刹那的虹色世界

アニメ・ゲームのあらすじを主体とした感想や批評のブログ。時折、日記・声優・コミック・スポーツなど幅広くレビューしています。リンクフリー、相互リンク大歓迎♪

Entries

2017年01月期 アニメ新番組序盤短評

2017年01月期 アニメ新番組序盤短評

本記事は新番組1話(ないし2、3話といった序盤)を視聴しての短評です。

ただ全部のアニメを視れているわけではないので当然こちらでも個人的趣向、曜日的な都合等で事前に取捨選択をしており、「この作品が抜けてる」という指摘はご遠慮いただけますようよろしくお願いします。
それでもどうしてもおススメしてもらえるような作品がありましたら、コメントで一報して下さい。一応検討はしてみますが、視聴や感想記事への過度な期待はなさらないようお願いします。

記事公開日とは別に順次更新していく形になります。それらの都合のため、本記事は1月16日頃までトップ記事となりますが、よろしくお願いします。


では、興味のある方は追記へどうぞ。


更新履歴
*CommentList

生徒会役員共* 第19話(生徒会役員共 コミックス第14巻限定版OAD)

生徒会役員共* 第19話(生徒会役員共 コミックス第14巻限定版OAD)

≪あらすじ≫
「3日間無人島生活」

「残暑見舞う」



≪感想≫
14巻付属のOAD。

早いな、30分で夏休み終わったぞw エピソード自体はちょっと恋愛要素抜いてきたのかな? 例えばウオミーが残暑見舞いで来たイベントも、もっと恋愛要素のあるネタもあったんだけど敢えてカットされていたし。っていうか、ウオミー出番少なかった(´・ω・`)ショボーン

全体的に初期のライトな(?)下ネタメインになっているのは良かったけどね。


さて、15巻にもOAD付属が決定。何より映画化決定だそうで……。え、映画? このアニメ、映画にして良いの?(爆



機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ 第39話(第二期14話)

機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ 第39話(第二期14話)
『助言』


≪あらすじ≫
鉄華団への八つ当たり的な復讐に燃えるイオク。そんな彼に悪魔の如き甘言とも言うべき助言を与えたのはテイワズ幹部の一人、ジャスレイだった。名瀬率いるタービンズは、その罠にかかってしまう…。
公式ホームページ更新後改訂予定。
公式HP あらすじ より抜粋)


≪感想≫
今回のサブタイトルは「助言」。名瀬からオルガへの助言の印象が強すぎてどうしても見過ごしてしまいがちだが、ある意味ではイオクへのジャスレイの言葉も助言と言えよう。

さて、では「助言」とは何かを考えてみたい。

辞書を引くと「こうするのがよいと、助けになる言葉を脇から言うこと」という感じの意味が引けるだろう。まぁ、言ってみればアドバイスと言うヤツだ。
しかし、助言とはあくまで言った側の主観から「こうするのが良い(と思う)」というものでしかない。まぁ、そんなことを言ったらこの世に「絶対の正解」なんてものはどこにもありはしないのかもしれないが。


私含めて視聴者の皆さんと考えたいのは、「助言」の在り方だ。おそらく作品としても次回ないし次々回ではこの「助言」の在り方というものをどう捉えるか、が一つのテーマになるのではないかと私は考えている。

前述のように助言はあくまで言った側の主観でしかない。極論を言えば当人とは違う立場の人間が、違う立場から好き勝手・自分勝手に言った言葉でもある。
私が思うに、ポイントはたった一つ。

「最後に決めるのは自分」

ということだ。

どんな時でもそうだと思う。自分の人生、最後に決断するのは自分以外にはいない。これは別に劇中に限った話ではなくて私たちのリアルな生活でも同じだ。他者からの助言、アドバイスはあるかもしれない。それを聞くことはとても大切だ。それは自分とは違う立場の人間が、その立ち位置から見た時に「これが適切ではないか」という意見だからだ。人間、自分の視野以外の部分を「視る」というのはとても難しいし、実は一番難しいのは自分自身を視るということなのかもしれない。だからこそ、外部からの意見と言うのは有り難い。

しかし、それがどんなに正論で、どんなにありがたい言葉だったとしても、最後に決めるのは自分自身に他ならない。ジャスレイの言うままに動いたイオクでさえ、彼の思考の中では「自分で決めたこと」と思っているだろう。そうでなければ「自分が全ての責任を取る」とは豪語できまい。

