FC2ブログ

刹那的虹色世界

アニメ・ゲームのあらすじを主体とした感想や批評のブログ。時折、日記・声優・コミック・スポーツなど幅広くレビューしています。リンクフリー、相互リンク大歓迎♪

Entries

輪廻のラグランジェ 第3話

輪廻のラグランジェ 第3話
『鴨川にランの花咲く』


≪あらすじ≫
ようこの一喝によって復活したまどかは、ウォクス・アウラをウォーリア形態へと移行させる。しかし、キリウスの搭乗するオービット・リベルタルによって憐性に立たされたまどかとウォクス・アウラは苦戦を強いられる。

そんなまどかの戦いぶりを通信で耳にしていたラン。モイドに「なにも出来ない」と言われ反論出来ないランだったが、「なにも出来ないからと言ってなにもやらないわけにはいかない」制止を振り切って蒼いウォクス――ウォクス・リンファに乗り込み、空に飛び出す。

だが、そこには捕えられた仲間を救おうと海底で探索をしていたイゾの乗るウォルンタスが再浮上。ウォーリア形態へ移行できないランはその弱点を見抜かれて取りつかれてしまう。

一方、キリウスと戦うまどか。キリウスたちの「自分たちの惑星の一大事のため」という言い分で自分たちの行為を正当化しようとする彼に激怒したまどかだったが、武器もなく戦うウォクスでは亜空ソードを振るうキリウスのリベルタルの前では不利。

それでも何とかリベルタルを鴨川市街から沖合の海洋上空にまで誘き出したまどか。そこにウォルンタスに取りつかれながらもまどかの前までやってきたランは、まどかに何も語らずただ戦わせていることを謝罪する。しかし、そんなランにまどかは――



≪感想≫

結局まどか、白刃取り全失敗なんですが(ノ∀`*)アイター

こういう時ってアレじゃないのか? 主人公補正がかかるもんじゃないの?www こう、一度目失敗しても二度目、二度目がダメでも「三度目の正直」で三度目は成功するものじゃないんだろうかw まぁ、三度目はランとリンファに出番を完全に持って行かれた感じだが。

全体的にシリアスストーリーとして考えればお粗末な部分もチラホラと見える。特にランがあっさりと恐怖を克服してしまったのは急ぎ足な展開だったと言わざるを得ないだろう。この点で今回は感想ブロガーや某掲示板で批難を集めそうだなーという予感はある。

だが、しかしこれがコメディストーリーとしたらどうだろう?

良い意味でスケールの小さいまどかのメタな発言(落花生畑やら一週間前に廃業になったお店とか)や上記の白刃取り、ロボットに無意味な首絞め、飛ばされた自動販売機のバッティング(幽遊白書のあのキャラの「首位打者剣」を思い出したw)など、コメディ要素も多く「ハートフルコメディロボット作品」として考えればそんなに悪くない。
(余談だが、シャーマン・スープレックスで敵は倒せて首絞めがダメってことは……どういうことなの?(笑) 首の付け根辺りにエネルギー供給ラインがあって、前者だとそれが破壊できるってことか?)

むしろ戦闘パートで完全に白けさせないギリギリのラインでコメディ要素を挟みこんでくるバランスは絶妙とさえ言える。
どうやら一般的には不評らしいまどかの「まるっ!」だが、今回はコメディ要素の一つとしていい方向に働いたのではないだろうか? あの場面で「早く逃げて!」だとシリアス過ぎて他のシーンに比べて不自然だ。かといって何も言わずにいなくなるというのも味気ない。ゆえにただロボットが「まるっ」とモーションをして同級生たちは「マジっすか」という呆然としながら良いツッコミが決まったわけだ。

まぁ、むしろ今回いろいろ言われそうなのは挿入歌の方かwww

一方で、ジャージ部と言うこともあって色気に乏しいまどか(笑)に代わって今回のサービス担当はラン。エンドカード含めて、「製作者、狙ってるな?(笑)」と思うほどラン推しなようだw 本当のサービス担当はもう一人の主役なのだろうが、彼女と違って目に見えてグラマラスな体形ではないが気品がある分、個人的には最終的にランの方が色気があるように見える。うん、色気って体形とか露出度で決まるんじゃないんだよ(`・ω・´)キリッ



◆コメディ要素の一方で不安要素多々……
最初の不安要素は、前回考察したようにやっぱり出て来た「代償」。力を持つものへのお約束とはいえ、やはりウォクスとの契約者に待つ運命はかなり過酷なようだ。キリウスたちがそれを知っているのかどうなのかは分からないが、少なくともランたちはそれについて理解している。

