FC2ブログ

刹那的虹色世界

アニメ・ゲームのあらすじを主体とした感想や批評のブログ。時折、日記・声優・コミック・スポーツなど幅広くレビューしています。リンクフリー、相互リンク大歓迎♪

Entries

機動戦士ガンダムOO 2nd season 第03話

機動戦士ガンダムOO 2nd season 第03話
『アレルヤ奪還作戦』


遂に見つけ出した、最後のマイスター・アレルヤの所在。反政府勢力収監施設に捕えられているアレルヤ救出作戦を決行する刹那たち。

一方、捕えられたアレルヤは四年ぶりに戦場で出逢った大切な人・マリーことソーマ=ピーリスと再会するが―――。


<あらすじ>
四年前の決戦後、大破したキュリオスを鹵獲されそのまま拘束されたアレルヤは四年間、反政府勢力収監施設で監禁されていた。しかし、その情報は設立間もないA-LOWSが独占し、他へは一切流出していなかった。

そのためアレルヤの居場所を掴み切れなかったソレスタルビーイングだが、王留美の下で働くネーナによって遂に居場所を突き止める。刹那たちは、アレルヤの救出作戦を決意。プトレマイオス2に合流しながらソレスタルビーイングへの参加に踏み切らないスメラギに戦術プランを求める。

スメラギの出したプランに従い、300秒の電撃救出作戦が決行される。大気圏外から直接降下したプトレマイオス2の質量を海面に叩きつけることで大津波を生み出し、一時的に粒子ビームを軽減させることに成功すると、OOごと刹那が施設へ突入。その背中をティエリアのセラヴィーが死守し、遠方から離れた山岳地帯からロックオンが乗るケルディムが援護射撃をする体勢を整えた。

刹那によって解放されたアレルヤ。新たに与えられたガンダム・アリオスに乗ろうとしたところで、ソーマと邂逅する。

ソーマは、アレルヤにとってマリーと言う名の大切な女性だったのだが、ソーマ側にその記憶はない。アレルヤは、ソーマに別の人格が植え付けられたからだと結論づけ、何度も呼びかける。ソーマが一瞬、マリーに反応した隙をついて共にアリオスで逃げだそうとするのだが......。


感想・考察はOPENからどうぞ。


<感想・考察>
アリオスとアレルヤ
カッコいい! 基本的にセカンドシーズンのガンダムは線が少なく、「動かすこと」に重点を置いているだけあって実際にアニメーションとして動くと、設定画からは想像出来ないほどカッコよく見えるから不思議w その中でもアリオスは高機動をウリにしているだけあって、実際動くとさらに良い。

アリオスは既出のデータだと、GNツインビームライフルとGNビームサーベルのみしか武装が明らかにされていませんでしたが、前腕部にマシンガンもあるようです。装備されている形状は、単純にキュリオスが装備していたGNビームマシンガンの銃口をそのまま腕にくっつけて内蔵したような感じだったので、おそらくキュリオスのGNビームマシンガンを小型化したもの、と考えるのが妥当でしょう。

これは高機動戦闘を主体とするアリオスらしい武装。高機動戦闘をする以上、アリオスの武装は必要最低限に限定される(出来るだけ重量を軽くするため)。さらに言えば、セラヴィーのような高火力となる重武装が装備出来ないだけでなく、回避行動や取り回しに難を生むような長物の武器(OOのGNソードや、ケルディムのようなスナイパーライフル)も装備が不適切。

そんな中でMS形態のキュリオスで問題と思われた火力不足を補うための両腕のマシンガン。これならビームライフルを損失しても使えるし、さらに言えばビームライフル・ビームサーベルを装備中にも使用することが出来るため、高機動戦闘型MSにとってはうってつけの装備方法でしょう。
加えてマシンガンタイプであるため、単発の威力こそ低いけれど弾丸をばらまくように撃つので命中率が高く、牽制にも使える。

なかなか理にかなった装備でした。


そして、パイロットのアレルヤ。収監されていた間にだいぶやつれたようですが、とりあえず収監中に何かを失ったと言うことはないようで、五感・五体ともに満足のようで安心です。
確か右眼が金色で左色が銀色だった両目。おそらくは、1期最終話でハレルヤと融合したことが理由でしょう。

ここで、問題は二つ。

一つは、脳量子波を遮断出来ている理由。特別、何かされたわけではないようですし、施設側の報告では頭部に受けた傷が原因のようです。それは、頭部に受けた傷が原因で超兵としての脳量子波を失ったと言うことなのか、それとも今のアレルヤはその傷とハレルヤとの融合のおかげで脳量子波さえ自在にコントロールするのか……。

