FC2ブログ

刹那的虹色世界

アニメ・ゲームのあらすじを主体とした感想や批評のブログ。時折、日記・声優・コミック・スポーツなど幅広くレビューしています。リンクフリー、相互リンク大歓迎♪

Entries

地獄少女 三鼎 第11話

地獄少女 三鼎 第11話
『滲んだ頁』


大人気とまではいかないが、少しずつ注目されてきた「摩天楼の影」と言う小説を書いたのは、市役所に勤める上坂六郎と言う青年だった。しかし、その作品になぞらえたような殺人事件が東京で起きたことで彼の小説家としての人生は潰されてしまう。

一方、時の人となりつつある六郎を取材した須美は部数優先のため編集長に根も葉もない記事に差し替えられてしまった。そのせいで事態を悪化させたことを悩む。

そして、連続殺人犯に最愛の妹を殺された由比は、殺人犯が動機に挙げた「摩天楼の影」を書いた六郎の下を訪れる。

こうして、異なる立場の三人が一堂に会した時、出た結論は地獄通信だった―――。



<あらすじ>
市役所に勤める上坂六郎は、執筆活動もしている小説家でもあった。彼の書いた小説「摩天楼の影」は大ヒット作品とまではいかないが、本年度のトップ10には入ることは確実で映画化の話も進んでいる人気作となっていた。

しかし、東京で連続して起きる殺人事件の描写が「摩天楼の影」に似ていることから素直に喜べない六郎。殺人事件がエスカレートするほどに「摩天楼の影」、そしてそれを執筆した六郎への注目度も高まってしまう。

売名行為とさえインターネットで言われることを快く思わない六郎は、ある時いち早く自分にアポイントメントをとってきたフリーライターの浅羽須美の取材を了承する。
六郎の作品にかける想いの強さと誠実さを感じた須美は責任を持って記事にすると約束したのだが―――。


後日、発売された週刊誌にはないことだけが記事にされていた。
事実を歪めた報道でも部数を取れればいいと勝手に記事を差し替えた編集長に激怒しながらも、須美はどうやって六郎に謝罪するかを考える。

一方、六郎は殺人犯である少年が逮捕され動機に小説の名を挙げられたこと、根も葉もない週刊誌の噂が周囲で流され続けていることで立場がますます苦しくなる。同僚からは、人気が右肩上がりの時はもてはやしていたくせに、苦しくなると手のひらを返したような態度さえとるものも。

そんな折、市役所を訪ねてきたのは連続殺人事件の被害者の姉・由比だった。
六郎、由比、そして謝罪にきた須美。
異なる立場の三人が集まった。職場での肩身の狭さと小説家としての将来を事実上つぶされた六郎、最愛の妹を喪い生きる意味を見失った由比、フリーライターの無力さと編集長に啖呵を切った手前今後ライターとしての活動が出来ないかもしれない須美。

三人の出した結論は、地獄少女にそれぞれの恨みの相手を流してもらうことだった。

六郎は手のひらをあっさり返すような同僚を、由比は妹を殺した犯人の少年を、須美は勝手に原稿を差し替え誤報を黙認した編集長を流した。

少しだけ世界の風通しが良くなった。

そう思った六郎だったが―――。



感想・考察はOPENからどうぞ。



<感想・考察>
上坂六郎
正直、ネタとしては洒落にならないですね、創作活動をしている方々(詳細にいえば創作活動をしていてそれを世間に公表している方々)からすれば。

特に戦闘系、ミステリー系の作品を描かれている方が見ていたら見ているだけで青ざめたり、死活問題だと思ったりしたのではないでしょうか。
劇中でも語られていたように、この手の動機付けはアニメや漫画と言ったサブカルチャーに対して強く向けられる傾向が強いです。理由は不明ですが、無理やりにも似た動機付けをする場合の多くが少年ないし比較的若い年齢層の方が多いため、そういった時に数多く触れるサブカルチャーだから、と言う部分なのでしょう。

はっきり言って、それを創作している方々、そしてファンとして利用し愛している私のような人からすればはた迷惑な話です。

今回の一件は、犯人の少年が周囲から「小説のせいにすれば刑が軽くなる」と吹き込まれているとはいえ、完全に作品内の殺人事件を模倣しているので、影響は確かにあったのは事実でしょう。

