FC2ブログ

刹那的虹色世界

アニメ・ゲームのあらすじを主体とした感想や批評のブログ。時折、日記・声優・コミック・スポーツなど幅広くレビューしています。リンクフリー、相互リンク大歓迎♪

Entries

クレイモア 第26話(最終話)

アニメ感想
クレイモア 第26話(最終話)「受け継ぐ者へ」


<あらすじ>
限りなく覚醒状態に近づいてしまったクレアは、更なる力に目覚めたプリシラに襲いかかる。激突する二つの覚醒体は、もはやミリアたちの手に負えるものではなくなっていた。

―――クレアが、クレアではなくなっていく。

その様子を再び、まざまざと見せつけられたラキだったが、それでも今度は逃げない。むしろ、近寄ろうとさえしたが、そこはジーンに抑えられた。
あの激しい戦いの中では、ラキは到底耐えられるものではない。

クレアとプリシラ

共にテレサへの深い情を持つが故に戦う二人。
しかし、その情は180度違う。
クレアがテレサへ愛情を持っていれば、プリシラはテレサへ憎悪を抱く。

しかし、戦士採用数か月でNo.2にまで上り詰めたプリシラの潜在能力は伊達ではなかった。あっという間にクレアは追い込まれる。

だが、それでもクレアの脳裏にはテレサの首が撥ねられたシーンが蘇ってきて......。


続きは、OPENからどうぞ。


<あらすじ(続き)>
プリシラが見せてしまった、クレアを見下したことによる一瞬の隙。
それをクレアは見逃さなかった。背後から伸びる触手と合わせて高速剣で一気にプリシラを切り刻むクレア。
思い返されるテレサへの恐怖に、プリシラは再び少女の姿へと戻る。そのプリシラに、遂に復讐の刃を振り下ろそうとした瞬間、その前にはラキが立ちはだかった。

「行っちゃダメだ、クレア!!」

そう言ってクレアに抱きついたラキは、自分の想いを口にする。好きだから、今度は必ず自分が守るから…だから、妖魔になってならないでほしい。
いつかあった似たような光景。
ラキに抱きしめられ、覚醒せずに済んだあの日の光景がクレアの中に蘇る。

そして

「人として生きろ」

そう言い続けた、テレサの言葉と想いも―――


しかし、限りなく覚醒してしまったクレアはもう戻らないと言う。そして、その想いとは裏腹に背後の鋼の触手がラキを殺そうと襲いかかる。

だが、それを防いだのはジーンだった。

ラキを弾き飛ばし、代わりに自分がその串刺しとなった。
今の現象を、あの時―――クレアが覚醒してしまった自分を助けてくれた時と逆だな、と話すジーン。すでにその傷は致命傷。ならば、この命と引き換えに、あの時かけてもらった言葉と想いをクレアに返すと言うジーンは、クレアが自分の妖気と同調すればそれで人の側へ引っ張ると言う。

だが、人に戻ったところでプリシラが倒せないのであれば生きる意味はないと言うクレア。そんなクレアにジーンは喝を入れる。

―――生きる意味など後で探せば良い

―――それでも、忘れるな

―――クレアに生きていて欲しいと願った者たちがいて

―――クレアに想いを託した者たちがいることを


眩く光る妖気。
次の瞬間、クレアは人に戻っていた―――ジーンと言う、戦友の命と引き換えに。

高みの見物を止めて降りて来たイースレイは、プリシラを抱えるとこの場は引くと言う。最後にラキに、再び会うこともあるだろうから剣の腕だけは磨いておけ、とだけ言い残して...。


戦乱は終結した。
ルヴルは、ガラテアから明確なクレアの死を語られないことに不信を抱きつつも、死体を確認するほど戦乱の後始末は暇じゃないとして、それを止めた。

プリシラと対峙して生き残ったミリアたちは、それぞれの道を歩き出す。ミリアは組織の情報収集をしつつ機会をうかがい、ヘレンとデネヴは共に組織を抜けて剣の腕を磨くと言う。再び、再会することを誓い合う三人。その場にはいないが、当然その中にはクレアも入っていた。


そのクレアは、ジーンの墓の前で彼女の言葉を反芻していた。
生きろと願うものたちがいて、託された想いがある。
今後もプリシラを追い続けることになるだろうが、確認出来た想い。

