FC2ブログ

刹那的虹色世界

アニメ・ゲームのあらすじを主体とした感想や批評のブログ。時折、日記・声優・コミック・スポーツなど幅広くレビューしています。リンクフリー、相互リンク大歓迎♪

Entries

イチロー引退



お 疲 れ 様 で し た


ネットニュースで拝見したものばかりで、イチロー選手(以下敬称略)当人が記者会見を開いていないものをこうして信じるのもどうかとは思う一方で、「やはりそうだろうな」という感覚もあって…。

10か月ぶりの現役復帰。穿った見方をする人なら、マリナーズの日本開幕に合わせての(言っては悪いが)「客寄せパンダ」的な存在なんだろうというのはしていただろう。実際にそういうビジネス的な側面はきっと誰もが否定し切れるものではないと思う。
ただ、これをマリナーズがかつて自チームを優勝へ導いた功労者の一人であり、メジャーを代表する巧打者であったイチローへの「花道」だったのかな、とも考えられる。引退試合もセレモニーもなく去らせるには惜しいし、そういうことをさせるべきではないとマリナーズの球団側が考え、イチローがその打診に納得しての今日の日なのかな、と。もちろん、マリナーズが日本で開幕戦をすることは決まっていただろうから、そこに合わせてってことだろうけど。

案外、その辺りメジャーリーグ(アメリカ)って日本以上にロマンティストなところがある。もちろん、それに見合うだけの結果を残した選手がアメリカで引退した場合に限るから、日本人選手だとこういった「演出」がなされたのは松井秀喜さんとヤンキースの組み合わせ以外にはなかなか思い浮かばないけど。

もちろん、イチローとしては選手として見返してやるというくらいの気持ちはあったのだと思うし、自分がまだまだやれることを証明するつもりだったのだとも思う。ただ、OP戦通してのこの結果。10か月の実戦から遠ざかって「生きた球(本気の勝負の中での珠筋)」というのから離れてしまったのは決定打だったのかもしれない。それはきっと、ご本人が案外誰よりも理解していることかもしれない(イチローのことだから、それを記者会見などで口にするということはないとは思うが)。



個人的なことだが、私にとってイチローというのは客観的に偉大な選手だと思っているけれど、主観的には実はそこまで好きな選手ではなかった。というのも、私はどちらかと言えば同年代で対比されやすい前述の松井さんの方が好きだったから。

マスコミへの素っ気ない対応(少し前風に言えば「塩対応」)でクールな選手だと扱われがちだけれど、WBCの言動から感情的な人間であり選手だと思う。対して松井さんはマスコミへの丁寧な対応とは裏腹に、一部例外はあるものの基本的はホームランを打っても相手投手へのリスペクトからガッツポーズをとるなど感情的なことを意図的に遠ざけてきた選手だった。松井さん自身は先日のTV番組内で「(イチローと)比較すること自体が失礼。イチローさんの方が選手として全然レベルが上。またバッターとしてはタイプが違うので何かの参考にするということはなかった」みたいなことを発言しているが、そこは野球ファンとしてはどうしても対比をしてしまうし、その結果としては私は松井さんの方が好きということなので…。

ただまぁ、そういった主観的な部分を除けばやはり長い日本球界や日本人ベースボールプレイヤーの中で王貞治さんと並んで群を抜く存在であることに違いはない。長らく現役を続ける選手を「レジェンド」と称する風潮が今の日本にはあるが、イチローこそレジェンドと言うべき存在だと思う。悪いが他のレジェンドと自他で言われる人が、長く現役は続けているのかもしれないが実績でレジェンドだと本当に言えるかは微妙な人が本当に多いし。

そういった選手の第一線から退くということは悲しい。ただ、リアルタイムでその活躍を目に出来た幸運に感謝もしている。きっと、この引退を悲しめるくらい彼の活躍というものをTV画面を通じて観れたのは本当に幸せだったのだろう。
今後、イチローがどういった道を選ぶのかは分からない。まぁ、マリナーズがここまでしているのだから当面はマリナーズに何らかの形で残ることにはなるのだろうが、第二の人生のスタートを拍手と賞賛で背中を押したいと思う。

閻魔堂沙羅の推理奇譚 業火のワイダニット

閻魔堂沙羅の推理奇譚 業火のワイダニット

閻魔堂沙羅の推理奇譚 業火のワイダニット

著:木元 哉多  発行元(出版): 講談社(タイガ文庫)

