FC2ブログ

刹那的虹色世界

アニメ・ゲームのあらすじを主体とした感想や批評のブログ。時折、日記・声優・コミック・スポーツなど幅広くレビューしています。リンクフリー、相互リンク大歓迎♪

Entries

映画『人間失格 太宰治と3人の女たち』

映画『人間失格 太宰治と3人の女たち』

人間失格
公式ホームページ

フィクションではあるが、実話を元にしているフィクション。「事実は小説より奇なり」とは良く言ったものであり、それを如実に示している作品の一つのようだ。
構想は監督である蜷川実花さんが抱いていたとも。蜷川さんがメガホンを取った作品は今夏、『Diner』を観ていて期待三割、不安七割といったところだった(笑


さて、本作であるが、酒、たばこ、女に溺れ自堕落な生活をする太宰治。彼が人間失格を執筆し、その後入水自殺するまでの過程をフィクションとしつつも、太宰治の執筆に対する苦悩や葛藤を推理し絡めながら描かれている。
それ自体はなかなかに面白いと思っている。観た時は知らなかったが、上映後に「実話を基にしたフィクション」と知ってWikiなんかで調べると、確かにその通りなところも多くて本当に驚く。小説家――それも傑作を遺すような人というのは、どこか常人と違う部分や欠落した部分があるのかな、と真剣に思ってしまったほど。

太宰治役は小栗旬さん。年齢的にも太宰と近い部分なのでリアルに演じたと思う(太宰治の人物像とは符合しないという感想もあるらしい)。相手役の三人の女性を、それぞれ宮沢りえさん、沢尻エリカさん、二階堂ふみさんがそれぞれ演じる。正直、史実では太宰より年下だった妻・美知子を、相手役の小栗さんより十歳近く年上の宮沢さんが演じることは素直に違和感だった。まして、ほか二人が三十代の沢尻さん、さらに二十代の二階堂さんが演じたがために余計に際立ってしまった感はある(終盤で、太宰を自ら切り捨てておきながら、いざその通りになった時、涙するシーンは宮沢さんくらいの貫禄あってこそだとも思ったが)。

映倫のレイティングでR15+の作品。なので性行為を暗示する描写が相応数あるのだけれど、身体を張ったのは二階堂さんかな、という感じ。沢尻さんも見せられる部分は「魅せて」いたと思うけれど。逆にそういったところで、美知子を演じた宮沢さんにはそういったところがないのは……必要性がなかったと言えばそうなのだけれど…。
演技面でも二階堂さんは怪演というか、太宰に執心し依存し病んでいく女性を見事に演じている。

あと蜷川さんはよほど藤原竜也さんがお好きと見えて、Dinerに続いて今回も出演。まぁ、そんなに「要らない役」ではなかったけれど。


ストーリー的には広げ続けた風呂敷をどう纏めるかなと思った。上演後、Wikiで太宰治の生涯を知るとあの終わり方しかなかったとも思うしかないし、案外うまく纏めてきたなとも思う。

ただ登場人物の多さの割に、伏線の回収が甘いなと思うところもある。三島由紀夫をわざわざ出した割にはただのけんか別れで終わらせてしまったのは勿体なく(史実では晩年、三島由紀夫はあれほど嫌悪した太宰治と自分は同じなのだと語ったとも)、また太宰の税務署からの納税通知書のその後や、静子のその後(史実通り、自身名義で斜陽日記を出版するが、それで実は名声を得られたわけではなく、当時は辛い想いをしたとか)、美知子との間に生まれていた正樹の症状(実話ではダウン症だったとも)など、掘り下げた方が良かったシーンはもうちょっとあった気がする。

映像としては、蜷川さんが監督だがDinerほど趣味に走った感はなくて観やすかった。随所には色彩の使い方が蜷川さんらしい、彩度が高く鮮やかなカットもあったが、総じて許容の範囲内だろう。強いて何かを言うとすれば、雪の降る中喀血する太宰に友紀と一緒に白い花が降り注ぐシーンや、人間失格執筆中の太宰の周囲の部屋が解体されていくシーンなんかは、それまでの本作の描写とはちょっと相容れない感じがあるかなと思うくらいで。



