刹那的虹色世界

アニメ・ゲームのあらすじを主体とした感想や批評のブログ。時折、日記・声優・コミック・スポーツなど幅広くレビューしています。リンクフリー、相互リンク大歓迎♪

Entries

Angel Beats! 第7話

Angel Beats! 第7話
『Alive』


≪あらすじ≫
音無の説得で、生徒会長代理・直井を味方につけたSSS。ゆりは、直井の催眠術は本物だとして、喪われたままの音無の記憶を取り戻すべく、直井の催眠術を利用する。

直井の催眠術によって記憶を取り戻した音無は、「死にきれない」として以降もSSSに残ることを決断する。

一方、音無は天使こと立華奏とも接触を続ける。食料を得る為に、川釣りで食料を得ることにしたSSSに、音無は奏も誘う。ずっと孤独だった奏。生前の記憶を取り戻した音無は、気がつけば時間がたつほど奏に惹かれていた。

敵をなくしたSSS。誰と戦えば良いのかさえ不透明になり、ただ消えない為に怠惰にサボる日々を送ることになるかと思った矢先、ゆりが襲われる。その襲撃者は、奏と全く同じ姿形をした第二の天使で―――



≪感想≫
か な で ぇ ぇ ぇ ぇ ぇ ぇ


可 愛 過 ぎ だ ろ ぉ ぉ ぉ


( ゚∀゚)・∵グハッ


というわけで、ここ数話天使こと奏が可愛くて仕方ありません。ゆりっぺ派の方、ご愁傷様です。すっかり、ゆりっぺが黒幕扱いなABですが、はたしてこれからどうなるんでしょうかね? ゆりっぺも絶対良いキャラのはずなんですが、ここまでの言動がすっかり黒幕扱いで彼女自身の扱いがひどくなりそうで怖いです。彼女の真価はたぶん最終話を迎えないとちゃんと正当な評価がされない気がする(´・ω・`)ショボーン

しかし、奏はオーバードライヴ=超出力状態? っていうか、腕力もそうだけどジャンプ力始め、全身の筋力状態、反射神経がハンパな状態ではありません。しかもパッシブスキルってことは、習得済みで常時発動ってことかwww どんだけチートなんだよ、奏。そりゃあ、天使なんて言われて敵視されるし、神と繋がっているなんて思われるって(爆

あとは謎だったガードスキル・ハーモニクスも発動。ああいう使い方をするのか。って言ってもイマイチ理解出来なかったけれどσ(^◇^;)

直井も味方に。

何気にSSSの戦力は着実に向上中。相変わらず、『俺がヱヴァだ』……じゃなかった『僕が神だ』と言っている、一歩間違えれば全力全開で痛い子街道を爆走しちゃいそうですが、音無大好きっ子です。きっと、いずれ音無×日向×直井による三角関係が発動します(マテ

ラストで新しい天使(以後第二天使と仮呼称)襲来。瞳の色が違うこと以外は、奏となんら変わらない。しかし、誰だろう。ABの82%が7話にあると言ったのは。つまりあれか、ABってのはギャグが8割で出来ているってことか(違 まぁ、ギャグ要素やほのぼの要素が多いからこそ、ラストで出てきた1割のシリアスが余計に際立つんですけどね。

音無もちゃっかり記憶を取り戻しました。てっきり第二天使の出現は、彼の妹の初音だと思ったんですけどね。どうやら違ったようです。まぁ、彼女の場合は理不尽な死、という形ではなさそうだし、あんまりこの世に未練もなさそうだから、こんな世界に来ることもなく真っ当に成仏していそうですが。

ただ、ちょっと音無とゆりの求める世界が異なり始めていると思う。ゆりは音無に記憶を取り戻す直前に「何があっても味方だから」といったけど、実際はそうでなくて、確実に二人は味方と言う意味から遠ざかっている気がする。奏に戦って欲しくないと願う音無が求めるものは平穏や平和でもゆりは傷つき常に戦いにその身を置き戦いを呼び込む存在。不吉な予感ですが、いずれこの二人は対立する気がします。

声優ネタ)
っていうか、緑川さぁぁぁぁぁぁぁぁん!!!

なんて緑川さんの無駄遣いw フィッシュ斎藤って。そう言えば、CLANNAD原作にジェット斎藤がいて、Kanonにも斎藤って生徒居なかったっけ?

渚が居ると想ったら、音無の妹・初音役は中原麻衣さんでした、すみません(マテ


第8話『Dancer in the Dark』



≪考察≫

【新たな天使】
ラストに姿を現したのは、新しい天使。その姿形は奏とほぼ同じで違う点は、一見すると瞳の色だけ。

さてはて、幾つかその存在を考察してみる。

仮説A.天使=神からの遣い説
これは、むしろ序盤で多くのところで語られながら、回が進めば進むほど、ゆりたちSSS自身が否定したことで視聴者であるこちらもむしろ否定しがちになってしまった説。

この世界の存在意義が、理不尽な死(あるいは瀕死)によって消滅し切れない人格が具現化し、生前の理不尽さを解消し答えを得ることで消滅する為の世界だとした場合、天使と言う存在はその世界の監督者と言うこと。普通に学生として日常生活を真っ当に送ることが、消滅へのプロセスだとした場合、天使は真っ当な日常生活(消滅プロセス)を送らない不良(SSS)を更生する為に、ガードスキルやパッシブスキルと言った力を与えられ、行使する者。

しかし、SSSの作戦の結果として奏は生徒会長の座を更迭され、与えられた任務である不良生徒の更生を行える立場ではなくなってしまった。その上、代理とした直井もSSSに取り込まれ、奏自身もまた音無と言う存在に引っ張られて、戦闘行為という名の更生活動を否定し始める。

真っ当な学生生活を送らない不良生徒たちの集団SSS、だがそれと戦う者はいない。さらに言えば、敵を見失ったSSSは戦う目的を失って、ただ消えないと言う理由だけで怠惰な生活を送る可能性が高まり、そのような前例を許せば、本来消滅(それが成仏なのか、転生なのか、はたまた生き返ることなのかはさておいて)する為の世界でありながら、そうでない存在がはびこることになる。

故に、この世界の神(管理者、ゲームマスター)は、この世界の存在意義を失わせず、世界を停滞させずに流動的に動かす為に新しい天使として第二天使を創造した。
直井の催眠術の存在があるので、こうした特殊スキルが一様に=神ないし神の遣いとは出来ないことも事実だが、ほぼ全く同じ造詣の存在が出現したことは、神(この世界の管理者・ゲームマスター)がその遣いとしての雛形が『立華奏』というモノである可能性が高い。

神が、天使と言う存在に対して過剰とも言うべきほどの“力”を与えるのは、その絶対的な能力によって不良生徒たちに絶望感を与える為だろう。中途半端な力では反抗出来ると想わせてしまうから。だから、ガードスキル・パッシブスキルと言った能力を有しているのではないか。
(まぁ、結果的にSSSはまだ存在するので、この説が正しければ第二天使の能力は奏を凌駕する可能性が高い