そして、二つ目の問題は、超兵としての能力はどこまで維持されているのか、と言うこと。彼のパイロットとしての超人的な反射神経であったり、反応速度と言うのは超兵としての強化故だったはず。この問題があるからこそ、一つ目に挙げた問題で「頭部に受けた傷が原因で脳量子波を失った」となるとアレルヤのアドバンテージが消えるから問題だったわけです。

とりあえず、結論から言えばおそらく超兵であることには変わらない(アリオスでの操縦、反応速度などを見る限りでは四年前と大きな差が見られない)ので、脳量子波の遮断に関してはアレルヤ自身の脳量子波が著しく減衰していると言うことではないようです。

あとは、最終話でハレルヤと協力したことで見せた真の超兵としての実力がはたして今でも発揮できるのか、と言うこと。人格が仮に融合したとしても、超兵としての驚異的な反射神経と、それに追随出来るだけの超高速思考回路を保てているとしたなら、アレルヤもまた刹那同様、四年と言う月日によってパイロットしてのアドバンテージを持っていることになります。

真の超兵として動けるならば、おそらくガンダムマイスター中最強のパイロット性能を発揮するでしょう……あくまで、真の超兵としての力をふたたび覚醒出来るなら、ですが。


そんなアレルヤが名を呼び続けるマリー。正確には、マリー=パーファシーと言うことらしい。ホームでアレルヤと話をしていたと言うことは、人革連にいたのか、はたまたそれより前なのかは不明ですが、ソーマのフラッシュバックを見る限り、いろいろ施設みたいな映像も映ったし人革連にいたっぽい? そして、そこで超兵としての強化を受けたことで生きる気力を失っていたソーマに、アレルヤは話しかけ続け、そして逆になにかアレルヤにとって救われるようなことをソーマに言われたか、されたのでしょう。

だから、アレルヤはソーマに固執する。

刹那とティエリアは(生きてるだろう)アリーに固執するだろうし、そう言ったものがアレルヤにもあることで彼の存在意義もそろそろ大きくなってきそう。 



ケルディムとロックオン
こちらも初登場のケルディム。デュナメスの後継機と言うことで、さらに言えば他の三機に比べれば一番原型機の面影がのこる機体かも。

まだスナイパーライフルでの狙撃しか観てないので、こちらは性能評価が難しいところ。


そして、ロックオン。
素人であったはずの彼が初陣で遠距離狙撃でMSを撃墜すると言う可能性、さらにスメラギが驚くほどの能力値の高さ。
これが何を物語るのか、と言うのが重要なのでしょう(言うまでもなく)。

個人的に、まっ先に思いついたことは、全てが同一人物であると言うこと。
もっと言えば、ロックオン=ストラトスはニール=ディランディであり、ライル=ディランディであったと言うこと。

つまり、ロックオン=ストラトスのコードネームは、ニールとライルの二人によって成立していたコードネームだったとしたら、と言うことです。
一期の頃から、双子であることを利用してニールとライルは時折ある自由行動の際に入れ替わってソレスタルビーイングに参加していた。だから、ニールはライルで、ライルはニール。

それならば、初陣での戦果は当然のこと(そうなれば、当然ライルは初陣ではないわけですから)。スメラギが驚いていた能力値ですが、それも実は実戦で鍛えていた、と言うことならばそう言った数値を叩き出すのも不思議ではない。あくまでスメラギが驚いたのは、素人が残した能力値と言うことでしょうし。

一期の雰囲気では、二人はテロの後、別々の道を歩んでいるようにさえ見えるのでやや突拍子のない推察ではあるが、シンプルな強化人間説だったり、ドーピング説よりは夢のある(?)推察かな、と思うw

設定から勘ぐるのであれば、正直アレルヤですでに使いはたしている強化人間説・ドーピング説と言ったものを、再び別キャラ(しかも味方)で使うとは思えないわけで。ティエリアの人造人間説もそうであるように、特にマイスター個々の設定はキャラが被らないよう設定しているはずなので、それはないかな、と思っていることも、こんな突拍子のない推察を思いついた原因です。



ソレスタルビーイングの技術
・OO
今回は新たなところはなし。起動したらしいが、相変わらずツインドライヴは安定せず。この辺の部分が良く解らないのだが、それは100%に達していないから安定していないのか、それとも安定起動のための80%に達するのも危ういと言う意味で安定していないのか、と言うこと。おそらく前者だとは思うが、何とも微妙な言い回し。要はTRANS-AMを封印しろってことなんでしょうね(裏を返せば、設定上今OOにTRANS-AMを使われるとマズイ「切り札」的な性能が眠っている可能性を示唆しているわけですが)。


・セラヴィー
出る度に砲撃のバリエーションが増えるから面白い。GNバズーカはやはりどちらかと言うと、ビームライフルに近いイメージ。連射性をかなり重視している。
さらに言えば、両肩と両膝のGNキャノンは相互干渉しGNフィールドで発生させた高エネルギー状態のGN粒子を集束することで、極大GNビーム砲として使えるよう。この辺りのGN粒子の制御技術の向上がソレスタルビーイングの四年間の技術進歩か。

