敢えて触れないで起きます。先週ある程度覚悟決めてるので。

さてそれは置いておいて、今回の目玉は、変わらない未来ですよね。パラレルワールド説は、物語的にしっくりこないから。多分違うでしょ。それ言ってしまうとこの物語何のために作ったんだ?ってオチになりますから。そう言うものを作ったら作ったで、オチが無い物語になりますけど。

やはり、写真に二人写っていた事が気になりますね。私本当に鈍くてこういうの全く気が付きません。まだブログ読んでませんが、皆さん気がついていそうですね。文明っぽいですね。

マヤだとちょっとしっくり来ないんですよね。父親がマヤを守ろうとしたので、マヤを殺してしまうような展開にはならないと思うのですよ。この物語しっくり締めるには、文明かマヤどちらかの退場が望ましいと思います。しかしマヤだと学長の思いが無になってしまうので、ちょっと無いかなと。文明は可愛そうですが、文明の両親は知りませんが、多分居ないでしょ。物語的に身寄りの無い文明が退場する方が収まりが良い。後はあの写真のオチをうまく使いやすいですし。最終的には理由は違っても、月詠さんの当初の予想通りと言うのがありえる選択肢だなと思います。この時代にふさわしくない人だから退場する条件備えてますね。

ただ一つだけおかしな事があるのですが、タイムパラドックスが置きますね。そもそも文明が来てなかった1999年でも未来は破滅しているので、因果関係に矛盾が生じます。ただこれターミネーターがすごい矛盾を前提に話を作ってますからね。タイムマシンものは結構これやりますからね。後は、鍵は美風と2本だったと言うのもあると思います。

とにかく今回の最後の謎どう解明するかはちょっと興味あります。


  • posted by コメント君 
  • URL 
  • 2010.09/21 12:26分 
  • [Edit]
  • [Res]

月詠さん、こんにちは 

隠者のエピタフの吉良です。TBではいつもお世話になっております。コメントありがとうございました。引用までしていただいて光栄の極みです~。

月詠さんの記事の方が気合入ってて凄いです!ビックリしましたよ。そんなわけで私も月詠さんに刺激を受けて、今回の記事はちょっと長文にしてしまいました。

マヤパパがタイムトラベラーなのではという月詠さんの説は、ありえない話ではないですね。マヤとマヤパパの父娘の愛にはまだ決着が付いていないため、全てはマヤを守るためだったというオチかもしれません。

タイムパラッドクスについては、この作品が過去改変をどう考えているかのスタンスによって変わりそうですね。未来は変えられるとするのか、何があっても未来は変わらないのか。

結局未来からやって来た文明によって世界は滅び、幼い文明が大人になって再び過去に飛ぶというループエンドも、それはそれで悪くないかなと思ったりもします。

とにかく次回が気になってしょうがないですね。とても楽しみです。

長々とすいません。今後ともよろしくお願いします。
  • posted by 吉良 
  • URL 
  • 2010.09/21 13:42分 
  • [Edit]
  • [Res]

>コメント君さん 

こんばんは、コメントありがとうございます。

>パラレルワールド説は、物語的にしっくりこないから。多分違うでしょ。
>それ言ってしまうとこの物語何のために作ったんだ?
マヤを救う為でしょう。

2012年、憶測の域は出ませんがおそらくマヤは死んでいるはず。それを嘆いた、実は生存していた純一郎がマヤを死なせたくなくて作ったのがタイムマシーンと言う可能性は十分にあるはずです。

パラレルワールドと言うよりもタイムパラドックスによる別世界化。この手のSF展開にはありがちな展開です。過去の歴史が変わっても、新しい未来が紡がれていくだけで、古い未来は消えずに残り続けると言うこと。

確かに選ばれなかった古い未来の地球にとってはバッドエンドですが、純一郎ならそれを見越した上で、それでも娘が生きられる未来を選ぶと思います。
それは、物語として十分に意味があるし、物語としてのオチとしても魅せ方次第で十分なもの。

>父親がマヤを守ろうとしたので、マヤを殺してしまうような展開にはならないと思うのですよ。
まぁ、この辺り、私見は散々前回語ったので、置いておくとして、退場の選択肢そのものがたぶんないと思います。

退場の選択肢があるのならば、タイムパラドックスによって歴史が変わった時点で文明も、未来の「ノストラダムスの災害」を知る組織の人間も消滅しなければいけませんし、文明を退場させるならその選択肢はそこで持ってくるでしょう。

持ってこないと言うことは、実は美風との戦いは歴史の分岐点ではないか、あるいは退場すると言う選択肢そのものがない(タイムパラドックスは生まれず、選ばれなかった未来も残っているケース)、もしくは文明が過去に戻ってくることすら実は全て歴史の想定通りだったかのどれかだと思います。

退場と言うよりも、もっと意外性のある展開かもしれませんね。憶測の域を出ないので発言は控えますが。

>そもそも文明が来てなかった1999年でも未来は破滅しているので、因果関係に
来ていないと思っているだけで、ずっと歴史はループしているだけかもしれません。
仮に二人の文明の存在が鍵だとして、その際に大人文明は死亡する⇒少年文明は命からがら逃げ伸びたが、その13年後、彼はエージェントとして過去へと渡る⇒そして、また二人の文明は出会う。こうしたループならば、そもそも「来ていない」と言う我々の認識そのものが、スタッフによるミスリードになります。