一応、筋の通る世界観だとは思う。上記の補足のように、消滅が結果として何を司り導く結果なのかはまた別問題として、だ。


仮説A-2 ガードスキル暴走説
敢えて仮説Aの派生として取り扱い。

ガードスキル・ハーモニクスによって分裂した奏。そう言えば描写されなかったが、分裂した奏が元に戻らず、分裂したままだったとするならば、どうだろうか? と言うこと。

上記仮説Aの一部を用いて、天使の存在意義はこの世界の神に代わって世界の正常な運営だと仮定。さらに、奏の中にその使命感と、音無と触れ合う中で生まれた一個人としての感情がせめぎ合っていたとした時、ハーモニクスの分裂によって、『使命感を持つ天使としての奏』『一個人としての感情を持つ奏』に分裂し、そのまま戻らなくなった、とは考えられないか。

これならば、第二天使の出現も、当然のことだと言えるし、『使命感を持つ天使としての奏』ならば、(おそらくあの時間帯だと時間外活動)ゆりを襲撃することにも理由はある。

問題は、天使自身が開発したハーモニクスのガードスキルが暴走する可能性ってあるんだろうか? と言う部分か。


仮説B.新天使=ゆりの創造物説
※ゆりっぺ派、ゆりっぺ擁護派の方は気分を害する説である可能性があります。あくまで可能性の一つですが、容認出来ない方は読まないことをお勧めします。

実際、ゆりが何を望むのかが未だに完全には見え切れないので何とも言えないのだが、7話の行動を少し行動理由を含めて振り返ってみる。

1)ゆりは、仲間になった直井に音無の記憶復帰を促す。
この行為の裏にあるのは、音無の更なるSSSへの囲い込み目的があると思われる。元よりエピソード記憶をほぼ持たない音無は、これまでのSSSメンバーではあり得ない行動(主に天使こと奏との接触)を起こしていた。結果的に直井も仲間になったが、あそこで直井を説得しようという発想に至る者すら、SSSの中には居なかったことだろう。

それは何らかの理由でゆりにとって都合が悪かった。若しくは、いずれ音無が自分が予想もしない理由でSSSを脱退あるいは敵対してしまいのではないかと危惧した。個人的な好意なのか、はたまたゆり自身が抱く計画に必要なのかは不明だし、もしかしたら両方かもしれないが、ゆりにとって音無を失うことは避けたい。

よって直井の催眠術によって記憶を取り戻させることで、音無がSSSに居る理由を明確に作ろうとしたのではないだろうか?(さらに穿った見方をすれば、ゆりが直井に命じて音無に偽りの記憶を催眠術で埋め込もうとしたとも考えられなくもないが、直井の今のところの言動やさすがにそれは歪曲し過ぎた見方だと思うので、ここではあえて「その可能性はないだろう」と言っておく)


2)オペレーションに奏を参加させる
考えられる理由は二つ。一つは、下手に音無の行為を無碍にして音無の離反を防ぎたいと考えた。もう一つは、奏が自分たちの側に着いた場合、この世界がどういった反応を見せるか試してみたいと考えた。実は前者の理由だと仮説Bへ、後者の理由だと仮説Aへ繋がってしまうのですが(汗

ただ敵対していないから別に良いんじゃないか、というのは都合が良いように思えるかもしれないが、前話ですでに奏の力を借りようとしていたことを考えれば、ゆりはそこまで器の小さな人物じゃない気がする。良く言えば器が大きい人物、悪く言えば目的の為ならば敵だった存在だろうが何だろうが何でも利用できる人物。


3)オペレーションのクライマックスでは高みの見物を決め込む
自らが発令したオペレーションだが、彼女はその最大の見せ場に参加しなかった。ここからはやや推測域が大きくなってしまうのだが、単純に奏に協力的な音無を見て嫉妬した、という可能性が一番無難な気がする。あるいは、本来敵同士だったはずのSSSと奏が協力し合ってオペレーションをクリアしようとしている構図が、ひどく滑稽に映ったのかもしれない(ただゆり自身が、自ら発令したオペレーションに参加しないのは、球技大会の前例があるので必ずしも正しいとは限らない。この考察の弱い部分の一つはここだろう)。

音無からすれば無意識なことだが、結果として音無が奏を誘ってオペレーションを共にしたことで、ゆり以外のSSSメンバーの天使に対する恐怖心や敵対心が消えていると言っていい。最初はゆりの後ろでオドオドしていたメンバーが、クライマックスでは全員が奏に協力し、そしてラスト手前では仲良く料理をして炊き出しまでしているのだ。
何らかの目的で、天使と敵対する必要性がもしゆりにあるのだとすれば、この構図は自らの目的にとってひどく不都合である。


結果)第二天使に襲撃される。
これは事実なのでそこにゆりの思惑どうこうではない。

ただ一つ疑問があるとすれば、ゆりが何処にいて何処で第二天使の襲撃にあったのか、ということだ。SSSメンバーは慈善事業みたいなことをしたくないから、と楽観視していたが、このタイミングで姿を消していたのは、もっと大きな問題だと思う。それが何かしらの思惑なのか、単純に奏と仲良くなる音無を観ていたくなかった乙女心なのかは解らないが。

そしてもう一つの疑問はゆりの思惑だろう。
もちろん公言している通り、天使を通じてこの世界の神を見つけ出して、世界ごと乗っ取ってでも自分たちの理不尽な人生の答えを見つけることなのだろう。そして、その為には、ゆりは戦い続けなければいけないと考えているのではないか? 実際、天使が生徒会長を更迭された後も行動を起こし世界と戦い続けた結果、直井の出現と壮絶な殲滅戦があったわけだ(事実上負けに等しかったが)。ならば戦い続けることで、神を見つけ出せるのではないか、ともしゆりが仮説を立てて、それに基づいて行動しているとしたらどうだろうか。

あと細かいが、ラストでのゆりの出現位置と第二天使の出現位置が真逆なのが、個人的に気になる。演出上の都合なのかもしれないが、もし天使がゆりを襲撃して出現するとすれば、校舎の上ではなく、ゆりの後ろではないだろうか?

