FC2ブログ

刹那的虹色世界

アニメ・ゲームのあらすじを主体とした感想や批評のブログ。時折、日記・声優・コミック・スポーツなど幅広くレビューしています。リンクフリー、相互リンク大歓迎♪

Entries

Angel Beats! 第12話

Angel Beats! 第12話
『Knockin’on herven's door』


≪あらすじ≫
理不尽に奪われた弟妹たちの命。だからこそ、ゆりは彼らの為だけに生き、そんな奪われる理不尽さを自分に押し付けた神へ抗うことを決めた。

でも、ゆりにはもう弟妹たちだけではない。

音無が、日向が、直井が、野田が―――そして、かなでがいる。

多くの守りたいと願った仲間に守られながら、ゆりはとうとう、一連の影による事件を起こした者と対面を果たす。



≪感想≫
EDで全員揃っている画

泣 け る。゚(゚´Д`゚)゚。

まさかとは思ったが、日向の隣にユイがいて、ひさ子の傍に岩沢がいて、高松もいて……・゜・(ノД`)・゜・ こんな世界をきっと誰もが願ったはず。こんな風に笑って仲間でバカやりながら歩ける世界を望んだはず。
願わくば、その中にかなでも居てくれたら嬉しかったなぁ……(ぉ

っていうか、

天使ちゃん マジ 爆撃機

(ノ∀`*)アイター


あり得ねぇwww どんだけ強いんだよ、天使ちゃん。でもだからこそ、そこに痺れる憧れるッ!!! ちなみに、ゆりを助けに来た時に音無の背中からちょこんと顔を出すシーンとか萌え死にそうでした(マテ


そして、謎の少年 マジ 渚カヲルwww

あの男女の中立のような容姿、口調、そしてCV石田彰氏www すっかりそのままな気がする。えっとこれは、麻枝氏がゆりっぺ=ハルヒ、謎の少年=渚カヲルをモチーフで描いているとかそういうことなのか?


ガルデモメンバーその他諸々はあっさり卒業。うーむ、確かにガルデモメンバーが銃持って戦うって想像出来ないしなぁ……結果としてこうするしかなかった気がする。そうじゃないと、あの“影”相手にどう逃げ延びたのか、と言う謎がわいてしまうわけだし。
大山、クライマックスにしてようやく活躍(爆 そっか彼はスナイパーなのか。だとすると最前線で戦うSSSでは力を発揮し辛いよな(笑 松下五段、変わり過ぎwww


まぁ、それでも何だかんだ言ってゆりっぺが今回の主役だったわけです。確かにあそこまで神に抗うことを、神になり替わることを望んだ彼女を納得させるのは、丸々1話使っても足りないくらいだろう。
なので、ここでも書けないので、追記で長々と書きます(ぉ


でも、ゆりっぺは時折出るサービスシーンが良いなっ(最低


第13話『Graduation』。 いよいよ卒業式……かなでは一緒に卒業できるのか?


以下考察とTB送信履歴。考察に関しては軽めです。




≪考察≫
ゆりの人生

2話で語られたゆり(本名は仲村(中村・中邑・仲邑?)ゆり)の人生。わずかな時間で奪われてしまった弟妹たちの人生。そんな彼らの人生を奪い、奪われる人生を押しつけた神の理不尽さに対する怒り。だからこそ、ゆりはあの世界で抗うことを決めた。

それこそが、彼女の行動の原動力

SSSを作った当初、ゆりの原動力は確かに命を奪われた弟や妹たちの為であり、そして大切な弟妹たちを奪った神への明確な怒りであったはず。


ここで大切なのは、ゆりの原動力の“本質”は、『大切な誰かを護りたい』と言うこと。幼い日のゆりにとって、当然“大切な誰か”とは、弟であり妹であったことは言うまでもない。


しかし重要なのは『弟妹たちが大切⇒大切な誰かを護りたい』ではないと言うことである。
むしろ『大切な誰かを護りたい⇒弟妹たちは姉である自分が護る』と言う捉え方の方が適切ではないかと思っている。『(彼らにとって)良いお姉さんでありたい』と言う彼女の願望は、ここに起因しているのだと思う。つまり、ゆりっぺマジお姉ちゃん、ってことだ(ぇ


それを前提に観ると、ゆりっぺのキャラクター設定は実に巧みだったと思わざるを得ない。

『大切な誰かを護りたい』と言う本質と、護れなかった過去と、そして今は「死んだ世界戦線」を率いるリーダー(知らず知らずに掛け替えのない愛すべき仲間たちが居る=新しい護るべき存在)と言う事実。

これは誰もが明確に解る“矛盾”を生む要素だ。


新しい護るべき仲間がいるが、彼女はそこから目をそらして護れなかった弟妹たちしか観ていない。『大切な誰かを護りたい』と言う自らの本質を自ら否定して、過去へ囚われ縛られ続ける。
劇中はかなでルートとして描かれたが、もしもゲーム化してゆりルートがあるならば、きっと描かれる物語のポイントはここになることだろう。自らの本質を自ら否定するゆりを、音無が諭すと言う……。

まぁ、それはさて置いて、


そこに「ゆり」と言うキャラクターが持つ魅力がある。


ただの唯我独尊のキャラではない。ただの我儘で天使ちゃんにイタズラをするキャラではない。ただの某小説ハルヒに似ているわけではない(笑 

彼女は、己が矛盾を抱え、それに葛藤し、それでも表面上は誰にも悟られないように強がりながら、喪った者たちを蔑ろにするのではないかと言う恐怖から今の仲間ではなく喪った弟妹たちしか観れなくなっていた。
唯我独尊のように振るうのはその心を悟られない為であり、天使への誰よりも深い嫌疑は知らず知らずに仲間を護らなくてはいけないと言う本質から来る強い使命感から来たものなのである。



ゆりが影に呑まれた時、彼女がNPC化しかけた際に見せた一抹の疑念。それは、彼女が表面化させていた弟妹たちへの想いを呼び起こさせた。
助けてくれた音無たち仲間の手助けによって辿り付けた第二コンピュータ室で謎の青年と相対し、神の力を得られる可能性を前にして、ようやく遂に自分の本質と、もう自分には新しい護るべき仲間がいることに気付いた。