あと補足をすれば、1999年7月21日にノストラダムスの災害は発生する。その7月21日に文明少年はヴァルトシュタイン学院で講演をすることになっている。

もし文明が鍵だった場合、どうして今の文明はそれを覚えていないのか? と言う部分がまず一つ大きな疑問です。同時に私が文明鍵説をあまり語りたくなかったのは、この点の矛盾を抱えるから。

文明が鍵ならば文明はノストラダムスの災害の原因である自分自身を記憶しているはずであり、それを記憶していないこと自体がおかしい(あまりの衝撃で忘れたか、そもそも気に留めるまでもないほど些細なことが鍵だった場合は解りませんが)。

だから私はマヤ鍵説の方を推していた。それならば文明に記憶がなくても、それ以前にマヤと言う鍵が死んでしまえば儀式が出来て魔界への扉が開いてしまうわけだから。

でも、そうではないみたいで、その点での“謎”に対する期待は私にもありますね。

  • posted by 月詠 
  • URL 
  • 2010.09/21 19:14分 
  • [Edit]
  • [Res]

>吉良さん 

こんばんは、コメントありがとうございます。

>引用までしていただいて光栄の極みです~。
とんでもない! 本当に素晴らしい考察だったと思いますし、立証だったと思ってます。


>今回の記事はちょっと長文にしてしまいました。
それは楽しみです。また伺わせて頂きます。


>全てはマヤを守るためだったというオチかもしれません。
娘の為に学院一つを設立したことがやっぱり私の中で引っかかってるんですよね。それだけのことが出来るなら、マヤを守るために歴史を変えるすべの一つや二つ、なんとかしてしまいそうで。


>この作品が過去改変をどう考えているかのスタンスによって変わりそうですね。
そうですね。実際、この辺りの歴史改変やそれによって生じるとも言われるタイムパラドックスはある種オカルトな部分であり、それは文明と言うキャラクターが生まれた時点で不可避なもの。それに対してどうスタッフが向き合ったのかが気になります。


>結局未来からやって来た文明によって世界は滅び~
救いはないですけど、納得の出来るエンディングの一つだとは思います。

ただ別のコメントにも書いたのですが、そうだとすると文明に記憶がないことがどうにも矛盾している気がします。タイムパラドックスは本来出会わない未来の自分と出会うことで生じると仮定すると、覚えていないのはやや矛盾するというか


まぁ、なにはともあれ来週ですね!
  • posted by 月詠 
  • URL 
  • 2010.09/21 19:23分 
  • [Edit]
  • [Res]

NoTitle 

月詠さん、こんばんわ。
横から失礼致します。

>もし文明が鍵だった場合、どうして今の文明はそれを覚えていないのか?
例えば、宇宙人出現時に頭を打って記憶と、ついでに超能力を失ったとか…。
裏付けが無い以上、意味の無い「妄想」の1つですねw

個人的には素直に「美風鍵説」を推している為、文明が憶えていない理由は、美風を倒した時点で世界が枝分かれして、文明の来た世界の歴史とは、別の世界に突入したからだと思っています。やはり「妄想」でしかないのですが。
余談ですが、パラレルワールドに突入した場合、文明はどうやって「自分が居た未来」に帰るのでしょう?
タイムマシンが、時間だけではなく「時空」まで超越しない限り不可能ですよねw
やっぱりSFって苦手です。

ここから本題。
昨日、感想を読ませて頂いた後に、私の記事からリンクを勝手ながら貼らせて頂きました。事後報告となりスミマセンでした。
時空の分岐部分の解説がとても分かりやすかったので、つい。
私自身、上手く説明できていなかった部分であったので、物凄く感動を覚えました。

それでは失礼しました。
  • posted by カニメガネ 
  • URL 
  • 2010.09/22 00:06分 
  • [Edit]
  • [Res]

謎への期待 

> 確かに選ばれなかった古い未来の地球にとってはバッドエンドですが、純一郎ならそれを見越した上で、それでも娘が生きられる未来を選ぶと思います。

ノエインって作品を思い出しますね。確かそんな話でした。

> 退場と言うよりも、もっと意外性のある展開かもしれませんね。憶測の域を出ないので発言は控えますが。

そうですね、私もそうかなとも思っています。明確に言いませんでしたが、退場って最初は死って意味で使ってましたが、文明が1999年から退場するって意味に今は考えています。

> こうしたループならば、そもそも「来ていない」と言う我々の認識そのものが、スタッフによるミスリードになります。

何かすごいややこしい話ですね。これは来週にならないとすっきりしませんね。タイムトラベルのややこしさを避ける流れにする可能性もあるので。

> もし文明が鍵だった場合、どうして今の文明はそれを覚えていないのか? と言う部分がまず一つ大きな疑問です。同時に私が文明鍵説をあまり語りたくなかったのは、この点の矛盾を抱えるから。

なるほど今は文明とマヤは結ばれないって流れを月詠さんは支持して無いんですね。鍵で無いから退場の必要があまり無いですから。

> でも、そうではないみたいで、その点での“謎”に対する期待は私にもありますね。

今回話そうと思ったのは、来週どうなるかでなくて、今週の一番面白かったのは来週の謎だと思ったのでそういう意味で書きました。待ちますか。

さて、私はこの手の謎ほとんど楽しいと思ったこと無いです。大概人間期待すると碌な結果にならないです。期待しないと思いがけず楽しめます。今回期待が過剰なので多分外れるとは思っています。

