FC2ブログ

刹那的虹色世界

アニメ・ゲームのあらすじを主体とした感想や批評のブログ。時折、日記・声優・コミック・スポーツなど幅広くレビューしています。リンクフリー、相互リンク大歓迎♪

Entries

ソ・ラ・ノ・ヲ・ト 第7話

ソ・ラ・ノ・ヲ・ト 第7話
『蝉時雨・精霊流シ』


≪あらすじ≫
季節は夏を迎え、セーズでは灯籠を流し死者の魂を慰める“フィーエスタ・デュ・ルミエール”が近づく。カナタは、それを“お盆”と呼んで、キュウリやナスを馬に見立てた人形を作ったりして死者の魂を“ご先祖様”と肯定する一方で、クレハは“お化け”としてそれを否定する。

そんな中、フィリシアの記憶は過去へと飛ぶ。戦争によって喪った大切な仲間たち、自分だけが生き残った果てで夢か現(うつつ)か、旧時代の兵士から声をかけられた過去。

『こんな世界で生き延びる意味はあるのか』

その問いの答えを、フィリシアは今……見つける―――


≪感想≫
前回とは違った形で感動的なお話。中盤で、中弛みをさせずにしっかりとシメることで、物語全体を引き締めた形にしているような気がします。さすが、伊達にクリエイター視点で作られたモノではない。

前回はポジティブ、ないしコミカルさを前面に押し出しつつ、その結果として感動を与える話でしたが、今回はネガティブ、ないしシリアスさを前面に出して、その過程を経ることで感動を与える話でした。

フィリシアの過去。
正直、予想の範疇ではありました。あの若さで強かさと狡猾さを併せ持ち、それでいてなお表面上、大切な人たちの前では単なる「優しいお姉さん」で居続けることが出来るのは、相応の熾烈な過去があってこそだと。戦争が題材のひとつになっている作品である以上、フィリシアの過去があるのだとすれば、そのバックグラウンドは壮絶な戦争体験だろうな、と。
個人的には幼少期を想定していたので、まさか軍に入った後に壮絶な体験をしているとは思いませんでしたが。

……いや、どうでもいいけど、味方に何かを知らせるのラッパじゃなかったらやられなかったんじゃね?とか思いますが、そこはラッパを吹く制度があったからこそ、フィリシアだけは生き残ったとご都合主義的に解釈しておくべきでしょうか(爆

でも、こうなると結果としてやっぱり、カナタが憧れ、リオが目標としていたラッパ吹きの美女―――イリア皇女へと帰結していくわけですか。まぁ、ここまでメイン五人中三人の登場人物に大きく絡むイリア皇女。結果として、やっぱりクレハとノエルも関わってるんですかね? ノエルは、フィリシアの部隊が壊滅したあの戦役の場にいたみたいですから、絡んでいても不思議ではありませんが。


そして、旧世界を破壊した機械仕掛けの化け物たち。
それは、宇宙人の襲来か、はたまた機械化した生物(サイボーグ)か。後者の可能性はありますよね。
栄華を極めた人類は、手を出してはいけない果実に手を出した。
それは、生命創作。
その一つがサイボーグ。機械にAIと言う名で人と変わらぬ心を与えた結果、サイボーグたちは人類に反旗を翻し、人間が築いた文明を滅ぼした、と。

タケミカヅチはそうなると、そうしたサイボーグへの対抗策として造られた最終兵器?


まぁ、今回最大の見どころは、カナタがこれまでメインのカップリングを全てぶち壊してフィリシアに告白したことですけどね(違
カナタは「好きだ」と言い、フィリシアは「私も」と言い、そしたらリオ以外の隊員も抱きついて、フィリシアハーレムEND成立www きっと狂喜乱舞しているBlogがたくさんあることだろうよ( ̄∇ ̄;)