でも、それと殺人が実際に繋がるか、と言えばそれは否でしょう。もし、その作品を読んだ全員が殺人行為に繋がっているのであれば、また違うのですが、殺人と言う愚行に走ったのは犯人一人。小説を読んだ=殺人に走った、と言う方程式が成り立たない以上、そういったものをマスコミを含め報道すべきではない。

今回の犯人の少年だって、殺人に至ったまでには経緯があったはずです。何かストレスを感じていたのかもしれないし、イジメにあっていたのかもしれない。あるいは、平凡な生活に嫌気がさしたのかもしれない。
それらが複合して―――もちろん、その中に多かれ少なかれ小説の存在もあるわけですが―――殺人に至っているはずなのに、マスコミを中心に、まるで小説が殺人を引き起こしたかのような報道ばかり……。

あくまでサブカルチャーの要因なんて無数にある一因の一つではないでしょうか、マスコミ関係の方々? それとも部数がとれて、視聴率がとれれば無数にある要素のうちの一つを犯人役に仕立てて報道すればいいとでも思っているのでしょうか?
輪入道がラストで良いことを言っていました。
真実を伝えるのが報道。
犯罪の一因にサブカルチャーがあるのならそれはもちろん報道すべきです。でも、他の要素も無数にあるはずで、他の要素を排してまるで犯人探しの結論をサブカルチャーにだけ押し付ける報道はもういい加減止めてほしいものです。



あれ? 上坂六郎の項目だったのにσ(^◇^;)


話は脱線しましたが、六郎に全く非がないか、と問われればそれは否となってしまうのかな。
「討っていいのは討たれる覚悟があるヤツだけだ」
「人を呪わば、穴二つ」
etc......

六郎は自分が流した時点で気付くべきでしたね。自分が、無意識に手のひらを返す同僚を恨むのと同じように、他人や当人からすれば理由にさえならないような理由でも恨む人間はいるのだ、と。

創作活動をしている上で少なからず、不特定多数の人間が閲覧出来るのであれば出した作品に対して一定の責任はやはりあってしまうのだと思います。仮に六郎が、書きたいモノを書いたのだとしても、それが負の部分を持ってしまっているのだとすれば、それを覚悟の上で出すか、一般公開をしないかどちらかの道を選択しないといけなかったように思えます。

そして、六郎は前者の覚悟はなく、後者の道を選ばなかった。

これは別に創作活動には限らないですね。今こうして自分が書いているBlogの記事もそういったものに含まれるはずです。レビューに限らず、日記であったとしても同様。不特定多数の人が見れる以上、そこにはいざとなった時の覚悟(謝罪やら記事撤去やら閉鎖やら)は必要だし、その覚悟が必要にならないような一定の配慮は必要なのだと思います。

某動画サイトもそうですし、FC2でも小説投稿が可能になっており、インターネット環境とPCさえあれば不特定多数の人が見れるモノを出す以上、私たちにとっても決して他人事ではない一話だったように思えます。


余談。
殺人犯の母親が六郎を流したのは、やはり間違っているんですよね。

言い方があいまいなのは、自分がまだ親になったことがないから。

親からすれば善悪や理性を超越して、自分の子供の犯した罪を子供ではないどこかに求めてしまうのかなぁ、と。
でも、それは正しくないんですよね。母親からすれば、自分の子供がまさか同じように地獄に流されているとは思っても見てないでしょうから、殺人犯が生存していることを前提に話すと、そういった行為は子供にいい影響を与えないと思います。

だって、それは子供を教え導く立場の一人である「親」が子供の非に対して、今まで教えてきた自分や罪を犯した子供ではなく他人に原因を追い求めてしまっているのだから。
それでは、仮に子供の中に原因があった場合、それを正してあげることが出来ない。まして、小説を動機に挙げるような子供ならなおのこと、今後の未来を考えるとしてはいけないことだったように思えます。