ただ来週最後なのでマシですけどね。こういうのを最初の方でやられて期待はずれなら、私間違いなく酷評しますね。エヴァ以降、似非エヴァ展開が増えて、最後まで見てくれれば、面白い謎見せますよって話が多くなりました。

元々ミステリーでは当たり前の手法だったと思います。エヴァ自体監督も過去の作品のオマージュちりばめてると言ってましたが、この謎で視聴者を引っ張る手法だけは上手いと思います。ただ過剰な期待は傑作の上を行く超傑作を求めますからね。程ほどにしないとそこそこ面白くても大はずれしますね。

ダーカーみたいに描写が分かりにくいか、説明を聞いても理解できないほどややこしいか、などなどいろいろ考えられますが、期待はどうしてもしてしまいます。この時点で多分もう外れだなと感じています。大概のケース、期待したら終わりですから。



  • posted by コメント君 
  • URL 
  • 2010.09/22 00:33分 
  • [Edit]
  • [Res]

>カニメガネさん 

こんばんは、コメントありがとうございます。

>例えば、宇宙人出現時に頭を打って記憶と、ついでに超能力を失ったとか…。
そうですね。あるいは、ノストラダムスの災害のきっかけがあまりにショッキング(母の死を目の前で観たとか)だったなど、精神的な理由はありそうですね。

>パラレルワールドに突入した場合、文明はどうやって「自分が居た未来」に帰るのでしょう?
うぐっ! す、鋭いですねっ!

確かにそう言われると、未来に帰れませんよね。でも、変化した未来(美風を倒した)でも携帯電話での通信は出来ますから、通信電波をタイムトラベルに利用しているのであれば、時空間跳躍も可能なのかもしれません。

仮に、まだ歴史の分岐点に来ていないのだとするならば、おそらく文明は帰れないでしょうね。
そのままあの世界の残って、教頭やマヤの伝手で「アベミノル」として生きていくEDも、それはそれで良いかもしれません(マヤがデレること前提のEDになりますが

>昨日、感想を読ませて頂いた後に、私の記事からリンクを勝手ながら貼らせて頂きました。事後報告となりスミマセンでした。
あわわわ、自分みたいな稚拙な文章をリンクしていただけているなんて光栄至極の極みです。

>時空の分岐部分の解説がとても分かりやすかったので、つい。
図解が全てです(`・ω・´) シャキーン やっぱ説明する時図解の有無って大事です。その割に画像皆無のサイトですけど(ノ∀`*)アイター
  • posted by 月詠 
  • URL 
  • 2010.09/22 00:56分 
  • [Edit]
  • [Res]

>コメント君さん 

>何かすごいややこしい話ですね。
堂々巡りのループですからね。出来れば避けてほしいのですが(苦笑

>文明とマヤは結ばれないって流れを月詠さんは支持して無いんですね。
そうですね。その流れは否定はしませんが支持もしませんね、やっぱ主人公とヒロインなので結ばれることなら結ばれて欲しいとは思います。それだけの経過を経てきているし。

>大概のケース、期待したら終わりですから。
それはまたずいぶん悲観的ですね(汗 まぁ、思いがけない方が驚きも強いでしょうし、そうした見方も一つの楽しみ方の一つかな、と思います。
  • posted by 月詠 
  • URL 
  • 2010.09/22 01:23分 
  • [Edit]
  • [Res]

人間の性質 

どうでも良い話ですが、余談で

> それはまたずいぶん悲観的ですね(汗 まぁ、思いがけない方が驚きも強いでしょうし、そうした見方も一つの楽しみ方の一つかな、と思います。

謙遜ってそう言うところあると思いますよ。私ってすごい魅力的な人間なんですって言う人ってあまり良い印象持たれないでしょ。実際ちょっと面白い人だったとしても、そう言う事入ってしまえば、相当すごい人じゃないと認めないですよ。

つまらないものですが、って決まり文句ですけど。あれもすごいですよ。楽しみにしてくださいと言って渡して、中身見て、すごい期待通りってあんまり無いでしょ。

じゃなんで宣伝は期待させるのか?ここが難しいですね。あれは大概結果はどうでも良いからでしょ。とにかく興味を持ってもらうことが先決で。その後の事は2の次ですね。


後私はすごく評価が厳しいので、それが一番大きいですね。月詠さんとは180度ぐらい評価に対して姿勢が違いますから。私、大半の作り手くずだと思ってますから。あまりの失望振りに、アニメ見る時間減らそうとずっとしてますから。


急展開で、納得させられるなら、それが一番良いですよ。これ魔術の時に話しましたけど、弊害も多いですけどね。


謎に関しては特に、その謎の解明に期待すると裏切られます。

  • posted by コメント君 
  • URL 
  • 2010.09/22 02:16分 
  • [Edit]
  • [Res]

>コメント君さん 

>相当すごい人じゃないと認めないですよ。
人は誰しも、何に対しても一定の基準があって当然であって、それはもちろん十人十色の基準ですからね。ハードルが低ければダメで高ければ良いというわけではないと思いますけど(もちろん、ここで言うハードルは作品の客観的評価ではなくて主観的価値観と言う意味で)。


>とにかく興味を持ってもらうことが先決で。
そうですね。映画の告知とか正しくそれ。全米が泣いたとか、どこからか興行収入のデータ引っ張ってきて「とにかく凄いんだぞ」と言う部分をアピールする。

でも、宣伝ってある程度の誇大表現があるものですから(某携帯電話会社みたいに誇張し過ぎるのはアレですが)。


>私、大半の作り手くずだと思ってますから。
なら、貴方が作ってみればいい。私は作ったことはないですが、想像することは出来る。如何に大変で、過酷な作業で、思い通りにならないか解るんじゃないですか?