次話『電話番・緊急事態ヲ宣言ス』



≪TB先 参照リンク(URLアルファベット順)≫
赤字はTBが現在弾かれてしまっているBlog様です。
・http://112989.blog65.fc2.com/blog-entry-192.html
・http://28903894.at.webry.info/201002/article_48.html
・http://aircastle.blog11.fc2.com/blog-entry-1979.html
・http://alicetail904.blog42.fc2.com/blog-entry-37.html
・http://ameblo.jp/adam/entry-10463529978.html
・http://ameblo.jp/norarin-house/entry-10460230038.html

・http://anime-suki.cocolog-nifty.com/blog/2010/02/7-f59c.html
・http://aricnia.blog122.fc2.com/blog-entry-467.html
・http://arpus.blog121.fc2.com/blog-entry-845.html
・http://blog.crosschannel.jp/Entry/2093/
・http://blog.goo.ne.jp/jin-d/e/6f9bfe0ca3635cd472
765cde30b076e0
・http://blog.goo.ne.jp/migie_no_migite/e/6e3869ee
1bee1f4036d6f21a95d088b7
・http://blog.goo.ne.jp/sakino-k/e/8989b96955a0b13
c19c4d27cbdc4ee57
・http://blog.livedoor.jp/granzchesta/archives/51385827.html
・http://blog.livedoor.jp/katsux2/archives/51372462.html
・http://blog.livedoor.jp/koubow20053/archives/51453431.html
・http://blog.livedoor.jp/ms_2001/archives/50818617.html
・http://blog.livedoor.jp/soul_mu/archives/65301274.html
・http://blog.livedoor.jp/t_cherry398/archives/51390475.html
・http://cactusanime.blog104.fc2.com/blog-entry-1114.html
・http://coffeemonster.at.webry.info/201002/article_27.html
・http://e102128.blog54.fc2.com/blog-entry-1372.html
・http://ecolekyouzai.hamazo.tv/e2264926.html
・http://flanpoemega.blog42.fc2.com/blog-entry-665.html
・http://fujiiisana.blog68.fc2.com/blog-entry-1716.html
・http://georg.paslog.jp/article/1324789.html
・http://harutoki2.blog18.fc2.com/blog-entry-1834.html
・http://hienkyaku.blog50.fc2.com/blog-entry-1011.html
・http://hyumablog.blog70.fc2.com/blog-entry-1461.html
・http://kagura77.blog99.fc2.com/blog-entry-2082.html
・http://kaleidoscopez.blog80.fc2.com/blog-entry-961.html
・http://karuiongak.blog37.fc2.com/blog-entry-468.html
・http://kazekura.seesaa.net/article/141354888.html
・http://kodoku21.blog83.fc2.com/blog-entry-337.html
・http://kouyanoblog.blog61.fc2.com/blog-entry-2879.html
・http://kuraltuka.blog8.fc2.com/blog-entry-236.html
・http://kyotofan.net/books_anime/sorawoto/07
・http://lapis16.blog82.fc2.com/blog-entry-1761.html
・http://lessiy.jugem.jp/?eid=2171
・http://luvnail.blog46.fc2.com/blog-entry-835.html
・http://maguni.com/diary.cgi?no=971
・http://makitokouenji.blog63.fc2.com/blog-entry-283.html
・http://manaduru3.blog24.fc2.com/blog-entry-306.html
・http://mapdiary.blog37.fc2.com/blog-entry-473.html
・http://merkmals.blog31.fc2.com/blog-entry-1082.html
・http://monochromenote.blog114.fc2.com/blog-entry-834.html
・http://mutekidesutekina.blog52.fc2.com/blog-entry-1325.html
・http://nihilists.blog97.fc2.com/blog-entry-2.html
・http://plaza.rakuten.co.jp/accessairphoto/diary/201002160000/
・http://plaza.rakuten.co.jp/blackwidow/diary/201002160000/
・http://plaza.rakuten.co.jp/oboro1964/diary/201002160000/
・http://purgatory07idea.blog77.fc2.com/blog-entry-695.html
・http://seraraku2.blog59.fc2.com/blog-entry-4285.html
・http://shinsakuranikki.blog90.fc2.com/blog-entry-3377.html
・http://sorakakeruhosi.blog109.fc2.com/blog-entry-1450.html
・http://soraxcan.blog59.fc2.com/blog-entry-1582.html
・http://spadea.jugem.jp/?eid=5709
・http://strawcat.blog12.fc2.com/blog-entry-2294.html
・http://subcul.jugem.jp/?eid=1493
・http://sugarlight.blog41.fc2.com/blog-entry-43.html
・http://takaoadventure.blog98.fc2.com/blog-entry-1651.html
・http://teleani.blog62.fc2.com/blog-entry-671.html
・http://tsukataga.blog54.fc2.com/blog-entry-276.html
・http://uhdintd.blog121.fc2.com/blog-entry-479.html
・http://wendykai.blog60.fc2.com/blog-entry-782.html
・http://wondertime.blog31.fc2.com/blog-entry-1325.html
・http://yamitarou.blog75.fc2.com/blog-entry-1686.html
・http://yurikamomekan.blog83.fc2.com/blog-entry-252.html