評価は、★★★★(4点 / 5点)。誰もが知る「太宰治」の名。その彼の晩年を、実話を元にしたフィクションとして描かれている作品は、あくまでフィクションの面も強いけれど一方でちゃんと実話に沿っている部分もあるので、教養としても観ていて損はない。

まぁ、R15+なので、観れる人はというところだが。

ガンダムWファンが作ってみるGジェネ設計案

開発表作ったら、設計案も出すべきだろ(ぇ

闇芝居(第七期) 第11話

闇芝居(第七期) 第11話
『妹の部屋』


≪あらすじ≫
仲の悪い兄妹・泰司と美帆。
美帆が霊感を持った友達を連れて来たがために兄妹は思わぬ恐怖に巻き込まれていく…。
公式HP あらすじ 11話より抜粋)



≪感想≫
もう一歩、踏み込みが欲しかった。最後が「おまえでもいいや」ではね。

そもそも、妹の友人が立ち寄るのを拒んできた経緯を考えればあの怪異が妹の部屋に居座って相応の時間経過があるはずで、その間、妹が無事だったことがそもそも「なんで?」となる。

妹が無事だった理由が、例えば心霊現象を信じていてお札とかちゃんと持っていたからとか、口ではああいいながらも実は兄を尊敬していて心が清かったから怪異が近づけなかったからとか、そういった「理由」はあるべきだったかなと思う。

グランベルム 第11話

グランベルム 第11話
『たとえさよならが届かなくても 』


≪あらすじ≫
自分の存在について悩む満月は、九音の姉である四翠に出会う。四翠と話しをするうちに、心を動かされた満月は、新月にメッセージを送る。一方、新月は自分が願ったせいで満月を苦しませていることに悩み涙する。満月と話をするうちに、堪えきれなくなった新月は家を飛び出すのだった…。
公式HP STORY 11話より抜粋)


≪感想≫
「まぁ、こうなるよね」というのが本音ではあるけれど、素直なところで満月の消滅をストーリーに絡めたのは私の中では案外予想外で、満月と新月の闇堕ちにしなかったことをここにきて評価している自分もいる。


§


忘れられてしまう。

そんな設定とストーリーをどこかで観たなと思ったら、たぶん『CLANNAD』の風子ルートかな、と思い出した。私には、誰かに――身近で大切な人にこんな形で忘れられてしまうという経験はないし、今後もないのだと思う。人が、社会性を重視した生き物であり、群れを成して生きて行く動物なのだとすれば、他者から忘れられてしまう、認められないというのはきっと自分が思う以上の恐怖のはずなのだ。それは私たちが思うよりもずっと、ずっと、それは怖くて、逃げ出してしまいたくて、地獄にも等しいこと。

人間は誰かに評価されて生きて行く動物だと私は思っている。自分で自分を評価し、他人からの評価なんて気にしないと言う人もまた『他人からの評価』という外的要因を意識して生きているということに変わりはない。

それはこの作品に出るみんながそうであった。新月も、アンナも、ロサも、寧々も、九音も、みんな周囲からの評価に人生が左右されて生きてきた。

それが満月にはもうないのだ。

それでも彼女は笑う。彼女は大切な人を最後まで導こうとする。そういった意味ではすでに満月はある種の神に近しい超越者的な立ち位置にいるのかもしれない。それは、あるいは視聴者的目線とも言えるかも。
苦しむ新月たちに対して、満月はこの作品を観る視聴者と同化して、私たちの目線で劇中のキャラクターたちが少しでも幸せになれるようにと――ただし、その中に自分はいない――行動している感じが、そんな風にも見えたのだ。

自分には何もないと言っていた満月。

けれど、この世に残るものはある。

満月はそれを実感した。もしかしたら、それはこの作品を作られているクリエイターの想いなのかもしれない。無数のアニメ作品が乱立する昨今。そうした中で、この作品も他作品に埋もれて行ってしまうかもしれないけれど、必死に作った作品なら何かが見てくれている人の胸に残るのではないか、と。