・プトレマイオス2
大気圏突入能力保有。そうなればおそらく離脱も可能なのでしょう。オリジナルの太陽炉5基を使えばそれだけのエネルギーを生み出すのは余裕と言うことか。ただ、これもまた初代トレミーでの反省点なのでしょう。

活動が宇宙に限定されると言うのは、いろいろな面でデメリットが大きい。地上ミッションの際に最低でも2名以上のマイスターとガンダムが母艦から離れることによる戦力分散は確かに大きな問題だった。このプトレマイオスなら地上ミッションなら地上へ行けるし。

もちろん一点集中することが必ずしも良いとは限らない。けれど戦力が限られるソレスタルビーイングでは複数の戦術をとれる可能性が広まり、且つ四機の力を集約出来ると言う意味で出来るだけ四機と母艦が同じ位置にいると言うのは、メリットが大きいように感じます。

さらに潜水能力を保有。おそらくGN粒子を使っている推進機関ですから、飛行能力もあるでしょう(GN粒子には重量軽減効果があるので、あのクラスの物体でも粒子量が揃えば可能なはず)。うん、アークエンジェル並のビックリ戦艦に成長したんだねwww

問題は、潜水しているけど潜水時の武装はあるのか、と言うこと。ミネルバと言う某艦は設定されながら魚雷が一度も使われなかったと言う不憫な出来事もあったが……。



刹那と沙慈
何とも対称的。それでも少しずつ沙慈の方から歩み寄っている感じ。

沙慈は刹那たちの行動のせいで平和ではなくなった、不幸になったと言う。でも、沙慈たちが平和と言っている最中にも、争いは世界各地で続き、むしろ沙慈たちのような平和を手にしている者の方が少なかった。

「自分たちだけ平和ならそれで良いのか」

確かに、刹那にそう言われてもいたしかたない言い回し。これは、一期を見ていた誰もが思ったでしょう。刹那たちのパートに割り込むかのような、沙慈のパート。平和ボケともとれるルイスとのやり取りを続け、さらにルイスの母まで絡んですっかり戦争とは無関係な日常。

おそらくそれはここに繋がるもののような気がします。

自分たちだけが得ていた平和。世界に目を向ければ、ニュースを通じて戦争の話題が入ってきても対岸の火事でしかなかった沙慈。それが悪いわけじゃない。実際、対岸の火事なわけだし、今の日本がまさにそれなのだから。
でも、沙慈が言うように「誰だって不幸にはなりたくない」と言うのなら、刹那たちが平和のために行動した行動を非難することもまた出来ないわけで。

平和とか不幸とかそういった綺麗事を並べているうちは、まだまだ沙慈が刹那に口で勝てる要素は少なそうです。



余談。
マリナ、不幸過ぎるw ただ、これで彼女も沙慈同様、しばらくプトレマイオスでの行動が余儀なくされそう。その辺りの設定をどう生かすのかが、楽しみだし、不安。何と言うか……ようやくヒロインとしての出番かと思ったら、やっぱり随所に出て来た上に来週は唇まで奪われるらしいフェルトに目が行くしwww

そしてカタロン。
彼らはマリナを様付けで呼んでいたわけで。その辺りがどうも引っかかる。もし、カタロンがマリナを崇拝しているならともかく、そんな宗教組織のような組織ではないはずでw
マリナがいるアザディスタンは何らかの理由でカタロンに貢献している、と言うことでしょうか?



次回『戦う理由(わけ)』。


<TB先 参照リンク(URLアルファベット順)>
赤字はTBが現在弾かれてしまっているBlog様です。また、この記事のTBは、アメブロはことごとく弾かれておりますので、TB返しが出来ない可能性がありますがご容赦下さい。
・http://12091015.blog70.fc2.com/blog-entry-311.html
・http://ameblo.jp/azeaniblog/entry-10153437292.html
・http://boogiepop77.blog24.fc2.com/blog-entry-1086.html
・http://blog.goo.ne.jp/sakino-k/e/b037ca9b51632bb1bf818966bccaaac8
・http://blog.goo.ne.jp/sweet-lovely/e/ddd340f468ad5f4e79deb16555c6ab45
・http://blog.goo.ne.jp/takuyasu1969/e/b3bf08ac5ccae6e18660209b43e5459b
・http://blog.goo.ne.jp/yyrickyleo/e/74751de044a44a8b6cafd6e334a8a33b
・http://blog.livedoor.jp/natsu_ki00/archives/51104114.html
・http://engage10.exblog.jp/8788176
・http://hakuroupunk.blog56.fc2.com/blog-entry-1357.html
・http://jigo.blog102.fc2.com/blog-entry-757.html
・http://kouyanoblog.blog61.fc2.com/blog-entry-1452.html
・http://lessiy.jugem.jp/?eid=1501
・http://maruton.blog55.fc2.com/blog-entry-2315.html
・http://mutekidesutekina.blog52.fc2.com/blog-entry-871.html
・http://nextsociety.blog102.fc2.com/blog-entry-487.html
・http://phosphormoon.blog19.fc2.com/blog-entry-40.html
・http://plaza.rakuten.co.jp/sealsoldier/diary/200810190003/
・http://rashin2007.blog88.fc2.com/blog-entry-954.html
・http://seraraku2.blog59.fc2.com/blog-entry-2760.html
・http://strawcat.blog12.fc2.com/blog-entry-1565.html
・http://syujiro2gouten.blog70.fc2.com/blog-entry-1883.html
・http://wjham.blog95.fc2.com/blog-entry-677.html