だからこそ、彼女はそこから遂に人生を受け入れ、過去へのシガラミを断つ道を自ら選んだ。


自分の本質に気付き、新しい仲間がいることを認め、そしてかつて護れなかった弟妹たちからの救済を受けること。それこそが、ゆりの卒業へのプロセスだったのだろう。

誰が何を言っても、ゆりが本質を理解しても、新しい仲間がいることを認めても、過去に決着を着けられなければ前には進めない。
劇中では、弟妹たちに赦され、救われたゆり。でも、護れなかったことに対する罰か赦しか、そのどちらであったとしてもゆりにとっては良かったのではないか? 何も言うことすら出来ずに死んでしまった弟妹たちが、どう思っているのか。どう思ってくれているのか。その声が聞けることが、大切だったように思える。


そうして自らの手でこの世界と神への抗いの決着を着けたからこそ、彼女は卒業出来なかった。


その想いは、おそらく音無や日向と同じだろう。『大切な誰かを護りたい』と言う本質を持つゆりが、SSSメンバーを残して消える道を選べるわけがない。永遠の楽園とする道を自ら断った以上、ゆりに残された道はおそらく音無や日向たちと共に、SSSメンバーを卒業させること。ただ、自主的な卒業者はもういない。

だからこその、来週の『卒業式』

誰の発案かは解らないが(おそらくゆりか音無だろう)、音無も日向もゆりも(まぁ、直井もw)誰かを残して消えることは出来ない。それはおそらく戦う道を選んだ野田たちもそうだろう。

だから、みんな一緒に卒業する

そう言う結論なんだと思った。



この世界の真実

とりあえず大まかな考察は当たっていた……のだろうか。卒業と言う概念など細々としたところでは考察通りだったので、ある意味予想の範疇でした。

まぁ、結果はともかくとして考察を始めますが、その前に……

ごめんなさい、ちょっと一度二度程度じゃ上手く理解出来んかったです。なので、私は大筋の流れを以下のように捉えています。間違ってる部分があったら指摘して頂けるとありがたいです。

この世界の創設者が何らかの理由と手段で「Angel Plyer」を開発。世界創造

「Angel Plyer」を持つプログラマー、あの世界で彼女と愛情を育む

愛情を育んだ彼女、卒業

納得出来ずに、この世界で待つことを決める

長い長い時、耐えきれずに自らの記憶を消しNPC化とする道を選ぶ

自分と同じ存在が生まれる可能性(愛が芽生え世界に留まる道を選ぶ存在)を危惧

問題解決の要素として、『謎の青年』と『記憶リセットの影』をプログラム

プログラマー、NPC化

本編開始

SSSを、この世界に永遠に留まろうとしている存在と認知

プログラム始動。『謎の青年』行動を開始

10話以降へ


とりあえず、上のような流れだと仮定して話を進めます。


この世界は誰が作ったのか、「Angel Plyer」の本質とは何なのか、などなど根幹の世界としての疑問はありますが、そこには触れないこととします。追記前に書いたように、おそらくAngel Beats!では全ての世界設定を劇中で明らかにすることはないでしょう(漫画化、CD化のメディア展開をしていることを考えれば、それらのメディア展開がひと段落するまでは全設定を明かさないのは至極当然。むしろこの先のゲーム化も視野に入っての、設定非公開だと信じたい)。


ここで考察するのは、『謎の青年』と『記憶リセットの影』をプログラムした者は誰か、と言う考察です。

NPC化しているのであれば、今もその者はこの世界にいるはずなのだから。


ケースA)立華かなで
可能性としては最も高いでしょう。自らの好物すら記憶していなかった、半ば失った自我の記憶。自らに“愛情”を向ける音無に対する態度・気持ち、生徒会長でありながらこの世界から卒業することがなかったと言う彼女が抱える強い“何か”の信念。そして、プログラマーが創りだした「Angel Plyer」を(劇中確認で)唯一所持する人物であること。

それらを総合して考えれば、かなでが『謎の青年』らをプログラムした者、と言う可能性は十分にある。

マニュアル本があるのは、記憶リセットでNPC化するとプログラミング技術が失われるから。彼女が生徒会長でありながら消えないのは、半ばNPCと化している存在であり、再び逢うことを切望した“彼女”と出逢うと言う根底の目的があるから。

『謎の青年』が“彼女”と言うとどうしても恋愛関係が先走るが、別に親友に対する友愛もまた“愛情”の一つだろう。
かなでにだって、『自分と仲良くなった者は消える』と言う経験をし、それに対する失望感があるのだ(故に彼女は音無と出会うまでは仲間を作らなかった) ならば、別に芽生える“愛”が異性への“愛情”ではなく“友情”であっても不思議ではない。

こうすると、「Angel Plyer」をかなでが持っている理由など様々な彼女に対する疑念は解決出来る。最終回の展開でも、新しい音無との“愛情”、SSSとの“友愛”に気付き、(実は記憶のバックアップがあって)それをインストールしてプレイヤーとして卒業。もしくは、半NPCとしていつまでもあの世界で自らの役目を全うする道を選べば、十分にエンディングになり得る展開と言えよう。


※ただし、かなでには逆パターン(つまり、NPC化したプログラマーが愛した女性=かなで)と言う可能性もゼロではないが、現状の分析ならばそれよりも彼女自身がプログラマーの可能性の方が高いだろう。



ケースB)音無結弦
ぶっちゃけ、可能性はかなり低い。理由は、『謎の青年』の口から「極稀に、生前誰かの為に尽くし満足して無くなった者が記憶を喪って、迷い込んでくる』と出たからだ。これが誰を指すかなんて言わずもかな、当然音無のことである。

つまり、音無はこの世界の根幹や創設者とは関係ない、本当にプレイヤーの一人として偶発的な確率であの世界に息吹きを上げただけ、と言う可能性の方が圧倒的に高いからだ。

まぁ、それでも一応主人公だし、ドンデン返しももしかしたらあるかも?