≪あらすじ≫
「僕を殺したのは、たった一人の友だちなのか?」天涯孤独の土田は大学受験を前に、友人の夏目の家で焼死した。夏目は酷薄で人を殺してもおかしくない人間だ。僕には生きる目的もないし死んでやってもいい。でも、僕を殺した理由はなんだ?死亡した土田の前に現れたのは、閻魔大王の娘・沙羅だった。今回の謎はワイダニット。もう一度友人と話すため、霊界の推理ゲーム開廷!
(裏表紙より抜粋)


感想は追記からどうぞ。

最近のガンプラ事情

近況というかなんというか。

DSC_0185_2019031823004246a.jpg

プレバンのMG V2アサルトバスターを本当に毎日ちょっとずつ作っています。っていうか、最近のスマホのカメラスゲぇ(笑 確かにこれならよほどこだわりがない限りはデジカメ要らんわな。

しかし、もう3月半ば過ぎ。おそらく3月末になればMGデュナメスが発売されるのでしょう。……うん、絶対間に合わないw

一応今のところ希望的観測と予定では

3月末発売~4月 : MG ガンダムデュナメス
4月末発売~5月 : HGAC マグアナック
5月末発売~6月 : HGCE デスティニー

としたかったので結構予定がキツキツです。たぶん、この予定はクリア出来ないですね。

V2アサルトバスターは成型色を活かした「簡単フィニッシュ法」、デュナメスはお得意の「色替え」、マグアナックとデスティニーはそれぞれ「ミキシングビルドでのオリジナル化」を予定はしているんですけどね…。

まぁ、まずはV2アサルトバスター完成を目指します……途中でデュナメスに浮気するかもだけどwww
*CommentList

ブラタモリ(第4シリーズ) #129「鳴門」

ブラタモリ(第4シリーズ) #129「鳴門」
公式ホームページ


さて、徳島で取り上げるのは鳴門。鳴門というと大渦しか思い浮かばない(失礼)が、そこからの展開はなかなかに面白かった。特に中央構造線は、あそこまでタモリさんが熱弁を振るうとは(笑

しかしそれだけのところなのだろう。立地としてもそれを活かしているところが多いようで、鳴門もその一つ。そして、お遍路の一番目が鳴門というのも興味深かった。


次回は、甲府。

かぐや様は告らせたい~天才たちの恋愛頭脳戦~ 第9話

かぐや様は告らせたい~天才たちの恋愛頭脳戦~ 第9話

どうすればかぐやは、白銀に勝てたのかを真剣に考える(笑

いや、本当にただそれだけです、はい。馬鹿なことやってるなぁ、と読み返して自分でも思うのだけど(笑 でも、これがエンターテインメント・お遊びのアニメ(漫画)だからこそ真剣に向き合うべきだ! 
……はい、ごめんなさい。別にそんな大げさなことではなく、単純に考えてみたかっただけです(ノ∀`) アチャー


1.生徒会室から出ない
最大の失敗はここだと思うんだよね。原作漫画がどうだか分からないけど、少なくともアニメを観る限りにおいて、あの場で白銀を置いて「私も迎えが来たみたいなので失礼しますね」といって生徒会室を後にするということは、白銀にある種の決意と覚悟をさせてしまうことに繋がる――雨の中、ずぶ濡れ覚悟で自転車をかっ飛ばすという覚悟を(笑 

普通に考えて、「迎えが来たから帰る」=「外に出ればいるかも」とは考えない。だって「帰っ」ちゃってるんだから。当然、白銀の思考からは、「誰かに頼る」という選択肢が消えるので「かぐやの送迎車に送ってもらう」という選択肢も消えてしまう。
かぐやとしては、そこからのギャップを狙ったのかもしれない。校門に行ったらまだかぐや(と送迎車)がいて、「ラッキー!」と思わせて「最悪の状況(台風)」の中にあった「救い(車で通うかぐや)」を見せればあっさりと白銀も送迎されると考えたのなら、それも浅慮だっただろう。