TBありがとうございました。御サイトに残念ながら接続することが出来ず、TB返しが出来ませんでした。申し訳ありません。

もしよろしければ、拍手ボタンをポチッと押して下さいm(_ _)m 管理人のモチベーションが上がります(ぉ

Comment

マリナ様かぁいいよマリナ様、あんな年上美人が居る国なら帰化したいものだ 


ある意味でプトレマイオス2はアークエンジェルより数段ビックリ戦艦でしょw
だってGN粒子のお陰で大抵の無茶機動は出来てディフェンスに定評があるとはいえ、減速0で海面にほぼ正面突入はやりすぎ(笑)


ロックオン=ライルorニール説は少し強引すぎるので、ちょっぴりスピリチュアルな推測を書いておきますね。

一卵性の双子というのは時に世にも不思議なシンクロニシティを見せるもの、片方が怪我をしたらもう片方に伝わる・片方が考えたものを片方が感じる等。

つまりニールに出来た事はライルにも出来る、という事でどうか一つ(強引以前に筋が通ってないとかのツッコミはいりません☆)

まぁ単純に体が機械orブーステッドorニール以上の天性でしょう。
大穴でSEEDを持つ者(え


00の活躍とPG発売を期待してる信者としてはもっと主役機に脚光を!
……と言いたいんですが、悪役に変わった主役機という前例もあるので大声では言いません。
僕は謙虚ですね^^
  • posted by ユキ 
  • URL 
  • 2008.10/20 02:14分 
  • [Edit]
  • [Res]

 

せっちゃんが主人公みたいだ(オイ そしてマリナもまるでヒロインのようだ(特に最後とか)

アリエス見てたらアレックスが思い浮かんだよ(性能は段違いだけど)
ヴァーチェは常に「全力全壊!!」みたいだったのに対してセラヴィーは大分出力の加減(連射も)が出来るようになってましたね。それとやはりというかパワーバランスが崩れないようにされてましたね00ガンダム。100%になったときは一体どんなことが出来るようになるのだろうか。楽しみですね。
  • posted by 1 
  • URL 
  • 2008.10/20 05:28分 
  • [Edit]
  • [Res]

 

アリオスだった OTL
  • posted by 1 
  • URL 
  • 2008.10/20 05:31分 
  • [Edit]
  • [Res]

>ユキさん 

こんにちは!

>減速0で海面にほぼ正面突入はやりすぎ(笑)
単純に行けば確実にトレミーの方が四散する展開ですが、そこをGN粒子の一言で片づける辺りが凄いwww まぁ、GN粒子に重量軽減効果があるとはいえ、さすがに行き過ぎたなとは思いますね。

>つまりニールに出来た事はライルにも出来る
それはそれで夢がありますね。あるいはライルにニールが憑依しているとかw そうなると、もうガンダムじゃないけれど(爆

>大穴でSEEDを持つ者(え
じゃあ、NTとか(ぇ 作品通り越してギアスとかだったらうけますがね(マテ

>悪役に変わった主役機という前例もあるので
さすがに嫁補正がなければ大丈夫だと思いますよw いや、おとめ座パワーと言う可能性が(違
  • posted by 月詠 
  • URL 
  • 2008.10/20 12:22分 
  • [Edit]
  • [Res]

>1さん 

こんにちは!