また、怪しいが、その人物が半NPC化していることを考えれば、記憶を有していることは矛盾する。なので怪しくても、ゆり・直井・日向と言う過去が描かれている人物である可能性も同様にかなり低いと言える。
ただし、直井に関してはその催眠術の出自がやっぱり明らかには出来ない(逆に言えば武器はもちろん、「Angel Plyer」の出自も明らかになった)為に怪しいと言えば怪しいのだが。



まぁ、そんなわけで記憶を有すると半ば矛盾する為、普通に考察すると明らかにかなでとプログラマーとの関係性が浮き彫りになります。自分で書いておいて、「あぁ、ありそうなEDだな」と思っちゃったよ(笑



~余談~
NPCと言う存在にやっぱり納得がいかないのはなぜだろう? 今回のゆりが半分NPC化して学園生活を送っていたからだろうか? 
もしも、あのゆりの姿がNPCとしての姿だとするならば、そしてあの世界で本来NPCだったプログラマーに愛が芽生えたのであれば、やっぱりあの世界におけるNPCの概念は、『消えて卒業が出来るか否か』なのだろう。

逆に言えばそれ以外はプレイヤーとNPCの違いはない。

プログラマーと愛を芽生えさせた彼女はプレイヤーで、プログラマーはNPCだった。

消えることが出来る者と出来ない者の差。

そんな感じな気がする。



次週はいよいよ最終話。みんなで卒業ルートはほぼ確定か? 問題はそこにかなでが入っているのか、いないのか……。その有無によって、物語がハッピーエンドで終わるか、鬱エンドで終わるかが決まる(マテ



≪TB先 参照リンク(URLアルファベット順)≫
赤字はTBが現在弾かれてしまっているBlog様です。変わらずyahoo、so-net、nifty系はほぼ全滅です(一部の方に例外あり)。goo系、一部URLが長いサイト様は小文字表記させて頂いてます。
※お詫び※
楽天系(http://plaza.rakuten.co.jp/~)の方へのTBで、本文部が原因不明で文字化けしております。申し訳ございません。


・http://2009nenaki.blog11.fc2.com/blog-entry-309.html
・http://28903894.at.webry.info/201006/article_58.html
・http://28903894.at.webry.info/201006/article_59.html
・http://28903894.at.webry.info/201006/article_60.html
・http://akashiima.blog57.fc2.com/blog-entry-114.html
・http://alicetail904.blog42.fc2.com/blog-entry-223.html
・http://ameblo.jp/shalashalasecond/entry-10566887352.html
・http://amkatan.blog118.fc2.com/blog-entry-1211.html
・http://anime.mikawa-sp.net/e2770.html
・http://animumeso.blog101.fc2.com/blog-entry-2091.html
・http://aniponda.blog119.fc2.com/blog-entry-453.html
・http://anzu05.blog29.fc2.com/blog-entry-111.html
・http://arpus.blog121.fc2.com/blog-entry-1089.html
・http://ayatokamina.blog112.fc2.com/blog-entry-647.html
・http://bitayoshi.blog28.fc2.com/blog-entry-55.html
・http://blog29taka.blog107.fc2.com/blog-entry-1098.html
・http://blog.crosschannel.jp/Entry/2268/
・http://blog.goo.ne.jp/gurimoe/e/5833c62f711625a3c34d4b41ab257a71
・http://blog.goo.ne.jp/jin-d/e/d71262695bb782fea7edd141b1ac2546
・http://blog.goo.ne.jp/migie_no_migite/e/3b72761a4ffaaf2c2c88b73d0955fa45
・http://blog.goo.ne.jp/sakino-k/e/dfecb2f292266f58d42338526a08f636

・http://blog.livedoor.jp/kansaianime/archives/51561121.html
・http://blog.livedoor.jp/katsux2/archives/51579246.html
・http://blog.livedoor.jp/koubow20053/archives/51570956.html
・http://blog.livedoor.jp/m_yossy_m/archives/51483444.html
・http://blog.livedoor.jp/makotome301/archives/51737774.html
・http://blog.livedoor.jp/ms_2001/archives/50909493.html
・http://blog.livedoor.jp/rin20064/archives/51718960.html
・http://blog.livedoor.jp/t_cherry398/archives/51487735.html
・http://bluebluesilvermoon.blog38.fc2.com/blog-entry-3070.html
・http://brilliantcorners.blog54.fc2.com/blog-entry-237.html
・http://bubbleforest.blog113.fc2.com/blog-entry-426.html
・http://cactusanime.blog104.fc2.com/blog-entry-1194.html
・http://chunou2.blog97.fc2.com/blog-entry-1125.html
・http://civer.blog122.fc2.com/blog-entry-2990.html
・http://coffeemonster.at.webry.info/201006/article_33.html
・http://crazylazykikujira.blog57.fc2.com/blog-entry-30.html
・http://e102128.blog54.fc2.com/blog-entry-1479.html
・http://enkaigakari.seesaa.net/article/153734267.html
・http://flanpoemega.blog42.fc2.com/blog-entry-1038.html
・http://fovsaikou.blog129.fc2.com/blog-entry-217.html
・http://fujiiisana.blog68.fc2.com/blog-entry-1858.html
・http://gototoraku.blog14.fc2.com/blog-entry-67.html
・http://gunjyou8010.blog134.fc2.com/blog-entry-7.html
・http://hadakanoninja.blog119.fc2.com/blog-entry-1557.html
・http://hakuroupunk.blog56.fc2.com/blog-entry-1933.html
・http://harutoki2.blog18.fc2.com/blog-entry-1986.html
・http://hienkyaku.blog50.fc2.com/blog-entry-1226.html
・http://hinaxnagi.blog31.fc2.com/blog-entry-1647.html
・http://hiroy.blog49.fc2.com/blog-entry-1612.html
・http://hyumablog.blog70.fc2.com/blog-entry-1717.html
・http://ilikemanga.blog87.fc2.com/blog-entry-787.html
・http://infinite3cosmos.blog66.fc2.com/blog-entry-620.html
・http://itigototyoko.blog109.fc2.com/blog-entry-110.html
・http://junkheadnayatura.blog24.fc2.com/blog-entry-1213.html
・http://kagura77.blog99.fc2.com/blog-entry-2313.html
・http://kakioki60.blog129.fc2.com/blog-entry-211.html
・http://karmasoma.blog3.fc2.com/blog-entry-125.html
・http://karuiongak.blog37.fc2.com/blog-entry-672.html
・http://kate555.blog59.fc2.com/blog-entry-1161.html
・http://keropo2.blog.shinobi.jp/Entry/745/
・http://keycafe.blog27.fc2.com/blog-entry-863.html
・http://khstar.blog110.fc2.com/blog-entry-113.html
・http://kinokonohibi.blog99.fc2.com/blog-entry-128.html
・http://kiokuno2.blog31.fc2.com/blog-entry-1047.html
・http://kodoku21.blog83.fc2.com/blog-entry-656.html
・http://kokonoi.blog93.fc2.com/blog-entry-339.html
・http://kouyanoblog.blog61.fc2.com/blog-entry-3150.html
・http://lessiy.jugem.jp/?eid=2275
・http://maguni.com/diary.cgi?no=1088
・http://makitokouenji.blog63.fc2.com/blog-entry-512.html
・http://manaduru3.blog24.fc2.com/blog-entry-454.html
・http://mapdiary.blog37.fc2.com/blog-entry-675.html
・http://marantz.blog36.fc2.com/blog-entry-508.html
・http://marushou.blog68.fc2.com/blog-entry-824.html
・http://merkmals.blog31.fc2.com/blog-entry-1222.html
・http://mikihara.blog70.fc2.com/blog-entry-2135.html
・http://mjoungr2ochmsha.blog115.fc2.com/blog-entry-295.html
・http://monochromenote.blog114.fc2.com/blog-entry-981.html
・http://najigo.blog31.fc2.com/blog-entry-86.html
・http://narrow512.blog14.fc2.com/blog-entry-86.html
・http://nekoko.at.webry.info/201006/article_24.html
・http://nextsociety.blog102.fc2.com/blog-entry-888.html
・http://ngelas.blog72.fc2.com/blog-entry-203.html
・http://nityael.blog74.fc2.com/blog-entry-393.html
・http://plaza.rakuten.co.jp/blackwidow/diary/201006190000/
・http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201006190001/
・http://plaza.rakuten.co.jp/eyeshield10/diary/201006190000/
・http://plaza.rakuten.co.jp/koumeinowana/diary/201006190000/