理由は簡単で、白銀が自転車通学だから。「雨の日だから自転車には乗らないだろう」というのは確かに妥当な考えだが、同時に「台風のせいで帰る予定時間が大幅に遅れている」という現実に至っていない。生徒会室であーだこーだとやっている間も時間は絶え間なく進んでいるのだから、白銀のバイト時間も迫っていただろう(まぁ、元から生徒会やってからバイト行ってるのだから、バイト時間はそんなに早くないかもしれないが、白銀と言えど高校生だとバイト出来る時間は22時までなので限られる。白銀ならギリギリの時間にバイト開始時間を設定していてもおかしくない)。

こう考えると、あの場で生徒会室を出てしまったことがかぐやの敗因の決定打だった。


2.追い詰め方が足りない
かぐやは、「バイトを休むなんて社会人として(社会人じゃないのだが)あり得ない」など白銀を追い詰めたが、ちょっと追い詰め方が足りなかった。つまり、前述のように「雨の中を濡れてでも帰る」という「逃げ道」を残してしまったのはいただけない(まぁ、敢えて逃げ道を残す追い詰め方もあるにはあるが)。

「豪雨の中を帰って風邪を引いたら、バイト先だけでなく家族や学校、生徒会にまで迷惑をかける」「視界も悪いし、危険」ともう少し追い詰める手段があっただけに、その一手二手を惜しんでいなければ結果はもう少し変わっていたのではないか。


3.藤原書記を利用出来なかった
まぁ、元より利用出来るようなタイプのキャラではないが(笑

それでも、実はこの藤原書記、今回に限っては機転さえ利けば利用出来た気がする。というのも、彼女はタクシーをすでに呼んでいた。さらに白銀に帰る手段がないと分かると、おそらく彼女は善意から相乗りを提案しようとしていたはずだ。

ならばかぐやはその上を行けば良かった。「まさか藤原さんにタクシー代を全額出させるのですか?」 その一言で白銀の動きは止まるだろう。そして続けざまに「まぁ、私はタクシーではなく自家用車ですけどね」みたいなことをポロリと零せばいい。まぁ、これで白銀がタクシー<自家用車を選ぶ価値観かどうかは微妙だが、それでもタクシーよりはまだ「それなら四宮の車で~」となった可能性があった気もするけれど…。


4.早坂を利用する
結果論だけど、早坂の存在は絶対のタブーではないようだ。カラコン入れて、パッドで胸増量でスルー出来る程度ならば、彼女を利用する手もあったはず。

つまり、「迎えが来たから帰ります」といってかぐやが生徒会を出て行くのではなく、「迎えに参りマシタ」と外国人メイドを装った早坂が登場し、白銀に「一緒に乗っていかれマスカ?」と促せばいい。
まぁ、それをかぐやが容認するかどうかはかぐやの美学によるので微妙だが…。


とりあえず思いつのはこんな感じか。


うん、改めてなんでこんなことを真剣に考えてるんだろうね(笑

左サイドMenu

カウンター

祝2,000,000Hit達成♪ とうとう大台突破。これも皆様のおかげでございます(o ̄∀ ̄)ノ

カレンダー(月別)

02 ≪│2019/03│≫ 04
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

ガンダムシリーズ

◆新機動戦記ガンダムW◆

新機動戦記ガンダムW BD-BOX1

OVA・続編含め『新機動戦記ガンダムW』全般を応援してます♪
ガンダムW関連 まとめページ
感想、用語、企画など全ページへのリンクがあります。ご利用ください

2016/05/04 12巻分の用語一部更新しました

《用語》
用語集
ア行
カ行
サ行
タ行
ナ行
ハ行
マ行、ヤ行
ラ行、ワ行
英字行
登録キャラクター名一覧
キャラクター詳細
ア行
カ行
サ行
タ行
ナ行
ハ行
マ行、ヤ行
ラ行、ワ行、英字行

メカニック図鑑
メカニック用語詳細
年表

《企画》
年代考察
勢力図まとめ
AC暦におけるMS史(コラム)

◆機動戦士ガンダム00◆

GUNDAM OOQ
用語集などは特にありませんが、劇場版の感想は全十回というボリュームでコラム風に書かせていただきました。よろしければどうぞ。
ガンダム00関連 まとめページ

◆鉄血のオルフェンズ◆

81TuctHvlZL__CR88,0,1536,1536_
各回の感想のまとめだけ。
鉄血のオルフェンズ まとめページ

米山シヲ 応援エリア

◆梅衣堂ひよと旦那様の野望◆

1-2-2

『梅衣堂ひよと旦那様の野望』待望第1巻発売中

月刊少年ガンガンで現在連載中『梅衣堂ひよと旦那様の野望』を応援中。『ブラクロ』と同じように独自用語集も製作中!