当然、そこに繋がってくるのはまどかの母親だろう。従姉のようこが「絶対にロボットなんかに乗せない!」と1話であそこまで意気込んでいたのだから、ロボット=ウォクスで、まどかの母親がウォクスとの契約の果てに待つ運命によって亡くなったという可能性も高い。


そんなようこの周囲も一変する。
モイドが打った手によってようこたちは正式に移動型地球防衛最前線基地ファロスへのゲート通過許可証を手にしたわけだ。一見すればモイドの御礼のように見える行為だが、画面の外で状況を見守っている私たちからすれば明らかな罠w モイドとしてはようこたちを取り込むことで、仮にまどかがウォクスの伝承(パイロットの行きつく果て)を知ってウォクスへの搭乗を拒否したとしてもようこたちを人質として使う気ではないかと、当然のように邪推してしまう(邪推であればいいのだが……)。

私たちはランやモイドたちレガリテ側から物事を見ていないから結局のところ、どちらの言い分が正しいのかという判断が今は出来ない。デメトリオ側もお約束のように真意は語らなかったし……。
もしかしたら、どちらも正しい言い分を持っているのかもしれないし、むしろその可能性の方が高そうだけど……。


さてはて、主人公側よりも人気が出そうなデメトリオ側の三人。彼らは戦力としてウォクスを必要としている、と思っている。それは今も変わらないが、もしかしたら……と思うところはある。

前回、ウォクスが兵器以上の役割を担っている可能性を考察した(第2話『鴨川スピリット』)。仮にその考察が遠からず近からずだったとして、その場合もしかしたらデメトリオの三人は自分たちの惑星を再生するためにウォクスを必要としているのではないか、とも考えられる。

即座に兵器としてウォクスが必要な場合、極力壊したくはないはずだ。どの道、地球の技術で補われているパーツは自国製のパーツに換装されるだろうし、それを考慮した上で「フレームが~~」という台詞だったのだろうし。
そうなると考えられるのは二つなのだ。

一つは本当に兵器としてのみウォクスを必要としているケース。
その場合、レガリテのモイドが言っていた「戦争」の相手はデメトリオであり、デメトリオはおそらくかなり劣勢に立たされていると考えられる。そのために形勢逆転の切り札がウォクスであるという可能性。

もう一つは先に挙げた惑星再生としてのウォクスを必要としているケース。
その場合、レガリテとしては地球からウォクスが持ち去られることで地球が死の星へ逆戻りすることへ懸念すると同時に、惑星再生をされては困るという思惑があるのかもしれない。


ちょっと思い浮かぶのは、ガンダムシリーズだろうか。特に『逆襲のシャア』やTV版『ガンダムW』。これらの作品は地球に住む住民と、宇宙でコロニーに住む住人との間で対立が起きており、宇宙側の一部の代表として主人公のライバルキャラが指導者として地球を「死の星」にしようと資源衛星や巨大戦艦を落下させようとしていた。

これらは主人公たちの奮闘や奇蹟とも言うべき過程によって防がれたわけだが、もしこれが成功したような文明があったとしたらどうだろう? その場合、惑星側(地球側)がデメトリオで、宇宙側(コロニー側)がレガリテになるだろう。レガリテとしてはせっかく惑星を死の星とすることで対立を解消するための一歩を踏み出し、某NT風に言えば「地球(惑星)の重力に魂を縛られた住民たち」を一掃できたのに、ウォクスで惑星を再生されたら意味がないわけだ。そうなると、レガリテ側としては惑星再生の切り札としてウォクスを持ち帰られると困るということになる。

最後の伝承はかなり不吉なもの。これだけ聞けばむしろウォクスは、惑星再生の切り札ではなく惑星破壊の禁じ手のような気もするが、それよりもやっぱり1話の「この星(地球)が死の星だった」という台詞の方が今のところは重いかな、と思う。そうなると、デメトリオがウォクスを求める理由はこの破壊能力だとも推察は出来るが……。


まぁ、こんな考察がどこまで正しいかわからないが、どちらにせよまどか含め地球人はそんな対岸の火事だと思っていたものにあっさり巻き込まれたわけだ。そりゃあまどかの「まずごめんなさいでしょうが!」という言い分も正しい。というか、あそこまでメタで狭いだけど正論を言い放ったパイロットがいただろうか?(笑

地球からすれば、極論を言えば他の星が消滅しようが、他の星の戦争がどうなろうが自分の星やその住民たちを犠牲にしてまで関わるようなことではないのは当然だ。田所司令官も、あんな皮肉だって言いたくもなるというものだ。


パイロットの運命、他の銀河系だか星系の争いごとに巻き込まれている事実、生まれも立場も違う主役三人と不安要素はあまりに多い。今はコメディだが、少しずつこれがシリアスへ傾倒していくのだろうなーと思うと、楽しみではあるが残念でもある。

