FC2ブログ

刹那的虹色世界

アニメ・ゲームのあらすじを主体とした感想や批評のブログ。時折、日記・声優・コミック・スポーツなど幅広くレビューしています。リンクフリー、相互リンク大歓迎♪

Entries

機動戦士ガンダムOO 2nd season 第15話

機動戦士ガンダムOO 2nd season 第15話
『反抗の凱歌』


総力戦を挑むA-LOWSを前に完全に追い込まれるトレミー。頼みのダブルオーライザーと刹那は、刹那の負傷によって中東のカタロン基地で治療を受けていた。

しかし、世界を変える声が上がる。

A-LOWSでさえ不可侵と言われていた軌道エレベーターを占拠した一部の地球連邦将校たち。そして、トレミーの危機を知って治療半ば立ち上がった刹那の前に立ちはだかったのは、TRANS-AMに似た輝きを放つミスターブシドーが駆るマスラオだった。



<あらすじ>
思わぬ歌によってアルケ―ガンダムとアリーにトドメを刺せなかった刹那。負傷した彼は、その足で中東カタロン基地へと赴く。トレミーの行方を知る情報と自らの手当、何より聞こえてきた歌の真相を知るため、再びカタロン基地へ降り立った刹那だったが思わぬ深手に意識を失ってしまう。

一方、ダブルオーライザーと刹那を欠いたまま総力戦を挑むA-LOWSの包囲網を突破しなければならないトレミー。完全に筒抜けとなったトレミーの位置情報を手に、マネキンはトレミーに包囲網を敷く。スメラギも、ケルディムに超長距離狙撃をさせることで先手を打つも、圧倒的な物量を前に危機に追い込まれる。


夢を見た。


傷を負った刹那が見た夢は、かつての自分が肉親を殺す夢。それを変えるため、過去の自分から銃を取り上げたが、気がつけば過去は同じ結末をたどった。
過去を変えることはできないと夢の中で、今は亡きニール=ディランディに語られる刹那。それでもニールは、刹那に今のおまえは変われと諭される。


完全に追い込まれたトレミー。GNフィールドをも突破する特殊なネットによって動きを封じられたアリオスとセラヴィー。TRANS-AM使用直後で粒子量が激減しているケルディム。火器管制が使用できず、潜水モードも取れないトレミー。完全にチェックメイトかと思われたが、A-LOWS部隊はなぜか撤退する。

そして、全世界に流された情報。

それは、一部の地球連邦軍将校たちによる軌道エレベーター占拠と言うクーデターの一報だった。


クーデターの情報を知った刹那は、トレミーがその場に向かうと信じて現地へ赴く。そこに待っていたのは、マスラオを駆るミスターブシドー。ブシドーは、躊躇うことなくマスラオに搭載された粒子解放システムを起動させる。

それは、まるでオリジナルの太陽炉だけが持つTRANS-AMのような輝きだった―――。


感想・考察はOPENからどうぞ。

<感想・考察>
生身の人間だろうが、ロボットだろうが基本的にバトルメインの作品において、主人公と対するライバルには同等の能力を求められるのが、常なのはいた仕方ないことでしょう。主人公が圧倒的に強ければ、それはライバル関係が成り立たないし、かといってライバルが強すぎても最終的に主人公が何らかの手段で“勝たなければ”それはそれで物語として成立がし辛い。

その一方で、フィクションの作品において主人公に対して特殊な能力付けがされることも多い。それは主人公の必然性や、作品内における特殊性・優位性を際立たせることを中心に様々な理由が点在することでしょう。

そういった意味で、今考えてみれば、太陽炉と疑似太陽炉の関係は絶妙と言えた。前者の理屈からすれば、大枠でいえば同一の太陽炉で出力上は同等なのだから、あとはパイロットの技量差に委ねられる。また、後者の理屈でいっても現在オリジナルと呼称されるTDブランケット装着型太陽炉は、TDブランケットと言う存在によって無限の粒子生成とTRANS-AMと言う特殊性が与えられ、主人公たちが扱うMSの希少さ、若干ながらの優位性を持たせることが出来た。


では、今回のマスラオの擬似TRANS-AMはどうなのだろうか?