まぁ、それはともかく、よって仮説。

第二天使は戦い続ける為に必要な『敵』としてゆり自身が生み出した

この世界の人たちは、想像することで創造することが可能だ。だからこそ拳銃などの武器を持っているのだし、それ自身はゆりやギルドのメンバーが発言している。機能としては成り立たなかったが、大砲だって創れたわけだ。

ならば、天使エリア(奏の寮部屋)への侵入で天使のデータを観たゆりならば、そのデータから第二天使を創造することは不可能とは言い切れないだろう。敵を欲したゆりが、敵として明確なイメージが出来た『立華奏』像を生み出した。

もちろん完璧に人としてイメージすることは出来ないだろうが、その必要はないハリボテでもある意味構わないのだ。敵が居て、敵の為にSSSは戦わなければならない、と言う心象を他のメンバーに植え付けられれば、SSSは戦い続けるのだから。

ある意味、ギルドが生み出した大砲と同じ。その見てくれだけ同じであるならば、それで良い。

ゆり自身の傷が、第二天使によってつけられたもの、と言う確証など何処にもないのだ。なぜならそれを見ている者は誰も居ないのだから。自分自身で付けて、ハリボテでも第二天使が出現すればそれで問題はない。

もちろん、ゆりのイメージ能力が思いのほか高過ぎて、本当に奏並みかそれ以上のハイスペック第二天使が生まれてしまった、とも考えられる。どちらにせよ、ゆりが敵を欲している雰囲気は事実だし、可能性として全てを否定し切るのは難しい仮説だと思う。


結論から言えば、おそらく仮説Aの方が可能性としてはまだ高いと思う。さらに言えば、仮説A-2もそうか。次回予告から見ても、次回は奏が何らかの理由でピンチに陥っている可能性が高く、第二天使の能力が奏と同等かそれ以上の可能性は十二分にあるのだから(もしかしたら、分裂したことで、『一個人としての感情を持つ奏』はガードスキルを失っている可能性もあるが)。
ただ、仮説Bを捨て切れずにこうして掲載したのは、それだけ今のゆりには不自然な部分が所々で見え隠れしているのだ。ゆりっぺ派の人には悪いけれど、追記前で書いたようにゆりが正しく評価されるのは、たぶん最終話前後だと思う。

ゆりが悪者だとは思わない。おそらく彼女には彼女の計画や思惑があるに違いない。そして、それもきっと語られれば視聴者としても納得する内容なのだと信じているが、結果的に語らなければ語らないほど黒幕なイメージが高まるのは致し方ないことだろう。さすがに脚本としてもそれがどこかしらに狙いとしてあるのだろうし。
そして、そうであると仮定すると最終話前後くらいにならないと、ゆりは自分が知っていることや思惑を全部語らないと思うし、語らない限り正当な評価は受けられない気がする。キャラクターとして持っている要素は奏並みに魅力的だと思えるだけに残念である。



【余談】
音無の記憶復活。名を結弦(ゆづる)と言うらしい。弦を結うと……そして天使の名前は奏だろ? どっからどう見ても音無と奏が主人公とヒロインで、公式CPな気がしてなりませんwww ゆりっぺ派、不遇過ぎる(汗

まぁ、公式CP=ハッピーエンドとは限らないですけどね。公式CPだからこそ、麻枝氏の脚本だと憂鬱END(死別など)の可能性も結構あるわけですが。


個人的にずっと記憶を持たないからこそ音無が特別な存在なのだと思っていましたが、記憶が真実で、このまま行くと一キャラクターで終わるのかもしれませんね。ちょっと残念なような、自分の考察の斜め上を行ってくれて嬉しいような。