あくまで「鴨川」が舞台となっているこの作品。あまり風呂敷を広げ過ぎると鴨川から飛び出して帰ってこなくなってしまいそう(笑)だが、そこをどう料理していくのか期待しよう。



次回『鴨川スイマーズ』 ランが「実は泳げない」というステキ萌え要素を持っていたりするのだろうか?(ぇ





≪TB先 参照リンク(URLアルファベット順)≫
赤字はTBが現在弾かれてしまっているBlog様です。
現在、nifty系、so-net系はほぼ全滅。livedoorは調子がいいと送れます。

・http://adria7.blog92.fc2.com/blog-entry-1155.html
・http://aircastle.blog11.fc2.com/blog-entry-2514.html
・http://alicetail904.blog42.fc2.com/blog-entry-1015.html
・http://ameblo.jp/brook0316/entry-11140255868.html
(http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201201230001/)
・http://ameblo.jp/gintoki-sakata-vol2/entry-11144267563.html
・http://ameblo.jp/wv002524/entry-11145654723.html
・http://animedouganews.blog44.fc2.com/blog-entry-2121.html
・http://animetureduregusa.blog65.fc2.com/blog-entry-1512.html
・http://beyondloop.seesaa.net/article/247910897.html
・http://blog.goo.ne.jp/nijigen-complex/e/ddd5cdc5a0c5
53176b53d9e287b16e18
・http://blog.livedoor.jp/soul_mu/archives/65643977.html
・http://blog.livedoor.jp/sumi4460/archives/67267867.html
・http://blog.livedoor.jp/rin20064/archives/52246436.html
・http://blog.livedoor.jp/voler/archives/52921317.html
・http://blogs.yahoo.co.jp/tebuku/30190793.html
・http://boricacid.blog79.fc2.com/blog-entry-390.html
・http://civer.blog122.fc2.com/blog-entry-4325.html
・http://coffeemonster.at.webry.info/201201/article_14.html
・http://crystalcage1102.blog.fc2.com/blog-entry-721.html
・http://disorellan.blog61.fc2.com/blog-entry-1433.html
・http://dokuatari.blog137.fc2.com/blog-entry-546.html
・http://e102128.blog54.fc2.com/blog-entry-1897.html
・http://gomarz.blog.so-net.ne.jp/2012-01-26
・http://hibikidgs.blog.fc2.com/blog-entry-1159.html
・http://hienkyaku.blog50.fc2.com/blog-entry-2493.html
・http://hyumablog.blog70.fc2.com/blog-entry-2728.html
・http://innamiblog.blog28.fc2.com/blog-entry-530.html
・http://kakioki60.blog129.fc2.com/blog-entry-1138.html
・http://kate555.blog59.fc2.com/blog-entry-1696.html
・http://kyotofan.net/books_anime/lagrange/rinne03/
・http://luvnail.blog46.fc2.com/blog-entry-1222.html
・http://marixanzu.blog60.fc2.com/blog-entry-141.html
・http://mikihara.blog70.fc2.com/blog-entry-2851.html
・http://muhanho.blog40.fc2.com/blog-entry-2435.html
・http://nanabachimemory.blog.fc2.com/blog-entry-305.html
・http://nextsociety.blog102.fc2.com/blog-entry-1770.html
・http://nikkananilog.blog.fc2.com/blog-entry-334.html
・http://norarincasa.blog98.fc2.com/blog-entry-723.html
・http://nukonekoinu.blog111.fc2.com/blog-entry-232.html
・http://okirakutama.blog108.fc2.com/blog-entry-317.html
・http://riksblog.fool.jp/public_html/mt5/anime/now/2012/01/
-03-50.html

・http://scriptor.blog54.fc2.com/blog-entry-1456.html
・http://seigenjikan.blog2.fc2.com/blog-entry-2233.html
・http://seraraku2.blog59.fc2.com/blog-entry-6413.html
・http://shino134.blog22.fc2.com/blog-entry-2809.html
・http://shittakaanime.blog86.fc2.com/blog-entry-564.html
・http://sironsiron.blog70.fc2.com/blog-entry-2170.html
・http://sorakakeruhosi.blog109.fc2.com/blog-entry-6177.html
・http://soraxcan.blog59.fc2.com/blog-entry-3122.html
・http://spadea.jugem.jp/?eid=14433
・http://subcul.jugem.jp/?eid=2363
・http://subcul.livedoor.biz/archives/51799182.html
・http://takotakotakoyaki.blog52.fc2.com/blog-entry-3882.html
・http://teleani.blog62.fc2.com/blog-entry-1186.html
・http://timediver2010.blog27.fc2.com/blog-entry-2546.html
・http://tsukataga.blog54.fc2.com/blog-entry-857.html
・http://ttyuasa.blog69.fc2.com/blog-entry-308.html
・http://uitosou.blog136.fc2.com/blog-entry-392.html
・http://vnr2034.blog133.fc2.com/blog-entry-1482.html
・http://wendykai.blog60.fc2.com/blog-entry-1672.html
・http://yasu92349.at.webry.info/201201/article_28.html
・http://zaregoto2nd.blog95.fc2.com/blog-entry-1579.html

