FC2ブログ

刹那的虹色世界

アニメ・ゲームのあらすじを主体とした感想や批評のブログ。時折、日記・声優・コミック・スポーツなど幅広くレビューしています。リンクフリー、相互リンク大歓迎♪

Entries

世紀末オカルト学院 第10話

世紀末オカルト学院 第10話
『暖炉のあかり』


≪あらすじ≫
あかりを救おうと、彼女の父親から死の真相をなんとか聴き出せたマヤたち。マヤの発案で盛大なクリスマスパーティを開くことで、あかりを救うことになった。

一方、文明は美風と行動を共にしながらも、脳裏にマヤの姿がちらつき、どうしても気になってしまう。そこで彼は、教頭の川島からマヤの生家が取り壊しになる件を聞く。

クリスマス会当日。楽しく進むパーティの最中、サンタ役を頼まれた文明はいざ出て行こうとしたところで、とある人物の姿を見つけて―――



≪感想≫
次回予告のインパクトが強過ぎて

本編忘れそうになった(笑



正直、度肝を抜かれた。美風がいよいよマジアタックを色仕掛けで仕掛けてきたかと思いきや、『マヤの死』と言うタイトルコールと、そして一瞬カットが映し出された殺害された(であろう)大量の出血の中に沈むマヤである。

誰がこの展開を予想しただろうか? 主人公ないしヒロインが最終話前に死亡するケースはないわけではないが、まさかこの世紀末オカルト学院で持ってこられるとは思わなかった。
物語が進まないとやたら騒がれていた本作だが、まさかの急展開。これまでがゆったりペースだった分、ジェットコースターのように急速直下で落とされた気分である。この辺りのプロットの組み方はやっぱり巧いなと思う。実際、作り手としてもどう考えてもノストラダムスの鍵にあまり関わらず、マヤベースで話が進む展開に不安を感じないわけないはずなのだが、このプロットならば納得出来るというものだ。


実際、ずっとシリアスで描かれたり、あるいはずっとノストラダムスの鍵で物語が描かれて11話で『マヤの死』と言う展開と、ノストラダムスの鍵には敢えて触れずに物語がのんびり進んだ中での11話『マヤの死』では、後者の方が圧倒的にショックが強く、視聴者が受けるインパクトには大きな差がある。

良い意味での裏切り、猛烈なギャップ。

感動的なシナリオで締めくくられた10話、EDとCMを挟んだ後に、次回予告の数十秒で詰め込まれていたことでそうしたモノが一気に視聴者を襲う。


大なり小なりこの展開で次回が気にならない者はいないだろう。


まんまとスタッフの策略にハマってしまい、改めて1話・2話のような「何が起きるんだろう?」と言うドキドキ感・ワクワク感を持たせてくれる終わり方に、グッと誰もが引き込まれてしまうに違いない。


こうしてみると、やっぱりこの作品にかけるスタッフの意気込みの強さを感じる。結果的にアニメノチカラ最終作となることもあるのだろうが、この3クールの間テレ東がかつてのアニメ黄金期を取り戻そうとしているのかどうかは解らないが、オリジナル作品に力を入れて展開した集大成としての姿がようやく形を以って見え始めたのかもしれない。


うん、次回予告だけで語りつくせそうな勢いだ(笑

まぁ、それではマズイので本編織り交ぜながら(ぇ
実際、怪しさを漂わせる美風と川島教頭だが、今回で白黒つけるという展開にはならなかった。美風は、マヤの生家取り壊しの話を聞いて駆け出す文明に対して、自分に振り向いてくれないことへの憎悪か、あるいは何かしらの目的で自分に振り向かないと困るのになびかなくなる文明への冷徹な視線のようなものを向けていた。

同じように怪し過ぎる川島教頭は次回予告でマヤ殺害の容疑者として美風に担ぎあげられた。

情報の発信源が美風である為に、
1)マヤを殺害したのは本当に川島教頭
2)マヤを殺害したのは実は美風
3)マヤを殺害したのはオカルトに絡む何か
4)マヤは実は殺されていない

と言う、ある種この4択になるのだと思う。大どんでん返しだと文明と言う線もないわけではないだろうが、さすがにあそこまでとぼけ続けて実は黒幕、ということはあり得ないだろうなぁ、と思うので却下。マヤの友人たちに関してもさすがにここまで来て裏切りはないだろう、と思うので却下。故に4択。まぁ、どの説もあまりに裏付けがないし、たぶん次回に答えは出ないだろうから、それぞれのお好みの選択肢を選んで本当にそうなるか次週を待ってみるのも良いかもしれない。

私は4)になれば良いなと思いながらも、たぶん2)だなと思っています。1)は確かにここまでの物語で美風と側近の黒服は怪しい工作をしていたが、あまりにもストレート過ぎると思う(物語的に、ではなくて、美風に証拠をつかまれるようなヘマをしないと思うという意味で)。

仮に2)だとした場合、物語を整理すると
・美風は実は宇宙人or未来人
・ノストラダムスの鍵は文明自身? 故に美風は若い女性の姿かたちをして接近した
・学長、マヤは何らかの理由でそれに気付いた為に殺害される
・怪しい川島教頭だが、学長を崇拝している風もあるので、実は最初から味方だった
(各種隠蔽工作は本物のオカルトが外部に漏れて学院が壊される危険性から?)

と言う具合になるのかな、と思う。

美風が宇宙人だった場合)
ノストラダムスの鍵が文明と言うのは、おそらく文明に眠る超能力こそが鍵ではないか、と。その力を引き出す為に必要なのは、大切な者の死と言う強烈なショック。
ショック症状で潜在能力を開花させ暴走させる手法は、リアルにあるかどうかはともかく、二次元では定番だ。暴走する文明のサイコキネシスは、スプーンを曲げるという領域から次元を超えた力を発揮し、空間を歪め、歪められた空間から美風の仲間の宇宙人襲来で、文明の知る2012年へ、と言う展開。

正史においてそのショックを引き起こすトリガーは、文明の母親の死のような気がする。だから今回もそうすればいいのだが、未来から文明が来たことを知って、文明の監視をしつつ逆に未来の文明を再び世界滅亡のトリガーとしようとしてもおかしくはないと思う。

美風が未来人だった場合)
単純にノストラダムスの災害を望む者たちがおり、美風はそちらの側のタイムエージェント。文明を鍵に接触させないよう監視しつつ、色仕掛けで籠絡してしまおうと企むも、やっぱりマヤが邪魔or文明の現地協力者であるマヤが鍵に気付いてしまったので殺害と言う形か。
こちらの方が物語としてはオーソドックスな気がするな。