公式特設ページ

独自用語集
第1巻

◆ブラッディ・クロス◆

ブラクロサムネ

月刊少年ガンガンで完結した『ブラッディ・クロス』をプッシュしています♪ 独自用語集あります! 

公式特設ページ

独自用語集
キャラ紹介-混血勢力-
キャラ紹介-天使勢力-
キャラ紹介-堕天使勢力-
キャラ紹介-アルカナ-
キャラ紹介-神葬-
キャラ紹介-その他-


最近の記事

最近のコメント

<>+-

最近のトラックバック

メールフォーム

管理人に何か言いたいことがあれば、ここからどうぞ♪

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード

QR

友達申請フォーム

FC2ブログランキング

FC2のブログランキングに参加中♪ 気に入っていただけたなら、一押しして下さい。

FC2ブログランキング

右サイドメニュー

義援金募集

FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして

管理人から一言

お知らせ

管理人からのお知らせです。

PS4ゲーム『JUDGE EYES:死神の遺言』プレイ中。2月末までは2日に1回のペースで更新が確定しています(笑

『ガンダムW FT』コンテンツは不定期更新です。現在は11巻分までの感想と用語の更新を完了しました。

『ブラッディクロス』全12巻発売中! 用語集更新は全て無事終了致しました。

文庫・単行本(キャラクターノベル含む、ライトノベル含まず)の著者名別リストに移行しました。さすがに増え過ぎた(笑


今期の週間感想予定
日曜日:-
月曜日:-
火曜日:-
水曜日:-
木曜日:-
金曜日:-
土曜日:-
不定期:ピックアップ感想、ゲーム感想、模型関連など


場合によっては急遽順序等の変更もありますが、ご理解いただけますようよろしくお願いします。

管理人プロフィール

月詠

Author:月詠
埼玉県某所在住の33歳社会人。性別♂。名前は「つくよみ」と読む。

世知辛い世の中でも、嬉しいことも泣きたいことも、こんなサブカルチャーたちに救われていますwww
詳細な自己紹介はこちら(2019版)。それ以前のものはこちら

コメント・TB、相互リンク受付中。下記の運営方針に詳細を記載しております。無条件に大歓迎と言うわけではありませんが、大部分の方は歓迎出来るかと思いますw

以下、ショートカット。
◇閲覧上の注意や規約など
Blogの運営方針・利用規約
他のBlog様と大差ない運営・利用規約なので大部分の方には無関係だとは思いますが、初閲覧の方は簡単でも良いので読んで頂けるとありがたいです。何かあった時には利用規約を了承した上とさせていただきますので、「知りませんでした」は通用致しません。


◇アニメについて
アニメの評価について
歴代アニメ評価一覧
アニメアウォーズ! 受賞一覧


◇ゲームについて
ゲームの評価について
歴代ゲーム評価一覧


◇ブックス(本)について
小説の評価について
ブックレビュー一覧
   あ行の著者
   か行の著者
   さ行の著者
   た行の著者
   な行の著者
   は行の著者
   ま行の著者
   や行の著者
   ら行の著者
   わ行の著者
   複数の著者・その他
 文庫・単行本(キャラノベ含む、ラノベ含まず)は上気の著者名別になっています。

◇プラモデルについて
完成品一覧(グレード別)
完成品一覧(シリーズ別)
完成品一覧(トイ、フィギュア等)

◇その他リスト一覧はこちら
テレビ&シネマ
CD&DVD&BD
TYPE-MOON関連

ツリー式カテゴリー

openclose

全記事表示リンク

検索フォーム

アニプレッション!!

アニプレッション!!
アニプレッション!!とは

アニプレッション!!は、アニメブロガー達の合同ブログです。各執筆者がアニメについての問題意識・感想・考察・批評等の諸言説を発表し、アニメを語る事の面白さを伝える事が目標です。
まだまだ未熟者ではありますが、私も参加させて頂いております。冬コミでも多くの名立たる方が寄稿し合って本を出す予定です♪

以下、アニプレッション!!メンバーのBlogです。一見の価値ありですよ!

相互リンク(更新停止)

残念ながら一年以上の更新がない相互リンク先の方々です。サイト消滅の場合は消させていただきます。いずれまた復活し、交流が持てることを期待しています……