心配をかけたラキも自分と再び歩くと言ってくれた。強い風が吹き抜けて、厚く覆っていた雲が晴れて青空が広がる。それはまるで今のクレアの心の中を示すように…。


ラキと共に歩みを始めたクレア。振り返ったジーンの墓標のさらに先の青空へ、テレサを想う。

「テレサ…私は生きている。…あなたはこれを良いと言ってくれるだろうか」

ふと、クレアの目にはテレサの姿がジーンの墓標に重なる。
そして、ふっとあの優しい笑みをクレアに向けてくれた。
そのことが嬉しくて、泣きそうになる想いをこらえて歩き出す。

きっとクレアの中には、テレサが託した本当の言葉と想いが蘇っていることだろう。

―――人の中で、人として生きろ…クレア


<感想>
最終話ってこう言うものだよね! と言うのを、久しぶりに感じた(ぇ いや、ほらここまでの最終回ってらき☆すたとかエル・カザドとか結構、普通じゃないのが多かったので、今期はσ(^◇^;)

まぁ、終わり方自体はきっと納得出来ない人は納得出来ないんだと思う。プリシラとの決着もつかずじまいだったし。
でも、そこがミソなんだと思う。
あそこでプリシラを手にかけたら、クレアは完全に覚醒する。そう言う暗示があったんだと思う。そんなスタッフの意思をくみ取ったラキが立ちはだかったわけで。

復讐だけで生きるのではなく、人として生きて欲しい。

それはきっとラキを通して伝えられたテレサの想いだと思うのです。彼女が再三言い続けた言葉が「人として生きろ」と言う言葉だった。
まぁ、確かにクレアはすでに戦士として単なる人間ではなくクォーター、しかも半覚醒状態ではあるのですが、心は人として生きていける、そんな気がします。

クレアって詩音型の復讐者なんですよね(詩音って言うのは、「ひぐらしのなく頃に」と言うゲーム原作のアニメのキャラクター)。詩音は、悟史と言う恋い焦がれた相手の復讐としていろいろな行動を取っていくわけですが、悟史は詩音に「妹を頼む」と言う旨を託していた。でも、それを忘れてしまっていて、妹まで…と言うのがまぁ、そう言う展開なのですけど、クレアもそんな感じかな、と。

結局、クレアは復讐をしていく中で受け継ぐべきテレサの本当の想い(人として生きろ)を忘れてしまっていた。それが最終回で蘇って~~と言う感じですから。復讐ってのはもともと自分のためにやるものですから、結果的に最終回では「単なる復讐のため」と言うこれまでのクレアの戦士としての姿から一歩進んだ形になったと思える。


だから、最後のテレサの幻影が見えたシーンは思わず泣きそうになりました。と言うか、かなり涙ぐんでいたような…。まぁ、それだけクレアと言うキャラにも、テレサと言うキャラにも、クレイモアと言う作品にも思い入れが強かった、と言うことなのですが。

ジーンが褒めたように、最終話にしてラキも一歩を踏み出し、それなりに存在意義を見せてくれたかな、と思います。
安直に、前回同様ラキが抱きしめて戻るのではなく、そこにジーンと言う犠牲があることも良かった原因でしょうね。

全員無事のハッピーエンドではないですが、もともとそう言う作品ではないと思いますし(そんなこと言ったらイレーネとかフローラとか無数に死んだキャラもいるわけで)、少しの味方の犠牲の上に主人公たちが再び歩き始める、と言う終わり方は個人的に好きな方ですねDTBみたいに大量の味方の犠牲があると、凹むのであまり好きではないのですが(汗))。

余談ですが、犠牲がない完全ハッピーエンドは特に戦闘モノのアニメの場合は、正直あまり好みではない。戦っている以上、犠牲はあるはずなのにそれがないってあり得ないし。もし、そんな最終回の展開でも私が高評価を与えている作品があるなら(と言うかたぶんあるのですが)、そう言う作品はおそらくそう言った展開を超えた何かがあるからだと思います。


<MVC>
ジーン
良い言葉を投げかけてくれたと思います。
生きる意味などあとで見つければ良い。なかなか、あの場面で言えることじゃないですね。まぁ、少し振り返ればテレサも後で生きる理由を見つけたように、後で見つけることだってできるはずで。と言うか、ラキの存在がある以上クレアが気づいていないだけで、もう生きる理由は半ば出来ているんじゃなかろうか、とも思うんですけどね( ̄∇ ̄;)