もしよろしければ、拍手ボタンをポチッと押して下さいm(_ _)m 管理人のモチベーションが上がります(ぉ

Comment

コメント失礼します 

>きっと狂喜乱舞しているBlogがたくさんあることだろうよ
うちのブログの事か―っ(笑)

申し遅れましたが、「ゆりかもめかんブログ」の黄助と申します。
はじめまして…
…ではなく、3ヶ月ほど前に一度コメントさせて頂いた事があるので、正確にはご無沙汰してます…なのですが(笑)

今回は気の滅入るようなハードなエピソードでしたので、その暗さを中和する意味でも百合的なサービス(?)で締めたのでしょうかね(笑)
  • posted by 黄助 
  • URL 
  • 2010.02/16 23:22分 
  • [Edit]
  • [Res]

管理人のみ閲覧できます 

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  • posted by  
  •  
  • 2010.02/17 01:47分 
  • [Edit]
  • [Res]

>黄助さん 

>うちのブログの事か―っ(笑)
YES! まぁ、割とたくさんのBlogで狂喜乱舞しているので、正常な反応です。問題ありません。でも、傷は深いです(マテ

>申し遅れましたが、「ゆりかもめかんブログ」の黄助と申します。
ご丁寧にありがとうございます(*´▽`)ノ.+

>今回は気の滅入るようなハードなエピソードでしたので~
それもあるでしょう。実際にあのままシリアス一辺倒で、他のキャラが絡まずに終わるとフィリシアはずっと過去に捕らわれっ放しになってしまいますしね。
実際には最後に部下が絡むことによって、フィリシアの過去への想いを昇華させたのだと思いますが。
  • posted by 月詠 
  • URL 
  • 2010.02/20 12:51分 
  • [Edit]
  • [Res]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

Trackback

トラックバック URL
»»この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ソ・ラ・ノ・ヲ・ト 第7話「蝉時雨・精霊流シ」感想

まさか、この先に鬱な展開とかも有得るのか (話が重いのでトップ絵は明るくしておきます)

ソ・ラ・ノ・ヲ・ト 第07話 「蝉時雨・精霊流シ」

これを待ってた!俺のターン!! ソ・ラ・ノ・ヲ・ト第7話の感想を綴ります。 蝉のこえ、雷鳴の轟き、風鈴の音。 蝉のこえは、戦...
  • from 伽藍 
  • at 2010.02.16 22:05

ソ・ラ・ノ・ヲ・ト 第7話 「蝉時雨・精霊流シ」

過去の戦争の話をやって少し物語に深みが出てきましたね。 フィリシアの過去が明らかになりましたが、そこは以前見たような訓練ではなく...

ソ・ラ・ノ・ヲ・ト 第7話 「蝉時雨・精霊流シ」

戦場の記憶…フィリシアもハードな体験を持っているんですね。 セーズでは灯籠を流し死者の魂を慰める“フィーエスタ・デュ・ルミエール”が...

ソ・ラ・ノ・ヲ・ト 第7話「蝉時雨・精霊流シ」

『蝉の声が響く夏のある日。 どこか元気のないフィリシアを、カナタたちは心配そうに見ていました。 フィリシアの脳裏に浮かぶのは、かつて...

