FC2ブログ

刹那的虹色世界

アニメ・ゲームのあらすじを主体とした感想や批評のブログ。時折、日記・声優・コミック・スポーツなど幅広くレビューしています。リンクフリー、相互リンク大歓迎♪

Entries

刀語 第9話

刀語 第9話
『王刀・鋸』


≪あらすじ≫
伝説の刀鍜治、四季崎記紀がその人生を賭けて鍛えた完成形変体刀十二本を求め、無刀の剣士である虚刀流七代目当主・鑢七花(やすり・しちか)美貌の奇策士・とがめが征く、刀集めの旅。

九本目の変体刀『王刀・鋸』は剣術道場心王一鞘流の当主である汽口慚愧が代々流派に伝わるモノとして手にしていた。だが、彼女は刀を持たない流派・虚刀流とその使い手である七花を認めず、刀と防具を手にして戦うことを求める。

それに従う七花たちだが、刀を手にしないことで強さを得てきた虚刀流の七花にとって、刀を手にしたことで劇的に弱くなり、慚愧に敗北してしまう。慚愧の提案で、七花は心王一鞘流の道場で剣術を学ぶことになったのだが―――



≪感想≫
な ん だ こ の ラ ブ コ メ は w w w


凄い。本当に回を増すごとにラブコメ度が強くなっていくが、今回がピークじゃないか?(笑 あれ、とがめってあんな可愛過ぎるキャラだったっけか?と思わず首を捻って見終わった後に過去の回を少し見直してしまったよ。



実際、今回の描写は秀逸だった。この手に、二元中継的な手法は、特に動画において有効な描写法の一つだと思う。もちろん、中継先がやたら多くなりすぎると、おそらくどの媒体でも“やり過ぎ”感が強くなって失敗するのだろうが。

現に、今季のアニメーションの中では特に『伝説の勇者の伝説』で二元中継的手法が多用されている。あれは、あれで悪くないなと思えるが、二元中継としての手法の完成度だとやはり『刀語』の方が上だと思えた。

もちろん描かれているテーマやプロットが全く違うので一概に断言出来ることではないが、アニメーションにおける二元中継の最大の醍醐味は、相手の手の内を読み合う戦略戦か、あるいは中継場面によって180度逆転される物語としてのギャップだろう。今回は、こと後者において強く描かれていたと思う(伝勇伝はシリアス一辺倒で描かれがち(序盤は違うが)で、戦略戦術戦としてもシオンSideはともかくライナSideはそんな展開ではない)。



七花ととがめのラブコメを基軸としながらも、二元中継で否定姫Sideや真庭忍軍Sideが極めてシリアスに描かれる。そうしたギャップがあるから、七花ととがめのラブコメは一層面白く微笑ましく見れるし、否定姫Sideなどは一層シリアスさ・暗躍さが伝わって来る。
ギャップというのは一つのある種完成されたキャラクターや物語の魅力を引き出す手法だが、その典型例とも言えるのだろう、きっと。七花ととがめのラブコメはここまでの8話の積み重ねがあったからこそ笑えて楽しめたものでもあるわけだし。



物語にはシナリオやプロットの整合性や理論性というものを大切にしている私だけど、そういったものを全部放り投げてしまいそうになるほど、「あぁ、これはこれで良いや」と思って最後まで楽しんで見ていた。決着もとがめの半ば(というかほとんど)反則行為による、相手へのささやき戦術と言う終わり方であり(※慚愧の思考を考えれば反則にはならないだろうと異論はあるのだが)、やっぱり剣を手にした七花の弱さと不器用さを表すような、最後の面だったわけだけど、それはそれで良いだろうと思った。

普通に考えれば、どうにかして慚愧を説得するか言葉巧みに騙して七花が虚刀流として戦える場面を作り上げるシナリオが一般的だろうが、とがめの“奇策士”という設定も相まって、あの展開はそれはそれで納得出来る展開だったと思う。
ここ数話、最後は必ずと言っていいほどカッコいい七花で戦いに決着が着いていたわけだから、たまにはとがめにも見せ場があって良いと思うし、確かにとがめが戦いにおいて最後まで見せ場を作るのだとすれば智略戦・戦略戦術戦になるのは道理だと思う。