・http://purgatory07idea.blog77.fc2.com/blog-entry-883.html
・http://rabiko.blog13.fc2.com/blog-entry-2376.html
・http://rumtonicenquete.blog17.fc2.com/blog-entry-349.html
・http://sagaturedure.blog31.fc2.com/blog-entry-3986.html
・http://satosilove.blog117.fc2.com/blog-entry-561.html
・http://seraraku2.blog59.fc2.com/blog-entry-4602.html
・http://shino134.blog22.fc2.com/blog-entry-613.html
・http://shinsakuranikki.blog90.fc2.com/blog-entry-3552.html
・http://shirokuro585.blog109.fc2.com/blog-entry-203.html
・http://shirousausa.blog106.fc2.com/blog-entry-20.html
・http://sironsiron.blog70.fc2.com/blog-entry-279.html
・http://sorakakeruhosi.blog109.fc2.com/blog-entry-1902.html
・http://soraxcan.blog59.fc2.com/blog-entry-1877.html
・http://spadea.jugem.jp/?eid=6945
・http://subcul.jugem.jp/?eid=1635
・http://sugarlight.blog41.fc2.com/blog-entry-178.html
・http://suzukimeister.blog2.fc2.com/blog-entry-47.html
・http://takaoadventure.blog98.fc2.com/blog-entry-1840.html
・http://takotakotakoyaki.blog52.fc2.com/blog-entry-2845.html
・http://tamayuru.blog21.fc2.com/blog-entry-1303.html
・http://tasogareonsen.blog70.fc2.com/blog-entry-93.html
・http://thesecondstar.blog108.fc2.com/blog-entry-335.html
・http://thetwinkleofstars.blog71.fc2.com/blog-entry-946.html
・http://tokkurin.blog109.fc2.com/blog-entry-1236.html
・http://tokuteisuta.blog24.fc2.com/blog-entry-148.html
・http://tomokunno.blog108.fc2.com/blog-entry-220.html
・http://toshibou1213.blog48.fc2.com/blog-entry-352.html
・http://tsukataga.blog54.fc2.com/blog-entry-396.html
・http://uhdintd.blog121.fc2.com/blog-entry-621.html
・http://unabaranohikari.blog115.fc2.com/blog-entry-19.html
・http://uuooi.blog118.fc2.com/blog-entry-221.html
・http://wendykai.blog60.fc2.com/blog-entry-947.html
・http://yamitarou.blog75.fc2.com/blog-entry-2006.html
・http://yukigetu356.blog36.fc2.com/blog-entry-306.html
・http://yusyu.blog34.fc2.com/blog-entry-452.html



もしよろしければ、拍手ボタンをポチッと押して下さいm(_ _)m 管理人のモチベーションが上がります(ぉ

Comment

 

昨日のエンジェルビーツの内容に満足してこの世界から卒業するところでした←
石田さん出てきたのでゆりっぺじゃなくて自称神のあの方と対峙して欲しかったとちょっと思ってしまった(エヴァンゲリオン的な意味で)
  • posted by 神上ヤドン 
  • URL 
  • 2010.06/19 19:10分 
  • [Edit]
  • [Res]

>上条ヤドンさん 

>昨日のエンジェルビーツの内容に満足してこの世界から卒業するところでした←
いや~まだいかんですと! まだまだエピローグがあるッ! 麻枝氏の脚本ならきっとエピローグにも価値があるはずでしょう、うむ。

>石田さん出てきたのでゆりっぺじゃなくて~
いやいやいやいや、そうすると直井が「裏切ったなッ! ボクを!!」と始まったのに、「直井君、今度こそ君だけは幸せにして見せるよ」とか成り立たない会話が始まるのでダメです(爆
  • posted by 月詠 
  • URL 
  • 2010.06/20 00:08分 
  • [Edit]
  • [Res]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

Trackback

トラックバック URL
»»この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Angel Beats! 12話

Angel Beats!12話、「Knockin' on heaven's door」。 中村ァ!!! ゆりっぺ、遂に現世での未練を果たすの巻。 実質最終回、と言われてただけあって...

アニメ Angel Beats!第12話 「Knockin' on heaven's door」 感想

音無の意思を引き継いだSSS。 そして影を作り出した黒幕へとたどり着いたゆり・・・。 ネタバレありです。

Angel Beats! 第12話 「Knockin' on heaven's door」 感想

あたしも皆の後を追いかけて行きたくなっちゃたよ 長い間、お疲れ様。お姉ちゃん 今回がクライマックス!黒幕との対決!? ゆりの物語に...

Angel Beats! 第12話

ガルデモのメンバーは全員成仏していきました。 この3人、あまり出番ない上に最後はあっあり消滅ですか。 個人的に遊佐しか印象に残ってな...

Angel Beats!(エンジェルビーツ)12話 のまとめと考察と感想

今回は駆け足展開で分かりにくかった。 そこで話を見返して、話の内容を整理してみました。 また今回は、自主的に成仏した人も多数いました...

Angel Beats! 第12話 Knockin' on heaven's door

 ひさびさの松下がちょっと格好良くなっていて驚きました。

Angel Beats! 12話「Knockin' on heaven's door」感想 キャプチャ

この記事は”Angel Beats! 12話「Knockin' on heaven's door」”の感想を書いてます。 キャプチャしてありますのでネタバレ注意でお願いします。 なるほ...

