FC2ブログ

刹那的虹色世界

アニメ・ゲームのあらすじを主体とした感想や批評のブログ。時折、日記・声優・コミック・スポーツなど幅広くレビューしています。リンクフリー、相互リンク大歓迎♪

Entries

機動戦士ガンダムAGE 第2話

機動戦士ガンダムAGE 第2話
『AGEの力』


※辛辣な評価の記事となっている可能性があります。『AGE』を観て感動だったという方、作品が辛辣に評価されることを嫌う方はプラウザの「戻る」ボタンを押すことをオススメします。


≪あらすじ≫
突如として未確認の機動兵器型の存在UEの攻撃を受けたスペースコロニー・ノーラ。フリットと彼の開発した“ガンダム”のおかげで一時的に敵をコロニー外へと押し戻すことに成功したが、コロニー外部の宇宙空間からの攻撃は続いていた。そして、遂にノーラの外壁の一部が損傷。スペースコロニーの均衡が崩れ始める。

ノーラ崩壊まで6時間。

ヘンドリック司令は連邦軍の新造戦艦ディーヴァを使い、コロニー市民を避難させた中核ユニットを牽引して脱出する案を採用する。ことは一刻を争う事態。正規パイロットへの引き継ぎも出来ぬまま、フリットは再びガンダムに搭乗し、ディーヴァを目指す。

その途中、彼はユリンという謎の力を持つ少女と出会うが――



≪感想≫
1話よりは良いかな、と思った。

でも1話でフリットかと思ったら、2話はエミリーが暴走。だってこれで14歳なんだぜ? いや、それは偏見かもしれないけど、14歳って私たちが思っている以上にもっとちゃんと状況を読める大人だと思うが。これはヒロインとしてはエミリーよりもユリンに注目すべきかも。でも、そのユリンもニュータイプ的なパワーを発揮してしまったからなぁ。この力にもちゃんと意味づけがあるのか不安。

そもそも、『AGE』という作品は裏付けが足りない。弱いと言うべきなのか。とにかく根拠となる部分が薄過ぎる。だから私のように一部の視聴者は「子供っぽさが過ぎる」と批難するのかもしれない。

ニュータイプ、コーディネイター、イノベイター。これまでガンダムシリーズの多くで取り入れられてきた、進化した人類の力。そこには大きな意味があった。そうした特殊な力が出てくる必要性があったのだと、ストーリーが証明してくれていた。

もちろん『AGE』はまだ2話。全何話で放映されるか解らないが、このユリンのニュータイプ的パワーはまだまだ触れられていない部分なだけに、せめてこの力だけはストーリー的に「必須だった」と思わせるような展開を期待したい。


というのも、ガンダムもAGEシステムも「夢のようなシステム」どころか「夢」でしかないから(苦笑 思い返せば、あのガンダムは何で動いているのか。どんな装甲を使っているのかなどがサッパリわからない。UEのビームを受けても目立った損傷のない装甲だが、その技術があれば連邦軍のMSはもっと強くなれたはず。でも、そうじゃなかった。そこにはガンダムに採用された装甲だからこそ、という部分があるはずなのにそれが明示されないから、裏付けが弱いと感じてしまう。

AGEシステムは確かに画期的なシステムだと思う。敵との戦闘データを基に、新しい武器を設計し組み立てるという発想は学習コンピュータに近く、理にかなったシステムだ。だが、問題はそれをあの短時間で作り上げてしまう部分。フレームから削り出してあっという間にビームライフル(ドッズライフル)。それを単一の金属から作り上げるなど「夢」以外の何というのか。

フレームや基礎部材ならまだしも、その金属で制御用半導体やセンサーユニットも作り上げたというのだろうか。ビームライフルを使うなら当然エネルギー供給ラインがあって、供給されたエネルギーを高めてビームとし、さらに劇中の説明のように「ドリルのように高速回転させ」、おそらくエネルギーを臨界に達しさせて従来型を超えるビームを発射するのだろう。が、武器が出来れば使えるわけではない。使うためには出力調整のほか機体側にもその武器を使うための制御OSが必要になるはずだが、それを無視して「出来れば使えよ」な流れは、1話のガンダム同様にアバウト過ぎる。まるでアンパンマンだ(アンパンマン、新しい顔よ⇒ガンダム、新しい武器よみたいな)。

なんかもうUEよりガンダムの方が異星人みたいな感じ。こう、人間の中にある既存の理論や在り方が最初から当てハマらない、という意味で。


ストーリー的には『SEED』を観ている感じがしてきた。基本的な序盤の流れはたぶん『SEED』と同じになるような気さえしてきた。まぁ、それは良い。『SEED』もいろいろ言われている作品だが、それは主に『DESTINY』であって『SEED』単体の評価は私も高いし、一般的にも高い。「『SEED』で終わっていれば」とは良く耳にする話である。

