FC2ブログ

刹那的虹色世界

アニメ・ゲームのあらすじを主体とした感想や批評のブログ。時折、日記・声優・コミック・スポーツなど幅広くレビューしています。リンクフリー、相互リンク大歓迎♪

Entries

DESTINY自論 #08

DESTINY自論の第8回目です。

それと、今日は関東圏(TBS視聴)の方はスペシャルエディションですね。本当なら、スペシャルエディションの前に、この自論を終わらせたかったところですが……まぁ、無理だったです(ノ∀`*)アイター

今回は、旧キャラ組みに移って「キラ・ヤマト」「アスラン・ザラ」の(一応)旧主人公2人です。私にとってだいぶ批判的に見ていたキャラですけど、それだとボロボロでダークな文章になってしまうので、ちょっと視点を変えて肯定的に見てみよう、と頑張ります。

では、続きはNEXTからどうぞ。



キラ・ヤマト 『力を持ち過ぎた戦士であり、一個人』
私の印象は上の通りです。様々な掲示板で、(特にアンチの方が)高みから見下ろすような戦い方、その傲慢な言動から皮肉を込めて「神」とも呼ばれています……たぶん、ガンダムシリーズで主人公とは言え一キャラが「神」と呼ばれるのは初、な気も。

ただ、肯定的に彼の行動を振り返ると、実は「神」と呼ばれていますが、全くそんなことなんて無く、彼の行動は終始一個人でしかない(まぁ、「神」と言う呼び方も、アンチの方が皮肉を込めて言っているだけですが)。
再びフリーダムに乗った理由は自分の周りにいた人々を守るため。カガリを拉致したのは双子であるカガリを救うため。連合・オーブvsザフトの戦いでは、オーブ(キラにとって出身国……になると思う)を守るため。最後は、ラクスやカガリの思想を守り、自分が一人のただの人間として生きていくため……。こうして振り返ると、彼の言動にはカガリやラクスのような大義なんて初めから無く、ただ自分が「守りたい」と思う人や国のために戦っているだけ。そういった意味で、大義で戦争をするカガリやラクス、あるいはアスランたちとはちょっと違う存在だと思ってます。もしかしたら、彼にとって大義は二の次で、最初にしたいことは自分の周囲の人々や仲間を守ることなんじゃないかなぁ、って。

これについての是非は色々あるでしょう。ただ、最後まで「個人」として戦った姿は私の中で、アンチの方々がしきりにしているほど、批判すべきものではないと思うわけです。実際問題、一人の人間がどこまで大局的に物事を見れるか、と問われればそれは本当に極一部の限られた者のみで、大勢の人には無理なこと。だから大多数の人は、自分の利益だけに目がいきがちで、それは別に極悪なことではなくて、人間なら仕方の無いことだと思うわけです。そしてキラもまた人間で、自分の大切な人や国を守りたいと言う、自らの利益に目がいった。そう考えるなら、そこまで批判すべきキャラじゃない気がするんです。

ただ批判すべきところが無いわけじゃない。彼は力を持ち過ぎています。おまけに彼は手順を知らな過ぎる。彼の行う行動がテロ活動と非難される最大の理由は、要は「口(宣言)より先に手(攻撃)が出る」ため。AAによる戦闘介入は、どう考えてもカガリによる声明及び戦闘介入意思の宣言が先だったのにorz この「テロ活動」についてももうちょっと話したい気持ちはありますが、長くなる上に、ここの解釈は個人差によってだいぶ違うので辞めておきます。

さて、手順を知らないだけでなく、彼は力を持つ故にやりたい放題でもあります。本来、物量がモノを言う戦争において質でそれを覆して勝利を収めてしまうのは、その良い証拠。彼にはもっと苦労をして欲しい。結局、彼は今回の戦役でフリーダム1機失っただけで、人的被害は全く受けてません(前回、あんなにたくさんのキャラが死んだくせに)。せめて苦労の末、それでも彼は守りたいモノのために戦い続ける姿を見せて欲しかった。具体案としては、私が第1回のDESTINY自論「フリーダム登場」で書いています。


アスラン・ザラ 『迷いと過去に囚われていた者』
これはたぶん誰もが思ったこと。結局、2年前の戦いで自分なりの答えを見出せずにいた……って、2年前の大戦は何だったのさ? 2年間、何やってたのさ? って言いたい。

まぁそれはともかく、とにかく彼は迷い続けてましたね。祖国はプラントで、今大切な人たちは地球(オーブ)にいて……迷ってしまう気持ちも分からないでも無いですけどね。彼はあれだけの力を持ちながら、迷いがあったためほとんど発揮されなかったのは、残念の一言に尽きる。その分、対人戦での強さは光ってましたけどね。あり得ないくらいの射撃精度と戦闘能力。どう考えても、MSパイロットなんて辞めて特殊部隊とかSPとかになるべき( ̄∇ ̄;) 