「出来ないことを偉そうに語るな」と言っているのではありません。出来ないことを語るのは構わないけど、その前提を忘れて出来ている、あるいはやっている人を慮る配慮が欠片も無いことが問題。

作品である以上、それをどう評価するかは作り手の手を離れた時点で、ある程度受け手に委ねられるべきです。だから、貴方がどの作品をどれだけ酷評しようと、それは貴方の自由であり、主観なので誰にも侵害されるべきじゃない。

でも、作品を通して作り手の人間性を「くず」と否定する権利は貴方にはない。それが固有の特定人物を指した言葉でなかったとしても、です(もちろん作った作品が、文字通り下劣でとても公共電波に乗せられるようなモノでないならばまだしも)。

仮に、作品に対してそう言った汚い言葉による酷評は百歩譲って良いとしましょう(こうした不特定多数の方が観る可能性のあるネットにそうした言葉を上げることも本当はネットマナーやリテラシーから見れば全く良くない!)。
でも、作品しか知らない貴方が作品を作る人を「くず」と言うことは、私は認めないし、認めるつもりもない。

受け手に過ぎない貴方のソレはただ自分の思い通りにならないことに駄々をこねるだけの傲慢であり、そして暴言でしかない。なのでそこまで言うなら貴方が作ってみればいい、と言うところに戻るわけです。


>あまりの失望振りに、アニメ見る時間減らそうとずっとしてますから。
減らすどころか観なければ良いんじゃないですか。そうすれば失望も何も、失望する対象すら無いわけですから。


かなり手厳しいコメントレスになりましたが、それくらい貴方は心の中で思っている分には構わないけど、口にしてはいけないことを口にしました。

それがきっと貴方の評価の仕方であり、基準であり、作品に対する見方なのだと思います。だから、それはそのままで良い。だって、作品をどう評価するかは、前述のように貴方の自由だから、それを侵害する権利なんて私にはない。

でも、自由だからと言って何をするのも、何を言うのも自由、と言うのどはまた違うのです。
  • posted by 月詠 
  • URL 
  • 2010.09/22 02:43分 
  • [Edit]
  • [Res]

すみません 

> かなり手厳しいコメントレスになりましたが、それくらい貴方は心の中で思っている分には構わないけど、口にしてはいけないことを口にしました。

そうですね。思っている事と口に出す事は別ですね。

もうちょっと言い方を変えようかとは思ったのですが、伝わりやすいものを選んでしまいました。

月詠さんに申し訳無いと言うより、このレスを見てしまった人に申し訳ないです。

もうちょっと言葉選びます。
  • posted by コメント君 
  • URL 
  • 2010.09/22 09:01分 
  • [Edit]
  • [Res]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

Trackback

トラックバック URL
»»この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

『世紀末オカルト学院』第12話 感想

先週、考察なんぞ書いてみました。 宜しければ、そちらもどうぞ。(リンククリックで該当記事に飛びます) 怒涛の展開!! ●美風と千...

[アニメ感想] 世紀末オカルト学院 Episode.12 千の風、美の尋めゆき

世紀末オカルト学院 第12話。 白魔術師と黒魔術師の戦いの行方は―――。 以下感想

世紀末オカルト学院 第12話「千の風、美の尋(と)めゆき」 感想

 今回はこれまでの話が収束する回。前回後手だったぶん、マヤ・文明も動き出します!前回で驚きまくったのでもう何も驚かないと想っていましたが、今回も色々衝撃展開があってやっぱり驚きっぱなしでした。とにかく川島よく頑張った…。

世紀末オカルト学院 第12話 「千の風、美の尋めゆき」

白魔術士vs.黒魔女、思わぬ超絶展開となった「世紀末オカルト学院」第12話。 驚かされたけど、これこそ原作なしの面白さ。 守らなければなら...

世紀末オカルト学院 第12話「千の風、美の尋めゆき」

世紀末魔法バトル! 白魔道士と黒魔女の最終決戦! そんなアニメだったっけw ヒロインは、川島千尋教頭。゚+.(*`・∀・´*)゚+.゚ ゜ 凛々...

「世紀末オカルト学院」第12話

 Episode12「千の風、美の尋めゆき」純一郎を手にかけ、マヤの命を狙い、そして今、魔界の扉を開かんとする人物が姿を現わす。しかし文明は為す術無く、身動き一つ出来ない。解き放た...

世紀末オカルト学院 第12話 「千の風、美の尋めゆき」 感想

「怖かった・・・ッ」 世紀末 オカルト学院 1 【完全生産限定版】 [Blu-ray](2010/09/22)日笠陽子水島大宙商品詳細を見る

世紀末オカルト学院 Episode.12『千の風、美の尋めゆき』

黒魔女vs白魔術師の激しいバトルが始まる。

世紀末オカルト学院 Episode.12 「千の風、美の尋(と)めゆき」

 魔法バトルが意外と面白かったです。

世紀末オカルト学院 第12話 「千の風、美の尋めゆき」 感想

川島千尋と中川美風の女の戦いがこんな形になるとは夢にも思わんかったよ。 しかも文明でなくマヤを取り合っての三角関係(笑)になろうと...