≪TB先 参照リンク(URLアルファベット順)≫
赤字はTBが現在弾かれてしまっているBlog様です。
・http://2009nenaki.blog11.fc2.com/blog-entry-257.html
・http://28903894.at.webry.info/201005/article_41.html
・http://28903894.at.webry.info/201005/article_42.html
・http://3284allegro.blog38.fc2.com/blog-entry-1656.html
・http://alicetail904.blog42.fc2.com/blog-entry-170.html
・http://ameblo.jp/adam/entry-10536613902.html
・http://amkatan.blog118.fc2.com/blog-entry-1152.html
・http://animumeso.blog101.fc2.com/blog-entry-2047.html
・http://aniponda.blog119.fc2.com/blog-entry-395.html
・http://aquamarine1030.blog75.fc2.com/blog-entry-876.html
・http://ariaprincipe.blog46.fc2.com/blog-entry-594.html
・http://arpus.blog121.fc2.com/blog-entry-1019.html
・http://ayatokamina.blog112.fc2.com/blog-entry-605.html
・http://blog29taka.blog107.fc2.com/blog-entry-1068.html
・http://blog.crosschannel.jp/Entry/2223/
・http://blog.goo.ne.jp/gurimoe/e/d8107db37d4beb8350c24fe296a8b218
・http://blog.goo.ne.jp/jin-d/e/d4727f0af146825622959b8c03778bda
・http://blog.goo.ne.jp/migie_no_migite/e/3ddfd67179a4d81c35dd9957bd82705e
・http://blog.goo.ne.jp/nexusseed/e/dc2c22c283b21ff6a42c78d370ed62cf
・http://blog.goo.ne.jp/nijigen-complex/e/bc3d5f6d1e4971b41fd6bf362ca4cca2
・http://blog.goo.ne.jp/sakino-k/e/7a2fa3aef6d23ef3344c50ff3208a3bf
・http://blog.livedoor.jp/asagoegoe/archives/51841160.html
・http://blog.livedoor.jp/electro_railgun/archives/51554614.html
・http://blog.livedoor.jp/katsux2/archives/51559031.html
・http://blog.livedoor.jp/koubow20053/archives/51552080.html
・http://blog.livedoor.jp/makotome301/archives/51724370.html
・http://blog.livedoor.jp/ms_2001/archives/50896813.html
・http://blog.livedoor.jp/m_yossy_m/archives/51469554.html
・http://blog.livedoor.jp/soul_mu/archives/65340782.html
・http://blog.livedoor.jp/superunkman/archives/50661087.html
・http://blog.livedoor.jp/t_cherry398/archives/51473955.html
・http://bluebluesilvermoon.blog38.fc2.com/blog-entry-3041.html
・http://cactusanime.blog104.fc2.com/blog-entry-1183.html
・http://chunou2.blog97.fc2.com/blog-entry-1098.html
・http://civer.blog122.fc2.com/blog-entry-2895.html
・http://coffeemonster.at.webry.info/201005/article_24.html
・http://e102128.blog54.fc2.com/blog-entry-1454.html
・http://flanpoemega.blog42.fc2.com/blog-entry-918.html
・http://fovsaikou.blog129.fc2.com/blog-entry-119.html
・http://fujiiisana.blog68.fc2.com/blog-entry-1815.html
・http://hadakanoninja.blog119.fc2.com/blog-entry-1495.html
・http://harutoki2.blog18.fc2.com/blog-entry-1941.html
・http://hienkyaku.blog50.fc2.com/blog-entry-1166.html
・http://hinaxnagi.blog31.fc2.com/blog-entry-1596.html
・http://hyumablog.blog70.fc2.com/blog-entry-1657.html
・http://ilikemanga.blog87.fc2.com/blog-entry-746.html
・http://infinite3cosmos.blog66.fc2.com/blog-entry-603.html
・http://itigototyoko.blog109.fc2.com/blog-entry-88.html
・http://junkheadnayatura.blog24.fc2.com/blog-entry-1179.html
・http://kadukikagayaki.blog129.fc2.com/blog-entry-82.html
・http://kagura77.blog99.fc2.com/blog-entry-2245.html
・http://kakioki60.blog129.fc2.com/blog-entry-150.html
・http://kate555.blog59.fc2.com/blog-entry-1132.html
・http://karmasoma.blog3.fc2.com/blog-entry-70.html
・http://karuiongak.blog37.fc2.com/blog-entry-614.html
・http://keropo2.blog.shinobi.jp/Entry/719/
・http://keycafe.blog27.fc2.com/blog-entry-829.html
・http://khstar.blog110.fc2.com/blog-entry-89.html
・http://kinokonohibi.blog99.fc2.com/blog-entry-102.html
・http://kiokuno2.blog31.fc2.com/blog-entry-972.html
・http://kodoku21.blog83.fc2.com/blog-entry-555.html
・http://kokonoi.blog93.fc2.com/blog-entry-287.html
・http://kokorokotoba0502.blog38.fc2.com/blog-entry-471.html
・http://kouyanoblog.blog61.fc2.com/blog-entry-3071.html
・http://kuraltuka.blog8.fc2.com/blog-entry-326.html
・http://lessiy.jugem.jp/?eid=2244
・http://maguni.com/diary.cgi?no=1060
・http://makitokouenji.blog63.fc2.com/blog-entry-456.html
・http://manaduru3.blog24.fc2.com/blog-entry-416.html
・http://mapdiary.blog37.fc2.com/blog-entry-622.html
・http://materiamateria.blog49.fc2.com/blog-entry-1185.html
・http://merkmals.blog31.fc2.com/blog-entry-1188.html
・http://mikihara.blog70.fc2.com/blog-entry-2080.html
・http://mjoungr2ochmsha.blog115.fc2.com/blog-entry-260.html
・http://monochromenote.blog114.fc2.com/blog-entry-939.html
・http://moruze.blog76.fc2.com/blog-entry-58.html
・http://myuvi.blog59.fc2.com/blog-entry-168.html
・http://najigo.blog31.fc2.com/blog-entry-58.html
・http://nekoko.at.webry.info/201005/article_19.html
・http://ngelas.blog72.fc2.com/blog-entry-176.html
・http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201005150001/
・http://project017.blog121.fc2.com/blog-entry-1219.html
・http://purgatory07idea.blog77.fc2.com/blog-entry-832.html
・http://rabiko.blog13.fc2.com/blog-entry-2360.html
・http://rasenzoku459.blog20.fc2.com/blog-entry-201.html
・http://rozi0533ver2.blog77.fc2.com/blog-entry-897.html
・http://rumtonicenquete.blog17.fc2.com/blog-entry-339.html
・http://sagaturedure.blog31.fc2.com/blog-entry-3902.html
・http://sakanouenokumo819.blog46.fc2.com/blog-entry-542.html
・http://seraraku2.blog59.fc2.com/blog-entry-4501.html
・http://shino134.blog22.fc2.com/blog-entry-568.html
・http://shinsakuranikki.blog90.fc2.com/blog-entry-3501.html
・http://shirokuro585.blog109.fc2.com/blog-entry-164.html
・http://sironsiron.blog70.fc2.com/blog-entry-190.html
・http://sorakakeruhosi.blog109.fc2.com/blog-entry-1739.html
・http://soraxcan.blog59.fc2.com/blog-entry-1795.html
・http://spadea.jugem.jp/?eid=6552
・http://subcul.jugem.jp/?eid=1599
・http://sugarlight.blog41.fc2.com/blog-entry-143.html
・http://sumi4460.blog63.fc2.com/blog-entry-2101.html
・http://suzukimeister.blog2.fc2.com/blog-entry-22.html
・http://syujiro2gouten.blog70.fc2.com/blog-entry-3314.html
・http://takaoadventure.blog98.fc2.com/blog-entry-1792.html
・http://tako2008.blog27.fc2.com/blog-entry-16.html
・http://takotakotakoyaki.blog52.fc2.com/blog-entry-2751.html
・http://tasogareonsen.blog70.fc2.com/blog-entry-64.html
・http://thesecondstar.blog108.fc2.com/blog-entry-281.html
・http://thetwinkleofstars.blog71.fc2.com/blog-entry-924.html
・http://tokkurin.blog109.fc2.com/blog-entry-979.html
・http://tokuteisuta.blog24.fc2.com/blog-entry-51.html
・http://tomokunno.blog108.fc2.com/blog-entry-186.html
・http://toshibou1213.blog48.fc2.com/blog-entry-323.html
・http://tsukataga.blog54.fc2.com/blog-entry-360.html
・http://uhdintd.blog121.fc2.com/blog-entry-562.html
・http://vividstation.blog99.fc2.com/blog-entry-414.html
・http://wahoo696.blog25.fc2.com/blog-entry-736.html
・http://wendykai.blog60.fc2.com/blog-entry-908.html
・http://yamitarou.blog75.fc2.com/blog-entry-1914.html
・http://yukigetu356.blog36.fc2.com/blog-entry-262.html
・http://yurikamomekan.blog83.fc2.com/blog-entry-375.html
・http://yusyu.blog34.fc2.com/blog-entry-407.html
・http://yuu577.blog42.fc2.com/blog-entry-148.html



もしよろしければ、拍手ボタンをポチッと押して下さいm(_ _)m 管理人のモチベーションが上がります(ぉ

Comment

 

こんばんわ!
最後に新たな敵が登場して盛り上がってきましたね。立華さんは、本当に可愛いです。自分は一番好きですね、ユリも可愛いんですが。

そのユリもなんか気になりますね、なんか怪しいというか。ラスボスの可能性もありえそう。少なくとも、新たな敵の登場に関係してはいそうです

斎藤の登場、しかも声優が緑川さんって(笑)まさかのリトルバスターズネタに吹きました
  • posted by ガイル 
  • URL 
  • 2010.05/15 20:17分 
  • [Edit]
  • [Res]

>ガイルさん 

こんばんは!

>最後に新たな敵が登場して盛り上がってきましたね。
ABなんで敵と思わせておいて肩すかしってこともあるでしょうがw

>自分は一番好きですね、ユリも可愛いんですが。
結局のところ、なんだかんだで正統ヒロインとして描かれているのは、奏ですからね。私も、ゆりより奏の方が好きですね。

>ラスボスの可能性もありえそう。
これは私の憶測ですが、彼女にはまだ打ち明けていない情報や思惑があると思っています。ラスボス臭がするのは、そのせいでしょうね。

>少なくとも、新たな敵の登場に関係してはいそうです
まぁ、一人で姿消して、一人で襲われているのですから、関わっていないと言っても説得力はゼロですよね(爆

>まさかのリトルバスターズネタに吹きました
フィッシュ斎藤はリトバネタなんですね。リトバは手を付けていないので、解りませんでしたw 情報サンクスです♪
  • posted by 月詠 
  • URL 
  • 2010.05/15 20:38分 
  • [Edit]
  • [Res]

やれやれ、間違っているぞ同志Tィ! 