もしよろしければ、拍手ボタンをポチッと押して下さいm(_ _)m 管理人のモチベーションが上がります(ぉ 
Web拍手に頂いたコメントは後日『Web拍手レス』にてお返事させていただきます。

Comment

 

普通は戦闘シーンてシリアス一辺になりやすですが
コメディーチックになりながしっかりシラけさせないのは好感持てますね、ただランがもう少し乗るのをためらったりすれば盛り上がったかもと思いました
それと敵には武器はあるのになんでまどか達が乗っている機体には武器はないのか少し気になりますが変に武器を持たせるとアクションが固定されることもあるのでまだ持たせないかもと自分は考えていますがどうなんでしょう
  • posted by ゼロ 
  • URL 
  • 2012.01/25 18:57分 
  • [Edit]
  • [Res]

>ゼロさん 

こんばんは。

>ただランがもう少し乗るのをためらったりすれば盛り上がったかもと思いました
そうですね。でもあそこでためらうと、もうきっかけがなくなっちゃいそうですからねw

>はあるのになんでまどか達が乗っている機体には武器はないのか少し気になりますが
そうなんですよね。演出上なんですけど、設定的にはあんなドでかい移動基地まで作っておいて専用武装ゼロってのはさすがに矛盾してるんですけどね……。
  • posted by 月詠 
  • URL 
  • 2012.01/26 19:49分 
  • [Edit]
  • [Res]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

Trackback

トラックバック URL
»»この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

輪廻のラグランジェ 第3話 鴨川にランの花咲く

輪廻のラグランジェ 第3話。 ランの出撃とジャージ部魂。 以下感想

輪廻のラグランジェ 第3話 『鴨川にランの花咲く』

「超ジャージ部魂じゃん!」 笑ってよ、同士!

輪廻のラグランジェ 第三話「鴨川にランの花が咲く」

面白いなぁ・・・この作品。 僕としては、今期は、メカデザ以外は普通に面白いなぁ。と、思ったりするわけですが。 面白いぞ、このロボットアニメ。 ロボットアニメとしての面白さは、及第点ですよ。 色...

輪廻のラグランジェ  3話 「鴨川にランの花咲く」

こ の 惑 星 伝 統 の 必 殺 技 。                 

輪廻のラグランジェ 第3話 「鴨川にランの花咲く」 感想

乗り越えたその先に。 輪廻のラグランジェ 第3話 感想です。

輪廻のラグランジェ 第三話 感想

今助けに行くからね、鴨川ぁあああ! 「輪廻のラグランジェ」第三話感想です。 輪廻のラグランジェ 1 (初回限定版) [Blu-ray](2012/03/23)石原夏織、瀬戸麻沙美 他商品詳細を見る

輪廻のラグランジェ 第3話「鴨川にランの花咲く」 感想

もう大丈夫だから、同志 まどかの信念はどんな状況でも揺らぐことはない! ジャージ部魂は敵味方を問わず周りの人間に多大な影響を及ぼしますね。

輪廻のラグランジェ #3「鴨川にランの花咲く」感想

相も変わらず緊張状態が続く展開まどかは街のみんなを守る為に紛争しますウォクスを起動するには何か隠された大事なモノがあるみたいですね堂々と白刃取りを失敗するなよ!畑荒らされたり更地を覚えていたりとこの子は本当に街を愛しているのですね劣勢であったまどかを助...

輪廻のラグランジェ 第3話 鴨川にランの花咲く 感想

キリウスさんマジネタキャラwwww イゾもかませだし、アレイにいたっては監禁されてるし、美形トリオはラグランジェのネタ要員なのかwww 話の方はどうにも重くなりそうなので、今のうちに百合百合してほしい(えー

輪廻のラグランジェ 第3話「鴨川にランの花咲く」 感想

南房総が危ないッ・・・!! なんでしょうね、町が救われてマジで良かったって思えるのは私が房総の民だからなんでしょうか。 南房総には祖母の家もあるのでまどかには本当に活躍してもらわなきゃです(笑)。 にしても今週も神懸かった面白さでしたね! 今期で...

輪廻のラグランジェ 第3話 「鴨川にランの花咲く」 感想

戦闘回のようでいてギャグ回でもあったような。 まどかは、ちょっとズレた子ですよね。 まさか戦っている最中に、ジャージ部のテーマを歌いだすとは思いませんでしたよ。 3機目の敵に苦戦するまどか...

