刹那的虹色世界

アニメ・ゲームのあらすじを主体とした感想や批評のブログ。時折、日記・声優・コミック・スポーツなど幅広くレビューしています。リンクフリー、相互リンク大歓迎♪

Entries

ストライクウィッチーズ2 第10話

ストライクウィッチーズ2 第10話
『500 overs』


≪あらすじ≫
501部隊に、マルタ島を結界で占領したネウロイ殲滅作戦の為、上層部が人気の取りを目的としてアフリカ戦線より、“アフリカの星”と呼ばれるカールスラント軍トップエースの一人ハンナ・ユスティーナ・マルセイユ大尉を送り込まれる。

作戦を同じくカールスラント軍トップエースの一人であるエーリカ・ハルトマンとのツーマンセルで行うことになったが、二人の息はあまりあっていない。

カールスラント軍で同じ航空中隊にいた頃、模擬戦8勝8敗と五分のハルトマンと決着を付けて最強の称号が欲しいマルセイユと、まるでそれに興味を示さないハルトマン。

だが、そんなハルトマンの心を珍しく燃やす出来事があって―――



≪感想≫
ゲストキャラのマルセイユと、珍しくやる気を出すハルトマン回。マルセイユのキャラクターや言動は、結構好みが分かれそうなので、各々のBlog様での反応が一つ楽しみである。


今回どんな回だったのか
そうと問われると、正直答え辛い。もとよりストライクウィッチーズってシナリオ重視ではなくキャラクター重視のストーリー性が多い為か、意図的なシナリオ構図と言う図式よりも、お当番回と言うパターンでのシナリオ構図の図式の方がしっくり当てはまる気がするから。

だから、今回、スタッフが何を見せたかったのかと言えば、たぶんハルトマンがバルクホルンのことが絡むと、普段の無気力さが消えて、“カールスラント軍トップエース”としての顔を見せることとその実力を改めて示したかったのだろう。
まぁ、文字で書けばカッコ良いけど、実際には「トゥルーデをバカにするな!」と言わせたかっただけのような気もするが(あくまで突きつめれば、だけど)。

今回のお話で、恥ずかしながらスタッフがどんな意図を私たち視聴者に送っているのかが汲み取れなかった。これで、ハルトマンが勝利を収めたならば、「気負って勝ち負けや、功を焦るものではない」と言う部分になるのだろうが、引き分けだからね。そうしたモノを見せたかったわけではなさそうだ。
そうした観点からも、テーマ性とか意図とかじゃなくて、単純にキャラクターを見て楽しむ為だけの回だったのだと思っている。



エースの資質
勝負や強さに固執するマルセイユと、それらにはまるで固執しないハルトマン。共にカールスラント軍トップエースでありながら、その在り方はまるで違う。


ただ両者の共通点は、共に自然体でいることなのだろう。


マルセイユもハルトマンもまるで正反対のようなキャラクターだが、自分の自然体の部分を決して崩そうとはしない。マルセイユがハルトマンに固執するのは、勝負だけではなく、そうした彼女の在り方が酷く自分に似ているからなのだと思う。
それは、戦果が残せているから目を瞑られている部分でもあるが、逆にいえばそれが出来ているから戦果が残せている部分もある。

戦う者にとって重要なことは山ほどある。先天的な天賦の才、努力や経験、知識と機転、事前準備と状況判断とあげればキリがないわけだが、二人の持つ共通の“自然体”の部分は、それらの土台に位置している部分だと思う。


つまり、コンディション管理(心身両面)という分野。


どんなに能力が高かったとしても、コンディションが悪ければ、その力は発揮されない。100の力を持つ兵士がコンディションが悪く50%の力しか出せないのと、60の力しかない兵士がコンディションを保ち100%の力を発揮するのでは、後者の方が戦力としては高い(あくまで数値化した時の話だが

自然体で居続けることができる、というのは裏を返せば、周囲の状況に流されにくく、心身ともに自分のコンディションを保つことが出来る可能性が高いということ。良くも悪くもマイペースでムラが少ない。ストライクウィッチーズなら、ミーナや坂本美緒、またはサーニャ辺りが当てはまりそうか。

逆にいえばムラっ気の多い芳佳やシャーリー、バルクホルンはその時のコンディションに応じて戦力の波が激しい。基礎スペックが高いバルクホルンでさえ、気負ったせいで、急激な魔力消耗に気づくことすら出来ず、コンディションを崩し、さらにそれを補おうと気負って無理をして事態を悪化させ、戦力値がかなり低下した事態もあった(第4話ジェットストライカーの回)。


そういう意味で、心身ともに自然体でいることが出来て、コンディション管理が(あんなずぼらな生活をしているハルトマンでも)出来ていることが、エースの資質の一つなのかもしれないと思えた。