本当はもっと語るべきことがあったような気もするけどね(笑 活人剣と殺人剣とか、炎刀ってオートマチックとリボルバーの銃じゃんとか、ゲストキャラだった慚愧についてとか、真庭鴛鴦の忍術とか。

別にそれがどうでも良いわけではない。でも、そうしたものはあくまで物語の肉付けに過ぎず、物語の骨格はあくまで七花ととがめの刀集め、ということなのだろう。
こうして記事を書いていて、真っ先に思いついた話題がソレだったことを思い返しながら、作品として軸がブレていない、良い作品だなぁ、と(今更ながら)改めて思った。

※とがめの取った戦術ってやっぱ反則なのかね?
一応本文で書いてしまったので。ぶっちゃけ、あんまり考察する必要性を感じてないが(笑


まぁ、普通に考えれば反則なのかもなぁ、と思いつつも、それはちょっと違うのかもとも思ったり。結局五分五分な気がする。

とがめの奇策が個人的に反則にギリギリ触れないのではないか、と思える要因は、心理戦の是とするか否とするかによる個人的な持論の違いによる気がするからだ。
しかも、その心理戦はとがめが慚愧一人に行ったモノではない。確かにとがめは慚愧一人をピンポイントに狙ったモノであることに違いはないが、とがめが両者の中央で審判役をしていたわけだから、慚愧に聞こえていたのなら、七花にも当然聞こえていたはずなのだ。

剣士同士の一騎打ちにおいて、部外者の声や音が一切入ってはいけない、というのであればとがめの行為そのものが反則なのだろう。
でも、それは普通に考えて無理なのである。自然界において全くの無音状態というものがそもそもにおいて極めて稀な状況下でなければ生み出されるものではないと思うから。

七花にもとがめの声が聞こえていたのであれば、同じ環境において勝負をしたわけだからそこに不正はない。要はその発言を理解してしまうか否か、その発言の先に思考が飛んでしまうか否かなのだ。
七花は将棋に対する理解力がないから、とがめの言葉を理解出来なかった。逆に慚愧には理解出来てしまった。勝負の差はこの差だったのだろう。

例えるならば、異国の言語。何かの勝負や立ち会いの際、外部から異国の言語が聞こえてきても、その言語についての知識や理解力がなければ、それは周囲の騒音と大した差はない。でも、その言葉が理解出来てしまうと、そうもいかない。おまけに、理解出来てしまう内容が自分に関係していたり興味の持っていたりしたものであるならば、なおのことなのだ。

もちろん、とがめは慚愧ならば思考が将棋にも飛んで集中力を欠くことを想定しての行動だったわけだが、それならば慚愧の集中力がとがめのささやき戦術を上回っていれば何の問題も無かったわけで。


そうした意味で、たぶん慚愧はその戦術を用いられて負けたとしても口にしなかったように思えてならない。あそこまで自分を律していた人間ならば、「目の前の敵に集中し切れなかった自分の未熟さが全て」と言い訳をしないと思うからである。
それをどう捉えるかはやっぱり人それぞれだろうが、その潔さは劇中で七花が感服したように、見ている視聴者の私たちも、幾ら二次元のアニメの中とはいえ、こうした潔いキャラクターが稀少な時代なだけに感服出来たのではないだろうか、と思えた。






≪TB先 参照リンク(URLアルファベット順)≫
赤字はTBが現在弾かれてしまっているBlog様です。
現在、yahoo系、nifty系、so-net系はほぼ全滅。楽天系は調子がいいと送れます。goo系始め長いURLは小文字表記にさせていただいてます。それ以外の他意はございません。