ソ・ラ・ノ・ヲ・ト 第7話「蝉時雨・精霊流シ」

フィリシアは本物の戦場を経験した事があるのか…。 そしてその戦いで大切な仲間を…。 大切な仲間を失い1人だけ生き残る…。 そしてそしてやっぱり雷が苦手だったのか…。 時期はお盆(フィーエスタ・デュ・ルミエール)。 使者の魂を慰めよう! 世界は1度終わっ...

ソ・ラ・ノ・ヲ・ト 07話『蝉時雨・精霊流シ』

今とは違う仲間たちと戦っていた頃、ちょいと昔のフィリシア。

ソ・ラ・ノ・ヲ・ト 第07話 「蝉時雨・精霊流シ」

予告の台本はふざけていたけどフィリシアさんのつらい過去話になりそうな アニメ「ソ・ラ・ノ・ヲ・ト」の第7話。 次回、2月22日は30分遅れ...

ソ・ラ・ノ・ヲ・ト 第7話 「蝉時雨・精霊流シ」 感想

★★★★★★★☆☆☆(7.5) セーズの街がお盆を迎える中、フィリシアさんが戦時中を思い出す話。 いつかは来るだろうと思ってたシリア...

ソ・ラ・ノ・ヲ・ト 第7話 「蝉時雨・精霊流」

今週も「ソ・ラ・ノ・ヲ・ト 」始まりました! 今回はフィリシアさんのメイン回。 主にフィリシアさんの過去の話でした。 フィリシア...

ソ・ラ・ノ・ヲ・ト #07 蝉時雨・精霊流シ

フィリシアの凄まじい過去。 優しい笑顔に秘められた哀しみと覚悟。

「ソ・ラ・ノ・ヲ・ト」7話 蝉時雨・精霊流シ

フィリシア回。 フィリシアがどうしてゆるい日常を求めるのかもわかる話だった。 あの兵士の幻はPTSDによってどうにかなってしまいそうなのを...

ソ・ラ・ノ・ヲ・ト 第7話 「蝉時雨・精霊流シ」

 今回はフィリシアメインでした。カナタたちが彼女に擦り寄るところがお母さんと子どもたちという感じでしたね。

ソ・ラ・ノ・ヲ・ト #7

【蝉時雨・精霊流シ】 ソ・ラ・ノ・ヲ・ト 1【完全生産限定版】 [Blu-ray]出演:金元寿子販売元:アニプレックス発売日:2010-03-24おすすめ度:クチコミを見る こんな世界で生き延びる事に意味はあるのかい・・・? 

ソ・ラ・ノ・ヲ・ト 第7話「蝉時雨・精霊流シ」

「この世界に意味なんかないのよ」 なければ自分で意味を見つければ良い―― フィリシアの過去が明らかに…    【第7話 あらすじ】 蝉...

ソ・ラ・ノ・ヲ・ト 第7話「蝉時雨・精霊流シ」

フィリシアの過去-----------------。ずっと気になっていたフィリシアの先輩たちの話。どこへ行ってしまったのか、それが冒頭で明らかにされました。かつてフィリシアがカナタと同じような新人だった頃。先輩たちと戦場で戦っていた彼女は、後続に続けという指令をする通...

ソ・ラ・ノ・ヲ・ト~第7話 感想「蝉時雨・精霊流シ」

ソ・ラ・ノ・ヲ・トですが、フィリシア隊長は壮絶な過去があります。砲煙弾雨のなか死線を超えてますが、上官や仲間も全て戦死して唯一生き残ったようです。 季節は夏まっさかりですが、フィリシアとリオ先輩は後輩に洗濯当番を押し付けてスイカを買いに行きます。(以下...

「ソ・ラ・ノ・ヲ・ト」第7話感想

なんだろう、この展開…(=_=;) 世界観の方は相変わらず壮大で面白そうな感じなんですが、 (特に、今回漂っていた重さはこのアニメの設定の...