ある意味、彼の行動は「迷い」の一言で片付けられてしまうので、批判が難しい……。かと言って「迷い」そのものを批判するわけにもいかず……なぜなら、「迷い」は誰しもが持つものであり、持っていて欲しいもの。迷いが無いと強いですけど、その分自分の道を妄信し過ぎる傾向が強くて、私は迷いの無さ過ぎる正直、あまり好印象を受けないんですよ(ラクスとかね)。

スペシャルディションでは彼の視点でDESTINYが描かれるようですが……果たしてどうなるのやら。


そて、これはキラとアスランに言えることなのですが、もう少し不殺描写がどうにかならないか、と思うんです。まぁ、脚本家や監督が彼らにこの戦い方をさせたいと言うのならそれはそれで構わないのですが、もう少しその戦い方について彼らの想いを訊かねばならないはず。
もし、彼らが単にコクピットや動力を避けて攻撃したことで「自分は殺してない」と安直に思っているのなら、思いっきり罵倒します。それは間違ってるぞ、と。
ただ、本編を(肯定的に)解釈する限り、そう言うわけではなさそう。アスランはキラに「お前の手だってもう何人も殺しているんだぞ」と言っている。それは正解で、幾らキラが不殺戦法を使おうとも、それは一時しのぎに過ぎないわけですよ。

具体的には、例えキラが不殺戦法で頭部と武器だけを破壊したと仮定し、尚且つ本編中のように三つ巴の戦いになっている場合、以下のことが考えられるわけです。
1.撤退中、敵に遭遇するも、武器が破壊されているため対処し切れず、撃墜されパイロット戦死
2.頭部破壊によってサブカメラだけで戦場を把握しなければならず、反応が遅れて撃墜され、パイロット戦死
3.例外として戦艦の場合、主砲など目に見えた武器を攻撃する場合が多いが、武器の近くには砲撃手がいる可能性が高く、少なからずその人たちは戦死

つまり、不殺は一時的に死ななかっただけで、後に死ぬ確率を格段に高めているだけの自己満足行為。これは誰がどう言っても覆せない事実。
問題は、不殺を主に行うキラとアスランがこれをどこまで理解しているか。キラの場合は先述の通り理解している節があり、それを言ったアスラン自身も自分が理解していない状況でそんなことを言うとは思えないので理解している可能性が高い。

それでも彼らはその攻撃法を止めないわけで……だったら、視聴者である私は彼らがなぜそこまでしてこの攻撃法を使い続けるのかを訊きたい、と言うか訊かねばならないと思うんです。前作で「本当に戦わなくちゃいけないモノと戦う」と言って、突然キラが始めた不殺戦法。あまりその真意が本編で語られることはないのが、私にとっては非常に不愉快で批判したいところ。



とりあえず、かなり肯定的に書いてみました。本当はもっと否定的に旧キャラは見ていたのですが、それだとかなりダークな文章になってしまうので( ̄∇ ̄;) 次回は「ラクス・クライン」「カガリ・ユラ・アスハ」の二大女王を取り上げる予定です。

Comment

 

DESTINY自論、毎回深く掘り下げていて、感服です('▽')

スペシャルエディションはkaryuも見るつもりです。
大阪なので少し遅れますが(^^;
アスラン視点から1~13話編集、との事ですが…
元からアスランの話だったような気がしないでもないですw

ではではDESTINY自論これからも頑張ってください(*'-')
  • posted by karyu 
  • URL 
  • 2006.05/01 17:40分 
  • [Edit]
  • [Res]

コメント、どうも★ 

ども、karyuさん。

>>DESTINY自論、毎回深く掘り下げていて、感服です('▽')
いえ、このような駄文ですが、読んでもらえて幸いですm(_ _)m

>>元からアスランの話だったような気がしないでもないですw
正しくその通りで……だったら、普通に新規カット入り総集編って素直に言って欲しかった(ぇ

では!
  • posted by 月詠 
  • URL 
  • 2006.05/02 11:23分 
  • [Edit]
  • [Res]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドMenu

カウンター

祝2,000,000Hit達成♪ とうとう大台突破。これも皆様のおかげでございます(o ̄∀ ̄)ノ

カレンダー(月別)

03 ≪│2021/04│≫ 05
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

ガンダムシリーズ

◆新機動戦記ガンダムW◆

新機動戦記ガンダムW BD-BOX1

OVA・続編含め『新機動戦記ガンダムW』全般を応援してます♪
ガンダムW関連 まとめページ
感想、用語、企画など全ページへのリンクがあります。ご利用ください

2016/05/04 12巻分の用語一部更新しました

《用語》
用語集
ア行
カ行
サ行
タ行
ナ行
ハ行
マ行、ヤ行
ラ行、ワ行
英字行
登録キャラクター名一覧
キャラクター詳細
ア行
カ行
サ行
タ行
ナ行
ハ行
マ行、ヤ行
ラ行、ワ行、英字行

メカニック図鑑
メカニック用語詳細
年表

《企画》
年代考察
勢力図まとめ
AC暦におけるMS史(コラム)