あくまで一つの予測です。1)~4)全てで予測を立てることは可能ですが、そうすると無限に記事が長くなるのでとりあえず今回は一番可能性のありそうな2)と言うことで。

ちなみに4)を出したのは、一瞬映ったマヤ殺害のカットが微妙に違和感を覚えたから。大量の血だまりが出来ていたが、身体前面に目立った致命傷となった傷は見当たらない。そうなると背後から襲われた可能性か、あるいは髪の毛で隠れていた右目を銃か何かで撃ち抜かれた可能性になるが、そうなるとどちらの場合も目立って争った様子の無いマヤが口から吐血している理由が正直想い浮かばない(争った跡があれば、その際に口内を切ったとも考えられるが)
素人なんで解らないのだが、頭部の何らかの原因が致命傷だった場合、口から吐血するものなのだろうか? 背中から襲われた場合も、血だまりの位置から考えれば襲われたのは背中ではなく後頭部っぽい。高所からの落下という可能性もあるが、その割には身体の節々が綺麗だと思う。血だまりの位置は死体をズラせば良いだけだし、頭部破損で吐血する理由があるのならば違和感はなくなるのだが。


マヤファンとしては心中複雑なのだろうな、と思う。物語としては確実に進むしのだけど、そこに本当にマヤが死亡するなら、もうマヤはあまり関わってこない可能性もあるわけで。


いかん、とりあえず本編へ(笑


と言っても、本編ですが、実は前回記事+コメントで考察した展開に近かったので実は語るというほど語ることが無いのですよね。予想通りの展開だったので、すんなり観れた分、これと言って改めて考察するほどのことがあまりない。もちろん、隅々まで探せばあるのでしょうが、それは重箱の隅を突くような考察になりそうなので(汗

あかりのラストとマヤのラストはそれぞれ良い終わり方をしたな、とは思った。ジーンと感動してしまった。

ただ、私としてはマヤの文明への気持ちがもっと明確になると思っていたのですが、明確になりつつあるのは文明のマヤへの気持ちっぽいですね。これはいよいよ恋愛感情発展かと思われた矢先での次回予告はショックですwww

マヤは?と言えば、オカルト学院が実は父親からの壮大なクリスマスプレゼントであったことに気付きます。あかりとあかりの父親を見て、父親の気持ちを知って汲み取ることを覚えたマヤは、そこで初めてオカルト学院が何のために設立されたのか、という原点に辿り着いた。そして、父親と気持ちの中で和解しわだかまりが消えたところで、改めて文明とノストラダムスの鍵を探そうと決意を新たにするわけですが……。


確かに振り返ってみると、これってマヤにとって死亡フラグなんだよね。


もちろん、マヤからすれば父親を殺した犯人を見つけるまでは死ぬわけにはいかないでしょう。けど、マヤが当初オカルト学院に来た時の目的と心理状態を察すると、

父親との確執⇒今回見事に和解
学院を潰す!⇒父親からの大切なプレゼント=潰せるわけがない⇒却下

となるので、マヤが解決すべき問題の根底って全て解決されている。後から増えた目的はまだ残っているけれど、原点としての目的は達してしまっているわけだから、そりゃあまぁ死亡フラグだわな、と。

追記:いくつかのBlog様で「幽霊になって活躍するのでは?」という考察があって驚いたw さすがにその観点はなかったが、作品が作品だけにあながち無いと断言出来ないし、学長の前例とあかりの一例が出来てしまった以上、可能性としてはあり得そうだ。

9・10話の必要性は前回から多くのBlogで問われていたことだけど、物語としてマヤの死、あるいは一時退場が必然ならば、そうなる前にマヤの抱えていた問題を解決しておく必要性があったのではないだろうか?
それは9・10話にとどまらず、おそらく7話から4話かけて描かれてきたマヤの問題解決なんだと思う。そう考えると4話であそこまで嫌悪を抱いたオカルトと父親の確執を解決してしまうのだから、逆に「駆け足なんじゃないか?」って言葉も出てきてよさそうだが、どうなのだろうか?


なにはともあれ、次回から最終話までジェットコースターのように急転直下・高速回転のような目まぐるしい場面展開で私たちを楽しませてくれるであろう本作。そう言えば、今季で終わる作品の中では「けいおん!!」と並んでクライマックスを意識させてくれる稀有な作品かもしれない(後は割とのんびりムードが多いし)

次回予告は『蝋人形の館'99 川島千尋(小林ゆう)』

第11話『マヤの死』



≪TB先 参照リンク(URLアルファベット順)≫
赤字はTBが現在弾かれてしまっているBlog様です。
現在、ameblo系、yahoo系、nifty系、so-net系はほぼ全滅。楽天系は調子がいいと送れます。goo系はURLが長いので小文字表記にさせていただいてます。それ以外の他意はございません。

※楽天系Blog様へのTBは文字化けしております。

・http://2009nenaki.blog11.fc2.com/blog-entry-388.html
・http://28903894.at.webry.info/201009/article_21.html
・http://3284allegro.blog38.fc2.com/blog-entry-1779.html
・http://altria98.blog113.fc2.com/blog-entry-504.html
・http://amkatan.blog118.fc2.com/blog-entry-1297.html
・http://animedouganews.blog44.fc2.com/blog-entry-1784.html
・http://animezakkityou.meblog.biz/article/3292237.html
・http://animumeso.blog101.fc2.com/blog-entry-2196.html
・http://aniponda.blog119.fc2.com/blog-entry-579.html
・http://arpus.blog121.fc2.com/blog-entry-1225.html
・http://blog.crosschannel.jp/Entry/2365/
・http://blog.goo.ne.jp/nijigen-complex/e/eda0a8c5e5f21aabf0c70012dd20c5bf
・http://blog.goo.ne.jp/sakino-k/e/da85356cfa45fd910e017a3eee70656f
・http://blog.goo.ne.jp/since2005my_secret_garden/e/68b2d81da6b421368acaa3fa7f41066d