今回ハルトマンは、バルクホルンの為に珍しく燃えたわけだ。それを自然体と呼んでいいのかという部分もあると思うけれど、特に気負っている様子は見られなかった。
バルクホルンがジェットストライカーを手にした時や芳佳が飛べなくなった時のように、変に気負う部分はなく、心の中で燃えてはいたけれど、作戦中も撃墜スコアをマルセイユより伸ばすために単独先行することもなく冷静で、ある意味いつものハルトマンの姿だったから、それは自然体に入るんじゃないかと思っている。


もう一つ自然体で在り続ける彼女たちは意外と客観的視点を持てる者が多い。
自分と言う確固たる軸があるから、精神的に周囲の状況や人物に左右され辛い分だけ、物事に対する洞察もブレない為に客観的視点が高まるのかもしれない。ここまでの10話で時折あった異様なほど仲間へのフォロー能力や洞察力が高かったハルトマンだが、こうして彼女の回になって振り返ってみると、こうした“自然体”の側面を持つ彼女だからこそできたことなのかもしれない、と思った。



いよいよ…
アバンでは、坂本少佐のみでどこかで観たような展開。烈風斬は鋭さを増し、海面を叩き割り、裂け目を作れるほどにまで(どんだけっ!と思わず画面に向かってツッコんでしまった/爆

だが、使った直後の疲労は著しい。

おそらく坂本少佐の魔力量はいよいよ底をつき始めたのだろう。今回の話を観る限り、飛行はまだ可能そうだし、武装も保有しているということは使えそうだが、烈風斬は文字通り一撃必殺であり、一撃必殺であるからこそその一撃で倒せない場合は敗北、というくらいにまでかなりハイリスクな必殺技となってしまったようだ。

複線は1話からずっとあって、8話でも改めて認識させられた上での10話でのこの描写。11話ではいよいよ全伏線回収と言うところか。基本がキャラクター重視のシナリオだし、その側面もあるのだと思うけれども、長期に渡った伏線が張られている坂本少佐のお話は、ちょっとこれまでとはまた微妙に色合いの違う物語になりそうな予感もある。


P.S.結局サブタイの意味が分からんかったのだが、ハルトマンとマルセイユ(とバルクホルン)のカールスラント組の総撃墜数が500overってこと?


第11話『私であるために』 上記のように坂本少佐回。いよいよ魔力量低下に対する一つの答えが少佐の中で出るか? まぁ、少佐なら“私であるために”最後まで戦い続けてくれるのだろうが。


≪TB先 参照リンク(URLアルファベット順)≫
赤字はTBが現在弾かれてしまっているBlog様です。
現在、ameblo系、yahoo系、nifty系はほぼ全滅。goo系はじめ長いURLは小文字表記にさせていただいてます。それ以外の他意はございません。

※楽天系は本文文字化けしている模様です。

・http://alicetail904.blog42.fc2.com/blog-entry-331.html
・http://ameblo.jp/norarin-house/entry-10643837933.html(別館へ)
・http://amkatan.blog118.fc2.com/blog-entry-1299.html
・http://anime-suki.cocolog-nifty.com/blog/2010/09/210-overs-b7da.html
・http://animedouganews.blog44.fc2.com/blog-entry-1765.html
・http://animumeso.blog101.fc2.com/blog-entry-2198.html
・http://arpus.blog121.fc2.com/blog-entry-1227.html
・http://attakasanonitijou.blog41.fc2.com/blog-entry-1012.html
・http://bitayoshi.blog28.fc2.com/blog-entry-94.html
・http://blog.crosschannel.jp/Entry/2367/
・http://blog.goo.ne.jp/cuzmachupichu/e/3715e14eaba628bba7f4a0d674507894
・http://blog.goo.ne.jp/jin-d/e/b002223beabe85260d3f30ded364b045
・http://blog.goo.ne.jp/nexusseed/e/3e5f5d7985d85f5301e11c6738f0e919
・http://blog.goo.ne.jp/nijigen-complex/e/76e68052d58d082f60662745ab543004