ソ・ラ・ノ・ヲ・ト 第7話「蝉時雨・精霊流シ」

ラッパを吹いて伝令中、突如機兵からの熱光線が! 弾が雨のように飛び交っていたので、このシーンは、吹奏者の頭が打ち抜かれ、側にいたフィリシアに血がべったりと。そんな展開を期待していたんですが、邪魔が入ってしまいましたw

ソ・ラ・ノ・ヲ・ト 第7話「蝉時雨・精霊流シ」

やはりどうしても、漫画版ナウシカを想起させずにはおかない「ソ・ラ・ノ・ヲ・ト」。こういう話、見たかったんですよねぇ。

ソ・ラ・ノ・ヲ・ト 第07話

[関連リンク]http://www.sorawoto.com/第07話 蝉時雨・精霊流シいきなりシリアスなシーンからどうやらフィリシアの過去ぽいですがどうやら昔はタケミカヅチが動いていて戦闘を行っていたよ...

ソ・ラ・ノ・ヲ・ト 第7話 「蝉時雨・精霊流シ」 感想

蝉の声が響く夏のある日。 どこか元気のないフィリシアを、カナタたちは心配そうに見ていました。 フィリシアの脳裏に浮かぶのは、かつて...

『ソ・ラ・ノ・ヲ・ト』#7「蝉時雨・精霊流シ」

「こんな世界で生き延びることに、意味はあるのかい…?」 「世界はゆっくり終わりに近づいていって、私たち人間はいずれ完全に滅びるだろ...

ソ・ラ・ノ・ヲ・ト第07話「蝉時雨・精霊流シ」感想

さぁ、色々と怪しくなってきました・・・。【送料無料選択可!】ソ・ラ・ノ・ヲ・ト1[CD付完全生産限定版]/アニメ早速感想。いきなりぶっとんだ展開。・・・といいたいところだけど、色々伏線があったからねぇ・・・。でもそんなの無視してお気楽アニメでいて欲しかった...

ソ・ラ・ノ・ヲ・ト 第7話 「蝉時雨・精霊流シ」 感想

 今回は、フィリシアの過去と現在の想いを通してこの作品のテーマをあらためて示したのかな、と管理人は思った、そんなお話。

ソ・ラ・ノ・ヲ・ト 第7話 『蝉時雨・精霊流シ』

フィーエスタ・デュ・ルミエール この世界で生き延びることに意味はあるの-?

ソ・ラ・ノ・ヲ・ト 第7話 「蝉時雨・精霊流シ」

 ここに、生きる意味    これまでになかった、フィリシアの若干の掘り下げ回。  といっても、フィリシアの過去の体験が重要なとこ...

ソ・ラ・ノ・ヲ・ト 第七話「蝉時雨・精霊流シ」の感想

 カナタによると今は死者の魂を迎えるお盆という時期だとのこと。ここ最近フィリシアさんの様子がちょっとおかしい。妙に思いつめた顔をし...

ソ・ラ・ノ・ヲ・ト 7話「蝉時雨・精霊流シ」

フィリシアにあんな過去があったとは・・・ てか、冒頭からショッキングなシーンの連続です(^^; ソ・ラ・ノ・ヲ・ト 1【完全生産限定版...

ソ・ラ・ノ・ヲ・ト 第7話『蝉時雨・精霊流シ』

いきなりヘビーな内容になったソ・ラ・ノ・ヲ・ト 第7話。 リオの持ってる鈴の前・持ち主は皇女殿下!? 話の雰囲気はかなり変わったけれど、考えさせられちゃう話だったのでは。 ソ・ラ・ノ・ヲ・ト 2【完全生産限定版】 [Blu-ray]出版社/メーカー: アニプレックスメデ...

ソ・ラ・ノ・ヲ・ト 第7話「蝉時雨・精霊流シ」

世界に生きる意味。

ソ・ラ・ノ・ヲ・ト #07「蝉時雨・精霊流シ」

残りかすの世界 フィリシアの過去が・・・さすが最年ちょ(ry ではソラノヲト感想です。 ソ・ラ・ノ・ヲ・ト 1【完全生産限定版】 [Blu-ray](2010/...