ならば、次にそれを求められるのは誰か。問うまでもなくオルガだ。

絶対的な信頼を置く兄貴分・名瀬の助言。それを弟分として聞かないわけがない。けれど、彼の本心は別のところにある。オルガ・イツカ個人として名瀬・タービンズという個人を助けたいはず。しかし鉄華団という組織を考えた時、ここで名瀬やタービンズ側の支援に回るというのはどう考えても得策ではない。それはタービンズの壊滅はおろか、介入した鉄華団の壊滅や弱体化に繋がりかねないからだ。そう考えたからこそ名瀬も「来るな」と言った。

だが、それが名瀬の助言であっても最後に決めるのはオルガだ。鉄華団も組織が巨大化しつつある。「オルガ(団長)の言うことに従う」という初期メンバーとは違った想いや意見を持つメンバーもいるだろう。それでもオルガは名瀬のために動けるか、あるいはそうではないのか。

4クール目開始1話目ではあるが、いきなり大きな分岐点がやってきた。



余談。
タービンズ、五万越えの組織だったのか(笑 え、名瀬以外みんな女なの?(爆

そうした中で名瀬の価値観というか主観の良さが出たのはラフタへの対応か。ラフタ含めてタービンズの女たちは妻であるが、それ以上に娘である。その娘が、自分が買っている鉄華団の主要メンバーの一人に恋をし取られるというのなら嬉しいってもの。

まぁ、ハーレム状態だから言えるのか名瀬の器量なのか。おそらくは後者なのだろう。弟分への見栄、プライドもあるだろうがオルガに助けを求めなかったのもそう言ったところなんだと思う。タービンズと言う組織を考えれば、自分はともかくラフタ含めてアジーやエーコなど女たちが生き残れる道――それも、ヒューマンデブリにすら人権を与えている、認めた後輩オルガならばなおのこと――を託すのがベストだったはずだ。それをしなかったのは、名瀬にとってオルガはやはりもう家族なんだと思う。そうでなければ、タービンズに不利益な選択を彼が選べるはずもない。

視聴者として歯がゆいのは、バルバトスルプスが修理中(おそらく)ということか。回想シーン多用とかフラグばりばり立っているのにフラグクラッシャーである三日月は出撃出来ない。となると、寸でのところでバルバトスルプスが介入してた助ける、という展開はやや考えづらいということ。

タービンズがどれほど生き残れるかにも寄るが……やはりこの一連の騒動でどれだけ死んでどれだけ生き残ってどんな結末になるかっていうのは、今後を大きく左右しそう。


余談、そのに。
今週から新OPと新ED。4クール目での新キャラはほとんどいなさそう? 新型MSとしてはルプスの改良型、すでにガンプラは発売中のテイワズの新型MS僻邪。あとは模型誌バレをしているガンダムバエルとかか。
ルプスの新型より、OPの三日月が右半身はおろかもう左半身すら感覚奪われている状態なのが気になる……今週も思ったけど、ああなったらもう接続しっぱなしの方が…。曲は……まぁ、聞きなれてないって部分があると思うから、最終的には慣れて良い曲と言えそうな予感はある。

EDは一枚絵。ややオルフェンズが流れていた時代のEDを思い出す。一枚絵はたぶんハシュマルを斃した直後くらいの記念撮影なんだろうな……。

*CommentList

弱キャラ友崎くん Lv.1(一巻)

弱キャラ友崎くん Lv.1

81mKHJfsufL.jpg

著:屋久 ユウキ 絵:フライ 発行元(出版):小学館(ガガガ文庫)

≪あらすじ≫
人生はクソゲー。このありふれたフレーズは、残念ながら真実だ。日本屈指のゲーマーである俺が言うんだから間違いない。だけどそいつは、俺と同じくらいゲームを極めてなお、人生は神ゲーと言いきった。生まれついての強キャラ、学園のパーフェクトヒロインこと日南葵。挙句、「この人生のルールを教えてあげる」だって?……普通はそんなの信じない。だけど日南葵は、普通なんて枠にはまったく嵌まらないやつだったんだ!第10回小学館ライトノベル大賞優秀賞受賞作。弱キャラが挑む人生攻略論ただし美少女指南つき!
(裏表紙より抜粋)


感想は追記からどうぞ。

セイレン 常木輝編第2話

セイレン 常木輝編第2話
『ヤマオク』


≪あらすじ≫
高校2年の夏。嘉味田正一(かみた・しょういち)は、親友・七咲郁夫(ななさき・いくお)に誘われて二週間の夏合宿に参加することにしたが、なんとその場に現れたのはバイトが親にバレて強制的に合宿にさせられた常木燿(つねき・ひかり)だった。