・http://blog.livedoor.jp/geallza/archives/51127553.html
・http://blog.livedoor.jp/kansaianime/archives/51612168.html
・http://blog.livedoor.jp/kotarou_break/archives/2967827.html
・http://blog.livedoor.jp/koubow20053/archives/51610413.html
・http://blog.livedoor.jp/puzzlize/archives/51693281.html
・http://blog.livedoor.jp/superunkman/archives/50713504.html
・http://blog.livedoor.jp/t_cherry398/archives/51523005.html
・http://blog.livedoor.jp/youotu-roro/archives/777710.html
・http://blogs.yahoo.co.jp/tebuku/26740255.html
・http://bluebluesilvermoon.blog38.fc2.com/blog-entry-3126.html
・http://buryo.blog14.fc2.com/blog-entry-466.html
・http://coffeemonster.at.webry.info/201009/article_16.html
・http://e102128.blog54.fc2.com/blog-entry-1539.html
・http://flanpoemega.blog42.fc2.com/blog-entry-1454.html
・http://gomarz.blog.so-net.ne.jp/2010-09-10-3
・http://green.ap.teacup.com/nekoika/283.html
・http://hakuroupunk.blog56.fc2.com/blog-entry-1975.html
・http://harutoki2.blog18.fc2.com/blog-entry-2076.html
・http://hienkyaku.blog50.fc2.com/blog-entry-1395.html
・http://hinaxnagi.blog31.fc2.com/blog-entry-1747.html
・http://hyumablog.blog70.fc2.com/blog-entry-1849.html
・http://junkheadnayatura.blog24.fc2.com/blog-entry-1316.html
・http://kagura77.blog99.fc2.com/blog-entry-2431.html
・http://kakioki60.blog129.fc2.com/blog-entry-372.html
・http://kakureotanchi01.blog20.fc2.com/blog-entry-148.html
・http://kaleidoscopez.blog80.fc2.com/blog-entry-1122.html
・http://keycafe.blog27.fc2.com/blog-entry-965.html
・http://kiokuno2.blog31.fc2.com/blog-entry-1198.html
・http://kira47.blog58.fc2.com/blog-entry-289.html
・http://kodoku21.blog83.fc2.com/blog-entry-874.html
・http://kouyanoblog.blog61.fc2.com/blog-entry-3335.html
・http://lessiy.jugem.jp/?eid=2346
・http://madoma.blog9.fc2.com/blog-entry-452.html
・http://manaduru3.blog24.fc2.com/blog-entry-566.html
・http://merkmals.blog31.fc2.com/blog-entry-1336.html
・http://mikihara.blog70.fc2.com/blog-entry-2352.html
・http://monochromenote.blog114.fc2.com/blog-entry-1079.html
・http://musashinoline205.blog100.fc2.com/blog-entry-878.html
・http://mutekidesutekina.blog52.fc2.com/blog-entry-1427.html
・http://myuvi.blog59.fc2.com/blog-entry-227.html
・http://najigo.blog31.fc2.com/blog-entry-182.html
・http://nekoko.at.webry.info/201009/article_10.html
・http://nextsociety.blog102.fc2.com/blog-entry-978.html
・http://ngelas.blog72.fc2.com/blog-entry-276.html
・http://okirakutama.blog108.fc2.com/blog-entry-129.html
・http://platinaxplatina.blog.so-net.ne.jp/2010-09-12
・http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201009090000/
・http://reilove.blog51.fc2.com/blog-entry-4372.html
・http://seraraku2.blog59.fc2.com/blog-entry-4852.html
・http://shino134.blog22.fc2.com/blog-entry-750.html
・http://shirokuro585.blog109.fc2.com/blog-entry-322.html
・http://shirousausa.blog106.fc2.com/blog-entry-109.html
・http://sironsiron.blog70.fc2.com/blog-entry-470.html
・http://solonielsoloniel.blog33.fc2.com/blog-entry-702.html
・http://sorakakeruhosi.blog109.fc2.com/blog-entry-2246.html
・http://soraxcan.blog59.fc2.com/blog-entry-2067.html
・http://spadea.jugem.jp/?eid=7981
・http://subcul.jugem.jp/?eid=1713
・http://sugarlight.blog41.fc2.com/blog-entry-232.html
・http://sumi4460.blog63.fc2.com/blog-entry-2372.html
・http://taito-room.blog.so-net.ne.jp/2010-09-16
・http://tako2008.blog27.fc2.com/blog-entry-201.html
・http://tasogareonsen.blog70.fc2.com/blog-entry-182.html
・http://tenmasanblog.blog112.fc2.com/blog-entry-998.html
・http://twilightstar87.blog66.fc2.com/blog-entry-436.html
・http://vividstation.blog99.fc2.com/blog-entry-609.html
・http://vnr2034.blog133.fc2.com/blog-entry-270.html
・http://wendykai.blog60.fc2.com/blog-entry-1054.html
・http://yamitarou.blog75.fc2.com/blog-entry-2267.html
・http://yasu92349.at.webry.info/201009/article_13.html
・http://yusyu.blog34.fc2.com/blog-entry-579.html

もしよろしければ、拍手ボタンをポチッと押して下さいm(_ _)m 管理人のモチベーションが上がります(ぉ

Comment

管理人のみ閲覧できます 

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  • posted by  
  •  
  • 2010.09/09 23:11分 
  • [Edit]
  • [Res]

NoTitle 

サブタイトルの「500overs」は、エーリカ・ハンナ両名のモデルであるハルトマンとマルセイユの生涯撃墜数(352機・158機)を足した物だと思われます。トゥルーデの元ネタのバルクホルンのスコア(301機)まで足してしまうと、「500越え」どころではなくなってしまいますからね。
  • posted by あきら 
  • URL 
  • 2010.09/10 00:00分 
  • [Edit]
  • [Res]