ソ・ラ・ノ・ヲ・ト 第7話「蝉時雨・精霊流シ」 感想

 今回はフィリシアメインの話。これまで良い先輩というイメージだったフィリシア。一体どんな過去があるのでしょうか。で、その過去が壮絶で驚きました…。物語のバックグラウンドも見えてきて、またひとつこの作品の見所が増えた気がします。果たしてタケミカヅチとあれ...

ソ・ラ・ノ・ヲ・ト 第7話 『蝉時雨・精霊流シ』

これは演習ではない!! 若き日のフィリシアさん。いや、今が若くないっていうわけでは…(汗 いきなりハードな戦争描写から始まって...

ソ・ラ・ノ・ヲ・ト 第7話 『蝉時雨・精霊流シ』 感想

フィリシアの回想の歩行戦車と、 幽霊兵士?の回想のそれはかなり違っていて、そこから歴史を読み取ることができるかもしれません。ソ・ラ...

ソ・ラ・ノ・ヲ・ト 第7話『蝉時雨 精霊流し』感想

物凄いハイテクな兵器群なのに連絡時はラッパって、、、命がけで味方を鼓舞したかったのか??どうみてもマトにしか見えないよこの時点で世界は終わっていたのかも、、、久しぶりに観たらシリアスな回でした。フィリシアさんは実戦経験があり、それも小隊がほぼ全滅した中で

ソ・ラ・ノ・ヲ・ト 第7話「蝉時雨・精霊流シ」

フィリシア戦場経験者だったのか これまでがほのぼの展開だっただけに強烈なインパクトだったフィリシアの過去。 仲間が全員戦死とはヘビーだなあ… しっかり過去の戦争も描いてきてたのには好感。 乗っていた戦車はタケミカヅチでいいのかな。 話が一枚の織物を...

ソ・ラ・ノ・ヲ・ト 第7話 「蝉時雨・精霊流シ」

あの子達には私みたいな思いは絶対させたくないわ フィリシアさんにあんな壮絶な過去があったなんて

ソ・ラ・ノ・ヲ・ト 第7話

ソ・ラ・ノ・ヲ・ト 第7話 「蝉時雨・精霊流シ」です。 -キャスト- カナタ :金元寿子 リオ :小林ゆう クレハ :喜多村英梨 ノエ...

ソ・ラ・ノ・ヲ・ト 7話 「蝉時雨・精霊流シ」 感想

「わたしだって心配したいです!  だって…わたしフィリシアさんの事が好きなんです!」  今回はいきなりのハードな過去話の挿入に正直面...

ソ・ラ・ノ・ヲ・ト 第7話 「蝉時雨・精霊流シ」

ソ・ラ・ノ・ヲ・ト 2【完全生産限定版】 [Blu-ray](2010/04/21)金元寿子小林ゆう商品詳細を見る いつもの牧歌的な雰囲気とは一転して、シリアスな惨...

(アニメ感想) ソ・ラ・ノ・ヲ・ト 第7話 「蝉時雨・精霊流シ」

ソ・ラ・ノ・ヲ・ト 2【完全生産限定版】 [Blu-ray]クチコミを見る 蝉の声が響く夏のある日。 どこか元気のないフィリシアを、カナタたちは心配そうに見ていました。 フィリシアの脳裏に浮かぶのは、かつての戦場での光景。 戦火のなか生き残り、瓦礫の山と化した街をさ...

ソ・ラ・ノ・ヲ・ト 第7話 「蝉時雨・精霊流シ」

ようやくシリアスな話に突入。 なんだか怒涛の展開だったなあ…。 ソラヲト7話の感想です。

ソ・ラ・ノ・ヲ・ト 第7話「蝉時雨・精霊流シ」

ソ・ラ・ノ・ヲ・ト カナタ スムース抱き枕カバー 前回はカナタの初任給とその出所にまつわる話でしたが、 今回は前回と一変してシリアスな...