・http://2009nenaki.blog11.fc2.com/blog-entry-371.html
・http://28903894.at.webry.info/201009/article_34.html
・http://3284allegro.blog38.fc2.com/blog-entry-1782.html
・http://ameblo.jp/adam/entry-10647657598.html(別館へ)
・http://amkatan.blog118.fc2.com/blog-entry-1301.html
・http://animedouganews.blog44.fc2.com/blog-entry-1488.html
・http://animeyotabanashi.blog63.fc2.com/blog-entry-396.html
・http://aniponda.blog119.fc2.com/blog-entry-587.html
・http://blog.goo.ne.jp/sakino-k/e/002c64e0f8d9c86d91e396d87441ca7e
・http://blog.livedoor.jp/kansaianime/archives/51613131.html
・http://blog.livedoor.jp/kotarou_break/archives/2972010.html
・http://blog.livedoor.jp/koubow20053/archives/51611740.html
・http://blog.livedoor.jp/utakana/archives/51779698.html
・http://coffeemonster.at.webry.info/201009/article_21.html
・http://fovsaikou.blog129.fc2.com/blog-entry-410.html
・http://harutoki2.blog18.fc2.com/blog-entry-2079.html
・http://hienkyaku.blog50.fc2.com/blog-entry-1401.html
・http://kagura77.blog99.fc2.com/blog-entry-2435.html
・http://kokorokotoba0502.blog38.fc2.com/blog-entry-634.html
・http://kouyanoblog.blog61.fc2.com/blog-entry-3340.html
・http://libra1974.blog86.fc2.com/blog-entry-1621.html
・http://merkmals.blog31.fc2.com/blog-entry-1340.html
・http://monochromenote.blog114.fc2.com/blog-entry-1084.html
・http://myuvi.blog59.fc2.com/blog-entry-229.html
・http://nextsociety.blog102.fc2.com/blog-entry-984.html
・http://plaza.rakuten.co.jp/avene/diary/201009110001/
・http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201009110001/
・http://sagaturedure.blog31.fc2.com/blog-entry-4216.html
・http://seeing04.blog39.fc2.com/blog-entry-1621.html
・http://seraraku2.blog59.fc2.com/blog-entry-4862.html
・http://shino134.blog22.fc2.com/blog-entry-754.html
・http://sironsiron.blog70.fc2.com/blog-entry-474.html
・http://sorakakeruhosi.blog109.fc2.com/blog-entry-1954.html
・http://soraxcan.blog59.fc2.com/blog-entry-2074.html
・http://strawcat.blog12.fc2.com/blog-entry-2637.html
・http://sumi4460.blog63.fc2.com/blog-entry-2379.html
・http://wasyuutyan.blog108.fc2.com/blog-entry-255.html
・http://xenograft.blog58.fc2.com/blog-entry-203.html
・http://yamitarou.blog75.fc2.com/blog-entry-2275.html
・http://yusyu.blog34.fc2.com/blog-entry-582.html
・http://zassyokukei.blog91.fc2.com/blog-entry-251.html

もしよろしければ、拍手ボタンをポチッと押して下さいm(_ _)m 管理人のモチベーションが上がります(ぉ

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

Trackback

トラックバック URL
»»この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

「刀語」第9話

第9話「王刀・鋸」元来、将棋と剣術で栄えてきたものの、天下泰平の世において剣が廃れてしまった出羽の将棋村。そこに唯一残っていた剣術道場、心王一鞘流の当主である汽口慚愧が...

刀語 第09話 「王刀・鋸」

居合とは人に切られず 人切らず ただ受け止めて平らかに勝つ

刀語 第9話 「王刀・鋸」

ラブコメ王道回でした(笑) 剣術道場、心王一鞘流の当主である汽口慚愧は、真面目すぎるキャラ。 七花に武器を持たせないと試合をしないと...

刀語 第9話「王刀・鋸」 【感想】「田村ゆかり劇場」

-田村ゆかり劇場開幕- 今回の刀語。 個人的にはとがめ=田村ゆかり劇場としか言い様の無い展開でした。 とがめが動き、芝居し、演技をす...

刀語 第9話「王刀・鋸」

刀語 第七巻 悪刀・鐚(完全生産限定版) [Blu-ray](2010/10/06)細谷佳正田村ゆかり商品詳細を見る 原作でも見られたラブコメ要素を拡大し、見事に笑え...

刀語 第九話 王刀・鋸

 とがめがタイミング悪過ぎですね。彼女のいろんな表情が見られて楽しかったです。

刀語 第9話 「王刀・鋸(オウトウ・ノコギリ)」 感想

今回はラブコメですか(笑) 何この可愛い生き物。 今回の待ち受けパスワードの二つ目に吹いたよ! 木刀 VS 無刀 王刀・鋸を求め、出羽...