>あきらさん 

こんばんは。コメントありがとうございます。

>サブタイトルの「500overs」は~~
なるほど! 補足ありがとうございました。「ストライクウィッチーズ」は元ネタに忠実な部分があるようなので、この辺りは捜して勉強すればするほど、もっと楽しめるみたいですね。
  • posted by 月詠 
  • URL 
  • 2010.09/10 01:19分 
  • [Edit]
  • [Res]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

Trackback

トラックバック URL
»»この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ストライクウィッチーズ2 第10話「500 overs」

ストライクウィッチーズ2第10話「500overs」です。 以下ネタバレ注意

ストライクウィッチーズ2 #10

【500 overs】 ストライクウィッチーズ 乙女ノ巻2 (角川スニーカー文庫)著者:南房 秀久販売元:角川グループパブリッシング発売日:2009-03-01おすすめ度:クチコミを見る 形は世界一!?宮藤さん目が光ってますよ・・・ 

アニメ ストライクウィッチーズ2 第10話 「500 overs」 感想

アフリカ戦線から投入された「エース」、ハンナ・ユスティーナ・マルセイユ。 同じエースであるエーリカはマルセイユに勝負を挑まれますが...

【マルセイユ】ストライクウィッチーズ2 10話「500 overs」 【感想】

「悪いけど、サインはしない主義なんだ」(byマルセイユ) -あらすじ- 軍首脳と今後のウィッチ征討についての軍議を行うミーナ中佐。...

ストライクウィッチーズ2 10話感想

また怪しそうな上層部が出て来ました。いやな任務を任されるフラグでしょうか? 新たに援軍が来ました。援軍ってことは仲間になるわけじゃな...

ストライクウィッチーズ2 第10話 「500 overs」

悪いけど、サインはしない主義なんだ――。 颯爽と降り立ったアフリカの星の異名を持つマルセイユ。 カールスラント出身でハルトマンをライ...

ストライクウィッチーズ2 第10話「500 overs」

単なるエーリカのお当番回にすることはなく、新顔のハンナ(ハンナ・ユスティーナ・マルセイユ)をまさかの投入。ハンナの視点を入れることによって、カールスラント組の絆やプライドを引き出すことに成功した。ハンナ役には伊藤静。「スカイガールズ」の一条瑛花に続いて...

「ストライクウィッチーズ2」第10話

    第10話「500overs」最終決戦に備えた戦略の一環として、ネウロイに占領された島を奪還するようにとの指令がウィッチーズに下った。島への突入にあたり、2名のウィッチを奇...

ストライクウィッチーズ2 第10話 500 overs

ストライクウィッチーズ2 第10話 500 overs 200機追撃したアフリカの星ことマルセイユだが、パートナー選びで苦労する アフィリエイト FC2...

ストライクウィッチーズ2:10話感想

ストライクウィッチーズ2の感想です。 最強のゲストキャラ。

ストライクウィッチーズ2 第10話「500 overs」

二人のトップエース。

ストライクウィッチーズ2  第10話 「500 overs」 感想

「なんだそれ」 ストライクウィッチーズ2 オリジナル・サウンドトラック(2010/09/22)TVサントラサーニャ・V・リトヴャク(門脇舞以)商品詳細を見る

ストライクウィッチーズ2 第10話「500 overs」

新キャラの登場ですね

ストライクウィッチーズ2 #10 500 overs

や~ら~れ~た~ ストライクウィッチーズ Blu-ray Box(2010/06/25)福圓美里千葉紗子商品詳細を見るストライクウィッチーズ2 #10 500 overs

ストライクウィッチーズ2 第10話「500 overs」

ずっと見たかった「ウィッチvsウィッチ」の戦闘シーン。これは熱い! やっぱネウロイは敵としての魅力が無さ過ぎなんだ。

ストライクウィッチーズ2 第10話「500 overs」

「私と戦って互角だったのは、エーリカ、お前だけだ」 エーリカとマルセイユがネウロイの撃墜数で勝負をする話。 今回はエーリカの当番回...

ストライクウィッチーズ2 第10話 「500 overs」 感想

勝負へのこだわり―

ストライクウィッチーズ2 第10話 「500 overs」

「悪いけど、サインはしない主義なんだ」 早朝、いつものように一人で訓練をする美緒でしたが、烈風斬を放った後に不自然な疲れ方 をし...

ストライクウィッチーズ2 第10話「500 overs」

ストライクウィッチーズ2 Blu-ray 第2巻 【初回生産限定】(2010/10/22)福圓美里商品詳細を見る ネウロイとの共存は不可能。軍上層部はネウロイを殲...