>せっちゃんが主人公みたいだ
まぁ、少なくとも一期のような、まるで電波みたいな主人公ではないですねw

>アリエス見てたらアレックス~
同感です。まぁ、MSが人間型である以上、少なくとも装備される場所は限定されるわけで、腕部にマシンガン、と言う発想も別に珍しいわけではないですがね。どうしても、ガンダムみたいに長期にわたって続くシリーズだと、「やったもの勝ち」みたいなところもありますし(特にSEEDシリーズだと「~のパクリ」「~の流用」と過去シリーズからの引用が賛否両論で話題になりましたし)。

>セラヴィーは大分出力の加減(連射も)が出来るようになってましたね。
出力を加減した、と言うより役割を明確にしたのだと思いますね。ヴァーチェではバズーカもキャノンも大火力で懐に入り込まれると何も出来なかったので、連射性を重視するなら重視、破壊力重視なら重視と明確に区分した感じ。

あとはフェイスバーストモードがどう働くか。

>100%になったときは一体どんなことが出来るようになるのだろうか。
少なくとも100%状態でのTRANS-AMは期待出来そうですね。何かしてくれそうな感じですが……。
  • posted by 月詠 
  • URL 
  • 2008.10/20 12:37分 
  • [Edit]
  • [Res]

お久しぶりです 

今回も面白かったですが、一つ疑問が生まれたのでいつもMSについて詳しく書いておられる月詠さんに振ってみます。

アリオスの太陽炉ってどこから出てきたんでしょう?

前期最終話を確認してみましたが、キュリオスからは太陽炉がパージされていなかったんですよね。
にも関わらずアリオスは太陽炉を使用…って事は考えられる可能性としては
・6つ目の太陽炉
・連邦から盗み出した
・描写されてないけど実はパージされていた
のどれかだと思うんですが…描かれていないだけに気になります。
単純に3かなとは思うんですが、ご意見お伺いしたいです。
  • posted by ジュピ 
  • URL 
  • 2008.10/20 15:40分 
  • [Edit]
  • [Res]

>ジュピさん 

お久しぶりです、ジュピさん!

>MSについて詳しく書いておられる月詠さんに振ってみます。
そんなことはないです(汗 まだまだ不足している部分が大きいです。

>アリオスの太陽炉ってどこから出てきたんでしょう?
ジュピさんの考察の3番目が妥当な線でしょうね。

まず、現状分析から行けば新生ソレスタルビーイングは、コロニー・プラウドでの介入まで表立った行動をしていたようには見えないことを考えて、連邦に回収されたキュリオスの太陽炉を取り返すような大規模行動はおそらく行っていない(加えて言えば、オリジナル太陽炉が仮に連邦の手に渡っていれば、A-LOWS(リボンズ)が独占する可能性が高いので、A-LOWSから盗み返すとしてはセラヴィーだけでは幾らなんでも戦力不足)。

6つ目の太陽炉説も面白いですが、そうポンポン太陽炉が出て来るとは思えない(製造には多大な年月と木星圏での作業が必要)。

そうなると、パージ説が有効でしょう。
CBのガンダムは、生体認証を採用しているMSです。それならば、MS側に一定値以上の損傷ないしパイロットの死亡(もしくは意識不明状態)を確認した際に自動で太陽炉をパージする仕組みはあるような気がします。

エクシアで明らかになっているように音声による遠隔操作が可能なほどの技術レベルですから、決して不可能なことではないかな、と思います。

3話の回想でも、アレルヤが運び出される際には背部のコーン型太陽炉は見受けられませんでした。太陽炉だけ先に外したとも考えられますが、Eカーボン製の装甲を切断し分離することの難しさは、かつてキュリオスが鹵獲された時に証明されています。

それなのに背部のパーツが綺麗だったこと、アレルヤの捕縛が観ている限りではスムーズだったことを考えれば、あのキュリオスの背中は最初からパージされたために空いていた、と考えられると思いますし。


自分が考えられる中ではこのような感じです。いかがでしたでしょうか?
  • posted by 月詠 
  • URL 
  • 2008.10/21 21:50分 
  • [Edit]
  • [Res]

 

ありがとうございます~。
自分一人だけで考えていると、どうしても視野が狭窄してしまうような気がして…細かい考察、参考になりました。

アリオスの太陽炉、妥当なのはやはりパージ説ですよね。
そういわれてみると、以前スメラギさんがビリーに、ガンダムのオート機能や自爆の可能性について話していましたし(ビリー相手の嘘だったかもしれませんが、自分の能力を自覚しており、ビリーにもその能力を知られている事から中途半端な回答はしないはず)、ある一定の措置は取られているのかもしれませんね。
自爆設定はしてなかったのかなあ…とはちょっと思ってしまいますが。

実を言いますと、この疑問を持った理由は以前作ったキュリオスのプラモデルの背面に、あの三角形の突起が見当たらなかったからでして。
なのでアレルヤが拘束される場面で映っていたキュリオスも、背面は取り除かれているor壊されているようでしたけれど、太陽炉は違う部分にあった(太陽炉も連邦に取られた?)のだろう、と思ってしまいました。
本編を見るときに意識していなかったので今さらな話なのですが、目立ってないけど背面にあるということでしょうか?