俺は全力で
『天使ちゃんマジ天使で可愛すぎるよ奏、あれ…待てよ? じゃあ可愛すぎる天使ちゃんが2人なら可愛さ二倍じゃね? つか寧ろ可愛さ相乗じゃね!?』
説を推しておこう(挨☆拶)


とはいえAB自体はキライで流し見なんですけどね(笑)
  • posted by ユT・Lキ 
  • URL 
  • 2010.05/15 22:13分 
  • [Edit]
  • [Res]

>ユT・Lキさん 

すまねぇぇぇぇぇぇぇ、同志Yィ!!!

俺が、俺が間違っていたぁぁぁぁぁぁぁ!!!(絶叫+挨拶

>つか寧ろ可愛さ相乗じゃね!?』
そうだ。そう言われてみれば、その通りだ。出来れば、第二天使はセミロングだったり、ショートだったり、ちょっと毒舌だったり、妹属性だったりとバリエーションに富んでいてくれると嬉しいが、十分可愛いです。

>とはいえAB自体はキライで流し見なんですけどね(笑)
ふっ、それこそ間違っているぞ。

天使さえいれば、ABはそれで十分だ! 極論を言えば好きとか嫌いとかじゃない。楽しいとかツマラないとかじゃない。天使が出て喋って入れば、それで良い(意味不明

まぁ、意味不明な言論はさておき、ぶっちゃけ好き嫌いが極度に分かれる作品だと思ってます。そういう意味では、まだ「けいおん!!」の方がやや万人受けなのかもしれない。
  • posted by 月詠 
  • URL 
  • 2010.05/17 00:45分 
  • [Edit]
  • [Res]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

Trackback

トラックバック URL
»»この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Angel Beats! 第07話 「Alive」

生徒会長代理の直井の猛攻を乗り越えた「Angel Beats!」の第7話。 ネタ「どさくさ」を追加。 あれだけ惨殺されても元通りのSSSメンバー、むし...

Angel Beats! 第07話 「Alive」

僕が、君が、みんなが、ココニイルコト。

Angel Beats! 第7話「Alive」

My Soul, Your Beats!/Brave Song 【初回生産限定盤】(2010/05/26)Lia多田葵商品詳細を見る 音無が直井に抱きついたものですから、直井はすっかりと音無に懐...

Angel Beats! 第07話「Alive」

直井、普通にいましたよ!というか馴染んでましたね

Angel Beats! 第7話 Alive

 初音のありがとうが凄く切なくなりました。天使は相変わらずかわいいですね。

Angel Beats! 第7話 「Alive」 感想

音無「俺はもう一度、生き甲斐を     見つけられるかもしれない」 音無「誰かの為に、この生命を費やせるのなら」 今回の7話で、この...

Angel Beats!第07話 「Alive」 感想

穏やかな回だったのと記憶のあった音無に驚きました。 あとはライブ予想にゆりっぺ。そんな内容です。

「AngelBeats!」episode.07【Alive】

直井、「BLギャグキャラ」に、華麗なる転身! 前回、音無に抱きつかれたことで、直井がデレ化。 音無以外のSSSメンバーには心を許してい...

Angel Beats! 第7話「Alive」

Angel Beats! 第7話「Alive」 脚本:麻枝准 絵コンテ・演出:安斎剛文 作画監督:岩岡優子、松本剛彦 Angel Beats!の82%は7話でできています...

Angel Beats! -エンジェルビーツ- 第7話「Alive」感想

Angel Beats! -エンジェルビーツ- 第7話「Alive」感想 絶望のカーニバル

Angel Beats!7話感想

Angel Beats!の感想です。 天使≠奏

アニメ Angel Beats! 第07話「Alive」感想

Angel Beats! 第07話「Alive」の感想です。内容はネタバレを含みますので、注意して下さい。 よくもあっさりと新生徒会長のイメージを壊してくれ...

Angel Beats! 第7話 「Alive」 感想。

 何か気持ち長く感じたAパート。  音無の記憶回復の話。  何気に、SSSに入っている直井。  馴染んで――はいないけど、キャラは変わっ...

Angel Beats!を観た!w~第7話~

いえあ 7話だな!w Angel Beats!2 【完全生産限定版】 [Blu-ray](2010/07/21)櫻井浩美神谷浩史商品詳細を見る まだAngel Beats!関連のグッズがそれほど出...

「AngelBeats!」第7話

  EPISODE.07Alive「死にきれねーよ、初音!」直井が仲間入り。ゆりに音無と直井が呼ばれ・・・ゆりは直井の催眠術で音無の記憶を呼び戻して欲しいと「では、始めます・・・」音無の記...

AngelBeats!第7話!

AngelBeats!第7話です。 直井のキャラがいいです。すごく。 音無君の記憶を直井の催眠術で蘇らせるとかナントカ。 なんだかんだでギャグキャラ...

[アニメ感想] Angel Beats! 第7話 Alive

Angel Beats!第7話。 直井によって呼び覚まされる音無の記憶とは…。 以下感想

Angel Beats! 第07話

[関連リンク]http://www.angelbeats.jp/EPISODE.07 Alive相変わらず騒がしいSSSの本部そこには直井もいて性格は前と変わらないかと思いきや音無の舎弟状態になってるwそこでゆりが音無と直井を呼...

Angel Beats! 第7話「Alive」

相変わらず・・・校長室でグータラしているSSS って!シンジ・・・もとい直井!消えていなかったのか!? SSSには入ったようだが、いまだ俺様だな~~ 日向に催眠術かけて遊んでら~~~ と!何だ?音無に対するBL要素満載の行動は!? そんなゆるゆる校長...

Angel Beats! 7話 『Alive』

Angel Beatsの第7話は、音無が過去の記憶を取り戻し、天使・奏を仲間に加えようとする話。 "奏"は仲間になるけれども、"天使"は未だ敵である…?

Angel Beats! 第7話「Alive」の感想

 ハァハァ、俺の天使ちゃんマジ天使。その天使級の可愛さにメロメロな自分がいます。今回、音無の記憶が戻るとか戻らないとかもうそんなこ...

Angel Beats! #07 Alive

病人を外に連れ出すのがデフォ Angel Beats! 1 【完全生産限定版】 [Blu-ray](2010/06/23)神谷浩史櫻井浩美商品詳細を見るAngel Beats! #07 Alive

Angel Beats! 第7話

取り戻した記憶・新たな想い・そして天使

Angel Beats! 7話 感想

第7話 「Alive」 平和な日常…って、何かちゃっかり直井が加わってます。 前回のアレの影響でホモっぽくなってますけどw で、彼の能力で音...