・http://blog.livedoor.jp/granzchesta/archives/51489070.html
・http://blog.livedoor.jp/kansaianime/archives/51611274.html
・http://blog.livedoor.jp/koubow20053/archives/51608241.html
・http://blog.livedoor.jp/soul_mu/archives/65405737.html
・http://blog.livedoor.jp/t_cherry398/archives/51522329.html
・http://coffeemonster.at.webry.info/201009/article_14.html
・http://continue.blog.so-net.ne.jp/2010-09-07
・http://flanpoemega.blog42.fc2.com/blog-entry-1442.html
・http://fovsaikou.blog129.fc2.com/blog-entry-402.html
・http://fujiiisana.blog68.fc2.com/blog-entry-1941.html
・http://gomarz.blog.so-net.ne.jp/2010-09-07-1
・http://hienkyaku.blog50.fc2.com/blog-entry-1391.html
・http://huurimoe.blog103.fc2.com/blog-entry-85.html
・http://hyumablog.blog70.fc2.com/blog-entry-1847.html
・http://kagura77.blog99.fc2.com/blog-entry-2430.html
・http://kakioki60.blog129.fc2.com/blog-entry-365.html
・http://kakureotanchi01.blog20.fc2.com/blog-entry-143.html
・http://kaleidoscopez.blog80.fc2.com/blog-entry-1121.html
・http://kazekura.seesaa.net/article/161851024.html
・http://kenohito.blog67.fc2.com/blog-entry-543.html
・http://keycafe.blog27.fc2.com/blog-entry-963.html
・http://khstar.blog110.fc2.com/blog-entry-153.html
・http://kouyanoblog.blog61.fc2.com/blog-entry-3333.html
・http://kuraltuka.blog8.fc2.com/blog-entry-428.html
・http://lessiy.jugem.jp/?eid=2345
・http://maguni.com/diary.cgi?no=1169
・http://manaduru3.blog24.fc2.com/blog-entry-564.html
・http://mikihara.blog70.fc2.com/blog-entry-2346.html
・http://mitubatatibana.blog122.fc2.com/blog-entry-1898.html
・http://monochromenote.blog114.fc2.com/blog-entry-1077.html
・http://musashinoline205.blog100.fc2.com/blog-entry-876.html
・http://nextsociety.blog102.fc2.com/blog-entry-975.html
・http://ngelas.blog72.fc2.com/blog-entry-275.html
・http://plaza.rakuten.co.jp/blackwidow/diary/201009070000/
・http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201009070001/
・http://plaza.rakuten.co.jp/koumeinowana/diary/201009070000/
・http://sagaturedure.blog31.fc2.com/blog-entry-4201.html
・http://seraraku2.blog59.fc2.com/blog-entry-4846.html
・http://shino134.blog22.fc2.com/blog-entry-748.html
・http://shirokuro585.blog109.fc2.com/blog-entry-319.html
・http://sironsiron.blog70.fc2.com/blog-entry-466.html
・http://solonielsoloniel.blog33.fc2.com/blog-entry-698.html
・http://sorakakeruhosi.blog109.fc2.com/blog-entry-2243.html
・http://soraxcan.blog59.fc2.com/blog-entry-2064.html
・http://spadea.jugem.jp/?eid=7951
・http://strawcat.blog12.fc2.com/blog-entry-2630.html
・http://taito-room.blog.so-net.ne.jp/2010-09-12-1
・http://takotakotakoyaki.blog52.fc2.com/blog-entry-3011.html
・http://tasogareonsen.blog70.fc2.com/blog-entry-180.html
・http://tokkurin.blog109.fc2.com/blog-entry-1726.html
・http://tori-toki.at.webry.info/201009/article_3.html
・http://tsukataga.blog54.fc2.com/blog-entry-507.html
・http://ukishin.blog88.fc2.com/blog-entry-762.html
・http://vnr2034.blog133.fc2.com/blog-entry-263.html
・http://wendykai.blog60.fc2.com/blog-entry-1052.html
・http://woodiestsaza.blog42.fc2.com/blog-entry-282.html
・http://www.mypress.jp/v2_writers/firstsnow/story/?story_id=1936813
・http://xenograft.blog58.fc2.com/blog-entry-201.html
・http://yamitarou.blog75.fc2.com/blog-entry-2262.html
・http://yusyu.blog34.fc2.com/blog-entry-576.html
・http://zassyokukei.blog91.fc2.com/blog-entry-247.html

もしよろしければ、拍手ボタンをポチッと押して下さいm(_ _)m 管理人のモチベーションが上がります(ぉ

Comment

実写EDの 

マヤと亜美の瞳から光が失われているカットがあるので
ふたりは死んでるor死んじゃうのかと思ってました。
スタッフのインタビューでもEDに伏線があるようなこといってたし。
それにしても今回の後のあの予告はインパクトあった~。。
  • posted by えん 
  • URL 
  • 2010.09/07 03:05分 
  • [Edit]
  • [Res]

>えんさん 

コメントありがとうございます。

>マヤと亜美の瞳から光が失われているカットがあるので ~
なるほど、そういうインタビューもあったんですね、知りませんでした(汗

>それにしても今回の後のあの予告はインパクトあった~。。
インパクトが強過ぎて、記事の大半が次回関係になってしまいました(ノ∀`*)アイター
  • posted by 月詠 
  • URL 
  • 2010.09/07 13:52分 
  • [Edit]
  • [Res]

ストーリーの構造 

予告は見てないので、純粋に本編の最後のどんでん返しかなり面白かったです。

> 視聴者が受けるインパクトには大きな差がある。

これは間違い無いのですが、私はだからと言って単純に良い作品だと思わないのです。この瞬間のためそれまで見てきた話が犠牲になっているそんな印象を受けてしまいます。ただし、ここからが重要ですが、その間を埋めるため、流すものをどうするか?そこ次第では良い作品になると思っています。それがそこそこは合格ラインなのではないかと思うのです。そしてこの話にはもう一つ重要な軸があり、そちらも結構楽しめるので上手いやり方だと思います。

私はこういうびっくり箱的展開はそれまでの時間いかに視聴者を楽しませるかが本当は重要だと思っています。食玩の玩具だけコレクションしてチョコは食べずに捨ててしまう。そうじゃなくて両方楽しめるそんな作品こそ面白いと思っています。

こういう展開複雑なものを考えるよりは、その瞬間が来るまで作品に没頭させるのも重要です。人間作品に集中して無いと、この後何かやる気なのかな?とか考えてしまいます。しかし作品に集中していると、今見せられているものの面白さについて考えると思います。私と月詠さんがそうであったように、ノストラダムスの鍵よりまずマヤの心情を楽しんでみてました。

> となるので、マヤが解決すべき問題の根底って全て解決されている。

マヤ語りとでも言うのでしょうか、そんな私の立場からは、父親を殺した敵その正体の判明まではマヤの心の決着はまだ付かないと思うのです。今まで追っかけてきたものとしては、文明への気持ちなども含めて、マヤの心がこの作品の中心軸と信じたいので。もちろん月詠さんは死亡フラグを前提でこの文章を書いてるのでこうなってしまっていると思いますけど。

その展開なら、思い半ばに死ぬそんな気持ちが私はしてしまうんですけどね…。私は予告見て無いので軽くだけ触れておきます。

> 逆に「駆け足なんじゃないか?」って言葉も出てきてよさそうだが、どうなのだろうか?