ストライクウィッチーズ2 10話感想

スカートだ・・・

ストライクウィッチーズ2 10話

やーらーれーたー(迫真)というわけで、「ストライクウィッチーズ2」10話彼女が本気を出したならの巻。対立の構図は登場人物の魅力を描く上で非常に便利である。キャラの性格や行動原...

ストライクウィッチーズ2 10話 感想

ストライクウィッチーズ2 第10話「500 overs」 アフリカの星、マルセイユ。 ここにきて新キャラ登場ですか。 敵意をむき出しにするマル...

ストライクウィッチーズ2 #10 「500 overs」

その名は"アフリカの星"ハンナ・ユスティーナ・マルセイユ 先週、予告が短かったのはコレを隠すためだったのか! まさかこの人が出てくる...

ストライクウィッチーズ2 第10話 「500 overs」

開幕もっさん再び。 烈風斬で海割れるんじゃないかと思ってたらホントに割れたw しかし体にかなりの負担が・・・諸刃の剣か。 ミー...

ストライクウィッチーズ2 第10話 「500 overs」

今回は期待通りのエーリカマジ天使な回でした^^ ただ… 「面倒なのが来たなぁ…」 ということで面倒な新キャラ登場で完全なエーリカ回に...

『ストライクウィッチーズ2』#10「500 overs」

「おい、ハンナ。トゥルーデをバカにすんな!」 面倒くさがりなハルトマンの心に火をつけたのは? ネウロイとの戦いに進展はないものの、 ...

ストライクウィッチーズ2 第10話「500 overs」

ゲストキャラは負けず嫌い! CV:御前 ぴったりヽ(゚◇゚ )ヽ(゚◇゚ )ノ カールスラント所属のハンナが作戦遂行のためやってきました。 自分が一番じゃないと気が済まないタイプでしたね。 おぱーいの大きさではシャーリーに完敗! 「形は世界一だ!...

(アニメ感想) ストライクウィッチーズ2 第10話 「500 overs」

ストライクウィッチーズ2 Blu-ray 第2巻 【初回生産限定】クチコミを見る ハルトマンが何を考えているのか私にはさっぱり分かりません。いや、本当に何も考えてないだけなのか・・・この手のタイプはどうも苦手であります。 ↑ポチって押して頂けると励みになります。...

ストライクウィッチーズ2 第10話 「500 overs」

ストライクウィッチーズ2 第10話 「500 overs」 人気ブログランキングへ 「それに、501にはエーリカ・ハルトマンがいたからな」

ストライクウィッチーズ2 第10話 「500 overs」 感想

今回はエーリカ回だったのですが、何とも物足りなかったですね。 ここでマルセイユを登場させなくても良かったんじゃないかな。 ここ数回...

ストライクウィッチーズ2 第10話「500 overs」 感想!

何の事かと思ったらものすごく面白いサブタイでした。

(アニメレビュー) ストライクウィッチーズ2 第10話 「500 overs」

アフリカの星、登場! ここでまさかの新キャラ、もといカールスラント軍人であるエーリカとバルクホルンの知り合いキャラである「アフリカ...

ストライクウィッチーズ2 第10話 「500 overs」 感想

「悪いけど、サインはしない主義なんだ」 いや、聞いてないし(; ̄▽ ̄)ノ" 【関連サイト】 http://s-witch.cute.or.jp/pc/

ストライクウィッチーズ2 第10話 「500 overs」

「あのカッコイイ人、バルクホルンさんの友達なのかな」 三角関係?!

ストライクウィッチーズ2 第10話 「500 overs」

ミーナ「本来なら営倉にブチ込むところだけど、 基地には無いので代わりに この部屋に二人で入ってもらいます 良い機会です。作戦までに少...

ストライクウィッチーズ2 第10話 (レビュー/感想) エーリカ主役回!新キャラも登場!ズボンも乱舞ッ!

第10話 『500 overs』 エーリカ回で新キャラ登場ぅ~。 ん~、新キャラが芳佳達を見て“子猫ちゃん”とか口にしていたので、百合な『お姉様』...

ストライクウィッチーズ2 第10話「500 overs」 感想

「見ろ!形は世界一だ!」「シスコンのクソ石頭」・・・数々の名言が飛び出した今週のスト魔女2の感想です。 予告の段階ではいつものコンビ同士の話かな、と思いきや 意外と新キャラに絡ませまして。ハルトマンを。 最初はええっ、って思ったものの、観終わったら・・...

「ストライクウィッチーズ2」第10話感想

ゲストキャラ回。 ハルトマンの珍しい一面が見られましたね。 普段はああいう気の抜けたキャラですが、仲間想いですし、 しっかりと見...

[アニメ感想] ストライクウィッチーズ2 第10話 500 overs

ストライクウィッチーズ2 第10話。 今回は二人のトップエースのお話。 以下感想

ストライクウィッチーズ2 10話「500 overs」

ハルトマンとバルクホルンって、意外と仲がいいんだねw ストライクウィッチーズ2 Blu-ray 第1巻 【初回生産限定】(2010/09/24)福圓美里商品詳細を...