こう言うのを名誉の戦死と言うんだと想います。哀しいけど、でも死してなお存在感あふれるキャラクターと言うことで良いキャラだと思いました。


スタッフの方々、2クールの間、お疲れ様でしたm(_ _)m DVDも期待していますヽ(≧▽≦)ノ

<TB先 参照リンク(URLアルファベット順)>
・http://blog.livedoor.jp/paprika200502/archives/51216934.html
・http://freeagent.blog34.fc2.com/blog-entry-555.html
・http://fwp5sxrt.blog101.fc2.com/blog-entry-313.html
・http://kazekura.seesaa.net/article/57252345.html
・http://plaza.rakuten.co.jp/avene/diary/200709260000/
・http://plaza.rakuten.co.jp/yorozucat/diary/200709260000/
・http://raitoningu.at.webry.info/200709/article_21.html
・http://rincolu.blog15.fc2.com/blog-entry-1563.html
・http://strawcat.blog12.fc2.com/blog-entry-980.html
・http://tilmitt.blog67.fc2.com/blog-entry-602.html
・http://uncookmen.blog119.fc2.com/blog-entry-50.html


もしよろしければ、拍手ボタンをポチッと押して下さいm(_ _)m 管理人のモチベーションが上がります(ぉ

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

Trackback

トラックバック URL
»»この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

レビュー・評価:クレイモア/Story 26 「受け継ぐもの」

品質評価 20 / 萌え評価 0 / 燃え評価 60 / ギャグ評価 20 / シリアス評価 40 / お色気評価 0 / 総合評価 26レビュー数 5 件 ラキが心配そうに見守る中、火口原で始まったクレアとプリシラの決戦は、山場を迎えた。クレアは、両腕から次々と生える剣で、プリシラに高速

CLAYMORE -クレイモア- 第26話「受け継ぐ者へ」

[あらすじ] ラキが心配そうに見守る中、火口原で始まったクレアとプリシラの決戦は、山場を迎えた。クレアは、両腕から次々と生える剣で、プリシラに高速剣の猛攻を加える。これに...

悲憤の終幕(クレイモア最終話)

サスペンスドラマにしろ刑事ドラマにしろ、人が苦労に苦労を重ねてようやく怨敵への復讐を果たそうとしている正にその時に、いきなりその場に割って入っては、やれ無益な争いは止めろとか、やれ無意味な復讐は止めろとか、

CLAYMORE 26話「受け継ぐ者へ」

『ラキが心配そうに見守る中、火口原で始まったクレアとプリシラの決戦は、山場を迎えた。クレアは、両腕から次々と生える剣で、プリシラに高速剣の猛攻を加える。これに対し、衝撃波で、クレアにダメージを与えるプリシラ

クレイモア CLAYMORE 第26話「受け継ぐ者へ」(最終回)

クレアもプリシラも双方で、妖魔は殺すとか、テレサの敵とか言っていますが、ここまで来るとどっちもどっちな外見ですね。前回、怖いもの知らずの熱血ぶり全快だったミリアたちも、流石にひいてしまうほどです。何気にやっと、プリシラは、クレアがテレサではないことに気...

クレイモア 最終話

第26話『受け継ぐものへ』 最終決戦!!(`・ω・´)

CLAYMORE SCENE26「受け継ぐものへ」

 テレビアニメ版最終回。何とかまとめた、という感じだろうか。     CLAYMORE Limited Edition Sequence.2桑島法子、高城元気 他 (2007/09/26)エイベックス・トラックス この商品の詳細を見る

左サイドMenu

カウンター

祝2,000,000Hit達成♪ とうとう大台突破。これも皆様のおかげでございます(o ̄∀ ̄)ノ

カレンダー(月別)

07 ≪│2019/08│≫ 09
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

ガンダムシリーズ

◆新機動戦記ガンダムW◆

新機動戦記ガンダムW BD-BOX1

OVA・続編含め『新機動戦記ガンダムW』全般を応援してます♪
ガンダムW関連 まとめページ
感想、用語、企画など全ページへのリンクがあります。ご利用ください

2016/05/04 12巻分の用語一部更新しました

《用語》
用語集
ア行
カ行
サ行
タ行
ナ行
ハ行
マ行、ヤ行
ラ行、ワ行
英字行
登録キャラクター名一覧
キャラクター詳細
ア行
カ行
サ行
タ行
ナ行
ハ行
マ行、ヤ行
ラ行、ワ行、英字行

メカニック図鑑
メカニック用語詳細
年表

《企画》
年代考察
勢力図まとめ
AC暦におけるMS史(コラム)

◆ガンダムモビルスーツバイブル◆

GMB001_20190322210057cc3.jpg

まとめページ

◆機動戦士ガンダム00◆

GUNDAM OOQ
用語集などは特にありませんが、劇場版の感想は全十回というボリュームでコラム風に書かせていただきました。よろしければどうぞ。
ガンダム00関連 まとめページ

◆鉄血のオルフェンズ◆

81TuctHvlZL__CR88,0,1536,1536_
各回の感想のまとめだけ。
鉄血のオルフェンズ まとめページ

米山シヲ 応援エリア

◆梅衣堂ひよと旦那様の野望◆

1-2-2

『梅衣堂ひよと旦那様の野望』待望第1巻発売中

月刊少年ガンガンで現在連載中『梅衣堂ひよと旦那様の野望』を応援中。『ブラクロ』と同じように独自用語集も製作中!