話が少しそれたが、ストーリーとして序盤は『SEED』をなぞる展開になっても文句はない。どの道、描くべきものが違うため中盤以降は『SEED』と同じにはなり得ないし。

一つ懸案事項があるとすれば、ガンダムだろうか? 現状発表されているガンダムのバリエーションはノーマル含めて三種類。『SEED』でもノーマル含めて四種類のバリエーションが主人公ガンダムに与えられていた。
『SEED』のガンダムは換装システムが売りで、『AGE』では進化するシステムが売り。そのためのバリエーションのはずだ。
だが、実際に劇中でそれが活かされるかどうかという不安があるのだ。『SEED』の場合、結局劇中でのバリエーションは初期の四種類のままだったのは今でも悔やまれる。せっかくある換装システムなのに、初期の装備しかないから活かしきれていなかった。

『AGE』も前述のようにAGEシステムがある。AGEシステムを出してしまった以上、この先ガンダムには進化が求められるわけだ。すでに発表済みのノーマル含めた三種類だけで終わってしまうようなら、それは『SEED』の二の舞であり、設定を活かせなかったことに等しい。

ぜひとも『AGE』にはそうした反省を教訓にして、どんどん進化をし新しいバリエーションが出てきてほしい。



≪連絡事項≫
基本的に『AGE』はこちらからTBは送らない方針を固めた。あしからず。

というのも、私が書く記事が予想以上に批判的で、そしてそうした記事が一部の方々の感情を煽ってしまっているのだと前回の記事を書いて痛感したからだ。いろいろな意見があって然るべきだと思うし、私も批判する以上その批判に対する批判があるのも承知の上。だから記事も批判の根拠となる部分や代案を出して、出来る限り論理的に示し、根拠なき感情的な誹謗・中傷になるのは避けているつもりだが、それにも限界がありそうなのだ。

何より、TBを送られてきて相手の記事へ行って記事を読んでみたら批判記事だった、というのはなんかこう相手に失礼な気がしてしまったのだ。「良いところは良い、悪いところは悪い」と書く私のスタンスはどの記事でも変わらないけれど、あまりに批判だらけの記事をTBとして送るのはさすがに自重すべきだと考えたわけだ。まして、単純にTB数やそれによるアクセス数を稼ぐだけのTB送信は、少なくともこの『AGE』という作品ではすべきではないと結論付けた。

それは『AGE』が特殊というより『AGE』の記事が批判的過ぎるから。それは『AGE』という作品が好きで愛している方々に失礼というもの。『AGE』だって良いところはあるし(あまり触れていないだけで)、そこに注目して好きでいてくれる視聴者がいるのなら、それはきっと喜ばしいことだと思う。

なので、こちらからはTBは送らない方針で(引用など言及する部分があった場合は別だが)。もちろんTBが送られてくれば、それは私の批判要素の多い記事を容認していただいたと解釈して、TBを返させていただきます。

≪TB先 参照リンク(URLアルファベット順)≫
赤字はTBが現在弾かれてしまっているBlog様です。
現在、nifty系、so-net系はほぼ全滅。livedoorは調子がいいと送れます。

・http://animumeso.blog101.fc2.com/blog-entry-2862.html

もしよろしければ、拍手ボタンをポチッと押して下さいm(_ _)m 管理人のモチベーションが上がります(ぉ 
Web拍手に頂いたコメントは後日『Web拍手レス』にてお返事させていただきます。

Comment

自分は楽しめましたね、同志Tと違って頭空っぽにして見たからでしょうが 

まあ子供向けアニメに大人が息巻いてどーすん……は? これガンダム? ま・さ・かw
真面目に中身の評価? うーん、漫画やアニメでよく見る“穴あきチーズ”かな、敢えて意味は語りませんが

まあ本格的な判断は「三話まで見てからにしてくれ」って公式で言ってますので、来週以降にしますが……この調子なら福島の放射能被害が一瞬で解決するレベルの奇跡が必要ですね
  • posted by ユキ@就活中 
  • URL 
  • 2011.10/17 15:20分 
  • [Edit]
  • [Res]

>ユキ@就活中さん 

>まあ子供向けアニメに大人が息巻いてどーすん
そこですね。確かにこれは子供向けのアニメなのです。ただ、「ガンダム」の冠を持つ作品として「子供向けだから」の一言で片づけて良いのか、ということですよね。「それならガンダムじゃなくても良くね?」と思ってしまうw