『Angel Beats!』第7話 感想

どうやら前回の陰惨な事件は収まったようで、 平和な場面から始まりました。 各々が好きな事をやっている中、 なにやってんだコイツ...

Angel Beats! EPISODE.07「Alive」 感想!

心から思う。俺この作品好きで良かった。そしてこれからも好きでいたい!

Angel Beats! 第7話「Alive」

Angel Beats! 第7話「Alive」 先週の血だらけの戦いなんてどこ吹く風。催眠術を無駄遣いする自称神・直井も加わったSSS。てっきり消えたかと思ったけどそんなこと無かったぜ!その催眠術で音無の記憶を呼び覚ます事に・・・ 音無の過去 生きる意味が見つけられなかった

Angel Beats! 7話 「Alive」 感想

今回はABの82パーが詰まってる回だからなー期待も高まるぜ~! って思ったら釣りかよ!釣り回だけに釣りかよ!!←クリックで飛ぶ まあそんな...

Angel Beats! 第7話「Alive」

蘇る生への想い。

Angel Beats! 第07話 「Alive」

もう、なんという量産型ヒロイン!! 一般的に「量産型」とは工場などで大量生産される品の事を言いますが、どこにでもいるテンプレートな...

Angel Beats! 第7話「Alive」

直井くんが神という名のギャグキャラになりました(`・ ω・´) しかも、抱きしめられて音無大好きになってるw ついに音無の記憶が蘇る! ...

「Angel Beats!」7話 Alive

天使が二人いた? というよりも最後に出た天使はあの巨大魚から助けるときに分裂した片方っぽいな、あれ。前にもギルドの時の戦闘で分裂して...

Angel Beats! -エンジェルビーツ- 第7話「Alive」感想

ここに来て音無の過去が明らかに。

AngelBeats! 第7話 『Alive』

アニメ AngelBeats! 第7話 『Alive』 ※音無視点の記事です  まだ作成途中です。完成は後日になる可能性がございます。 【生きている】 生き...

Angel Beats! 第7話「Alive」

病床の女の子が登場したことで「またか」と思われる向きもあるだろうが、音無の生前の記憶に関わる回想の中で完結したことは安心させられた。もっとも、こちら側の世界で妹(初音)と再会するという悪夢の可能性も否定しないが、それでも音無の未練を救済して幕を引く契機...

『Angel Beats!』#7「Alive」

「直井くん、音無くんの失われた記憶を戻してみせせて」 前半と後半の落差がありすぎる; 前回、すったもんだあったものの、 何食わぬ顔で...

Angel Beats! 第7話 「Alive」

今週も「Angel Beats!」始まりました! 今回は前半シリアス後半ギャグの話でした。 前回のいざこざで仲間になった直井は 音無だけになつ...

Angel Beats! 第7話「Alive」

結果的に生徒会長と生徒会長代理の二人を篭絡したSSS団に急展開が待っていました。まさに絶望のカーニバルの始まりです。

Angel Beats! -エンジェルビーツ- 第7話「Alive」

音無の記憶。 天使ちゃんと釣りに行こう!  の2本。…とかって呑気な回と思ったら最後に超展開が待ってました(笑) 第2使徒襲来です!...

Angel Beats! 第7話「Alive」

終わりと、始まりのエピソード

AngelBeats! 第7話 『Alive」』 感想

意外な展開が続きますね。今回も予想外の情報がいろいろ出てきて、底が見えません。AngelBeats! 第7話 『Alive」』 の感想。

「Angel Beats!」第7話感想

あがががが………これはズルイでしょ。 全くもって珍しくも何ともない話である上、 ゆりや岩沢の話を聞いたときにも思いましたが無駄に重...

Angel Beats! 第07話 『Alive』

© VisualArt's/Key/Angel Beats! Project 生きがいは人に大きな希望を与えてくれる。 今回は音無の過去話。

Angel Beats! EPISODE.07『Alive』前半

対天使用対策本部 ユイにゃんは、日向に新技をかけさせてくれるようせがむ。 「名付けて、逆二十字固め!」

Angel Beats! EPISODE.07『Alive』後半

校長室。 じゃなくて対天使用対策本部。

Angel Beats! 第7話 「Alive」 簡易草子

「音無の過去話よりもシンジくんの方が印象強すぎる!」  こんにちは、競馬の予想はたぶん京王杯スプリングカップは正午に更新します。ま...

Angel Beats! 7話 「Alive」

陰と陽の別れ鏡

Angel Beats! 7話

Angel Beats!7話、「82%」「Alive」。 音無の過去が明らかになり、最後に新展開も出てきて、という重要な回。 Aパートは恐ろしく麻枝脚本。病気...

Angel Beats!(エンジェルビーツ!) 第7話「Alive」感想

 今回は音無の過去話と釣りの話。こう書くと本当どういう作品か分からなくなりますが、ABらしい回でした。もしかすると今までで一番普通に面白かったかも…。音無と天使の距離も縮まってきたようで今後も楽しみです。に、してもゆり頑張れ~。

Angel Beats! 第7話 「Alive」

直井キャラ崩壊www 神とか言ってるのは今までどおりだけど、音無ラブにw すっかりSSSメンバーにふさわしいキャラになってます(つ∀`)

Angel Beats! 第7話

Angel Beats! 第7話 「Alive」 です。 -キャスト- 音無:神谷浩史 ゆり:櫻井浩美 天使:花澤香菜 ユイ:喜多村英梨 ...

(感想)Angel Beats! 第7話「Alive」

Angel Beats! 第7話  「Alive」 【キャスト】  ・音無    神谷浩史    ・大山    小林由美子  ・ゆり    櫻井浩美   ...

Angel Beats! 7話「Alive」

ガルデモのCD、売れてるみたいですね。 My Soul, Your Beats!/Brave Song 【初回生産限定盤】(2010/05/26)Lia商品詳細を見る

(アニメ感想) Angel Beats! 第7話 「Alive」

Angel Beats! 1 【完全生産限定版】 [Blu-ray]クチコミを見る 何かが起こると言われていた第7話、果たしてどうだったのでしょうか・・・。 ☆<05/15更新>前回、Angel Beats!コーナー 第6話 「Family Affair」の感想をポッドキャストにて収録! 「貧乳ならぬ頻尿か!」...

Angel Beats!第7話「Alive」 感想

ガルデモ、Mステ6位おめでとうございます。という訳で「Angel Beats!」7話の感想。 今週も今週で面白かったんですが 割とベタな話を丁寧に描くといった感じの内容で、 でも観終えた後は非常に爽やかな気分になれた・・・と思ったら最後で不穏な展開が。 というかゆりっ...

AngelBeats #7「Alive」

これはなんと言いますか・・・今回物語の核心が来るって言う話は聞いていたので、多分音無し君の記憶に関する話題なんだろうなあと思ってはいたのですが、まさか催眠術で取り戻すと....