私はナイスタイミングだと思いますけど、作り手のセンスと視聴者のズレの問題でしょうね。ありそうな言葉ですね。


今回突っ込んで一つだけ”けち”をつけるなら。子供の心親知らずで、いくらマヤの言葉がきっかけになってオカルト学院を作ったとしても、子供の移ろいやすい心を忘れて、一つの言葉に執着する大人の心情は子供には理解できないでしょ。あれは、大人のエゴですね。もう一つ深い理由が無いとあれは簡単には飲み込めませんね。

ただし、それを考慮に入れてもあのどんでん返しは秀逸な話の作り方だと思います。マヤとハルヒがあの瞬間重なりました。(ハルヒはもっと思春期的な何かを背負った心情ですけど)


後あかりの話で一つ触れておきたいのは、文明がサンタをやるとき襲われた時どきっとしました。後で考えるとそれしかないと思うのですが、あの演出面白いです。このクライマックスが近い時期なので敵?って思ってしまいました。ストーリーと言うより演出の上手さです。後、このストーリー上手いです。多分あかりの話だけだと私何も感情が動いてません。しかしこの後マヤが父親とした話を思い出したときぐっときました。上手いと感じました。どちらが欠けても駄目です。二つが揃っているからこその相乗効果がありました。

ただ敢えて”けち”をつけるとあかりの話だけで何かを感じさせるには、もうちょっと足りないなとは思いました。しかし、それは私個人の感覚と言う事もありこれぐらいにしておきます。”けち”をつけたのは話しそのものより、話の構造の上手さに魅せられたと話したかったので。プロっぽいなと思います。


この先の展開や、ノストラダムスの鍵についての展開予想は敢えて触れないでおきます。話が大きく動いて、面白そうなので後は先入観なしに気楽に見ようと思っています。私はどんな作品でも先の展開をあまり予想しないでこの後何が起こるんだろう?と言うワクワク感を純粋に楽しむのをモットーとしてるので。(今まで散々してるじゃないか?まあそれはいつになったら動くんだとやきもきしていたので…と言い訳を)
  • posted by コメント君 
  • URL 
  • 2010.09/07 18:14分 
  • [Edit]
  • [Res]

NoTitle 

こんにちは

すみません、リンクを貼らせてもらってもいいですか?


意外と文明を巡る

4角関係(マヤもいつの間にか巻き込まれた)が

あんな最悪な結果に・・・なんて(笑)


ここまで来るとギャグで終わらせるのも衝撃的でおもしろい
と思います。
  • posted by 食系人 
  • URL 
  • 2010.09/07 20:23分 
  • [Edit]
  • [Res]

>コメント君さん 

コメントありがとうございます。

>私はだからと言って単純に良い作品だと思わないのです。
もちろんです。だから「いい意味での裏切り」と書きました。突拍子のないことをやれば、それはどんな展開だって急展開になりますから。

今回の場合は、さまざまな理由で停滞させていたであろう物語を再加速させる要素としての位置づけがしっかりとある分、この手の展開としては良い方だと思ってます。

>こういうびっくり箱的展開はそれまでの時間いかに視聴者を楽しませるかが
これまではコメント君さんが仰っていたように、人間ドラマとしての面を軸として、しっかりと時間をかけて描いてきた分だけ、楽しめていたと思います。
まぁ、ノストラダムスの鍵という言葉から逃れられず、ずっとそれにしか注目出来なかった方も、きっとなかにはいらっしゃったのでしょうが。

>父親を殺した敵その正体の判明までは
そこがたぶん今回において、視聴者の間で見解の分かれる部分だと思います。

確かに父親を殺した犯人を見つけて、マヤが何かしらの決着をつけない限りは、本当の意味での決着にはならないのかもしれません。

でも、一方でマヤが元々抱いていた心の傷は、オカルトに対する嫌悪と父親への拒絶の二点だったわけで、その二点に関しては7話~10話までの4話でほぼ融和し和解の方向をたどっているので、そこで一つの区切りと言うことも出来ると思います。

私の見解は後者で、コメント君さんの見解は前者になると思いますが、これは最後まで観てみないと、この10話が意味するところはもしかしたら見えないのかもしれません。

>思い半ばに死ぬそんな気持ちが私はしてしまうんですけどね…。
思い半ばを私は必ずしも悪いことだとは思っていません。その“思い”を託す人物がいれば……。
この作品では、10話ラストで再々結束した文明に託す、という展開もまだ残っていると思いますし、それはそれで一つの在るべき展開の可能性だと感じます。

>私はナイスタイミングだと思いますけど
同感です。私も4話(前後編2話1編で、2回分)は長すぎず短すぎずちょうど良いと思っています。
まぁ、そもそもマヤの人間ドラマとしての観点で物語を観ている方が少ないように感じますし、そもそも他の方がこの事実に気づくのかな、とも思いますが。

>一つの言葉に執着する大人の心情は子供には理解できないでしょ。
だから、マヤには今までずっと父親の気持ちが理解できなかったのだと思います。父親への拒絶と嫌悪はクリスマスのお願いも忘れてしまっていたわけで。

>後で考えるとそれしかないと思うのですが、あの演出面白いです。
欲を言えば、もう少し文明が物語に関わっていて、(父親の)影が現れた時、「あ、アンタは!?」って驚くくらいの展開があると良かったかな、と思いますけどね。だって文明とあかりの父親は面識ないはずなので、それでいきなり「サンタ役代わってくれ」で代われるかな、と(笑
まぁそれこそ重箱の隅を突くような意見でしかありませんが。

>二つが揃っているからこその相乗効果がありました。
そうですね、劇中で亜美が心配していたように、マヤはあかりに幼少期の自分をシンクロさせていたわけで、どちらがなくても今回の物語の説得力も感動もなかったと思います。

>ノストラダムスの鍵についての展開予想は敢えて触れないでおきます
それでいいと思います。

物語の楽しみ方は人それぞれであるべきで、私のように現在提示された情報から現状考察、そこから先を予測して楽しむ人もいれば、あくまで物語全編をエンターテイメント作品の一本として純粋に作品を楽しむ人もいて当然だと思うからです。

でも、どんな楽しみ方であったとしても、その物語の一側面だけで「つまらない」と一刀両断するのではなく、多面的に観て楽しめる要素を探して欲しいなぁ、というのが誰彼という特定の人物ではなく、アニメを見る多くの不特定多数の方々に私が個人的に望むこと、ですかね(多面的にみても「つまらない」ならそれはそれで、作品の方に問題があるはずなので、講評として問題ないと思いますが)
  • posted by 月詠 
  • URL 
  • 2010.09/07 23:12分 
  • [Edit]
  • [Res]

>食系人さん 

こんばんは☆

>すみません、リンクを貼らせてもらってもいいですか?
どうぞ~♪ こちらからもリンク張らせて頂きますね。

>ここまで来るとギャグで終わらせるのも衝撃的でおもしろい
マヤの死がどこまで本気でどこまでブラフなのかにも寄りますが、マヤの死が実は偽装だったとかそういう展開になるのなら、コメディでもいいかもしれませんね。
  • posted by 月詠 
  • URL 
  • 2010.09/07 23:24分 
  • [Edit]
  • [Res]