結論から言えば、私は失望しました。
この展開は前回、最も可能性の高い展開として予想しましたが、実際にそのように放映されるとやはり失望してしまいます。

理由は幾つかありますが、上記の理屈と照らし合わせて言わせてもらえば、敵がTRANS-AMを使えることによってガンダムの優位性がまた一つ消えたからです。TRNAS-AMの存在は、今や周知の事実とは言え、現状においてCB側が持てる数少ない優位点の一つ。物量で負けていることは言うまでもなく、疑似太陽炉が出力上はオリジナルの太陽炉と差がないことを考えればGN粒子と言う特殊性に関してもほぼ優位性は皆無に近い。さらに、イノベーターがヴェーダから流用した技術によって不可能と思われていたGNフィールドの単体展開も現状では可能になっている。

つまるところ、TRANS-AMだけがかろうじてオリジナルの太陽炉を積むガンダムが脅威とされる理由の一つだったのに、それが霧散したわけです。
マスラオが一機のみのワンオフ機で特殊なだけだと言う方もいらっしゃるかもしれませんが、技術大尉であるビリーが開発した以上、他の機体への転用だって可能。特に雛型さえ完成しているのであれば、あとはヴェーダのバックアップを受けてイノベーター側がそうオリジナルと差のないTRANS-AMへと仕上げるでしょう。

若干、イノベーターの技術力を高く評価しての推測ではありますが、そう大きくズレはないと思います。最終決戦では、両軍ともにTRANS-AMの嵐になりそうな予感です。U.C.ではファンネルが設定上衰退したのは、最終的にMS同士の戦いがファンネルの打ち合いで終わってしまう、と言う裏話も聞いたことがあります。同じようなことがTRANS-AMで起きそうです。

私は、ブシドーとビリーには彼らなりの“答え”でガンダムと対峙してほしかった。一期では、最後までフラッグに拘ったあのお方とビリー。疑似太陽炉を使うと言う点においては、他のGN-Xと差はありませんが、そのプライドは観ている側からしても清々しかった。

でも、二期になって工夫もなく敵軍と同じ設定装備。本音を言えば、彼らにはTRANS-AMと言うMS強化システムに対して、別のアプローチを行って欲しかったわけです。例えば、ミスターブシドーはビリーに最速と最強の剣を要求した。最速と言う部分には、フラッグのような変形機構を追求し、剣の面に関しては接触したGN粒子を霧散させる―――無限の粒子を生み出すOOに対抗して、生み出した粒子を拡散する剣を手にする、とか。

ミスターブシドーのプライドはそんな敵軍の真似ごとに染められただけでいいのか? 

ビリーのクジョウへの復讐心は、エイフマン教授の置き土産とはいえ相手と事実上同じシステムを積むだけでいいのか?


この二人の誇り、プライド、想いと言ったものはそんなものではないと思っていただけに残念です。


※ただし、これは現状での考察です。
個人的に言わせてもらえば、OOの設定スタッフや監督ならこの程度気づいていると思うので、マスラオ側のTRANS-AMには、本家TRANS-AMの限界稼働時間(つまりタイムリミット)以外に何かしらのマイナス要素があるように信じています。
と言うか、そうでないと本当にTRANS-AMの存在意義が一気に小さくなる……。




新ED。
曲は覚えてません(マテ それくらい、半壊のガンダムたちのED映像が個人的にツボ。SEEDでもEDでは半壊ガンダムが中心でしたが、ああいった暗闇の中、背景として描くのではなくしっかりとメインで描いてくれるのが素敵です。個人的にはアリオスがツボ(ぉ


次回『悲劇への序章』。



<TB先 参照リンク(URLアルファベット順)>
赤字はTBが現在弾かれてしまっているBlog様です。また、この記事のTBは、アメブロはことごとく弾かれておりますので、TB返しが出来ない可能性がありますがご容赦下さい。
・http://12091015.blog70.fc2.com/blog-entry-454.html
・http://aaillnv.blog16.fc2.com/blog-entry-1146.html
・http://ameblo.jp/azeaniblog/entry-10194121304.html
・http://ameblo.jp/khirose1944/entry-10194369176.html
・http://iitokodrip.blog118.fc2.com/blog-entry-339.html
・http://kouyanoblog.blog61.fc2.com/blog-entry-1749.html
・http://lessiy.jugem.jp/?eid=1634
・http://seraraku2.blog59.fc2.com/blog-entry-3044.html
・http://wjham.blog95.fc2.com/blog-entry-746.html

TBありがとうございました。御サイトに残念ながら接続することが出来ず、TB返しが出来ませんでした。申し訳ありません。

もしよろしければ、拍手ボタンをポチッと押して下さいm(_ _)m 管理人のモチベーションが上がります(ぉ

Comment

 

こんばんは

>失望した
私個人としては、あの場面でのA―LAWSの撤退に失望したほうです。クーデター派が破壊目的なら占拠する必要はないので当面交渉が主になるはずです。むしろ交渉を主とし行っている間にCBを滅ぼすのが妥当に感じます。
もっとも軌道エレベーターが破壊される事もイノベーターの予定なら言う事はなくなりますがね。