世紀末オカルト学院 第12話「千の風、美の尋めゆき」(終)

最終回直前に魔女っ子参上と言う急展開になった世紀末オカルト学院最終回! 白い魔女っ子・千尋VS黒い魔女っ子・美風 激しい戦いの末に、敗れてしまう白魔女っ子・千尋。 その後、千尋は文明の元へ行き「純一郎は生きている」と伝言を伝え…。 さらば!ポエマー千尋...

世紀末オカルト学院 第12話「千の風、美の尋めゆき」

あ? ……あぁ、最終回じゃないのねw

(ぬるいな)世紀末オカルト学院 第12話「千の風、美の尋(と)めゆき」(感想)

-あらすじ- 本性を現した美風。マヤを守るためこちらも本当の姿をさらす千尋。 美風の攻撃に千尋は徐々に押されていく。そして美風が千...

世紀末オカルト学院 第12話 「千の風、美の尋めゆき」

激しい魔法バトルwww 先週から魔法モノアニメに変わったオカルト学院(^^; 今までも普通にバトルはあったけど、スタッフの力の入れ...

世紀末オカルト学院 第12話「千の風、美の尋めゆき」

世紀末 オカルト学院 1 【完全生産限定版】 [Blu-ray](2010/09/22)日笠陽子水島大宙商品詳細を見る 何かBGMがFFのボス戦ぽかったです。黒魔術師...

世紀末オカルト学院 第12話「千の風、美...

白魔術師と黒魔女---------------!!神回の前回。一体これをどうまとめるか、俄然楽しみになってきたって!!すさまじい戦いが繰り広げられる白と黒の衝突。今までの魔物の攻撃はやはり...

世紀末オカルト学院 12話「千の風、美の尋めゆき」

とにかくすげぇな・・・ 世紀末 オカルト学院 1 【完全生産限定版】 [Blu-ray](2010/09/22)日笠陽子水島大宙商品詳細を見る

アニメ 世紀末オカルト学院 第12話「千の風、美の尋めゆき」感想

アニメ 世紀末魔法学院 第12話「千の風、美の尋めゆき」の感想です。ネタバレを含みますので注意して下さい。 ・・・ ( ̄▽ ̄;)あはは...

世紀末オカルト学院 第12話 「千の風、美の尋めゆき」 の感想

君がいる場所【初回生産限定盤】高垣彩陽 by G-Tools まさかまさかの次回へ続く -公式サイト・Wikipedia- 世紀末オカルト学院 -あらすじ- ...

世紀末オカルト学院 第12話 「千の風、美の尋めゆき」

千尋VS美風、白と黒の魔術バトル勃発! もう何のアニメだか分らない(笑) 世界の命運を握るマヤの命を賭けた最終戦(?) ▼ 世紀末オ...

『世紀末オカルト学院』#12「千の風、美の尋めゆき」

「翼よ、あの人をどうか導いて───」 きょ、教頭!! 本性を表した美風の目的はマヤの命!! マヤを逃すために、教頭は白装束に身を包み...

世紀末オカルト学院 12話

キーワード「ぬるいな!」 クライマックスでシリアスなはずなのに、終始笑わせていただきましたw

世紀末オカルト学院 第12話「千の風、美の尋めゆき / A thousand wind, the search for beauty」

次が最終回ということで少し考察してみました。長文です。長いです。絶句します。

世紀末オカルト学院 第12話「千の風、美の尋めゆき / A thousand wind, the search for beauty」

予想外の魔法戦も飛び出し、「ノストラダムスの鍵」を発見して未来を救うクライマックス。だが、思いのほかバトルを引っ張り、しかも真の解決は最終話に譲った二段オチ的なまとめ方になりそうな「世紀末オカルト学院」の第12話。 本性を現した美風が急に悪辣な女になるこ...

世紀末オカルト学院 第12話 おまけ

長いので2つに分けました。 こちらは最終回前の考察です。長文です。

「世紀末オカルト学院」第12話感想

まさかマヤから受け続けた暴力がこんな形で実を結ぶとは( ▽|||) ぬるいな、からの一連の流れは王道演出の一つだと思いますが、 普通なら...

世紀末オカルト学院 Episode.12 「千の風、美の尋(と)めゆき」

全てを終わらせる!! バトル!バトル! オカルト学院12話

世紀末オカルト学院Episode.12「千の風、美の尋...

前回の超展開から一週間。予想通りネット上では『盛り上がってきたー!』や『この超展開は良い超展開』という肯定的な意見と『完全に糞アニメ』『最後に必ずやらかすのがアニメノチ...

世紀末オカルト学院12話

もうお前ら時空管理局に就職しろよ。というわけで、「世紀末オカルト学院」12話ドライブイグニッションの巻。千尋さんvs美風さんの魔法大戦勃発。白魔術師と黒魔女。光と闇。善と悪...

世紀末オカルト学院 第12話 感想

 世紀末オカルト学院  第12話 『千の風、美の尋めゆき  /A thousand wind, the search for beauty』 感想  次のページへ

世紀末オカルト学院第12回千の風、美の尋(...