>この調子なら福島の放射能被害が一瞬で解決するレベルの奇跡
その言い方は、的を射てますね。それくらいの奇跡的などんでん返しがないと、本格的な評価で良い線を行くのは難しいですね。
  • posted by 月詠 
  • URL 
  • 2011.10/17 15:52分 
  • [Edit]
  • [Res]

子供向け 

確か朝日新聞の記事で読んだんですが、ガンダムは子供達に認知されてないんですって。
だから今の大人ファンが年をとって死んでしまえばそれで終わり。この作品は新たなガンダム世代を作る作品なので、裏付けなど難しいお話はなるだけ少なくするようです。
ガンダムじゃなきゃ意味がないって事です。
  • posted by アスラン 
  • URL 
  • 2011.10/20 09:59分 
  • [Edit]
  • [Res]

>アスランさん 

こんにちは。

>確か朝日新聞の記事で読んだんですが、ガンダムは子供達に認知~
ほぉ、そうだったのですか。知りませんでした。

>だから今の大人ファンが年をとって死んでしまえばそれで終わり。
それは違いますね。『SEED』『OO』が放映されていた近年、ガンダムのファンの最下層はおそらく十代後半から半ばくらいといったところでしょうか。その彼らが「死んで終わる」まで、まぁだいたい4~50年と言ったところ。それを懸念して子供向けを作るというのはナンセンスです。

似たような状況は一度は途絶えたTVシリーズが復活した1990年代半ばにありましたが、『V』『G』『W』『X』と子供向けとはいえない十分な裏付けと設定(まぁ『G』をそれにどこまで含めて良いかはともかく)がある作品があって、現在の状況になっています。

『SEED』はここ数年では売り上げ面ではもっとも売れたガンダムで、『OO』は19年ぶりの完全新作の劇場公開まで辿り着いた作品。

ガンダムにはガンダムの路線があって、その路線をわざわざ打破してまでこの作品を“ガンダム”でやらないといけないのか、と思うとやっぱり疑問です。新たなガンダム世代を作るのなら、それは小学生向けじゃないといけないのか、ということです。

ここまでの演出的に『ウルトラマン』や『仮面ライダー』、あるいは『勇者ロボ』シリーズに近く、ガンダムでやる必要性を感じませんね。第一、『AGE』から入った人がほかのガンダムシリーズに手を出して受け入れる可能性って、個人的にそんなに高くないと思う。まるで路線が違うし、それじゃあこれから先ずっと『AGE』みたいなガンダムを作っていくのかと言えば、そうでもないわけで。

まぁ、難しいですね。少なくとも私はガンダムである必要性は今のところまるで感じてませんね。

  • posted by 月詠 
  • URL 
  • 2011.10/20 12:22分 
  • [Edit]
  • [Res]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

Trackback

トラックバック URL
»»この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

機動戦士ガンダムAGE 第2話 「AGEの力」

UEに襲撃され崩壊に向うコロニー。住人を避難させるにはとても間に合わない。総司令は住民を救うべく新造戦艦によりコロニーの内部ごと引き抜くという大規模な救出作戦を試みる。一方ガンダムに搭乗したまま宇宙空間に投げ出されたフリットはそこで敵MSと遭遇し・・・

機動戦士ガンダムAGE「第2話 AGEの力」/ブログのエントリ

機動戦士ガンダムAGE「第2話 AGEの力」に関するブログのエントリページです。
  • from anilog 
  • at 2011.10.18 02:01

左サイドMenu

カウンター

祝2,000,000Hit達成♪ とうとう大台突破。これも皆様のおかげでございます(o ̄∀ ̄)ノ

カレンダー(月別)

03 ≪│2021/04│≫ 05
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

ガンダムシリーズ

◆新機動戦記ガンダムW◆

新機動戦記ガンダムW BD-BOX1

OVA・続編含め『新機動戦記ガンダムW』全般を応援してます♪
ガンダムW関連 まとめページ
感想、用語、企画など全ページへのリンクがあります。ご利用ください

2016/05/04 12巻分の用語一部更新しました

《用語》
用語集
ア行
カ行
サ行
タ行
ナ行
ハ行
マ行、ヤ行
ラ行、ワ行
英字行
登録キャラクター名一覧
キャラクター詳細
ア行
カ行
サ行
タ行
ナ行
ハ行
マ行、ヤ行
ラ行、ワ行、英字行

メカニック図鑑
メカニック用語詳細
年表

《企画》
年代考察
勢力図まとめ
AC暦におけるMS史(コラム)

◆Gジェネクロスレイズ◆

GCR119.jpg

まとめページ

◆ガンダムモビルスーツバイブル◆

GMB001_20190322210057cc3.jpg

まとめページ

◆機動戦士ガンダム00◆

GUNDAM OOQ
用語集などは特にありませんが、劇場版の感想は全十回というボリュームでコラム風に書かせていただきました。よろしければどうぞ。
ガンダム00関連 まとめページ

◆鉄血のオルフェンズ◆

81TuctHvlZL__CR88,0,1536,1536_
各回の感想のまとめだけ。
鉄血のオルフェンズ まとめページ

米山シヲ 応援エリア

◆梅衣堂ひよと旦那様の野望◆

1-2-2

『梅衣堂ひよと旦那様の野望』待望第1巻発売中

月刊少年ガンガンで現在連載中『梅衣堂ひよと旦那様の野望』を応援中。『ブラクロ』と同じように独自用語集も製作中!

