FC2ブログ

刹那的虹色世界

アニメ・ゲームのあらすじを主体とした感想や批評のブログ。時折、日記・声優・コミック・スポーツなど幅広くレビューしています。リンクフリー、相互リンク大歓迎♪

Entries

涼宮ハルヒの憂鬱(新アニメーション) 総評

涼宮ハルヒの憂鬱(新アニメーション) 総評

ごく普通の平凡な高校生になったキョン。しかし、新生活の幕開けで自分の後ろの席に座ったのは、常軌を逸した女生徒だった。

「この中に未来人、宇宙人、超能力者がいたら私のところまで来なさい。以上」

真面目な顔をしてそんなことを口にした彼女。いるはずもないSFオカルト的な存在なのに、気がつけば彼女とキョンの周りには、本当に未来から来たタイムスリップ少女、宇宙人の造りしインターフェース、特定条件限定超能力者美少年が集まっていた!?



そんな涼宮ハルヒの憂鬱(新アニメーション)の私の評価ですが...

B

です。(SS、S、A~Dの評価)


では、詳細は続きをどうぞ。


※あくまで評価は、私的主観によるものですのでご了承下さい。

涼宮ハルヒの憂鬱(新アニメーション)
放映日:2009年04月~2009年09月(全26話) 
私が視聴した放映局:テレビ埼玉、東京MXテレビ

総評
※評価についてはこちらからどうぞ→評価について。


シナリオ構成 評価:D
エンドレスエイトのデメリットはあまりに大き過ぎる。デジタルリマスター版の再放送にプラスされた放映方法は、正直自分の中でも賛否両論なのだけれど(素直に本作を知らない初見の方に対しての効果や次回への期待を持たせるやり方としてはアリなのだという評価)。

あれを果たしてあれだけ長期間、放映する必要性があったのかどうかと問われると客観的に観れば疑わしいだろう。実数値を知らないが、噂ではやはりDVDの売れ行きはイマイチというのも聞く(もちろん、噂に過ぎないが、そういった噂が出ること自体がこの方法への疑問提起だと思う)。時間は無限ではないのだから、もしあれだけ放映するだけの時間があったのなら、もっと作品自体をに詰められたのではないかと思えてしまう。

あとは、大部分の既読ファンが期待していたであろう「消失」を映画に持って行ったということが減点対象。
結局、「一番見たいものは、
時間作ってお金払ってでも
観れる奴だけが観ろ」ってことでしょ、要は。

もちろん、アニメ制作もタダではないし、ボランティア活動でもないのだからスタッフが十分養えるだけの成果(売上)を得ないといけないのも理解出来る。

「消失」という単行本一冊分の長編にそれだけの興行収入が期待できるだけの魅力があるのも認めるが、あんまりなやり方。それなら第二期なんて放映しないで最初から映画に没頭してほしかったし、穿った見方かもしれないけど視聴者を舐めてるようにしか見えない。

そんなわけでこの評価。


演出 評価:S
一つ一つの演出は、さすがにレベルが高い。


作画 評価:S
Kanonからやや兆候は見られ、CLANNAD、らき☆すた、けいおんと経たためかやや全体的に作画が丸っこくなった印象こそ受けるが、高レベルな質を維持していたあたりは京アニクオリティと言われたブランド性を確かに生きている。


CAST 評価:B
変わらないCAST陣。そもそも、新キャラがこれといってほとんど出てこないのだからいた仕方ないのあかもしれないが……。


OP/ED/BGM 評価:A
なんだかんだ言っても、やっぱりそこは楽曲面でも力を入れているのだと感じた。再放送が半分以上を占める展開だったため、新旧OPが混合する複雑な展開だったのは、やや残念な側面か。


総合 評価:B
結局のところ、シナリオ構成とプロット構築で失敗してしまった感は否めない。それでもこの評価なのは、ほかの部分でのスタッフの方々の努力があればこそ。

延々と続いたエンドレスエイトを諸手を挙げて喜んだ人は、もちろん十人十色の感想がある世界だから少なからずいるだろうけれど、放映中はどうだったか? 放映後も、「もし、あの尺があれば、もっと別のエピソードを」と思った方も少なくなかったのではないだろうか?