  • posted by ジュピ 
  • URL 
  • 2008.10/24 20:21分 
  • [Edit]
  • [Res]

>ジュピさん 

こんばんは、ジュピさん。

>自分一人だけで考えていると、どうしても視野が狭窄してしまうような
そうですね。それは私も同じです。アリオスの太陽炉に関する疑問も、正直自分一人では「パージ説」が勝手にきめつけられてしまい、こうした考察も出来なかったでしょう。

>自爆設定はしてなかったのかなあ…とはちょっと思ってしまいますが。
TDブランケット装備型太陽炉の稀少性を考えれば、自爆よりも回収を優先するでしょうね。某ガンダムのように自爆したら、また設計図と資材からホイホイ作り直せるものではありませんしw

ただ、それはあくまで状況的に、回収がプログラム上の優先順位で自爆より上にいるだけでしょう。私の中ではキュリオスから太陽炉パージ→人革連による鹵獲だと思っていますが、もし先に人革連に鹵獲されかけていたら、優先順位は変更されて自爆するかと思います(ヴェーダの計画に忠実だったティエリアが、一度鹵獲されかけたキュリオスを鹵獲されたコンテナごと破壊しようとしたことからも、敵の手に渡ることに対するシビアさがある)。

>目立ってないけど背面にあるということでしょうか?
断言はできませんが、第三世代のガンダムは全機脊中にあったかと思います。背中の三角形をした突起は、実はスラスター(推進機)だったと思います。

エクシア・デュナメスでは、コーン型スラスターが採用されています。対してキュリオス・ヴァーチェはその機体の特殊性からコーン型は採用されていません。これは外伝の話になりますが、外伝に登場するアストレアと言う第二世代MSは、コーン型スラスターは採用されていません(スリースラスター型と言うスラスター形式を採用しています。アストレアでググればたぶんプラモの画像が出るかと)。

結論からすれば、太陽炉=コーン型スラスターとは限らないわけですね。それに関しては、2ndシーズンのガンダムを第四世代とすると、この現状の第四世代でケルディム・アリオス・セラヴィーのスラスター方式が違う中で稼働していることからも明らかでしょう。

ただ、ジュピさんがそう認識してしまったように、そういった認識は比較的多いかもしれません。疑似太陽炉と共に渡った設計図がおそらくコーン型のみだったので、アヘッドやジンクスまでコーン型スラスターのみなのでそう言った認識が生まれやすいのは事実だと思います。

では!
  • posted by 月詠 
  • URL 
  • 2008.10/24 21:36分 
  • [Edit]
  • [Res]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

Trackback

トラックバック URL
»»この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

【マリィ】機動戦士ガンダム00 2nd season 第3話「アレルヤ奪還作戦」【感想】

「あなたが泣かないからよ」(マリナ) アレルヤ、そしてマリナとの再開。 あらすじ アレルヤは連邦軍に収監されていた。 ソレスタル...

『機動戦士ガンダム00 セカンドシーズン』 第3話 「アレルヤ奪還作戦」

ティエリアとライル 「可愛い教官」と言われてカナリ怒ってましたね。 まあ、可愛いのは事実(オイ) ティエリアが一番ニールのことを想ってくれていて嬉しい{/3hearts/} CBはアレルヤを発見!!! 「あれるや??誰だ??そいつは…」ロックオン(泣){/namida/} なんか

機動戦士ガンダム00 2nd season 第03話 感想

 機動戦士ガンダム00  2nd season  第03話 『アレルヤ奪還作戦』 感想  通常更新。  来週辺りはきついかもしれません。  握力も...

機動戦士ガンダムOO 2nd season 第3話 「アレルヤ奪還作戦」

ほっちゃんや藍ぽんを見に神戸まで行ってたので、更新が遅れました。 帰ってきたのは、午前1時30分(^^; 今日も仕事なのに(ノ∀`) な...

機動戦士ガンダム00 セカンドシーズン #03 「アレルヤ奪還作戦」

マリナは現状死刑、よくて無期懲役ww すべてはガンダムさん(笑)のせいですが、何か?

帰ってきた酔っ払い 00の多分第3話ぐらい

「刹那・F・セイエイ!」 「沙慈・クロスロード・・・」 「ティエリア・アーデ?」  見てて思うんですがどうしてこの人達ってフルネーム...

ガンダム002期第3話「アレルヤ奪還」

今週は…くっ…出番無かったけど…ら、来週もなさそうだけど…っ!! ブログ村「阿修羅すら凌駕する乙女座を愛する会」コミュニティにご参加 して下さったすべての方…厚く御礼申し上げまする!! これからもまた、「乙女座ラブ!!」「位置は二番目・三番目だけど!!」

機動戦士ガンダム00(セカンドシーズン) 第3話「アレルヤ奪還作戦」

機動戦士ガンダム00 2ndseasonの第3話を見ました。第3話 アレルヤ奪還作戦「あなたは4年前に起こったアザディスタンの内紛でソレスタルビーイングのメンバーと接触していますね?」「その時のことは4年前にもお話ししたはずです」「当時と今とでは状況が違う。新たなガ...