思い出 

> コメントありがとうございます。

今回のっけから予告の話がメインであったためどうしようかなと思ったのですが、いろいろとより分けて気になる部分だけ、かいてみました。

> もちろんです。だから「いい意味での裏切り」と書きました。

ああすみません、ストーリーに対する一般論ではなくて、この作品の話を見ての意見だったんですね。

> この手の展開としては良い方だと思ってます。

私もそう思います。

> 思い半ばを私は必ずしも悪いことだとは思っていません。その“思い”を託す人物がいれば……。

これはありですね。心にとどめておいて次回の楽しみにします。

> そもそも他の方がこの事実に気づくのかな、とも思いますが。

前回月詠さんがこの10話で気が付く内容になるだろうと仰っていたのですが、その通りになったと思います。露骨なほどマヤの心情とあかりの心がシンクロしてましたから。極めつけは、その事がきっかけで学長との話を思い出したことで明瞭でしょう。

しかしー、4話モスマンの頃からそれを意識してみていた(当時は文明の心情でしたが、マヤも同時にやるだろうは月詠さんが書いてましたから)のは私達ぐらいでしょう。何せこんな変な事私以外に考える人が居るとは思ってなかったと言う驚きが、書き込みのきっかけですから。

> だから、マヤには今までずっと父親の気持ちが理解できなかったのだと思います。

確かにマヤ自身の理解できなかった事を悔やむ気持ち多少は分かります。ただ父親の行為は暴走に近い感じがありますね。何かもう一つ、オカルト学院を創設しなければならない理由がある気がしてしまうのです。マヤが納得してしまっているので、何も無くてもすっきりはしますが。

互いの気持ちのすれ違いを描いたと思うのですが、何ももう一つ理由が無いなら、父親はどこかでマヤへの思いの境界線を踏み越えてしまっている気がします。結局こういう問題ってバランスの悪さの問題ですから、学長暴走しちゃったなとは感じます。

もっと深く憎しみを抱いていれば多分父親の行為を、マヤの願いをかなえてあげると言う思いやりの行為を明らかに逸脱しているとマヤは感じると思います。

その溝を埋める鍵は、マヤはこの10話までに父を許したいって肯定的な気持ちが強く働くように変わってきたせいじゃないかと感じるのです。

憎しみの渦巻いた心情がはっと晴れる。それじゃ無いと思うのですよ。亜美との喧嘩した時に、父親を嫌ってると言う台詞があったので、私すっかり忘れてましたが、マヤってそういうのじゃなくて、許したいが、もう一押し足りないそういう軽い引っ掛かりがある程度の心情だったのではないかと考えています。

「父親への拒絶と嫌悪」これは10話の時点でかなり和らいでいたと取るのが良いのかと感じています。もちろん月詠さんは、子供の時マヤが忘れてしまった原因を語っているとは思いますけど、念のため。

以上は、こじれていた関係がすっきりするにはもう一押し足りないと感じた私なりの解釈です。

> どちらがなくても今回の物語の説得力も感動もなかったと思います。

これもう一つ重要な事を書き忘れていました。あかりの話無しに、10話になって突然マヤが、文明に思い出したと学長との話を語り始めたら、おいおい残り少ないからってあまりに都合が良くないか?って違和感多分私生じます。そこで夏なのにクリスマス、こんな妙な事をするきっかけとなる話としてあかりの話があり、そして生家の取り壊しの件が重なって思い出す。すごくナチュラルです。作品の中ですごく重要な事を都合よく、残り数話で思い出すこんなシナリオ良いと思わないでしょ。だからそのきっかけとなる事件を絡める。どちらが欠けてもいけないと本当に思います。


先のコメントでこの事を書き忘れて書き足したくてレスしたのですが、それ以外もいろいろと良い足りなかった部分ありましたね…。

  • posted by コメント君 
  • URL 
  • 2010.09/08 01:29分 
  • [Edit]
  • [Res]

>コメント君さん 

>しかしー、4話モスマンの頃からそれを意識してみていた
そうでしょうね(苦笑 実際、一回の放送で平均して40~70前後のBlog様に訪問してTBを送っていますが、近い感想を書いていた方をあまり…というかほとんど見かけなかったです(特に序盤

>ただ父親の行為は暴走に近い感じがありますね。
仰る通りです。娘は喜んでくれるだろうの一点張りでとにかく、途中で立ち止まることも振り返ることもしないで突っ走れるやる気はすごいのですが、やっぱりそれは子供の心を無視してしまう側面もあるもので。

この部分ではある種亜美の父親と通じてしまう部分もあるんですよね。それが、母性ならぬ父性を持つ、父親としてのサガなのかなぁ、とも思ってしまいます。

>「父親への拒絶と嫌悪」これは10話の時点でかなり和らいでいたと取るのが良い
そうですね、その通りだと思います。

そういった意味で実は7・8話ってやっぱり意味があったんですよね、“父親”という部分では。亜美と亜美の父親の関係と、亜美に指摘された父親に対する想いは、マヤの中で改めて「自分にとって父親とは何なのか」を思い返すいいきっかけだったはず。

そんな折、このような9・10話の展開ですから、厭でもマヤの中では父親への本当の気持ちを自覚せざるを得ない展開だったのだと思います。


>だからそのきっかけとなる事件を絡める。
学院が学長からのクリスマスプレゼントである以上、クリスマスの話題を触れる状況を作らなければならないと同時に、マヤに父親に対して感情移入できる状況を作り上げないといけなかった、と考えると、やっぱり9・10話の価値って周囲の評価とは裏腹にとても重いものだと私は感じているんですよね。

そういう意味でコメント君さんのお言葉を借りれば「ナチュラル」だったと思います。
  • posted by 月詠 
  • URL 
  • 2010.09/08 03:13分 
  • [Edit]
  • [Res]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

Trackback

トラックバック URL
»»この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

美風の目的やいかに?(世紀末オカルト学院 第10話)

世紀末オカルト学院 EPISODE.10「暖炉のあかり」 ★★★★☆

世紀末オカルト学院 Episode.10「暖炉のあかり」

お前も蝋人形にしてやろうか! 公式サイトはこちら

世紀末オカルト学院 #10

【暖炉のあかり】 世紀末 オカルト学院 1 【完全生産限定版】 [Blu-ray]出演:日笠陽子販売元:アニプレックス発売日:2010-09-22おすすめ度:クチコミを見る 振り向かなかったのは私の方だ・・・ 

世紀末オカルト学院 第10話「暖炉のあかり」

男親の努力って、切ないよなぁ・・・。

『世紀末オカルト学院』第10話 感想

【あらすじ】 両親が離婚し、父は冷たくなり、 信じていたサンタさんは否定され…。 サンタさんが迷わず自分の家に来れるようにと、 ただ...