Angel Beats! 第12話「Knockin' on heaven's door」

山場のエピソードのはずなのに、ビックリするくらい感情が揺れ動かない。心電図で例えるならば終始平坦な状態? ただボーと目の前で起きている事象を見詰めているだけでしたね。つまりもうどうでもいいアニメと言うことなのかな。

Angel Beats! 第12話 「Knockin' on Heaven's Door」 感想

 グラウンドに湧く多数の影。  それに挑む奏。  音無、日向、直井はSSSの面々ともう一度会おうと扉を開けると、そこにはガルデモのメン...

Angel Beats! 12話 『Knockin' on heaven's door』

Angel Beats第12話。ゆりの物語についてはこれで一応の決着はついたのでしょうか。 …やはりこの作品は13話では足りなかったと思います。描写不足...

Angel Beats! 第12話「Knockin' on heaven's door」の感想

 ハァハァ、俺の天使ちゃんマジ天使。俺の天使ちゃんがちっちゃ可愛すぎて死ねる。俺の天使ちゃん、謎の影の化け物との戦いでも大活躍。そ...

「AngelBeats!」第12話

  EPISODE.12Knockin'onheaven'sdoorそれは、愛。奏は影退治。ガルデモのメンバーは“踏ん切り”がついたと音無に告げる「じゃあな、新人!」大量の影が襲って来て、野田、大山、藤巻、TK...

Angel Beats!・第12話

「Knock’n on heven’s door」 大量に現れる「影」たち。必死に抗う音無たち。そして、ギルドへ向かうゆり…… な...

Angel Beats! -エンジェルビーツ- 第12話「Knockin' on heaven's door」

卒業していく場所で生まれたものは――。 ガルデモ解散や、松下5段山篭りダイエット完了とかはスルーで(ぉ) SSSは音無たちの戦いに加勢。 ...

(感想)Angel Beats! 第12話「Knockin' on heaven's door」

Angel Beats! 第12話  「Knockin' on heaven's door」 【キャスト】  ・音無   神谷浩史    ・椎名    斉藤楓子  ・ゆり   櫻井浩美...

Angel Beats! 第12話「Knockin' on heaven's door」

やっぱ、ゲーム化しねぇかなぁ。AB

アニメ Angel Beats! 第12話「Knockin' on heaven's door」感想

アニメ Angel Beats! 第12話「Knockin' on heaven's door」の感想です。内容はネタバレを含みますので、注意して下さい。 一番の謎であった”この世界”...

Angel Beats! 第12話 「Knockin' on heaven's door」

静寂の世界 - A Rush of Blood to the Head -

Angel Beats! 第12話「Knockin on heaven s door」感想

 今回は戦線メンバーの影との総力戦。戦う面々の姿がカッコよかったです。黒幕は一体誰なんでしょうか。今回は見せ場が多くて観ていて飽きませんでした。やっぱり仲間はいいですね…。

Angel Beats! 第12話「Knockin' on heaven's door」

影との戦い!そして、ゆりの卒業! ラスボスはとっても美形! 松下五段も実は美形?(*゚д゚*) 影を生み出したラスボスの正体は、愛を失った...

Angel Beats! 第12話「Knockin' on heaven's door」 それぞれの選択へ@前編

ども今日は夜勤のあんずです。 いあぁAngel Beats! 第12話「Knockin' on heaven's door」みました。 前回から続き、死んだ世界は混沌の中にありまし...

Angel Beats! 第12話 「Knockin' on heaven's door」感想

人間とは かくも素晴らしい存在なのか? 妹たちの言葉に号泣です。 さて 今回は奏ちゃんが翼を広げて空を翔けるシーンから 始まりました、一体何を想いあの場所に佇んでいたのでしょうか。 奏ちゃんの影との戦いでの決めポーズが良かったです。 Y、ハイ出来ました♪とい...

『Angel Beats!(エンジェルビーツ)』第12話!「Knockin' on heaven's door」

さて、いよいよ残り2話となったAngel Beats!のお時間です。 今週は第12話。 やべ、 泣けた、 なんだこれ、 Keyだよ、 Keyそのものじゃん...

Angel Beats!(エンジェルビーツ)~第12話 感想「Knockin' on heaven's door」

Angel Beats!(エンジェルビーツ)ですが、ヴォーカルを失ったガルデモの他のメンバーも消えることになります。音無が立会いますが、直井は「下々のお見送りご苦労様です」と言い、日向と口論します。音無たちが大量の影と闘うなか、ゆりっぺはギルドを探索中です。(以下...

Angel Beats! -エンジェルビーツ- 第12話「Knockin' on heaven's door」 感想

これじゃ・・・理不尽じゃないか!!?

アニメ「Angel Beats!」 第12話 Knockin' on heaven's door

ラジオCD Angel Beats! SSS(死んだ 世界 戦線)RADIO vol.1(2010/06/23)櫻井浩美/花澤香菜/喜多村英梨商品詳細を見る 私も、皆の後を、追いかけたくなってきち...

Angel Beats! 第12話 「Knockin' on Heaven's Door」

天使ちゃんマジ神々しい。 音無の言葉に納得したガルデモメンバーは成仏することに。 「酷い歌だったなぁ」とユイにゃんに苦笑すると...

Angel Beats! 12話 「Knockin' on heaven's door」 感想

「世界に、愛が芽生えました」 Angel Beats! -Track ZERO-(2010/06/23)麻枝准(Key)商品詳細を見る

「Angel Beats!」第12話感想

ゆりの夢(気絶している時?)の中での叫びを聞いて、 初めてゆりというキャラクターに魅力を感じたかも。 (それまでも嫌いだったわけで...

Angel Beats! 第12話「Knockin' on heaven's door」 壱

全てを消し去ってやり直せる人生など存在しない。

Angel Beats! 12話 感想

第12話 「Knockin' on heaven's door」 かなでちゃんの活躍から始まった第12話。 いよいよクライマックスですね。 ボーカルもいなくなり満足もし...

Angel Beats! 第12話「Knockin' on heaven's door」

かなでがタタリ神もとい影を相手している内に みんなをこの世界から解放することに と校長室をでると ガルデモメンバーが音無の提案を受けいるれと言い出す しかし説得されて消えるのではなく納得して消えることを証明すると そして消えるガルデモとその取り巻きたち...

「Angel Beats!」12話 Knockin' on heaven's door

なんていうかいろいろツッコミを入れたくなるなぁ…。 でもツッコミを入れたら負けのようなそんな気もするし…。 だけどやっぱりちょっとだ...