機動戦士ガンダムOOセカンドシーズン第3話「アレルヤ奪還作戦」

 カタロン掃討作戦に武力介入したガンダムの存在は、アロウズ司令官ホーマー・カタギリーに組織に精鋭を招集する事を決断させた。そのメンバーは、かつてガンダムと戦った元AEUの大佐カティ・マネキン。元人革連の超兵ソーマ・ピーリスとセルゲイの息子アンドレイ・ス...

機動戦士ガンダム00 2nd season 第03話「アレルヤ奪還作戦」の感想。

機動戦士ガンダム00 2nd season 第03話 「アレルヤ奪還作戦」 評価: ── 自分だけ平和だったらそれでいいのか? 脚本 ...

アレルヤ救出どころかなんと刹那の女であるマリナまで、おまけで付いてきました!!! ガンダムOO 2nd 第3話『アレルヤ奪還作戦』

 ついに、アレルヤ救出………だけかと思ってたら、なんとマリナまでもが同じ収容所に入れられたんですな~!!!  ラスボス最有力である王 留...

機動戦士ガンダムOO セカンドシーズン 第3話「アレルヤ奪還作戦」

機動戦士ガンダムOO セカンドシーズン 第3話「アレルヤ奪還作戦」

ガンダム00 第3話

第3話「アレルヤ奪還作戦」 前回あらすじ ライルディランディー、スメラギさん、ソレスタルビーイングに合流 刹那、00ガンダム起動成...

機動戦士ガンダム00(セカンドシーズン) 第3話「アレルヤ奪還作戦」 感想

 今回はタイトル通り刹那達がアレルヤを救出する話。刹那達がアレルヤを救出することができるのか気になるところです。第3話も戦闘がスピーディで見ごたえがありました。中でもアレルヤとソーマが会うシーンに注目です。2人は一体どういう関係なんでしょうか。

ガンダム00 2ndシーズン 第3話「アレルヤ奪還作戦」

一期のラストで匂わされていたアレルヤ・ハレルヤとソーマの関係が多少なりとも説明されるのか?と期待しながらの一週間でした。

機動戦士ガンダム00 2nd season 3話「アレルヤ奪還作戦」

『アレルヤは反政府勢力収監施設に拘束されていた。尋問に立ち会うピーリスに、「マリー」と呼びかけるがその声は届かない。アレルヤが収監...

機動戦士ガンダム00 2nd season 第03話 「アレルヤ奪還作戦」

機動戦士ガンダム00 セカンドシーズン 1(2009/02/20)宮野真守三木眞一郎商品詳細を見る 機動戦士ガンダム00 2nd season 第3話感想です。 4機のガンダ...

機動戦士ガンダム00 2ND SEASON #03 『アレルヤ奪還作戦』

 命懸けで世界を変えようとした刹那たちが4年間見てきたものは、目指してきた平和ではなく、弾圧と殺戮による世界統合への道だった。  ―― その再生を破壊する。  ガンダムマイスターたちが集い、ソレスタルビーイングが再び始動する。  地球連邦軍との初戦は

機動戦士ガンダム00 2nd season

 第三話「アレルヤ奪還作戦」  あぁぁぁ~マリナかあいいよっマリナ、 一期の時より20%程かあいさが増しているよっ、 カノジョは、苦労...

機動戦士ガンダムOO セカンドシーズン 3話 アレルヤ奪還作戦 感想

ダブルオーも3話ですねー。 展開もある程度速いので、飽きずにみられますし! ではでは本編感想は、moreからどうぞ!! ※気になったと...

左サイドMenu

カウンター

祝2,000,000Hit達成♪ とうとう大台突破。これも皆様のおかげでございます(o ̄∀ ̄)ノ

カレンダー(月別)

03 ≪│2020/04│≫ 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

ガンダムシリーズ

◆新機動戦記ガンダムW◆

新機動戦記ガンダムW BD-BOX1

OVA・続編含め『新機動戦記ガンダムW』全般を応援してます♪
ガンダムW関連 まとめページ
感想、用語、企画など全ページへのリンクがあります。ご利用ください

2016/05/04 12巻分の用語一部更新しました

《用語》
用語集
ア行
カ行
サ行
タ行
ナ行
ハ行
マ行、ヤ行
ラ行、ワ行
英字行
登録キャラクター名一覧
キャラクター詳細
ア行
カ行
サ行
タ行
ナ行
ハ行
マ行、ヤ行
ラ行、ワ行、英字行

メカニック図鑑
メカニック用語詳細
年表

《企画》
年代考察
勢力図まとめ
AC暦におけるMS史(コラム)