Episode.12「千の風、美の尋(と)めゆき」公式HPよりあらすじ純一郎を手にかけ、マヤの命を狙い、そして今、魔界の扉を開かんとする人物が姿を現わす。しかし文明は為す術無く、身動き...

ロデム変身、空を駆けろ!(世紀末オカルト学院 第12話レビュー)

世紀末オカルト学院 EPISODE.12「千の風、美の尋めゆき」 ★★★★★

世紀末オカルト学院:12話感想

世紀末オカルト学院の感想です。 ここまで少年誌的な展開になるとは(汗)

世紀末オカルト学院 第12話 「千の風、美の尋めゆき」

黒魔女の美風と、白魔術師の千尋、いい歳こいた女たちのガチ魔術バトルが勃発。 今までにマヤが遭遇した数々のオカルトも、美風の手によ...

世紀末オカルト学院 #12 『千の風、美の尋めゆき』 感想

  火花散る魔法バトル その行く末は― というわけでオカルト学院12話。思っていた以上にかましてくれました(笑) 前回の感想で 「も...

世紀末オカルト学院 第12話「千の風、美の尋めゆき」 感想

色々と凄かった・・・。今週の「オカルト学院」の感想です。 先週に引き続き、アニメが変わったかのような魔法合戦。 川島先生の側近の男が、黒豹?に変身したりして、ますます世界観が訳分からん事に。 空では白魔術師と黒魔術師の魔法合戦、 そこから離れるマヤ、

世紀末オカルト学院 12話

Episode12 「千の風、美の尋めゆき」 「こんな痛み、マヤに比べれば、ぬるいな!」 文明どれだけM!?(笑) 黒魔女美風と白魔術師千尋...

世紀末オカルト学院 第12話「千の風、美の尋めゆき」

世紀末オカルト学院 第12話「千の風、美の尋めゆき」 脚本:綾奈ゆにこ 絵コンテ・演出:タムラコータロー 作画監督:渡辺浩二、?木晴美...

世紀末オカルト学院 第12話 千の風、美の尋めゆき

世紀末オカルト学院 第12話 千の風、美の尋めゆき 純一郎を手にかけ、マヤの命を狙い、そして今、魔界の扉を開かんとする人物が姿を現わ...

世紀末オカルト学院 12話 感想

世紀末オカルト学院 第12話「千の風、美の尋めゆき」 今回は面白かった。 全体を通じた出来は知らないが、ってかおもいっきりグダグダだけ...

(アニメ感想) 世紀末オカルト学院 第12話 「千の風、美の尋めゆき」

世紀末 オカルト学院 1 【完全生産限定版】 [Blu-ray]クチコミを見る 純一郎を手にかけ、マヤの命を狙い、そして今、魔界の扉を開かんとする人物が姿を現わす。しかし文明は為す術無く、身動き一つ出来ない。解き放たれるモスマンやチュパカブラ。「魔女を殺せ」と声を荒...

世紀末オカルト学院 第12話の感想

なんかジャンプの打ち切られそうな漫画みたいな展開。 今までの流れをぶったぎり、世界観が崩壊。 幽遊白書の魔界統一トーナメントに匹敵す...

世紀末オカルト学院 第12話

[関連リンク]http://www.occult-gakuin.jp/Episode.12 千の風、美の尋めゆき魔法バトル勃発白魔術の千尋に黒魔術の美風その力は一見互角に見えるなんとしてもマヤを連れて逃げようとする黒服そ...

最期のポエム

{/hiyo_uru/}食物連鎖! ラ・カンパネッラが切なかったです・・ 『世紀末オカルト学院』 Episode.12 千の風、美の尋めゆき 魔界の扉を開こうとしたあの黒魔女って、 どこから来たのかね? 単独、魔界から来て扉を開けようとしたのかな? 私は襲来するのは宇宙人?と

世紀末オカルト学院 第12話 「千の風、美の尋めゆき」

黒魔女美風の追撃を防ぐために全力を尽す白魔女千尋、だが両者の実力の差は明白であった。そして次第に追い詰められオカルト学院まで後退し...

世紀末オカルト学院・第12話

「千の風、美の尋めゆき」 黒き魔女から、マヤを救おうとした教頭。美風、千尋(教頭)の戦いが始まる。そして、そんな争いをよそに、亜美...

世紀末オカルト学院 #12 千の風、美の尋めゆき

マジで面白いな 世紀末 オカルト学院 1 【完全生産限定版】 [Blu-ray](2010/09/22)日笠陽子水島大宙商品詳細を見る世紀末オカルト学院 #12 千の風、...

世紀末オカルト学院 第12話「千の風、美の尋めゆき」

『純一郎を手にかけ、マヤの命を狙い、そして今、魔界の扉を開かんとする人物が姿を現わす。しかし文明は為す術無く、身動き一つ出来ない。...

世紀末オカルト学院 第12話「線の風、美の尋めゆき」感想

それにしても、随分平均年齢の高い魔女っ子対決だ(ry

世紀末オカルト学院 第12話 「千の風、美の尋めゆき」

をみた。    白魔女VS黒魔女 ネタバレ注意 白い魔女・川島千尋と黒い魔女・美風の戦い。 モスマンを召喚したり美風が強い。 ...