このプロットを見る限り、最初から「消失」映画化は既定路線だったのは目に見えている(と思う)。思えば、新アニメーションと銘打たれてから実際の放映開始の間にも、きっと製作サイドでもいろいろひと悶着あっただろうことは容易に想像がつく。

シナリオ評価の際にあげたように、実際に働いて製作して下さっているスタッフの方々の生活が成り立たないといけない。そのための興行収入が見込める作品・タイトルによる映画化なのかもしれないし、もっと別の意図があるのかもしれない。

けれど、それが前面に出過ぎて視聴者をお座成りにしてしまっては本末転倒ではないかと思ってしまう。映画館に足を運ぶにしろ、DVDを購入するにしろ、グッズに手を伸ばすにしろ、お金を出すのは視聴者なのから。現場の苦労もあるのだろうが、それを前面に押し出し過ぎるのはややどうかと思う。

正直、新アニメーションの放映で『京都アニメーション』というブランド(厳密にいえば、京アニの作る「涼宮ハルヒの憂鬱」というブランド)に対して期待感を薄れさせた視聴者は私を始め少なからずいるだろう。京アニの作る作品のファンだからこそ、一躍その社名を広めるきっかけになった一期とは裏腹に、二期はせっかく構築したブランドが多少崩れてしまったのが個人的に物凄く残念である、と敢えて苦言を呈したい。





おまけ
ベストキャラTOP3
1位 シャミセン

いやいや、あの可愛さと低音ボイスは反則だろwww


2位 長門有希
やっぱり万能インターフェイスは強い、もちろん色んな意味で。あれだけセリフが少ないのに、ブログの感想レビューで盛り上がるキャラも本当に久々に観た。


3位 古泉一樹
結局のところ、なんだかんだで彼がいる意味はやっぱり大きい。それはシリアス面でも、ギャグ面でも。

Comment

NoTitle 

マクロス、なのは、fate、ハルヒ、ガンダム・・・何この映画化ブームw
  • posted by LeafAD 
  • URL 
  • 2009.10/12 03:02分 
  • [Edit]
  • [Res]

自分は総合Dですかね 

局が最終回の放映時間だけ予告なしで変えやがったので(笑)
∞8は最初と最後だけ残して消してましたが、ラストが撮れなかったのでいっそ全部消しました。

こんな事ならまだけいおんの方を録画しておくべきだった、新作の噂に騙された、こうして期待を裏切られたファンが何万人居るのだろうか。

映画?
もちろん見に行きませんよ(^q^)
京アニブランド?
二度と信頼しませんよ(゜Д゜)
  • posted by ユT・Lキ 
  • URL 
  • 2009.10/12 10:04分 
  • [Edit]
  • [Res]

>LeafADさん 

> マクロス、なのは、fate、ハルヒ、ガンダム・・・何この映画化ブームw
実際に、映画の方が儲かるんじゃないでしょうか?

元々人気のある作品ならば配給会社へのアピールもしやすいし、スポンサーも着きやすい。映画なので、無料で見ることは不可能で、安くても一人1000~2000円前後は支払い、なおかつ人によっては映画館限定グッズなどを出せばドンドン買ってくれる。

TV放映だと、有料放送ではないケースがほとんどなのでアニメ製作はスポンサー支援とDVD・グッズ売上が主要収入源となりますが、このご時世DVDなんて売れてもたかが知れているし、グッズ化されるほどの人気が出るケースは極めて稀(だからファン層の多いだろうラノベ原作のアニメ化が最近主流な気がします。文章のみのラノベなので、コミック原作よりもメディア媒体の違いが大きく魅せられ、よほど変なものを作らない限りは少なくとも原作ファンは観てくれるし、DVDを購入してくれる確率もあがる)。