Angel Beats! 第07話 「Alive」

グリリバキタ━━━━━━(゚∀゚)━━━━━━ !!!!! 音無の妹・初音が中原麻衣だったり、Key作品恒例斉藤の登場だったりと鍵っ子にはたまら...

Angel Beats! 第7話 「Alive」

今日も騒がしい戦線メンバー。 高松はどんだけメガネ持ってるんだよw そしてめっちゃ笑顔の椎名さんに萌えた。 http://nijiirosekai.blog55...

Angel Beats! 第7話 「Alive」

音無の下の名前は、弦を結ぶと書いて「結弦(ゆづる)」。

Angel Beats! 第7話 「Alive」

Angel Beats! OP&ED【初回生産限定盤】予想通りの音無の過去回と衝撃のラストでした!

Angel Beats! 第07話 感想

 Angel Beats!   第07話 『Alive』 感想  次のページへ

Angel Beats! 7話 「Alive」 感想

唯:「“モンスターストリーム”作戦で天使ちゃんの釣り上げたあのでっかいお魚…どんな味するんだろ…。食べてみたいなあ…」 律:「...

Angel Beats!・第7話

「Alive」 副会長である直井も加わったSSS。すっかりだらけた雰囲気の中、ゆりは、直井と音無を呼ぶ。それは、直井の催眠術により...

Angel Beats! 第7話 「Alive」

直井が戦線に加入し、音無の記憶が復活して、更には天使まで加えたギャグ回だと思ったら、 最後には量産型天使が出てきてシリアスなオチ...

Angel Beats! -エンジェルビーツ- 第07話 『Alive』

音無×直井・・・うん、悪くない。 直井って消滅してなかったのね。 前回のラストがどちらとも取れる曖昧な終わり方だったので、勿論こ...

Angel Beats!第7話『Alive』の感想レビュー

音無の生前回でした。 直井きゅんにきゅんきゅん回でも可w 一部宣伝さんの事前情報で、この回がAB!の82%云々という話題が盛り上がっていましたが、釣りは釣りでもそっちの釣りか!と突っ込まざるを得ないw 音無こそが天使説その他、諸説あった割には、普通に生前の...

Angel Beats! 第7話「Alive」

気付かない幸せ My Soul, Your Beats!/Brave Song 【初回生産限定盤】(2010/05/26)Lia多田葵商品詳細を見る

Angel Beats! #7

【Alive】 Angel Beats! 1 【完全生産限定版】 [Blu-ray]出演:神谷浩史販売元:アニプレックス発売日:2010-06-23おすすめ度:クチコミを見る Angel Beats!の82%は7話で出来ている!? 

(アニメ) Angel Beats! 第7話 感想

第7話「Alive」

Angel Beats!(エンジェルビーツ)~第7話 感想「Alive」

Angel Beats!(エンジェルビーツ)ですが、ユイが新しいプロレス技を開発して実験台を探しています。結局、大山先輩にすることで落ち着きますが、ゆりっぺは直井の催眠術で音無の過去を思い出させます。(以下に続きます)

Angel Beats! EPISODE.07「Alive」

いつもの様に本部として使用している校長室で好き勝手に過ごしている死んだ世界戦線(SSS)の中心メンバー達。高松は眼鏡持ち過ぎだろう。椎名は犬の人形に満面の笑みだったくせに、大山に語りかけられた途端、真面目な表情に代わってるし。前回の一件で直井文人も加わり

(アニメ感想)Angel Beats! 第07話「Alive」

あらすじ SSSの仲間となった直井の催眠術により音無は過去を取り戻す。 「俺は生きている意味が分からない」

Angel Beats! 第7話 「Alive」 感想

今週も天使ちゃんマジ天使。 7話感想です。

Angel Beats! 第7話

第7話『Alive』Angel Beats! 1 【完全生産限定版】 [Blu-ray]今回は・・・音無の過去が明らかに?!

Angel Beate!?裷á??

???ν?ÿ???? ??????к?? ξ塢裷äAngel Beart!??????? ?Τ???? ľ??...

Angel Beats! 第7話「Alive」

直井キャラ変わりすぎだろwww 前回の一件ですっかり音無に懐いてしまったようで…今まで日向のことをネタでBLキャラとして扱っていたけ...

Angel Beats!第7話「Alive」感想

戦線メンバーの策で天使と呼ばれるかなでは生徒会長を辞任するはめになりましたが それにより一般人を装っていた元副会長の生徒会長代理の美...

Angel Beats! 第07話 Alive

まず突っ込み!直井成仏してないのかよ!!w てっきり成仏したかと思ってたよw ていうか、あれで成仏しないんなら一体どうすれば成仏するんだよ!・・・・ハッ!?まさか音無が好きになりすぎて成仏したくないとかそんなんじゃなよね・・・。それなら音無成仏するまでず...

(アニメレビュー) Angel Beats! 第7話 「Alive」

82%は伊達じゃない!…のか?(苦笑) 音無記憶取り戻して鬱展開→天使と一緒に釣り主釣ってひゃっほい→綺麗な名前だから下の名前で呼ぶぜ...

Angel Beats!第7話『Alive』

生きるという事ッ♪ 生きてく意味って何だろう・・・、 みんなとの“今”の暮らしが、楽しくて・・・、 やりきれない過去の人生・・・><; 目的があるから続けられる仕事・・・、 あの人に教えてもらった生きる意味・・・。 でも・・・、 えっ?・・・二人!?...

Angel Beats! 第07話 感想

#7 「Alive」 Angel Beats! 1 【完全生産限定版】 [Blu-ray](2010/06/23)神谷浩史櫻井浩美商品詳細を見る 今回は前回の「催眠ストーリー」(シリアス)と「...

Angel Beats! 「Alive」

戦闘も一段落した後に・・・

Angel Beats! 第7話 「Alive」

これが…82%の力…!!!

Angel Beats! 第7話 「Alive」

天使ちゃん、かわいいよ天使ちゃん! ゲーム的に言えば、天使ちゃんルートに突入している音無が羨ましくて羨ましくて堪りません…! ちなみ...

Angel Beats! 第7話「Alive」

生きていること、生きがい    もうこのアニメも半ばを過ぎたんですねえ。  話の向かう先はまだまだ謎のままです。  もっとも、色...

意外な過去であった音無の生前物語。しかし今回ほど、AパートとBパートのギャップの差がありすぎる展開って言うのはどうかと思っちゃった…。 Angel Beats!第7話『Alive』

 何事もなかったかの様に、本部に待機しているSSSの面々。  いつもの様にくつろいでるぞ~♪  特に、松下はなぜかTKのポーズを学んでるし(...