世紀末オカルト学院 第12話 『千の風、美の尋めゆき』 

マヤを復活させるべく交霊会を行う黒木亜美、成瀬こずえ、JK、スマイル。そんなことをしなくともマヤは、生きているのに。

「世紀末オカルト学院」12話 千の風、美の尋めゆき / A thousand wind, the search for beauty

川島千尋と美風の直接対決は美風の勝ちだったけどトドメを差し切れずに千尋によって文明が助けられてマヤのもとにまで文明を送ることができ...

(感想)世紀末オカルト学院 第12話「千の風、美の尋めゆき」

世紀末オカルト学院 第12話 「千の風、美の尋めゆき」 熱い熟年魔女っこバトル!!w そして鍵をついに破壊・・・したはずなのに!?

世紀末オカルト学院 Episode.12「千の風、美の尋めゆき」

バッちゃんのシンクロ率ハンパねぇっす…!! さすが、初対面でオカルトよりオカルトちっくと思わしめただけはある。 しかも血の色ミドリだぜぇぇえ~~。 世紀末オカルト学院 Volume.3(完全生産限定版) [Blu-ray]出版社/メーカー: アニプレックスメディア: Blu-ray

世紀末オカルト学院 #12

【千の風、美の尋めゆき】 世紀末 オカルト学院 1 【完全生産限定版】 [Blu-ray]出演:日笠陽子販売元:アニプレックス発売日:2010-09-22おすすめ度:クチコミを見る 愛は幸せな世界を築く!? 

世紀末オカルト学院 Episode.12 「千の風、美の尋めゆき」 感想

 魔法合戦の千尋と美風。  一進一退と言いたい所ですが、全体的に美風の方が余裕があり、さらにモスマンなんかも召喚。  そしてマヤを...

世紀末オカルト学院 第12話 「千の風、美の尋めゆき/Athousand wind thesearchfo beauty」 簡易草子

「私はまだ生きてるわよ!早く逃げて!!」byマヤ 「美風さん、・・・僕はずっと騙されていたのか。」by文明 「愛は所詮体よ!!」by...

世紀末オカルト学院 Episode.12「千の風、美の尋(と)めゆき」

世紀末オカルト学院 Episode.12「千の風、美の尋(と)めゆき」です。 さ

世紀末オカルト学院~第12話 感想「千の風、美の尋めゆき」

世紀末オカルト学院ですが、美風vs教頭の決戦も白黒つけますが、神代マヤのボディーガードが黒豹に変化するオカルトもあります。この黒豹は翼も生えて空も飛びますが、もう何でもありになっています。 美風は文明のことも小ばかにしますが、教頭は「あの人の心は涼やか...

世紀末オカルト学院 第12話 「千の風、美の尋(と)めゆき」

僕(しもべ)ロデムと「ぬるいな!」に笑。ノストラダムスの鍵については、ん?

世紀末オカルト学院 Episode.12 千の風、美の尋めゆき レビュー キャプ

ついになんか始まっちゃった黒魔女(美風)と白魔女(千尋)の 戦い。黒服にマヤを託した千尋は黒魔女と壮絶な魔法バトルを 繰り広げる。けっこう派手な魔法バトルね~魔法陣出まくりw マヤをかかえて逃げる黒服は途中現れた黒装束軍団を振り切る時に 変身!! Σ(゚Д

世紀末オカルト学院 第12話

(王道オカルトバトル?) 世紀末オカルト学院 第12話の所感です。

世紀末オカルト学院 第12話 千の風、美の尋めゆき

川島が美風を食い止めている間に、マヤ達は逃走。

世紀末オカルト学院 第12話「千の風、美の尋めゆき」

世紀末オカルト学院 第12話「千の風、美の尋めゆき」です。 以下ネタバレ注意

世紀末オカルト学院 第12話 感想

第12話「千の風、美の尋(と)めゆき」

世紀末オカルト学院 Episode.12「千の風、美の...

・・・終わりが近いです。【20%OFF!】世紀末オカルト学院(1)【初回限定生産】(DVD)【発売日お届け!2010年9月22日発売】早速感想。前回に引き続きの展開。そして予定調和な感じ。激し...

世紀末オカルト学院 Episode.12「千の風、美の尋(と)めゆき」

画伯メチャメチャ格好いいなッ!! 魔法少女(?)対決も遂に決着! 思ったよりもかなり激しい戦闘だったねぇ~ 最後まで乙女心を貫いた画伯蕩れ!! しかし、あんな最後とは… フライングヒューマノイド(世紀末盤)中川翔子 8bit Project SMR 2010-08-1...