刀語9話

原作ギャルゲーでしたっけ?というわけで、「刀語」9話夏色剣術小町の巻。ふぅ…やきもちを焼く女の子ってどうしてこんなにかわいいんだろうな。ベタな勘違いのオンパレード!か、...

刀語 第9話「王刀・鋸」

『王刀・鋸を求め、出羽の将棋村へと向かう七花ととがめ。 その名の通り将棋が盛んな村にある唯一の剣術道場・心王一鞘流の12代目当主である...

刀語 第9話「王刀・鋸」

刀語 第9話「王刀・鋸」 脚本:待田堂子 絵コンテ・演出:サトウシンジ 作画監督:池上太郎、二宮壮史 溢れんばかりのとがめの可愛ら...

(感想)刀語 第9話「王刀・鋸」

刀語 第9話 「王刀・鋸」 もうなんというか王刀だけに、王道なラブコメでしたね☆ それにしても・・・あれ?最後、ラブリー森島先輩の声...

刀語 くるねこ

刀語『王刀・鋸』9話を視聴。 今回は艶っぽい描写が多かった様に思えましたが,続くのかな?。 「この私が直々に鍛え上げ,その後に改めて正...

刀語 第9話「王刀・鋸(オウトウ・ノコギリ)」

今回の舞台は出羽の国です。

刀語  第9話 「王刀・鋸」 感想

「看板娘です☆」 刀語 第六巻 / 双刀・鎚 【完全生産限定版】 [Blu-ray] (2010/09/01) 細谷佳正田村ゆかり 商品詳細を見る

刀語 #09 王刀・鋸 2chの反応

看板娘です♪ 刀語 #09 王刀・鋸

刀語 第9話「王刀・鋸」

ラブコメ回。笑わされっぱなしだった^^

『刀語』#9「王刀・鋸」

「剣を取ったほうが弱くなるなど、まるで呪いのようですね」 木刀 VS 無刀 王刀・鋸を求めて、出羽の将棋村までやって来たとがめたち。 さ...

刀語 09話『王刀・鋸』

出羽 天童将棋村 王刀・鋸を所持する汽口斬愧にとがめが将棋の勝負で勝ったとことで、刀をかけて七花と勝負させてもらえる権利を得る。

刀語 9話 感想

刀語 第9話「王刀・鋸」 とがめが可愛すぎる、にやにやの止まらない回でしたね。 とがめと言ったら「ちぇりお!!」。 これがないと始ま...

刀語 9話 「王刀・鋸」

真っ直ぐであるが故に

『刀語』第9話感想

【あらすじ】 心王一鞘流・十二代目当主 汽口慚愧。 毒気の無い変態刀 王刀・「鋸」の所有者にして、今回の対戦相手。 彼女と対戦をする...

刀語 第9話 「王刀・鋸」 感想

 月1放送の刀語。今回は棋士の聖地、出羽の将棋村での汽口斬愧との戦いに。最初はいつも通りの流れでバトル展開になるかと思いきゃ、メインは七花ととがめのラブコメでした~。今回はとにかくツンデレなとがめかわいい!その一言に尽きます。今までの回の中で一番のかわ...

「刀語」第9話感想

今回は、可愛さ的にもちょいエロ的にも狙った描写が盛り沢山でしたね 一応原作でも汽口慚鬼との修行にすっかり馴染んでいる七花に嫉妬する...

刀語 第九話 「王刀・鋸」

最凶の恋敵出現!! 慚愧のごとく! 刀語9話

刀語 第9話「王刀・鋸」

とがめかわいいよとがめ。今回はゆかリん無双だったw

刀語(カタナガタリ) 第1話   ~ 第9話 王刀・鋸(オウトウ・ノコギリ)

刀語(カタナガタリ) 第1話   ~第9話 王刀・鋸(オウトウ・ノコギリ) 伝説の刀鍜治、四季崎記紀がその人生を賭けて鍛えた十二本の“刀...