さらにインターネットの高速化の普及で、無断で投稿動画サイトにアップしている被害も大きいでしょうし。

そろそろアニメーションという分野も転換期を迎えているのかもしれません。スタッフも生活かかってるわけだし、何かTV放映でも打開策を見つけるか、あるいは確実にお金が取れる映画を主流にでもしないとやっていけないってことでしょう。
  • posted by 月詠 
  • URL 
  • 2009.10/12 11:37分 
  • [Edit]
  • [Res]

>ユT・Lキさん 

> 局が最終回の放映時間だけ予告なしで変えやがったので(笑)
グハッ、ひでぇorz

> こんな事ならまだけいおんの方を録画しておくべきだった、新作の噂に騙された~
少なくとも私はその一人ですねwww 確かにけいおんを録画しておくべきだったとは常々思いました。ええ。新作はまぁ……出来そのものはそこそこなので。

> 映画?
とりあえず、京アニとして取った戦略は確実にマイナスだったことは否定できないでしょうね。映画化するにしても、もっと新エピソードを作って入れるべきだった。消失でなかったとしてもね。
それを「新アニメーション」と期待を煽るだけ煽っておきながら、結局半分以上が一期のもののDVDリマスター版でお茶を濁しているんだから。

自分は観に行くかどうか半々です。だって観ないことには評価も批判も出来ないから。ただ、おそらく京アニが本来目論んで計算しているであろう動員数と興行収入は確実に、二期のせいで落ちるのは確実かと。
まぁ、DVDの売上が最初に京アニに対して、現実とはどんなものかというのを突きつけると思いますよ。
  • posted by 月詠 
  • URL 
  • 2009.10/12 11:42分 
  • [Edit]
  • [Res]

NoTitle 

ガンダム好きです。v-15
  • posted by えびふらい 
  • URL 
  • 2009.10/27 09:29分 
  • [Edit]
  • [Res]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドMenu

カウンター

祝2,000,000Hit達成♪ とうとう大台突破。これも皆様のおかげでございます(o ̄∀ ̄)ノ

カレンダー(月別)

02 ≪│2021/03│≫ 04
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

ガンダムシリーズ

◆新機動戦記ガンダムW◆

新機動戦記ガンダムW BD-BOX1

OVA・続編含め『新機動戦記ガンダムW』全般を応援してます♪
ガンダムW関連 まとめページ
感想、用語、企画など全ページへのリンクがあります。ご利用ください

2016/05/04 12巻分の用語一部更新しました

《用語》
用語集
ア行
カ行
サ行
タ行
ナ行
ハ行
マ行、ヤ行
ラ行、ワ行
英字行
登録キャラクター名一覧
キャラクター詳細
ア行
カ行
サ行
タ行
ナ行
ハ行
マ行、ヤ行
ラ行、ワ行、英字行

メカニック図鑑
メカニック用語詳細
年表

《企画》
年代考察
勢力図まとめ
AC暦におけるMS史(コラム)

◆Gジェネクロスレイズ◆

GCR119.jpg

まとめページ

◆ガンダムモビルスーツバイブル◆

GMB001_20190322210057cc3.jpg

まとめページ

◆機動戦士ガンダム00◆

GUNDAM OOQ
用語集などは特にありませんが、劇場版の感想は全十回というボリュームでコラム風に書かせていただきました。よろしければどうぞ。
ガンダム00関連 まとめページ

◆鉄血のオルフェンズ◆

81TuctHvlZL__CR88,0,1536,1536_
各回の感想のまとめだけ。
鉄血のオルフェンズ まとめページ

米山シヲ 応援エリア

◆梅衣堂ひよと旦那様の野望◆

1-2-2

『梅衣堂ひよと旦那様の野望』待望第1巻発売中

月刊少年ガンガンで現在連載中『梅衣堂ひよと旦那様の野望』を応援中。『ブラクロ』と同じように独自用語集も製作中!