世紀末オカルト学院・第10話

「暖炉のあかり」 あかりの家は見つけたものの、上手くいかなかったマヤたち。なぜそこまで、という文明は、マヤを呼ぶのだが…… 「阿部...

世紀末オカルト学院 第10話

第10話「暖炉のあかり」です。 以下ネタバレ注意

世紀末オカルト学院 第10話 「暖炉のあかり」 の感想

君がいる場所【初回生産限定盤】高垣彩陽 by G-Tools いい話だったけど・・・ -公式サイト・Wikipedia- 世紀末オカルト学院 -あらすじ- 舞...

世紀末オカルト学院 第10話 「暖炉のあかり」

悲しい女の子の幽霊あかりちゃんのお話「世紀末オカルト学院」第10話。 幸せな家族の風景。 アパートの前で待つあかりのために父親・健吾...

世紀末オカルト学院 第10話 「暖炉のあかり」 感想

「俺達は、もっと歩み寄るべきじゃないかだと思う  お前のこと、もっと知りたい。パートナーとして」 世紀末オカルト学院 マヤ Tシャツ モ...

世紀末オカルト学院 第10話「暖炉のあかり」 感想

 今回はあかり編後編。家の前で父親を待ち続けるあかり…。あかりはまた父親と会うことができるんでしょうか?展開が見えていても親子のシーンは涙なしでは見られませんでした…。に、しても美風は一体何者なのか、ますます気になってきました。ただの天然キャラではなさ...

世紀末オカルト学院 Episode.10 「暖炉のあかり」

君だけのため 光る世界 ここにあるよ

世紀末オカルト学院 第10話 感想

 世紀末オカルト学院  第10話 『暖炉のあかり/AKARI of fireplace』 感想  次のページへ

「世紀末オカルト学院」第10話

 Episode10「暖炉のあかり」マヤたちは、あかりの父親・岡本健吾をつき止める。あかりのことを聞こうとするが、岡本は「帰れ」の一点張りで取りつく島もない。その帰り、マヤは一人、...

世紀末オカルト学院 第10話「暖炉のあかり / AKARI of fireplace」

衝撃の予告!次回が気になりますヽ(´Д`;≡;´Д`)丿 今回も、マヤの心理描写が良かったですね♪ あとJKが演奏してる顔が面白かったです( *´...

世紀末オカルト学院 第10話 「暖炉のあかり」 感想

マヤたちは、あかりの父親・岡本健吾をつき止める。 あかりのことを聞こうとするが、岡本は「帰れ」の一点張りで取りつく島もない。 その...

世紀末オカルト学院 Episode.10 「暖炉のあかり」

 学院は壮大なクリスマスプレゼント。

【水瀬いのり】世紀末オカルト学院 第10話 「暖炉のあかり/AKARI of fireplace」

成仏できないしずく。その理由を知るためにしずくの父を尋ねるが答えてくれず。 それでもマヤは一歩も引き下がらない。 そんな彼女達の態度...

アニメ 世紀末オカルト学院 第10話「暖炉のあかり」感想

アニメ 世紀末オカルト学院 第10話「暖炉のあかり」の感想です。ネタバレを含みますので注意して下さい。 来週の予告編が全部もっていった...

世紀末オカルト学院 第10話「暖炉のあかり」

世紀末 オカルト学院 1 【完全生産限定版】 [Blu-ray](2010/09/22)日笠陽子水島大宙商品詳細を見る 文明はモテ期に入りましたか?教頭はともかく、美...

[アニメ感想] 世紀末オカルト学院 Episode.10 暖炉のあかり

世紀末オカルト学院 第10話。 マヤたちは苦しむあかりを救ってあげることができるのか―――。 以下感想

世紀末オカルト学院 第10話 「暖炉のあかり」

遅くなったクリスマスを…。 あかりの父を訪ねた帰り、マヤは取り壊される生家に向かう。 そこには生前の父と過ごした思い出が…。 ▼ 世...

世紀末オカルト学院 第10話「暖炉のあかり

いい子にしてたらサンタは来る-------------?まさかの続くだった前回。「・・・あかりは、俺のせいで死んだんだ-------」衝撃の父の告白に、今は何の対策も浮かばないマヤたち。今日はひ...

世紀末オカルト学院 Episode.10『暖炉のあかり』

あかりが死んだのは自分のせい。そう言う父親の情報を得たところで皆は帰路につく。

世紀末オカルト学院 10話

世紀末オカルト学院10話、「暖炉のあかり」。 次www回www予www告www 本編は正直イマイチというか、いくら時折優しさは見せていたといっても...

世紀末オカルト学院:10話感想

世紀末オカルト学院の感想です。 家族で最優先されるべきは子どもの意志。

「世紀末オカルト学院」第10話感想

文明のキャラが分からない(=_=;) マヤのことを気遣うことや、「パートナーとしてもっとお前のことが知りたいんだ」 みたいな態度を示すこと...

世紀末オカルト学院 第10話「暖炉のあかり」

世紀末オカルト学院 第10話「暖炉のあかり」 脚本:伊藤美智子 絵コンテ・演出:平川哲生 作画監督:世良悠子 いい話でした。ただ、...

世紀末オカルト学院 第10話「暖炉のあかり / AKARI of fireplace」

学園の生徒でもないし関係者のようでもない、降霊術で呼び出された少女あかりを中心に、どのようなドラマを組み立てるのか注目された「世紀末オカルト学院」第10話。 亡きあかりと父親の無念を解決することは、図らずも似た境遇だったマヤの亡き父への思いを改めることに...

世紀末オカルト学院 第10話 暖炉のあかり

世紀末オカルト学院 第10話 暖炉のあかり マヤたちは、あかりの父親・岡本健吾をつき止める。あかりのことを聞こうとするが、岡本は「帰...

世紀末オカルト学院Episode.10「暖炉のあかり」

「俺達はもっと歩み寄るべきじゃないかと思うお前の事もっと知りたい…パートナーとして」おいおいどうしちゃったのよ文明ちゃん!Z(゚△゚;)なんか主人公みたいな事言っちゃってる...

世紀末オカルト学院 第10話 暖炉のあかり

自分のせいであかりが死んだと話す、父親の健吾。

世紀末オカルト学院 #10 『暖炉のあかり』 感想

明らかになるあかりと父親の関係、そして最後の日の出来事。 詳細を知ってしまったマヤたちは、あかりのために 少し早めのクリスマスパー...