ストライクウィッチーズ2 第10話 「500 overs」

「トゥルーデを馬鹿にするな!」 普段はのらりくらりだけど相棒のトゥルーデさんを馬鹿にされた時に怒りを見せたエーリカが良かった。という...

マルセイバターサンドってうまいよね

ストライクウィッチーズ2 第10話「500 overs」 隊長の尻キュッが炸裂。 1期の頃よりも括約筋の柔軟性が増していた。 あんまりキュッキュキュ...

ストライクウィッチーズ2~第10話 感想「500 overs」

ストライクウィッチーズ2ですが、坂本少佐は烈風斬で海を割りますが疲労の色も濃いです。アフリカの星のマルセイユがやってきますが、宮藤芳佳はカッコいい人と憧れと尊敬をもって接します。マルセイユはハルトマンをライバル視しますが、あまり相手にされません。(以下

ストライクウィッチーズ2 10

第10話 「500overs」うーむ、スト魔女にしてはあまり面白くない回でした。ハルトマン回かと思って期待していたのだが、いきなり新キャラのマルセイユとやらが登場。かと思ったらラストで...

『ストライクウィッチーズ2』 第10話 観ました

なんか気になる冒頭の坂本少佐の行動。 もしやウィッチとしての闘いの刻限が近づいているのか? 烈風剣は一応の威力を出せているようにも見えますけど…そう何度も出せるようではなさそうですし…もしや、練習する度に威力が落ちているとか? そんなこんな...

ストライクウィッチーズ2 第10話「500 overs」

ストライクウィッチーズ2 第10話「500 overs」 烈風斬でモーゼの奇跡を起こす坂本さん。けれども避けられないものが・・・? 朝から訓練に励むバルクホルンと、付き合わされるエーリカ。まもなくとある作戦が開始されるという。と、そんな折空から芳佳&リーネの前に降...

ストライクウィッチーズ2 第10話 『500 overs』

© 2010 第501統合戦闘航空団 マルセイユ登場!

ストライクウィッチーズ2 第10話「500 overs」EMT回キタ――(゚∀゚)――!!ってまさかのマルセイユ登場!!って誰?

ストライクウィッチーズ2 第10話「500 overs」 今までストライクウィッチーズ感想は書いてきませんでしたが 2期が始まってから1期を全部...

ストライクウィッチーズ2 第10話 500 overs

(ストライクウィッチーズ シリーズ第22話) 本文はメインブログ(しるばにあの日誌)にて↓ http://yasu92349.at.webry.info/201009/article_13.html ...

ストライクウィッチーズ2#10「500 Overs」

総評!新キャラというより一発キャラになってしまったw今回の作戦の為に、アフリカから一人のウィッチが増援に。終盤も終盤、ここに来て新キャラか・・・?と思ったんだけど、どうや...

ストライクウィッチーズ2 第10話 「500 overs」 感想

おおっ、ここでこの人を出しますか。

(アニメ感想)ストライクウィッチーズ2 第10話「500 overs」

あらすじ ネウロイとの戦いが激化していくなか、最終決戦に備えた戦略としてネウロイに占領された島を奪回するよう軍司令部からウィッチーズ...

ストライクウィッチーズ2 #10 『500 overs』 感想

  アフリカの星、現る とうわけで、エーリカ回と思ってワクワクしていたのですが 何とまさかの新キャラ登場でした!! それもその...

ストライクウィッチーズ2 第10話 500 overs レビュー キャプ

今日も朝から烈風斬の訓練をしている坂本少佐。 烈風斬を放った後、急に苦しみ?出す… 「やはり…避けられぬか…」 Σ(゚Д゚;エーッ! 何が?? 魔法力がなくなる事をってこと?? それとも何か他の?? どうしたんだよぉぉぉもっさん~!! 軍で色々報告中のミーナ

ストライクウィッチーズ2 第10話 「500overs」

大門ダヨ 今回はハルトマンの話ですね ハルトマン可愛いなぁ~

やあ!はじめまして! 「ストライクウィッチーズ2」 第10話の感想。

(大きい画像はこちらで) 「子ネコちゃんたち!」 ハルトマンさん登板回!だと思っていた 第10話 「500 overs」。 「悪...

ストライクウィッチーズ2第10話感想

ストライクウィッチーズ2第10話 タイトル「500 overs」 短めです

「ストライクウィッチーズ2」 第10話『500 overs』

 第10話「500 overs」    「やはり・・・避けられぬか?」  烈風斬で、海を切り裂くが痛みに苦しむ坂本、その頃、上層部と話をする...

ストライクウィッチーズ2 第10話「500 overs」

ストライクウィッチーズ2 オリジナル・サウンドトラック今回、登場したマルセイユはどうやらフミカネさんの同人誌のキャラみたいですね。 こ...