『輪廻のラグランジェ』3話『鴨川にランの花咲く』レビュー♪(『素晴らしいロボのデザインとアクション』『まどかとランの心温まるやり取り』が最高!3話にして『大化け』しました!)

    感想 :  ランの『ウォクス』が初めて変形 するところからまどかを 『真剣白刃取り』 で助けるまでの 一連のシーンは 鳥肌モノ!   このアニメ 一気に『大化け』 しました!           ...

輪廻のラグランジェ 第3話「鴨川スピリット」

ロボットを動かすのは 乗り手の心しだい。 上手く動かせるかどうかも 善悪どちらかに使うかも。 すべては乗る人しだいで 変わってしまう。 乗り手の心の鏡となる部分に 人は魅かれてしまうのですかね。...

輪廻のラグランジェ 3話

まどかさんがなぜこんなにも素敵なのかを考えた。 ロボに乗って、出撃するわけだが。 戦ってるつもりは、ないんだよなぁ。 彼女は、守ってるんだよなぁ。 大好きな街を。そこに住んでる人々を。 高らかに...

輪廻のラグランジェ 第03話 『鴨川にランの花咲く』

ようやくランも参戦。わりと展開がゆっくり目ですね。ムギナミもメカに乗るらしいのですが、三体揃うのはいつになるんだろう。 まどかに頼んでおきながら、自分はウォクスに乗れない。適性が無いんじゃなくてトラウマでダメというのがミソです。それでも思い余って出撃し?...

輪廻のラグランジェ #3「鴨川にランの花咲く」

心に響ーく声ーが聞こえたら♪ ジャージ部は鴨川の味方 輪廻のラグランジェ第三話のぶっきら感想

輪廻のラグランジェ 3話「鴨川にランの花咲く」感想

ランちゃん完 全 復 活!! ランちゃんが過去と決別する大事な回の筈なのに周りがひど過ぎるwww

「輪廻のラグランジェ」第3話

同志… 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201201230001/ 輪廻のラグランジェ 1 (初回限定版) [Blu-ray] バンダイビジュアル 2012-03-23 売り上げランキング : 75 Amazonで詳しく見る by G-Tools

輪廻のラグランジェ 第3話 感想「鴨川にランの花咲く」 

輪廻のラグランジェですが、京乃まどかは敵に囲まれてピンチです。隊長は撤退するよう言いますが、まどかは街を守る為に闘います。敵は自分の星がやばいのでまどかたちに応援に来て欲しいそうですが、まどかは鴨川市のみなさんに迷惑かけてんじゃねえよと大層ご立腹で話し...

輪廻のラグランジェ 第3話 「鴨川にランの花咲く」 感想

ですよねー(笑) 白羽取り失敗しちゃったでござる(つ∀-) ―あらすじ― 青い海の広がる千葉県・鴨川市。 明るさと行動力が自慢の京乃まどかは、鴨川女子高校・ジャージ部のたったひとりの部員として...

輪廻のラグランジェ   ~  第3話 鴨川にランの花咲く

輪廻のラグランジェ   ~  第3話 鴨川にランの花咲く 青い海の広がる千葉県・鴨川市。 明るさと行動力が自慢の京乃まどかは、鴨川女子高校・ジャージ部のたったひとりの部員として、今日も人助けに奔走...

輪廻のラグランジェ 第3話 「鴨川にランの花咲く」 感想

奥さんのパイロットは謎の儀式を、強いられているんだ! あらすじ 従姉妹であるようこの言葉で元気を取り戻し、再び戦いへ戻ったまどか。そんな彼女の前に現れたのは、デ・メトリオ恒星系から来た三人のリ...

輪廻のラグランジェ 3話「ランのポーズがエロい!まどかは最高に可愛い!」(感想)

今回は最高に面白い! 見ごたえある戦闘シーンの連続! ランのエッチな描写! 何もかもが素晴らしい3話でした! まどかの可愛さにメロメロです! という事でこの作品のファンになりました!   http://4wd555.blog.fc2.com/blog-entry-536.html

輪廻のラグランジェ感想/第03話「鴨川にランの花咲く」

「私、忘れてた」(フィン・エ・ルド・スイ・ラフィンティ)  アニメ『輪廻のラグランジェ』第三話「鴨川にランの花咲く」のネタバレ感想です。公式HPによれば、ウォクス・リンフ ...

『輪廻のラグランジェ』 第3話「鴨川にランの花咲く」 ― 心に響く声を伝えたい。

鴨川にたなびく青の光条。ウォクス・リンファ、飛翔! 輪廻のラグランジェ 2 (初回限定版) [Blu-ray](2012/04/20)石原夏織、瀬戸麻沙美 他商品詳細を見る 前回は「ジャージ部なんてやめちまえ!」という...