Angel Beats! 第12話「Knockin' on heaven's door」

「ありがとう、もう十分だよ」

Angel Beats! 第12話「Knockin'' on heaven''s door」

この世界の謎の鍵を握ると思われる影、または影を操る存在に挑むゆりとSSS。これまでは抗い続ける仮想敵が天使や生徒会やらだったのだが、キャラクターと世界観の紹介に適した構成だったのかは何ともいえないところだ。天使の裏にある存在が“神”やらラスボスに思ってい

Angel Beats! EPISODE.12「Knockin' on heaven's door」

My Soul, Your Beats!/Brave Song 【初回生産限定盤】(2010/05/26)Lia多田葵商品詳細を見る ついにクライマックスに突入。カルガモのメンバーをはじめとする...

[アニメ感想] Angel Beats! 第12話 Knockin' on heaven's door

Angel Beats! 第12話。 戦線のメンバーが選んだそれぞれの道、 そして神を気取る真犯人の正体とは―――。 以下感想

(アニメ感想) Angel Beats! 第12話 「Knockin'on heaven's door」

Angel Beats!2 【完全生産限定版】 [Blu-ray]クチコミを見る この世界が誰によって何のために作られたのか?・・・恐らくそれについて詳しく説明されることはないだろうと思います。麻枝さんの作品はいつもそうですし、これは「そういうものだ」として受け入れるしかない...

AngelBeats! 第12話 『Knockin' on heaven's door』

アニメ AngelBeats! 第12話 『Knockin' on heaven's door』 ※『Angel Player』 のプログラマーとゆり視点の記事です(一部オリジナル) 【ずっと愛せるか...

Angel Beats! 第12話 「Knockin' on heaven's door」

帰ってきた松下五段! って、激痩せしとるwww 意外にイケメンだったとは(つ∀`)

Angel Beats!12話感想

Angel Beats!の感想です。 ゆりの気持ち。

Angel Beats! 第12話 「Knockin'on heaven's door」 感想

ぶっちゃけよくわからなかった・・・(汗) 『Angel Beats!』 12話感想です。

Angel Beats! 第12話 「Knockin’on herven's door」

Angel Beats! 第12話 「Knockin’on herven's door」 感想です ゆりの苗字は中村さん!

Angel Beats! EPISODE.12「Knockin' on heaven's door」 感想!

13話をやりたいんだな、と思った。

AngelBeats!第12話

「Knockin'on heaven's door」 Angel Beats! 1 【完全生産限定版】 [DVD](2010/06/23)櫻井浩美神谷浩史商品詳細を見る

Angel Beats! 第12話感想

 おっ、やべ・・・  毎回、今回はどうなるのかなって観る前にドキドキしてしまうんですが、  今回は観ながらおおすげえな、っていう感...

『Angel Beats!』#12「Knockin' on heaven's door」

「私がここまでやってきたのは、 みんなを守るためなんだから!!」 突如現れた、第三勢力のものと思われる影。 その出現によって、SSS...

Angel Beats! #12

【Knockin' on heaven's door】 Angel Beats! 5 【完全生産限定版】 [Blu-ray]出演:櫻井浩美販売元:アニプレックス発売日:2010-10-27おすすめ度:クチコミを見る ここから消えたらやり直せますかね? 

Angel Beats! 第12話「Knockin' on heaven's door」

ラスボスのキャストは、あまりにも当然すぎる配役で笑ったw ※ちょい批判的な記事ですので、ご注意ください。TBは返信のみで。

AngelBeats! Episode12「Knockin`onheven`sdoor」

最初からクライマックス!?まさに『天使VS悪魔』の図って感じ。天から悪魔を見下ろす、天使っていう画がいいね。しかしこれだけの数が相手は、さすがに無謀なんじゃ…でもきっとや...

Angel Beats! 第12話

Angel Beats! 第12話 「Knockin'on heaven's door」 です。 -キャスト- 音無:神谷浩史 ゆり:櫻井浩美 天使:花澤香菜 ユイ:喜多村英梨 日向:...

Angel Beats! 第12話「Knockin' on heaven's door」

Angel Beats!2 【完全生産限定版】 [Blu-ray]愛が世界を変える ついに、最終回直前ということで世界の成り立ちも明かされました!

AngelBeats! 第12話「Knockin'onheaven'sdoor」

新たな敵の出現--------------!!これが最終決戦となるのか。まずはガルデモのメンバーが音無の言葉を受け入れたよう。でも、自分たちが音無に説得されて消えたのではのではなく納得し...

Angel Beats!考察~その10~

とうとう物語も終盤、謎の影の話もクライマックスを迎えました。 前回の予想のうち、『まったくの新キャラ』が答えでしたね。 あまりの超展...

Angel Beats! 第12話 「Knockin' on heaven's door」

今週も「Angel Beats!」始まりました! 今回は何だかすごい話でした。 正直見終わった今では何が何だか分からない・・・ とりあえず今...

Angel Beats! 第12話 「Knockin' on heaven's door」

新たな脅威に対抗してまだまだ抗う者、心の充足を受け入れる者。「Angel Beats!」の第12話。 ネタ「格闘中」を追加。 数を増す影をひたすら撃...

Angel Beats! EPISODE.12 前半

Angel Beats! EPISODE.12『Knockin' on heaven's door』前半

Angel Beats!第12話『Knockin’on heaven''s door』

ティスティ~~~~~・キュ~ティ~♪ 皆さん最後の見せ場です♪ 愛が芽生えたのなら、きっとずっと一緒にいたいと思うのです><; もう一度逢いたくて・・・・、報われるのかな・・・、 何を選ぶのかは、あなたしだい・・・、 ...

Angel Beats! EPISODE.12 後半-1

“Angel Beats! EPISODE.12『Knockin' on heaven's door』後半-1”

Angel Beats! EPISODE.12 後半-2

“Angel Beats! EPISODE.12『Knockin' on heaven's door』後半-2”

『Angel Beats!』第12話 感想

【あらすじ】 音無の説得に心動かされた者、 好きな人のために動く者…。 理由は様々ではあるが、影に向かって 立ち上がる戦線メンバー。 ...

Angel Beats! 12話「Knockin’on herven's door」

ゆりっぺが戦う理由―。 Keep The Beats!(2010/06/30)Girls Dead Monster商品詳細を見る

「AngelBeats!」episode.12

「もう、岩沢さんとユイの代わりはいないんだよ」 「ただ一時、アタシたちは… ありはしなかった青春をさ… ただ、楽しんでたってこと...