◆Gジェネクロスレイズ◆

GCR119.jpg

まとめページ

◆ガンダムモビルスーツバイブル◆

GMB001_20190322210057cc3.jpg

まとめページ

◆機動戦士ガンダム00◆

GUNDAM OOQ
用語集などは特にありませんが、劇場版の感想は全十回というボリュームでコラム風に書かせていただきました。よろしければどうぞ。
ガンダム00関連 まとめページ

◆鉄血のオルフェンズ◆

81TuctHvlZL__CR88,0,1536,1536_
各回の感想のまとめだけ。
鉄血のオルフェンズ まとめページ

米山シヲ 応援エリア

◆梅衣堂ひよと旦那様の野望◆

1-2-2

『梅衣堂ひよと旦那様の野望』待望第1巻発売中

月刊少年ガンガンで現在連載中『梅衣堂ひよと旦那様の野望』を応援中。『ブラクロ』と同じように独自用語集も製作中!

公式特設ページ

独自用語集
第1巻

◆ブラッディ・クロス◆

ブラクロサムネ

月刊少年ガンガンで完結した『ブラッディ・クロス』をプッシュしています♪ 独自用語集あります! 

公式特設ページ

独自用語集
キャラ紹介-混血勢力-
キャラ紹介-天使勢力-
キャラ紹介-堕天使勢力-
キャラ紹介-アルカナ-
キャラ紹介-神葬-
キャラ紹介-その他-


最近の記事

最近のコメント

<>+-

最近のトラックバック

メールフォーム

管理人に何か言いたいことがあれば、ここからどうぞ♪

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード

QR

友達申請フォーム

FC2ブログランキング

FC2のブログランキングに参加中♪ 気に入っていただけたなら、一押しして下さい。

FC2ブログランキング

右サイドメニュー

義援金募集

FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして

検索フォーム

管理人から一言

お知らせ

管理人からのお知らせです。

PS4ゲーム『JUDGE EYES:死神の遺言』プレイ中。

『ガンダムW FT』コンテンツは不定期更新です。現在は11巻分までの感想と用語の更新を完了しました。

『ブラッディクロス』全12巻発売中! 用語集更新は全て無事終了致しました。

文庫・単行本(キャラクターノベル含む、ライトノベル含まず)の著者名別リストに移行しました。さすがに増え過ぎた(笑


今期の週間感想予定
日曜日:-
月曜日:-
火曜日:-
水曜日:-
木曜日:-
金曜日:-
土曜日:-
不定期:ピックアップ感想、ゲーム感想、模型関連など


場合によっては急遽順序等の変更もありますが、ご理解いただけますようよろしくお願いします。

管理人プロフィール

月詠

Author:月詠
埼玉県某所在住の34歳社会人。性別♂。名前は「つくよみ」と読む。

世知辛い世の中で嬉しいことも泣きたいこともサブカルチャーたちに救われています
詳細な自己紹介はこちら(2019版)。それ以前のものはこちら

コメント・TB、相互リンク受付中。下記の運営方針に詳細を記載しております。無条件に大歓迎と言うわけではありませんが、大部分の方は歓迎出来るかと思いますw

以下、ショートカット。
◇閲覧上の注意や規約など
Blogの運営方針・利用規約
他のBlog様と大差ない運営・利用規約ですが、初閲覧の方は簡単でも良いので読んで頂けるとありがたいです。閲覧、コメント等される方は利用規約を了承していると判断させていただきますので、「知りませんでした」は通用致しません。


◇アニメについて
アニメの評価について
歴代アニメ評価一覧
アニメアウォーズ! 受賞一覧


◇ゲームについて
ゲームの評価について
歴代ゲーム評価一覧


◇ブックス(本)について
小説の評価について
ブックレビュー一覧
   あ行の著者
   か行の著者
   さ行の著者
   た行の著者
   な行の著者
   は行の著者
   ま行の著者
   や行の著者
   ら行の著者
   わ行の著者
   複数の著者・その他
 文庫・単行本(キャラノベ含む、ラノベ含まず)は上気の著者名別になっています。

◇プラモデルについて
完成品一覧(グレード別)
完成品一覧(シリーズ別)
完成品一覧(トイ、フィギュア等)

◇その他リスト一覧はこちら
テレビ&シネマ
CD&DVD&BD
TYPE-MOON関連

ツリー式カテゴリー

openclose

アニプレッション!!

アニプレッション!!
アニプレッション!!とは

アニプレッション!!は、アニメブロガー達の合同ブログです。アニメについての問題意識・感想・考察・批評等の諸言説を発表し、アニメを語る事の面白さを伝える事が目標です。自分も末席に加えさせていただいております。
現在活動停止です

以下、アニプレッション!!メンバーのBlogです。

相互リンク(更新停止)

残念ながら一年以上の更新がない相互リンク先の方々です。サイト消滅の場合は消させていただきます。いずれまた復活し、交流が持てることを期待しています……