残るものはある。残せるものを残す――出来ればそれは希望であることを願う。

なんか、そんなことを感じた11話だった。


§


でも、最終話では満月にも幸せになって欲しいけどね…。

ロード・エルメロイⅡ世の事件簿 -魔眼蒐集列車 Grace note- 第11話

ロード・エルメロイⅡ世の事件簿 -魔眼蒐集列車 Grace note- 第11話
『魔眼蒐集列車5/6 残像とオークション』


≪あらすじ≫
化野の推理が展開されていく中、復活を遂げたロード・エルメロイⅡ世。
グレイの証言からトリシャ殺害の真犯人の糸口を見出した彼は、メルヴィンに魔眼オークションの開始を遅らせる依頼をする。その目的はオルガマリーに協力を要請し、化野の推理を覆す決定的な証拠を掴むことだった。
一方ロンドンでは獅子劫がフラットとスヴィンを集め、とある準備を進めていた。
各々が思案を巡らせる中、運命の魔眼オークションが遂に始まる――。
公式HP STORY 11話より抜粋)


≪感想≫
今回はそれぞれの矜持を観ることが出来た。

オルガマリーの矜持、メルヴィンの矜持、ルヴィアの矜持etc..

もちろん、そんなことはどの作品でも観ることが出来るものだ。ただここにきてようやく、作品としての多様性というか「魔術師」という同じ存在でありながらも、微妙なズレ・差異によって抱く矜持の違いを観れたのは結構大きなことなんじゃないかな、と。

真実を追う者がいれば、家柄を背負う者、秩序を守ろうとする者、信じる者を貫く者もいる。

それがFateらしいかというとそこは私には分からないけれど、細かいところへのツッコミたい気持ちもないわけではないが、広い視点で観た時にはそういったことよりも、個々の矜持を再確認出来たことは大きい。

あとは、最終話でどれだけのカタルシスを得られるだけの展開と内容を用意できるか(アニメーションとして演出出来るか)だけだが…。

左サイドMenu

カウンター

祝2,000,000Hit達成♪ とうとう大台突破。これも皆様のおかげでございます(o ̄∀ ̄)ノ

カレンダー(月別)

08 ≪│2019/09│≫ 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

ガンダムシリーズ

◆新機動戦記ガンダムW◆

新機動戦記ガンダムW BD-BOX1

OVA・続編含め『新機動戦記ガンダムW』全般を応援してます♪
ガンダムW関連 まとめページ
感想、用語、企画など全ページへのリンクがあります。ご利用ください

2016/05/04 12巻分の用語一部更新しました

《用語》
用語集
ア行
カ行
サ行
タ行
ナ行
ハ行
マ行、ヤ行
ラ行、ワ行
英字行
登録キャラクター名一覧
キャラクター詳細
ア行
カ行
サ行
タ行
ナ行
ハ行
マ行、ヤ行
ラ行、ワ行、英字行

メカニック図鑑
メカニック用語詳細
年表

《企画》
年代考察
勢力図まとめ
AC暦におけるMS史(コラム)

◆ガンダムモビルスーツバイブル◆

GMB001_20190322210057cc3.jpg

まとめページ

◆機動戦士ガンダム00◆

GUNDAM OOQ
用語集などは特にありませんが、劇場版の感想は全十回というボリュームでコラム風に書かせていただきました。よろしければどうぞ。
ガンダム00関連 まとめページ

◆鉄血のオルフェンズ◆

81TuctHvlZL__CR88,0,1536,1536_
各回の感想のまとめだけ。
鉄血のオルフェンズ まとめページ

米山シヲ 応援エリア

◆梅衣堂ひよと旦那様の野望◆

1-2-2

『梅衣堂ひよと旦那様の野望』待望第1巻発売中

月刊少年ガンガンで現在連載中『梅衣堂ひよと旦那様の野望』を応援中。『ブラクロ』と同じように独自用語集も製作中!