Angel Beats! 第12話「Knockin’on herven's door」

「下々共のお見送りお疲れさまです」 お前の一言で色々と台無しだwww まさかガルデモがこんなあっさり成仏してしまうとは…3人にどん...

Angel Beats! 第12話「Knockin'on heaven's door」

前回出てこなかった松下5段は、 別の意味で黒幕だった第12話。 影の大量出現そして、 SSSメンバ達は自らこの世界を去ることに。 ガルデモ...

Angel Beats! 第12話

[関連リンク]http://www.angelbeats.jp/EPISODE.12 Knockin' on heaven's doorいよいよクライマックスこの状況からどう終わらせるのか見物ですまずはガルデモひさ子達今までガルデモメンバーとしてやっ...

Angel Beats! 第12話「Knockin' on heaven's door」

『愛』が生まれた日。 ためらわない事さ Angel Beats!2 【完全生産限定版】 [Blu-ray](2010/07/21)櫻井浩美神谷浩史商品詳細を見る

Angel Beats! #12「Knockin' on heaven's door」感想

ゆりっぺ・・・消えるのか? 最後はみんなの力を合わせてラスボスを倒す。定番ですねw Angel Beats! 1 【完全生産限定版】 [Blu-ray](2010/06/23)神谷...

Angel Beats!第12話ボブディランの名曲 感想

もう一度納得して消えるまでの間の世界をプログラムした人物とかこの束の間の世界に愛がはびこったら消えてしまうとかもう最初から見直さないとちっとも展開がわからんのですけどまあ単純にみても天使ちゃんが強すぎてカワイイ最後のゆりの涙、もういいんだよの意味がわから

【石田彰】Angel Beats! 第12話 「knockin' on heaven's door」【感想】

サブタイトルはボブディランの曲から拝借のネタバレ回。 新キャラ(名前知らんのでとりあえず石田彰)の世界についての説明で わかる所とわか...

Angel Beats! -エンジェルビーツ- 第12話「Knockin' on heaven's door」感想

Angel Beats! -エンジェルビーツ- 第12話「Knockin' on heaven's door」感想 ゆりっぺ、神になる!? そいつは最高に気持ちが(ry

(アニメレビュー) Angel Beats! 第12話 「Knockin' on heaven's door」

どうみても月光蝶です本当に(ry 色々と謎解けた回でもあったAngel Beats!第12話。でも一番の見所はSSSメンバーの大反撃と奏の月光蝶にあった...

Angel Beats! episode.12

「Knockin' on heaven's door」 う~ん、超展開(^-^; 愛ですか… なんかもうお話についていけない ゆりっぺさんは自己解決しちゃうし 前回この世...

Angel Beats! 第12話 感想

 Angel Beats!   第12話 『Knockin' on heaven's door』 感想  次のページへ

Angel Beats! 第12話 「Knockin' on heaven's door」

この世界は、愛を知るための世界。 分かるような分からないような、そもそも大して説明にもなっていなかったような気がしますが、 一応...

AngelBeats! 第12話 Knockin'onheaven'sdoor

天使ちゃんカッコイイw TKが美味しいところをw 松下5段が痩せたw TKのポジションが昇格してないか?w  ゴーグルの奴はおっさんじゃないのか?w  ゆりが&nbs...

Angel Beats!第12話『Knockin’on herven's door』の感想レビュー

TwitterのTLを見ていたら、先発組の皆さんのつぶやきが荒れていてドキドキしてしまった件w 出来る出来ないではなくて、やるかやらないかの問題だった気がする本作の各キャラ&世界観諸々の設定説明ですが、あえて掘り下げ無かったのは斬新ではあったものの、やっぱり不完...

Angel Beats! -エンジェルビーツ- 第12話『Knockin' on heaven's door』

やっぱりゆりっぺさんが一番好き。 肌蹴た服にアワアワして、照れつつ「さあ行くわよ!」 >ゆりっぺ可愛すぐるwww 逝きかけた時...

Angel Beats!12話

ラスボスはカヲル君でした。というわけで、「Angel Beats!」12話ゆりっぺ補完計画の巻。 すっかり戦闘要員に落ち着いてしまった奏ちゃん。 羽はゼロカスだけど、ハンドソニックver.5はナ...

Angel Beats! 第12話

第12話『Knockin' on heaven's door』Angel Beats! 1 【完全生産限定版】 [Blu-ray]今回は・・・この世界のことが明らかに?

Angel Beats!  12話

難しい。石田彰がこむずかしいことを言ってきます。 正確に言うと、日向とユイにゃんの間に愛が生まれてしまったのがだめだったのでしょ...

AngelBeats! 第12話 『Knockin’on herven's door』 感想

書きたいことはたくさんあるのですが、他のブロガーさんも長文書くでしょうから、なるべくシンプルに2点に絞って書きます。「神について」...

Angel Beate!?裱á??

β?ä?Τ?äï?Τ ??????Τ??С???ä???β???Τ??????衢??? ???ñ???ä...

Angel Beats! 第12話 Knockin´ on Heaven´s Door

Angel Beats! 第12話 Knockin´ on Heaven´s Doorの感想です。相互リンク募集中です

Angel Beats! 第12話「Knockin' on Heaven's Door」ゆりっぺ・・・消えるのか・・・?

Angel Beats! 第12話 「Knockin' on Heaven's Door」 見ましたよ~ってことで、いつもの如く感想をば 今回とうとうガルデモメンバー(+その他)が...

Angel Beats! 第12話 Knockin' on heaven's door

まず音無の前に現れたガルデモメンバー。 「ボーカルもいないしもういいかな」と消え、華やかさが更に失われました… 彼女らは生前の未練なども一切描かれず、そんなに簡単に踏ん切りがつくのか… それに対して「下々の者の見送りお疲れ様です」って直井… 音無、日向、直...

Angel Beats! 第12話 「Knockin'on heaven's door」

あー、いきなり次回予告の感想からいきますねー。 まぁ、あざといと言うか何と言うか…。この番組が始まった時はこう何と言うか、暗躍する...

Angel Beats!第12話 「Knockin’on heaven’s door」 感想

アツいSSSの戦い。孤独な戦いが終わりそうなゆりっぺ。別次元の奏。 そして個人的には夕日と共に見送るガルデモに涙した回、でした。

Angel Beats! 第12話の感想やら画像やら

「神様もびっくり仰天かなって!」

Angel Beats! 第12話 「Knockin’on herven's door」

そして、最後に愛は勝つ!! かなり強引だけど力技でねじ伏せにかかった感じです! という事である意味最終回っぽくもあるAngel Beats!、第12...