輝が男たちと夏休みを遊び倒そうとしていた事実に失望した正一だったが、合宿の中で少しずつ燿の良いところも見えてきて…。



≪感想≫
- 誠実さとは何か -
今回のポイントは、耀が先輩たちと旅行に行くため前回期末試験を頑張っていた、という点だ。具体的には、耀はその真実を隠して「家族旅行のため」といって郁夫から古典を教えてもらっていた、というところ。

正一はそれに憤慨していた。まぁ、確かにそれは「だます」という行為ではあったのだろう。もちろん、その前に「耀は、大人の男性(喫茶店の店長?)と付き合っている」という噂を正一が真に受けていた、という前提があったからでもあるけれど。

しかし、なら素直に「先輩たちと旅行行きたいから勉強教えて」ということが正しかったかというと、実はそうとも限らないかとも思ってしまう。
結局のところ、その「嘘」で誰かが不幸になるというところがないから、だ。

他人を不幸にする嘘は良くないのは事実だ。だが、誰も不幸になっていない嘘までも「嘘」という言葉一つで全否定することもまた正しいとは限らない。
もしもこれで事情を知る正一なり、教えた郁夫なりが耀に対して異性として好意を抱いていることが明白だったなら、耀のやり方は「相手の好意を利用した嘘」となるのでそこには悪質さが伴う。けれど、実体としてはそうではない。郁夫も全くそれを気にはしていなかった。喫茶店の店長の件含めて気にしていたのは正一だけだ。

まぁ、「気にしていた」というところが物語としてはスタートラインなのだろう。表面上、どう取り繕っていたとしても「イジられる」という対象だったとしても校内でも屈指の美少女と接点を持つ内に、無意識の中で彼には耀への好意があった、ということだ。だから彼女に嘘を吐かれたことに怒り、失望してしまう。理由は簡単だ――そこに自分以外の男が絡んでいるから。
それが醜い独占欲なのか、あるいは一途な想いなのかというのは彼自身も分かっていないだろうが。

ただ一途さというか、誠実な部分は見せたと思う。少なくとも正一は(今までが嘘のように)耀と正面から向き合っていたと思う。耀だってそうだ。ジャージを貸したり、変な噂を立てられたりと迷惑をかけた正一へ少しでも誠意を見せようとしていたと思うし、彼の姉への対抗心があったとはいえ夜食を作っていたところも、彼を含めて事情を知る仲間内への誠実さと見ることだってできるだろう。まぁ、若干チョロインっぽさもあったがwww

さて、誠実さの形は人それぞれだ。もちろん、相手へ伝える気持ちである以上、相手にちゃんと伝わる形でなければいけないのだけれどね。

正一と耀。お互いに、相手に対して人として誠実に向き合えた今回。次回はどう発展していくのだろうか。

左サイドMenu

カウンター

祝2,000,000Hit達成♪ とうとう大台突破。これも皆様のおかげでございます(o ̄∀ ̄)ノ

カレンダー(月別)

12 ≪│2017/01│≫ 02
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

ガンダムシリーズ

◆新機動戦記ガンダムW◆

新機動戦記ガンダムW BD-BOX1

OVA・続編含め『新機動戦記ガンダムW』全般を応援してます♪
ガンダムW関連 まとめページ
感想、用語、企画など全ページへのリンクがあります。ご利用ください

2016/05/04 12巻分の用語一部更新しました

《用語》
用語集
ア行
カ行
サ行
タ行
ナ行
ハ行
マ行、ヤ行
ラ行、ワ行
英字行
登録キャラクター名一覧
キャラクター詳細
ア行
カ行
サ行
タ行
ナ行
ハ行
マ行、ヤ行
ラ行、ワ行、英字行

メカニック図鑑
メカニック用語詳細

《企画》
年代考察
勢力図まとめ
AC暦におけるMS史(コラム)

◆機動戦士ガンダム00◆

GUNDAM OOQ
用語集などは特にありませんが、劇場版の感想は全十回というボリュームでコラム風に書かせていただきました。よろしければどうぞ。
ガンダム00関連 まとめページ

◆鉄血のオルフェンズ◆

81TuctHvlZL__CR88,0,1536,1536_
各回の感想のまとめだけ。
ガンダム00関連 まとめページ

ブラッディ・クロス

◆ブラッディ・クロス◆

ブラクロサムネ

月刊少年ガンガンで完結した『ブラッディ・クロス』をプッシュしています♪ 独自用語集あります! 