刀語 第9話

おもしれーーーー! で、やっぱりとがめが可愛い☆ 表情が豊かだし、仕草とか最高すぎるだろ・・・・ 今回の相手は汽口慚愧 声優は伊...

(アニメ感想) 刀語 第9話 「王刀・鋸」

刀語 第七巻 悪刀・鐚(完全生産限定版) [Blu-ray]クチコミを見る 王刀・鋸を求め、出羽の将棋村へと向かう七花ととがめ。 その名の通り将棋が盛んな村にある唯一の剣術道場・心王一鞘流の12代目当主である汽口慚愧がその所有者だ。 交渉を始めるとがめであったが、七花と...

刀語 第九話 「王刀・鋸(オウトウ・ノコギリ)」

いつもと違うコメディ回、ただ今とがめ絶賛暴走中~、の巻。

(アニメ感想)刀語 第09話「王刀・鋸(オウトウ・ノコギリ)」

あらすじ 王刀・鋸を求め、出羽の将棋村へと向かう七花ととがめ。 その名の通り将棋が盛んな村にある唯一の剣術道場・心王一鞘流の12代目当...

刀語 第9話 『王刀・鋸』 感想

この作品は、アニメでは珍しい1話1時間モノなわけですが、それもいいなと思える回。刀語 第9話 『王刀・鋸』 感想です。

刀語 第九話「王刀・鋸」

出羽の天童将棋村で剣術道場・心王一鞘流の12代目当主である汽口慚愧に将棋の勝負で勝利したとがめは、約束通りに四季崎記紀の完成形変体刀『王刀・鋸』を賭けた鑢七花との勝負を承諾させるも、慚愧は防具も武器も持たない相手と勝負出来ないと言い出した。、やむなく防具...

刀語 第九話「王刀・鋸」

出羽の天童将棋村で剣術道場・心王一鞘流の12代目当主である汽口慚愧に将棋の勝負で勝利したとがめは、約束通りに四季崎記紀の完成形変体刀『...

刀語 第9話 「王刀・鋸」

刀語 第9話 「王刀・鋸」 人気ブログランキングへ

刀語 9

第9話 「王刀・鋸」今さらですが刀語のレビューいきます。とがめの髪が短くなってOPもリニューアル。曲も毎回変えるし、ホント手間かかってるなこのアニメ。今回の敵(名前が難しすぎる)...

左サイドMenu

カウンター

祝2,000,000Hit達成♪ とうとう大台突破。これも皆様のおかげでございます(o ̄∀ ̄)ノ

カレンダー(月別)

09 ≪│2019/10│≫ 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

ガンダムシリーズ

◆新機動戦記ガンダムW◆

新機動戦記ガンダムW BD-BOX1

OVA・続編含め『新機動戦記ガンダムW』全般を応援してます♪
ガンダムW関連 まとめページ
感想、用語、企画など全ページへのリンクがあります。ご利用ください

2016/05/04 12巻分の用語一部更新しました

《用語》
用語集
ア行
カ行
サ行
タ行
ナ行
ハ行
マ行、ヤ行
ラ行、ワ行
英字行
登録キャラクター名一覧
キャラクター詳細
ア行
カ行
サ行
タ行
ナ行
ハ行
マ行、ヤ行
ラ行、ワ行、英字行

メカニック図鑑
メカニック用語詳細
年表

《企画》
年代考察
勢力図まとめ
AC暦におけるMS史(コラム)

◆ガンダムモビルスーツバイブル◆

GMB001_20190322210057cc3.jpg

まとめページ

◆機動戦士ガンダム00◆

GUNDAM OOQ
用語集などは特にありませんが、劇場版の感想は全十回というボリュームでコラム風に書かせていただきました。よろしければどうぞ。
ガンダム00関連 まとめページ

◆鉄血のオルフェンズ◆

81TuctHvlZL__CR88,0,1536,1536_
各回の感想のまとめだけ。
鉄血のオルフェンズ まとめページ

米山シヲ 応援エリア

◆梅衣堂ひよと旦那様の野望◆

1-2-2

『梅衣堂ひよと旦那様の野望』待望第1巻発売中

月刊少年ガンガンで現在連載中『梅衣堂ひよと旦那様の野望』を応援中。『ブラクロ』と同じように独自用語集も製作中!