ストライクウィッチーズ2 第10話 『500 overs』 感想

2期は艦隊戦が多くて、これで何回目でしょうか。きっと艦隊がストーリー本筋に絡むのでしょうね。ストライクウィッチーズ2 第10話 『500 over...

ストライクウィッチーズ2 第10話 500 overs

マルセイユ(@伊藤静)登場。世界最強のウィッチらしいぞ。200機撃墜ってスゲー!!とか思ったけど、ミーナの尻圧と同じだよな・・・と思ったらなんか全然凄く感じないのだったw ていうか、エーリカは500機撃墜なんでしょ? エーリカのがヤバいんだけど。敵の質が違うのか...

ストライクウィッチーズ2 第10話「500 overs」感想

ストパン1クールだよね? 「ストライクウィッチーズ」 リネット・ビショップ 抱き枕カバー (キャラハイ製)ショップ: サーパラショップ楽天市場店価格: 8,977 円 【ゆうメール便対象】キャラハイストライクウィッチーズ ゲルトルート・バルクホルン 抱き枕カバー【予約...

ストライクウィッチーズ2 第10話

ストライクウィッチーズ2 第10話 「500 overs」 脚本:浦畑達彦、コンテ・演出:祝浩司、キャラ作監:北村友幸・泉保良輔・相坂ナオキ、キャラ総作監:倉嶋丈康、メカ総作監:寺尾洋之 早朝、またしても海辺で「れっぷうZAN!ないしょのどきどき特訓」中の坂本少佐

ストライクウィッチーズ2 第10話 「500 overs」

ストライクウィッチーズ2 第10話感想です。 マイペースなトップエース達

ストライクウィッチーズ2 第10話

ハンナ・マルセイユが作戦への特別参加で501部隊にやってくる話。 アフリカの星らしいですけど、なるほどエーリカに負けず凄い技術を持っているようで。 ただ、勝負にこだわる性格も良いのでしょうが、流石に食事でもそれを発揮するのはどうなのかと(笑)。 ミー...

ストライクウィッチーズ2 第10話 「500 overs」

「アフリカの星」、マルセイユがゲスト回でした! いや~まさかのマルセイユ参戦w一話だけとは言え、凄いインパクトの強い人物でしたね。 ...

ストライクウィッチーズ2 第10話 「500 overs」 感想

違った方向で面白かったハルトマン回です。前回(第1期)みたいな展開になるのかと思ってましたが、ゲストなんかも登場して、ぴりりと引き締まったお話でしたね。

左サイドMenu

カウンター

祝2,000,000Hit達成♪ とうとう大台突破。これも皆様のおかげでございます(o ̄∀ ̄)ノ

カレンダー(月別)

09 ≪│2017/10│≫ 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

ガンダムシリーズ

◆新機動戦記ガンダムW◆

新機動戦記ガンダムW BD-BOX1

OVA・続編含め『新機動戦記ガンダムW』全般を応援してます♪
ガンダムW関連 まとめページ
感想、用語、企画など全ページへのリンクがあります。ご利用ください

2016/05/04 12巻分の用語一部更新しました

《用語》
用語集
ア行
カ行
サ行
タ行
ナ行
ハ行
マ行、ヤ行
ラ行、ワ行
英字行
登録キャラクター名一覧
キャラクター詳細
ア行
カ行
サ行
タ行
ナ行
ハ行
マ行、ヤ行
ラ行、ワ行、英字行

メカニック図鑑
メカニック用語詳細
年表

《企画》
年代考察
勢力図まとめ
AC暦におけるMS史(コラム)

◆機動戦士ガンダム00◆

GUNDAM OOQ
用語集などは特にありませんが、劇場版の感想は全十回というボリュームでコラム風に書かせていただきました。よろしければどうぞ。
ガンダム00関連 まとめページ

◆鉄血のオルフェンズ◆

81TuctHvlZL__CR88,0,1536,1536_
各回の感想のまとめだけ。
ガンダム00関連 まとめページ

米山シヲ 応援エリア

◆梅衣堂ひよと旦那様の野望◆

1-2-2

『梅衣堂ひよと旦那様の野望』待望第1巻発売中

月刊少年ガンガンで現在連載中『梅衣堂ひよと旦那様の野望』を応援中。『ブラクロ』と同じように独自用語集も製作中!

公式特設ページ

独自用語集
第1巻

◆ブラッディ・クロス◆

ブラクロサムネ

月刊少年ガンガンで完結した『ブラッディ・クロス』をプッシュしています♪ 独自用語集あります! 