>00
あくまで妄想としてですが、ターンエーの月光蝶システムのような(目的や用途は別にして)立ち位置になるようなことをイオリアは望んでいるのではないかと思ったりします。
  • posted by りぐ 
  • URL 
  • 2009.01/20 23:03分 
  • [Edit]
  • [Res]

Re: タイトルなし 

>あの場面でのA―LAWSの撤退に失望
そうですね。あと一歩で断ち切れる因縁を前に、わざわざ撤退するわけですから。だからこそ、来週このクーデターをどう描くかにかかっているのだと思います。クーデターが起きて、なぜ手負いのCBを見逃してまで早急に撤退する必要があったのか。そこを描けれるか描けないか。

>ターンエーの月光蝶システムのような~
可能性としてはあるやもしれません。そういった特殊なシステムになってしまってますしね。

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

Trackback

トラックバック URL
»»この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

アレルヤに見せ場を 幸福の反動00第15話

 新OP、賛否両論ですが自分は「賛」です。歌もアニメもそうそう悪くないと思うんですがね。あと、こういう話になると必ず出てくるのがギ...

ガンダム00 セカンドシーズン 第15話 

第15話「反抗の凱歌」 トランザム!?

機動戦士ガンダムOO セカンドシーズン #15「反抗への凱歌」

 戦いは混迷を深め、そしてまた連邦政府内部でも揺れていた。  1/100 ダブルオーライザー ~ガンダム00(ダブルオー)シリーズ~(2008/12/13)不明商品...

機動戦士ガンダムOOセカンドシーズン第15話「反抗の凱歌」

 メメントモリを破壊したプトレマイオス2。しかし報復を企むリボンズは、新型モビルアーマーエンプレスを含むガデッサとガラッゾが奇襲攻撃を掛けた。全精力を使い果たし余力の無い状況で、スメラギは煙幕で目くらましをして大気圏を抜け何とかヨーロッパの山岳地帯に不...

来週の放送いきなりは、久々の益荒男搭乗のブシドー祭り開催ですね(≧▽≦) ガンダムOO 2nd 第15話『反抗の凱歌』

 せっかくアリー退場で藤原さんの3月までのスケジュールに少し余裕が出来るかと思ってたら、マリナ&黒田さんのおかげで、当面は藤原さんの...

機動戦士ガンダムOO 2nd season 第15話 『反抗の凱歌』

刹那は歌に導かれるようにマリナの元へ。 傷ついたプトレマイオスにアロウズは全力を傾ける。 クーデター派はこれを利用して作戦を開始する...

機動戦士ガンダム00 2nd season 第15話 感想

 機動戦士ガンダム00 2nd season   第15話 『反抗の凱歌』 感想  あの歌は結局どうなるんでしょうかね?  -キャスト-  刹那...

機動戦士ガンダム00 2nd15話「反抗の凱歌」感想

連邦、分裂!? ついにクーデターきました。 1/100 ダブルオーライザー ~ガンダム00(ダブルオー)シリーズ~ ¥3,669 Amazon.co.jp <一応まとめ> ・マリナたちの「歌」を聞いて、驚愕するみなさん。 ・ブリングの死に動揺するイノベイター。 ・カタロ

機動戦士ガンダムOO 2nd season 第15話「反抗の凱歌」

姫に妨害電波を飛ばされてアリーにとどめを刺しそこねて負傷してしまった刹那。 カタロンの基地で治療してもらうんだけど早くトレミーと...

左サイドMenu

カウンター

祝2,000,000Hit達成♪ とうとう大台突破。これも皆様のおかげでございます(o ̄∀ ̄)ノ

カレンダー(月別)

10 ≪│2019/11│≫ 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

ガンダムシリーズ

◆新機動戦記ガンダムW◆

新機動戦記ガンダムW BD-BOX1

OVA・続編含め『新機動戦記ガンダムW』全般を応援してます♪
ガンダムW関連 まとめページ
感想、用語、企画など全ページへのリンクがあります。ご利用ください

2016/05/04 12巻分の用語一部更新しました

《用語》
用語集
ア行
カ行
サ行
タ行
ナ行
ハ行
マ行、ヤ行
ラ行、ワ行
英字行
登録キャラクター名一覧
キャラクター詳細
ア行
カ行
サ行
タ行
ナ行
ハ行
マ行、ヤ行
ラ行、ワ行、英字行

メカニック図鑑
メカニック用語詳細
年表

《企画》
年代考察
勢力図まとめ
AC暦におけるMS史(コラム)

◆ガンダムモビルスーツバイブル◆

GMB001_20190322210057cc3.jpg

まとめページ

◆機動戦士ガンダム00◆

GUNDAM OOQ
用語集などは特にありませんが、劇場版の感想は全十回というボリュームでコラム風に書かせていただきました。よろしければどうぞ。
ガンダム00関連 まとめページ

◆鉄血のオルフェンズ◆

81TuctHvlZL__CR88,0,1536,1536_
各回の感想のまとめだけ。
鉄血のオルフェンズ まとめページ

米山シヲ 応援エリア

◆梅衣堂ひよと旦那様の野望◆

1-2-2

『梅衣堂ひよと旦那様の野望』待望第1巻発売中

月刊少年ガンガンで現在連載中『梅衣堂ひよと旦那様の野望』を応援中。『ブラクロ』と同じように独自用語集も製作中!