世紀末オカルト学院~第10話 感想「暖炉のあかり」

世紀末オカルト学院ですが、前回に引き続き少女あかりのことをやります。文明は神代マヤがよく知らない少女について一生懸命なのを見て「あいつ、あんなに優しかったっけ?」と言いますが、体の柔らかい親友は「先生が気づいてないだけですよ」などと言います。 文明はマ...

世紀末オカルト学院10話

振り向かなかったのは…私の方だ。というわけで、「世紀末オカルト学院」10話クリスマスプレゼントの巻。ありがちな家庭不和から起こった悲劇。娘の霊は父親と再会して謝罪を受け...

紀末オカルト学院 第10話 「暖炉のあかり」

「俺たちは、もっと歩み寄るべきじゃないかと思う」 あかりの父親から情報を聞き出す事に失敗したマヤたちは、翌日の放課後にまた父親の...

世紀末オカルト学院 第10話 「暖炉のあかり」 感想

結構重要な回だったのでは。見応えありました。

世紀末オカルト学院 第10話「暖炉のあかり」

あかりは俺のせいで死んだ、帰れ、と言ってマヤ達の話を聞かないあかり父。 しかしマヤの真剣な姿を見て、遂に心折れるあかり父。 あかり父が明かすあの日の出来事。 あかりはクリスマスイブの日、外でずっとサンタを待っていた為凍死した。 あかりの為に時期外れの...

世紀末オカルト学院 #10 暖炉のあかり

予告でド肝を抜かれた 世紀末 オカルト学院 1 【完全生産限定版】 [Blu-ray](2010/09/22)日笠陽子水島大宙商品詳細を見る世紀末オカルト学院 #10 暖...

世紀末オカルト学院 Episode.10 「暖炉のあかり」

気づいたら・・・あなたの後ろに教頭が!? 感動の後は・・・世紀末だあ!!  オカルト学院10話

世紀末オカルト学院 第10話「暖炉のあかり」

『マヤたちは、あかりの父親・岡本健吾をつき止める。あかりのことを聞こうとするが、岡本は「帰れ」の一点張りで取りつく島もない。その帰...

世紀末オカルト学院 第10話「暖炉のあかり」 感想

真夏に降る雪。 今週の「オカルト学院」の感想です。 実直に感情に訴えかける話、ではあったんですが その一方で、テーマ的にもビシッと定まったな、っていうか いよいよ結末に向けて走り出した感があります。 だからこそ、次回予告には驚かされた訳ですが・・・。この...

「世紀末オカルト学院」10話 暖炉のあかり / AKARI of fireplace

あかり編終了。 きれいに卒なく終わった。 あかりとあかりの父親の関係を元にマヤが父親との関係をかえりみる話だった。 オカルトに没頭し...

世紀末オカルト学院 第10話 『暖炉のあかり』

神代マヤを職員室に呼び出して、不機嫌な理由を聞く内田文明。マヤの心を開こうとするが、寸前のところで中川美風に声を掛けられて、マヤにグーパンチを喰らう文明

世紀末オカルト学院 第10話 「暖炉のあかり」

いいお話でした。そして予告でまさかの... 衝撃の予告内容とサブタイですね。

『世紀末オカルト学院』#10「暖炉のあかり」

「振り向かなかったのは、私のほうだ…」 クリスマスプレゼント。 クリスマスイブに外で何かを待ち続け、亡くなってしまったあかりちゃん...

(アニメ感想) 世紀末オカルト学院 第10話 「暖炉のあかり」

世紀末 オカルト学院 1 【完全生産限定版】 [Blu-ray]クチコミを見る マヤたちは、あかりの父親・岡本健吾をつき止める。あかりのことを聞こうとするが、岡本は「帰れ」の一点張りで取りつく島もない。その帰り、マヤは一人、生家を訪れる。もうすぐ取り壊されてしまう家...

救われし者たち

{/kaeru_night/}地球温暖化! ダラダラしてしまいました~ 『世紀末オカルト学院』 Episode.10 暖炉のあかり あかりの両親の離婚の原因は、 家庭を顧みず仕事に没頭する夫と、 そんな夫に妻が愛想を尽かしたという事なのか。 あかりの母はあかりを置いて出て行ったの...

世紀末オカルト学院 第10話

[関連リンク]http://www.occult-gakuin.jp/Episode.10 暖炉のあかりあかりをなんとか助けてあげたいそれはマヤが同じような境遇だからだ文明はマヤを呼び出して事情を聞こうとするがその場に美...

世紀末オカルト学院 Episode.10 暖炉のあかり レビュー キャプ

降霊術のクラスの際に呼び出されてしまった幼女の霊、 岡本あかり(7歳)… 家に帰りたいという彼女を助けようと したマヤ達が知った事実は、クリスマスの日にあかりが自宅 アパートの玄関外で凍死したという事実だった。あかりを家に 戻したものの、今度は、亡くなった...

世紀末オカルト学院 第10話 「暖炉のあかり」

心温まるお話の後には、衝撃的な次回予告…。

世紀末オカルト学院 Episode.10「暖炉のあかり」

父親もマヤも不器用すぎる…! 学院創立の理由が明らかになり、マヤの決意も高まったものの 目下、一番気になる美風の正体は未だ謎のまま。 まさか本当にこのまま進んじまうのか?違うよね?! 世紀末オカルト学院 2 【完全生産限定版】 [Blu-ray]出版社/メーカー: アニプ…

(感想)世紀末オカルト学院 第10話「暖炉のあかり」

世紀末オカルト学院 第10話 「暖炉のあかり」 会いたかった、待ち続けていた・・・大好きな、パパ。

世紀末オカルト学院 第10話 「暖炉のあかり」

あかりの境遇が過去の自分と重なるマヤは取り壊された生家に赴くことで序々に父親との思い出を思い出してゆく。そこから導き出されたオカル...

世紀末オカルト学院 10話「暖炉のあかり」

こずえちゃんマジはしゃぎすぎw(クリスマスパーティの準備にて) 世紀末 オカルト学院 1 【完全生産限定版】 [Blu-ray](2010/09/22)日笠陽子水島大...

【アニメ】世紀末オカルト学院 10話 振り向かなかったのは私の方だ・・・

世紀末オカルト学院 第10話「暖炉のあかり / AKARI of fireplace」 の感想を 最近のこどもさえ、サンタクロースの存在を認めなくなってきている ...

世紀末オカルト学院 10話 感想

世紀末オカルト学院 第10話「暖炉のあかり」 何か次週予告に全部持っていかれたような… 相変わらず美風にデレデレな文明を除き、 他...

世紀末オカルト学院 第10話 感想

第10話「暖炉のあかり」

世紀末オカルト学院 10話

Episode 10 「暖炉のあかり」 彼女いない歴=年齢(笑)そうだったのか文明… という事は、文明にとって今がモテ期?ww あかりちゃんが待...