もちろん個人的恨みで六郎を流して、子供の教導は別にしっかりやると言う可能性もないわけではないですが、やっぱりそれは子供が自分の中にある原因を見つめ、そして将来そういったものを含めいろいろなことを判断する点からみて正しいとは思えませんし。


まずは自分たちの側のミスがないか確認してから相手を疑う。この手順は決して間違えてはならないように思えます。


さらに余談ですが、今回の話を母親側から描くとそれはそれで面白いかもしれませんね。短編15分くらいで。そうなると、ラストで母親は息子が犯罪に走った小説家をこの世から消し去ったある種の達成感と言うか優越感を抱きながら、実は直後に息子も消失していて、息子が殺した被害者の家族が流したのだと推察して......と言う展開もオチがあっていいように思えます( ̄∇ ̄;)


次回『真夏のグラフ』。


<TB先 参照リンク(URLアルファベット順)>
赤字はTBが現在弾かれてしまっているBlog様です。また、この記事のTBは、アメブロはことごとく弾かれておりますので、TB返しが出来ない可能性がありますがご容赦下さい。
・http://atdiary.blog4.fc2.com/blog-entry-2042.html
・http://blog.livedoor.jp/ms_2001/archives/50639742.html
・http://lapis16.blog82.fc2.com/blog-entry-1249.html
・http://seraraku2.blog59.fc2.com/blog-entry-2932.html
・http://yfuji.moe-nifty.com/compass/2008/12/post-11ae.html

TBありがとうございました。御サイトに残念ながら接続することが出来ず、TB返しが出来ませんでした。申し訳ありません。

もしよろしければ、拍手ボタンをポチッと押して下さいm(_ _)m 管理人のモチベーションが上がります(ぉ

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

Trackback

トラックバック URL
»»この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

地獄少女 三鼎 11話「滲んだ頁」

市役所に勤務している、兼業作家の上坂六郎。 彼の書いた小説を模したと思われる事件が、いま東京で頻発していた。 あるとき六郎は、浅羽...

理不尽社会に一撃を与えたものの、最後の最後で逆恨み返しが待っていた( ̄口 ̄;)!! 地獄少女三鼎 第11話『滲んだ頁』

 東京都心のホテルメルヘン屋上。  謎の男性が女子高生の足を結び、その先にあるバーベルをホテル屋上から下に落下して殺害。  しかも、...

左サイドMenu

カウンター

祝2,000,000Hit達成♪ とうとう大台突破。これも皆様のおかげでございます(o ̄∀ ̄)ノ

カレンダー(月別)

03 ≪│2021/04│≫ 05
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

ガンダムシリーズ

◆新機動戦記ガンダムW◆

新機動戦記ガンダムW BD-BOX1

OVA・続編含め『新機動戦記ガンダムW』全般を応援してます♪
ガンダムW関連 まとめページ
感想、用語、企画など全ページへのリンクがあります。ご利用ください

2016/05/04 12巻分の用語一部更新しました

《用語》
用語集
ア行
カ行
サ行
タ行
ナ行
ハ行
マ行、ヤ行
ラ行、ワ行
英字行
登録キャラクター名一覧
キャラクター詳細
ア行
カ行
サ行
タ行
ナ行
ハ行
マ行、ヤ行
ラ行、ワ行、英字行

メカニック図鑑
メカニック用語詳細
年表

《企画》
年代考察
勢力図まとめ
AC暦におけるMS史(コラム)

◆Gジェネクロスレイズ◆

GCR119.jpg

まとめページ

◆ガンダムモビルスーツバイブル◆

GMB001_20190322210057cc3.jpg

まとめページ

◆機動戦士ガンダム00◆

GUNDAM OOQ
用語集などは特にありませんが、劇場版の感想は全十回というボリュームでコラム風に書かせていただきました。よろしければどうぞ。
ガンダム00関連 まとめページ

◆鉄血のオルフェンズ◆

81TuctHvlZL__CR88,0,1536,1536_
各回の感想のまとめだけ。
鉄血のオルフェンズ まとめページ

米山シヲ 応援エリア

◆梅衣堂ひよと旦那様の野望◆

1-2-2

『梅衣堂ひよと旦那様の野望』待望第1巻発売中

月刊少年ガンガンで現在連載中『梅衣堂ひよと旦那様の野望』を応援中。『ブラクロ』と同じように独自用語集も製作中!