Angel Beats! 第12話 「 Knockin' on heaven's door」

そういうふうにできている

Angel Beats! 第12話 感想

#12 「Knockin' on heaven's door」 音無の話を聞いて吹っ切れた人達。 ゆりっぺ単独でギルドへ向かいます。 今回は核心に近づくストーリー上、ギャグ...

Angel Beats! 第12話 Knockin' on heaven's door

この世界の謎が一気に語られて管理人の頭パンク状態。ちょっとまとめるか・・・。

Angel Beats! #12

第12話『Knockin' on heaven's door』  お前もとことん一途な奴だな! 影の正体とは―  全員が一体となって敵に立ち向かった結果・・・

左サイドMenu

カウンター

祝2,000,000Hit達成♪ とうとう大台突破。これも皆様のおかげでございます(o ̄∀ ̄)ノ

カレンダー(月別)

09 ≪│2019/10│≫ 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

ガンダムシリーズ

◆新機動戦記ガンダムW◆

新機動戦記ガンダムW BD-BOX1

OVA・続編含め『新機動戦記ガンダムW』全般を応援してます♪
ガンダムW関連 まとめページ
感想、用語、企画など全ページへのリンクがあります。ご利用ください

2016/05/04 12巻分の用語一部更新しました

《用語》
用語集
ア行
カ行
サ行
タ行
ナ行
ハ行
マ行、ヤ行
ラ行、ワ行
英字行
登録キャラクター名一覧
キャラクター詳細
ア行
カ行
サ行
タ行
ナ行
ハ行
マ行、ヤ行
ラ行、ワ行、英字行

メカニック図鑑
メカニック用語詳細
年表

《企画》
年代考察
勢力図まとめ
AC暦におけるMS史(コラム)

◆ガンダムモビルスーツバイブル◆

GMB001_20190322210057cc3.jpg

まとめページ

◆機動戦士ガンダム00◆

GUNDAM OOQ
用語集などは特にありませんが、劇場版の感想は全十回というボリュームでコラム風に書かせていただきました。よろしければどうぞ。
ガンダム00関連 まとめページ

◆鉄血のオルフェンズ◆

81TuctHvlZL__CR88,0,1536,1536_
各回の感想のまとめだけ。
鉄血のオルフェンズ まとめページ

米山シヲ 応援エリア

◆梅衣堂ひよと旦那様の野望◆

1-2-2

『梅衣堂ひよと旦那様の野望』待望第1巻発売中

月刊少年ガンガンで現在連載中『梅衣堂ひよと旦那様の野望』を応援中。『ブラクロ』と同じように独自用語集も製作中!

公式特設ページ

独自用語集
第1巻

◆ブラッディ・クロス◆

ブラクロサムネ

月刊少年ガンガンで完結した『ブラッディ・クロス』をプッシュしています♪ 独自用語集あります! 

公式特設ページ

独自用語集
キャラ紹介-混血勢力-
キャラ紹介-天使勢力-
キャラ紹介-堕天使勢力-
キャラ紹介-アルカナ-
キャラ紹介-神葬-
キャラ紹介-その他-


最近の記事

最近のコメント

<>+-

最近のトラックバック

メールフォーム

管理人に何か言いたいことがあれば、ここからどうぞ♪

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード

QR

友達申請フォーム

FC2ブログランキング

FC2のブログランキングに参加中♪ 気に入っていただけたなら、一押しして下さい。

FC2ブログランキング

右サイドメニュー

義援金募集

FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして

検索フォーム

管理人から一言

お知らせ

管理人からのお知らせです。

PS4ゲーム『JUDGE EYES:死神の遺言』プレイ中。

『ガンダムW FT』コンテンツは不定期更新です。現在は11巻分までの感想と用語の更新を完了しました。

『ブラッディクロス』全12巻発売中! 用語集更新は全て無事終了致しました。

文庫・単行本(キャラクターノベル含む、ライトノベル含まず)の著者名別リストに移行しました。さすがに増え過ぎた(笑


今期の週間感想予定
日曜日:-
月曜日:-
火曜日:-
水曜日:-
木曜日:-
金曜日:-
土曜日:-
不定期:ピックアップ感想、ゲーム感想、模型関連など


場合によっては急遽順序等の変更もありますが、ご理解いただけますようよろしくお願いします。

管理人プロフィール

月詠

Author:月詠
埼玉県某所在住の34歳社会人。性別♂。名前は「つくよみ」と読む。

世知辛い世の中で嬉しいことも泣きたいこともサブカルチャーたちに救われています
詳細な自己紹介はこちら(2019版)。それ以前のものはこちら

コメント・TB、相互リンク受付中。下記の運営方針に詳細を記載しております。無条件に大歓迎と言うわけではありませんが、大部分の方は歓迎出来るかと思いますw

以下、ショートカット。
◇閲覧上の注意や規約など
Blogの運営方針・利用規約
他のBlog様と大差ない運営・利用規約ですが、初閲覧の方は簡単でも良いので読んで頂けるとありがたいです。閲覧、コメント等される方は利用規約を了承していると判断させていただきますので、「知りませんでした」は通用致しません。


◇アニメについて
アニメの評価について
歴代アニメ評価一覧
アニメアウォーズ! 受賞一覧


◇ゲームについて
ゲームの評価について
歴代ゲーム評価一覧


◇ブックス(本)について
小説の評価について
ブックレビュー一覧
   あ行の著者
   か行の著者
   さ行の著者
   た行の著者
   な行の著者
   は行の著者
   ま行の著者
   や行の著者
   ら行の著者
   わ行の著者
   複数の著者・その他
 文庫・単行本(キャラノベ含む、ラノベ含まず)は上気の著者名別になっています。

◇プラモデルについて
完成品一覧(グレード別)
完成品一覧(シリーズ別)
完成品一覧(トイ、フィギュア等)

◇その他リスト一覧はこちら
テレビ&シネマ
CD&DVD&BD
TYPE-MOON関連

ツリー式カテゴリー

openclose

アニプレッション!!

アニプレッション!!
アニプレッション!!とは

アニプレッション!!は、アニメブロガー達の合同ブログです。アニメについての問題意識・感想・考察・批評等の諸言説を発表し、アニメを語る事の面白さを伝える事が目標です。自分も末席に加えさせていただいております。
現在活動停止です

以下、アニプレッション!!メンバーのBlogです。

相互リンク(更新停止)

残念ながら一年以上の更新がない相互リンク先の方々です。サイト消滅の場合は消させていただきます。いずれまた復活し、交流が持てることを期待しています……