公式特設ページ

独自用語集
第1巻

◆ブラッディ・クロス◆

ブラクロサムネ

月刊少年ガンガンで完結した『ブラッディ・クロス』をプッシュしています♪ 独自用語集あります! 

公式特設ページ

独自用語集
キャラ紹介-混血勢力-
キャラ紹介-天使勢力-
キャラ紹介-堕天使勢力-
キャラ紹介-アルカナ-
キャラ紹介-神葬-
キャラ紹介-その他-


最近の記事

最近のコメント

<>+-

最近のトラックバック

メールフォーム

管理人に何か言いたいことがあれば、ここからどうぞ♪

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード

QR

友達申請フォーム

FC2ブログランキング

FC2のブログランキングに参加中♪ 気に入っていただけたなら、一押しして下さい。

FC2ブログランキング

右サイドメニュー

義援金募集

FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして

検索フォーム

管理人から一言

お知らせ

管理人からのお知らせです。

PS4ゲーム『JUDGE EYES:死神の遺言』プレイ中。

『ガンダムW FT』コンテンツは不定期更新です。現在は11巻分までの感想と用語の更新を完了しました。

『ブラッディクロス』全12巻発売中! 用語集更新は全て無事終了致しました。

文庫・単行本(キャラクターノベル含む、ライトノベル含まず)の著者名別リストに移行しました。さすがに増え過ぎた(笑


今期の週間感想予定
日曜日:-
月曜日:-
火曜日:-
水曜日:-
木曜日:-
金曜日:-
土曜日:-
不定期:ピックアップ感想、ゲーム感想、模型関連など


場合によっては急遽順序等の変更もありますが、ご理解いただけますようよろしくお願いします。

管理人プロフィール

月詠

Author:月詠
埼玉県某所在住の34歳社会人。性別♂。名前は「つくよみ」と読む。

世知辛い世の中で嬉しいことも泣きたいこともサブカルチャーたちに救われています
詳細な自己紹介はこちら(2019版)。それ以前のものはこちら

コメント・TB、相互リンク受付中。下記の運営方針に詳細を記載しております。無条件に大歓迎と言うわけではありませんが、大部分の方は歓迎出来るかと思いますw

以下、ショートカット。
◇閲覧上の注意や規約など
Blogの運営方針・利用規約
他のBlog様と大差ない運営・利用規約ですが、初閲覧の方は簡単でも良いので読んで頂けるとありがたいです。閲覧、コメント等される方は利用規約を了承していると判断させていただきますので、「知りませんでした」は通用致しません。


◇アニメについて
アニメの評価について
歴代アニメ評価一覧
アニメアウォーズ! 受賞一覧


◇ゲームについて
ゲームの評価について
歴代ゲーム評価一覧


◇ブックス(本)について
小説の評価について
ブックレビュー一覧
   あ行の著者
   か行の著者
   さ行の著者
   た行の著者
   な行の著者
   は行の著者
   ま行の著者
   や行の著者
   ら行の著者
   わ行の著者
   複数の著者・その他
 文庫・単行本(キャラノベ含む、ラノベ含まず)は上気の著者名別になっています。

◇プラモデルについて
完成品一覧(グレード別)
完成品一覧(シリーズ別)
完成品一覧(トイ、フィギュア等)

◇その他リスト一覧はこちら
テレビ&シネマ
CD&DVD&BD
TYPE-MOON関連

ツリー式カテゴリー

openclose

アニプレッション!!

アニプレッション!!
アニプレッション!!とは

アニプレッション!!は、アニメブロガー達の合同ブログです。アニメについての問題意識・感想・考察・批評等の諸言説を発表し、アニメを語る事の面白さを伝える事が目標です。自分も末席に加えさせていただいております。
現在活動停止です

以下、アニプレッション!!メンバーのBlogです。

相互リンク(更新停止)

残念ながら一年以上の更新がない相互リンク先の方々です。サイト消滅の場合は消させていただきます。いずれまた復活し、交流が持てることを期待しています……