公式特設ページ

独自用語集
第1巻

◆ブラッディ・クロス◆

ブラクロサムネ

月刊少年ガンガンで完結した『ブラッディ・クロス』をプッシュしています♪ 独自用語集あります! 

公式特設ページ

独自用語集
キャラ紹介-混血勢力-
キャラ紹介-天使勢力-
キャラ紹介-堕天使勢力-
キャラ紹介-アルカナ-
キャラ紹介-神葬-
キャラ紹介-その他-


最近の記事

最近のコメント

<>+-

最近のトラックバック

メールフォーム

管理人に何か言いたいことがあれば、ここからどうぞ♪

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード

QR

友達申請フォーム

FC2ブログランキング

FC2のブログランキングに参加中♪ 気に入っていただけたなら、一押しして下さい。

FC2ブログランキング

右サイドメニュー

義援金募集

FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして

検索フォーム

管理人から一言

お知らせ

管理人からのお知らせです。

PS4ゲーム『JUDGE EYES:死神の遺言』プレイ中。

『ガンダムW FT』コンテンツは不定期更新です。現在は11巻分までの感想と用語の更新を完了しました。

『ブラッディクロス』全12巻発売中! 用語集更新は全て無事終了致しました。

文庫・単行本(キャラクターノベル含む、ライトノベル含まず)の著者名別リストに移行しました。さすがに増え過ぎた(笑


今期の週間感想予定
日曜日:-
月曜日:-
火曜日:-
水曜日:-
木曜日:-
金曜日:-
土曜日:-
不定期:ピックアップ感想、ゲーム感想、模型関連など


場合によっては急遽順序等の変更もありますが、ご理解いただけますようよろしくお願いします。

管理人プロフィール

月詠

Author:月詠
埼玉県某所在住の34歳社会人。性別♂。名前は「つくよみ」と読む。

世知辛い世の中で嬉しいことも泣きたいこともサブカルチャーたちに救われています
詳細な自己紹介はこちら(2019版)。それ以前のものはこちら

コメント・TB、相互リンク受付中。下記の運営方針に詳細を記載しております。無条件に大歓迎と言うわけではありませんが、大部分の方は歓迎出来るかと思いますw

以下、ショートカット。
◇閲覧上の注意や規約など
Blogの運営方針・利用規約
他のBlog様と大差ない運営・利用規約ですが、初閲覧の方は簡単でも良いので読んで頂けるとありがたいです。閲覧、コメント等される方は利用規約を了承していると判断させていただきますので、「知りませんでした」は通用致しません。


◇アニメについて
アニメの評価について
歴代アニメ評価一覧
アニメアウォーズ! 受賞一覧


◇ゲームについて
ゲームの評価について
歴代ゲーム評価一覧


◇ブックス(本)について
小説の評価について
ブックレビュー一覧
   あ行の著者
   か行の著者
   さ行の著者
   た行の著者
   な行の著者
   は行の著者
   ま行の著者
   や行の著者
   ら行の著者
   わ行の著者
   複数の著者・その他
 文庫・単行本(キャラノベ含む、ラノベ含まず)は上気の著者名別になっています。

◇プラモデルについて
完成品一覧(グレード別)
完成品一覧(シリーズ別)
完成品一覧(トイ、フィギュア等)

◇その他リスト一覧はこちら
テレビ&シネマ
CD&DVD&BD
TYPE-MOON関連

ツリー式カテゴリー

openclose

アニプレッション!!

アニプレッション!!
アニプレッション!!とは

アニプレッション!!は、アニメブロガー達の合同ブログです。アニメについての問題意識・感想・考察・批評等の諸言説を発表し、アニメを語る事の面白さを伝える事が目標です。自分も末席に加えさせていただいております。
現在活動停止です

以下、アニプレッション!!メンバーのBlogです。

相互リンク(更新停止)

残念ながら一年以上の更新がない相互リンク先の方々です。サイト消滅の場合は消させていただきます。いずれまた復活し、交流が持てることを期待しています……