◆Gジェネクロスレイズ◆

GCR119.jpg

まとめページ

◆ガンダムモビルスーツバイブル◆

GMB001_20190322210057cc3.jpg

まとめページ

◆機動戦士ガンダム00◆

GUNDAM OOQ
用語集などは特にありませんが、劇場版の感想は全十回というボリュームでコラム風に書かせていただきました。よろしければどうぞ。
ガンダム00関連 まとめページ

◆鉄血のオルフェンズ◆

81TuctHvlZL__CR88,0,1536,1536_
各回の感想のまとめだけ。
鉄血のオルフェンズ まとめページ

米山シヲ 応援エリア

◆梅衣堂ひよと旦那様の野望◆

1-2-2

『梅衣堂ひよと旦那様の野望』待望第1巻発売中

月刊少年ガンガンで現在連載中『梅衣堂ひよと旦那様の野望』を応援中。『ブラクロ』と同じように独自用語集も製作中!

公式特設ページ

独自用語集
第1巻

◆ブラッディ・クロス◆

ブラクロサムネ

月刊少年ガンガンで完結した『ブラッディ・クロス』をプッシュしています♪ 独自用語集あります! 

公式特設ページ

独自用語集
キャラ紹介-混血勢力-
キャラ紹介-天使勢力-
キャラ紹介-堕天使勢力-
キャラ紹介-アルカナ-
キャラ紹介-神葬-
キャラ紹介-その他-


最近の記事

最近のコメント

<>+-

最近のトラックバック

メールフォーム

管理人に何か言いたいことがあれば、ここからどうぞ♪

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード

QR

友達申請フォーム

FC2ブログランキング

FC2のブログランキングに参加中♪ 気に入っていただけたなら、一押しして下さい。

FC2ブログランキング

右サイドメニュー

義援金募集

FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして

検索フォーム

管理人から一言

お知らせ

管理人からのお知らせです。

PS4ゲーム『JUDGE EYES:死神の遺言』プレイ中。

『ガンダムW FT』コンテンツは不定期更新です。現在は11巻分までの感想と用語の更新を完了しました。

『ブラッディクロス』全12巻発売中! 用語集更新は全て無事終了致しました。

文庫・単行本(キャラクターノベル含む、ライトノベル含まず)の著者名別リストに移行しました。さすがに増え過ぎた(笑


今期の週間感想予定
日曜日:-
月曜日:-
火曜日:-
水曜日:-
木曜日:-
金曜日:-
土曜日:-
不定期:ピックアップ感想、ゲーム感想、模型関連など


場合によっては急遽順序等の変更もありますが、ご理解いただけますようよろしくお願いします。

管理人プロフィール

月詠

Author:月詠
埼玉県某所在住の34歳社会人。性別♂。名前は「つくよみ」と読む。

世知辛い世の中で嬉しいことも泣きたいこともサブカルチャーたちに救われています
詳細な自己紹介はこちら(2019版)。それ以前のものはこちら

コメント・TB、相互リンク受付中。下記の運営方針に詳細を記載しております。無条件に大歓迎と言うわけではありませんが、大部分の方は歓迎出来るかと思いますw

以下、ショートカット。
◇閲覧上の注意や規約など
Blogの運営方針・利用規約
他のBlog様と大差ない運営・利用規約ですが、初閲覧の方は簡単でも良いので読んで頂けるとありがたいです。閲覧、コメント等される方は利用規約を了承していると判断させていただきますので、「知りませんでした」は通用致しません。


◇アニメについて
アニメの評価について
歴代アニメ評価一覧
アニメアウォーズ! 受賞一覧


◇ゲームについて
ゲームの評価について
歴代ゲーム評価一覧


◇ブックス(本)について
小説の評価について
ブックレビュー一覧
   あ行の著者
   か行の著者
   さ行の著者
   た行の著者
   な行の著者
   は行の著者
   ま行の著者
   や行の著者
   ら行の著者
   わ行の著者
   複数の著者・その他
 文庫・単行本(キャラノベ含む、ラノベ含まず)は上気の著者名別になっています。

◇プラモデルについて
完成品一覧(グレード別)
完成品一覧(シリーズ別)
完成品一覧(トイ、フィギュア等)

◇その他リスト一覧はこちら
テレビ&シネマ
CD&DVD&BD
TYPE-MOON関連

ツリー式カテゴリー

openclose

アニプレッション!!

アニプレッション!!
アニプレッション!!とは

アニプレッション!!は、アニメブロガー達の合同ブログです。アニメについての問題意識・感想・考察・批評等の諸言説を発表し、アニメを語る事の面白さを伝える事が目標です。自分も末席に加えさせていただいております。
現在活動停止です

以下、アニプレッション!!メンバーのBlogです。

相互リンク(更新停止)

残念ながら一年以上の更新がない相互リンク先の方々です。サイト消滅の場合は消させていただきます。いずれまた復活し、交流が持てることを期待しています……