公式特設ページ

独自用語集
第1巻

◆ブラッディ・クロス◆

ブラクロサムネ

月刊少年ガンガンで完結した『ブラッディ・クロス』をプッシュしています♪ 独自用語集あります! 

公式特設ページ

独自用語集
キャラ紹介-混血勢力-
キャラ紹介-天使勢力-
キャラ紹介-堕天使勢力-
キャラ紹介-アルカナ-
キャラ紹介-神葬-
キャラ紹介-その他-


最近の記事

最近のコメント

<>+-

最近のトラックバック

メールフォーム

管理人に何か言いたいことがあれば、ここからどうぞ♪

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード

QR

友達申請フォーム

FC2ブログランキング

FC2のブログランキングに参加中♪ 気に入っていただけたなら、一押しして下さい。

FC2ブログランキング

右サイドメニュー

義援金募集

FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして

検索フォーム

管理人から一言

お知らせ

管理人からのお知らせです。

PS4ゲーム『JUDGE EYES:死神の遺言』プレイ中。

『ガンダムW FT』コンテンツは不定期更新です。現在は11巻分までの感想と用語の更新を完了しました。

『ブラッディクロス』全12巻発売中! 用語集更新は全て無事終了致しました。

文庫・単行本(キャラクターノベル含む、ライトノベル含まず)の著者名別リストに移行しました。さすがに増え過ぎた(笑


今期の週間感想予定
日曜日:-
月曜日:-
火曜日:-
水曜日:-
木曜日:-
金曜日:-
土曜日:-
不定期:ピックアップ感想、ゲーム感想、模型関連など


場合によっては急遽順序等の変更もありますが、ご理解いただけますようよろしくお願いします。

管理人プロフィール

月詠

Author:月詠
埼玉県某所在住の34歳社会人。性別♂。名前は「つくよみ」と読む。

世知辛い世の中で嬉しいことも泣きたいこともサブカルチャーたちに救われています
詳細な自己紹介はこちら(2019版)。それ以前のものはこちら

コメント・TB、相互リンク受付中。下記の運営方針に詳細を記載しております。無条件に大歓迎と言うわけではありませんが、大部分の方は歓迎出来るかと思いますw

以下、ショートカット。
◇閲覧上の注意や規約など
Blogの運営方針・利用規約
他のBlog様と大差ない運営・利用規約ですが、初閲覧の方は簡単でも良いので読んで頂けるとありがたいです。閲覧、コメント等される方は利用規約を了承していると判断させていただきますので、「知りませんでした」は通用致しません。


◇アニメについて
アニメの評価について
歴代アニメ評価一覧
アニメアウォーズ! 受賞一覧


◇ゲームについて
ゲームの評価について
歴代ゲーム評価一覧


◇ブックス(本)について
小説の評価について
ブックレビュー一覧
   あ行の著者
   か行の著者
   さ行の著者
   た行の著者
   な行の著者
   は行の著者
   ま行の著者
   や行の著者
   ら行の著者
   わ行の著者
   複数の著者・その他
 文庫・単行本(キャラノベ含む、ラノベ含まず)は上気の著者名別になっています。

◇プラモデルについて
完成品一覧(グレード別)
完成品一覧(シリーズ別)
完成品一覧(トイ、フィギュア等)

◇その他リスト一覧はこちら
テレビ&シネマ
CD&DVD&BD
TYPE-MOON関連

ツリー式カテゴリー

openclose

アニプレッション!!

アニプレッション!!
アニプレッション!!とは

アニプレッション!!は、アニメブロガー達の合同ブログです。アニメについての問題意識・感想・考察・批評等の諸言説を発表し、アニメを語る事の面白さを伝える事が目標です。自分も末席に加えさせていただいております。
現在活動停止です

以下、アニプレッション!!メンバーのBlogです。

相互リンク(更新停止)

残念ながら一年以上の更新がない相互リンク先の方々です。サイト消滅の場合は消させていただきます。いずれまた復活し、交流が持てることを期待しています……