公式特設ページ

独自用語集
第1巻

◆ブラッディ・クロス◆

ブラクロサムネ

月刊少年ガンガンで完結した『ブラッディ・クロス』をプッシュしています♪ 独自用語集あります! 

公式特設ページ

独自用語集
キャラ紹介-混血勢力-
キャラ紹介-天使勢力-
キャラ紹介-堕天使勢力-
キャラ紹介-アルカナ-
キャラ紹介-神葬-
キャラ紹介-その他-


最近の記事

最近のコメント

<>+-

最近のトラックバック

メールフォーム

管理人に何か言いたいことがあれば、ここからどうぞ♪

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード

QR

友達申請フォーム

FC2ブログランキング

FC2のブログランキングに参加中♪ 気に入っていただけたなら、一押しして下さい。

FC2ブログランキング

右サイドメニュー

義援金募集

FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして

検索フォーム

管理人から一言

お知らせ

管理人からのお知らせです。

PS4ゲーム『JUDGE EYES:死神の遺言』プレイ中。

『ガンダムW FT』コンテンツは不定期更新です。現在は11巻分までの感想と用語の更新を完了しました。

『ブラッディクロス』全12巻発売中! 用語集更新は全て無事終了致しました。

文庫・単行本(キャラクターノベル含む、ライトノベル含まず)の著者名別リストに移行しました。さすがに増え過ぎた(笑


今期の週間感想予定
日曜日:-
月曜日:-
火曜日:-
水曜日:-
木曜日:-
金曜日:-
土曜日:-
不定期:ピックアップ感想、ゲーム感想、模型関連など


場合によっては急遽順序等の変更もありますが、ご理解いただけますようよろしくお願いします。

管理人プロフィール

月詠

Author:月詠
埼玉県某所在住の34歳社会人。性別♂。名前は「つくよみ」と読む。

世知辛い世の中で嬉しいことも泣きたいこともサブカルチャーたちに救われています
詳細な自己紹介はこちら(2019版)。それ以前のものはこちら

コメント・TB、相互リンク受付中。下記の運営方針に詳細を記載しております。無条件に大歓迎と言うわけではありませんが、大部分の方は歓迎出来るかと思いますw

以下、ショートカット。
◇閲覧上の注意や規約など
Blogの運営方針・利用規約
他のBlog様と大差ない運営・利用規約ですが、初閲覧の方は簡単でも良いので読んで頂けるとありがたいです。閲覧、コメント等される方は利用規約を了承していると判断させていただきますので、「知りませんでした」は通用致しません。


◇アニメについて
アニメの評価について
歴代アニメ評価一覧
アニメアウォーズ! 受賞一覧


◇ゲームについて
ゲームの評価について
歴代ゲーム評価一覧


◇ブックス(本)について
小説の評価について
ブックレビュー一覧
   あ行の著者
   か行の著者
   さ行の著者
   た行の著者
   な行の著者
   は行の著者
   ま行の著者
   や行の著者
   ら行の著者
   わ行の著者
   複数の著者・その他
 文庫・単行本(キャラノベ含む、ラノベ含まず)は上気の著者名別になっています。

◇プラモデルについて
完成品一覧(グレード別)
完成品一覧(シリーズ別)
完成品一覧(トイ、フィギュア等)

◇その他リスト一覧はこちら
テレビ&シネマ
CD&DVD&BD
TYPE-MOON関連

ツリー式カテゴリー

openclose

アニプレッション!!

アニプレッション!!
アニプレッション!!とは

アニプレッション!!は、アニメブロガー達の合同ブログです。アニメについての問題意識・感想・考察・批評等の諸言説を発表し、アニメを語る事の面白さを伝える事が目標です。自分も末席に加えさせていただいております。
現在活動停止です

以下、アニプレッション!!メンバーのBlogです。

相互リンク(更新停止)

残念ながら一年以上の更新がない相互リンク先の方々です。サイト消滅の場合は消させていただきます。いずれまた復活し、交流が持てることを期待しています……