世紀末オカルト学院 第12話 「千の風、美の尋めゆき」

大門ダヨ 前回の超展開から ちょっと「なのは」に見えるw(ファンに怒られそう・・・) 凄い展開と戦い・・・

左サイドMenu

カウンター

祝2,000,000Hit達成♪ とうとう大台突破。これも皆様のおかげでございます(o ̄∀ ̄)ノ

カレンダー(月別)

08 ≪│2019/09│≫ 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

ガンダムシリーズ

◆新機動戦記ガンダムW◆

新機動戦記ガンダムW BD-BOX1

OVA・続編含め『新機動戦記ガンダムW』全般を応援してます♪
ガンダムW関連 まとめページ
感想、用語、企画など全ページへのリンクがあります。ご利用ください

2016/05/04 12巻分の用語一部更新しました

《用語》
用語集
ア行
カ行
サ行
タ行
ナ行
ハ行
マ行、ヤ行
ラ行、ワ行
英字行
登録キャラクター名一覧
キャラクター詳細
ア行
カ行
サ行
タ行
ナ行
ハ行
マ行、ヤ行
ラ行、ワ行、英字行

メカニック図鑑
メカニック用語詳細
年表

《企画》
年代考察
勢力図まとめ
AC暦におけるMS史(コラム)

◆ガンダムモビルスーツバイブル◆

GMB001_20190322210057cc3.jpg

まとめページ

◆機動戦士ガンダム00◆

GUNDAM OOQ
用語集などは特にありませんが、劇場版の感想は全十回というボリュームでコラム風に書かせていただきました。よろしければどうぞ。
ガンダム00関連 まとめページ

◆鉄血のオルフェンズ◆

81TuctHvlZL__CR88,0,1536,1536_
各回の感想のまとめだけ。
鉄血のオルフェンズ まとめページ

米山シヲ 応援エリア

◆梅衣堂ひよと旦那様の野望◆

1-2-2

『梅衣堂ひよと旦那様の野望』待望第1巻発売中

月刊少年ガンガンで現在連載中『梅衣堂ひよと旦那様の野望』を応援中。『ブラクロ』と同じように独自用語集も製作中!

公式特設ページ

独自用語集
第1巻

◆ブラッディ・クロス◆

ブラクロサムネ

月刊少年ガンガンで完結した『ブラッディ・クロス』をプッシュしています♪ 独自用語集あります! 

公式特設ページ

独自用語集
キャラ紹介-混血勢力-
キャラ紹介-天使勢力-
キャラ紹介-堕天使勢力-
キャラ紹介-アルカナ-
キャラ紹介-神葬-
キャラ紹介-その他-


最近の記事

最近のコメント

<>+-

最近のトラックバック

メールフォーム

管理人に何か言いたいことがあれば、ここからどうぞ♪

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード

QR

友達申請フォーム

FC2ブログランキング

FC2のブログランキングに参加中♪ 気に入っていただけたなら、一押しして下さい。

FC2ブログランキング

右サイドメニュー

義援金募集

FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして

検索フォーム

管理人から一言

お知らせ

管理人からのお知らせです。

PS4ゲーム『JUDGE EYES:死神の遺言』プレイ中。

『ガンダムW FT』コンテンツは不定期更新です。現在は11巻分までの感想と用語の更新を完了しました。

『ブラッディクロス』全12巻発売中! 用語集更新は全て無事終了致しました。

文庫・単行本(キャラクターノベル含む、ライトノベル含まず)の著者名別リストに移行しました。さすがに増え過ぎた(笑


今期の週間感想予定
日曜日:-
月曜日:-
火曜日:-
水曜日:-
木曜日:-
金曜日:-
土曜日:-
不定期:ピックアップ感想、ゲーム感想、模型関連など


場合によっては急遽順序等の変更もありますが、ご理解いただけますようよろしくお願いします。

管理人プロフィール

月詠

Author:月詠
埼玉県某所在住の34歳社会人。性別♂。名前は「つくよみ」と読む。

世知辛い世の中で嬉しいことも泣きたいこともサブカルチャーたちに救われています
詳細な自己紹介はこちら(2019版)。それ以前のものはこちら

コメント・TB、相互リンク受付中。下記の運営方針に詳細を記載しております。無条件に大歓迎と言うわけではありませんが、大部分の方は歓迎出来るかと思いますw

以下、ショートカット。
◇閲覧上の注意や規約など
Blogの運営方針・利用規約
他のBlog様と大差ない運営・利用規約ですが、初閲覧の方は簡単でも良いので読んで頂けるとありがたいです。閲覧、コメント等される方は利用規約を了承していると判断させていただきますので、「知りませんでした」は通用致しません。


◇アニメについて
アニメの評価について
歴代アニメ評価一覧
アニメアウォーズ! 受賞一覧


◇ゲームについて
ゲームの評価について
歴代ゲーム評価一覧


◇ブックス(本)について
小説の評価について
ブックレビュー一覧
   あ行の著者
   か行の著者
   さ行の著者
   た行の著者
   な行の著者
   は行の著者
   ま行の著者
   や行の著者
   ら行の著者
   わ行の著者
   複数の著者・その他
 文庫・単行本(キャラノベ含む、ラノベ含まず)は上気の著者名別になっています。

◇プラモデルについて
完成品一覧(グレード別)
完成品一覧(シリーズ別)
完成品一覧(トイ、フィギュア等)

◇その他リスト一覧はこちら
テレビ&シネマ
CD&DVD&BD
TYPE-MOON関連

ツリー式カテゴリー

openclose

アニプレッション!!

アニプレッション!!
アニプレッション!!とは

アニプレッション!!は、アニメブロガー達の合同ブログです。アニメについての問題意識・感想・考察・批評等の諸言説を発表し、アニメを語る事の面白さを伝える事が目標です。自分も末席に加えさせていただいております。
現在活動停止です

以下、アニプレッション!!メンバーのBlogです。

相互リンク(更新停止)

残念ながら一年以上の更新がない相互リンク先の方々です。サイト消滅の場合は消させていただきます。いずれまた復活し、交流が持てることを期待しています……