Angel Beats! #07

第7話『Alive』  草むしりとか、色々・・・ 問題を解決する、その裏には再び新たな問題が・・・

左サイドMenu

カウンター

祝2,000,000Hit達成♪ とうとう大台突破。これも皆様のおかげでございます(o ̄∀ ̄)ノ

カレンダー(月別)

05 ≪│2017/06│≫ 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

ガンダムシリーズ

◆新機動戦記ガンダムW◆

新機動戦記ガンダムW BD-BOX1

OVA・続編含め『新機動戦記ガンダムW』全般を応援してます♪
ガンダムW関連 まとめページ
感想、用語、企画など全ページへのリンクがあります。ご利用ください

2016/05/04 12巻分の用語一部更新しました

《用語》
用語集
ア行
カ行
サ行
タ行
ナ行
ハ行
マ行、ヤ行
ラ行、ワ行
英字行
登録キャラクター名一覧
キャラクター詳細
ア行
カ行
サ行
タ行
ナ行
ハ行
マ行、ヤ行
ラ行、ワ行、英字行

メカニック図鑑
メカニック用語詳細

《企画》
年代考察
勢力図まとめ
AC暦におけるMS史(コラム)

◆機動戦士ガンダム00◆

GUNDAM OOQ
用語集などは特にありませんが、劇場版の感想は全十回というボリュームでコラム風に書かせていただきました。よろしければどうぞ。
ガンダム00関連 まとめページ

◆鉄血のオルフェンズ◆

81TuctHvlZL__CR88,0,1536,1536_
各回の感想のまとめだけ。
ガンダム00関連 まとめページ

米山シヲ 応援エリア

◆梅衣堂ひよと旦那様の野望◆

1-2-2

『梅衣堂ひよと旦那様の野望』待望第1巻発売中

月刊少年ガンガンで現在連載中『梅衣堂ひよと旦那様の野望』を応援中。『ブラクロ』と同じように独自用語集も製作中!

公式特設ページ

独自用語集
第1巻

◆ブラッディ・クロス◆

ブラクロサムネ

月刊少年ガンガンで完結した『ブラッディ・クロス』をプッシュしています♪ 独自用語集あります! 

公式特設ページ

独自用語集
キャラ紹介-混血勢力-
キャラ紹介-天使勢力-
キャラ紹介-堕天使勢力-
キャラ紹介-アルカナ-
キャラ紹介-神葬-
キャラ紹介-その他-


最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

メールフォーム

管理人に何か言いたいことがあれば、ここからどうぞ♪

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード

QR

友達申請フォーム

FC2ブログランキング

FC2のブログランキングに参加中♪ 気に入っていただけたなら、一押しして下さい。

FC2ブログランキング

右サイドメニュー

義援金募集

FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして

管理人から一言

お知らせ

管理人からのお知らせです。

『ガンダムW FT』コンテンツは不定期更新です。現在は11巻分までの感想と用語の更新を完了しました。

『ブラッディクロス』全12巻発売中! 用語集更新は全て無事終了致しました。


今期の週間感想予定
日曜日:ブラタモリ
月曜日:貴族探偵
火曜日:書評
水曜日:ゲームプレイ日記
木曜日:書評 or 雑記
金曜日:ゲームプレイ日記
土曜日:ソード・オラトリア
不定期:ピックアップ感想

場合によっては急遽順序等の変更もありますが、ご理解いただけますようよろしくお願いします。

管理人プロフィール

月詠

Author:月詠
埼玉県某所在住の31歳社会人。性別♂。名前は「つくよみ」と読む。

世知辛い世の中でも、嬉しいことも泣きたいことも、こんなサブカルチャーたちに救われていますwww
詳細な自己紹介はこちら

コメント・TB、相互リンク受付中。下記の運営方針に詳細を記載しております。無条件に大歓迎と言うわけではありませんが、大部分の方は歓迎出来るかと思いますw

以下、ショートカット。
◇閲覧上の注意や規約など
Blogの運営方針・利用規約
他のBlog様と大差ない運営・利用規約なので大部分の方には無関係だとは思いますが、初閲覧の方は簡単でも良いので読んで頂けるとありがたいです。何かあった時には利用規約を了承した上とさせていただきますので、「知りませんでした」は通用致しません。


◇アニメについて
アニメの評価について
歴代アニメ評価一覧
アニメアウォーズ! 受賞一覧


◇ゲームについて
ゲームの評価について
歴代ゲーム評価一覧


◇ブックス(本)について
小説の評価について
ブックレビュー一覧


◇プラモデルについて
完成品一覧(グレード別)
完成品一覧(シリーズ別)


◇その他リスト一覧はこちら
テレビ&シネマ
CD&DVD&BD

ツリー式カテゴリー

openclose

全記事表示リンク

検索フォーム

アニプレッション!!

アニプレッション!!
アニプレッション!!とは

アニプレッション!!は、アニメブロガー達の合同ブログです。各執筆者がアニメについての問題意識・感想・考察・批評等の諸言説を発表し、アニメを語る事の面白さを伝える事が目標です。
まだまだ未熟者ではありますが、私も参加させて頂いております。冬コミでも多くの名立たる方が寄稿し合って本を出す予定です♪

以下、アニプレッション!!メンバーのBlogです。一見の価値ありですよ!

相互リンク(更新停止)

残念ながら一年以上の更新がない相互リンク先の方々です。いずれまた復活し、交流が持てることを期待しています……

  • 24/10次元に在るブログ
  • aniパンダの部屋
  • Black Window in Sky
  • Hes:TEAR
  • Lounge "Himajin" Killer
  • NEO煩悩-アニメ本店-
  • outrageous
  • the albatross of peach pink
  • お絵描き倉庫('A`)(旧ミルクレモンティー)
  • くろ with life~今を楽しめればそれでいい~
  • なななな駄文
  • にき☆ろぐ
  • にじつう!
  • のんびりにリリカルに
  • まるとんとんの部屋
  • みつーの日記
  • アインのSS置き場
  • アニメって本当に面白いですね。
  • チェルキエット⌒ぱすてる
  • ミナモノカガミ
  • サブカルなんて言わせない!
  • 月の静寂、星の歌
  • 紅の終幕劇
  • 根無草の徒然草
  • 知ったかアニメ
  • 全て遠き理想郷?なブログ
  • 中濃甘口 Second Dining
  • 透明色絵本
  • 【非公式】普通の世界日本ハムが【ブログ】やってみた
  • 漫画のおすすめ
  • 無料動画アニメリンク!
  • 妄想詩人の手記
  • 妖精帝國 臣民コンソーシアム
  • 楽しくC言語ゲームプログラム
  • これは僕の進化の過程の・・・3ページ目ぐらい?ww
  • 無常の流れ 新館
  • 夢幻の灰色帝国
  • 外部記憶ver.2
  • アバトーンの理想郷
  • よう来なさった!
  • やまひで日誌
  • まごプログレッシブ:Part2~Scenes From A Memory~
  • しろくろの日常
  • ToLOVEる画像漫画
  • the albatross of peach pink
  • Spare Time
  • Ringoという名の日常
  • Garnet Clover~ガーネット・クローバー~