世紀末オカルト学院 第10話「暖炉のあかり」

大門ダヨ 前回は具現化した霊の「あかり」ちゃんの親に話を聞こうとしたが断られた ってとこまででしたね 今回気になったけど・・・ マ...

世紀末オカルト学院 第10話 「暖炉のあかり」 感想

前回のあかりはあかりちゃんのあかりでしたが、今回のあかりはマヤの記憶の中にある 『暖炉のあかり』 そのものだったようです。あかりちゃんがマヤの心に火を灯したようですね。

世紀末オカルト学院 第10話 「暖炉のあかり」

良い回だな~。こういう話には結構弱いのでちょっとうるっと来ましたw 文明君の出番はお父さんに奪われた訳だけど、これは良い展開。 あか...

左サイドMenu

カウンター

祝2,000,000Hit達成♪ とうとう大台突破。これも皆様のおかげでございます(o ̄∀ ̄)ノ

カレンダー(月別)

07 ≪│2020/08│≫ 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

ガンダムシリーズ

◆新機動戦記ガンダムW◆

新機動戦記ガンダムW BD-BOX1

OVA・続編含め『新機動戦記ガンダムW』全般を応援してます♪
ガンダムW関連 まとめページ
感想、用語、企画など全ページへのリンクがあります。ご利用ください

2016/05/04 12巻分の用語一部更新しました

《用語》
用語集
ア行
カ行
サ行
タ行
ナ行
ハ行
マ行、ヤ行
ラ行、ワ行
英字行
登録キャラクター名一覧
キャラクター詳細
ア行
カ行
サ行
タ行
ナ行
ハ行
マ行、ヤ行
ラ行、ワ行、英字行

メカニック図鑑
メカニック用語詳細
年表

《企画》
年代考察
勢力図まとめ
AC暦におけるMS史(コラム)

◆Gジェネクロスレイズ◆

GCR119.jpg

まとめページ

◆ガンダムモビルスーツバイブル◆

GMB001_20190322210057cc3.jpg

まとめページ

◆機動戦士ガンダム00◆

GUNDAM OOQ
用語集などは特にありませんが、劇場版の感想は全十回というボリュームでコラム風に書かせていただきました。よろしければどうぞ。
ガンダム00関連 まとめページ

◆鉄血のオルフェンズ◆

81TuctHvlZL__CR88,0,1536,1536_
各回の感想のまとめだけ。
鉄血のオルフェンズ まとめページ

米山シヲ 応援エリア

◆梅衣堂ひよと旦那様の野望◆

1-2-2

『梅衣堂ひよと旦那様の野望』待望第1巻発売中

月刊少年ガンガンで現在連載中『梅衣堂ひよと旦那様の野望』を応援中。『ブラクロ』と同じように独自用語集も製作中!

公式特設ページ

独自用語集
第1巻

◆ブラッディ・クロス◆

ブラクロサムネ

月刊少年ガンガンで完結した『ブラッディ・クロス』をプッシュしています♪ 独自用語集あります! 

公式特設ページ

独自用語集
キャラ紹介-混血勢力-
キャラ紹介-天使勢力-
キャラ紹介-堕天使勢力-
キャラ紹介-アルカナ-
キャラ紹介-神葬-
キャラ紹介-その他-


最近の記事

最近のコメント

<>+-

最近のトラックバック

メールフォーム

管理人に何か言いたいことがあれば、ここからどうぞ♪

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード

QR

友達申請フォーム

FC2ブログランキング

FC2のブログランキングに参加中♪ 気に入っていただけたなら、一押しして下さい。

FC2ブログランキング

右サイドメニュー

義援金募集

FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして

検索フォーム

管理人から一言

お知らせ

管理人からのお知らせです。

PS4ゲーム『JUDGE EYES:死神の遺言』プレイ中。

『ガンダムW FT』コンテンツは不定期更新です。現在は11巻分までの感想と用語の更新を完了しました。

『ブラッディクロス』全12巻発売中! 用語集更新は全て無事終了致しました。

文庫・単行本(キャラクターノベル含む、ライトノベル含まず)の著者名別リストに移行しました。さすがに増え過ぎた(笑


今期の週間感想予定
日曜日:-
月曜日:-
火曜日:-
水曜日:-
木曜日:-
金曜日:-
土曜日:-
不定期:ピックアップ感想、ゲーム感想、模型関連など


場合によっては急遽順序等の変更もありますが、ご理解いただけますようよろしくお願いします。

管理人プロフィール

月詠

Author:月詠
埼玉県某所在住の34歳社会人。性別♂。名前は「つくよみ」と読む。

世知辛い世の中で嬉しいことも泣きたいこともサブカルチャーたちに救われています
詳細な自己紹介はこちら(2019版)。それ以前のものはこちら

コメント・TB、相互リンク受付中。下記の運営方針に詳細を記載しております。無条件に大歓迎と言うわけではありませんが、大部分の方は歓迎出来るかと思いますw

以下、ショートカット。
◇閲覧上の注意や規約など
Blogの運営方針・利用規約
他のBlog様と大差ない運営・利用規約ですが、初閲覧の方は簡単でも良いので読んで頂けるとありがたいです。閲覧、コメント等される方は利用規約を了承していると判断させていただきますので、「知りませんでした」は通用致しません。


◇アニメについて
アニメの評価について
歴代アニメ評価一覧
アニメアウォーズ! 受賞一覧


◇ゲームについて
ゲームの評価について
歴代ゲーム評価一覧


◇ブックス(本)について
小説の評価について
ブックレビュー一覧
   あ行の著者
   か行の著者
   さ行の著者
   た行の著者
   な行の著者
   は行の著者
   ま行の著者
   や行の著者
   ら行の著者
   わ行の著者
   複数の著者・その他
 文庫・単行本(キャラノベ含む、ラノベ含まず)は上気の著者名別になっています。

◇プラモデルについて
完成品一覧(グレード別)
完成品一覧(シリーズ別)
完成品一覧(トイ、フィギュア等)

◇その他リスト一覧はこちら
テレビ&シネマ
CD&DVD&BD
TYPE-MOON関連

ツリー式カテゴリー

openclose

アニプレッション!!

アニプレッション!!
アニプレッション!!とは

アニプレッション!!は、アニメブロガー達の合同ブログです。アニメについての問題意識・感想・考察・批評等の諸言説を発表し、アニメを語る事の面白さを伝える事が目標です。自分も末席に加えさせていただいております。
現在活動停止です

以下、アニプレッション!!メンバーのBlogです。

相互リンク(更新停止)

残念ながら一年以上の更新がない相互リンク先の方々です。サイト消滅の場合は消させていただきます。いずれまた復活し、交流が持てることを期待しています……