公式特設ページ

独自用語集
キャラ紹介-混血勢力-
キャラ紹介-天使勢力-
キャラ紹介-堕天使勢力-
キャラ紹介-アルカナ-
キャラ紹介-神葬-
キャラ紹介-その他-


最近の記事

最近のコメント

<>+-

最近のトラックバック

メールフォーム

管理人に何か言いたいことがあれば、ここからどうぞ♪

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード

QR

友達申請フォーム

FC2ブログランキング

FC2のブログランキングに参加中♪ 気に入っていただけたなら、一押しして下さい。

FC2ブログランキング

右サイドメニュー

義援金募集

FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして

管理人から一言

お知らせ

管理人からのお知らせです。

『ガンダムW FT』コンテンツは不定期更新です。現在は11巻分までの感想と用語の更新を完了しました。

『ブラッディクロス』全12巻発売中! 用語集更新は全て無事終了致しました。


今期の週間感想予定
日曜日:Fate/Apocrypha
月曜日:-
火曜日:-
水曜日:-
木曜日:-
金曜日:ガンプラ関連
土曜日:-
不定期:ブラタモリ、ピックアップ感想
毎日:ゲームプレイ日記(DQ11)

場合によっては急遽順序等の変更もありますが、ご理解いただけますようよろしくお願いします。

管理人プロフィール

月詠

Author:月詠
埼玉県某所在住の31歳社会人。性別♂。名前は「つくよみ」と読む。

世知辛い世の中でも、嬉しいことも泣きたいことも、こんなサブカルチャーたちに救われていますwww
詳細な自己紹介はこちら

コメント・TB、相互リンク受付中。下記の運営方針に詳細を記載しております。無条件に大歓迎と言うわけではありませんが、大部分の方は歓迎出来るかと思いますw

以下、ショートカット。
◇閲覧上の注意や規約など
Blogの運営方針・利用規約
他のBlog様と大差ない運営・利用規約なので大部分の方には無関係だとは思いますが、初閲覧の方は簡単でも良いので読んで頂けるとありがたいです。何かあった時には利用規約を了承した上とさせていただきますので、「知りませんでした」は通用致しません。


◇アニメについて
アニメの評価について
歴代アニメ評価一覧
アニメアウォーズ! 受賞一覧


◇ゲームについて
ゲームの評価について
歴代ゲーム評価一覧


◇ブックス(本)について
小説の評価について
ブックレビュー一覧


◇プラモデルについて
完成品一覧(グレード別)
完成品一覧(シリーズ別)


◇その他リスト一覧はこちら
テレビ&シネマ
CD&DVD&BD

ツリー式カテゴリー

openclose

全記事表示リンク

検索フォーム

アニプレッション!!

アニプレッション!!
アニプレッション!!とは

アニプレッション!!は、アニメブロガー達の合同ブログです。各執筆者がアニメについての問題意識・感想・考察・批評等の諸言説を発表し、アニメを語る事の面白さを伝える事が目標です。
まだまだ未熟者ではありますが、私も参加させて頂いております。冬コミでも多くの名立たる方が寄稿し合って本を出す予定です♪

以下、アニプレッション!!メンバーのBlogです。一見の価値ありですよ!

相互リンク(更新停止)

残念ながら一年以上の更新がない相互リンク先の方々です。いずれまた復活し、交流が持てることを期待しています……

  • 24/10次元に在るブログ
  • aniパンダの部屋
  • Black Window in Sky
  • Hes:TEAR
  • Lounge "Himajin" Killer
  • NEO煩悩-アニメ本店-
  • outrageous
  • the albatross of peach pink
  • お絵描き倉庫('A`)(旧ミルクレモンティー)
  • くろ with life~今を楽しめればそれでいい~
  • なななな駄文
  • にき☆ろぐ
  • にじつう!
  • のんびりにリリカルに
  • まるとんとんの部屋
  • みつーの日記
  • アインのSS置き場
  • アニメって本当に面白いですね。
  • チェルキエット⌒ぱすてる
  • ミナモノカガミ
  • サブカルなんて言わせない!
  • 月の静寂、星の歌
  • 紅の終幕劇
  • 根無草の徒然草
  • 知ったかアニメ
  • 全て遠き理想郷?なブログ
  • 中濃甘口 Second Dining
  • 透明色絵本
  • 【非公式】普通の世界日本ハムが【ブログ】やってみた
  • 漫画のおすすめ
  • 無料動画アニメリンク!
  • 妄想詩人の手記
  • 妖精帝國 臣民コンソーシアム
  • 楽しくC言語ゲームプログラム
  • これは僕の進化の過程の・・・3ページ目ぐらい?ww
  • 無常の流れ 新館
  • 夢幻の灰色帝国
  • 外部記憶ver.2
  • アバトーンの理想郷
  • よう来なさった!
  • やまひで日誌
  • まごプログレッシブ:Part2~Scenes From A Memory~
  • しろくろの日常
  • ToLOVEる画像漫画
  • the albatross of peach pink
  • Spare Time
  • Ringoという名の日常
  • Garnet Clover~ガーネット・クローバー~