『ソ・ラ・ノ・ヲ・ト』 第7話 観ました

いきなりシリアスなお話描写でビックリですね。 しかもフェリシア少尉の若い頃の話らしいし・・・ でもフェリシア少尉って18歳ですよね・・・? 一体何年前のお話なんだか? それはそうと、お盆のお話です。 カナタは茄子の牛、胡瓜の馬を製作中。 フェリシア、リオの

ソ・ラ・ノ・ヲ・ト 第7話

第7話『蝉時雨・精霊流シ』ソ・ラ・ノ・ヲ・ト 1【完全生産限定版】 [Blu-ray]今回は・・・フィリシアの話です。

ソ・ラ・ノ・ヲ・ト#7「蝉時雨・精霊流シ」感想

ただ一人生き残っても、滅び行く世界に生きる意味はあるのかい?見つけたい、その意味を。「蝉時雨・精霊流シ」あらすじは公式からです。蝉の声が響く夏のある日。どこか元気のないフィリシアを、カナタたちは心配そうに見ていました。フィリシアの脳裏に浮かぶのは、かつ...

ソ・ラ・ノ・ヲ・ト 第七話「蝉時雨・精霊流シ」

脚本:吉野弘幸 絵コンテ:松尾 慎 演出:松尾 慎 作画監督:河合拓也激しい戦闘に緊張する若かりし頃のフィリシア・ハイデマンは、戦いの中で登場していた戦車が砲撃を受けて大破、通信兵であるアンナ少尉も命を落としてしまい、フィリシアただ一人が生き残った。フィ...

ソ・ラ・ノ・ヲ・ト 第七話「蝉時雨・精霊流シ」

Web予告と正反対なシーンで始まったので、一瞬番組間違えたかと思いました。フィリシアの過去の体験を採りあげて‘精霊流シ’の対象である死者に焦点を当てた、シリアスな重い内容のストーリー。

ソ・ラ・ノ・ヲ・ト 第7話「蝉時雨・精霊流シ」

シリアス来たー?(゚д゚) 急に雰囲気変わりすぎですw 季節は夏。お盆の“フィーエスタ・デュ・ルミエール”の日。 死んだ人が帰ってくる...

ソ・ラ・ノ・ヲ・ト 第07話 「蝉時雨・精霊流シ」

ソラノヲト 第7話感想です。 戦争の記憶

左サイドMenu

カウンター

祝2,000,000Hit達成♪ とうとう大台突破。これも皆様のおかげでございます(o ̄∀ ̄)ノ

カレンダー(月別)

11 ≪│2019/12│≫ 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

ガンダムシリーズ

◆新機動戦記ガンダムW◆

新機動戦記ガンダムW BD-BOX1

OVA・続編含め『新機動戦記ガンダムW』全般を応援してます♪
ガンダムW関連 まとめページ
感想、用語、企画など全ページへのリンクがあります。ご利用ください

2016/05/04 12巻分の用語一部更新しました

《用語》
用語集
ア行
カ行
サ行
タ行
ナ行
ハ行
マ行、ヤ行
ラ行、ワ行
英字行
登録キャラクター名一覧
キャラクター詳細
ア行
カ行
サ行
タ行
ナ行
ハ行
マ行、ヤ行
ラ行、ワ行、英字行

メカニック図鑑
メカニック用語詳細
年表

《企画》
年代考察
勢力図まとめ
AC暦におけるMS史(コラム)

◆Gジェネクロスレイズ◆

GCR119.jpg

まとめページ

◆ガンダムモビルスーツバイブル◆

GMB001_20190322210057cc3.jpg

まとめページ

◆機動戦士ガンダム00◆

GUNDAM OOQ
用語集などは特にありませんが、劇場版の感想は全十回というボリュームでコラム風に書かせていただきました。よろしければどうぞ。
ガンダム00関連 まとめページ

◆鉄血のオルフェンズ◆

81TuctHvlZL__CR88,0,1536,1536_
各回の感想のまとめだけ。
鉄血のオルフェンズ まとめページ

米山シヲ 応援エリア

◆梅衣堂ひよと旦那様の野望◆

1-2-2

『梅衣堂ひよと旦那様の野望』待望第1巻発売中

月刊少年ガンガンで現在連載中『梅衣堂ひよと旦那様の野望』を応援中。『ブラクロ』と同じように独自用語集も製作中!