公式特設ページ

独自用語集
キャラ紹介-混血勢力-
キャラ紹介-天使勢力-
キャラ紹介-堕天使勢力-
キャラ紹介-アルカナ-
キャラ紹介-神葬-
キャラ紹介-その他-


最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

メールフォーム

管理人に何か言いたいことがあれば、ここからどうぞ♪

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード

QR

友達申請フォーム

FC2ブログランキング

FC2のブログランキングに参加中♪ 気に入っていただけたなら、一押しして下さい。

FC2ブログランキング

右サイドメニュー

義援金募集

FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして

管理人から一言

お知らせ

管理人からのお知らせです。

『ガンダムW FT』コンテンツは不定期更新です。現在は11巻分までの感想と用語の更新を完了しました。

『ブラッディクロス』全12巻発売中! 用語集更新は全て無事終了致しました。


今期の週間感想予定
日曜日:オルフェンズ二期
月曜日:週間アニメ短評
火曜日:書評
水曜日:ACCA
木曜日:書評
金曜日:セイレン
土曜日:ブラタモリ
不定期:雑記、ゲームプレイ日記

場合によっては急遽順序等の変更もありますが、ご理解いただけますようよろしくお願いします。

管理人プロフィール

月詠

Author:月詠
埼玉県某所在住の31歳社会人。性別♂。名前は「つくよみ」と読む。

世知辛い世の中でも、嬉しいことも泣きたいことも、こんなサブカルチャーたちに救われていますwww
詳細な自己紹介はこちら

コメント・TB、相互リンク受付中。下記の運営方針に詳細を記載しております。無条件に大歓迎と言うわけではありませんが、大部分の方は歓迎出来るかと思いますw

以下、ショートカット。
◇閲覧上の注意や規約など
Blogの運営方針・利用規約
他のBlog様と大差ない運営・利用規約なので大部分の方には無関係だとは思いますが、初閲覧の方は簡単でも良いので読んで頂けるとありがたいです。何かあった時には利用規約を了承した上とさせていただきますので、「知りませんでした」は通用致しません。


◇アニメについて
アニメの評価について
歴代アニメ評価一覧
アニメアウォーズ! 受賞一覧


◇ゲームについて
ゲームの評価について
歴代ゲーム評価一覧


◇ブックス(本)について
小説の評価について
ブックレビュー一覧


◇プラモデルについて
完成品一覧(グレード別)
完成品一覧(シリーズ別)


◇その他リスト一覧はこちら
テレビ&シネマ
CD&DVD&BD

ツリー式カテゴリー

openclose

全記事表示リンク

検索フォーム

アニプレッション!!

アニプレッション!!
アニプレッション!!とは

アニプレッション!!は、アニメブロガー達の合同ブログです。各執筆者がアニメについての問題意識・感想・考察・批評等の諸言説を発表し、アニメを語る事の面白さを伝える事が目標です。
まだまだ未熟者ではありますが、私も参加させて頂いております。冬コミでも多くの名立たる方が寄稿し合って本を出す予定です♪

以下、アニプレッション!!メンバーのBlogです。一見の価値ありですよ!

相互リンク(更新停止)

残念ながら一年以上の更新がない相互リンク先の方々です。いずれまた復活し、交流が持てることを期待しています……

  • 24/10次元に在るブログ
  • aniパンダの部屋
  • Black Window in Sky
  • Hes:TEAR
  • Lounge "Himajin" Killer
  • NEO煩悩-アニメ本店-
  • outrageous
  • the albatross of peach pink
  • お絵描き倉庫('A`)(旧ミルクレモンティー)
  • くろ with life~今を楽しめればそれでいい~
  • なななな駄文
  • にき☆ろぐ
  • にじつう!
  • のんびりにリリカルに
  • まるとんとんの部屋
  • みつーの日記
  • アインのSS置き場
  • アニメって本当に面白いですね。
  • チェルキエット⌒ぱすてる
  • ミナモノカガミ
  • サブカルなんて言わせない!
  • 月の静寂、星の歌
  • 紅の終幕劇
  • 根無草の徒然草
  • 知ったかアニメ
  • 全て遠き理想郷?なブログ
  • 中濃甘口 Second Dining
  • 透明色絵本
  • 【非公式】普通の世界日本ハムが【ブログ】やってみた
  • 漫画のおすすめ
  • 無料動画アニメリンク!
  • 妄想詩人の手記
  • 妖精帝國 臣民コンソーシアム
  • 楽しくC言語ゲームプログラム
  • これは僕の進化の過程の・・・3ページ目ぐらい?ww
  • 無常の流れ 新館
  • 夢幻の灰色帝国
  • 外部記憶ver.2
  • アバトーンの理想郷
  • よう来なさった!
  • やまひで日誌
  • まごプログレッシブ:Part2~Scenes From A Memory~
  • しろくろの日常
  • ToLOVEる画像漫画
  • the albatross of peach pink
  • Spare Time
  • Ringoという名の日常
  • Garnet Clover~ガーネット・クローバー~