公式特設ページ

独自用語集
第1巻

◆ブラッディ・クロス◆

ブラクロサムネ

月刊少年ガンガンで完結した『ブラッディ・クロス』をプッシュしています♪ 独自用語集あります! 

公式特設ページ

独自用語集
キャラ紹介-混血勢力-
キャラ紹介-天使勢力-
キャラ紹介-堕天使勢力-
キャラ紹介-アルカナ-
キャラ紹介-神葬-
キャラ紹介-その他-


最近の記事

最近のコメント

<>+-

最近のトラックバック

メールフォーム

管理人に何か言いたいことがあれば、ここからどうぞ♪

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード

QR

友達申請フォーム

FC2ブログランキング

FC2のブログランキングに参加中♪ 気に入っていただけたなら、一押しして下さい。

FC2ブログランキング

右サイドメニュー

義援金募集

FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして

検索フォーム

管理人から一言

お知らせ

管理人からのお知らせです。

PS4ゲーム『JUDGE EYES:死神の遺言』プレイ中。

『ガンダムW FT』コンテンツは不定期更新です。現在は11巻分までの感想と用語の更新を完了しました。

『ブラッディクロス』全12巻発売中! 用語集更新は全て無事終了致しました。

文庫・単行本(キャラクターノベル含む、ライトノベル含まず)の著者名別リストに移行しました。さすがに増え過ぎた(笑


今期の週間感想予定
日曜日:-
月曜日:-
火曜日:-
水曜日:-
木曜日:-
金曜日:-
土曜日:-
不定期:ピックアップ感想、ゲーム感想、模型関連など


場合によっては急遽順序等の変更もありますが、ご理解いただけますようよろしくお願いします。

管理人プロフィール

月詠

Author:月詠
埼玉県某所在住の34歳社会人。性別♂。名前は「つくよみ」と読む。

世知辛い世の中で嬉しいことも泣きたいこともサブカルチャーたちに救われています
詳細な自己紹介はこちら(2019版)。それ以前のものはこちら

コメント・TB、相互リンク受付中。下記の運営方針に詳細を記載しております。無条件に大歓迎と言うわけではありませんが、大部分の方は歓迎出来るかと思いますw

以下、ショートカット。
◇閲覧上の注意や規約など
Blogの運営方針・利用規約
他のBlog様と大差ない運営・利用規約ですが、初閲覧の方は簡単でも良いので読んで頂けるとありがたいです。閲覧、コメント等される方は利用規約を了承していると判断させていただきますので、「知りませんでした」は通用致しません。


◇アニメについて
アニメの評価について
歴代アニメ評価一覧
アニメアウォーズ! 受賞一覧


◇ゲームについて
ゲームの評価について
歴代ゲーム評価一覧


◇ブックス(本)について
小説の評価について
ブックレビュー一覧
   あ行の著者
   か行の著者
   さ行の著者
   た行の著者
   な行の著者
   は行の著者
   ま行の著者
   や行の著者
   ら行の著者
   わ行の著者
   複数の著者・その他
 文庫・単行本(キャラノベ含む、ラノベ含まず)は上気の著者名別になっています。

◇プラモデルについて
完成品一覧(グレード別)
完成品一覧(シリーズ別)
完成品一覧(トイ、フィギュア等)

◇その他リスト一覧はこちら
テレビ&シネマ
CD&DVD&BD
TYPE-MOON関連

ツリー式カテゴリー

openclose

アニプレッション!!

アニプレッション!!
アニプレッション!!とは

アニプレッション!!は、アニメブロガー達の合同ブログです。アニメについての問題意識・感想・考察・批評等の諸言説を発表し、アニメを語る事の面白さを伝える事が目標です。自分も末席に加えさせていただいております。
現在活動停止です

以下、アニプレッション!!メンバーのBlogです。

相互リンク(更新停止)

残念ながら一年以上の更新がない相互リンク先の方々です。サイト消滅の場合は消させていただきます。いずれまた復活し、交流が持てることを期待しています……