■輪廻のラグランジェ【第3話】鴨川にランの花咲く

輪廻のラグランジェ #03の視聴感想です。 交渉。 戦闘。 決意。 謝罪。 ケジメ。 伝説。 だから……笑ってよ同志! ↑さぁポチッとな

アニメ「輪廻のラグランジェ」 第2話 鴨川スピリット

輪廻のラグランジェ 1 (初回限定版) [Blu-ray](2012/03/23)石原夏織、瀬戸麻沙美 他商品詳細を見る お前何様!?やってやるなんて思ってっから、動かないんだよ! 「輪廻のラグランジェ」第2話のあらすじと...

輪廻のラグランジェ 第3話 「鴨川にランの花咲く」 感想

予告映像を観たときに心をくすぐられるいいサブタイトルだなって思いました。その通りに面白くて、いいお話でした。

輪廻のラグランジェ 第3話 「鴨川にランの花咲く」

輪廻のラグランジェ 第3話 「鴨川にランの花咲く」 です。 <キャスト> 京乃まどか:石原夏織 ラン:瀬戸麻沙美 ムギナミ:茅野愛衣 キリウス:野島健児 イゾ:吉野裕行 アレイ:松岡禎丞 モ...

輪廻のラグランジェ 第3話 鴨川にランの花咲く

<感想>  まどかのオービットとキリウスとの戦い・・。しかし、ランは、ヴォクスを動かすことが不安だった。 しかし、今度はキリウスのほうが強かったようだ。  ヴォクスとキリウスとの通信で、「鴨川の人たちにあやまれ」といったが、キリウスは、戦闘をかけてきた...

輪廻のラグランジェ 3話「鴨川にランの花咲く」

一歩を踏み出したランと地元を守りたいまどか。 TRY UNITE!/Hello!(初回限定盤)(DVD付)(2012/02/01)中島愛商品詳細を見る

輪廻のラグランジェ第3話感想。

地上戦ってか、ご当地戦(笑) 元気天然娘vsアホ真面目貴公子(汗) 以下、ネタバレします。ご注意を。

輪廻のラグランジェ 第3話「鴨川にランの花咲く」

怪作すぎるでしょう、このロボットアニメwww

輪廻のラグランジェ 第3話「鴨川にランの花咲く」

鴨川市がえらいことになってます~ なぜ海上戦に誘わなかった 市民がふつーに歩いてたのがww 女の子パイロットにも容赦しない敵さん。 運動神経抜群のまどかも押され気味。 まどかを助けたい一心でラ...

輪廻のラグランジェ 第3話の感想

うひょ~~。 輪廻のラグランジェ 第3話「鴨川にランの花咲く」 の感想です。 輪廻のラグランジェ 1 (初回限定版) [Blu-ray]新品価格¥4,357から(2012/1/23 20:07時点)

輪廻のラグランジェ・第3話

「鴨川にランの花咲く」 ようやくウォクスを操ることができたまどか。しかし、そんなまどかの前に、イゾの助力に、キリウスまで現れる。まどかと、キリウスの交戦状態を前にしてランは…… 「できることは...

輪廻のラグランジェ 第3話 「鴨川にランの花咲く」

ご依頼、お断りさせていただきます! 良い意味での緊張感のなさが心地よい「輪廻のラグランジェ」第3話の感想。 ロボットアニメって良くも悪くもクドさが売りだと思うのだけど、このアニメは今のとこ...

輪廻のラグランジェ 第3話「鴨川にランの花咲く」

輪廻のラグランジェ 1 (初回限定版) [Blu-ray]まじめな戦い、笑わせていただきますw というわけで、真剣な戦いのはずなのに奇想天外な技?が出過ぎて笑えるお話。

輪廻のラグランジェ 第03話 「鴨川にランの花咲く」

大門ダヨ 前回現れた、もう一体の敵と交戦中 鴨川を守る為、まどかは戦う ロボットの戦いなのに取っ組み合いすかww

アニメ感想 輪廻のラグランジェ 第3話「鴨川にランの花咲く」

アニメ感想 輪廻のラグランジェ 第3話「鴨川にランの花咲く」

輪廻のラグランジェ 3話感想

サブタイトル「鴨川にランの花咲く」 「あれが太古より伝わる幻のオービット、ウォクス……美しい…」 まどかを2対1の挟み撃ちにしたイケメン宇宙人三人組の三人目がため息を漏らします。 …て、いい加減この...