公式特設ページ

独自用語集
第1巻

◆ブラッディ・クロス◆

ブラクロサムネ

月刊少年ガンガンで完結した『ブラッディ・クロス』をプッシュしています♪ 独自用語集あります! 

公式特設ページ

独自用語集
キャラ紹介-混血勢力-
キャラ紹介-天使勢力-
キャラ紹介-堕天使勢力-
キャラ紹介-アルカナ-
キャラ紹介-神葬-
キャラ紹介-その他-


最近の記事

最近のコメント

<>+-

最近のトラックバック

メールフォーム

管理人に何か言いたいことがあれば、ここからどうぞ♪

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード

QR

友達申請フォーム

FC2ブログランキング

FC2のブログランキングに参加中♪ 気に入っていただけたなら、一押しして下さい。

FC2ブログランキング

右サイドメニュー

義援金募集

FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして

検索フォーム

管理人から一言

お知らせ

管理人からのお知らせです。

PS4ゲーム『JUDGE EYES:死神の遺言』プレイ中。

『ガンダムW FT』コンテンツは不定期更新です。現在は11巻分までの感想と用語の更新を完了しました。

『ブラッディクロス』全12巻発売中! 用語集更新は全て無事終了致しました。

文庫・単行本(キャラクターノベル含む、ライトノベル含まず)の著者名別リストに移行しました。さすがに増え過ぎた(笑


今期の週間感想予定
日曜日:-
月曜日:-
火曜日:-
水曜日:-
木曜日:-
金曜日:-
土曜日:-
不定期:ピックアップ感想、ゲーム感想、模型関連など


場合によっては急遽順序等の変更もありますが、ご理解いただけますようよろしくお願いします。

管理人プロフィール

月詠

Author:月詠
埼玉県某所在住の34歳社会人。性別♂。名前は「つくよみ」と読む。

世知辛い世の中で嬉しいことも泣きたいこともサブカルチャーたちに救われています
詳細な自己紹介はこちら(2019版)。それ以前のものはこちら

コメント・TB、相互リンク受付中。下記の運営方針に詳細を記載しております。無条件に大歓迎と言うわけではありませんが、大部分の方は歓迎出来るかと思いますw

以下、ショートカット。
◇閲覧上の注意や規約など
Blogの運営方針・利用規約
他のBlog様と大差ない運営・利用規約ですが、初閲覧の方は簡単でも良いので読んで頂けるとありがたいです。閲覧、コメント等される方は利用規約を了承していると判断させていただきますので、「知りませんでした」は通用致しません。


◇アニメについて
アニメの評価について
歴代アニメ評価一覧
アニメアウォーズ! 受賞一覧


◇ゲームについて
ゲームの評価について
歴代ゲーム評価一覧


◇ブックス(本)について
小説の評価について
ブックレビュー一覧
   あ行の著者
   か行の著者
   さ行の著者
   た行の著者
   な行の著者
   は行の著者
   ま行の著者
   や行の著者
   ら行の著者
   わ行の著者
   複数の著者・その他
 文庫・単行本(キャラノベ含む、ラノベ含まず)は上気の著者名別になっています。

◇プラモデルについて
完成品一覧(グレード別)
完成品一覧(シリーズ別)
完成品一覧(トイ、フィギュア等)

◇その他リスト一覧はこちら
テレビ&シネマ
CD&DVD&BD
TYPE-MOON関連

ツリー式カテゴリー

openclose

アニプレッション!!

アニプレッション!!
アニプレッション!!とは

アニプレッション!!は、アニメブロガー達の合同ブログです。アニメについての問題意識・感想・考察・批評等の諸言説を発表し、アニメを語る事の面白さを伝える事が目標です。自分も末席に加えさせていただいております。
現在活動停止です

以下、アニプレッション!!メンバーのBlogです。

相互リンク(更新停止)

残念ながら一年以上の更新がない相互リンク先の方々です。サイト消滅の場合は消させていただきます。いずれまた復活し、交流が持てることを期待しています……