公式特設ページ

独自用語集
第1巻

◆ブラッディ・クロス◆

ブラクロサムネ

月刊少年ガンガンで完結した『ブラッディ・クロス』をプッシュしています♪ 独自用語集あります! 

公式特設ページ

独自用語集
キャラ紹介-混血勢力-
キャラ紹介-天使勢力-
キャラ紹介-堕天使勢力-
キャラ紹介-アルカナ-
キャラ紹介-神葬-
キャラ紹介-その他-


最近の記事

最近のコメント

<>+-

最近のトラックバック

メールフォーム

管理人に何か言いたいことがあれば、ここからどうぞ♪

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード

QR

友達申請フォーム

FC2ブログランキング

FC2のブログランキングに参加中♪ 気に入っていただけたなら、一押しして下さい。

FC2ブログランキング

右サイドメニュー

義援金募集

FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして

検索フォーム

管理人から一言

お知らせ

管理人からのお知らせです。

PS4ゲーム『JUDGE EYES:死神の遺言』プレイ中。

『ガンダムW FT』コンテンツは不定期更新です。現在は11巻分までの感想と用語の更新を完了しました。

『ブラッディクロス』全12巻発売中! 用語集更新は全て無事終了致しました。

文庫・単行本(キャラクターノベル含む、ライトノベル含まず)の著者名別リストに移行しました。さすがに増え過ぎた(笑


今期の週間感想予定
日曜日:-
月曜日:-
火曜日:-
水曜日:-
木曜日:-
金曜日:-
土曜日:-
不定期:ピックアップ感想、ゲーム感想、模型関連など


場合によっては急遽順序等の変更もありますが、ご理解いただけますようよろしくお願いします。

管理人プロフィール

月詠

Author:月詠
埼玉県某所在住の34歳社会人。性別♂。名前は「つくよみ」と読む。

世知辛い世の中で嬉しいことも泣きたいこともサブカルチャーたちに救われています
詳細な自己紹介はこちら(2019版)。それ以前のものはこちら

コメント・TB、相互リンク受付中。下記の運営方針に詳細を記載しております。無条件に大歓迎と言うわけではありませんが、大部分の方は歓迎出来るかと思いますw

以下、ショートカット。
◇閲覧上の注意や規約など
Blogの運営方針・利用規約
他のBlog様と大差ない運営・利用規約ですが、初閲覧の方は簡単でも良いので読んで頂けるとありがたいです。閲覧、コメント等される方は利用規約を了承していると判断させていただきますので、「知りませんでした」は通用致しません。


◇アニメについて
アニメの評価について
歴代アニメ評価一覧
アニメアウォーズ! 受賞一覧


◇ゲームについて
ゲームの評価について
歴代ゲーム評価一覧


◇ブックス(本)について
小説の評価について
ブックレビュー一覧
   あ行の著者
   か行の著者
   さ行の著者
   た行の著者
   な行の著者
   は行の著者
   ま行の著者
   や行の著者
   ら行の著者
   わ行の著者
   複数の著者・その他
 文庫・単行本(キャラノベ含む、ラノベ含まず)は上気の著者名別になっています。

◇プラモデルについて
完成品一覧(グレード別)
完成品一覧(シリーズ別)
完成品一覧(トイ、フィギュア等)

◇その他リスト一覧はこちら
テレビ&シネマ
CD&DVD&BD
TYPE-MOON関連

ツリー式カテゴリー

openclose

アニプレッション!!

アニプレッション!!
アニプレッション!!とは

アニプレッション!!は、アニメブロガー達の合同ブログです。アニメについての問題意識・感想・考察・批評等の諸言説を発表し、アニメを語る事の面白さを伝える事が目標です。自分も末席に加えさせていただいております。
現在活動停止です

以下、アニプレッション!!メンバーのBlogです。

相互リンク(更新停止)

残念ながら一年以上の更新がない相互リンク先の方々です。サイト消滅の場合は消させていただきます。いずれまた復活し、交流が持てることを期待しています……