輪廻のラグランジェ 第3話 鴨川にランの花咲く

サブタイトルから予想はしていましたが、2対1の窮地に立たされたまどかを援護するため、ランが出撃。 ウォクスの伝説に恐れを抱いていて、ウォクス・リンファをウォーリア形態に変 ...

輪廻のラグランジェ 第3話

「鴨川にランの花咲く」 ごめんなさいは? ━━鴨川のみんなにごめんなさいでしょ! まどかの鴨川愛www  街を護り、歌いながら戦う余裕なまどかに恐れ入りますね(^▽^;) 輪廻のラグランジェ 1 (初回限定版) [Blu-ray] (2012/03/23) ...

輪廻のラグランジェ 第3話「鴨川にランの花咲く」

あらすじ・・・新たに現れた敵に苦戦するまどか。それもそのはず、まどかは町に被害が出ないように戦う場所を考えながら戦っていた。そんなまどかの姿に戦う決意をするラン。

輪廻のラグランジェ #03 鴨川にランの花咲く

畏れを乗り越え、ついに覚醒したラン。 ウォクス・リンファ起動、そして真剣白刃取り!? 

(アニメ) 輪廻のラグランジェ 第3話 感想

第3話 「鴨川にランの花咲く」

輪廻のラグランジェ 第3話 「鴨川にランの花咲く」感想

輪廻のラグランジェ 第3話 「鴨川にランの花咲く」感想 田所さんの『へ』の口って今回から修正入ったのかな。 前回とちょっと形状が違うんだけど…残念なんだけど…

輪廻のラグランジェ 第3話

ウォクス・アウラに搭乗するまどかの前に、リベルタスに搭乗するキリウスが立ち はだかる。 まどかはリベルタスの亜空ソードを真剣白刃取りで止めようとするが、見事に外れて ウォクスの頭で受け止めることになってしまう。 押され気味のまどかは、鴨川のみんなの迷惑...

「輪廻のラグランジェ」 第3話『鴨川にランの花咲く』

 第3話「鴨川にランの花咲く」  「あれが、太古より伝わる、幻のオービット・・・ウォクス・・・」  鴨川市を背に現れた、キリウスのリベルタスに、みんなが住んでいて危ないと、鴨川を 守る...

ノーフラグ戦法(ガンダムAGEとかあの夏で待ってるとか)

【海賊戦隊ゴーカイジャー 第47話】バスコさんの相棒・サリーさんの最後の巻。ついにバスコさんと最終決着をつけるお話になりましたが、結局彼は単なる極悪非道な裏切り者という ...

輪廻のラグランジュ 第3話 鴨川にランの花咲く

まだ名前覚えてないんだけど 青い髪の娘は使えないんだね。 ええええええええええ 真剣白刃取り失敗w 直撃w 千葉県名産落花生 峰打ちモード

輪廻のラグランジェ 第3話 鴨川にランの花咲く レビュー

やっと、まどかが戦える状態になったものの、イゾの他に キリウスもやってきてしまった… あれが太古より伝わる幻のオービット…ウォクス… 美しい… ヌヌっ 太古より伝わる??そんな太古のマシーンなの? まどかは鴨川の街を守る為にキリウスのオービット・リベルタ...

輪廻のラグランジェ 第3話「鴨川にランの花咲く」・・・当たってんじゃん

ド素人の女子高生にお任せ状況では、田所司令もツッコミ入れなきゃやってられんでしょうね(苦笑)。 それはともかく、サブタイからしてランがそろそろ覚醒してウォーリア形態に変形できるようになるんだろうなとは予想してましたが、活躍の場が、まどかが2度失敗した白刃...

左サイドMenu

カウンター

祝2,000,000Hit達成♪ とうとう大台突破。これも皆様のおかげでございます(o ̄∀ ̄)ノ

カレンダー(月別)

10 ≪│2019/11│≫ 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

ガンダムシリーズ

◆新機動戦記ガンダムW◆

新機動戦記ガンダムW BD-BOX1

OVA・続編含め『新機動戦記ガンダムW』全般を応援してます♪
ガンダムW関連 まとめページ
感想、用語、企画など全ページへのリンクがあります。ご利用ください

2016/05/04 12巻分の用語一部更新しました

《用語》
用語集
ア行
カ行
サ行
タ行
ナ行
ハ行
マ行、ヤ行
ラ行、ワ行
英字行
登録キャラクター名一覧
キャラクター詳細
ア行
カ行
サ行
タ行
ナ行
ハ行
マ行、ヤ行
ラ行、ワ行、英字行

メカニック図鑑
メカニック用語詳細
年表

《企画》
年代考察
勢力図まとめ
AC暦におけるMS史(コラム)