公式特設ページ

独自用語集
第1巻

◆ブラッディ・クロス◆

ブラクロサムネ

月刊少年ガンガンで完結した『ブラッディ・クロス』をプッシュしています♪ 独自用語集あります! 

公式特設ページ

独自用語集
キャラ紹介-混血勢力-
キャラ紹介-天使勢力-
キャラ紹介-堕天使勢力-
キャラ紹介-アルカナ-
キャラ紹介-神葬-
キャラ紹介-その他-


最近の記事

最近のコメント

<>+-

最近のトラックバック

メールフォーム

管理人に何か言いたいことがあれば、ここからどうぞ♪

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード

QR

友達申請フォーム

FC2ブログランキング

FC2のブログランキングに参加中♪ 気に入っていただけたなら、一押しして下さい。

FC2ブログランキング

右サイドメニュー

義援金募集

FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして

検索フォーム

管理人から一言

お知らせ

管理人からのお知らせです。

PS4ゲーム『JUDGE EYES:死神の遺言』プレイ中。

『ガンダムW FT』コンテンツは不定期更新です。現在は11巻分までの感想と用語の更新を完了しました。

『ブラッディクロス』全12巻発売中! 用語集更新は全て無事終了致しました。

文庫・単行本(キャラクターノベル含む、ライトノベル含まず)の著者名別リストに移行しました。さすがに増え過ぎた(笑


今期の週間感想予定
日曜日:-
月曜日:-
火曜日:-
水曜日:-
木曜日:-
金曜日:-
土曜日:-
不定期:ピックアップ感想、ゲーム感想、模型関連など


場合によっては急遽順序等の変更もありますが、ご理解いただけますようよろしくお願いします。

管理人プロフィール

月詠

Author:月詠
埼玉県某所在住の34歳社会人。性別♂。名前は「つくよみ」と読む。

世知辛い世の中で嬉しいことも泣きたいこともサブカルチャーたちに救われています
詳細な自己紹介はこちら(2019版)。それ以前のものはこちら

コメント・TB、相互リンク受付中。下記の運営方針に詳細を記載しております。無条件に大歓迎と言うわけではありませんが、大部分の方は歓迎出来るかと思いますw

以下、ショートカット。
◇閲覧上の注意や規約など
Blogの運営方針・利用規約
他のBlog様と大差ない運営・利用規約ですが、初閲覧の方は簡単でも良いので読んで頂けるとありがたいです。閲覧、コメント等される方は利用規約を了承していると判断させていただきますので、「知りませんでした」は通用致しません。


◇アニメについて
アニメの評価について
歴代アニメ評価一覧
アニメアウォーズ! 受賞一覧


◇ゲームについて
ゲームの評価について
歴代ゲーム評価一覧


◇ブックス(本)について
小説の評価について
ブックレビュー一覧
   あ行の著者
   か行の著者
   さ行の著者
   た行の著者
   な行の著者
   は行の著者
   ま行の著者
   や行の著者
   ら行の著者
   わ行の著者
   複数の著者・その他
 文庫・単行本(キャラノベ含む、ラノベ含まず)は上気の著者名別になっています。

◇プラモデルについて
完成品一覧(グレード別)
完成品一覧(シリーズ別)
完成品一覧(トイ、フィギュア等)

◇その他リスト一覧はこちら
テレビ&シネマ
CD&DVD&BD
TYPE-MOON関連

ツリー式カテゴリー

openclose

アニプレッション!!

アニプレッション!!
アニプレッション!!とは

アニプレッション!!は、アニメブロガー達の合同ブログです。アニメについての問題意識・感想・考察・批評等の諸言説を発表し、アニメを語る事の面白さを伝える事が目標です。自分も末席に加えさせていただいております。
現在活動停止です

以下、アニプレッション!!メンバーのBlogです。

相互リンク(更新停止)

残念ながら一年以上の更新がない相互リンク先の方々です。サイト消滅の場合は消させていただきます。いずれまた復活し、交流が持てることを期待しています……