◆ガンダムモビルスーツバイブル◆

GMB001_20190322210057cc3.jpg

まとめページ

◆機動戦士ガンダム00◆

GUNDAM OOQ
用語集などは特にありませんが、劇場版の感想は全十回というボリュームでコラム風に書かせていただきました。よろしければどうぞ。
ガンダム00関連 まとめページ

◆鉄血のオルフェンズ◆

81TuctHvlZL__CR88,0,1536,1536_
各回の感想のまとめだけ。
鉄血のオルフェンズ まとめページ

米山シヲ 応援エリア

◆梅衣堂ひよと旦那様の野望◆

1-2-2

『梅衣堂ひよと旦那様の野望』待望第1巻発売中

月刊少年ガンガンで現在連載中『梅衣堂ひよと旦那様の野望』を応援中。『ブラクロ』と同じように独自用語集も製作中!

公式特設ページ

独自用語集
第1巻

◆ブラッディ・クロス◆

ブラクロサムネ

月刊少年ガンガンで完結した『ブラッディ・クロス』をプッシュしています♪ 独自用語集あります! 

公式特設ページ

独自用語集
キャラ紹介-混血勢力-
キャラ紹介-天使勢力-
キャラ紹介-堕天使勢力-
キャラ紹介-アルカナ-
キャラ紹介-神葬-
キャラ紹介-その他-


最近の記事

最近のコメント

<>+-

最近のトラックバック

メールフォーム

管理人に何か言いたいことがあれば、ここからどうぞ♪

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード

QR

友達申請フォーム

FC2ブログランキング

FC2のブログランキングに参加中♪ 気に入っていただけたなら、一押しして下さい。

FC2ブログランキング

右サイドメニュー

義援金募集

FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして

検索フォーム

管理人から一言

お知らせ

管理人からのお知らせです。

PS4ゲーム『JUDGE EYES:死神の遺言』プレイ中。

『ガンダムW FT』コンテンツは不定期更新です。現在は11巻分までの感想と用語の更新を完了しました。

『ブラッディクロス』全12巻発売中! 用語集更新は全て無事終了致しました。

文庫・単行本(キャラクターノベル含む、ライトノベル含まず)の著者名別リストに移行しました。さすがに増え過ぎた(笑


今期の週間感想予定
日曜日:-
月曜日:-
火曜日:-
水曜日:-
木曜日:-
金曜日:-
土曜日:-
不定期:ピックアップ感想、ゲーム感想、模型関連など


場合によっては急遽順序等の変更もありますが、ご理解いただけますようよろしくお願いします。

管理人プロフィール

月詠

Author:月詠
埼玉県某所在住の34歳社会人。性別♂。名前は「つくよみ」と読む。

世知辛い世の中で嬉しいことも泣きたいこともサブカルチャーたちに救われています
詳細な自己紹介はこちら(2019版)。それ以前のものはこちら

コメント・TB、相互リンク受付中。下記の運営方針に詳細を記載しております。無条件に大歓迎と言うわけではありませんが、大部分の方は歓迎出来るかと思いますw

以下、ショートカット。
◇閲覧上の注意や規約など
Blogの運営方針・利用規約
他のBlog様と大差ない運営・利用規約ですが、初閲覧の方は簡単でも良いので読んで頂けるとありがたいです。閲覧、コメント等される方は利用規約を了承していると判断させていただきますので、「知りませんでした」は通用致しません。


◇アニメについて
アニメの評価について
歴代アニメ評価一覧
アニメアウォーズ! 受賞一覧


◇ゲームについて
ゲームの評価について
歴代ゲーム評価一覧


◇ブックス(本)について
小説の評価について
ブックレビュー一覧
   あ行の著者
   か行の著者
   さ行の著者
   た行の著者
   な行の著者
   は行の著者
   ま行の著者
   や行の著者
   ら行の著者
   わ行の著者
   複数の著者・その他
 文庫・単行本(キャラノベ含む、ラノベ含まず)は上気の著者名別になっています。

◇プラモデルについて
完成品一覧(グレード別)
完成品一覧(シリーズ別)
完成品一覧(トイ、フィギュア等)

◇その他リスト一覧はこちら
テレビ&シネマ
CD&DVD&BD
TYPE-MOON関連

ツリー式カテゴリー

openclose

アニプレッション!!

アニプレッション!!
アニプレッション!!とは

アニプレッション!!は、アニメブロガー達の合同ブログです。アニメについての問題意識・感想・考察・批評等の諸言説を発表し、アニメを語る事の面白さを伝える事が目標です。自分も末席に加えさせていただいております。
現在活動停止です

以下、アニプレッション!!メンバーのBlogです。

相互リンク(更新停止)

残念ながら一年以上の更新がない相互リンク先の方々です。サイト消滅の場合は消させていただきます。いずれまた復活し、交流が持てることを期待しています……